マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヒットしそうな要素を詰め込んだマンガの末路→「神to戦国生徒会」レビュー
2005年03月28日 (月) | 編集 |
kamitosengokuseitokai.jpg

エロネタ強化週間です(ぇ)
というわけで二本目は「神to戦国生徒会」

「私のこと、飼ってもいいよ・・・」

という思春期の中学生しか反応しなそうなワードで始まったこのマンガ。
第1話レビューはこちら。

痛い。
今や「伝説の頭翔」と並んで、マガジン2大痛いマンガに位置するこのマンガ。
最新号の17号ではまた痛い展開になってます。
このマンガを真剣に読むと頭にきますが、
ネタとして読むと最高に楽しいです。最近ちょっと好きになってきました。


yattimatta.jpg
11号で、「やっちまった・・・」とコメントを残したあかほり先生。
大好きな茜タンの裸シーンを描けてもう満足!!
と言わんばかりに迷走してます。
すでに暴走という言葉を越えて、目隠しで斜め後ろに走ってる感じですね。

さて今回はそんな迷走っぷりを軽く紹介したいと思います。


【私は息吹(ブレス)の供給装置】

05-03-28_00-50.jpg
えーこのマンガは、主人公が「ぐるおおおおおおお」とか言うと、



05-03-28_00-51.jpg
主人公のパートナーが快感を得ます。
意味が分かりません。
どういう設定なんでしょう。
その仕組み・メカニズムを解明する為にページを読み進めていく。

主人公がヒロイン・魔魅を呼ぶと・・・


05-03-28_00-51~00.jpg
「あふ・・・」

と返事。名前呼ばれて「あふ・・・」と返事する・・・
さすがあかほり先生です。
さてこの後ようやく説明らしきものが・・・

「『鎖の契約』において・・・私は息吹(ブレス)の供給装置。」


05-03-28_00-52.jpg
「御主人様が大きな力を使うほど、私は・・・私の身体には・・・」





05-03-28_00-52~00.jpg
「ああ、ああっ・・・!熱いものが私の身体をっ・・・!!」

全く説明になってません。

この後、「ああっ・・・御主人様」と言うセリフを残し、
魔魅の説明終わりです。
熱いものが私の身体をどうしたか言え!!

ここで更に「御主人様」。・・・はぁ。
流行モンを無理矢理くっつけたとしか思えません。
ただマンガに出てくるキャラに「御主人様」と呼ばせれば、
読者は「萌え」るだろ!
というあかほり先生のオナニーにしか思えません。



05-03-28_00-53.jpg
この触手プレイもそうです。
何故魔魅にだけ異様に絡まってるんだろう。
さらにこの後「ああっ・・・」とか喘ぎ声を出します。
一体担当者とどんなネーム打ち合わせをされてるんですか・・・!

ってかこのマンガの最大の失敗は、
悶絶するヒロインをああいう大人の色気系のキャラにした事ですね。
大人しく幼馴染のキャラにしておけば、
「お、幼馴染の可愛い子が、悶絶してる・・・っ!」という
萌えシチュエーションを脳内に展開できてヒットしたと思うんですが。
まさに紙一重でした。(そうなったらハマりそうで危なかったよ!)


【その正体に驚いた読者は存在するのか?】
えー前回15号でのラストの引きがこれ。


05-03-28_00-54.jpg
「お・・・おまえは・・・」

アオリ文がこちら。

絶体絶命を救った、謎の翼!!
敵か見方か!?その正体は!?


正体見えてるじゃないですか。

何ですか、これは読者に「え、え、誰!?誰だよ・・・!?」
とか思わせる引きだったんでしょうか。
「武蔵を救った謎の人物は誰だ!?」とかネット上で争論されると思ったのでしょうか。
まあ争論どころか、誰もこのシーンに触れてなかった気がしますが・・・


05-03-28_00-54~00.jpg
再び武蔵×かおるというカップリングを復活させました。
はぁ・・・何か詰め込めるモンは全部詰め込めとけ!
みたいな感じで、何かハズレの福袋を買って中身を見た時の感覚に似てます。


【奴がふっかつ?】
えーとにかくカッコイイ漢字にカッコイイカタカナの読み方をつけときゃ、
カッコ良く見えるんじゃねえか?
という安易は発想から生まれたとしか思えない主人公達の必殺技。


05-03-28_00-55.jpg
「狼撃狼撃狼撃(ファングストライクナパーム)」

「狼撃」を3回並べただけですよこの技・・・?
それなら「無駄」を大量に並べた方が強いと思います。

更に千年に渡り、護持してきたと言われる剣が、
今週いきなり登場。その剣を抜くのにまた迷走。
さらにその剣を抜いたと思ったら・・・!?


