マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


断言しよう!「あねどきっ」真のヒロインは“萩原ちあき”だと・・・!!
2009年09月14日 (月) | 編集 |
iinoda_image0266-1.jpg

西野つかさ。






iinoda_image0267-1.jpg

國生陽菜。






iinoda_image0268-1.jpg

千倉名央。




これまでに、好きになった子たち。
もちろん他にも沢山いるけれど、パッと思い付く3人は、この子たちなのだ。
当サイトの読者の皆様は、すでにお馴染みの3人だろう。
何度も、何度も特集記事組んでたからね!

ふと、1つ共通点に気付く。

性格?
いや、この3人はそれぞれ全然違う。
1人1人の子に、他とは変える事の出来ないとびっきりの魅力が溢れてる。
そう、好きになる定義なんてない。
理屈じゃないから。

けど、外見の共通点があった。
髪が、ショートなんだ。

これは自分でも驚いた。
現実に好きなのは、ロングなのだ。
けど、この2次元の世界で好きなのは、決まってショートだったりする。
そんな不思議。

そして、その不思議な巡り合わせが再びやってくる。

四度、俺の心を掴んだ子がいる。








iinoda_image0254-1.jpg

萩原ちあき。この子だ!!


前回、本能が告げているとお伝えしましたが、
まさにその通りでした。このコ、俺のど真ん中じゃああっ!!
きました。遂にきましたよ真のヒロインが!
やはりショートか!俺の心を掴むのはショートなのか!

嗚呼、河下先生は俺のツボをとことん突いてくるのです。ありがとうございます!

うん、好きな子がいる日々ってやっぱり楽しいよ!
毎週ジャンプを楽しみにする理由が、また1つ増えました。
こういう嬉しすぎる出会いがあるから、河下先生の作品には期待しちゃうのです。
嗚呼、ちあいいよちあ。

ちあと呼ぶか、ちーちゃんと呼ぶか・・・

いや、ちーちゃんは千倉ちゃんの愛称ですから。
ここはやっぱりちあちゃんでしょうか。
「ちあき」という名前は、ありふれてると言えばそうなんですが、
これを「ちあ」という愛称にする事で、こんなに可愛い感じになるとは。不思議なもんですね!






iinoda_image0255-1.jpg

なつきになくて、ちあにあるもの。それは恥じらいです。

“女子校育ち”という事で、色々ウブなちあちゃん。
そしてちょっと男性不信な潔癖性も・・・いいね、これはいい。
こういう子が見せる恥じらいは、何ていうか本物じゃないですか。だから好きなのです。

なつきはね、ある意味理想なんですか完璧超人なんですよね。
初恋限定。」での山本岬もそうだったんですが、
俺は完璧すぎるものよりも、ちょっと欠けてるものの方が好きなのです。
ほっと温かい気持ちになるような・・・そんな不器用さがあっていい。


┼────────────────────────────┼
妹だけど姉、というダブルパンチ
┼────────────────────────────┼

んでもって。タイトルに偽りなし!という事で
「妹なのに、姉」という設定がね、もう。すごく。いいんですよ!

妹の顔と、年上のお姉さまの顔。
その2つを併せ持つちあちゃんという存在に、
両方からメロメロダブルパンチです。ありがとうKO。





iinoda_image0256-1.jpg

“妹”の顔と






iinoda_image0257-1.jpg

(年上の)“姉”の顔。


くうう!まさに「あねどきっ」ですよ!
ある意味最強キャラです。悶え転がるという意味での・・・!
中3という絶妙な年齢設定がまたステキすぎるのです。

例えばなつきは高2じゃないですか。
んで洸太は中1。
年齢差にして4つ差。
この年代において4つ差というのは、とてつもなく大きな差なのです。
はっきりと壁で隔てる事が出来る差。埋められない差なのです。

中1と中3。
その差は、2つ。
勿論この年代における2つ差というのは非常に大きい。

けど、絶対無理な差じゃない。

それは手の届く、大きな差なのです。
決して埋まらない差じゃない。
懸命に、とても一生懸命に。手を伸ばして、伸ばして、かっこ悪いくらいもがいて、足掻いて。
手が届くかもしれない距離。





iinoda_image0257-2.jpg

二人の意識の範囲が・・・届く距離、なのです。

嗚呼、今ここで確信しました。
ちあちゃんこそが、「あねどきっ」真のヒロインなのだと!
イマイチ桜井さんにピンと来なかった(いや可愛くて大好きなんですけれども!)んですが
その理由は、ここにあったわけですね。

