マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘘つきは誰だ!?「LIAR GAME~ライアーゲーム~」 甲斐谷 忍
2005年02月20日 (日) | 編集 |
20050220044157.jpg
予測不能のサスペンス!!
ヤングジャンプで今週より始まった新連載サスペンス。
それが「ライアーゲーム」だ。

2004年、マンガ界に「デスノート」というサスペンスが旋風を巻き起こした。
そして更なる一手として2005年冬、
集英社はこの「ライアーゲーム」を世に送り出した
一体どんな「ゲーム」が展開されるのだろうか?
注目の第1話を検証すると共に今後の展開も予想していく事にしよう。
※第1話のみ、あらすじを非常に詳しく載せています。最後に検証・予想展開。


【ライアーゲームとは?】
いつもと何も変わらない日常。
疑う事を知らず、正直に生きてきた神崎直の元へ、ある郵便物が届く。
その郵便物の上には1枚のカードが置かれていた。

20050220044202.jpg
「神崎直さま
 おめでとうございます。
 あなたはこのたび10万分の1の確率をくぐりぬけ
 見事LIAR GAME TOURNAMENTに
 ENTRYされました。
 LIARGAMEに参加される場合のみ
 この箱をお開けくださいませ」


最後の2つの文章を気に止めなかった直は、
その箱を開けてしまう・・・っ!!

20050220044206.jpg
そこには本物の、現金1億円が入っていた。
何故・・・?
箱の中にはさらに1通のカードが。

20050220044210.jpg
この箱を開封した事で「ライアーゲーム」に参加する事が強制的に決定。
取り消しはきかない・・・!
この1億円がライアーゲーム1回戦の直の持ち金(マネー)となる。

今回の・・・1回戦のルールは単純だ。

20050220044214.jpg
いかなる手段を持っても構わない。
対戦相手からマネーを奪う。

期限は30日間・・・!その間でこの双方に渡された1億円を奪い合うのだ。


そして期限が過ぎた後、ライアーゲーム事務局は、
最初に渡した1億円「のみ」を回収しに来る。
・・・つまり、相手から奪った「お金」は、自分の賞金として残るのだ。
逆の考えをすれば・・・

20050220044220.jpg
相手に1億円取られた場合、1億円の借金を背負う事になる。
このゲームに勝つか負けるか。
それで今後の人生が大きく変わる。
1億円手にするか。1億円借金するか。
さあ、「ライアーゲーム」が始まる。
・・・賽は投げられた。


【誰にも相談できない直。そして決まった対戦相手は・・・!】
友達にも、家族にもまともに相談できない直。
そしてとうとう弁護士の元へ相談を持ちかけるが・・・

20050220044225.jpg
「結局あなたが1億円持っておくしかないんじゃないの?」

という結論に達してしまう。
警察にすら届けられない。
※拾得物扱いになり、事務局に返金が出来なくなってしまうから)
途方にくれる直の元に、意外な対戦相手の情報が届く。

20050220044233.jpg
「中2の時の担任の・・・藤沢先生だっ!!」

そう、「ライアーゲーム」1回戦の対戦相手は・・・
恩師であり、非常に親身になって相談もしてくれてたとっても優しい先生だった。
これを幸運なアクシデントとして捉える直。
だが・・・?


【騙し取られた1億円、そして・・・】

「どちらのプレイヤーも絶対に勝てないようになっているインチキゲームさ」

そう言い放つ藤沢先生。
お互いが知らない同士であれば、自分のお金がなくなったら、
対戦相手が自分の知らぬ間に奪っていったと思う。

20050220044254.jpg
しかし実態はライアーゲーム事務局が二人のお金を盗み取っていたのだ・・・!
そうして双方から2億円を奪い、更にプレイヤー二人から2億の返還を要求する。
プレイヤーの二人は、対戦相手に奪われたと思うだけ。めでたく詐欺が完成される。

そんな詐欺に騙されてはダメだ!と藤沢先生は、
自分達の1億円を銀行の貸金庫に預ける事を提案。
自分の分だけでなく、直の分も一緒に預けてくれるとの事。
手続きも、何もかも藤沢先生の手によって・・・

その翌日。再び直の元へ1通のカードが送られてきた。

20050220044300.jpg
ー100,000,000円
 現在あなたは負けています。


一体どういう事なのか・・・?事の真相を確かめる為に、藤沢先生宅へ向かう直だが・・・

20050220044304.jpg
「コロっとだまされた。1億円取られたとも知らずに」

そう、1億円を預ける話は藤沢先生の詐欺だったのだ・・・!

