マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>03
少年サンデー感想16号
2005年03月21日 (月) | 編集 |
2005_16.gif

今週のサンデー感想はちょっと飛ばせない・・・
レビューするのはマガジンよりもサンデーの方がし甲斐があるかも。
うちのブログでサンデー感想はどんくらい需要あるんでしょうねぇ。
発行部数に比例するんなかなあ?

というわけで新連載第2弾を含め、やはりサンデーの全体平均レベルは高い。


【見上げてごらん】 作:草場 道輝 ※新連載

05-03-21_16-58.jpg

サンデーでまともなテニス漫画は実は「LOVe」以来だろうか?
その後は記憶にないんですが・・・

さてさて作者は個人的に大好きだった「ファンタジスタ」の人。
「技」を描くのが非常に上手だなあという印象がある人です。
動きの描写も上手い。スポーツマンガに非常に適してる人ですね。
ただたまに話がダレる時があるのがマイナスポイントかも。
まあ長期連載になってくると仕方ないんですが。


◆正しいテニス漫画のあり方

05-03-21_16-59.jpg
舞台の設定は、「名門」テニス部。
テニスマンガにおいて、主人公の境遇は基本的に2つに分かれる。

◇全国常連・もしくはそこを狙える位置にいる強豪校
 ⇒「LOVe」、「テニスの王子様」など。「フルたま」も一応ここ?
◇万年1回戦負けのような弱小校
 ⇒「ステイゴールド」、「少年よラケットを抱け」など・・・

今回の「見上げてごらん」は前者の方。
基本的にテニス、特に高校テニスは個人競技でありながら団体競技。
すなわち主人公以外にどれだけ魅力的なキャラがいるか、が大きなポイントとなるのだ。
なので、正しいテニス漫画王道としては、

●まず主人公の所属するテニス部内での争い ⇒強敵の先輩やライバル等と戦っていく。
  テニスの王子様だと「レギュラー決め総当り」、
  LOVeだと「1~4までのコート番号による実力制」のような感じ。

  今回の「見上げて~」では銀杏の葉っぱの数で強さが決まるらしいので、
  主人公はまずこの発破の数を4つぐらいまで上げる事が目標となるか?
  ここで主人公は一番強い人に零式とかで負ける必要があります。

●同地区内での強豪との争い
 ⇒これも「テニスの王子様」「LOVe」は上手かったなぁと思います。
  出来れば同じレベルの学校が2~3個、
  台風の目となる学校が1~2個あると団体戦トーナメントは盛り上がりますね。
  「俺様の美技に酔いな」とかそこまで強烈なキャラはいりません。

●全国大会編へ突入!
 ⇒各土地の特性を生かした新ライバルキャラたちが次々と登場!
  華麗に舞うデブが登場したり、
  日本語訳をつけないといけない集団が登場したり様々です。

こんな流れになるんでしょうか。
けど主人公、いきなり大層な才能を持ってます。
まあ世界に羽ばたく人っていうのは、ケタ外れの才能を持ってるので、


05-03-21_16-59~00.jpg
「こんなサーブ、初心者で打てるかよ!」とか思うのは間違いです。
極一握りの、本当の天才というのはこういうモノだと思いますよ。
あまりに天才すぎてあっという間に国内を席捲してしまうのかもしれないですね。
一応最終到達地点はグランドスラムになってますしね。
「ファンタジスタ」で見事プロの世界を描いていたので、
むしろイタリア編になってから更に面白さが増したので、
この作者はプロ編や海外編の方が真価を発揮するんじゃないですかね。


◆ファンタジスタの沖田が登場!?