個人的には、2年後とかを見てみたいんですが・・・
ちあちゃんと、桜井さん。この2人の対決を早くみてみたいものです。


┼────────────────────────────┼
萩原家の謎
┼────────────────────────────┼

さて、ちあちゃんの登場によって更に謎が深まったのが・・・
萩原家の存在です。
何といっても不自然な行動が目につきます。




iinoda_image0258-1.jpg

「今日からあたしもこの家で暮らすわ!!」

えええ!何でそんな大層な事がノリで決められてしまうのか!
“泊まり”ぐらいならともかくも、
“一緒に暮らす”となると話は別。
中学3年生の女の子が勝手に決められる話ではないんですよね。

けど何の問題もなく(その問題には一切触れられず)同居生活がスタートする事に。

まあ河下作品はその辺比較的ルーズな方なんですが、
それでも何かしらの理由はあると思った方が良さそうですね。
このちあちゃんによる節々の台詞から、ヒントのようなものがいくつか出てはいるのですが・・・

 「とりえあずお菓子でも買って、その子の両親にあいさつして―――」
 「役所は何をしてるの!?」
 「随分コンパクトでレトロな家よねー」
 「逆に興味深いのかしらこのタイプの住居が・・・」
 「そっ、そんなこと言われ慣れてるから嬉しくないんだから!」


これらの台詞から推測するに、
かなりの上流家庭(お金持ち?)っぽい匂いがぷんぷんですね。
以前のお金云々の話(30万円のやつね)も、一応伏線の1つなのでしょう。

こういう家はかなり厳格なのがセオリーなんですが、
それでもこれだけ自由に出来るのは、やはりこの姉妹が両親とは別に暮らしてるという事でしょうか。
というか、両親と死別したのか?
そういう伏線的なものが一切ないだけに、ちょっとそれは考えづらいかもしれないですが・・・

9話のタイトルでもあった「夏の次には秋がくる!」も1つのヒント。

河下先生は、こういう規則性のある名前をつける性質があります。
いちごの時は「東西南北」や「大中小」、「内外」といった感じでしたし、
初恋の時は「アルファベット順」でした。
今回はあまり規則性を感じなかったのですが、ここに来てきました。「春夏秋冬」。





iinoda_image0259-1.jpg

もしかしたら、4姉妹の可能性もあるのか!?

けど4姉妹となると、“姉”という縛り(?)で考えるのであれば
残すは年子になりますが中2の妹がいるのか?
もしくはなつきよりも更に上に、姉がいるのか・・・

ただ、なつきよりも上に姉がいる場合、ちあちゃんがなつきに対する呼び方は
「なつきお姉ちゃん」になるんじゃないかなーとか思ったり。
いやそういう風に呼ばないトコロも多々あると思いますが、一般的なイメージとして。
だから4姉妹の線はちょっと薄いような気も・・・?

まあ4姉妹という設定になると、完全に桜井さんが蚊帳の外になってしまう為
ちょっと別の方向性になるのかなー。何となくですが。
どういう着地点を河下先生が見据えてるか次第なんですよねぇ。

何にせよ、この萩原家の秘密(?)が今後キーポイントになるのは間違いないでしょう。たぶん。


┼────────────────────────────┼
過去最高のサービス密度といっても過言ではない!
┼────────────────────────────┼

To LOVEる」無き今・・・
お色気枠を全力で受け止めてるこの「あねどきっ」ですが





iinoda_image0260-1.jpg

サービス全開ですね!

濡れ透けというのは、あらゆるエロの中でもトップクラスといっても過言ではないですからね。
まあちあちゃんは初登場からわずか6ページでぱんつ披露してましたけれども。
あ、そんな事言ったらなつきは1ページ目からですね。失礼致しました。

何つーか・・・「もっとエロく!エロ全開で!」と担当編集の方がプッシュしてるんでしょうか。
とにかく第1回目から全力です。まあ好きなんですけど。
今までそこに恥じらいがあまりなかった分、それを補完してくれたのがちあちゃんなのです。
これによって河下エロスが完全体への道を歩む事になるのですよー!

そしてやっぱりこれです。俺が大好きなこれがきました!





iinoda_image0261-1.jpg

・・・えっち!がキター!!


第1話でなつきが見せた「・・・えっち」も良かったですが、
ちあちゃんが見せたこの「・・・えっち!」はその何倍も破壊力があります!
壊れた!俺の心が壊れた!自制心という名の心が・・・!

