マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
2005年04月03日 (日) | 編集 |
※第7巻に繋がるネタバレありますのでコミックス派の方はご注意下さい。
death_note_6.jpg

2巻連続で表紙にライト登場!
これは必然的に7巻の表紙はLであるという前触れか・・・?
花畑に囲まれるLの表紙とかだったらどうしよう・・・

さて久々のデスノート関連の記事。
実に1ヶ月振りなのでだいぶなまってるかもしれませんが、
リハビリがてら最新コミックス6巻の感想・考察をしてみたいと思います。

しっかしライトかっけえなあ・・・
何ですかその手の開き方は。正に上に立つものの風貌というか。
威圧感というか。これ完全に黒ライトですよね。絶対白ライトじゃない!
ってかこれ勝利のポーズにも見えますね・・・


05-04-03_18-25.jpg
ジャンプ15号のポスターでも大層カッコイイポーズ。
くそう、似合うだけに何も言えないぜ・・・!

というわけでコミックスの追加ルールをメインに考察していきましょう。


【6巻で追加された10個のルール】
5巻で追加されたルールは12個でしたが、
今回6巻で追加されたのは10個
そろそろネタ切れか・・・?
と思ったけど7巻こそ追加ルールが大幅に必要になる巻なので次巻が大フィーバーでしょう。

ただし今回は10個ながらけっこう重要なルールがチラホラ。
第2部に繋がりそうなルールも出てきました。さすがのタイミング。

--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXII>
◆二冊以上のデスノートを所有した場合、
 同じ人間の顔を思い浮かべて書き込めば、一冊に名前、
 もう一冊に死因・死の状況を書いてもその通りになる。
 ゆえに、一冊に死因・死の状況を書き、後からもう一冊に名前というのも有効。

◆上記を所有権の異なる二人の人間が共同でする事も、
 デスノートに触れ合っていれば可能である。



05-04-03_18-26.jpg
まさに第1部ラストでライトが2冊のデスノートを所有してますので、
それに向けての追加ルールかと。
しかし意外なルールですね。
どこまでデスノートの特性が有効なのか、かなり微妙なラインになりますが、
使い方としては・・・

○あらかじめ殺したい人物がいるが、その者の名前が分からない

○その殺したい人物には、死ぬ前にやってほしい「行動」がある
 (それは少々複雑であり、文章にするには時間がかかる)

○また、その者の名前を知ってからすぐに、
 デスノートによる死の行動に移させなければならない。


○故に、片方のノートにあらかじめ死因を書いておき、
 もう片方のノートには名前だけを記入すればよい状態にしておく。


さてこれは別に2冊に分ける必要はないんですね。
何故なら、

◆死因や死の状況を先に書き、後から名前をその文字の前に書き込んでも有効となる。
 その際、名前を書くまでの有効期間は人間界単位で約19日間。
 (HOW TO USE IT:VIIIより。)


というルールが存在しているから、1冊のノートで事足りるわけです。
まあこれは名前を書く方のノートに、「死因」を書けない事情がある、
(名前だけ書くのは怪しまれないが、死因を書くと怪しまれてしまう)
という状況下での場合のみ有効になる2冊ノートルールになりますね。


あとは「二人で共同」ですが、


05-04-03_18-27.jpg
これはミサミサとの共同作業でしょうね。
ライトとミサであらかじめ殺す人物を決めておき、
ライトが死因を、ミサが死神の目で名前を見て殺す
うおーいすっごいコンボですね。無敵じゃないですか。

この追加ルールはこのコンボの為、というのが一番の理由じゃないでしょうか。
(ライト&夜神パパのコンボでも面白そう!)


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXIII>
◆デスノートの所有権を失うと、そのデスノートに憑いていた死神の姿や声は
 認知できなくなるが、所有者でないノートに触れた人間には、
 その持ち主の死神の姿や声が認知され続ける。

◆よって、ノートの所有権のない人間がノートに触れる事で認知した死神は、
 そのノートの所有権を得て所有権を失わない限り、認知される事になる。


この追加ルールには2つの意味が込められてます。
一つが、ライト達以外の人物がデスノートに触れた場合どうなるかということ。


05-04-03_18-29.jpg
page55「創造」で夜神パパや模木さんと多くの人物が触ったデスノート。
これによりレムの存在が認知されるようになりましたが・・・
一度認知されてしまった場合、その死神は認知され続ける、という事になります。
認知を消すには・・・

