マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何度見てもやっぱり「ラピュタ」は最高なわけで
2009年11月21日 (土) | 編集 |

TVつけたら偶然「天空の城ラピュタ」がやってましたので
かれこれ生涯10回以上見てるけど、また見てしまいました。
まあこの界隈の人達は視聴回数が一桁違うらしいですけれども。(100回超えてるらしい)

しかし何回見ても、こんなに面白いのは反則というかすごいとしか言いようがないですよね。

一番好きなのは、やはりラピュタへ着いた時のシーン、
そしてラピュタを離れる瞬間のシーン。
ラピュタと出会い、そして別れる、まるで人生の出会いのような形で描かれる物語。
ラピュタに辿り着くまでの過程で、もう十二分にお腹いっぱい面白いのに、
このラスト40分強こそが本番だなんて、初見の人はホント驚くだろうなぁと思うのです。

それにしても皆さんホント「バルス!」好きですね。
twitterでは6,000人が同時に叫んだとか。ホントですかw

ラピュタでは名台詞があまりにもありすぎて、中々1つに絞れないのですが
好きな台詞の1つ、という事で挙げると




iinoda_image0323-1.jpg

「土から離れては生きられないのよ!」

人生において、リアルで言ってみたい台詞の1つです。
これを言うときは、一体どんな場面になるんだろう。

さて細かいラピュタの感想を話しても今更なのでラピュタ関連の書籍について。

冒頭で挙げてる「天空の城ラピュタ (ロマンアルバム)」は、
ラピュタを見終わって興奮している貴方にぜひオススメの設定資料集。
関連書籍は色々あるんですが、これが一番面白い&深く描かれてるのではないでしょうか。

 ・フィルム・ストーリー(ダイジェスト版解説みたいな感じ)
 ・ラピュタ設定資料集
 ・人物&のりもの大図鑑
 ・「ラピュタ」企画の変遷
 ・宮崎駿監督インタビュー
 ・高畑勲/久石譲など、ラピュタに関わる全ての方へのインタビュー・解説


うーん、かなり盛りだくさん。
特に「ラピュタ」企画の変遷では、初期の企画段階におけるストーリー
シータの初期イメージなどが掲載されてるのが、かなり貴重ではないでしょうか。




iinoda_image0324-1.jpg

まるでナウシカ!?こんなシータもちょっと見てみたかったかも・・・

個人的にムスカに銃でお下げを撃たれて、
髪がショートになるんですけど、あのシータが特に好きなのです。
そのシータと、上記初期イメージがダブる感じですね。

いや、むしろこの初期イメージこそがシータが成長した姿なのかもしれませんね。

何にせよ、ラピュタの世界を思う存分に味わいたい人にオススメの本です。


----------------------------------------------------------------------

ちなみに、ちょうど2年半前にもTVで放映された時
mixiで感想を書いた時とほぼ同じ事を思ったので、それをそのままコピペしておきます
使い回しですみません。けどサイト読者のほとんどの方が見てないと思いますので・・・

<ここから>

でやっぱりシータは可愛い。
今の時代から見たら“萌え”の要素なんて全然ないハズなのに、
気付けばシータに悶えてる自分がいて。
燃え盛る塔から脱出する時、
助けに来てくれたパズーが手を伸ばしてきたシーン。
そこでシータは迷わず手を伸ばし、塔から飛び降りるんですよね。





iinoda_image0325-1.jpg

ゾクっときた。

あんな一瞬だけのシーンなのにもう目に焼きついて堪らない。
二人の絶対的な信頼感を表したあのシーンに、
心を鷲掴みされました。と同時にシータにどんどんハマっていく俺。

あとは二人で毛布にくるまるシーンもいいよなぁ。月並みですが。
ドキドキだなぁ。
そして一番好きなのが髪を打たれた後のシータ。
可愛いー!あのおさげの時とのギャップ萌えなんだろうか。

物語の最初の頃と、途中、そして終盤とどんどんキャラの顔つきが成長してってて。
最後には大人びたシータに、あの髪ですよ。反則だー
成長する少女、少女から大人に変わるまさにその瞬間に、
物語は終了する、だからこそシータは僕らの心を捉えて離さないのかも。

