マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「腐女子っス!」が胸キュンで面白いっス!
2009年03月15日 (日) | 編集 |
腐女子。

もはやこの界隈では完全なる市民権(?)を得たといっても過言ではないと思いますが、
遥か昔から存在するその世界が、広く認知され始めたのはつい最近の事。
そのきっかけとなった作品といえば、やはり・・・




となりの801ちゃん (Next comics)   妄想少女オタク系 1 (1) (アクションコミックス)

となりの801ちゃん」と「妄想少女オタク系」、この2作品かな、と・・・

特に前者の801ちゃんは、その親しみやすい(?)ネーミングも相まって
世間に認知されるきっかけを作ったのかな、と。
デザインに関しても実在する御薗橋801商店街のキャラクターとリンクさせた事で
一度見たら忘れられない、強烈なインパクトを読んだ人達に残してくれました。

BLややおいといったものが注目を集めたというよりも、
それらを愛する“腐女子”という存在、その生態に少しずつ注目が集まっていった感じですね。
彼女たちの愛の深さと、彼女たちが生きるその世界の業の深さ。
特異とも言うべきその存在は、一種のジャンルのようなものと捉えられるようになったのです。






fujoshissu_re_04.jpg

そんな中でもその“特異っぷり”をエンターテイメントにして描いたのが「妄想少女オタク系」。

萌えを愛し、それを生きるパワーへと変換して突き進む乙女少女たち。
そのパワーに、作中の男キャラも読者すらも圧倒されてしまう。
けどあまりの愛のパワーに、もはや笑うしかない。

スッキリと綺麗な絵で、ハイテンション・基本おバカで進むこの作品は、
「“腐女子”って何?何なの?」という人にうってつけの作品なのかなーと。
それらに引いてしまう男性キャラをキッチリと配置する事で、
ちゃんと読者が入り込めるようになってるのもまた親切ですね。
その生態を知りつつも、ちゃんと共感しながら読み進めていけるという仕組み。

で、ホンモノ(?)の腐の御方にこの作品の感想を聞くと、
「こ、これはリアルすぎる・・・!」って言ってました。
彼女たちの言動や行動は、かなりそのまんまらしいです。
そういう色んな意味でバランスが取れてる作品なんですよね。

更にこの作品の見所は、そんな彼女たちも現実の恋愛との狭間の中で揺れ動く、
そんな姿もキッチリ描かれてるところなのかも。





fujoshissu_re_03.jpg

二次元と三次元。それは全く別物だって、分かってるからこそ苦悩するのだ。

801ちゃんでも語られてますが、腐女子の方の多くは普段“擬態”されてるようです。
そう、パッと見ですぐにこの人は腐女子に違いない、と分かられるようにはしてないという。
確かにこの界隈の知り合いの方々と見てる限りでは全然分かりません。
その外見と喋ってる内容のギャップがすごすぎる・・・という光景を何度見てきたことか。

で、彼女たちは「二次元は別腹」という事をしっかり理解しています。
だから三次元でちゃんと恋をする。
けど二次元も好き。そんな狭間で揺れ動く彼女たちの心は、
普通の恋心と何ら変わりない・・・ただ状況がちょっと特殊なだけでw

どうしても“腐女子”というと引いてしまう人がいるかと思います。
どんなにエンターテイメントに仕立てても、中身はディープな事に間違いありませんから。
だから、そんな人にこそこの作品をオススメしたいのです。
腐女子たちの、フツーの恋愛にフォーカスを当てたこの作品を・・・







fujoshissu_re_01.jpg

腐女子っス!

ちょっとちょっと!タイトルだけで引いた人は損してますよ。
あまりにもストレートすぎるタイトルとは裏腹すぎる胸キュンなラブコメがここにあります。
絵柄もそっち系(?)な感じで好みが分かれるところではありますが、
正直表紙よりも中身の絵の方が個人的にはいいな、と思ったり。

で、この「腐女子っス!」ですがほとんど“腐”的な要素は出てきません。(1巻の段階では)

あの男同士の絡みを見るのはやっぱりちょっと苦手・・・とか、
“腐”に抵抗感を持つ人にこそ読んでほしい作品ですね。
「妄想少女オタク系」とかのような、その愛の深さに圧倒されるような感じではなく、
“腐女子”が特異な事を理解しながらも、フツーの恋愛をして戸惑う様子が描かれるのです。





fujoshissu_re_05.jpg

オタクである事を自覚してるからこそ、それで距離を置かれる事に酷く敏感になってしまう乙女心。

自分がオタク(腐女子)である事って、何の恥でも無いと思うんですよね。
むしろそれを誇りだと感じてるぐらいで。
けど一方で世間一般的なイメージを“理解”しているからこそ、こういった葛藤は起こってしまう。
これはオタクとしての宿命みたいなもの。
解決するには、それを隠し通すか、許容してくれる人(同類とも言う)に出会うか・・・
もしくは許容“させる”。この三通りに絞られるんじゃないでしょうか。

