マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2009年マンガベスト30+α!(前編)
2010年01月25日 (月) | 編集 |
iinoda_image0379-1.jpg

面白い!に沢山出会える。それがマンガの醍醐味だと思うんだ。

読み終わった後、嗚呼面白かった・・・と思える作品に出会えた時の満足感。
あのもう何物にも変え難いほどの高揚。
マンガを読んでいて一番幸せに感じる瞬間でもあります。

面白いマンガと出会う事は、幸せと出会う事と同義なんです。

僕らはいつも、エンターテイメントを欲していて。
その欲求をどれだけ満たしてくれるかが、幸せの1つの基準で。
マンガはそれを大きく満たしてくれる。
面白いマンガは、僕らに人生における潤いを与えて・・・くれるんだ!

だから、面白いマンガに出会おう。
そして、面白いマンガを読もう。
だって、面白いマンガを読まないなんて勿体無いじゃない。

皆さんが沢山の「面白い」に出会って欲しいから。
今年もまた、珠玉の作品たちをオススメしたいと思います。
当サイトが自信を持ってオススメする、2009年面白かったマンガたち。
自分を幸せにしてくれたこの作品たちを読んで、皆さんが幸せになってくれたら一番嬉しいです。

さあ、面白いマンガを読もう。


-----------------------------------------------------------------------

というわけで大変お待たせしました。

毎年恒例「マンガがあればいーのだ。」の2009年版マンガベストランキングでございます。
今年は「前編」「後編」の2回に分けてお届けします。
その中で気になった作品があればぜひ手にとってみてくださいね。

◆<ランキング対象>
 ・2009年に単行本が発売した作品&連載された作品
 ・ジャンルは特に問わない。
 ・管理人の趣味により、ラブコメジャンルが多いかも・・・

◆<参考リンク/昨年のランキング>
 ⇒「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2008年マンガベスト30+α!(前編)
 ⇒「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2008年マンガベスト30+α!(後編)


前編ではランキング30位~16位までの発表です!ではドーゾ!


……………………………………………………………………………………
【第30位】 未満れんあい 作:高嶋 ひろみ
……………………………………………………………………………………

未満れんあい 1 (アクションコミックス)未満れんあい 2 (アクションコミックス)

これはもう、ヒロイン・ともえちゃんの眩しさにやられるしかない。

三十路前のエロゲ会社プログラマーの男が、
汚れを知らない天真爛漫な中学1年生の女の子に恋をした。
いやはや、似たような設定のものは沢山見てきましたけど、
これはもう救われなすぎる設定だなぁと。いくらなんでも年の差がありすぎる!

いや、16歳ぐらいなら一般的にはありえる。全然ある。
けどこのご時勢において、中1ってのがギリギリアウトな設定ですよね。
だからこそ気になるこの恋の行く末。
見覚えのある痛さだからこそ、思わず応援してくなってしまうのです。

が、やっぱり肝はここでしょう。





iinoda_image0386-1.jpg

ともえちゃんが可愛すぎる。まるで太陽のような子。

思わず読者が心配してしまうぐらい、真っ直ぐな女の子。
「えええ!」と読みながらのけぞってしまい、そしてニヤニヤしてしまう。
そんなんアリなのかよ、と。ともえちゃんは、アリなのです。

ストーカー手前の主人公の行動を、
その眩しさで全て打ち消してしまうシーンはもう圧巻。
クラクラするほどの温かさが、この作品を支えてくれてるのでしょう。
そんな設定にピクリと来た人にはオススメしちゃいます。

気になるのはこの作品の結末。
ハッピーエンドを迎えるには、超えなきゃいけない壁が沢山ありすぎる。
二人の行く末に、どんなゴールを用意してるのだろう。激しく気になる二人なのです。

こんな時代だからこそ、危なっかしくて痛い恋愛を温かく見守ってみませんか?


……………………………………………………………………………………
【第29位】 ナナとカオル 作:甘詰 留太
……………………………………………………………………………………

ナナとカオル 1 (ジェッツコミックス)ナナとカオル 2 (ジェッツコミックス)

いやぁ、これはエロいね。

読み終わった後、思わず漏れてしまうのがその一言。
おっぱいやらぱんつやら、はたまた直接的な性行為的なものを基本一切描かず、
ここまでエロく描けるのはある意味感動。すげえや甘詰先生!

ただねっとりたっぷりじっくりと、
幼馴染の優等生な同級生を、さえないボクが苛めるというその行為。
ゾクゾクっと背筋を走る快感は決して錯覚じゃない。
これが本当のエロスなんだ!と唸らされてしまう真実がここにある。

何故こんなにもエロいと感じるのか?





iinoda_image0381-1.jpg

何といっても、ナナの内面が素晴らしいほどねっとり描かれてるところにある!

1つ1つの動作、1つ1つの仕草。
少しずつ進んでいくプレイに、イチイチ沢山反応してくるナナ。
それを1つも漏らす事なく、たっぷり描写してくれるのがもう堪らない。
気がつけばナナの鼓動が伝わってきて、
そのいやらしい表情に引き込まれていく。読者もまたプレイの中に引きずり込まれるのだ。

そして物語は少しずつエスカレートしていく。

禁断の遊びは、その一線を僅かな歩みで超えようと進んでいく。
その焦らし感、さじ加減が絶妙すぎでしょう甘詰先生!
完全に読者が焦らしプレイされてますよ。
その臨場感がリンクされてるのがまたね・・・堪らないのよ。

読めば絶対エロい心が離れなくなる。
眠る前に読んだらダメだよねこれ。悶々が止まらなくなるよ!