○一度そのノートの所有権を得て失う
○その認知された死神自体を殺す


ライトは「死神を殺す」という選択肢を選んだわけですね。
所有権云々をやり取りさせるのは危険ですから。

さてもう一つが、page54「中」でノート交換のカラクリが明かされた時の話。
この時、ライトはミサノートを最初に放棄しました。


05-04-03_18-29~00.jpg
この時点で「レムの姿が見えなくなった」ハズなんですが、
二人は会話を続けています。
これはコマとコマの間に描かれた隠れ描写、いわゆる「禁断の技」が発動してます。
すなわち、ミサノートを放棄しレムに返した後、
ライトはすぐにミサノートに触れ、「所有者でない人間」が触れた状態にし、
レムの姿を認知したというわけになります。

が、その後レムに渡されたミサノートはすぐにリュークに渡る事になるのですが・・・
ここら辺のルールは7巻で追加されるのではないでしょうか。

「そのノートの持ち主の死神が変わった場合、その元持ち主の死神は認知できなくなる」

みたいな感じで。じゃないと辻褄合わなくなりますからねぇ・・・
ある意味この追加ルールは辻褄合わせですから!


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXIV>
◆デスノートを持った人間を死神界にいる死神が殺す事はできない。

◆デスノートを持った人間を殺す目的で、死神が人間界に下り、
 その人間を殺す事もできない。

◆デスノートを持った人間を殺せるのは、
 人間界にデスノートを譲渡している死神だけである。


ここの辺りのルールも第2部への展開予想の牽制ルールですかね。
第2部の予想として、


05-04-03_18-33.jpg
「死神大王へ返さなければならないレムノートを使用しているライトに対し、
 死神界にいる死神がレムノートを回収しにいく」


を考えていたんですが、この展開もアリか?と考えていいんでしょうか。
新死神が回収しに人間界へ来る、というパターンはまだ有効という事です。
要は、そのノートを回収しなければならないが、
ライトをデスノートで殺す事が出来ない。
(ライトをデスノートで殺せる死神はリュークだけである)
そう、ライトからレムノートを回収する為には、
知略でライトを出し抜き奪わなければならないのである。
(まあ壁とかすり抜けられるから余裕かもしれないが・・・)

もしくは「人間界にデスノートを譲渡している死神」であれば殺す事が可能なので、
ライトを殺す為に、新死神が新しいデスノートを死神大王から与えられ、
それを持って人間界へ降りてくる・・・!
という展開も熱いですね。
その新死神も、ライトをすぐには殺さず・・・
しばらく様子を見てみようという事になったり。


05-04-03_18-31.jpg
どっちにせよ第2部では新死神が人間界へ登場する
という展開が熱いんですが・・・どうなんでしょう。
ライト陣営、MN陣営、そして第3の勢力・・・


05-04-03_18-49.jpg
その第3の勢力が奈南川あたりだとまた面白いんですけどね。
ライト陣営はライト()、ミサ()、ときてますから、
奈南川だと()・・・!
そう、LMN対決なのですー!そういうの好きそうなんだけどなぁ大場先生・・・


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXV>
◆デスノートに名前が書き込まれ死ぬ事を避ける為に
 故意に4度名前を間違えて書くと、 書き込んだ人間は死ぬ。
◆故意に4度名前を間違えて書かれた人間は、
 4度間違えて名前を書かれた事になり
 デスノートに名前を書き込まれても死ななくなる事にはならない。


これは当ブログでも議論になった問題ですね。
以下のルールがその焦点になったルールです。

◆同一人物の名前を思い浮かべ、四度名前を書き間違えると、
 その人間に対してデスノートは効かなくなる。
 (HOW TO USE IT:VIIIより)


そう、要はデスノートに対して無敵の体質を作る為に、
わざとデスノートに自分の間違えた名前を4回書くという事。
デスノートの裏技?抜け道としてずっと支持されてきた説ですが、
今回の追加ルールで一蹴されちゃいましたねぇ・・・

まあ故意じゃなければいい、っていう話になるんですが、
例えば全く知らない第三者を脅し、
「この写真の人物を思い浮かべて、指定された通りの名前を書け」
と書かせた場合はどうなるんでしょう。
その書いた人物は故意ではないですよね。
いや、命令されて書いてるわけだから故意になっちゃうか。
うーん、何か抜け道がないものでしょうか・・・

もしこの先、新死神が登場し、ライトを殺そうとしてるとなると、
ライトにはデスノートに書かれても死なない状態になっていてほしいんですよね。
けどそうすると緊迫感がなくなるか・・・?