恋愛とは面白いもので、最後の“許容させる”で収まる場合が多かったりもします。

好きだから。
自分だけのものにしたいから。
その為に、その趣味を許してしまう。
それが後から大変な事になるとは知らずに・・・なーんてね。

けどね、趣味と恋愛って難しい関係なんですよね。
それを一言で表すとこんな感じなんだと思うんですよ。





fujoshissu_re_06.jpg

「恋と萌えは、別腹です」


( ;∀;)イイハナシダナー

と、思わず目から鱗が。
そうです、そうなんですよね。別腹なんですよ。
一般の方はぜひそれを理解して頂きたい。まあそれを理解するのが難しいんですけれども。

この作品はその辺りを描くのがとっても上手いですね。
例えば恋人とデートする日を決めようという事になった日。
四連休があったら、全部デートで埋め尽くしたい!!と思うか否か。
オタクはきっと否!と言うでしょう。だって趣味の時間も必要じゃないですか。

デートもしたい。趣味の時間も堪能したい。それぞれ違う腹を満たしたいのです。

・・・って思うのはオタクのエゴ?なんでしょうかねぇ。
そこは永遠に相容れないところなのかもしれません。
大事なのはお互いが歩み寄るって事でしょう。一方の都合だけを押し付けちゃ、ダメですよね。
って何か段々自分の言い訳みたいになってきましたね。違うよ!違うんだよ!






fujoshissu_re_07.jpg

好きな人を大事にしたい、そう思うからこそこうして悩むんだよ。

そんな姿にものすごい胸がキュンキュンくるわけで。
ちょっと意味合いは違ってくるけれど、コンプレックス萌えに近いものがあるなぁ。
“それ”がある故に、葛藤する姿。そんな姿はいつ見ても胸が締め付けられるよね。

この作品は、そんなピュアなラブコメものとして良質だと思います。
特にこのめぐみちゃんのエピソードがいいですね。
オススメは3、4話と書き下ろしのやつです。堪らなく可愛いよ・・・!
いや、ホントタイトルや表紙とは全然違った印象を、読後に感じるのではないでしょうか。

腐女子って・・・と思ってる貴方に、この「腐女子っス!」をオススメします。
きっと、その価値感が変わると思うから。

ただ本当の意味でその世界に足を踏み入れるには、あまりにも広くそして深すぎるんですけどね。


----------------------------------------------------------------------------
<参考>
マンガ描いて小説書いてコスプレしてます、幸せっス。「腐女子っス!」
僕の腐女子を紹介します。「となりの801ちゃん」がテラモエス

腐女子って呼ばれだしたのっていつからなんでしょうかね。
一応探してみると、1999年8月くらいからその記述が確認できるらしいです。
そもそも誰が言い出したのか、名付けたのか・・・

2003年になると「腐女子の行く道、萌える道」という、
現役女子高生腐女子のサイトが人気になったりしていたので、
この頃はすでにだいぶ浸透してきたのかな?とも思います。
けど完全に一般的になったのは今回触れた作品や、
腐女子彼女。」とかの影響を受けてからでしょうね。

ああ、あとこれだ。




fujoshissu_re_08.jpg

「ホモが嫌いな女子なんかいません!!!」という名言を残した「げんしけん」は、
その手の土壌を形成した作品の先駆けなの・・・かも?

いや、それ以前も数多くあったと思うですけど、
一般向けで、しかもこれだけ有名になった作品において
腐女子キャラをここまで正面きって描いたのは「げんしけん」が初めてだったんじゃないでしょうか。
他にもあった気がしないでもないですが。

ちなみに「げんしけん」では"腐女子”という呼び名は出てこなかったと思います。
全部読み返したわけじゃないので分かりませんが。
"オタク女”という呼び名が通称でしたね。これは木尾先生なりの線引きだったのか、
それとも時代がまだそういう流れじゃなかったのか・・・

げんしけんの腐女子に関する話は、
「萌えプレ」さんの記事がオススメです。
腐女子マンガ夜話 第2夜:「げんしけん」木尾士目


----------------------------------------------------------------------------
腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
御徒町 鳩
アスキー・メディアワークス
おすすめ度の平均: 5.0
5 ぶっちゃけ…


となりの801ちゃん (Next comics)
小島 アジコ
宙出版
売り上げランキング: 54988




腐女子彼女。1 (B’s LOG Comics)
神葉 理世
エンターブレイン
おすすめ度の平均: 4.5
5 ブログ本と併せて読むと面白いかも
1 「かわいくてもてる腐女子じゃなきゃダメなんだよね」
5 腐女子とは…?
5 おもしろかったです
5 結子さんに萌える