……………………………………………………………………………………
【第28位】 エデンの檻 作:山田 恵庸
……………………………………………………………………………………

エデンの檻 1 (少年マガジンコミックス)エデンの檻 2 (少年マガジンコミックス)

マンガは、エンターテイメントなんだよね。

色々な形があるにせよ、僕らはマンガを“楽しむ”為に読んでいるのです。
そういった意味で、この作品は頭を空っぽにして楽しむ事が出来るんですよ。
いかにもマガジンらしい大味な作り。
けどその味こそが、この作品を純粋に楽しめる要因なのかもしれません。
敷居が低いのって、沢山の人がエンターテイメントを味わえるって事ですからね。

突如絶滅した動物たちが住む島へとタイムスリップ(?)した主人公達を待ち受けるサバイバル。
制服姿の可愛い女の子たちとキャッキャウフフしながら
時にはお色気も交えつつも、生と死を残酷に描きながら物語は進んでいきます。

まあ次から次へと主人公たちを襲う困難。
生き残りをかけて、必死にあがらう彼らの姿は見てて飽きません。
生きようという意志で戦う姿は、やはり気持ちを惹きつけられます。
極限の状況だからこそ、成立する人間ドラマがそこにはあるのです。






iinoda_image0382-1.jpg

それにしてもヒロイン・りおんは可愛いよねやっぱ!

というか、この作品に出てくる女の子は概ね可愛い。
そんな可愛い子たちに襲い掛かる欲望や狂気。
スリル感やドキドキ感。
またマガジン特有とも言える大袈裟な(?)引きも、この作品にはよく似合ってる。
上手く雑誌の特徴と融合したなぁと思いました。

まあとにかく2009年、沢山話題を振りまいてくれた作品です。
ミイナの真実には色々な意味で驚かされましたし、
あの伝説の台詞「何がクニだよ クンニしろオラァァァ!」は生涯忘れる事がないでしょう。
その後の衝撃的な展開など、読者を常に飽きさせない工夫が随所に盛り込まれてました。

気がつけばマガジンの看板作品へと成長を遂げつつあります。
少しずつ減っていく生存者たち。
ここからがこの作品における本番でしょう。2010年も期待してます。


……………………………………………………………………………………
【第27位】 プラナス・ガール 作:松本 トモキ
……………………………………………………………………………………

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)

やっぱり、「可愛いは正義!」は不滅なのです。

ここ近年、ガッツリ盛り上がっていた「女装っ子マンガ」ブームですが
2009年は1つのピークを迎えたような気がします。
そんな中誕生した、このジャンルにおける1つの傑作。
それがこの「プラナス・ガール」でしょう。

いやぁこの背徳なドキドキ感、久しぶりです。

男の子だと分かっていても、思わずドキっとしてしまう可愛さ。
理性じゃ到底説明がつかない、この本能的な想いを引き出される。
これが普通の女の子という設定だとしたら、ドキドキしなかったかもしれない。

あくまで
「これは男の子なんだ、この可愛い仕草は全部男の子なんだー!」
という葛藤が生み出す不思議な鼓動。やられたよねこれは。
女装っ子マンガの肝はそこにあるわけで、そういう意味でこの作品は秀逸なのです。






iinoda_image0394-1.jpg

ああ、こんな可愛い子が男の子のわけない!と思わされたら読者の負けなんですよね。

ラブコメの質から言えば中の下ぐらい。
色々荒削りな部分も正直多いです。
逆に言えばまだまだ伸びる余地があるとも言えますが・・・
足りない部分を、このもどかしい葛藤で補ってる感じでしょうか。

今後の課題は、ある意味「出オチ」的になってしまったこの設定を
どう維持していくか。2巻以降では特殊な新キャラが出たりと、色々やってくれそうですが。
やはり何故女装しているのか、その辺に踏み込んでもらいたいなぁとも。

“女装っ子マンガ”に興味がある人への、入門作品としてオススメします。

<参考>
 ⇒僕は男の子に恋をする。「プラナス・ガール」に本気で惚れた。


……………………………………………………………………………………
【第26位】 腐女子ッス! 作:御徒町 鳩
……………………………………………………………………………………

腐女子っス! 1 (シルフコミックス 7-1)腐女子っス!(2) (シルフコミックス 7-2)

ああ、胸キュンっス!

女の子が恋に思い悩む姿とは、いつの世も美味しい(?)ものですが
やっぱり純度の高い恋バナはいいよねぇ。キュンキュンします。
オタクという、同じ境遇だからこそ分かる葛藤。

好きなものは好き、それは曲げられない。
けど恋する気持ちも曲げられない。
見栄を張ったり、嘘をついたり、逃げちゃったり。
みっともない姿が恥ずかしくて、赤面する彼女の姿にキュンとしないわけがないでしょう!





iinoda_image0384-1.jpg

オタクという親近感からなのか・・・何だろうこの胸のときめきは。

すでに当サイトでは何度か取り上げてる作品なので繰り返しになりますが
やはりタイトルで損してるよなぁ、と。
「腐」要素はかなり少なく、むしろほんのり味付け程度ですよ。
まぁ、それが故の葛藤こそがメインでもあるんですが。

あとは面白くなってくるのは1巻後半から、
特に2巻に入ってからの“えり”のエピソードでしょう。
彼女の過去と現在の対比が、より恋しく思えてしまうエッセンスに。

まあ何はともあれ気になった方はぜひ。
ラブコメ好きな貴方であれば、きっと気に入ってもらえずハズ。

<参考>
 ⇒「腐女子っス!」が胸キュンで面白いっス!


