マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕らが待ち望んでいた物語が、ここにある。「とある飛空士への追憶」
2008年03月27日 (木) | 編集 |
toaruhikuusituioku01-1.jpg

どんな言葉を紡げば、この物語の素晴らしさが分かってもらえるだろうか。

とある飛空士への追憶」。
この物語の全てを読み終えた時、
僕はこれまでの人生でおそらく“数回”しか感じた事のない感情を味わう。

感動

たった二文字で表せばそうなるだろう。
しかしこの物語からもらった感情は、たった二文字だけで表現するのは勿体無さすぎる。
きっと便箋5枚にびっしりと書いても、尚足りないと感じるかもしれない。
それ程までに、僕の心はこの物語によって灼かれたのだと思う。

僕の拙い言葉で、どれだけ伝える事が出来るだろうか。

色々考えてみたたけれどやっぱり無理だった。
この物語の素晴らしさを理解してもらうには、
この物語を最初から最後まで読んでもらう他にないのだ。


 ┏…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
 ───助けられるなら、助けたい。            
 ┃                                            
 ┃ドブネズミのように生きてきて、ゴミクズのように空に散る運命なら、
 ┃せめて一度くらい、胸を張って誇ることのできる仕事をやり遂げてみたい。 
 ┃                                            
 ┃幼い僕を救ってくれたファナ・デル・モラルをこの苦境から助け出したなら、 
 ┃自分のしたことを誇りに思えるのではないだろうか。 
 ┃                    
 ┃いつかどこかの空で炎を噴き上げ散華するとき、               
 ┃僕の辿ってきた道を後悔しないで済むのではないだろうか。         
 ┃                                 第2章82ページより抜粋           
 ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


一人の飛空士と、一人の次期皇紀である少女

絶対に交わる事のハズのない身分差の二人が、
背中合わせに乗った単機「サンタクルス」で、
敵艦隊の群れが待ち受ける一万二千キロの空への横断にチャレンジする。
言うならばたったそれだけの事かもしれない。

けれど339ページにもわたって紡がれたこのドラマに、きっと圧倒されるだろう。

まるで自分の目の前で繰り広げられてるかのような、緻密かつ大胆な言葉の紡ぎ方。
眼前に広がる大空と、雲と、二人の鼓動。
一つ一つの描写が、まさに僕らをこの物語に深く“没頭”する事へと導いていく。

僕らはきっとこんな物語を待ち望んでいたんだと思う。

空を駆け巡る戦い。
あきらめない不屈の心。
その背中にいる、とても大事な人。
自分の価値感全てを賭けて守りたいと思える、とても大事な人。

・・・これは遠い昔に置き去りにされていた極上のファンタジーじゃないのか。

僕らが夢中になって追い続けた物語が、今再び現代に舞い戻った。
そうだ。
そう考えると自分の中のこの感情に納得がいった。
これは僕らに夢と感動を与えてくれる、超正統派とも言える物語じゃないのか。


過酷な運命を背負ったヒロイン。



それを救う、一人のヒーロー。



そして身分違いの、叶わぬ恋。





そんな様々な感情が吹き飛んでしまう空の彼方へ、二人は駆け上がっていく。





・・・嗚呼、これぞ王道中の王道の物語だ。

王道が故に難しい、というのは皆さんもきっと分かってもらえるだろう。
王道こそが一番描くのが難しい。
だからこそ、僕らは求め待ち続けるのだ。


本物の登場を。




断言しよう。



とある飛空士への追憶」こそが、現代における本物の王道だ。


ちなみにこれは漫画ではない。
文庫本。俗に言う「ライトノベル」と呼ばれるものだ。
当サイトはマンガレビューサイトである。
基本的にマンガ“のみ”の紹介をしていく事をモットーに3年半以上やってきた。