オタク女子研究 腐女子思想大系
杉浦由美子
原書房
売り上げランキング: 234675
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
御徒町鳩さんといえば
新書館さんから発行している、
「象の背中」コミカライズも面白かったです。

秋元康さん発信で、
何作品も同時にメディア化した新しい試みでしたが、
私の読んだ限りでは、一番心に染みた「象の背中」でした。泣けました。
機会があればぜひ読んでみてください。

あと、別PNをお持ちで、そちらではBLを描かれていたと思います。

【2009/03/15 01:52】 URL | mame #- [ 編集]


「あまだれ」も婦女子マンガだけど、やっぱりアレはリアルじゃないのかな。



【2009/03/15 02:57】 URL | #- [ 編集]


自分が始めて腐女子と言う言葉を、見たのは「らっきょの皮」という4コマ。
(以前このサイトでもちょこっと取り上げていましたね)
個人的に、この漫画がこの言葉を始めて公の場(誌上)で、取り上げたのではないのでしょうか・・・と、勝手に思ってます。


【2009/03/15 16:25】 URL | #- [ 編集]


筆者、勘違いしてるみたいだけど。

腐女子(この表現は俺も嫌いだけど)が避けられる原因てのは、

「明らかに挙動不審」「化粧がおざなりで見てくれがみっともない」

の2点でコミュニケーションがとりづらい事から。

これはオタクと通じるものがあって、というよりもそのまま。
普通に話せて、普通に笑えて、普通に一緒に居られればそれでいいのに。
別腹だという割にバランス取れてない奴がほとんどだからウンザリするんだ。
押し引きが下手過ぎるから周囲から疎んじられる。

文章を見てると、綺麗な部分しか書かれてないからコメントしました。

【2009/03/15 21:09】 URL |   #- [ 編集]


オタク女でもホモが嫌いな人も多いみたいですよ
腐女子がもてはやされて同一視されて嫌だと
愚痴こぼされた事があります

【2009/03/15 22:15】 URL | #AqG6sK.M [ 編集]


2コ上のコメントさんの方が勘違いされてる気が。
元々腐女子のイメージは悪いんですよ。男のオタクと一緒で。
けど当然そんな人達ばかりじゃ無いわけです。
外側の人が知ってるイメージなんて所詮ほんの一例、こういう面もあるんだよと
そういう視点で書かれた記事じゃないですかね。
それに対して「いやそれは綺麗事で本当は…」なんて記事の意図を読み違えてるし、
そんな事筆者の方も知ってる事だと思いますが。

【2009/03/15 22:54】 URL | #pwutJTUc [ 編集]


さまざまな“ピュアなハート”を愛する
それが女の子です

と思います

【2009/03/15 22:55】 URL | かな #- [ 編集]


元々「腐女子(=やおい・ホモ好き)」は「オタク女」のカテゴリの一つだったけど、今は「腐女子=オタク女」になってるよな。
最近の子はどうでもいいみたいだけど、うちの姉とか周りのオタク女は無茶苦茶嫌がってるらしい。げんしけんの「ホモが嫌い(ry」発言の所為で女が全員ホモ好きに見られて困るとか言ってるし。
なんか色々拘りあるみたいだ。

【2009/03/16 00:41】 URL |        コロスケ            #JalddpaA [ 編集]


まあオタク業界をあまり知らん人から見たら、オタク女子だろうが腐女子だろうが一緒だな
「あたしら腐女子じゃないし」とオタク女子が妙に腐女子を下にして発言するのは
内ゲバを見ているようであんま良い気分じゃない

【2009/03/16 23:00】 URL | #sEWHdanE [ 編集]


下にして発言するとかじゃなくて
腐った妄想(=BLの自嘲的呼び方)するわけでもないのに
普通にマンガやアニメ、それらの異性キャラが好きなのに
「腐ってる」呼ばわりされるのは納得いかない、ということでは。

ゲーオタの人が「萌えオタ」ってひとくくりにされたら
やっぱりしっくり来ないと思いますし。

【2009/03/17 01:08】 URL | #- [ 編集]


最近はオタク趣味な女=腐女子みたいな感じに定着してる様な気がする
2chの音楽板で作り手の音楽では無く顔ファンな女を腐女子と言ってたのを見て世間一般での使われ方があからさまに間違ってきてるように感じる
なんというかビッチと腐女子はダメな女の類義語のように広義に解釈されてるような

【2009/03/17 02:01】 URL | ああ #- [ 編集]