……………………………………………………………………………………
【第25位】 ともだち100人できるかな 作:とよ田 みのる
……………………………………………………………………………………

友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)友達100人できるかな 2 (アフタヌーンKC)

傑作ラブコメ「ラブロマ」の作者が描く新境地、それは“友達作り”漫画だった!

他では見られない独創的な絵柄と雰囲気で描かれる、とよ田先生の世界。
個性という言葉だけでは、とても片付けられない魅力が詰まって詰まって仕方がない。
気がつけば、とよ田ワールドに病みつきになってしまっている。
今作は、更にその世界が進化した物語。

主人公が、世界を救うヒーローに選ばれる。
そんな物語は、今までゴマンと見てきました。
巷にありふれた設定を、たった1つの設定を付け加える事で一変させます。

「友達100人作らないと、人類滅亡」

主人公・直行に課せられた使命。
それは子供時代へタイムスリップ(厳密には違うらしい)をし、
その時代で友達を100人作ることだった。





iinoda_image0383-1.jpg

友達作り。それは一見シンプルなようで奥の深いテーマなんです。

友達を作る方法。
それは1つじゃない。だって同じ人なんていない。
仲良くなる方法も、同じではないのだ。
この作品を通じて、改めて人と人との付き合い方までを深く考えさせられます。

とか色々書きましたが、とにかく見た目のポップさとは裏腹に
けっこうグサリと来る深いところまで切り込んでいきます。
デフォルメされた世界との対比が、より僕らの感情を揺さぶってくるのです。

これぞ「漫画力」がたっぷり詰まってる作品。
とよ田ワールドを未体験の方はぜひ!オススメです。


……………………………………………………………………………………
【第24位】 はじめてのあく 作:藤木 俊
……………………………………………………………………………………

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 2 (少年サンデーコミックス)

より一層パワーアップを遂げて、藤木先生が帰ってきた!

伝説の(?)壊し屋マンガ「こわしや我聞」完結から3年。
藤木先生が新しく挑んだ境地、それはサンデーの伝統と呼ばれる“居候コメディ”だった!
うん、その選択は大正解です。
藤木先生が描くドタバタコメディは、昔から圧倒的に面白かった。
今回はそこに絞ってフォーカスする事で、もう堪らなく愛しい作品に仕上がってます。

ある日突然居候することになった・・・のは悪の科学者と名乗る男の子だった!
いやぁ、一つ屋根の下という設定は昔からお馴染みの設定。
ただここで女の子が突然来るのではなく、
男の子が来てあたふたする女の子の気持ちが、少年誌で描かれる事がちょっと新鮮かも?

「悪の組織」「科学者」という非日常要素の設定を、
ごくごく普通なスクールライフに上手く溶け込ませてるというバランス感覚がお見事。
ここに違和感を感じさせずに楽しませてくれるのが、藤木先生の味ですよね。





iinoda_image0385-1.jpg

可愛い女の子たちとドタバタ・・・これをトコトン楽しそうに描いてますよねホント。

コメディで一番大事なのって、やっぱ「楽しい!」事で。
基本的な事ですけど、読者が全く構える事なく自然にこう思えること。
押し付けがましいギャグとかじゃなくて、ただ純粋に嗚呼楽しいなぁと感じる。
そういう作品って、実はけっこう貴重なんです。
この世界の一員になって、自分も楽しみたいって思えること、その事実がただ嬉しい。

ヒロイン・キョーコの可愛さが絶妙な味を出してるのがすごい。
いや正直最初そこまで可愛いと思わなかったんですね。
それをじわじわとその可愛さを小出しに小出しに描かれてきて、
気がついたら好きになってしまってる。これはヒロインの新しい境地なのかなぁと。

まあ一番好きなのは乙型。その次がユキちゃんでしょうか。
けどやっぱ乙型です。きゅい~んに惚れた。彼女のモーターの高鳴りにやられたよ!

そんなこんなで楽しい「はじめてのあく」。まさにサンデーのコメディ、ここに極まり。


……………………………………………………………………………………
【第23位】 うさぎドロップ 作:宇仁田 ゆみ
……………………………………………………………………………………

うさぎドロップ 5 (5) (Feelコミックス)うさぎドロップ 6 (Feelコミックス)

誰もが驚いた衝撃の第2部。けどやっぱり「うさぎドロップ」は面白かった。

あの可愛いりんちゃんが・・・
5歳、6歳の可愛い盛りから、一気に10年という月日が経ってしまい何と高校生に。
あまりにも大胆!な展開に当時唖然としたのを覚えています。

たぶん、あのままりんちゃんの成長を描き続けていたとしても
間違いなく面白かったと思うんですよね。それももう、けっこうなレベルで。
けど宇仁田先生はそれを選ばなかった。
この作品が行ける、更に深いステージへとあえて突き進んだのでした。
ある意味賭けですよね。






iinoda_image0387-1.jpg

賛否両論、色々あるかもしれません。

けど個人的にはもう、より面白さに深みが増して大成功だったんじゃないかと。
もちろん、一桁から二桁に変わる絶妙な年頃のりんちゃんを見たかった気持ちはあります。
ただそれ以上に、2つの恋の行く末に魅了されてしまったのでした。