20050220044309.jpg
その瞬間、現実を理解する事が出来なかった直。
けれど気付く。時間をかけて気付く。
自分が騙されていた事を・・・!!
後悔。後悔。後悔。
悲しくて、悔しくて、情けなくて。
けれどどんなに自分を責めても、1億円は戻らない。
自分に残った現実は1億円奪われたということ
そして自分がやるべきことは・・・

20050220044312.jpg
1億円を取り返すことだ。
けど一体どうすればいいのか。
そんな時、弁護士に相談した時に言われた言葉を思い出した。

「詐欺の事は詐欺師に聞くのが一番いい」


【天才詐欺師・秋山深一】

20050220044316.jpg
戦後最大級のマルチグループを逆に騙して破綻させた、天才詐欺師。
その彼が明後日釈放されるという。
ワラにすがる思いで、直は刑務所へ向かう・・・!

釈放当日。
天才詐欺師の釈放に対して記者が出口で待ちかまえていた。
だが・・・

20050220044322.jpg
そんな記者達を、自分が刑務所員に成りすまし、簡単に欺いてしまった。
まさに鮮やかな手口である。

秋山の釈放時間に間に合わない直!必死に走り向かい・・・
そして運命は交差する。

20050220044327.jpg
見事ぶつかった二人。・・・運命がぶつかった、瞬間。


20050220044331.jpg
「お願いです!私を助けてくださいっ!!」

必死の思いで天才詐欺師・秋山深一に叫ぶ直。
すべてを・・・このライアーゲームの運命を、この天才詐欺師に託そう。
そう決意した直。
そしてこれはライアーゲームというドロ沼の戦いに足を踏み入れた瞬間だった。


【ライアーゲームはどう展開していくのか?】
さて冒頭からいきなり1億円。庶民にとっては目が眩むほどの大金である。
そんな1億円を奪い合うゲーム。
が、それは「ライアーゲーム」の、「1回戦」のルールに過ぎない。
そう、「ライアーゲーム」は回があがっていく毎に、
そのルールは複雑に、巧妙になっていくのだ・・・!
勝手に解釈しました。ずーっとただ1億円を奪い合うゲームだけじゃないと思います。
今回の1億円騙し奪いゲームはこれから起こるゲームの「資本金」を作る為、
土台のゲームに過ぎないと思う。

さてそのゲームに参加するのは・・・
正直という名から一字をとってつけられた神崎直。
そして天才詐欺師の秋山深一
彼は直からの依頼をどういった形で受けるのか?
何かしらの「条件」を直に突きつけると思うのだが・・・?


◆秋山が示す条件とは?
釈放後にいきなり出会った女の言うことを聞くとは思えない秋山。
最初は相手にしない・・・?けどここで別れちゃったら、
直はもう2度と会う事が出来なそうだよねぇ。
なので二人がぶつかったこの場所で話がまとまると見る。

◇ライアーゲームで得たマネーはすべて秋山が所有する。
◇実際に「騙す」行動を起こすのは直が行う。
◇騙す時に情けはかけない(今回も騙し取るのは1億ではなく2億である)
◇仮に負けた時の保険として、直に生命保険をかけ、受取人は秋山とか?


今んトコ考えられるのはこんぐらいかな・・・?
マネーは秋山がすべて所持する、はおそらく出てくると思うんだけど・・・
さてさて一つ問題が。

◇ライアーゲームを秋山が知っているかどうか?