腐女子の「擬態」ってのは実に女性らしい行動な気がする。
男女論的に、良くも悪しくも「正論」より「和」を重んじるのが女性。
社会から好奇の目に晒されがちな趣味や生き方を隠し
普通、というか流行に身を浸す「常識的な」女性を装って
隠れて趣味の世界に耽溺する。
そして、趣味を隠さぬ同属やオタク男を見ると、ひどく疎んで攻撃したり、冷ややかな視線を送ったりする。

それはそれで一つの生き方とは思うけど。
でも、オタク男としては、悪い事をしているわけでもないのにあんまり卑屈になるのもどうかと思ってしまう。
非常識に悪目立ちしているような連中はともかく
TPOに合わせた節度ぐらいは必要だが、オタクでも腐でも変に隠したり自己否定したりする必要はないと思うし。
むしろ、その態度は同属嫌悪につながり、過剰にオタクを否定する「腐女子をオタクなんかと一緒にすんな」的言説に、一般人側気取りというか、一方的な見下しを感じたりしてしまう。

自分の好きなものは、最後には自分が肯定してやるのも勇気だと思う。

【2009/03/17 12:43】 URL | VIPPERな名無しさん #9keHdHwk [ 編集]


御徒町鳩のBL名義は本人が関連付けないでくれと云っている様なので(調べれば直ぐ判るのですが)、作品評のリンクだけ張りますが
http://ytsuk.blog111.fc2.com/blog-entry-111.html
http://bldiary.jugem.jp/?eid=735
http://defeated.jugem.jp/?eid=1040
http://defeated.jugem.jp/?eid=950
ttp://www.asahi.com/showbiz/column/manga_henai/TKY200902260135.html 腐女子っスの方を紹介しろよ松尾慈子…
BL名義での最初の単行本の当該作品は非常に素晴しいものですが、作品世界が「現実の」人間関係を描く事を志向しており、WINGSでの競作作品の様に異性愛を描く事の方に野火シロが在る様に思えます。
ttp://www.shinshokan.com/comic/w/grandprix/w_gpx2.html#
ttp://www.shinshokan.co.jp/actionbrowser/w1_03_okachimachi/flash/F_viewer_standard.htm
「腐女子っス!」はリアル「らき☆すた」だと、思いません?

【2009/03/21 00:03】 URL | 赤木颱輔(akakiTysqe) #wISUO8JY [ 編集]


>2コ上のコメントさんの方が勘違いされてる気が。
>元々腐女子のイメージは悪いんですよ。男のオタクと一緒で。
>けど当然そんな人達ばかりじゃ無いわけです。
>外側の人が知ってるイメージなんて所詮ほんの一例、こういう面もあるんだよと
>そういう視点で書かれた記事じゃないですかね。
>それに対して「いやそれは綺麗事で本当は…」なんて記事の意図を読み違えてるし、
>そんな事筆者の方も知ってる事だと思いますが。

2コ上のコメントさんの方です。
私は記事を全て読んで考えた上でああいう書き方をしました。
作者と、貴方の文章どちらからも、「自己弁護」しか伝わらなかった。
「私には」こう伝わったという事です。
貴方の「私はこう思ったんだけど」「こう思ってるんだけど」というのを、私に押し付けるのは止めて欲しい。

確かに、腐女子は基本的に悪い事はしていません。
でも、書店などで羞恥も何もなく騒いでいるのを見ると嫌悪感しか沸きません。
場所を弁えろ、と。
そういった方々が居ないと言い切れますか?

この作者は、腐女子が「疎んじられている」という事は知っているとは書いてます。
辛い事や苦しい事もあるとも書いています。
けれど、「なぜ」嫌われているかを書いていないんです。
ただ「好き」であればいいなんていうのは子供の論理です。
私はこう思うから好きなんだーってのを解れ!みたいな書き方が嫌なんです。
一般の男性がホモやオタクが嫌いな理由はそれだけじゃないですから。

私自身、腐女子の方と何人かお付き合いした事があります。
見る目がなかったと言われればそれまでですが、一つだけ共通していた事があります。
「夢にでも浮かされているように」付き合う方ばかりでした。
好きな作品やキャラがこうで、買い物に行けば貴方にはこういうのが似合うと思うと服自体ではなく、
キャラの描かれた絵を見せて似たものを探し、着せようとします。
私は貴女のペットか何かではない、というと私は本気で似合うと思ったから・・・などで、別れた事が何度もあります。
私は本気で貴女しか見ておらず、一生を添い遂げる覚悟も出来ているのに。

そういった体験もあり、腐女子って・・・と思わざるを得ないんです。
だから、安易にオススメする、とか価値観が変わる、とか言って欲しくないんですよ。
以上、長くなりました。大人げもなく、感情的に書いてしまいました。
作者の方、私の文章を読まれた方、不愉快な思いをさせてすみません。

【2009/04/04 03:53】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/610-f9fec097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。