05-03-28_00-55~00.jpg
「黄泉封じの聖刀『神打多(かんだた)』が・・・!!」







kandata.jpg
カンダタ?
何故変態斧野郎の名前にしたんですかあかほり先生。



05-03-28_00-56.jpg
「か・・・身体が壊れてしまいそう・・・!」

・・・あかほり先生の精神が壊れたというメッセージなんじゃないでしょうか。


【鮮烈ラブ&ディープバイオレンス】
何の戦略か分かりませんが、最新の17号では掲載位置がかなり上位になってます。

18位→6位。

まだマガジンはこのマンガをプッシュするつもりなんでしょうか・・・?
エロという意味では「みかにハラスメント」の登場により、
元々無かった存在感が更に霞んでしまった気がします。
気がついたら連載なくても誰も気にしないと思いますが、
このマンガのラストがどんなグダグダに終わるのかが、
今マガジンを読む楽しみの一つになってます。

しっかし・・・
ハタから見れば、ヒット要素を沢山盛り込んだ内容になってるハズのこの作品。

○カタカナがいっぱい出てくるバトル
○隣の家に可愛い幼馴染がいる(屋根伝いでいつでも入ってくる)
○エロ(幼馴染を襲う&主人公の叫び声に反応するヒロイン)
○野郎同士のカップリング(武蔵×かおる、武蔵×流)
○主人公への呼び方が御主人様
○ヒロインに首輪(鎖つき)


何でも混ぜりゃいいって話じゃないよ、
という典型的なマンガです。
なんせコミックスの紹介が、
「鮮烈ラブ&ディープバイオレンス」ですからね・・・
その紹介じゃ一体どんなマンガなのか理解不可能です。

確かにマイナスの意味でディープですけど。


--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆神to戦国生徒会
< 作者 >◆作:あかほりさとる 画:高田亮介
< 巻数 >◆1巻~
< 連載 >◆少年マガジン
< 出版社 >◆講談社
< 出版日 >◆2005年03月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
第一話「アナタだけのもの」でこの漫画はズッコけていた
ちなみに、家にマガジン51号が置いてあったんでそんときの煽り文を紹介。

『3号連続合計146ページ』→そのわりには話の内容は・・・。話が全っっっっく進まなかったのには愕然。

『鬼才と気鋭が紡ぎ出す暗黒神話!超ド級新連載第一話!』→たしかに、ネタ漫画という意味ではド級だった。合掌。

『朧夜(おぼろや)に美女とただ二人。少年が思いがけない言葉を耳にする!!』→それが「私のこと~」だった時は笑いが5分くらい止まらなかった。この瞬間から『ネタ漫画』だと認識した。

・・・もう、読んでいてちょっといやな気分になって来たんでここらへんで止めておきます。

これは『構想を練って、しかもヒット作の要素は十分あったのに、かなり派手に空回りしてしまったんだけど引きに引けない天然ネタ漫画』なんですよ。しかし、AMAZONでも星が一つ・・・。

【2005/03/28 02:15】 URL | American #- [ 編集]

生徒会の良かったところ
・右下にページ番号がふってあって読みやすかった。
・うんこやおしっこなど下品な言葉が出てこない。
・読者に必死に媚びようとしているあかほりさとるや編集部の苦悩が良くわかる
・最初は展開が遅かったのに、最近じゃ(打ち切りが近いから)早くなってきたこと
・墨汁でなく上質インクでペン入れされたようなので印刷してもムラがない
・あと3回のマガジンを集めるだけで全部真実が解明するなんて考えたら凄い
・打ち切りスレで住民の熱い注目を浴びることができる・・・ことはまず無いよな。
・セリフにルビが振ってあって親切
・紙を目いっぱい使って地球の資源を無駄にしない努力をしている。
・一話目の巻末コメントから20週後の最後のコメントにキユを超える伝説誕生を期待できる
・伝説の頭の存続の救世主である。
・自分も漫画家になれそうな気がしてくる。
・すでに俺が読むのが精神的に辛くなってきたところ。
・誤字脱字がなかった
・作画がレトロチック
・燃やすとあたたかい
・他の漫画が引き立つ
・英語に訳すと英語の勉強が出来る
・幼馴染がかわいい
・無意味にエロス
・タイトルロゴをプロのデザイナーがデザインしてる
・読まなくても俺の人生に何のさしさわりもないところが凄くいい
・もう勘弁してください