という事である。
昔から行われていたゲームなのか?(秋山が入所する前から)
それとも・・・ライアーゲームの原本を考えたのが秋山とか・・・?
そういう展開だと面白いんですけどね。
秋山が知ってるか知らないかで対応も変わってくると思うんですが、
まあ知らない、ってことで。
実際直が手元に来たカードを持っていて、それを見せてく、っていう展開かな。


【ライアーゲームについて考える】
そもそもこのゲームは誰が、何のために実行しているものなのか
単なる金持ちの道楽?
それともこのゲーム自体が巨大な詐欺?
そのうち事務局の人間VS秋山とかいう展開になるの・・・か!?
秋山の旧知の詐欺師が運営してたりしたら面白いですよね。
というわけで個人的には事務局の人間と秋山に何かしらの関係があると面白いかも。

さて今後、どういったゲームが展開されていくのか?
1億円を奪い取る、というのが1回戦のルールだった。
今回は手段は選ばず、という事だったけれど、
2回戦以降は手段を限定されるのかもしれない
対戦相手と行うギャンブルやゲームとか。(麻雀とか。別のマンガになる・・・!)
それこそ賭博黙示録カイジのように、
Eカードとかそういったオリジナル・遊技が出てくるのかも。
また1対1の戦いだけではなく複数
2対2や2対3などの展開もかなり熱いのでは・・・?
実は味方にも騙されるなど・・・!

4人ぐらいの勝負で、それぞれに来るカードの内容が違ってたりしても面白いですよね。
それぞれ断片的な情報しかなくて。
自分の持ってる情報だけではすべてを把握する事が出来ない。
4人の情報をすべて合わせると全貌が見えてくる
いかに相手から、相手の持ってる情報を聞き出すかが勝負の分かれ目になったりとか、
そういうゲームだったりすると熱いなぁ。

何にせよ今回のシリーズはさくっと秋山が藤沢先生を騙して来週当たりに終わらせてほしいもの。
こんな小物じゃなく、もっと頭の良い奴らと対戦してほしいねぇ。
予想では秋山が先生と接触、投資か何かを持ちかけるとう展開か・・・?


【久々の期待の連載なのです】
デスノートですっかりハマってしまったサスペンス
ドキドキハラハラ、びっくりする展開などはやはりエンターテイメントの醍醐味。
そんな醍醐味感を味わせてくれる作品になってほしいと思う。
なのでだいぶ期待してますよ、この作品には。
何より「天才詐欺師」というのがいい。
どれだけすごい「詐欺」を見せてくれるのか、わくわくするじゃないですか。

えーあと1~2回見て面白いようなら、
デスノ感想のようにライアーゲーム感想をやるかも、です。(大丈夫ですか)
まあこれ以上負担が増えてやっていけるかどうかも不安ですが。
とは言ってもそんなに考察・推理する事は多くなさそうだし、
毎週毎週あらすじを紹介、それに対する感想って感じになりそうかな、やるにしても。
なのでそんなに長くならないでしょう!今回長いのはご愛敬!

そういえば詐欺師といえば「クロサギ」もありますね。

20050220045216.jpg

「デスノート」と「クロサギ」をミックスさせよう、って狙いなんでしょうかね?
そんな美味しいトコ取りして中途半端にならないでくださいよー?

このマンガを期待する理由は現実感がないということ
あくまでゲームという事なのだ。
すなわち・・・

◇ライアー事務局というマスターの存在がいる
◇決められたルールが存在する


この2つが面白いかな、と思わせる根拠。
そして一番重要なのがこのルール
ルールとは制約である。制約がある中での詐欺こそ美しいものはない。
このルールをいかに上手く設定できるか。
それがこの作品が傑作になるか駄作になるかの分かれ道になると思います。

今回の記事を見て面白そうだな、と思ってもらえた方、
2~3週一緒に楽しんでみませんか?
(それで面白くなかったら一緒に見捨てましょうw)

<第2部参考>
騙し合いの舞台が再び開く!「ライアーゲーム」2回戦開始!