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXVI>
◆死神にはオス・メスがあるが、人間との生殖行為は許されないし不可能であり、
 死神同士も交尾はしない。


がーん!となってる人も実はいるのではないかとw
俗に言うカップリング(?)が禁止されちゃってるーー!
っつーか死神と人間のハーフとかそういうのはナシなんですか・・・
がっくし。
もしハーフなら、人間の身体なんだけど、
生まれた時にデスノートを抱えて誕生したり、
背中から翼が生えて飛べたり、最初から死神の目を持ってたり、
普通の人間に恋して、ライバル達を殺すと死んでしまう制約があって、
ちょっと切ない恋ストーリーが繰り広げられたり
とか・・・!
ない・・・!
ないんですか・・・!残念です。


というわけで新たに追加された10個のルール。
第2部へも繋がりそうなルールが散りばめられており、
さすがといった印象。またこれで考察に制限かけられたなぁ・・・


【6巻の見所】
正直なトコロ、この巻辺りから確実にもう小学生にはついてけないだろう。
久々に読み返してみると、一度理解したハズなのに、
また理解するのに苦しんだ場面もチラホラ。
特にこの巻は非常に文字が多いだけに、読むのに時間がかかる。

そんな中、6巻のポイント及びオススメシーンを。


◆第三のキラ発覚までのポイント


05-04-03_18-34.jpg
第三のキラ=火口、として改めて見てみると、
あからさまな表現が非常に多いのに気付く。
「殺す」などの軽率な発言は火口がほとんど発してるのだ。
ここら辺は5巻から通して見ておきたいポイントである。


05-04-03_18-35.jpg
またP60でのこのアゴの骨格から見ても、
火口か紙村のどちらかにしか絞り込めないような気もする。


◆ミサミサの女優のポテンシャルを見た!
とにかくこの巻のミサミサは可愛い。
色々な表情・ポーズを見せてくれ、殺伐とした物語に華を沿えてくれた。



05-04-03_18-35~00.jpg
ほっぺにチューシーンや、



05-04-03_18-36.jpg
名シーン「ありがとう死神さん」



05-04-03_18-36~00.jpg
黒髪&ナースのコスプレ等々、魅力満載です。
やはりお気に入りは1話丸々レムとミサのやり取りとなったpage47「先走」ですね。
うぱーのお茶会さんでも言われてますが、
コロコロ変わるミサの顔はホント可愛い。やはり感情豊かなのはいい事だね!

あとは火口逃走劇、奈南川にライトがコロっとやられるところ、
「相変わらず堅いのね」の名セリフなどその他見所満載です。


【今回もちょっと微修正あり?】
前回の5巻では大幅な変更が加えられてましたが、
今回は大幅な変更はまだ見つけられてません
もうここはムーさんにお任せ。・・・しちゃっていいですか?w

唯一気付いたのがここですかね。
page45「無茶」で「三人力合わせてキラ逮捕!!」のシーン。



05-04-03_18-37.jpg
ジャンプ掲載時(ジャンプ2004年50号)




05-04-03_18-37~00.jpg
コミックス6巻P50

ミサミサの左手の部分の・・・何ていうんですか、黒いやつです
(無知でごめんなさい・・・!)
それがジャンプ掲載時は小畑先生のミスで描かれてなかったんですねー
今回きっちり修正してあります。

今回この見比べの為にジャンプとっておいたんですが、
1ページ1ページ見ていくのは時間的にも精神的にもきつかったので断念。
皆さんからの情報提供をお待ちしております・・・!(人任せですか)

--------------------------------------------------------------
4/4 23:30追記
 早速ムーさんやって頂きました!さすがです。
 「DEATH NOTE(6):加筆修正部分について
 細かいセリフ等々、かなり細かい部分まで突っ込まれてます
 修正マニア(?)の方は要必見!
--------------------------------------------------------------


ちなみにジャンプ49号(page44「後継」)だけは捨ててしまってたので、
見比べる事が出来ませんでした。
何気にこの回にありそうな感じもするんですが・・・
特にこの回についてどなたか見つけられたら教えて頂けたら幸いです。

というわけで衝撃の第7巻発売は7月
お、合わせたんですかね?(違うだろ)
6巻の次巻予告で、
「次巻、悲鳴がこだまする。」というフレーズ・・・
これはコミックス派の方々の悲鳴がこだまする、という意味でしょうねw

最後に今回のコミックス収録の話の、
それぞれジャンプ掲載時の感想・考察へのリンクを貼っておきます。
ぶっちゃけ読み返すとかなり恥ずかしい感想・考察だなぁ・・・
辛うじて見れるのは第3のキラ=火口の考察辺りだけですね。
ハチャメチャな考察を良かったら見てみてください。

--------------------------------------------------------------
<6巻収録話のジャンプ掲載時感想・考察>
page44「後継」
page45「無茶」
page46「不向」
page47「先走」
page48「交換」
page49「植木」
page50「四葉」
page51「誤認」
page52「寸止」

<参考>
デスノート5巻を読み解く!(実は一部差し替えされていた?)