【2005/03/28 07:23】 URL | American #i0AWqd2U [ 編集]

熱いモノが身体に・・・レス
Americanさん、コメントどうもです~
いやーホント最初はとにかく話が進まなかったですね。
今でも進んでないですけど。よく分からん展開にして満足してるだけな気がしますけど。
マガジン51号はもう捨ててしまったのでそこら辺の煽り文が確認できないのは残念ですが、
確かにすごいですねそいつは・・・
ツッコミ所満載じゃないですか。編集部は大いに期待をかけたんでしょうね。
・・・どうも期待をかける方向性を見失ってる気がするんですがマガジン編集部!

Americanさんの言い方がかなり正しいですね。
「引くに引けないマンガ」、かなりメディアミックスとかも視野に入れてそーな作品だけに、
編集部も色々と投資したんでしょうねぇ。そんな大人の事情が微妙(かなり!?)見え隠れしてます・・・
その結果天然ネタマンガ→嘲笑対象、
という素晴らしいコンボ。アホですね・・・
Amazonでもそりゃ星ひとつですよ。
むしろ5個つける人がいたらどうしようかと思ってました。

「生徒会の良かったところ」は素晴らしい着眼点ですねw
確かに下品な言葉は出てきてないですが・・・・
読んでて頭の悪そうな言葉は沢山出てきてますね。
カタカナにすりゃいいと思ってるんですよ!
上質インクなんですかーそれはあかほり先生のこだわり(高田先生のこだわり?)なんでしょうかね。
作画の世界は中々よくわかりません・・・

っつかあと3回で終わるんですか!?
終わるならかなり熱いですねぇ・・・
まあどうにでも終息できそうですよ。
どんな展開だろうと「生徒会だから・・・」で納得しちゃいそうです。
ひどくてもそれですべてスルーできちゃいそうな気がします。
幼馴染が可愛い!は超同意見です。
このマンガの失敗は、ブレスの供給装置を茜タンにしなかったことですね。
これを魔魅じゃなく茜タンにしたら、このマンガはもっと人気が出てたんじゃないかと。
っつか来週辺り出てきそう・・・
最後は茜祭りで終わらせようと考えてるハズですよあかほり先生は!
今回の悶絶シーンを茜タンに脳内で置き換えたら、
その作品は傑作だ!と思えましたよ・・・

「生徒会」のいいトコ見つけるのは大変だったと思いますw
おつかれさまでしたっ!

【2005/03/28 07:37】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

すまん、説明が足りなかった・・・
レス、有難うございます。

「3回で終わる」というのは、20号から幸村誠の新連載が始まるので、多分この作品が打ち切り候補No.1になるんじゃあないのかなあということ。それと、この作品ももう潮時だろうということを考慮しました。

あと、「生徒会の良いところ」は「グラナダの良いところ」を一部改良、あとはそのまま流用させてもらいました。最高に面白くない漫画の良いところを挙げるのにはとっても最適です。

ちなみに、これまでの展開を超簡単に略すると
第1話:「私のこと(略)」
第2話:主人公、尻尾が生える
第3話:主人公武蔵が何者か(かおる)に襲われる
第4話:武蔵、敵がかおるだと認識
第5話:かおる、再び武蔵と戦うために何故か武蔵のガールフレンドの茜を襲う
第6話:武蔵、ようやくかおると戦う決意
第7話:武蔵、やられる一方。そして覚醒
第8話:覚醒した武蔵の一撃で一瞬で勝負かたづいた・・かと思ったら生きておりダメ押しの一発
第9話:武蔵勝ちました。巻末コメントであかほりが「茜脱がしてえ~!」との不吉な予感が・・・。
第10話:茜、脱がされました。しかも、主人公を風呂に誘っています。
第11話:茜があえいでいます。十人委員会、監査で集団でリンチ、主人公が監査の危機に。味方だと思っていた流が実は・・・。
第12話:十人委員会の鬼嶋君、「キン肉マン」のレオパルドンみたいに瞬殺。その後も忘れ去られる。流が十人委員会の書記長だと正体を現す。監査されちゃうよ、主人公が・・・。
第13話:流VS主人公。流が力尽きる。
第14話:これまでの展開の遅さが嘘のような急展開。主人公と魔魅がSM関係を結ぶ(銀の息吹)
第15話:魔魅・・・。お前豹変しすぎだろ。展開的にももう辛いっすよ・・・。
第16話:わーい、かおるがふっかつしちゃったよー!(棒読み)同人っぽい展開に。
第17話:出た、恒例のマガジン大プッシュ!
メガネっ娘がご主人様ご主人様と言いながら悶え続けます。