しかしラピュタはすっごい風のなびく作品ですよね。
あのシータのスカートの浮き上がりっぷりは目が離せませんでした。
シータのパンチラ欲しかったなぁ。コンマ0.1秒でいいから。
そんな刹那な時間でも俺は心に焼き付ける事が出来るのに。

というわけでラピュタは子供の時に見ても面白いけど、
大人になってから見るともっと面白いわ。これホント。
自分の子供にも絶対に見せたい作品ですね。

</ここまで>

この日記を書いたのは2007年6月16日でした。
この時はまだ・・・子供は出来てませんでしたね。
しかし今は。ついに見せる時がきました。

まあ21時からの放送なんて、うちの娘ちゃんは完全に寝てましたが。また3年後!

<参考>
 ⇒今夜放送!“天空の城ラピュタ”をもっと楽しむためのエントリー3つ


----------------------------------------------------------------------------
■御礼■

皆様、前回の記事へ沢山のコメント本当にありがとうございました。

正直あんなに温かいコメントいただけると思わず
ホロリと涙が・・・
沢山の活力、いただきました。お蔭様でもう少し頑張れそうです。

なかなか満足のいく出来の記事を書く事は出来ないと思いますが
ぜひ何卒今後ともよろしく御願い致します。

もう一度。本当にありがとうございました。ペコリ。


----------------------------------------------------------------------------
天空の城ラピュタ 全4巻セット ―フィルムコミック
宮崎 駿
徳間書店
おすすめ度の平均: 5.0
5 ファンにはたまらない一品なのでは?


天空の城ラピュタ サウンドトラック 飛行石の謎
サントラ 杉並児童合唱団 井上杏美
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2004-08-25)
売り上げランキング: 264


天空の城ラピュタ [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2002-10-04)
売り上げランキング: 63



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いいですよね

僕も久しぶりに見ましたけど超面白かったです

【2009/11/21 01:22】 URL | マッド・クリス #- [ 編集]


まさかのラピュタ記事w
2chの実況速度が今回もとんでもないことになっていました

【2009/11/21 02:23】 URL | #- [ 編集]


しまった、前の記事のコメントに出遅れた上、
ラピュタ見逃した(汗)

私がたかすぃさんのブログを初めて見つけたのは
確か2年前だったと思います。私は当時米国に在住していて
日本のマンガに本当に飢えていました。

たかすぃさんの記事で紹介される漫画は、私の心の琴線に
ひっかかるものがとても多く、米国から帰国したら
あれを読もう、これも読んでみようと、いろいろ思い巡らせていました。

そして先月、日本に帰国しました。私も、一児の父ですので、
日々、物理的な時間がものすごく制限されるのが良く分かります。
ですので、嫁さんと子どもが実家に帰っているわずかな間に、
大量の漫画を読みまくりました。それこそ5年分。その時に読んだ漫画の
8割以上が、たかすぃさんが紹介されていた本で、正直、本当に
ハズレなしでした。

今回のラピュタしかり、今度読んでみようかな、また見てみようかな、
たかすぃさんの記事には、そういう風に思わせる独特の温かさがあります。
これからもイチマンガ読みとして、貴ブログを応援しています。
一児の父だからこその記事、短くても、更新頻度が少なくても良いです。
楽しみにしています。

追伸;
ロリショートフェチ(笑)なところも、私と同じです。
これは子ども出来ても治らん病ですな。

【2009/11/21 21:05】 URL | Ocean #- [ 編集]


たかすぃさんの記事が少なくなったのは寂しいけど、そのぶんの時間奥さんと娘ちゃんにいってるんだと思えば全然おkです。
そういう旦那であって欲しい!