-------------------------------------------------------------------
LIAR GAME 1 (1)
LIAR GAME 1 (1)
posted with amazlet at 05.09.11
甲斐谷 忍
集英社 (2005/09/16)
売り上げランキング: 52,379
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
今回の作品に期待
甲斐谷忍先生は現在ビジネスジャンプで「ONE OUTS」という野球漫画も書いているんだけど、やっぱり彼は『勝負』と『人間の心理』について描くのが非常に長けているというか。

だから、今回のこの作品を興味持った人には「ONE OUTS」も一緒に読んでくださいということで。

【2005/02/20 16:30】 URL | American #- [ 編集]

面白そう!
あらすじ読ませていただきましたが、興味深い内容ですね。
たかすぃさんがおっしゃるように、きっと2回戦3回戦と続いていくに従って登場人物も増えて…ルールも増えて…勝手に嘘ルールを『創造』しちゃうような対戦相手も出てきたりして…。笑

ヤングジャンプは購入してないので、リアルタイムで考えていくことは残念ながら出来ないのですが…。もし面白いようなら単行本の購入を考えます。
ですのでたかすぃさんの負担のかからない程度にあらすじ感想を更新していただければ幸いです。

では失礼します。

【2005/02/20 17:20】 URL | まる #- [ 編集]


あらすじを見た限りだとすごく面白そうなんですが、
書いてる人が「ONE OUTS」の甲斐谷さんということに驚きました。
ただでさえ連載一本持ってるのに、さらに週刊連載なんて大丈夫なんだろか……。
まあ「ONE OUTS」はそろそろ佳境に入ってるので近々終わらせるつもりなのかも
しれませんが。それでもあの展開だとあと1、20話ぐらいは完結まで話必要そうですが…。
甲斐谷先生の体がそこまで持つのか心配です(笑)。

【2005/02/20 17:51】 URL | gaia #- [ 編集]


面白そうですね!ミステリ好きなので楽しみです。ただ、ヤンジャンを立ち読みし続けられる自信がありません(笑) 単行本を待つことになりそう…。

あらすじを読んで、講談社ノベルスの、矢野龍王さんの「極限推理コロシアム」を思い出しました。二つの館に分かれて仕掛け人不明の犯人当てクイズ、勝てば大金、負ければ死。口八丁手八丁騙し合いの情報戦、という感じの話で面白かったので、「ライアーゲーム」も、騙し合いの設定だけで大興奮です。面白いといいなあ。

【2005/02/20 22:06】 URL | shizuku #YJ2DV75Y [ 編集]

わんなうつ。
期待の作品だけに反応多いと嬉しいですね!

>Americanさん
はじめまして~!コメントありがとうございます。
さて甲斐谷先生。「ONE OUTS」という作品を連載してるのは知ってたんですが、
実は読んだ事ないんですよー。
なので紹介しようかどうか迷ってたんですが。
読んだ事ないのを紹介するのって難しいですからねw

甲斐谷先生の作品は「ソムリエ」「翠山ポリスギャング」の2作品しか読んでません。
なのでこの機会に「ONE OUTS」は読んでみようかなぁと思ってます。
勝負と人間心理について描ききるのが上手い、というのは非常に興味がありますし。

>まるさん
コメントありがとうございます~!
あらすじ読んでもらえましたか!相変わらず短くまとめる事が出来ず(汗)
けどこれで面白いと思ってもらえたり、興味を持ってもらえたら幸いです。

やはり2、3回戦に進むにつれてそうなっていきますよねぇ。
じゃないと面白くないし、そうなれば面白いのは明確ですしね!

>嘘ルールを創造・・・

うけましたwいいですねぇ。そんなの出てきたら祭りですよw
っつかライトに緊急参戦してほしいですね。
天才詐欺師VSライト!
それでもライトが勝っちゃうだろうなぁ・・・(世界一の頭脳のLさえも苦戦してるぐらいですからね)

そもそもこのゲームに決勝戦はあるんでしょうかね?
まだまだ全貌が明らかになってないので楽しみですねぇ。

ヤングジャンプは未購入ですかー実は自分もそうだったんですが、
今回の連載を期に買ってみました。面白ければ定期購読になるんですが・・・
うわーまた出費が(泣)もし面白ければ大プッシュしますので是非コミックス買ってみてくださいね!
つまらなそうならそれも報告しますw