まさに「PHYCOLOPSの目にうつるのはただ1つ!!
破壊――――――(デストローーイ)!!!」という言葉を叫びたくなるような展開です。

【2005/03/29 01:07】 URL | American #i0AWqd2U [ 編集]


関係ないですけど、いちご100%で美鈴がコスプレしたんですが、「美鈴コスプレ祭り!!!~君の純白パンツに乾杯~」やらないのでしょうか?w

個人的にはたかすぃさんがどう暴走するのかをみてみたいですねw

美鈴ってホントにいい奴ですよね‥。
西野は結婚したい。
美鈴は‥幼馴染で、色々アドバイスしてくれて‥まぁ色々と‥w

美鈴が異性に対して素直になるとこみたいですね。

ではまた!祭りは絶対参加しますよ~~~!!

【2005/03/29 01:46】 URL | ぷたーん #- [ 編集]


どうも。 神to・・のダメだしの場があるという事でやってきました。(一部、カンニング竹山っぽくなりますがご了承ください)

・主人公がショボイ。
よく考えるとコイツ、一人じゃ何も出来ません。 
つーか、魔魅しゃん(・・しゃん??)さえいればあとは誰でもいいわけです。 
で?二重人格?あと20人格増やしてしまえ!
かおるや一人で剣を認めさせた流の方がスゴイやないか。

・エロのサジ加減をミスった。
お湯全開じゃヤケドするのと同じで、最初からSMなんかやったらアトが続かんやろ!
茜まで動員させて数で勝負になっとるやないか!
恐らく最後の方は、表現方法で編集部で攻防があったと思われ。 

・生徒会という設定はいらんでしょ
だぁって卒業するじゃぁぁぁん。(力尽き号泣)
つーか、ここまで教師が出てこないのも変なハナシです。彼らは何しに学校へきてるのでしょう。

「天上天下」にもなれず、「舞HIME」にもなれなかった。 中途半端です。 もはや罰ゲームです。
(誰の?なんのだ?)
それでも僕のワースト1は「テルミ」です。

【2005/03/29 03:04】 URL | クウラ #- [ 編集]

テルミよりもつまらない漫画は他にもあるよ
>>クウラさん
「テルミ」がワーストなんて・・・。
甘い甘い甘い!!

「BIG STAR 大吉」とか「怪奇千万!十吾郎」とか「少年守護神」に比べれば・・・。

というわけで、Americanはヤングアニマルで連載していたこれよりもずっと面白かった「マウス」を応援しています。

【2005/03/29 04:30】 URL | American #- [ 編集]

熱いモノが身体に・・・レスその2
色々なサイト・ブログ様にこの記事を取り上げられて・・・・
記事タイトルをもう少し捻ればよかったなぁ・・・と後悔。
(この記事投稿した時、無題で投稿してしまったので慌ててつけてそのままにしてしまった)

>Americanさん
ああーそろそろマガジン新連載攻勢が始まるんですもんねぇ。
そのタイミングでいくつか終わりますよね確かに・・・
そっか、そこら辺から逆算できちゃうんですねぇ。
候補は「翔」「神to」「覇王」の3本で!