05-03-21_16-59~01.jpg
俺には沖田にしか見えないんですが・・・
「ファンタジスタ」でも人気キャラだっただけに、今回も登場させようという腹か!
まあ今回も天才キャラと見ましたよ、この沖田は・・・


05-03-21_17-00.jpg
ちなみに他にもひっそりファンタジスタのキャラが登場してます。


◆今回のヒロインは・・・!?
テニス漫画で欠かせないのがヒロインです。(個人的にも)
某王子様は見事なまでに登場しませんが
女子テニスとかにもスポットを当ててほしいですよねぇ。
「HAPPY!」のように熱い世界がそこにはあるんですから。


05-03-21_17-00~00.jpg
幼馴染っぽいこの子。
・・・まずます、可愛い。
この子もテニスを始めるのか!?(女子テニスも名門なのか?)
それともマネージャー!?(すでに沢山いるっぽいしなぁ)
琴音ねーさんのようなキャラをお願いします草場先生!


さてここんトコずーっと王子様一人勝ちのテニス漫画界。
「ステイ」「フルたま」と講談社は敗北しました。
小学館・・・!頑張って・・・!応援しておりますよ。


【MAR】
ひどい・・・ひどいぜこのマンガ。
何の伏線すらなく、何のひねりすらなく。
何ですか、強い「ARM」があれば勝てるんですか
じゃあすっげー強い「ARM」を登場させて、一掃すればいいじゃんか!
ひどい・・・ひどすぎるよ。これでアニメ化だっていうから始末に負えない。

お子様にはこの展開が熱いと感じるのだろうか?
・・・感じてしまうんだろうなぁ。単純明快ですからね。
ちょっと明快やすぎないか・・・!?


【ハヤテのごとく!】
マリアさん2コマ!伊澄に至っては未登場!!
そんなハヤテはスルーです・・・

そんな時はサンデーマンガ家バックステージで癒されよう・・・
毎週更新してる畑先生はホントこっち側の属性な方です。
だからこそ読みやすいんですかね。
毎週、その話の裏話が展開されるので、ハヤテ好きな方は是非チェックですよ。(今更ですが)


【結界師】
毎週毎週、その結界の使い方には驚かされますが、
今週も感心してしまった。ホントこの作者は頭が柔らかいです。


05-03-21_17-02.jpg
3重に結界を張り、更に自分達の足元から結界を作る。
これによって結界のバリアを張りながら、上空に行く事が出来る。

いやー堪能します。
発想力が光るバトルマンガというのはホント見てて楽しいですね。
ただ単に強い武器を使って敵を倒すマンガとは大違いです。


05-03-21_17-02~00.jpg
久々の時音必殺・結串刺し!!(勝手に命名)

敵を止めてダメージを与える、という意味ではおそらく現時点で最強?
さらにここで良守が結で囲んで消滅させる。
この二人は1+1=2ではなく、10にも20にもなるんですなぁ。
コンビを組むというのはこういう事だ!のまさに見本ですこの「結界師」は。


【あおい坂高校野球部】
というわけであっさり5回コールド、16-0の快勝!!
最初いきなり苦戦か・・・?と読者に思わせておいて、
この5人の力を見せ付けて、印象に残させるこの展開は、
さすが2度の連載を経てる作者ならではだなぁとしみじみ。


05-03-21_17-03.jpg
んで次の試合はいきなり第1シード
って第1シードって一番強いトコじゃなかったっけ?
東王は甲子園優勝したんでしょ・・・?
それとも過去5年間の実績とかで決定されるんでしょうかね。
常に強いトコと当たり続け、そのテンションを保つ辺りがまた、
さすがだなぁとしみじみ。この人のマンガは勢いがあるから好きなのです。

んで今回、一番の感動場面。
あお高8年振りの緒戦突破。
それは、鈴ねえにとって、監督初の勝利だったのだ。


05-03-21_17-04.jpg
「泣くなよ~~~」「だあってえ・・・」

鈴ねえ可愛い!!!!
鈴ねえを抱きしめたい気持ちで胸いっぱいになる、幸せな泣き顔ですね。
良かった・・・良かったね!
「だあってえ・・・」っていうセリフがまた萌えセリフでございます。
涙の魅せ方もまた上手いです。サンデーは技巧派な作者が多い気がする。