--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
page.59「零」
page.58「胸中」
page.57「二択」
page.56「抱擁」
page.55「創造」
page.54「中」
page.53「悲鳴」
page.52「寸止」
デスノート感想・考察page52~59を一気に表示する
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆DEATH NOTE
< 作者 >◆大場 つぐみ(作) 小畑 健(画)
< 巻数 >◆1~6巻(2005/04時点)
< 連載 >◆少年ジャンプ
< 出版社 >◆集英社
< 出版日 >◆2004年02月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんはー。たかすぃさんの地域ではもう新刊発売してるんですね。うちは明後日くらいになりそうです。待ち遠しい!
「死刑」のシーンの左手はパロディイラスト描いた時に気になってたんですよー。なので↓
http://ignore.no-blog.jp/umu/2004/11/__.html
パロディではきっちり描かせて貰ってたんですが(笑)、やっぱり修正入りましたか。
修正箇所探しはまたやってみたいですね。

【2005/04/03 22:34】 URL | ムー #- [ 編集]


こんばんはー
私、たかすぃさんのデスノ考察に刺激されて土曜に5巻全部買ってしまいましたよ(笑) デスノは読みきりの時から読んでいたのですが、なんかストーリーが難しくて買えなかったのです。でも勢いで買っちゃいました。

こちらでは6巻、明日発売だと思うので楽しみです。
7巻のあれはコミックス派の人にとってショックでしょうね(^^;

【2005/04/03 23:04】 URL | ウィング #QllWiVLc [ 編集]


岐阜県は単行本はどこでも
一日前には出てますよ
オレもミサの変更シーン見つけましたよ!
これ見る前に

【2005/04/04 01:05】 URL | まっつん #- [ 編集]

長文感想にて失礼
いいっすねぇ。・・・もう6巻発売してるんですね。
うちの所はまだなんでうらやましいです;
んじゃとっとと感想レスいきますね。
・・・でもいいなぁ・・・

>何ですかその手の開き方は。
私的には、何となくですが
「マツケ○サンバトゥーの決めポーズ」
の様にみえました。

>うおーいすっごいコンボですね。無敵じゃないですか。
う~ん・・・そうでしょうか?私は一見有利に見えて実はかなり穴(=敵対勢力につけこまれる弱点)があるルールだと思いました。
根拠はルール内の「二冊以上」という箇所です。「以上」・・・と、いう事はですよ。
三冊以上でも効果は同じなのではないでしょうか?そしてもし三冊以上でも同じなのだとしたら少々厄介な事になります。具体的に言うと
「月&海砂コンビが死因を書く前に他のデスノート(=三冊目)に先に死因を書かれてしまった場合」
こういうイレギュラーな状況が起こりうる可能性があります。既出ルールの中にも
「二冊以上のデスノートに同じ名前が書かれた場合、記してある死亡時刻には関係なく、先に書かれた方が優先される」
というのがあります。私見ですが、「死因」も先に書かれた方が優先されるのではないでしょうか?まだ第二部が開始していないのではっきりした事は言えません。が、もし第二部で新死神が新たに降臨して、月の敵対勢力になるのならこのルールを足掛かりにして月を追い詰めていきそうな気がします。デスノートの知識量なら人間である月よりも死神の方が豊富なのは自明の理ですからね。

>その第3の勢力が奈南川あたりだとまた面白いんですけどね。
もし出てくるのなら、全くの新キャラじゃないでしょうか?ハウ・トゥ・リードには
「第一部のキャラはほとんど出る」
という作者の言葉が載っていましたが、だからといって第二部で初めて出てくるキャラが全くいないわけはないでしょうしね。私は完全な新キャラだと思います。・・・・・・出てくるならの話ですけどね;

>デスノートの裏技?抜け道としてずっと支持されてきた説ですが、
今回の追加ルールで一蹴されちゃいましたねぇ・・・
私が今回一番注目したのがこの追加ルールですね。あ~・・・やっぱりダメでしたか;
何となくできると思ってたんですが。
まぁでも故意の書き間違えを認めると
作品独特の緊迫感が一気に無くなっちゃいます
からね。妥当な気がします。
そういえばあの4回書き間違えルールって
「例え4回偶然に書き間違えてデスノートへの完全耐性を得ても、あくまでデスノートの効果が無効になるだけで不死身になるわけではない」
んですよね。何かそこらへんを勘違いしてる人って多い様な気がします。だから何だってわけじゃないんですが、ちょっと気になったもので。

>◆死神にはオス・メスがあるが、人間との生殖行為は許されないし不可能であり、
 死神同士も交尾はしない。
この文章ってちょっとおかしくないですか?
「人間との生殖行為は許されないし不可能であり」と文中にはありますが、そもそも生殖行為自体が不可能ならわざわざ「許されない」という単語を使う必要は無いと思うんですが。う~ん・・・謎ですね。