グラナダも懐かしいなぁ・・・正直好きじゃない作品でした。
あれも痛い系マンガでしたねぇ。発想は好きだったんですけれど。
そういうテンプレートがあるんですかー確かにそういうマンガって共通してますもんね、痛いトコロがw

うーん、Americanさんの超簡略説明で、未読の方も理解できちゃうんじゃないでしょうか。
それだけ話が薄っぺらいんですよね。そう、薄っぺらい!
これを言うの忘れてました。

「テルミ」も相当でしたけどね・・・あまり記憶に残ってませんが、
知らぬ間に、読者をおいてけぼりにしたマンガとしてワーストランキング入りさせたいところです。
「BIG~」はちょっと前に話題になったので調べたところでした。
あのマンガも終わってましたね・・・
「十吾郎」は嫌いではなかったです。
「少年守護神」は最近のジャンプの中では最強のつまらなさ、
というか読めませんでした(つまらなさすぎて)

「マウス」・・・聞いた事あります!
面白いんですかーううむ、これもまたチェックだなぁ。


>ぷたーんさん
あらら、もういちごの話題に移っちゃってますねw
たしかに今週の展開は美鈴ファンにとっては仕方のないぐらい、
萌え展開でしたからねぇ・・・
えー一部でご指摘があってからなるべく暴走は控えてるんですが(これでも)
こ、今週は・・・や、ヤバイかも・・・!?

今週は西野もがっつり登場しちゃってる(すごく嬉しい)
ので、いちご記事をどう切り分けるか悩んでます。
美鈴祭りはやはり今回が一番のタイミングと見てます。
時間さえあれば・・・!ご期待下さい。

美鈴が異性に対して素直・・・そのシチュエーションだけで御飯食べれます(ぇ)


>クウラさん
あははwダメ出し場です!是非思う存分ダメ出ししていってくださいね!
傑作マンガも盛り上がりますが、ダメマンガも盛り上がるんですよねぇ。
ある意味、マイナスの方向を極めた作品とも言えます。

主人公ショボイ。同感です。結局彼の力は全く無いように感じますね。
あの二重人格っぷりは痛いです。主人公キャラが二重人格、という設定は、
すでに他のマガジンマンガでもあるが故に、
もうおなかいっぱいなんですよねぇ。

エロのサジ加減ミス・・・塩入れるトコに砂糖入れた感じですよね。
各素材はそんなに悪くないんですよ。
けど、その調理方法が間違ってる。
調理する人が素晴らしければ、素晴らしい作品が出来上がったハズなのに・・・!
編集部で攻防あったんですかねぇ。
あかほり先生と担当者でノリノリで展開してそうで怖いです・・・
「最後だしやっちゃいたい」「やっちゃいますか!」
とかそんな感じで。う、うーん・・・

あ、そういえば確かに教師出てきてないですね。
1~2シーンぐらい出てくる時ありましたっけ?
そこら辺が引っかかってたトコかもしれません。
そう、このマンガは異様に不自然なんですよね・・・

もはや罰ゲームwうん、そんな感じですね。
読者にとって痛いマンガを読むのは罰ゲームに近い感覚ですが、
その罰ゲームを楽しむ心が必要、ってなわけですね。
ネタと思えば楽しいマンガです。

テルミ・・・ホント不思議なマンガでした。
ほとんど覚えてませんが、ぽかーんとしたままラストを迎えた記憶があります。
どんなラストだったんでしたっけ・・・!?

【2005/03/29 07:35】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=07145259

YAHOOブックスでは何故か好評です。
こういう人たちがいる限りこの漫画は安泰のようです。
自分はあまりの痛さに6話目くらいからは読んでませんが…。

【2005/03/29 10:20】 URL | 90 #v6O6VgHs [ 編集]

カンダタ
カンダタですが、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」って読まれたことないですか?
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/92_14545.html

【2005/03/29 10:36】 URL | 774 #- [ 編集]


カンダタの突っ込みだけ妙にアホくさく見えるので削除したほうがよろしいかと。

【2005/03/29 19:04】 URL | 七時 #- [ 編集]

もう少しだけ続いて欲しい
初めまして~。
とりあえず久米田先生がネタにするまでは続いて欲しいと思いました。

【2005/03/29 22:16】 URL | SIZ #r3tHKoQQ [ 編集]


これまたビミョーなマンガもってきましたねぇw
ネタにするにもつまらないというか。
できればたかすぃさんのセンスでもうすぐ始まる『MAR』のアニメをレビューしてほしいですわw

【2005/03/29 22:29】 URL | あるてぃ #- [ 編集]


この漫画全然おもしろくないですよね。。
早く打ち切って欲しいです。

【2005/03/29 23:24】 URL | いー #- [ 編集]


>Americanさん
「テルミ」のワースト1は「大吉」含んでます。
「怪奇千万!十吾郎」 ごめんなさい。わかりません。
「少年守護神」 ・・ガフッ!(吐血)
えらいモノ引っ張ってきましたねぇ。 その前の作品のラストも相当キツかったですが。

