マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この痛みから、目を、背けるな。今「モテキ」がやばいんです。
2009年08月31日 (月) | 編集 |
iinoda_image0227-1.jpgiinoda_image0228-1.jpg

うわぁ、ヤバイ。モテキ」やばいっしょ。

読んでる途中からね、もう苦しくてしょうがない。
何つーか、逃げ出したくなる。けど見逃せない。
このどうしようもない葛藤と衝動。懐かしい記憶が蘇る。
確かにこの身体が、心が、よーく覚えているよ。

これはファンタジーか?
いいや、恋愛のとてつもない“リアル”を突きつけてる作品ではないだろうか。
男と女の情事。その垣根は、実は思ったよりも低い。
けれど、中々どうして分厚いのだ。
この“厚さ”こそが、男女が分かり合えない根源なのかもしれない。

ああ、痛い。とてつもなく、痛い。

「モテキ」を読んで、そんな風な感想を持てる貴方。
そして他人事とは思えなくて、目が離せなくなっちゃった貴方。
分かる。分かるよ。だって自分を重ねてしまうでしょう?

あの日、あの時、あの場所で。

僕らが重ねてきた失敗。
けどその度に何か成長してきた気がする。
・・・成長してないかもしれない。
そんな日々を思い出させてくれる。
だから「モテキ」は、目が離せない作品なのです。






iinoda_image0230-1.jpg

オススメするのは、20代後半以降の見覚えのある男子。
けど、これから恋愛をしよう!という人達の、恋愛バイブル的なものとしてもオススメしたい。
ん?
こんなに、強烈な現実を突きつけてくれる作品は少ないから。
そして。頑張ろうって気にさせてくれる。

綺麗事と、本音。
真実と、嘘。

恋愛には、色んなモノが渦巻いてる。
だから恋愛は面白くて難して、そして切ない。
「モテキ」は、それを改めて実感させてくれるのだ。
強烈な、既視感と共にね。

目が離せないわけですよ。
もはや反則に近いほどに痛い。
この痛さを、エンターテイメントとしてここまで昇華させた久保先生の手腕に感激します。

今年のオススメ作品の1つとして、挙げちゃいます。


┼────────────────────────────┼
【「モテキ」の楽しみ方】
┼────────────────────────────┼

iinoda_image0231-1.jpg

一説によると、「モテ期」は人生に3回あると言う。

その3回が、一体どこなのかはランダム。
もしかしたら5歳までに3回来たのかもしれないし、70歳過ぎてから集中的に来るかもしれない。
しかも、人によってその度合いは様々だろう。
けれど確実に、その人にとっての「モテ期」はやってくる。

藤本幸世、29歳、派遣社員。
恋にヘタレ、いわゆる草食系男子(最早この言葉もアレですが)というやつみたいで。
この性格は、どこかで見覚えがあるような・・・



恋にヘタレてた、自分自身だ。
そんな風に感じながら、「モテキ」の世界へと入り込んでいく。

主人公・藤本に突如訪れた“モテ期”。
昔関わった女の子たちから、偶然にも一斉に連絡が入る。
前の派遣先の知り合いから、昔フラれた女の子から、高校時代の後輩から、普通の女友達から。
そこから、この物語は怒涛の始まりを告げる。





iinoda_image0232-1.jpg

出会いはいつも唐突に、そして確実にやってくる。

学校で、バイト先で、職場で、飲み会で、オフ会で。
新しい“場”に行けば、そこには必ず出会いがある。その質はともかく、確かにあるのだ。
ぶつかった、席が隣だった、行き着けの店(場所)にいる子だった・・・
世の中男と女しかいないんだから。(ほとんど)

自分の前を、通り過ぎた異性。

そんな自分の恋愛を、走馬灯のように思い返しながら読み返すのが吉。

ヘタレてたあの時の恋愛を。
頑張ったあの時の恋愛を。
どうしようもなく恥ずかしかったあの時の恋愛を。
ガムシャラで、周りが全然見えてなかったあの時の恋愛を。

そうして読んだ時に、主人公・藤本の行動に貴方は共感するか。
俺はした。しまくった。
見覚えのある気持ちが沢山あった。
やるせない気持ちになった過去をどれだけ思い出した事か。





iinoda_image0233-1.jpg
iinoda_image0233-2.jpg

これとかもうね・・・“自分のベッドに、好きな女の子が寝てる”。うわぁああああ

こういう感動(?)とか衝撃の描き方が、何とも上手い。
だって作者は女性ですよ。
女性なのに、何でここまで見透かして描けるの。単純にすごい。

そしてこのシーンの後、幸世が取った行動。
それを男性読者は非難できるだろうか。
ヘタレだった時の自分を思い出した上で、考えてみてほしい。
俺は、出来なかった。

今ならどうすればいいか分かるかもしれない。正解ではないのかもしれないけれど。
けどあの時は分からなかった。
ただ、傷つく事を恐れる事しか出来なかったんだと。そう思ってしまうのです。