05-03-21_17-05.jpg
「あんたらホント・・・野球バカねえ」

ホント野球バカですが、見てる側としては微笑ましいですな。
これだけ燃えられるモノがあるというのは幸せだと思います。
まあ俺にも萌えられるモノがありますから!字、違う。


【こわしや我聞】
相変わらず今週も國生さんの「社長」コールは鳴り止まず

05-03-21_17-05~00.jpg
05-03-21_17-06.jpg


最近國生さん、「社長」以外あまり言葉発してない気が・・・
あのメイド喫茶の時の名セリフたちは一体どこへ!?

・・・さて。今週は番司が暴走。(正確には操られて)
かなえ姉さんファンにとって悶絶な展開になりました。


05-03-21_17-06~00.jpg
「うあああああああああ」

かなえ姉さんは絶対的な強さでいてほしかっただけに、
この展開はちょっとショッキングですなぁ。
けどね・・・


05-03-21_17-07.jpg
こ、國生さん冷静に見てるだけ・・・!?
このコマだけ見るとすごく冷徹な方に見えてしまうのですが!
身体を張って番司を止めるとか、そんな展開は!?
まあそれは我聞の時にとっておいてもらうとして・・・
ここにかなえ姉への恨みが密かにあるような気がしてならないです・・・
(静馬ばーじゃんを通じての恨み?会計面のお話ですよ)

國生さんはこんなちょっと冷たいトコもスキー!(けど基本は温かくお願いします)

さて我聞の暴走。
次暴走したら確かヤバイんでしたよねぇ。どうする気でしょう。
まあ監督者でもあるかなえ姉さんがあんなになってしまったし、
特例という形で許しが出るのか、
それとも我聞が暴走をコントロールするのか!?
まあ一番の萌え展開はこれだ・・・!

國生さんのキスで暴走が止まる!

我ながら最高の展開だと思いました。
こんな事になったら祭り決定ですよ!!
きゃー赤面。そのシーンを想像しただけで、もうたまりません。
どうですかminaさん・・・!?


もう一個今週のツッコミ所をば。


05-03-21_17-07~00.jpg
この人が操作してるの、ニンテンドーDSにしか見えないんですが・・・
作者の願望が誌面に影響とかか!?


【いでじゅう!】
今週も可愛すぎる森さんを堪能できた事がサンデーを買う幸せ。
森さんのお母様である里子さんも後ろ姿だけ登場。

05-03-21_17-08.jpg
さぞかし森さん似で綺麗な方だったんでしょうねぇ・・・
いつか番外編でモモジと里子さんの話とか出てこないかな。
ってかこの扉絵、幼少の頃がモモジにかけてる技・・・!?
腕ひしぎ十字!?す、末恐ろしい子やで・・・
将来、林田が浮気をした時の場面がフラッシュバックされてるかのようです。


◆恋する女の子は綺麗になる。


05-03-21_17-09.jpg
ノッケからこの可愛さにやられました・・・!
あれー、ホントに森さん以前よりも可愛くなってる・・・!?
なんつーか、この潤う瞳・・・?
それとも林田の事を想いながら赤くしてる頬・・・?
すべてが恋する女の子モードになってる森さんの可愛さは、
歴代サンデーヒロインランキングでもだいぶ上位に位置する可愛さだと思う。


05-03-21_17-09~00.jpg
「え!?あ、・・・うん。楽しいよー!」

赤くなる森さんが素敵すぎるーーーー!
こうも期待通りの反応をしてしまう森さんは素直なんですねぇ・・・


05-03-21_17-11.jpg
「え・・・!?」

トイレに入る所でいきなりモモジから衝撃の質問が。
こういうアホなタイミングがこのマンガの魅力です。
それにしても森さんはいつも可愛いなぁ・・・
こんな娘を持ったらホント心配で堪らないだろうなぁ。