ダイキチとコウキママ。
りんとコウキ。

この2つの恋からもう目が離せないのです。

養父であるダイキチと、実の親であるコウキママ。
幼い頃から一緒にいたりんとコウキ。
この2つの恋に絡みつく見えない歯車。
その歯車が上手くかみ合わなくて、廻らない。だから進めない恋。

ある日突然、娘が出来たという話から・・・ここまで深いステージへと進むのか。
宇仁田先生の手腕に改めて叩きのめされると共に、
味わい深すぎる面白さの虜になって止まないのです。

あの頃の彼らを知っているからこそ、今の展開が切なくて堪らなくなるのです。
家族とは、恋人とは、一緒に暮らす事とは。
改めて考えさせられる物語。
宇仁田ワールドの進化点がここにアリ。未読の方にはぜひオススメしたい逸作です。

<参考>
 ⇒「うさぎドロップ」「よにんぐらし」で、“宇仁田愛”を堪能しよう
 ⇒「うさぎドロップ」と「おたくの娘さん」から見る、ある日突然娘が出来た時の対処法


……………………………………………………………………………………
【第22位】 つづきはまた明日 作:紺野 キタ
……………………………………………………………………………………

つづきはまた明日 1 (バーズコミックス ガールズコレクション)

2009年、何度も読み返してしまった作品です。

派手な作品では一切ありません。
けれど、ふとした時に手を伸ばしたくなってしまうのです。
そこに込められた沢山の“優しい欠片たち”に、
何だか会いたくなってしまう時がけっこうあるんですね。

騒がしい日常に慣れてしまってる人にこそ、
この物語を心に染みこませてほしい。
僕らが気付けなかった、普段の日常を優しく見る方法が沢山隠れてるんです。






iinoda_image0388-1.jpg

多分僕が、この作品に求めてるのは“癒し”なのかなぁ・・・

にんまり。
思わずにんまりしてしまうこと多数。
この嬉しい感覚は、読んでもらった人にしか分からないだろうなぁ。
だからこうしてオススメしてしまうのです。

この“優しさ”を、共有したいから。

紺野キタ先生の作品はこれが初見で、
その後「ひみつの階段」新装版が今年発売されてるのを見て、思わず衝動買い。
こんな優しい作品を描く人が、女子高の園を描くなんて・・・
そりゃ絶対好みに間違いないと思ったら。

やっぱりストライクでした。好きなんですこういうの。

淡いタッチで描かれる、終わりの見えない優しさ。
ずっと繋がっていくその想いに、浸れる幸せを思う存分噛み締めたいのですよ。
もっと語りたいけど、つづきはまたこの参考記事で・・・

<参考>
 ⇒この優しさを、明日誰かに伝えたくなる。「つづきはまた明日」


……………………………………………………………………………………
【第21位】 うそつきパラドクス 作:きづき あきら+サトウ ナンキ
……………………………………………………………………………………

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)iinoda_image0395.jpg

いやぁ、これはホント、エグいよね。

このコンビが、またやってくれました。
いつも以上にグサリと鋭い。
これぞ、男と女のリアリティというか。現代の恋愛事情というか。
きついよね、これ。身に覚えがある人はガツンとくる事間違いなし。すんげえキタ。

会社の同僚同士。
男は彼氏のいる女に惚れてしまう。
しかし彼女は遠距離恋愛。
ふとした折に訪れた、千載一遇のチャンス。
彼は、彼女を手に入れようとする。その時限り、一夜限り。

そして彼女はそれを受け入れてしまう。ちょっとだけ、半分だけ、一部分だけ。
最後の一線は越えない。しかしその手前まで来てしまう。
一線を越えないのは「浮気」になるから。
既にその行為が、「浮気」という事に気付いてない?いや気付いてる。

気付いてる、けれど止められない、傷つけたとしても。それが男女の関係なのですね。





iinoda_image0389-1.jpg

無邪気に、ナチュラルに傷つけるケースってけっこう沢山あるのよ。

恋人がいたって、人を好きになってしまう事はある。
人は、1人しか好きになれないなんて構造をしてないから。
彼氏に会えない寂しさも相俟って、身体を許してしまう彼女。
そんな彼女の心を手に入れられないけれど、触れられる喜びに快感を覚える男。

しかし、彼は小さな傷を沢山負っていくことになる。

それは自分では見ない振りをしてる小さな傷。
けれどそれが重なっていけば大きな傷となる。
その傷つけ方が実に秀逸。まさにこのコンビならではのエグい傷つけ方だと感心してしまう。

この恋を見続けていくだけで、どんどん心が削られていく気分になる。

けれどもう目が離せない。
もう抜け出せないくらい、ハマってしまったのだ。
欲しいものが確かに自分の手の中にある。
けれど、スルリと抜けていってしまうあの虚無感と喪失感。

幸福と喪失のシーソーゲーム。麻薬のようないけない病み付きになる面白さ。
この恋愛の結末が楽しみで仕方がない。どっぷり浸かれる恋愛ドラマです。オススメ。


……………………………………………………………………………………
【第20位】 バクマン。 作:大場 つぐみ 画:小畑 健
……………………………………………………………………………………

バクマン。 5 (ジャンプコミックス)バクマン。 6 (ジャンプコミックス)

いやはや、トンデモない作品が誕生したものだなぁと。

色んな意味で、業界に衝撃を与えた異色作。
「マンガ家漫画」というジャンルは決して目新しいものではありません。
が、これを日本で一番売れてる週刊誌であるジャンプ誌上で繰り広げられた事、
そしてそのジャンプにおいてジャンプ作家を目指すというメタ的な要素を織り交ぜ、
更にはジャンプにおける様々な謎の暴露をやってのける。

これはもう、ジャンプ好きな読者だったら面白くないわけがないんですよ。

逆に言うと、ジャンプをもう卒業したとかジャンプが嫌いとか
そういう人にはこの作品は向かないのかなぁと思ってしまったり。
少なくともある一定期間ジャンプを読んでいて、しかもまだ現役で読み続けている、
そんな人にこそ「バクマン。」を読んで心を鷲掴みにされてほしいのです。





iinoda_image0393-1.jpg

ジャンプが好きだからこそ、ジャンプ内部の事情を知れるのが楽しい!

