マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朗読マンガ「花もて語れ」に衝撃を受ける
2010年10月18日 (月) | 編集 |
iinoda_image0599-1.jpg

本には心を揺さぶる力がある。

その中でもマンガは、僕らの知らない世界を鮮やかに教えてくれる。
それは限られた時間の中ではきっと知りえなかった世界。
あたかも体験したかのごとく、その感動を伝えてくれる。

すごい。

自分では思いつかなかった視点を教えてくれる。
ああ、そういう見方もあるのか。
そんな考え方もあるのか。
自分1人ではきっと出会えなかった世界。

こんな世界があったのか。

花もて語れ」を読んで改めてそう思い知らされた。
それは朗読の世界。
学校、特に小学校の時に国語の教科書を朗読した記憶は誰しもあるだろう。
その事に「先」があったなんて、完全に思慮の外にあった。

気付かされる。

僕らが普段接しているものを、
深く知る事が出来る。それが本。それがマンガ。
スポーツだって恋愛だって歴史だって仕事だって星だって家族のことだって。
ぜーんぶマンガに教えてもらったんだ。
その面白さ。楽しさ。辛さ。その先にあるもの。ぜんぶ。






iinoda_image0600-1.jpg

声を出して本を読む。

思い返してみると、その行為を学生以来ほとんどしていなかった。
本を読むのって、普通は“黙読”になるだろう。
外はもちろん、家の中でも声を出して読むという事はめったに無い。

特にマンガはそこに描いてある「絵」がイメージをしっかり補ってくれている。
だからこそマンガを読むというのは分かりやすく面白いのだろう。
しかし小説や文学は違う。
そこにあるのは基本的に“文字”だけだ。
けれど僕らはそこにある“文字”だけで、その世界を堪能することが出来る。

イメージするから。

そこに書いてある文字が僕らの想像力を刺激する。
頭の中で組み立てられ、色がつき音が鳴り動いていく物語。
本を読むという行為ほど、頭の中が広がるものはないだろうと思う。

けれどこの作品はその“先”へ行く。







iinoda_image0601-1.jpg

その作品をイメージし、その作品の中にある情景・気持ちを声に出して伝える。

それが「朗読」
その台詞に気持ちを込める為には、その作品の事を何よりも知らなくてはならない。
増して行く深み。
広がっていく感動。

聴いてる人が、その情景をどれだけイメージできるか。

楽しい場面が笑ってしまうくらいより楽しく。
悲しい場面が泣いてしまうぐらいより悲しく。
そんな風に感情移入する。
それが物語の楽しみ方。

それをどうやって伝える?

自分が感じた物語を書いた作者の気持ち。
その物語に出演する登場人物たちの気持ち。
しっかりと読み取って、それを伝えたい。…どうやって?

心に残った1つのたとえ。

なぜ赤ちゃんの泣き声はみんなによく届くのだろう?
どこにいても分かるあの泣き声。
耳に残るその声、その理由とは。






iinoda_image0603-1.jpg

「伝えたい気持ちが強いからだよ」

喋れないからこそ、その泣き声に気持ちを込める。
こうしてほしい。ああしてほしい。
気持ちを込めた声には“力”がある。
人の心を突き動かす“力”。

どうやって伝えたらいいか。

伝えたいと強く願うこと。

それはとても単純な方法であり、とても難しくもある
強く願うということは、伝えたいその事に確固たるものがあるということ。
そこには揺ぎ無い自信がなければ困難である事は間違いない。

だから読み込む。そして理解する。自分が納得できるまで。

それから伝える。
その気持ちは声だけでなく、読み手の表情にも表れてくる。







iinoda_image0604-1.jpg

喜怒哀楽。驚き。謎。無限にある人の表情がその情景を教えてくれる。

花もて語れ」第1集では、
朗読の才能を持つ主人公・ハナちゃんが、朗読の世界に出会うエピソードが描かれます。
地味で声が小さく臆病だった彼女が、
「朗読」の世界に出会い、自分の世界が一変していく…

そんな「朗読」の魅力の始まりが描かれる前半。

そして後半からは初の本格的な「朗読」に挑戦するハナちゃん。
そこからがまさにこの物語のスタート。
僕らの知らない「朗読」の世界の片鱗を、少しだけ垣間見る事が出来ます。

こ、これが…「朗読」というものか!!

そこにあるのは信じられない迫力と臨場感。
マンガだからこそこれは描けるのか。
すごい。ひたすらにのめり込むしかなかった。
「朗読」ってすごい。気がつけば打ちのめされていた。

声を出して読むことの意味と面白さ。

声を出して読めば、みんなで共有できる。
みんなで楽しめる。
それこそが「朗読」の醍醐味。






iinoda_image0605-1.jpg

物語がもっと楽しくなる。

それだけでワクワクしてきませんか?
そんなきっかけをくれる「花もて語れ」。
ちょっとでも気になるならぜひこの世界へ。

もし朗読と聞いただけで敬遠する人がいたら勿体無いと断言しましょう。
そもそも朗読のすごさ、が表現されてること自体に衝撃を受けます。
地味なイメージ?とんでもない。ぶったまげるド迫力ですよ。
いやぁ、隠れた名作ここにありです。

物語を愛する人、全てにオススメします。


----------------------------------------------------------
<参考>
 ⇒声になった言葉が、無限大のイメージを相手に伝えるんだ!「花もて語れ」1巻 - たまごまごごはん
 ⇒朗読がマンガになるってどういうこと? イメージの爆弾『花もて語れ』

読み終わった勢いのまま書いてしまったので、
あまりストーリー紹介できませんでした。
なので、詳しくはたまごさんの記事×2本をご参考まで。。。

最近自分で音読したかなぁって思い返してみると、
よく考えたら娘ちゃんに絵本を読んでました。これも音読だ。
でもって、そこに書いてある台詞にどう感情を込めるか考えている自分がいて。
絵本であればその絵のイメージそのままにその台詞を発するのだけれど、
それでも自分とヨメちゃんとでは、そこに込めた感情がちょっと違ってて面白い。

文章って面白いよね。

今回の記事も、実はじゃっかん興奮気味に書いてるんですが
それが伝わってる人もいれば伝わってない人もいるでしょう。
その事実が何とも面白いなぁと思うのです。

まあ自分の文章技術が未熟と言われればそれまでなのですが、
色んな要素が組み合わさってるんだろうなぁと。うん。

何はともあれ、声を出して読むということ。オススメします。


----------------------------------------------------------------
花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
片山 ユキオ
小学館 (2010-09-30)



なるほど、「空色動画」の作者さんだったのか…納得。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

これ今日たまたま本屋で買ったのでレビューされててびっくり
「その発想はなかった」これ読んだ後はむしろ黙読に違和感感じる。そんくらいの説得力があった

やまなし朗読のシーンの迫力ぱねぇ。名作になる思う

【2010/10/18 19:51】 URL |   #- [ 編集]


やまなし!!弟が丁度やってます。

「伝えたい気持ちが強いからだよ」はすごい・・・  唾でた・・・

【2010/10/19 20:55】 URL | 葛偽 #- [ 編集]


読む原作者に対する冒涜だと思う。
こんな素人の込めた感情なんて不要。
自分で作品を書いて読め、ってな感じ。

【2012/11/06 18:35】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/709-7c9dc44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。