◆決戦は日曜日。


05-03-21_17-11~00.jpg
「ねぇ、林田君・・・来週の日曜日さ・・・ウチに来て欲しいんですけど・・・」

えっと、この赤面の可愛さで、このセリフ言われたら、
誰でも林田と同じ妄想すると思います・・・!
なななななななんて可愛いの森さん!
微妙に敬語なのもまたポイント。


05-03-21_17-11~01.jpg
古典的だけど、それを現代風にアレンジしたようなこの描写が大好きです。
そう、このマンガはベタなんだけど、
それをベタと感じさせない雰囲気がありますよね。
まさにモリタイシ先生の魅せ方がお見事なんでしょうな。

さて晴れて公認の仲になった林田&森カップル。
手を・・・繋ぐだけじゃ、物足りないだろ?
恋愛はドンドン欲張りになるモノ。
かの西野つかさもそれを実感したぐらいですからね。

まずはチューしようと林田が悶々とする話がしばらく続くのかなー
森さんもしたかった・・・!とかそんな展開になったら祭りです。(お祭り好きな人)

--------------------------------------------------------
サンデー、春の新連載攻勢第1弾は無事終了。
どっちもまずまず合格点だと思う。
やはりサンデーは質が高いです。
うえきも19号から再開だし、やっぱりサンデー大好き。

絶チルは連載開始が延びてるみたいですね・・・
長期連載用にネームを組み直すのに難航してる模様。(一番最後の方)
頑張って椎名先生!

サンデー感想バックナンバー。
new!サンデー感想15号
サンデー感想12号
サンデー感想8号
サンデー感想7号
2004年39号~2005年2号までのサンデー感想一気読みする(JUGEM版)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
森さん、ホントに可愛くなったなぁ
たかすぃ殿、レビューお疲れ様です。
ジャンプ派だったんですが、知らないうちにサンデーも購読するようになってしまったオヤジです。それも全てはいでじゅう!のせい。いや、幸せそうな林田&森コンビを見たいが為。バレンタインからこっち、毎週水曜日が待ち遠しいですわい。

さて。
この回の森さん、ホントに可愛いですよね(というか、前回の林田に「はい!」と手を出した森さんから、一気にかわいさが増したという感じ)。背景にはクリスマス→バレンタインまでの、狼狽してるだけだった森さんの姿があったからかもしれませんけど(いや、逆に森さんリアクション集でも作ったら、この期間の顔ばっかになっちゃうような気もします)。恋をすると女の子はキレイになる・・・、という定説そのままの森さんの佇まいにまず乾杯(完敗?)です。

今回のオヤジは、知らないうちに桃児視点で読んでました。それだけに、いつもとは違う感覚になりましたねぇ。実際には子供いないんですが、年齢的には森さんくらいの娘がいてもおかしくないので、こういう話になるとどうしても・・・。まだ青春真っ只中のつもりなんですがねぇ・・・(苦笑/あきらめ悪すぎ)。
確かに、森さんと付き合う為には桃児という壁を乗り越えなければならない、というのは大問題です。いや、彼女の父親という意味ではどんなカップルでも状況は一緒なんですが、何せ相手はかつて最強を謡われたレスラーですからね。林田達が打倒桃児を旗印に特訓をするのもよくわかります。でも、大人サイドから見れば、若いのうお主!という感じになっちゃいました。彼女の父親に自分を認めてもらう為には、誠意と礼儀、そして理解を得る為の努力、これが一番必要なんだよ、なーんて「ラーメンバスター」を編み出すまでに笑いながら、ちょっとクールになっていたオヤジだったりします。

それにしても、森さんと桃児の雰囲気、いいですよね。「彼氏がいるのか?」と尋ねられる父親、それに「うん」と正直に答えられる娘。里子さんがいないことを差し引いても、こんな関係を築いている二人は素敵ですよね。不覚にもこの会話でほろりと涙が出ましたよ。桃児の子育ては素晴らしいなぁ、と。