<追記>
私はまだ6巻自体を見ていないので分からない事が一つあります。それは背表紙に写っている
死神についてです。
実はこの前久しぶりに今年のジャンプ14号を見たのですが、14号にあったデスノートポスターの中の描写にある共通点を見つけました。それは、
「ポスター内に写っている死神は全員が単行本の背表紙に移っている死神である」
という点です。ただの偶然とは私にはどうしても思えません。そこでたかすぃさんにお聞きしたいのですが、6巻の背表紙に写っている死神はひょっとしてインディアン風の死神か満月体型のオバQ風の死神のどっちかですか?もしそうならたぶんですが、あのポスターに写っていたリューク&レム以外の4匹の死神(竜人風・インディアン風・宝石風・満月風)は第二部でレギュラー化する様な気がします。おそらく背表紙はその伏線・・・じゃないかなと。

【2005/04/04 02:45】 URL | ジンガ #.IoDzD1M [ 編集]

どうもです
こんにちは~。

比べて見ましたが、全体的にミサが可愛くなってますね!?(笑)スキャナを持ってないので、公開できませんが、見比べると違いがわかります。もしかしたら、雑誌の紙の質も関係していると思いますが…。

しかし、ルールも佳境ですね…。
「交尾」て!!
少年の夢を打ち砕くルールまで登場です…。

ではでは…。

【2005/04/04 16:29】 URL | シータ #- [ 編集]


お久しぶりです!もう軽く初めましてなくらいコメントするのは久しぶりなんですが;
6巻、私のとこも4月2日には手に入れることができました♪
土日はそれを読みふけってました。
それにしても本屋で見つけたとき、あの表紙直視できませんでしたよ!
月のポーズ、何ですかあれは!!笑
自分自身、イタイと思いながらも月を見てなぜか照れてまいましたからね・・・。格好良い・・・。

内容については、私もあそこのあれは禁断の技に対する辻褄あわせやー!!と思いましたね。

今週のジャンプを含めて休載中の特集の内容はたかすぃさんが言及されてからまたコメントさせていただきたいと思います。
では失礼します。

【2005/04/04 18:20】 URL | まる #VzqExlng [ 編集]


ブログ始めたんです。
でも初心者なのでアドバイスなどあったら
お願いします。
http://blog.livedoor.jp/misakinoyuka/

【2005/04/04 20:43】 URL | 絵夢
#- [ 編集]

デスノ6巻レスその1
>ムーさん
うちの地域はデスノとかワンピとか大作系は発売日の2日前とかに出るんですよ~
ジャンプの早売りはないのに・・・!
ちなみにいちごの新刊はありませんでした。大作扱いじゃないらしいです。ぎゃふん。

早速の加筆修正の比較記事、読ませて頂きました~
んでリンク&トラバさせて頂きました。相変わらず素晴らしいです。
今回はセリフの部分が多すぎただけに閉口してたんですが、
さすがムーさんです。そんな細かいトコロまで・・・!
移転先ブログにも後ほどお邪魔させて頂きますね。

それにしても「死刑」の左手の部分は掲載時から気付かれてたんですねー
これまたさすがです。全く気付きませんでしたよ・・・
ムーさんがすでに加筆修正済みだったんですねw
グローブがこんなに忘れさられてたなんて・・・!
小畑先生疲れてたんでしょうか・・・


>ウィングさん
こんばんわぁ~!おおーうちの考察がきっかけで買ってもらえるなんて、
すっごい嬉しいですーありがとうございます。
誰かの行動のきっかけになんて・・・!いやはや自分で自分がびっくりです?

デスノは1回読んだだけじゃまず分かりませんからね・・・
本誌で読んで、さらに読み返す為にコミックスが必要な作品だと思います。
深く読めば読むほど楽しめる作品だと思うので、
ホント大好きなんですよ。是非是非ウィングさんも更にハマっちゃって下さいね~

7巻はのアレは・・・ショックでしょうねぇ。
本誌掲載時にあれだけ生きてる説が各地で出たのに、
今や沈黙・・・(そりゃ大場先生の口から死んだと聞かされればさすがに!?)

コミックス派の方のお祭りが楽しみでもあります。
これをコミックスで待つのは正直シンドイと思いますが・・・(待ちきれない)


>まっつんさん
岐阜県ではどの単行本も1日前なんですか~
うちの地域も大作はそうなんですけどねぇ。
いちごは発売日でした・・・う、うーんこの扱いは何だー!
いちごこそ、コアなファン?が多いと思うんですけどねぇ。

さてさてミサの変更部分に気付かれてましたか。
さすがですねー有無さんのトコで公開されてる部分とかも見つけられたんでしょうか?
皆さんけっこうジャンプとってあるんですねぇ・・・
このデスノの事がなかったらいつもそっこー捨ててたんですが・・・
デスノのせいで部屋がジャンプだらけw

【2005/04/05 00:20】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

デスノ6巻レスその2
>ジンガさん
発売してる地域としてない地域があるんですねぇ。
けっこー田舎と思われる和歌山県(県民の方すみません)でも
発売してるし、どういう基準なんでしょう・・・?