テルミのラストは僕もよく覚えてません。
マガジンの感想の方でも言いましたが、キャラが最後までセリフを言わないのが不愉快で、ちょっと記憶に残っている程度なのです。
(例:ボクはそう思っ・・・ ) 「た」か!「てる」か!!さぁいごまでぇ言えぇぇぇ!!(思い出し怒り)
でも、最終回の最後のコマに書かれた文字だけは覚えています。

「未完」

作者に不幸あれ。

【2005/03/30 03:31】 URL | クウラ #- [ 編集]

怪奇千万の酷かったところ
>>SIZさん
その手があったか!

>>クウラさん
怪奇千万(川久保栄二、全2巻)の酷かったところ。
・首から上のデッサンが必要以上に崩れまくっていて、更に顔のアングルのバリエーションが高橋陽一並に同じすぎること。てこ入れのはずのサービスシーンも体のデッサンが狂いまくっていて激しく萎え。
・リアクションが25年くらい古い。
・怪奇現象”とされているモノが実はトリックである事を暴くはずの話だったのに、「怪奇現象の正体は、実はこういう怪奇現象でした!これにて一件落着!」で終わってしまう。ようするに、作者が最初から物語を放棄しているということ。
・主人公・十五郎が完璧すぎ(なんせIQは200)
という意味でも盛り上がりを期待するという意味でも無理。マリオが最初から最後の面までスターを取って無敵で全面クリアしても、嬉しく感じないのと同じですね。
・その主人公が何でも出来る人間なのだったら、起こり得る出来事は全て想定出来ていないといけないはずなのに、実際にはそうなってない。だから、それは主人公が万能人間だという設定とはかなり矛盾している。
・作者の巻末コメントが受けを狙っているんだけど余計な寒さを感じてしまう。

・・・駄目だ、言葉にするとこの漫画のだめっぷりが薄れてしまう。ともかく、ブックオフに行ったら探してみてください。そして、その「ここサンデーの20年間で一番最悪だと思う作品」を目の当たりにしてください。

【2005/03/30 04:25】 URL | American #- [ 編集]

熱いモノが身体に・・・レスその3
>90さん
ほ、ホントだ・・・!5点満点中5点!満点じゃないですか!
う、うーん、まあ世の中には色々な価値観がありますから!
それを否定しようとは思わないです。その方々がいいと思えば、
それはいい作品という事なのでしょう!

・・・まあ個人的には90さんと同じようにあまりの痛さに、
毎週読むのが苦痛です。けど最近それが快感に・・・!?(マテマテ)
3巻ぐらいまで続かせるつもりなんですかねぇ。


>774さん
あー!蜘蛛の糸、読んだ事あります・・・
はるか昔ですが。その主人公がカンダタだったんですねぇ。
それはすっかり忘れてました。
その繋がりだったんですか・・・そう思うと深いんですが、
けど「カンダタ」と聞くとアレを思い出してしまう人も多いのではーと思います。

うーんアホ丸出しですねぇ・・・まあそれもうちのブログの売りって事で!(ええ!)
ご指摘ありがとうございます~


>七時さん
ご指摘どうもですー!やはりアホくさく見えますよね・・・
アップした後に、「うーん違うなぁ」と思ったんですけど、
まあそれはそれでいっか、という事で今に至ってます。
だいぶ沢山のサイト様に紹介された後なので、今更削除してもなぁ、
というのと、なるべく一度上げた記事に関しては追記はするけど、
削除はなるべく行わない方針なので(する時はしますが)
今回はこのままにしておきます。
アホっぽいのはご勘弁ください。管理人がアホなのです・・・


>SIZさん
はじめましてぇ!!
ああ!久米田先生がネタにするのは見たいですね。
もうここぞとばかりにバッサリ切ってほしい!
久米田VS赤松に続く、久米田VSあかほりを実現してほしいですね。
ネタマンガとしてはネタの宝庫なマンガなので、
SIZさんのおっしゃる通り、久米田先生の新連載が始まった号で終了とかが希望です。
何かの因縁が出来そうでw

【2005/03/30 13:24】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

熱いモノが身体に・・・レスその4
>あるてぃさん
あはは、ビミョーなマンガですよねぇ。
正直うちのブログで特集組むとは夢にも思わなかったんですが、
あまりの最近のネタ展開に突っ込まざるをえませんでした。
みんな思ってる事は同じようです。