林田がもし森さんと結婚するようなことがあれば、必殺技の「ダルマ落とし」炸裂は避けられないでしょう。林田、その時まで「ラーメンバスター」は忘れないようにしないとね!(笑)

【2005/03/21 20:50】 URL | キンパルオヤジ #- [ 編集]

連投恐縮です。
えーっと、オヤジは「あお坂」が好きで「メジャー」が嫌いです。何故か。その理由がまさにこの号の2作品に出てました。
女性監督が初勝利に泣き、試合後もバッティングセンターに行く野球バカ達の「あお坂」、幼馴染の女の子をないがしろにする野球バカが主役の「メジャー」。同じ野球バカでも人間関係の何たるかがわかっているかどうかで、ここまで印象が違うとは。
メジャーに初恋系のキャラクター、必要ないと思っているんですよ。純粋に野球という閉じた世界の中だけで人間関係も完結させた方がいいです。今回はとにかく後味悪すぎ。しかも来週以降は彼女の件、スルーだろうし。

【2005/03/21 21:11】 URL | キンパルオヤジ #- [ 編集]

もうどうにも止まらない
こんばんは、たかすぃさん!
今週のかなえさんは私もかなりショックでした。
格闘描写のある漫画なのだから仕方のない事だとは思いますが、読んでて辛かったです。
───しかし、あの描写がなくして我聞の暴走には繋がらないと思うと、納得させられるのも事実ですね…(我聞vs番司の展開で暴走だと、怒りの沸点が低すぎるように思えます)

で、暴走した我聞ですが!
國生さんの「社長!」と言う叫びは暴走中の我聞の耳には届かない!しかし何らかの方法で暴走を止めないと大変な事に───!!
國生さんの一大決心…っ。
きっと最初のコマはキュッと口を結ぶ國生さんのアップです!
番司の静止も振り切って我聞に駆け寄る國生さんが瞳を閉じる…(このあたりはセリフなしのスローモーションな感じでお願いします)
そのとき我聞は目を大きく見開いたまま…そして虚ろだった瞳に光が!!
───
───…なんて事をうっかり妄想してしまいました!!ひー!萌えです!萌え死にそうです!
ほんとにそんな事が起こったら“祭り”ですヨ!
こわしや我聞ばんざいっ…(吐血)

今シリーズが終了するまでに100回は萌死するかもな私です。それではまた!

【2005/03/21 22:30】 URL | mina #KE4hzBXM [ 編集]

テニス漫画
レビューお疲れ様です。

テニス漫画で僕の一押しは
『しゃにむにGO』です。
ご存知でしょうか?
赤僕の人が描いています。

これは「弱小校に入学」のパターンです。
なかなか使える分類ですね、これ。

では。

【2005/03/22 04:38】 URL | ボクシングファン #I740oYFc [ 編集]

偉大なるネタ漫画
MARは「ネタ漫画」として読んでいます。
ジャンプのネタ漫画が「テニス」
マガジンのネタ漫画が「翔」
そしてサンデーが「MAR」。
これらの作品は紳士的・ネタ的として読むことによって初めてその地位を発揮するのです。
さすがに「ARMS」の最終回の時の次のページに「MAR」の連載開始を2ページぶち抜きでやったときはさすがにキレたけど。

で、MARは嫌いだし薄っぺらいしこんなのが漫画だと思われたら本当に嫌だけど、正直言ってトーハンの漫画売り上げでつねにランキングに入っているのが納得いかないですねえ。

【2005/03/22 10:06】 URL | American #- [ 編集]

サンデーに反応あるとまた嬉。レスその1
ジャンプ以外のマンガもまた積極的に取り上げていきたいなぁ、
と思ってるので反応多いとひじょーに嬉しくてやる気が出てきますねー。