女の子から言われる「えっち」という言葉・・・何ていう甘い響きよ!
耳元で囁いてほしい!とろけワードです。とろけたい!
このシチュが、またいいですよね。
走っていって、振り向いて顔を赤くしながら舌をペロっと出して

「・・・えっち!」

ですよ!うわー!うわー!どんなもんだい!
この舌をペロっと出してるの。可愛くてえっちなんですよ!えっち!えっちだー!
んで、それだけ言い放って走り去っていくちあちゃん。絶賛赤面中ですよ!
くぉおおおおお、ちあちゃんLOVEじゃああああああ

この身体全体の仕草や、ボディライン・・・
素晴らしい。これを描けるのは今のジャンプにおいて河下先生しかおりませぬ。
ありがとう!青春をありがとう!

はぁ・・・

たっぷり堪能させて頂きました。
いやぁ更に言うとですね!
え?もういいって?いやいやそんな~もう1つだけ言わせてくださいよ。

セーラー服、なんです。

昔からの当サイト読者の皆様は十二分にご存知かと思うんですが、
フフ・・・私・・・セーラー服が・・・こう・・・大好物(!?)でして。
セーラー服を見るだけで、何ていうか、胸の奥が、アツく!煮え滾る!!
何!?この想いは恋!?恋なの!?






iinoda_image0262-1.jpg

きゃ――――っ!!(歓喜の声)

いやね、桜井さんの制服もなつきの制服もセーラー服じゃなかったから、
ものすごくションボリしてたんですよ。
そこでこのちあちゃんの登場でしたから。
上の歓喜の声も分かるでしょう。飛び上がりました。

やはりセーラー服だ!ジャンプにはセーラー服が足りないんだ!(声を大にして)

「To LOVEる」でも制服はブレザーでした。
バクマン。」もブレザーでしたね。
スケットダンス」も・・・ブレザーでした。
くそう!ブレザーか!世の男子はみんなブレザー派なのか!
(「黒子のバスケ」はセーラー服ですが、何となく除外。え?可愛くないから・・・)

さあ、少年よ、セーラー服を目指せ!







iinoda_image0263-1.jpg

そう、こんな風にスカーフをなびかせて。










iinoda_image0263-2.jpg

その“戦闘服”を身に纏い。














iinoda_image0264-1.jpg

その一つ一つの仕草までもが艶かしいッ!!!














iinoda_image0265-1.jpg

は、羽衣狐さまあああああああ


こ、ここまでセーラー服を着こなす悪役がかつていただろうか!
いやいまい!
これ、セーラー服だからこそ実現した妖艶なカッコ良さだと思うんですよ!
すでに各地で多くの読者を虜にしてる羽衣狐様。素晴らしすぎて涙が出そう。
これは史上最狂の悪役かもしれませんね。読者を狂わせるという意味で。

当サイトは、ちあちゃんを熱熱LOVEしつつ、羽衣狐様も応援しております。
いやあ、ジャンプ読んでて良かった!


--------------------------------------------------------------------------
<参考>
【あねどきっ考察】ヒロイン・萩原なつきの謎に迫ってみる。あとぱんつも。
・・・正直言っていいですか?河下先生の「あねどきっ」が最高すぎです。
祝☆河下先生帰還!新連載「あねどきっ」が楽しみすぎて姉予想してみた

「To LOVEる」が超えた壁、越えられなかった壁・・・(乳首的な意味で)

連載3回目ぐらいまではアツくなってたものの、
少しずつその熱が下がってきつつありました。
何かが違う。そんな風に思っていた矢先の、ちあちゃん投入に歓喜したわけです。

やっぱり河下作品はこうでなくっちゃ!!

けど「初恋限定。」でも、一番人気があったのはやっぱり山本さんで。
となると、今回もやはり読者層である小・中学生からの人気を得るのはなつきなんだろうか。
その辺一度聞いてみたいところなんですよねぇ。
どちらに魅力を感じるのか。(色んな意味でね)





iinoda_image0269-1.jpg

ちあちゃんは、いちごの美鈴に似てるという意見も。

あそこまでキツくない・・・?いや、そのキツさが癖になるというか。
系統的には同系統だとは思うのですが、ちょっと違うかな?
1人として同じ女の子はいません。
美鈴には美鈴の、ちあちゃんいはちあちゃんの魅力がありますよね!

さて「あねどきっ」の単行本は今年中に発売するかなぁ。
何とか12月までに滑り込みで間に合わせてほしいところです。

「ぬらり~」はもう一時期ダメかと思ってましたが
羽衣狐編突入から一気にきましたね。
たった1人のキャラが、その作品の価値を劇的に変える場合があるという良い例。
いやしかし羽衣狐様は正直反則だと思う。あんなの・・・虜になるに決まってる!