まあそんな暴露要素だけではなく、純粋な少年漫画としても面白いんですよね。
まさかここまで熱血物語になるとは想像しておらず。
だって最初、サイコーもシュージンもけっこう冷めてたじゃないですか。
そんな彼らに火が付き始めて、色々なキャラが登場してからの「バクマン。」は最高に面白い。

ただ各ランキングであげられてるような「1位」かっていうとそこまでではないですが。
それでも2009年、毎週楽しませてもらったのは事実で。
圧倒的なネーム量を、苦ともせずにグイグイ読ませる怒涛の展開スピード
さすがの大場&小畑コンビ作品ですね。
このスピード感は、他のジャンプ作品でも真似してほしいところです。

このテーマで、どこまで話を膨らませる事が出来るのか当初全くの未知数でした。
だからこそ今の展開は嬉しい予測外。
想像を超えていく物語を見守れる幸せ。
2010年も「バクマン。」の爆進に期待せざるを得ません。楽しみですね。

<参考>
 ⇒「バクマン。」の暴露に秘められた想い


……………………………………………………………………………………
【第19位】 タッコク!!! 作:福地 翼
……………………………………………………………………………………

タッコク!!! 1 (少年サンデーコミックス)タッコク!!! 2 (少年サンデーコミックス)

今一番勢いがあるラブコメを打ちまくってる作品、といえばこれだ!

いやぁ、もう「卓球告白法」という設定からしてすごい。
それを思いついただけでなく、生粋のラブコメ作品に仕立ててしまう職人技に脱帽。
ラブコメの名に相応しい、愛と笑いが満ち溢れた作品ですよこれは。

うえきの法則」でサンデー初連載。
その時から奇抜なアイディアの数々にいつも驚かされてましたが、
この「タッコク!!!」でその才能が爆発した感じです。
とにかく“少年誌のラブコメ”を楽しむ為に必要なのが全部詰まってる感じ。







iinoda_image0390-1.jpg

何といっても見所は、アツい卓球バトル!・・・か?

繰り出される数々の必殺技は、まあ細かい原理なんて気にしない。
それを言い出したら、世の中にあるバトル漫画ほとんどに突っ込む必要がある。
「なんじゃそりゃー!けどすげー!」と思わず唸らされてしまう、
そしてその種明かしもまた絶妙でイイ。
こんな面白いマンガがWEBでタダで読めるなんて、すごい時代になったものです。

ヒロイン・カコちゃんの可愛さも素晴らしいし、
魅力的なサブキャラ達が続々登場。もう息つく暇もないぐらい面白さのオンパレード。
少年マンガの楽しさってこうだよね!って改めて気付かされるんじゃないでしょうか。

脳みそ空っぽにして、笑って泣いて楽しめばいい。
奇抜な設定の上にあるのは、これまで受け継がれてきた少年漫画の伝統。
その化学反応で出来たのがこの「タッコク!!!」です。

文句なしに今一番勢いのある“少年・ラブコメ”ですよ。


……………………………………………………………………………………
【第18位】 ただいまのうた 作:ふじもと ゆうき
……………………………………………………………………………………

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)

2009年の最後に出会えた、とても大事な作品。

なんて温かいんだろう。もうポカポカですよ。
太陽をめっぱい浴びた布団のような、たっぷりの温もりが心に届く。
花寺家の5人兄弟たちが織り成すホームコメディ。
表紙だけで、その温かさが伝わるでしょう?

「ただいまのうた」というタイトルに、一瞬で心落ちる。
このたった7文字に、この作品の魅力がぎっしり詰まってる。
1巻全部読み終わってから、このタイトルの素敵さに改めて気付かされる。

ただいま。おかえり。ただいまのうた。





iinoda_image0391-1.jpg

何よりの魅力は、笑顔の絶えない作品だという事でしょう。

それは作中のキャラクターも、そして読者も。
賑やかで愉快で、勢いのまま生きて焦ったり笑ったりする彼らに
読者も思わず釣られて笑ってしまうのです。
そんな沢山の素敵さが散りばめられた作品。ああもう、大好きです!!