>キンパルオヤジさん
こんばんわ~!森さんへの熱い想い、確かに受け取りましたよ・・・
幸せそうな二人を見るのはホントこっちが幸せになりますよね。
どんどん可愛くなる森さんを見ていくのが、
何よりの楽しみだったりします。

クリスマス⇒バレンタインまでの森さんはまさに狼狽してましたよねぇ。
色々悩みに悩むあの期間があったからこそ、
告白の回がより一層説得力を増し、読者に感動を与えたんだと思います。
手を差し伸べたシーンはホント名シーンですよね。

キンパルオヤジさんはモモジ視点で見られてましたか。
年齢が近いせいもあるんでしょうか・・・
いやー自分にも娘がいないので正直ちゃんと共感できてるかどうかは分かりせんが、
もし可愛い娘がいたら・・・!って思ったらやはりモモジのような気持ちになるんだろうなぁって。
しみじみ思ったりしました。
ずーっと16~17年間、大事に大事に育ててきた、可愛い可愛い娘ですから。
変な男に捕まってほしくないんでしょうね。
いやーそんなん想像しただけでいやです。

そしてモモジと桃里の関係。これはホントいいですね。
父親の質問に対して、ちゃんと答える娘。
なかなかこの図式が成り立ってる家庭は少ないんでしょうね。
だからこそ、森さんはいい子なんだなぁってのがしみじみ伝わってきます。
いやーいいマンガですねぇ!
結婚話までやってほしいですよね、いでじゅうは・・・

ありゃ、「MAJOR」はお嫌いですか。
まあ確かに最近の展開はちょっとイマイチでしたが、
高校の頃の吾郎とか、吾郎=最強みたいなのがあって、
好きでしたねぇ・・・今はポカスカ打たれてしまう時もあるので、
ちょっと複雑な気分ですね。

んで恋愛面に関してはMAJORはほとんど取り組んでないですよね。
まさにはじめの一歩に近い感覚でしょうね、ここら辺は。
あくまでメインは野球、野球、ベースボール!
恋愛は二の次、三の次なんでしょう。
別になくてもなりたってしまうのが「MAJOR」なんですよね・・・
けど今回ばかりはちゃんとフォローするんじゃないかと思ってます。
何だかんだ言っても吾郎は清水が好きですからね!
「あお坂」はホント好きです。鈴ねぇ大好き!


>minaさん
こんばんわ、minaさん!!
minaさんの妄想っぷりがホント大好きです。
それをさらに絵に出来るから素敵なんですよねぇ・・・うらやましい!

さてさて、かなえ姉さんファンにはホント辛い展開でしたね・・・
やはり姉弟同士が戦うシーン、しかも自分の意志とは関係なく・・・
という設定はやるせなくてたまらないですね。
けどminaさんがおっしゃる通り、あれが暴走へのきっかけとなるならば・・・
展開としては自然な流れだったのかもしれません。
あれでかなえさんが再起不能とかになったらまた熱い展開だったりするんですが。

口をキュっと結ぶ國生さんーーーーーー!!
ああ、もうそのタメがたまらないっすよminaさん!
さすが!タメどころをわかってらっしゃるーー!
瞳を閉じながら駆け寄る國生さんーーーーー
そのシーンがスローモーションーーーー!!
おおおおおおおヤバイっす。minaさん、自分も萌え死っすよ・・・
そんなシーンを是非!是非!期待したいところです。
是非お祭りやりたいですねぇ。
そしたら我聞大好きな方々でお祭りしましょうね!
それが現実となるよう藤木先生に手紙出すか・・・!?

けど我聞はこのシリーズがラストなんでしょうねぇ・・・
そんな気がします。だからこそ、そのシーンを是非やってほしいんですが。
「いでじゅう」恋愛モードに感化されないですかねぇ。

それにしてもminaさんのリンさんに対する愛はまた素晴らしいです。
コミックスまだ買ってないので見ないと・・・!
メイド姿もまた堪能せねば・・・!