ところでマイミクになって欲しいと思ったのはアタシだけじゃないはず(^^

【2009/11/21 21:37】 URL | #- [ 編集]


いつも楽しく読ませていただいております。
更新の回数がとか気にしちゃだめwwwww
「楽しい」を「待つ」のも「楽しみ」なんですからw
わたしは待ちますよw

ラピュタホントにいいですよね
最近は、ナウシカがついに終わり、また1巻からじっくりと読んでいるところです。
もう鳥肌が・・・・・
読めば読むほど、映画でよくアレだけうまくまとめたよなとほんと感動します。
魔女宅のほうも、原作がついに完結しましたね
なんか、このあたりが終わるのは悲しいですが、またイチから読み返して新たな発見と感動を味わえると思うと、楽しみが倍増するのです。

たくすぃーさんの記事もそんな感じですw
だからムリをせずに、ユックリと納得のいく記事を書いてください。
それを楽しみにしています。

あと娘チャン報告もww

【2009/11/21 22:12】 URL | #TY.N/4k. [ 編集]


ラピュタは見れば見るほど深い映画ですよね。
主人公の女の子が、少女から大人になる、そんな一部始終を見ているようで、そういうのが好きです。って、2年前のたかすぃさんの記事と同じこと言ってますね笑
でも、少女の成長を描くという点に関しては、魔女の宅急便もすごいですけど


個人的な一番の好きな台詞は、同じシーンでシータの言う

「あなたに石は渡さない」

ですね。
あのクライマックスでの凛とした態度
あれが「強さ」というものなんだなとじわりと感じました。

【2009/11/21 23:57】 URL | #- [ 編集]


ラピュタは主人公二人のまっすぐな視線がまぶしいですね
そこにあこがれて何度も見てしまいます

ここに書かれているようなコメント程度の量で満足です
貴方の生の声が見たくて通っています
無理をなさらぬようご自愛ください

娘日記楽しみにしていますw

【2009/11/22 05:07】 URL |   #- [ 編集]


ご無沙汰しています、71です。
娘さんともどもお元気そうで何よりです。

そしてラピュタの良エントリ、ありがとうございます。
テレビ持ってないので一昨日は見られませんでしたが、押入れからDVD引っ張り出してこの後視聴します。
そしていいこと書いてるなーと思わせながら2年前からやっぱりパンツ好きで安心しました。

寒くなってきましたのでご家族ともにお体ご自愛ください。
ではでは。

【2009/11/22 21:18】 URL | 71 #- [ 編集]


いつも楽しみに読んでいます。
ロマンアルバムまだ売ってるんですね。中学生の頃買って、まだ大切に取ってあります。自分の人生を変えた映画です。
今年5歳の息子に初めてラピュタを見せました。はらはらするのか、立ちっぱなしでずっと足踏みしてました。
大学生の頃見たときは正直台詞回しとか展開が青臭く感じたのですが、子供と一緒に見た今回の放送は、純粋にストーリーに入り込めて、感動できました。

【2009/11/22 23:20】 URL | AK #- [ 編集]


ラピュタは何回観ても感動します。
正直、何回観たのか分かりません(^^;)
DVD持っているのですが、今回も観てしまいました。

シータはもちろんパズーも好きです。
2人の信頼関係、成長していく姿、とっても感動します。
ドーラ一家もいいですね!って言っていくとキリがないのですが。

名シーンが多すぎるのですが、ラピュタへパズーの父親が誘導するシーン、好きです。

【2009/11/24 09:10】 URL | #- [ 編集]


確かに面白い映画だとは思いますが、残念ながら脚本が未完成のまま
時間切れで制作した部分があるのは否めないと思います。
ドーラ達はラピュタで活躍しないし、パズーも結局シータの救出を諦めて
心中でケリをつけようとします、子供向けの冒険活劇としてはあまり良い展開では
ないでしょう。
かつてある漫画家が「ラピュタを舞台に飛ばないフラップター」と評したことがありますが、
言い得て妙だと思います。

【2009/11/27 04:59】 URL | まっちゃん #- [ 編集]


らぴゅただけでなく、じぶり映画は絵コンテも読んでみるといい。
特に宮崎駿は絵コンテで漫画的な面白さあるから、初心者でも読みやすし

【2009/11/29 12:20】 URL | 今日も名無しさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/655-5e906eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。