マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ちはやふる」という極上の物語、僕らはその情熱の虜になる。
2008年11月30日 (日) | 編集 |
tihayahuru_re_a01-1.jpg

また一つ、珠玉の作品に出会えた。

ページを捲る毎に震える。
張り詰めた空気に息苦しささえ覚える。
その空気に美しささえも感じ、そしていつの間にか深く引き込まれている。
そこはとんでもなく情熱的な世界。

ちはやふる

百人一首の歌の一つであり、在原業平が詠んだ歌。
その歌の、はじまりの言葉。
それは主人公である「千早」の名前と一緒の言葉だったのだ。
数奇な偶然が、少女の運命を捉える。
そしてその少女は、その美しき世界へと魅せられて行く。

競技かるた。

千早は、一人の少年との出会いによってその世界を垣間見る。
それは自分が知る“もの”とは全く別物だった。





tihayahuru_re_a03-1.jpg

これは単なるカードゲームの類じゃない。完全なる激しい“スポーツ”だと知る。

単なる反射神経などの身体能力のみの勝負じゃない。
高度な頭脳戦が繰り広げられる、まさにこれは「畳の上の格闘技」なのだ。
それは今まで何の将来の夢を何も抱いてなかった千早が出会った、”衝撃”だった。

そして千早はその世界へ引き込まれていく。

“衝撃”を教えてくれた綿谷新
”楽しさ”を共有した真島太一

二人の仲間を得て、少女はその世界へと足を踏み入れた。
さあ、ここから物語の幕が上がる。
百人一首の、鮮やかな句と共に彩られた青春が始まる。

綾瀬千早。





tihayahuru_re_a05-1.jpg

彼女は「かるた」で世界一のクイーンを目指す。

そんな彼女の情熱を綴った物語は、僕らの心を捉えて離さない。
断言しよう。それは極上の面白さだと。
「かるた」のイメージを180度変える。そんな作品なのだ。


┼────────────────────────────┼
ヒロイン・千早の魅力
┼────────────────────────────┼

この作品はやはりヒロイン・千早を抜きにしては語れない。

僕は彼女に、少女漫画のヒロインらしからぬ"無垢なカッコよさ”を感じた。
その源にある「強さ」に、おおきく心惹かれる。
こんなにも惹き付けられるヒロインはおそらく久しぶりに見た気がさえする。




tihayahuru_re_a02-1.jpg
「あたしが、太一に勝つんだ」

「かるた」を好きだという真っ直ぐな想い。
そして大好きな「かるた」で勝ちたいという一途な意思。
それらが千早の美しさと混ざり合って、思わず息をのんでしまう。

それを人は「感動」と呼ぶのだろう。

その強さに、僕らの心は動かされる。
その美しさに、僕らの心は魅せられる。
その想いに、僕らの心は締め付けられるのだ。

次に気がついた時は、もう千早の“虜”になっていた。

そんな稀代のヒロインは、とってもまぬけな女の子だ。
どんどん勝手に突っ走ってしまう女の子だ。
暴走する姿がとっても可愛く見えて、むしろ「かるた」の時とは別人にさえ見えてしまう。
そのギャップがまた、彼女の魅力なのだろう。





tihayahuru_re_a06-1.jpg

一途な彼女を、ただ単純に応援したくなる。

本当のヒロインって無意識でそうさせられるのです。
2008年、千早に出会えた事に感謝したいぐらい、この出会いは鮮烈でした。


┼────────────────────────────┼
「ちはやふる」の魅力とは
┼────────────────────────────┼

この作品の魅力は、勿論ヒロイン・千早だけのものじゃありません。
それだけじゃ"極上の物語”にはとても成り得ません。

何よりも「漫画としての完成度」の高さでしょう。

千早たちの情熱を最大限に引き出そうとするその描き方と、
「競技かるた」の世界をスピード感たっぷりに魅せる臨場感。
その二つが絶妙に重なり合ってるからこそ、あっという間にこの世界へと引き込まれるのです。




tihayahuru_re_a04-1.jpg

読んでる側も思わず息を止めてしまうぐらい、深い描写にただただ感心してしまう。

伝わってくる緊張感。
読者がその感覚を千早と共有してしまう。それって凄い事じゃないですか。
読んでて何か、息苦しくなるんですよ。入り込みすぎて。

まさに1コマ1コマから、情熱が溢れ出してくるようにさえ感じてしまう。

こういった"心”の魅せ方は少女漫画の強みでもあります。
それを「かるた」の世界へと、見事なまでに昇華させたのがこの「ちはやふる」という作品です。
これはもう作者である末次先生の技量と情熱に他ならないですよね。
素直に素晴らしい!と拍手喝采しちゃいます。

思わず"虜”になってしまう、そんな素晴らしいキャラクター。
グイグイ読ませて引き込まれる物語。
見入ってしまうほど深い描写力。

その3つが高いレベルで融合してる。それってもう名作の条件じゃないですか。






tihayahuru_re_a07-1.jpg

「マンガがあればいーのだ。」として、2008年少女マンガNo1作品に推したい。

それぐらい素晴らしい出会いでした。
それこそ千早が「競技かるた」の世界に出会った衝撃ぐらい、
僕はこの作品に衝撃を受けたのです。オススメ。

--------------------------------------------------------------------------
<参考>
競技かるたを通じて描かれる少年少女達の一途なまぶしさ、『ちはやふる』1巻
間がいるから続けられることと、伝わっていく情熱 - ちはやふる