ヘタレ、時々暴走、のちヘタレ。

そんな風にして成長してきた男子に、
この作品を存分に楽しんでもらいたいと願うばかりなのです。


┼────────────────────────────┼
【ああ、20代後半の恋愛距離感よ】
┼────────────────────────────┼

この作品で一番ありがたいのは
20代後半の、女の子の本音が見えるところだ。



iinoda_image0234-1.jpg

女性が放つ言葉や態度と、その心の裏腹度。

これを理解するのは、とてつもなく難しい。
彼女たちは、いつだってすぐに本音を語ってくれないから。
“そこ”に辿り着く前に、気がつけば終わってしまってる場合も多々あるだろう。

だからこそ知っておきたい。彼女たちが一体何を考えていたのかを。

これがリアルなのかどうかは、男性である俺には分からないけれど
少なくとも、一面ではある事に間違いはないハズ。
特に恋愛を重ねてきた20代後半女子の頭の中は、難解すぎて。
歳を重ねていく毎に、心の奥底が遠くなっていくような、そんな気がするのです。

10代と、20代後半の恋愛はそもそも根底が違うと思うんですよ。

経験の浅かった10代の時と比べ、
個人差は大いにあるものの、20代後半はそこそこの経験を積んできています。
だからこそ、身体的接触の抵抗感というのがだいぶ低くなってきているのです。





iinoda_image0237-1.jpg

を、繋ぐ。
キスを、する。
身体を、重ねる。

それが“許される”という描写。
そこに、違和感を感じるだろうか。
これは、人によって大きく感じ方が変わるのだろうと思う。
10代の恋愛と、20代後半の恋愛の差。

心から入るか。
身体から入るか。


こう書くと、身も蓋もないのかもしれないけど。
多分これが違いなんだろうと思われる。(もちろん一概には言えないですけどね)
だから20代後半の恋愛はムズカシイ。
簡単にいくんだけど、簡単にいかない。
身体は1日で繋がるけれど、心は1日じゃ繋がらないのよね。

そんな20代後半の恋愛距離感を、この「モテキ」が絶妙に描き出す。

主人公・幸世が体験するのはそんな恋愛。
ヘタレながらも、不器用に突き進む彼の姿に貴方は一体何を見るだろうか。


┼────────────────────────────┼
【さあ、「モテキ」を読んで恋愛しようぜ!】
┼────────────────────────────┼

色んなトラウマと再び向き合う事になるこの作品ですが、
一番真理を突いてるなぁと唸らされたのが、林田さんのこの台詞だよ。




iinoda_image0235-1.jpg

何故幸世にモテ期が訪れたのか?その理由を一刀両断する!!

ああ、気付きたくなかった。
知ってたけど、知らないフリをしていた。
そうしたら、傷つかずに済むから。
けど、こうして現実を突きつけられたからこそ出来る事が必ずある。

冒頭でも述べましたが、「モテキ」は最高の恋愛教科書です。

ヘタレて失敗してきた恋愛も、
こうして女の子の気持ちを垣間見る事が出来るから。
前に進める気がする。いや、進まなきゃいけない!





iinoda_image0236-1.jpg

まさに格言。とても難しい事だけれど、真理なのよねコレ。

足を踏み出したその先に、貴方の“モテ期”が待っている。
さあ「モテキ」を読んで、恋愛を存分に足掻こうぜ!


------------------------------------------------------------------------
<参考>
話題の漫画『モテキ』作者・久保ミツロウ氏インタビュー(前篇)
話題の漫画『モテキ』作者・久保ミツロウ氏インタビュー(後篇)

このレビュー書いた後に見つけた、作者・久保先生のインタビュー記事。
これは面白い。興味深く読ませてもらいましたー。

しかし「3.3.7ビョーシ!」「トッキュー!」と今まで読んできましたが、
圧倒的にこの「モテキ」は面白すぎると思うんですよね。
あ、けど初期の「3,3.7ビョーシ!」の面白さに、ちょっと通ずるものがあるかも。
あの時もすっげー女の子描くのが上手い、可愛いって思ってたんだけど
それがここに来て圧倒的に花開いた感じ。
やはり女性作家が描く女性の気持ちの深さは、尋常じゃない重みがありますね。

早くも3巻が楽しみすぎる。あー、もう年内は発売なしですかね。残念。
今年のランキングにも顔を出すんじゃないかなぁと予想。楽しみです。

------------------------------------------------------------------------
モテキ (1) (イブニングKC)
久保 ミツロウ
講談社