-----------------------------------------------------------------------------






To LOVEる-とらぶる-16巻アニメDVD付予約限定版
矢吹健太朗・長谷見沙貴
集英社
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

美鈴うううううううううう
愛してるうううううううううう

浮気はしません

【2009/09/14 12:06】 URL | #- [ 編集]


四姉妹だとしたら、残りは年子で中2の双子とかになるんじゃないですかね。
まあ尚の事桜井さんの立場が危うくなりかけますが…そこは同級生ポジで。

【2009/09/14 13:21】 URL | 白猫。 #OlxLmPO6 [ 編集]


みんなショートカットですよねw思いましたそれ。
『・・・えっち!』に対してのテンションの上がりようと壊れようがいいwww

羽衣狐様のふつくしさたまらん。

【2009/09/14 15:31】 URL | #MGuVLNQM [ 編集]


今日の記事に全く関係なくて申し訳ないですが、最近のノノノノについてどう
思ったかぜひ記事を書いてもらいたいです。

【2009/09/14 17:23】 URL | #- [ 編集]


落ち目の時にこそ、応援するのが本当のファン。人気が上がってきたから取り上げるたかすぃだらしねぇな・・・
ぬら孫にアンケート投票を出し続けた自分は勝ち組

【2009/09/14 17:31】 URL | #kEXAhho. [ 編集]


ぬらりはストーリーとバトルは下手な部類ですが、最近は割り切ったのか演出とキャラ人気に露骨に頼り始めましたね。
もっともキャラ人気に頼ることは人気キャラ以外が空気化する可能性も高いです(主人公のはずの昼リクオはその傾向あり)。

【2009/09/14 18:53】 URL | #5RWdpE0w [ 編集]


「春夏秋冬」だとすれば「春」が桜井さんのような気がします。
「春」=「桜」ってな感じで。

【2009/09/14 22:35】 URL | #nv08KQik [ 編集]


ノノノノの感想は確かに聞きたいw

【2009/09/14 22:43】 URL |   #- [ 編集]


「春夏秋冬」以外にも「花札」も名前に規則性があるらしいですよ。
3話目で猪鹿町という名前が出たところから確定だと思います。
萩と桜であと10あるので最低10人は新キャラ出ることになりますね
河下先生がそこまで長い構想を考えてるかは分かりませんがw

あねどきっ最近どんどん面白くなってきましたね。毎週楽しみです。

【2009/09/14 22:48】 URL | #- [ 編集]


羽衣狐がどうしても喰霊の黄泉にしかみえない

【2009/09/15 00:45】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


ちあきは間違いなくヒロイン
姉ヒロイン(笑)なんて要らなかったんや!

まあ冗談抜きで良い
あとは学校の模写を良くすれば何も言う事は無い


羽衣狐様ハァハァ

【2009/09/15 01:12】 URL | #- [ 編集]


>>セーラー服の似合う敵
牙霊のヨミ様わすれんなやああああああああああああああ

【2009/09/15 02:22】 URL | #- [ 編集]


あねどきはただあざといだけで読んでて不快ですね。
ほんとに心から絶賛してるのかなあ。
羽衣狐様の素晴らしさには異論無しです。

【2009/09/15 03:01】 URL | #- [ 編集]


>セーラー服を着こなす悪役
『アトラク=ナクア』の初音姉様とか?
悪役なのか、ちと疑問ですが。

【2009/09/15 03:10】 URL | #- [ 編集]


カントクかわいいじゃねぇかよ!www

【2009/09/15 06:03】 URL | #- [ 編集]


あねどき、ほんとに面白いですか?
ねらいすぎてて不愉快。これならとらぶるのがまだなんぼかマシ

【2009/09/15 10:48】 URL | #- [ 編集]


とらぶるが打ち切られたからって八つ当たりはやめましょう・・・
たかすぃさんにも失礼ですよ何様って感じです

【2009/09/15 11:13】 URL | #- [ 編集]


アナタの意見=皆の意見と思わないよーに

狙いすぎてて不愉快と思うのは自由ですが、あねどきっ!を好きな人だっているんですから

【2009/09/15 13:37】 URL | #- [ 編集]


もともとこのサイトは河下先生応援してるんだからアンチは来なきゃいいのに(^^;)

【2009/09/15 15:22】 URL | 海坊主 #- [ 編集]


>>セーラー服を着こなす悪役

羽衣狐のこのキャラ、なんかどっかで見覚えがあると思ったら
『うしおととら』
にいましたね。まんまこんな感じで。絵柄も少し似てるから、激しく既視感があった。
だからどうという話しではないんですが;

【2009/09/15 17:03】 URL | #ixivxIWw [ 編集]


>>現実に好きなのは、ロングなのだ。
>>けど、この3次元の世界で好きなのは、決まってショートだったりする。

!?!?