ライトのポーズは、そう!マツ○ンのポーズだ!
むぅ、そんなところにギャグを盛り込まなくても・・・!
「オーレ!」とか叫びだしそうに見えてきた。思い込みって怖いですね。

さてさて。二冊以上所有ルールですが・・・
ジンガさんの心配されてる件は確かにその通りですね。
敵がつけこむ隙の一つでもあります。
ただ今度のM&Nがどういう立場で来るのか、それによるんですよね。
単純なLの弔い合戦?になるのなら、なりふり構わずくるでしょう。
そうなるとジンガさんの心配はかなり現実味帯びてくるんですが、
あくまで正義の名の下でやるのなら・・・デスノートを彼らが使用することはないのではないかと。
とか「ありえない」と思ってる事を大場先生はやってくるから怖いですね。
メロ&ニアが最初からデスノートを持ってるというぶっ飛んだ設定もアリかもしれません。

死因もおそらく先に書いた方が優先されるんでしょうね。
それは確定として考えていいのではないかと。
あとこの二冊以上の共鳴?はお互いのノートを触れ合ってなければいけない、
という前提条件があります。
今回記憶をなくしてないライトにとって、生命線であるノートを、
メロ&ニアコンビに触らせる機会を作るのか・・・?
そこら辺が焦点になってきそうですね。

デスノートの知識量については、基本ルールだけなら死神の方がよく知ってるんでしょうが、
そこから基本ルールを組み合わせて応用・・・
という意味でライトが勝ってるのではないかと。
まあ出てきてないルールもありますし、ライトの知らないルールも沢山あるので、やはりライトが不利なのかもしれませんが、(対死神相手だと)
何よりライトは一人の死神を殺している実績があるので、
そこら辺のハンデを引っくり返してほしいものです。

新キャラは当然のごとく出てくるでしょうね。
ただ既存キャラもほとんど出てくるという大場先生の談から、
四葉も面々も出てくる可能性が十二分にありえます。
そうなると・・・今まで出てきたキャラでもかなり頭のキれる奈南川は、
重要な役割を2部で担っていくのではないなぁと。
第3勢力になるかどうかはちょっと厳しいかもですが・・・

4回故意ミスルールに関しては、やられちゃった感じですね。
指摘してただけに、も、もしや大場先生もこの話し合いを見て、
「やべっ」と思って追加したのかもしれませんねw
不死身になると勘違いしてる人多いんですか?
それだとホントに最強ノートになっちゃいますもんね。
デットorアライブノートですよ・・・

生殖行為云々に関しては重要そうじゃないのであまりツッコミなしです。
「不可能」だけれど「フリ」もしくは「その直前までの状態」は出来るんじゃないでしょうか。
それすら「許されない」という解釈を個人的にはしております。

6巻の背表紙は・・・インディアンのやつですかね?
今までの背表紙の死神たちは、小畑先生のお気に入りの死神たちなのかもしれません。
死神気に入ってるっておっしゃってましたし。
それらが第2部・・・関係してくるとしたら、この死神たちでしょうねぇ。
どっちにしろ新しい死神は絶対登場すると踏んでいるので、
是非この中から登場してほしいものですね。


>シータさん
こんばんわ~!
ミサミサ可愛くなってますかー!根本的なトコを見逃してました・・・!
ちょ、ちょっと見てみます・・・そういう細かい修正も加えてるんですかねぇ。
紙の質はかなりあるらしいですよ。
よく赤松先生が「書き込み具合が雑誌だと反映されない」って嘆いてたのを何度か見た事ありますし。
けどミサミサは思い入れがありそうですし、可愛くなってるかも。。。

ルールは第2部へかなり意識したものになってましたね・・・
第6巻の内容とは全然関係ないものばかりでしたもんw
間違いないです。ただ第7巻は色んな矛盾点を解決してほしいだけに、
本編の方のフォローをしっかりしてもらいたいものです。

交尾・・・!生殖行為の原点の言葉ですよね。
いい言葉です(ぇ)っていうか死神ってどうやって繁栄するんでしょうね?
メスが勝手に卵を産んでいくんでしょうか・・・

であであ・・・!


>まるさん
おひさしぶりです~デスノ休載に入って以来ですよね。
デスノ記事復活とともにまるさんも復活!ありがとうございます!