モテキ 2 (イブニングKC)
久保 ミツロウ
講談社




3.3.7ビョーシ!! 1 (講談社漫画文庫 く 4-1)
久保 ミツロウ
講談社
売り上げランキング: 180252

モテキ。ラストターゲットは絶対林田になりますよね。そこしかない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
どうも初めまして。
先月頃からちょっといちご100%関連で訪問させてもらってから
よく拝見させてもらってますがコメント残すのは初です。

「モテキ」自分の周りでも人気がちょっと高まってるので気になりました。
ていうかイブニングは毎号立ち読みしてたのに自分は知らなかったんですよね。
喰いタン終わって餓狼伝や勇午、ADAMASあたりをチェックして
あまり他は熱心に読んでなかったから飛ばしてたのか?
これからコミックを読んで雑誌でも追ってみようと思ってます。
他にも「みつどもえ」もチャンピオンを何年も読んでいながら面白いと聞いて連載知ったのは
つい最近と基本的に立ち読みしている雑誌は読み逃しているのが多いです。
せっかく良い作品に巡り合っているかもしれないのにもったいないですよね。

そういえば今週のジャンプに関しては書かれるんですか?
「To LOVEる」がフィナーレで「あねどきっ」の立ち位置もまた変わってくるかも?
「To LOVEる」は全162話で単行本最終巻18巻らしいということで
「いちご100%」が持っているらしい?(これ正しい情報なんでしょうか
WJのラブコメ最長記録には届きませんでしたね。

【2009/08/31 06:06】 URL | MU #iJ7RlsqU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2009/08/31 11:38】 | # [ 編集]



世の中には男と女しかいないんだから(ほとんど)

って所に吹きましたww

モテキ面白そうですね(^O^)/

そういえばTo LOVEる終わっちゃいましたね(ノ_・。)
めちゃくちゃ悲しいです(T-T)

【2009/08/31 20:07】 URL | ぷぅ #- [ 編集]


レンアイってのは、女性の側からは、全て説明がつくんですよ。ただ、男性の側からは、全くそれが「見えない」んで、女性の気持ちが分からないと思ったり、不条理な目に合わされたりします。
>女性なのに、何でここまで見透かして描けるの。単純にすごい。
実は、こういうところも含めて「全部」見えてるんですよ。全部見えてなければ男性を操作できないですし。

【2009/08/31 23:40】 URL | #- [ 編集]

「もてき」も扱うんですね・・・
パンツがあればいいーのだ、では「もてき」はナイのか
と思っていましたが、とりあげましたか(笑)
一歩出遅れましたな(笑)

既刊コミックスではなく連載を追っているので、
「今週こそは!『もてき』について書かなくては!」
と毎回思っていました。

うん。・・・・パンツたかすぃ~師匠の方が僕が
書くよりも的確でしょう。

「しかし・・・もったいない・・・」

なんだよ!いいオンナばっか、来てるじゃんかよ!(涙目)
やっぱり、ぼくはいいにおいのする大人の女性がいいデス。
ランドセル背負っている娘には浴場できません。

そういえば、宮城県の三角あぶらげを食べに来たんだよね。
俺、まだ食ったことね~や。噂にはきいていたけれど、大倉山
方面はちょっと遠いんだわ。


【2009/09/01 04:30】 URL | 森山ネム太郎 #Qlke00As [ 編集]


たかすぃさんとは逆で
「恋愛オッカネエ」という感想をもつ非モテ系の人のほうが多いんじゃないか?という感想を持ちました。
これから恋愛をしたい人、恋愛進行中の人にはむしろ急き立てられるようで敷居が高いんじゃないかと。もう後は無い、立ち止まってる暇は無いぞ、という切迫感は。
どちらかというと恋愛に一段落ついた人が「こんな時期あったなーw」とか思い出的に楽しむマンガなんじゃないかと。

【2009/09/02 10:59】 URL | deRa #- [ 編集]


ああ、結婚した人間がモテキ語ると全てが上から目線の発言に
見える自分が嫌になる

【2009/09/02 20:04】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


ゆびさきミルクティー連載再開らしいですね
また特集してくれると嬉しいです

【2009/09/06 00:50】 URL | #- [ 編集]


「モテキ ヤバイ」でググってここに来ました
やっぱり他の人も「ヤバイ」って感じるんですね

正直、この記事読んでるだけでも苦しくなってきたので、
記事は途中から読んでません
でもきっと「その通り!」と言える内容なのだと確信してます
ナイス記事です!もっと評価されろ!

【2009/09/10 15:39】 URL | ANN #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/641-f5c1b004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。