たかすぃさんにとってマンガ世界こそが3次元なのか……?
……いやいやいや

【2009/09/15 21:56】 URL | #BA2AGv02 [ 編集]


ちあちゃんは初登場のコマ(第8話後ろから2ページ目)
でぱんつ披露してますよー。

【2009/09/15 22:00】 URL | #- [ 編集]


あざぎのような大お姉さんが出てくると予想

【2009/09/16 00:21】 URL | #- [ 編集]


記事冒頭の画像見てふと思い出したのですが、今日って西野の誕生日なんですね。
普段は特に意識をしていないのに当日になると思い浮かぶあたりに私にっとての西野の存在の大きさを感じますw

余談ですが、こどものじかんの6巻にある「私が好きなのは先生だけだ!」というシーンの表情に西野の面影を感じました。
私だけなのでしょうか?(´・ω・`)

記事の趣旨とは外れちゃいましたが西野はっぴーばすでぃ!
そしてこれからのちあちゃんのご活躍(いろんな意味での)に期待です~

【2009/09/16 01:03】 URL | akira #laIirjiw [ 編集]


あねどきっが面白くなってくるのは、これからって感じですね!

なつきが恥ずかしがらないのは主人公が幼すぎるから?
なつきが恋する年上男性が出てきて違う一面を見せ始めたら、面白いと思っています。

【2009/09/16 08:45】 URL | #- [ 編集]


四姉妹ですか、その発想はなかったです。
だとしたら上から春夏秋冬の順じゃないですか?なつきが次女でちあきが三女。

…単純すぎ?

【2009/09/16 15:01】 URL | #- [ 編集]


羽衣狐様が良いなら「放課後プレイ」なんかどうでしょう?

【2009/09/16 17:54】 URL | #- [ 編集]


私もちあき派ですー♪
あの、見事なツンデレっぷりがカワイイ^^

ちなみに、たかすぃさんには申し訳ありませんが、私はつかさ嫌いですー。
冒頭に乗せてあったコマもそうですが、要所要所でイラッと来ると言うか。
あの人、自分が可愛い事もモテる事も知ってるから、ああいう態度見るとすごい計算高い女に見えるんですよね;

【2009/09/17 21:05】 URL | #- [ 編集]


羽衣よりもつららの方が可愛いと思う私。

【2009/09/19 20:51】 URL | ART #eQ4uPEGc [ 編集]


↑同感。

【2009/09/20 12:09】 URL | #- [ 編集]


ありがとう

【2009/09/20 20:29】 URL | #- [ 編集]


國生さん久っ久に見たがやられた

【2009/09/20 21:23】 URL | #- [ 編集]


>>現実に好きなのは、ロングなのだ。
>>けど、この2次元の世界で好きなのは、決まってショートだったりする。
すごく・・ええ・・すごくわかります。
現実ではセミロングくらいが一番かわいく見えるのに、2次元ではショートの威力が半端ない。不思議な自分。

まあ、今回は桜井さん派ですがねww

【2009/09/21 12:30】 URL | #- [ 編集]


ちあきもいいけど奏もいいなあwと今週読んで

【2009/09/21 23:36】 URL | #- [ 編集]


春夏秋冬。。。

たかすぃ、あんた天才かっ!!

【2009/09/22 15:13】 URL | #- [ 編集]


ちーちゃんの名前・・・

『奈央』じゃなくて『名央』じゃなかったっけ?^^;

【2009/09/23 18:14】 URL | #o6.nH2Qo [ 編集]


桜井さん=「春」の可能性も?

【2009/09/25 00:29】 URL | #HHwP0Xsw [ 編集]


たまに見る國生さんの破壊力はやっぱり素晴らしい

【2009/09/26 23:29】 URL | #- [ 編集]


そして桜井さんもショートに

【2009/09/30 01:55】 URL | #- [ 編集]


ショート、可愛いね。
河下水希の連載がRQで始まったけど、ショートの娘でるかな?

【2013/05/24 03:54】 URL | いちご #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/645-99ef3b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9月15日のニュース

あねどきっ ちあお姉ちゃんがドジっ子ですっっっごくかわいいよ! 自分もレビューで書いたがあらすじは酷いw 何かおかしい新ハルヒDVD通... ごった煮【2009/09/15 14:41】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。