>gaiaさん
はじめましてー!!コメントありがとうございますです!
そうですよね~週刊連載はかなり厳しいと聞きますが、
それと隔週?ビジネスジャンプは週刊でしたっけ?
それを並行してやるのは並大抵の事じゃないですよね。すごい。

「ONE OUTS」は読んでないので全く分からなかったので、
今日コンビニでちょっとだけ立ち読み。まあ全く展開分からないんですけどw
もうすぐ終わりそうなんですか?「ライアーゲーム」を本格的にやっていくなら、
やはり終わらせないと厳しいですよねぇ。
どちらも中途半端になっちゃうのは嫌ですしね。
実はもう「ONE OUTS」は最終回まで書き上げてるのかもしれないですね。
もしくは「ライアーゲーム」は「ちさ×ポン」や「ガールフレンド」みたいに、
月1連載になっていくのかもしれませんね。
もし感想やるならその方が楽なんですがw

>shizukuさん
デスノート好きな方にはスンナリ受け入れられるかなーと思います。
すなわちミステリ・サスペンス好きな方ですね。いいですよね、このジャンルは・・・

ヤンジャン立ち読みし続けるのはけっこう厳しいですよねぇ。
自分は完全に何曜日は○×の雑誌だ!というのが身体に染みこまれてますが、
普通の人はそれはないだろうと思います。
うっかり逃しちゃう事もあるでしょうしね。
面白かったらここで取り上げ続けていきますんで、その際は是非単行本で読んでみてくださいね!

さて、っていうかshizukuさんの紹介してもらった「極限推理コロシアム」、すっげー面白そうですね!!
ノベルズですか・・・昔はよく小説読んでたんですが・・・
東京・大阪往復する時の新幹線の中で読んでみようかなぁ?
2時間半で読めますかね。
あらすじを教えてもらっただけで震えますw

こういう騙し合い、駆け引き、心理作戦、そういったものが混ざった勝負、ゲームというのは
ホントに面白いですよね。そういうのを面白く描ける人を尊敬しちゃいますよ。

ライアーゲーム、期待しちゃいましょう!

【2005/02/20 23:19】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


うう・・・ さっき長々と書いたのに消えやがりましたよ・・・

えーと文中に『ONEOUTS』についての説明がなかったのでオヤ?と思いましたが未読でしたか。
読んでる者としては、はっきり言ってこの作品は超期待です!
でもってたかすぃさんが『ONEOUTS』にはまるのも予想できますw
『デスノート』好きなら絶対ですよ。野球マンガっつーよりも心理戦マンガですからね。

にしてもあらすじをしっかり書いて未読の人に興味を持たせるってのがさすがですよね。
私みたいに適当書いてちゃとてもこういうことはできないですからね。

【2005/02/21 00:36】 URL | あるてぃ #- [ 編集]

うあーごめんなさい
ごめんなさいですあるてぃさん・・・!
何か最近FC2、0時前後が異様に重いんですよね。
その時にぶつかっちゃったかもで・・・コメント二度書き、ありがとうございます。
一度書いたものをもう一度書くのってしんどいですよね・・・

さて、そうなんですよ、「ONEOUTS」未読なんですー
皆さんからのプッシュもかなり大きいので、
かなり読んでみようって気になってきましたよ・・・
野球版「カイジ」と言われてるように心理戦がメインの野球マンガみたいですね。
うわーそれツボですw間違いなく。
うーん・・・買ってしまおうかなぁ。古本屋に全部置いてないですかねぇ。
さすがに巻数出てるだろうから新刊一気買いはちょっときついですわ・・・
けどあるてぃさんがそれだけオススメしてくれるってのは
かなり期待できるって事だから、うし!オークションだw

うちは一つの作品を掘り下げるのに比重を置いてますからね。
ホントは色んな作品掘り下げたいんですけど、時間と精神力の都合で無理なんですよね。
あるてぃさんは色んなマンガをカバーしてるのがすごいです。
正直あるてぃさんの読んでる量には間違いなく敵わない。
それぞれに感想を書いてるあるてぃさんがまたすごいと思いますよ。