とにかくもう、ヒロイン・向日葵ちゃんの可愛さにメロメロ。
おぢさんは笑顔の可愛い女子高生に弱いのです。
え?女子高生だけじゃないって?そうですねぇ・・・

元気になれる。
頑張ろうって思える。
生きていくパワーをもらえる作品って少ないじゃないですか。
だから強くオススメしたいのです。

もう一度家族の絆を思い返そう。この歌に乗せて。ただいまのうた。

<参考>
 ⇒心の芯まで温かくなれるホームコメディ「ただいまのうた」


……………………………………………………………………………………
【第17位】 GIRL FRIENDS 作:森永 みるく
……………………………………………………………………………………

GIRL FRIENDS 1 (アクションコミックス)GIRL FRIENDS 2 (アクションコミックス)

ただ切なく、ただ苦しい。けれど愛しく思える恋の形。

今回唯一“百合”ジャンルでランクインした作品です。
もうね、今このジャンルにおいて頭一つ飛び抜けてるよ、この切なさ具合は。
何度も何度も何度も、ギュッと胸を締め付けられる。
儚く、脆く、危うく、けれどその綺麗さで眩暈がするような恋愛。

最初は友達だった。

二人とも、お互いを親友だと思ってた。
何よりも大事で。ずっと一緒にいたいと思う親友。
その気持ちが恋心へと変わっていく過程。
少しずつ、ほんの少しずつ気持ちが育まれていく。
彼女の仕草、彼女の気持ち、彼女の笑顔、彼女の言葉。

胸が高鳴るようになったのはいつの日だろう。
その気持ちを“好き”と認識した時、このドラマは大きく動き出します。
この過程を、恐ろしく丁寧かつ繊細に描き出す。
そして伝わってくる温かくてアツい気持ちの塊。この恋心がすごい。





iinoda_image0380-1.jpg

数多くの百合作品を読んできましたが、ベスト百合漫画1、2を争う素敵さです。

何度心をギュッとされるだろう。
“百合”作品で一番切ないのは、叶わぬ気持ちに葛藤する彼女たちの姿。
頭では分かってる。ダメだって。無理なんだって。
けれど心が、身体の隅々が、あきらめる事を許してくれない。

その1つ1つの切なさを、ここまで表現してくれた事に感謝したいです。
素晴らしい恋心を見せてくれてありがとう。

物語は3巻まで進み、更に深くへと入っていきます。
彼女たちが進む未来は一体どうなるのか。
親友との恋。このフレーズだけでもう切なくなる、
「GIRL FRIENDS」の世界に、貴方も酔いしれてみませんか?

この百合漫画、絶対に外さない切なさですよ。


……………………………………………………………………………………
【第16位】 あまんちゅ! 作:天野 こずえ
……………………………………………………………………………………

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)あまんちゅ!(2)

今度は水の中だ!

僕らを素敵な水の都へと導いてくれた「ARIA」完結から1年半。
今度は、水の中へとダイブする物語を紡いでくれる。
勿論、あのキラメキは健在。いや、更にもっと増している。すごい。

人と水との繋がり。

その不思議さや、魅力を存分に堪能させてくれる。
いつだって、天野先生が描く世界にワクワクドキドキさせられる。
この作品もまた、僕らを新しい世界に導いてくれるのだ。
今度は一体、どんな扉を開けて魅せてくれるのだろう。





iinoda_image0392-1.jpg

読者もまた、この作品と溶けてしまうような感覚に陥るのだ。

ダイビングが好きな主人公と、
そんな彼女に引き寄せられ、ダイビングの魅力にハマっていく女の子。
二人の女の子が織り成す、水の中の冒険劇。

何がすごいって、まだ1巻じゃ全然潜ってないんですよ。

それなのに、こんなにも面白くてワクワクさせられる。
それが純粋にすごいと思わされてしまう。
この作品は、これからどんな深い面白さへと潜っていくのだろうか。
少しずつ、ゆっくりと“楽しい”が身体の中に浸透していく。

嗚呼、やっぱり天野こずえワールドはいい。

これは、現代に必要な酸素。人が生きる為に必要な何かがたっぷり含まれてます。
さあ、この面白さの海へ。潜ってみませんか?


……………………………………………………………………………………
【09年上期・ベストアニメ映画】 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
……………………………………………………………………………………

iinoda_image0378-1.jpg

09年、見終わった後の興奮が一番すごかったのは文句なしにこの作品でした。

冒頭シーンからもう、僕らが知ってるエヴァとは完全別物。
ここまでの出来だとは思っていませんでした。
旧エヴァを見てハマった10年以上前の自分。そう、あの時は高校生だった。
劇場版で受けた衝撃。10年以上経っても、未だ忘れられない。色んな意味で・・・

この作品について語るのは難しい。いや怖いというのが正確でしょうか。
いやもう、下手なこと言えないんですよ。
けれどやっぱりこの衝撃・感動・興奮は伝えたくて。ここで選ばせて頂きました。

息もつかせぬ展開。サービスサービスゥ!もふんだんにあり、
新キャラの登場シーンに何度も震え、ポカポカも沢山しました。

青春時代に深く刻まれたエヴァという爪痕。
それがこの映画によって、新しい痕が残ろうとしています。
次の「Q」がもう楽しみで仕方ないわけなんですが、
ホントこうして新しいヱヴァが見れるなんて、想像すらしなかったよ・・・

貞本版(マンガ)の方もついに旧映画のシーンまで突入。
少しずつ旧エヴァとズレてる設定が、一体どんな結末を導き出すのか。
こちらはこちらで、「Q」と共に楽しみにしたいなぁと思います。
ってか「Q」の公開はいつなんでしょうか・・・

2009年は、久々にヱヴァに心えぐられたという事で記念すべき年としてあげさせて頂きました。


---------------------------------------------------------------------------
■続けて後編を読まれる方はこちらからドーゾ。

「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2009年マンガベスト30+α!(後編)

---------------------------------------------------------------------------
<参考>
【2008年】
「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2008年マンガベスト30+α!(前編)
「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2008年マンガベスト30+α!(後編)

【2007年】
「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2007年マンガベスト30+10!(前編)
「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2007年マンガベスト30+10!(後編)

【2006年】
マンガがあればいーのだ。的、2006年マンガベスト20!+10!