まるさんも早く手に入れられてたんですねー
コミックスは早く売っていいルールでもあるんでしょうか・・・
雑誌はあんだけ厳しいのに・・・よく分かりませんね。
今回の表紙は・・・かなりカッコつけすぎですよねぇ。
それでもさまになってるのがホントにくい!カッコイイ!
まさにライトだからこそです。そんなライトを見て照れちゃうまるさんがまたいいですw

あそこのあれは、追加ルールのことですよね?
おそらく7巻で出てくる追加ルールとワンセットになるルールになると思います。
いわばその伏線・・・!あの話を説明する為には確実に追加ルールが必要になりますからね。
「コマとコマの間には実は濃密な話が繰り広げられている」
とか追加ルールに加えてほしいです。どんなルールだ。

えー休載中のデスノ特集についての記事は、
来週の大場先生のラストインタビューが終わったら、
最後まとめ記事をやります。第2部開始直前まとめ記事みたいな感じで。
その時にメロ&ニアの話や、4年後どうなってるのか、
第2部の大胆予想などやっていきたいと思いますので、
来週思いっきり語りましょう!是非ご期待ください。
大体来週の火曜日ぐらいにアップするつもりです。


>絵夢さん
えっと、もしアダルト系ブログを作られるんでしたら、
うちへアドバイスを求めても仕方ないかと思われます・・・
ごめんなさいね。

ブログ始めてという事ですが、ホント面白い世界だと思います。
沢山更新して、沢山の方々と触れ合っていってくださいね。
自分なりの楽しみ方を見つけるのが、続ける一番の近道だと思います。
頑張ってください!


【2005/04/05 00:52】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/04/05 11:12】 | # [ 編集]

デスノ6巻レスその2
いえいえ~全然OKですよん。フツーに分かったんですが、
一応確認しとこうと思いまして。

追加ルールに関しては追加してもらいたいものが沢山ありますよねぇw
特に「コマとコマの間・・・」は必須ですよ。
きっと大場先生は伏線大好きなハズ。
第1部ではそんなに伏線ガンガン張ってたわけじゃないかったので、
第2部で是非見えない伏線を沢山張ってほしいものですね。

レスは個人的な主義によるものなのでおきになさらず~
コメントありがとうございますね。

【2005/04/06 07:30】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

お久しぶりです。
っていうか、覚えてらっしゃったら奇跡なので「初めまして」でもいいです(笑)。

まもなくデスノート再開って事は、たかすぃさんの考察も再開って事かと思うので・・・来週からエキサイティングな生活が戻ってくるかと思うと楽しみです!
僕も第二部(妄想的)展開予想してみたんですが、なかなかたかすぃさんの考察・予想みたいに読む人に分かりやすくなりませんね・・・

来週からも、頑張って下さい。そしてバトルトークを繰り広げましょう!
ただ、たかすぃさんはコメントもすごく丁寧にかえされるので、(第二部が盛り上がって)コメントがべらぼーに増えたりしたら身体を壊されないかなぁ、と余計な事も案じてしまいますが・・・(笑)

【2005/04/10 20:28】 URL | kenta #QAqn7IwU [ 編集]

デスノ6巻レスその4
kentaさん、おひさしぶりです~
覚えてますよ~!さすがに全員を覚えるのは困難なのですが、
kentaさんは覚えてます!大丈夫ですよん。

さてデスノート再開につき、うちの考察も再開です!
一応看板コンテンツの一つ?のつもりなので・・・
にしても一ヶ月以上まともな考察をしてないので、
最初はグダグダになると思いますが・・・
温かく見守って頂ければ幸いでございます。

kentaさんの展開予想も読ませて頂きました~
かなり興味深かったです。明日明後日あたりに自分も展開予想やろうと思ってたので、
色々と参考になりました。
特に「人類の3分の1を殺してしまうと~」あたりの予想ルールはいいですね。
それだけ書くのも一苦労だと思いますがw
だって20億人弱の名前を書くんですから・・・!
けどそれ系のルールがあっても面白いですよね。

来週から、頑張ります!
今の更新ペースにデスノートが入り込む・・・
正直ちょっと(だいぶ?)キツイですが、
どっかのコンテンツを削りながらやりたいと思います。
コメントレスに関しては丁寧と言われると嬉しいですが、
これからちょっと厳しくなってくるかもなぁと言う感じです。
コメントを頂くのはブログやってる者にとって最高の喜びですし、
そんな事言うのも心苦しいんですけどね・・・
皆さんがコメントつけやすい、そんな記事を目指したいと思っております。

ご心配、ありがとうございます!何とかがんばりますよーw

【2005/04/11 00:06】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

20億人!?
人間ってそんなに沢山いるんですか!?(←馬鹿)
「人類の1割」・・・いや、「5%」に訂正させて下さい(汗)。それでも第二部は「月と腱鞘炎の壮絶な戦い」になりそうですね(笑)!
おバカな予想、読んでくださってありがとうございました!