何はともあれこの「ライアーゲーム」は期待大ってことですね!
楽しみなマンガが一つ増えましたわ。

【2005/02/21 03:02】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


甲斐谷忍先生は期待大、ですね。
「ONE OUTS」もそうだけど、「太平天国演義」も途中から騙し騙されの展開だし。
(「ONE OUTS」の方が面白いですけど)
でもデスノほど長期かつ複雑に設定がされ、それが続いていくと言うよりは、
今までの甲斐谷先生のパターンを見ると、ゲームのルールを少しずつ利用して、
比較的短期の回(1-2回)を繰り返して話が進んでいく、という感じかなあと思います。
まあ、とにかく今後に期待、ですね。

【2005/02/21 12:57】 URL | なお #LkZag.iM [ 編集]


いや、当方はかなり適当なんでw

適当じゃない今週の『デスノート』と『いちご100%』の感想楽しみにしてますよ~w

【2005/02/21 22:53】 URL | あるてぃ #- [ 編集]

修羅場っくす
>なおさん
こんばんわ!コメントありがとうございます~
なおさんは甲斐谷先生の作品かなりチェックしてらっしゃるんですね。
「太平天国演義」も聞いてはいたんですが未読でした。
騙し騙されの展開・・・うわーそういうの大好きです。
騙し騙されたいです。どんな願望なんだ。

いやーこうして見ると自分もまだまだだなぁと再確認。
けど「ONE OUTS」はすっごく評価高いですねー
今回コメント頂いた方全員オススメしてますもんw
こりゃ見るしかないかなーって思ってます。

デスノとはまた違った雰囲気なんですね。短期集中派なんでしょうか?
ゲームのルールを上手く利用したりするのは面白そうですね。
ルールの中での駆け引きってホント面白いですからねぇ。
某死ノートはよくルールから逸脱しますから・・・苦笑い。
「ONE OUTS」は読んだら感想書いてみますねー
オススメありがとうございます!
ひとまずは「ライアーゲーム」!こいつの第2回に期待することにしましょーか!

また是非おこしくださいねん。

>あるてぃさん
いあいあw全然適当なんかじゃないですよ!
適当じゃあれだけのマンガ量、カバーできませんって。

デスノートは何とか終わらせました・・・
今回時間なくてゆっくり考察できなかったのが悔やまれます。
まあ考えてもこれ以上思いつかなそうなんですが。

いちごはおそらくここまで西野で盛り上がるのは今回がクライマックスと踏んでいます。
なので今週を逃すつもりはありません。
盛大にやるつもです。なのでじっくりと記事を書きたいなあー
と思ってます。皆さんそれまで待ってくれるのかなぁ。
待っててもらえれば幸いっす。
確実に人として終わった記事が見れると思いますよw

【2005/02/22 04:59】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

申し訳ない
初投稿でいきなり場をわきまえない発言、
申し訳なく思います。
しかし、黙っていられない。

ここで紹介された「弁護士」は本物ですか?
「本物」ならこんな馬鹿ことは絶対言いません。
いくら娯楽作品であってもひどすぎます。
主人公が誰にも相談せずに
恩師に騙されてしまうならそれでいい。
「警察か弁護士のとこ行けよ」と
読者が思っていればいいだけですから。
しかし「弁護士」を登場させてはいけません。
単にリアリティがないではすまない話でしょう。

今後このマンガが許される展開は一つです。
あの「弁護士」は教師か主催者の仲間。
できればニセ弁護士であるのが望ましいです。

あ、もしかしたら漫画内にこうありましたか?
「この漫画内の法律知識はデタラメです」
そうでない限り、許されるストーリーではないです。


(あと、個人的に、ゲーム自体が教師の捏造、
 というストーリーを希望します。
 教え子の中で一番お人よしなのを選んで、
 借金を背負わせようとしたという話で。
 たまたま対戦相手が知り合いとか、
 あんなゲームが他所でも複数成立するとか、
 あまりにもリアリティがない話になります。
 天才詐欺師がそれを見破って、
 次回から別の詐欺話を始めるべきでしょう。
 そうすれば、少年ジャンプ読者に対する、
 見事な騙しになると思いますよ。
 ジャンプって何でも大会にしてきましたから)