【2005年】
「マンガがあればいーのだ。」的、2005年マンガベスト20!!

【商業誌ランキング検証】
全3誌の「2009マンガランキング」に全て選ばれた、ベスト12作品
全4誌の「2008年マンガランキング」を検証してみました。
「少女ファイト」が“2008ブロスコミックアワード”大賞を受賞!!
「オトナファミ」と「このマンガがすごい!」のランキングを検証してみた。


いやはや、1年の中で1番書くのがしんどい記事です。
けど1番書きたい記事でもあります。
これをやらないと、新しい年になったー!って思えないんですよね。
だから後編が終わるまでまだまだ頑張りますよ!

16位までの発表、いかがでしたでしょうか?

年間の更新数が少なくなった分、面白かったー!って思える作品を基本紹介してきましたので、
初紹介となる作品は比較的少なかったかなと思います。
そしてラブコメ系が多いのはまあいたしかなく・・・
その分、珠玉のラブコメ作品たちですよ、選出させて頂いたのは。

この記事で、皆さんが面白いマンガに出会えたらそれが一番嬉しいです。
まあ逆もあるかもしれませんが、それは個人の感想という事でご勘弁下さい。

また皆さんから2009年面白かったマンガぜひ教えてくださいね。
コメントお寄せいただけたら嬉しいです。
何卒よろしく御願い致します。

ではまた後編で。2月上旬~中旬くらいに公開できればと思っております。
また非常にお待たせ致しますが、どうぞよろしく御願い致します。

------------------------------------------------------------------------------
このマンガがすごい! 2010
このマンガがすごい!編集部
宝島社
売り上げランキング: 622


THE BEST MANGA 2010──このマンガを読め!
こうの 史代 辰巳 ヨシヒロ 小林 まこと 末次 由紀 西 炯子 村上 たかし 花沢 健吾 よしなが ふみ 東村 アキコ 谷口 ジロー とよ田みのる 二ノ宮 知子 呉 智英 いしかわ じゅん 中野 晴行
フリースタイル
売り上げランキング: 1544


オトナファミ 2010 February 2010年 1/21号 [雑誌]

角川書店(角川グループパブリッシング)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

あまんちゅ!気になってたんでこれを機に読んでみます

【2010/01/25 23:46】 URL | じろ #- [ 編集]


更新お疲れ様です。
はじあくとタッコクが入っていてうれしいです。
こういう何も考えずに気軽に手にとって読める漫画っていいですよね。

【2010/01/26 00:01】 URL | せいる #/LTf4K4k [ 編集]


自分の知らないマンガもあって、いくつか読んでみたくなりました。
1位~15位の発表楽しみに待ってます!

【2010/01/26 02:28】 URL | おるは #- [ 編集]


更新お疲れ様です。
毎回の更新を楽しみに待っている者です。

「うそつきパラドクス」は本当に切なく、切ないですよね。
感想と言うか、いつも読みながら感じる感覚がまさに「心を削られる」と言う言葉にぴったりだなと思いました。
付き合っちゃえばいいのに!なんて思いながら読んでいます。
後編も楽しみに待っています!
身体に気をつけてお過ごしください。

【2010/01/26 02:33】 URL | 190 #64owOXpE [ 編集]


やっぱここのランキングが一番しっくり来るなぁー
雑誌とかのランキングは(複数投票だから仕方ないけど)どうもピンとこない
やはり一位は映画も大ヒットした某漫画なのか?
それともアニメ化決定した某雌豚漫画なのか?
期待してます!

【2010/01/26 11:37】 URL | #- [ 編集]


いつも楽しく読ませて頂いてます。
ランキングも毎年見てますが、今回のランキングは読んだことのない作品が多く、色々と読んでみたくなりました。
1~15位にも期待してます。
更新ご苦労さまでした。

【2010/01/26 17:54】 URL | #- [ 編集]


「バクマン。」はせめて15位以内には入れて欲しかったし、それぐらいの価値は普通に持ってると思うんですがね・・・。


「ヱヴァ」はホントに面白かったですね。あれは感動した。いろんなイミで圧倒された。
これがあと一回で終わるというのが、惜しくもあるしイイとも思う。





いやしかし、「バクマン。」が20位なのは腑に落ちんな・・・個人的には大好きなんですがね・・・。いや個人的に大好きだから冷静な評価が出せないのかな・・・?

【2010/01/26 20:11】 URL | 花咲 #- [ 編集]


とよ田みのる先生が! おれの一番好きな先生が紹介された!! 
もう
すんげーうれしいっす!!

こちらのサイトで紹介されて読み始めた作品は数知れないけど、こちらのサイトを知る前から大好きだったとよ田先生が紹介されてほんと嬉しいです!!!

このサイトの作品紹介を読むたびに思います。「漫画を好きで良かった」って。

後編も心待ちにしてます! 

また急に冷え込むようになりました。体調管理にだけはご注意ください。

【2010/01/26 21:22】 URL | あみ #- [ 編集]


久しぶりに気合入ってる記事見た気がする 笑
後編も楽しみにしてます!

【2010/01/26 21:45】 URL | #- [ 編集]


更新ガンバー!!!

【2010/01/26 21:47】 URL | さくりゃん #- [ 編集]


守備範囲の広さがすごいですね
少年誌、青年誌は大体読んでましたけど
少女マンガはからっきしなんで全然わからなかったです。
ランキング参考にしてみます。

後編も期待してます待ってますね。

【2010/01/27 00:36】 URL | #- [ 編集]


ご無沙汰しています。71です。
良記事楽しませていただきました。ありがとうございます!