【2005/03/23 00:12】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

サンデーに反応あるとまた嬉。レスその2
>ボクシングファンさん
おー「しゃにむにGO」ですねー!
勿論読んでますよ・・・!
と言っても全然途中までなんですけど。
たぶん7~8巻ぐらいで止まってた気がします。
そうですよね、王子以外に、このしゃにむにがありましたー!
全部読んでないのでちょっと例をあげにくかったのもあるんですが、
そろそろだいぶ巻も進んできたし、
一気読みしてしまおうかな・・・!?
かなり面白かったなぁという印象が。もうさすがに話はちょっと忘れちゃいましたねー

弱小校に入学パターンでしたっけ(それすら忘れてる)
うう、読みたくなってきましたよー
是非このパターン、お使い下さい。
まあテニスだけじゃなく、どのスポーツも大体その2つなんですが・・・
(まあ中にはごく普通の平均的なトコで始まるものありますけど)


>Americanさん
おお!ネタマンガとして読むんですねー!
それは新しい見方です。
そっか、テニスや翔と同じ扱いをすればいいんですね・・・!
一縷の光が見えてきたような気がします。ありがとうございます・・・っ!!

ホントMARは烈火とかに比べても内容薄いですよねぇ。
焼き直し、というかひたすら一般的に盛り上がるだろうバトル形式を延々と繰り返す・・・
けどどうせ負けるハズがない。
なんつーか、危機感、ハラハラ巻が全く感じられないのがどうなの!?って感じです。
敵側も、主人公サイドも、皆まだまだ余裕ありあり。
余裕ありありの戦いなんて見ても正直そんなのは、
冨樫先生ぐらいですよ魅力的に書けるのは。
MARはひたすら新しい「ARM」を出すだけ。
・・・説得力がないですよねぇ。

しっかり描けるマンガ家さんだけに、
もうちょいひねってほしいところです。行き詰ってるんじゃないかと心配ですよ逆に。

けどチビッ子にはこういう展開がうけるんでしょうね・・・
そこが編集部としても複雑なトコなのかもしれません。

【2005/03/23 00:20】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


サンデーが平均点高いってのは同意です。
なんつーか読み応えがありますよね。

せっかく高得点たたき出してるのに『MAR』が下げてるのが残念です。
でも毎週楽しみだけど。

新連載の沖田。第2話読んだ感想ではなんとなく不二ってイメージですわ。
どっちにしろ天才タイプですがw

【2005/03/23 01:03】 URL | あるてぃ #- [ 編集]

サンデーに反応あるとまた嬉。レスその3
同意してもらえるとまた嬉です。
サンデーは最初から最後までずーっと、なんつーか面白さのテンションが続きますよね。
次から次へと面白いマンガが出てきて。
まさにあるてぃさんのおっしゃる通り、読み応えがあります。
ただし、素晴らしくレベルが高い(=デスノートのように)作品が、
なかなかないのもまた事実なんですよねぇ。
傑作3つなのか、秀作10個なのか。
どっちがマンガ読みにとって面白いのかと聞かれレば、
やはり傑作1つは秀作何作分の面白さがあるから困ったものなんですよねぇ。

「MAR」は・・・一昔前とか(10年前ぐらい)だったら、
まだ面白く読めたのかもしれません・・・
けど今はキツイですねぇ。なくても全然気にならないマンガです。
毎週楽しみというのは・・・ネタマンガとしてですね?w

沖田は今週もぼーっと眺めてるだけでしたね・・・
良く見ると、沖田より目が澄んでる気がします。気のせいか・・・?
不二のイメージですか。まあ天才系ですよね・・・!
彼がきっとNo2?やっぱり部長(この沖田の隣のやつがNo3だと思うので違う)
が最後に出てきてその存在感をアピール?
そんな展開かと。個人的には面白いです「見上げてごらん」。
あるてぃさん的にはどうなんでしょう?
感想無かったって事はどうでもよさげ・・・?

【2005/03/23 22:21】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/81-74006b72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析