【2005/02/24 11:32】 URL | ボクシングファン #I740oYFc [ 編集]


ボクシングファンさん、はじめましてー!コメントありがとうございます。
さてさて「ライアーゲーム」に出てきたクソ弁護士さんのことですね。
えっと、本物なんですよね。
ちょっとここの記事ではかなりはっしょって書きましたが、
一応色々とアドバイス、相談には乗ってるんですよ。
確かにこのマンガを見て、弁護士ってこんなのなの・・・!?
って読者に思わせてしまうのも良くないですよね。
まあただ弁護士のシーンはそんなに大事なシーンでもないので、
なかなかどこまでリアリティを出すのかが難しいところなのかもしれません。

弁護士が主催者の仲間だったり、偽弁護士、という展開は何気に熱いですね。
それで辻褄が合うのであれば、そういう展開もアリだなぁと思ったり。

法律知識はデタラメ云々の記述はなかったかな・・・?
そうでないと許されるストーリーじゃないですかね。
けどホントに偽弁護士とかいうオチだったらやるなぁと思ってしまいます。

ゲーム自体が教師の捏造、って事はおそらくないかと・・・
今週の第2話を見ましたが、明らかに雑魚キャラ扱いです。
天才詐欺師にあっという間に手玉に取られちゃうっぽいですね。
確かにリアリティという面ではちょっと厳しい作品なのかもしれませんが、
マンガはマンガと割り切って読んでしまえばyはり面白そうな作品な事は確かです。
是非一度1~2話と読んでみてもいいかもです。

あとこのマンガは同じ集英社ですが、ヤングジャンプになってます。
ヤンジャンだとトーナメント式の展開は厳しいかも・・・?ですね。
確かにジャンプ限らず一時期どの雑誌でもトーナメント方式が流行った時期がありましたね。
もうさすがにああいう展開のマンガは少なくなってきちゃいましたが・・・

コメントありがとうございましたー
なかなか上手くいえませんでしたが・・・
個人的にはこの「ライアーゲーム」、温かい目で見守っていきたいと思ってます。

また是非いらしてくださいね!

【2005/02/25 02:05】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

コメントありがとうございました
>管理人さん(≠響(ry )

いきなり暑苦しく無茶なことばかり言ったのに、
非常に丁寧なレスをいだだき感謝です。

その高評価、面白い、ということなんですね。
今後の展開が楽しみであると。
管理人さんのレポートを見ただけですが、
僕もそう思います。
アイデアとしてはおもしろいんです。
それだけに、社会にちゃんとある法律とかを
いいかげんに書かれると萎えちゃうんですね。
絵空事になってサスペンスがなくなる。
もったいないと。
決定的に思えることを割り切って楽しむの、
辛いときってないですか?
僕にとってはそういうツボだったんです。

あ、でも読まないであれこれ言うのも
おかしいんで読んでみますね。

「お気に入り」に入れさせていただきました。
ちょくちょく来ますので、
また相手してくださいね。
それでは。

【2005/02/25 09:30】 URL | ボクシングファン #I740oYFc [ 編集]


いえいえ~全然OKですよん。
一つの事には色々な角度からの見方や、色々な考え方があると思うので、
ボクシングファンさんのような意見も、そのマンガを捉える要因の一つとして、
非常に興味深い意見でした。

個人的にはちょっと無理な展開はありますが、
こうした「騙しあい」系のマンガは好きなので高評価なんですよ。
リアリティという面から見るとちょっと厳しいですが・・・
アイディアとしては秀逸ですし、これから先の展開(もっと高度な心理戦)への期待も非常に膨らむんですよね。

現実はこうなのに、マンガの中ではこれか・・・
けどそれはマンガだから割り切ろう、みたいな考え方ですかね?
辛いマンガと辛くないマンガの二つに分かれますかね。
その作者があくまでリアリティをある程度追求していこうとする姿勢なら、
辛い時もありますね・・・甲斐谷先生は正直「ONE OUTS」という皆様絶賛の作品をまだ読んでないので、
どっちの方向性かが分からないんですよね・・・