自分にとっては「2009年出会いベスト30+α」の上位に確実に入り込むのがたかすぃさんです。本当に昨年はあれやこれやで楽しませていただきました。

記事後半も、そして今後の「マンガがあればいーのだ。」と娘ちゃんの成長にも期待しています。ご家族ともどもお体ご自愛くださいね。

ではまたー。

【2010/01/27 03:20】 URL | 71 #- [ 編集]


1位は何なのかとても気になるところです。
自分的に一番おもしろかったちはやふるが1位だといいなあ。

【2010/01/27 08:37】 URL | ゆう #NDQAeWAg [ 編集]


更新待ってましたー!!いつもお疲れ様です。

「うそつきパラドクス」は自分の中で今年一番の作品だと思っています。
もうすぐ第二巻も出ますし、楽しみでしょうがないです。

そういえば、天野 こずえ先生の「あまんちゅ!」はノーマークでした。
「AQUA」も「ARIA」も持っているのに!!これは読まなくてわwww

【2010/01/27 14:43】 URL | YAMA #- [ 編集]


いつも楽しくブログ拝見してます。
たかすぃさんの漫画の紹介が、とても上手で面白いといつも思います。
漫画は軽く読むくらいでランキングの作品は読んだことのないものばかりでしたが、色々と読んでみたくなりました。

結構、題名とか絵とか設定とかに偏見持ってしまって、これはいいやって作品が多いのですが、ここのブログで見るとそういうのが無くなります。(百合とか女装とか)
GIRL FRIENDSとか切なそうで気になったので、機会があったら読んでみます。
お忙しいみたいですが、これからも頑張って下さい。
応援しています。

【2010/01/27 21:46】 URL | ライン #JalddpaA [ 編集]


初めまして
今年ブログをはじめていろんなサイトを見ていたらこのブログにたどりつきました。
1位の作品がきになりますが、私が読んでない作品が多数紹介されていたので
読んで見たい作品が多かったです。基本ラブコメ作品はみないので・・・

私のブログも漫画ブログなのでお暇でしたら見てください
勝手ながらリンクもさせてもらいました。
問題があればはずしますので、いってください

【2010/01/28 13:08】 URL | レグニス #- [ 編集]


読んでる範囲が相変わらず広いですねぇ。
いつも購入の参考にしています、あと本棚というか本の収納方法も参考にしたいくらいです。


>また皆さんから2009年面白かったマンガぜひ教えてくださいね。

私は守備範囲狭いので、2009年度ベスト3
「ヴィンランド・サガ」「医龍」「大東京トイボックス」

次点で
絵柄に引き込まれる
「信長協奏曲」

単行本じゃないのでランク外として
「松吉伝」
個人的にはベストでしたが。


後半も楽しみにしてます。

【2010/01/31 07:47】 URL | はう゛ぁ #0G9k9Pwg [ 編集]


最近漫画購入減ったので、ここを参考に新しい漫画開拓に走ってみます。

【2010/02/01 23:15】 URL | のち #- [ 編集]


毎年ランキング楽しみにしてます。
私はB型H系とか海街Diary、大奥、バクマンが好きです!

ところでたかすぃさん、海野つなみ先生はご存じですか?
私は昔からつなみ作品が大好きなのですが、
今連載中の「回転銀河」は熱烈におすすめです!
繊細で、綺麗で、ニヤっと笑えて、ほっこり温まるかと思うとグッサリ痛い、
そんな切ない物語です。

きっとたかすぃさんも好きなんじゃないかと勝手に思っています。
ランキング後半も楽しみにしています♪

【2010/02/02 03:24】 URL | まき #- [ 編集]


ナナとカオルはすごかった。
ぎりぎり

【2010/02/02 16:09】 URL | T #- [ 編集]


09年は片山あやか先生のスターマンが面白かったです。
少女漫画、しかもデビュー作であそこまで思い切った作品は新鮮でした。
一緒に入ってる読み切りもいいです。

あと今更ですが、夏にいちご100%をきちんと読みました。コンビニで分厚いのが売ってたので…
夢中で読みました。恋、夢、受験って別々の悩みに見えがちだけど、全部繋がってるんですよね。受験で恋をあきらめたり、逆があったり。それをすごく上手に、良い雰囲気で描かれているなあと思いました。

いちごが連載されていた時は中学生だったこともあり、ただのお色気漫画と思ってスルーしていたのですが、何年か前にこちらのレビュー記事を読んでから、いつか機会があったらきちんと読もうと思っていました。
たかすぃさんのおかげで名作をスルーせずにすみました。ありがとうございました。西野かわいよ西野エロい

話それてすみません。更新がんばってください

【2010/02/03 02:06】 URL | ふふふ #9kA7E2gM [ 編集]


更新お疲れ様です。
上位作品気になるところですが、今年は4コマからのエントリはなさそう…
僕の09年の(4コマ以外の)イチオシはあきづき空太『赤髪の白雪姫』です!!
後編も楽しみにしてます♪

【2010/02/03 05:24】 URL | チキンハート #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2010/02/04 20:39】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/663-b33bc7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンガがあればいーのだ。」が選ぶ、2009年マンガベスト30+α!(前編)

面白い!に沢山出会える。それがマンガの醍醐味だと思うんだ。読み終わった後、嗚呼面白かった・・・と思える作品に出会えた時の満足感。あ... 波のまにまに☆のアニメ・特撮のゆる~いコラム【2010/02/09 13:49】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。