【2005/04/11 01:40】 URL | kenta #QAqn7IwU [ 編集]

デスノ6巻レスその5
まあホントにそれだけの人がいるか定かじゃないですけどね!
いつの間にか死神が頑張って大量の人間を抹殺してるかもしれませんよ・・・?

5%・・・それでもけっこな数にw
自分の寿命の1000倍以上の人を殺すと死ぬ、
とかそんなルールにしとかないと厳しいかもですね。
ホント腱鞘炎になりますよw

第2部はまた色々とデスノ談義しましょーねー!
楽しみにしております。

【2005/04/11 04:14】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


初めまして。4回間違えルールについて
思ったんですが、同一人物が殺したくない
人間の名を四回書く必要はないのでは。

例えばライトが自分の名を二回
間違いで書き、ミサがライトの名前を二回
間違えて書く。そうすると、ライトの名は
四回間違えて書かれたことになりますから。

ただ気になるのは同一人物に対して
間違いを故意に四回書くと、死ぬのかという
ところ。

故意に間違える行為が四回で書いた人間が
死ぬという意味だったなら、同じことをミサに
大して行うと、四回になって死にます。

あと、気になるのが結婚。
夜神ミサになったら、対ノート無敵体質は
なくなってしまうのか…など。気になるところです。

それでは失礼いたします。

【2005/04/16 11:21】 URL | B #- [ 編集]

デスノ6巻レスその6
Bさん、はじめましてー
4回間違えルールについての考察ですね。
面白い考察だと思います。
要は4回書くのを別々の人物で行うという事ですよね。

理論上ではアリだとは思いますが、
無敵体質は作品上で登場する事はないのかな、とも思ってますので
そこら辺を修正するルールも登場するのではないかと。

ここでは要は同一人物に故意で4回間違えると死ぬ事になると思います。
なので最初にライトが2回、その後にミサが2回書いた場合、
ミサが死ぬ事になるんでしょうね・・・
もしくは故意に書いた連帯責任でライトも死んでしまうのかもしれないですね。
まあこのルールをライトが見つけられるかなんですが・・・

結婚してもその体質は変わらないと思います。
ようは殺すのに必要な名前がそれぞれにあり、、
戸籍上の名前はその必要な名前の一つにしか過ぎないのだと思います。

まあまた7巻で修正されるかもしれませんねー

【2005/04/17 11:59】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

ノートを使った者
ノートを使ったものは天国にも地獄
にもいけないということは
死神になるんではないんでしょうか?
あと、オチは少年誌的にライトが死刑
になり死神になるが実は今まで夢だった
という風にはならないでしょうか?

【2005/08/15 18:38】 URL | 中村シドウ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/92-e7a59805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デスノート

 ここ数日、更新がおろそかになって申し訳なかった。その理由の大半がこのデスノートという漫画のせいである。現在、週刊少年ジャンプに掲載されている漫画であり、絶大な人気を誇っている。  中国ではこの漫画の内容をもとにした「死のノート事件」なるものも発生してお 21世紀少年の徒然草【2005/04/04 03:02】

DEATH NOTE vol.6

デスノートの6巻も早速買っちゃいました。 6巻はヨツバメインですね。 Lと月は動きはあまりなかったけど、 白ライトの表紙、扉絵良いです。 今回はライト以外全く無かったな。 しかしながら、ミサミサ大活躍でした。 ミサミサとレム接触したしね。 リュークは一回も出て. oceanus【2005/04/04 07:18】

【マンガ】DEATH NOTE 6巻

デスノート6巻購入。表紙を飾るは、遂に正体判明の”奴”だと踏んでいたが、予想は外れ主人公ライト。よくよく考えればコミックスだけで話を追っている人もいる為、軽率に表紙でネタバレをする訳がない。実に思慮浅い。その思慮浅さの為、ますます複雑難解になる話の筋も理解 RPGMelody-BLOG【2005/04/04 10:26】

DEATH NOTE(6):加筆修正部分について

 恒例って訳でもないですが、『DEATH NOTE』6巻収録分加筆修正箇所のピックアップ。既に★マンガがあればいーのだ。 デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)にて触れられているのもありますが、「もうここはムーさんにお任せ。・・・しちゃっていいですか?. 有無【2005/04/04 23:24】

[漫画] 武装錬金・DEATH NOTE

大学のそばの書店に発売直前に行ったときはデスノしかなかったので、もう少しして全部入荷してから買うかと思って昨日その書店へ行ったら、確かに錬金は入ってたんですが、デスノがみあたらん。1~5巻はあるので、売り切れたのか、僕の探し方がよほどやばいのか。 しょう 今日も元気だブログで妄言【2005/04/06 17:30】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。