MARのアニメですか・・・w
すでにアニメ化という時点で痛いんですが、
この前サンデー編集長のインタビュー見たら、この作品って人気あるんですよねぇ。
やはり小学生には受けるんでしょうね、能力バトルモノって。
20歳以上が読むにはキツイです・・・コロコロとかそっちの方に移ってほしい気もします。

あいにくアニメは全く見ないので(いちごを激悩み中)
MARレビューは出来ないっすねぇ・・・
マンガの方だったらいくらでもw


>いーさん
面白くないですよねぇ・・・w
もうこういう時はネタマンガという捉え方で見ると、
また違った感覚になりますのでオススメです。
ちょっと上から見下ろしてあげましょう。
そうるすと微妙な快感です。ええー

えー個人的にはこのマンガ、あと4~5週ぐらいは続いてほしいんですが、
グダグタで終わるのもまた良いのでどうなることやらですね。


>クウラさん
少年守護神はラスト覚えてません・・・
第2話ですでに字を読むのを放棄した覚えが・・・
姫も可愛くなかったし・・・

あはあ、最後まで言わない主人公達・・・!
そいつはちょっと、こう、むかつきますねぇw
つっかえたモノが取れないというか、手の出せば取れるのに取らないとか・・・
そんな感じでしょうか。思い出し怒りするクウラさんがいいですw

最後・・・「未完」ですか!
そういう時って、作者はどういう風に「完結」する構想があったのか、
洗いざらい公開してくれればいいのに!って思います。
どうせもう日の目当たらないんだから・・・!

この作者ってマガジン本誌の後、増刊系に移ったような記憶も。
うーん、記憶違いかも?


>Americanさん
久米田先生にバッサリ斬ってほしいですよねぇ・・・!

2年ぐらい前?の作品に対して、これだけ熱くダメだし出来るAmericanさんがスバラシイです。
自分はこの作品に対しては最後「クローン人間?」みたいな存在が出てきた事しか覚えてません・・・

デッサンが狂ってたのは同意、古臭かったのも同意ですね。
ちょっと今風ではなかったというか。
トリック等々もよく分からない不思議な感じでしたよね・・・
まあこういう迷走マンガがあるからこそ、今のマンガ界は発展してきたという事で・・・w
良いマンガと叩けるマンガ。
それらがバランス良くある雑誌が大好きです。
まあそれはジャンプですけど。

サンデー20年間最悪というくだりがウケましたw
確かにサンデーってあまり最悪な作品って出さないですもんねぇ。
けど探せば他にもあるかも・・・!?
ギャグマンガ系であるような気も。

サンデーのギャグマンガ・・・
ああ!「神聖モテモテ王国」!大好きでした。
いきなり思い出してしまった。ブックオフで探そうかな・・・


【2005/03/30 13:39】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

19号・・・。あと1回で本当に終わるのか?
今週の「神to(ry)に突っ込み」
あらすじ:下着姿の二人に迫られた主人公は・・・いったいどう迷走しているんだか。

・魔魅は登校拒否しているんで、かおると主人公が彼女の屋敷に潜入するために女装メイド姿に・・・。しかもかおるがこの服装気に入っちゃっているよ!うわーっ・・・。
・包帯・・・。あざとすぎるのにもほどがある。
・天田は実は女性でしたっっっ・・・って何がしたいんだか。

来週は展開をすっ飛ばして超ダイジェスト版になりそうな予感。

【2005/04/04 15:28】 URL | American #- [ 編集]

とことん迷走しそうですね・・・
あーAmericanさんごめんなさい。
各マンガのネタバレは発売日以降でお願い致します。
理由は管理人が見る前に内容を知りたくないというのがそれです・・・
ごめんなさいね。(自分もデスノ6巻感想はフライングしちゃったんですが)

さて気を取り直して。
Americanさんのコメントから見ると・・・
相当またやっちゃってるみたいですね。
あざとい表現がいっぱいありそうです。あかほり先生、最後の炎の輝きを見せるか!?
・・・一瞬で消えそうですけど・・・

マガジン編集部の思惑がどこにあるかなんですが・・・
マガスペ送りとかになるんじゃないかなーとも予感が。

【2005/04/05 02:06】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/86-42f8a88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。