それにしてもホント千早は可愛いなぁあ!!(ゴロゴロゴロ)

と声を大にして言っちゃいます。うん可愛いよ。
美しさと可愛さの共存とでも言えばいいでしょうか。
なかなか区別がつきにくい(?)少女マンガのヒロインにおいて、
何かこう光り輝いて見える。うーん惚れてしまったのかもしれませんね。

で、やっぱり少女マンガだらこそ期待しちゃう恋愛模様。
2巻の時点ではまだまだ芽が生えたばかりという感じですが、
この情熱が恋愛方面で一体どんな想いを見せてくれるのか?今からもう楽しみだなー

末次先生は色々な試練を乗り越えてこの作品を生み出してくれました。
この業界、そういった試練をキッチリ乗り越えてきた人って強い気がします。
その強さが、作品に濃く反映してるのかもしれませんね。

あと「競技かるた」といえば少年チャンピオンで連載してた「かるた」もオススメ。
途中で中断してしまったのが残念でしたが・・・

--------------------------------------------------------------------------
ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 ハマった!
5 待望の連載
5 男でも読みやすい
5 最高!
5 この面白さは、まさに読まなきゃわからない


ちはやふる 2 (2) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 鮮やかな2巻
5 高校生編スタート
5 面白いです。
5 成長しても変わらないもの。


ちはやふる 3 (3) (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
講談社 (2008-12-12)

待望の3巻は12月12日発売との事。楽しみ!


ハルコイ (Be・Loveコミックス)
末次 由紀
講談社
おすすめ度の平均: 5.0
5 忘れているものを思い出させてくれます。
5 祝、復活。祝、傑作完成。
5 おーーー!!
5 ☆★最高デス★☆
5 まさに天才漫画家☆゛

「ちはやふる」でハマった人は、正統派作品でもあるこちらもオススメ!末次先生の凄さを知る。

かるた 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
竹下 けんじろう
秋田書店
おすすめ度の平均: 4.5
4 難しい題材を上手く描く良作
4 なかなか
5 知らなくても楽しめるって結構すごい事だと思ったり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

これdaiさんでも紹介してたな
気になってたけどここでも紹介したことだし買ってみようかな

【2008/11/30 22:14】 URL | #- [ 編集]


これは読んでみたくなる…
まだ2巻みたいだし買ってみようかな

にしても作者の末次先生、トレース事件から復活するとは…

【2008/12/01 02:13】 URL | #- [ 編集]


正直書き込みのハンパなさにビックリした
ちゃんと充電してたんだなあ

【2008/12/01 12:37】 URL | #- [ 編集]


自分もいろんなところで(ブログ・漫画誌以外でも)紹介記事になってるのを見て
最近買って読みました。
「前へ前へ!」と、「もっとおもしろくなるんだから」というような、作者の心意気が伝わってきて、三巻がすごく楽しみです。

そしてここでの情熱溢れる紹介のされ方に、また「そういう漫画なんだ」という思いが強まりました。

【2008/12/01 12:44】 URL | まる #jYvQKasI [ 編集]


>2008年少女マンガNo1作品に推薦。
>このアツさは衝撃的に面白い。

あ、買ってきますww

【2008/12/01 22:09】 URL | YAMA #- [ 編集]


この作品は、文句無し。絵も魅力ある。表紙から持ってかれる感じ。
トレス事件がむしろ強みになってる感じもする。

【2008/12/01 22:55】 URL | ma #- [ 編集]


試練って・・・まるで末次さんが被害者のようないいかたびっくりしました。
ご自分のサイトでトレースの指摘を受けても謝罪するフリだけして
末次先生は悪くないあんなの気にしないで頑張ってと自演するような人ですよ。
漫画の面白さに作者の人格は関係ないですし、面白い漫画を
みんなに勧めたいというのはわかりますが、末次さんのやったことを
なかったことにしたり捻じ曲げたりはしないで欲しいです。

【2008/12/02 02:46】 URL | #WV4V227M [ 編集]


連載誌BE-LOVEの中では比較的若者向けっぽい絵柄の一作ですよね。
雑誌では、カラーページもひと際綺麗なんですよ。

百人一首かるたのスポ根っぷりに、青春を感じ一緒に熱くなれる
漫画だと思います。

【2008/12/02 03:14】 URL | #- [ 編集]


SQのインタビューからですか…?
ネットで良作って聞いてたら、まさかたかすぃさんが記事作るとは。
ますます気になる漫画になりました。

【2008/12/02 03:23】 URL |   #- [ 編集]


>まるで末次さんが被害者のようないいかた
どこをどう読めば(ry

【2008/12/02 13:17】 URL | * #3iSazUuE [ 編集]


しかしここまで話題作を網羅できるバイタリティは凄い
漫画に対する情熱が半端ないですね

【2008/12/04 00:41】 URL | ART #eQ4uPEGc [ 編集]


>まるで末次さんが被害者のようないいかた

「試練」という言葉からそう感じたのでは?