物語的にはまだまだ序盤なので、
10話ぐらいまで何とか読んでみて、それで判断してもらえたらなあと思います。
個人的にもその方向のつもりです・・・

お気に入りに入れて頂いてありがとうございます~!!
ちょくちょく来て頂けるなんてありがたいです。
是非また色んな意見を聞かせてください!
よろしくおねがいいたします。

【2005/02/26 21:30】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

終わりそうです
「LIAR GAME」がどうやら来号(YJ17号)で連載終了するそうですが。
今週のYJでも「いよいよゲーム終了へ運命のカウントダウンが始まる!」って煽り文があったし。


終わるの早っ!


でも、BJでの隔週誌連載と、YJでの毎週連載を両立させるということはそもそも無理だったのか、それとも「ONE OUTS」連載終了後への連載の可能性を含ませる意味での連載だったのか、それとも単なる短期集中連載だったのか・・・。

【2005/03/19 15:48】 URL | Ameriacn #GqysVMyQ [ 編集]

終わりそうですね・・・
Americanさん、情報ありがとうございます。
自分も本誌にて確認しました・・・
え・・・っ!?って一瞬目を疑いましたよ。ミスプリか!?
ライアーゲーム「1回戦」じゃなかったんですかね。
これまた随分幕が下りるのが早くてびっくりしてしまいました。
まあ江川先生じゃないんだから、
隔週と週刊を同時連載は厳しいですよねぇ。
短期なら短期と言ってほしかった・・・
今回はあくまで布石、今年後半ぐらいから本格連載・・・!
とかの展開を望みます。楽しみにしてた作品だけに、
ちょっとヒドイですよねぇ・・・本格連載じゃないじゃん!みたいな(泣)

【2005/03/21 00:03】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


こんにちは。TBさせてもらいました。
こちらの記事をきっかけに購入したんですが、面白かったです。
デスノートが終わって、なんだか寂しいなぁと思っていたので久々に楽しく読めました。

>「デスノート」と「クロサギ」をミックスさせよう、って狙いなんでしょうかね?
そんな美味しいトコ取りして中途半端にならないでくださいよー?

あぁ、言われてみたらそんな感じがしないでもないですね。
いい意味でどんどん読者を裏切ってもらいたいものです

【2006/08/15 10:46】 URL | sonatine #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/54-2e11a233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MMR風~これからはミステリー&サスペンス漫画だ!

「皆揃ったようだな・・・。」「一体どうしたんだキバヤシ?いきなり会議室に集まれって・・・」「そうですよ、結局99年7月になっても世界は滅亡しなかったじゃないですか。」「いや、今日集まってもらったのは他でもない、俺たちの本職である漫画についての事だ。実は究極の 格野乃民 ~カクノノタミ~【2005/03/06 21:27】

LIAR GAME

【データ】 甲斐谷忍(著)。週間ヤングジャンプで連載中。 &gt;&gt;詳細... よっしーの脳内世界【2005/09/30 10:48】

ライアーゲームゲット!

ついに、何処の本屋行っても見つからなかったライアーゲームを手に入れましたー!・・・・二巻だけですけどね!まぁ、こちらさん→http://mangaen.blog30.fc2.com/blog-entry-54.htmlのレビュ 雨漏りの墓【2006/02/01 22:47】

LIAR GAME

LIAR GAME 1 (1)甲斐谷 忍 集英社 2005-09-16売り上げランキング : 40617おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools<評価>面白い<ストーリー>バカ正直な主人公、神崎直のもとに、突然送られてきた小包。そ 寝ていられるのになぜ起きる?【2006/08/15 10:41】

LIAR GAMEを見ました

いつも御世話になっております。フジテレビの「FNNレインボー発」を「レインボ・一発」と読む時があります。文月しのぶです。昨晩から、フジテレビの深夜枠で「土曜ドラマ」がスタートしましたね。   しのblogアクション【2007/04/15 12:19】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。