【試練】信仰・決心などの強さをきびしくためすこと。また、その時の苦しみや苦難。

↑なので、言葉づかいは間違いではないと思いますが。
まあでも、末次さんは自分で、自分の首をしめたようなものだから。。
本当に理不尽な目にあったマンガ家さんと一緒にはしたくなかな。

【2008/12/04 20:47】 URL | #- [ 編集]


末次由紀は、あの事件があるまでは
「フレンドの作家」としては好きな人で、作品も読んでいましたが、
ビーラブに読み切りを載せるようになってからどうも…。

はっきり言って、末次由紀の作風(話も作画も)が
ビーラブの雑誌としての方向に合ってないんですよね。
ビーラブを15年近く読んできた読者としては、
どうしてこの人をこの雑誌に呼んだのかなぁと疑問甚だしいです。

『ちはやふる』は主人公が高校生ですが、それまでに載せたいくつかの読み切りは
ビーラブの作風に合わせるためか、主人公をOLにしたり、保母さんにしていたりして
それが非常に違和感を感じる上に、末次由紀自身もそれに慣れていないせいか、
話の構成もいまいちうまくいっていなかったような気がします。

ビーラブで連載が決まった時にはどういう方向でいくのだろうと思いましたが、
主人公が小学生→高校生という内容は末次由紀にはやりやすいのでしょうが
ビーラブには合っていないんですよね…。
願わくば、私はこれはフレンドで掲載して欲しいと思います。

【2008/12/06 23:34】 URL | さん #6R3oiliI [ 編集]


盗作漫画家の特集やるんだったら、末次由紀よりも真島ヒロやってくれよ。

【2008/12/11 23:08】 URL | Sax #aJKZQpzM [ 編集]


買ってきます

【2008/12/21 18:59】 URL | wiki #- [ 編集]


買ってきました読みました!
3巻があっというまで早く続きが読みたい><ノ

そして福井&福井弁&芦原温泉駅が出てきたのにびっくりでした。
めっちゃ地元ですw
そういえば私の出身校かるた部全国クラスだったなーと・・

【2008/12/28 21:18】 URL | #- [ 編集]


今頃コメント失礼致します。

私はこの作品、トレース事件の人が作者だということに加えて、
試し読み可の店で見た絵柄がその件でトレース元にされていた上田美和先生と
よく似ていたことが気になり、手に取りかねています。

ストーリーに関して、末次先生の実力は確かなのかもしれません。
ですが、どうしても描きたいテーマやモチーフがあった時、
実力で上手い絵が描けなくても、凄い漫画を描く作家は山ほどいます。
逆に死ぬ気で画力を磨く作家も、同じ位いるのではないでしょうか。

彼らと比較して、「トレースしてでもそれっぽく仕上げたい」という動機は
創作衝動なんかではなく「売りたい」という下心や虚栄が透けて見える気がします。
そして、現在はトレースを断っているとしても、なお他人が編み出した個性に寄りかかって
絵を描き続けている事実に、憤慨すら感じるのです。


そういえば、スラムダンクそっくりの絵柄の「ハルジャン」でデビューした小山宙哉先生も
連載終了後は掲載される度にオリジナリティを磨いてゆき、それが今実って独特のセンスが溢れる「宇宙兄弟」となっていますね。
いくえみ綾先生も初期は紡木たく先生に強く影響されていたようですが、
今はパーツだけでもそれとわかるほど個性的な絵柄です。

最初から完璧に個性を発揮する作家なんて一人としていないでしょう。
ただ、影響やパロディ・オマージュと、「トレース」の間には
行う人間のメンタリティに深い隔たりがあると思います。


良い読み手とは、たとえ模倣だろうとも良い作品を迷わず評価する者でしょうか。
それとも、他の優秀な作家のアイデンティティを傷付ける描き手を区別し、
健全な作品を守りたいがために排斥しようとする者のことでしょうか。

私一人購入しなかったところで何のダメージにもならないとはわかっていながらも、
つらつらそんなことを考えています。

【2009/01/20 23:54】 URL | #BWgGc7Fk [ 編集]


似てるとは思えないんですけど・・・・・

私が少女マンガを多少読みなれているから区別できるだけなのかな。
(cancamのモデルが、知らない人にはみんな同じ顔に見えるように)
うーんこれは主観の問題かもしれません。

今現在世に出ているものを、偏見なく良いも悪いも評価したい思いが強いです。
「この程度の漫画をよくもこの値段で・・・」と感じてしまう作品に比べたら、
「ちはやふる」は440円の価値があります。
四巻も楽しみです。

【2009/01/29 12:43】 URL | #LvMEQhEI [ 編集]


いくえみさんより紡木さんのほうが後輩じゃなかったっけ。

【2009/07/27 21:22】 URL | #TGrtHTLY [ 編集]


私も買ってきます!

【2010/10/18 09:58】 URL | 明菜 #/n3vYR8M [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/584-591f44fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。