しかしそれを曲げてでも紹介したい魅力が、この物語にはある。


本当に良い作品は全ての垣根を越える。

今尚も、この作品は僕の心を灼き続けている。
そんな作品に出会わせてくれた多くの方々に感謝をし、
今僕もこの場所で、この作品と皆様を繋ぐ架け橋になりたい。

極上の物語に、出会ってみませんか。


-----------------------------------------------------------------------------
<参考>
[ラノベ]ひと夏の恋と空戦の物語「とある飛空士への追憶」
犬村小六「とある飛空士への追憶」感想
この素晴らしきひと夏の恋と空戦の物語、『とある飛空士への追憶』
]「とある飛空士への追憶」の好評が連鎖中

実は僕自身、ラノベと呼ばれるものを読んだのはこれが初めてなんですよ。
初めてでこいつに当たったというのは幸せなのか、それとも・・・?

そんな普段ラノベを見ない自分が、こうしてこの作品に出会ったのは、
上記の方々の素敵な推薦があったからだと思います。
たぶん一番初めにこの作品を知ったのはフランさんの日記から?
その後缶さんも同様に絶賛されてるのを見て、いつか読もうと心に決めて
ようやく最近読了したのです。

嗚呼、人のオススメって素敵だなぁと思ったわけなんですよ改めて。

最近より一層“人のオススメ”で当たりになる確率が高いせいか、
どうも便りがちになっちゃってるんですが、この作品はそれがなければ出会えなかった作品。
だからこそひたすらに感謝するしかないのです。


ああ、確かにこの作品が「ジブリ」によってアニメ化されたら素晴らしいだろうなぁと思います。
文章だけであまりにも美しいと思わされたこの物語を映像化できるのは、
過去に同様の衝撃を僕らに与えてくれた「ジブリ」の他ならないと思うからです。
そう、この作品はかの不朽の名作「ラピュタ」に通ずる面白さがあるからなのですよ。


小説は、自分の頭の中で繰り広げられる。

だからこそ、「本物」の作品を読む時の面白さが桁違いなんだと思うんですよ。
自分の空想の中で、その物語は組み立てられ、繰り広げられていく。
この面白さは、漫画とはまた別次元の面白さなんですよね。
そして、その「空想力」が絶対にあった方が面白い。

どれだけ小説の中のシーンを自分の頭の中で再現できるか。

それはきっと自分が今までの人生において、
その目で見てきたものの多さによって変わってくるのでしょう。
多くの風景や、多くの人達、多くの作品をその目で焼き付けてきた人の、
その頭の中に繰り広げられてる物語は、きっと極上の物語。

文字だけで織り成される、この物語の面白さと美しさ・・・是非感じてみてください。


-----------------------------------------------------------------------------
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫)
犬村 小六
小学館
売り上げランキング: 518
おすすめ度の平均: 4.5
3 「転」のない物語
5 古き良き、王道回帰
5 新次元ではなく古典のような傑作
5 温かな、涙が・・・
4 読み切りとしては良作です

最後まで読み終えた後、この表紙のイラストを見て湧き上がる胸の感情を、
是非一緒に夜明けまで語り合いたいものですね。

出来ればもう一度、ネタバレ全開の感想を書いてみたいなーと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

そこまで言われると買わないわけにはいかないですね

【2008/03/27 20:17】 URL | #- [ 編集]


わたしは空想力が乏しいので、
読んでも大丈夫かなぁ・・・

【2008/03/27 20:25】 URL | ぼー #- [ 編集]


ラノベか
アリソンは読んだことあるけど似たような感じ・・・なのかな?相変わらずここは薦めるのがうまいww読みたくなってきた
それはそうとハチワンもドラマ化決定しましたね
マンガに頼りすぎだろ!って感じもするけど

【2008/03/27 20:56】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


まさかここで飛空士のレビューを見るとは思わなかった。
確かに名作ですけどね。

【2008/03/27 21:40】 URL | #- [ 編集]


私も最近読みましたけど、面白いですよね。
シンプル&王道で万人受けする作品だと思いました。
表紙も素晴らしい。読み終わった後に表紙を見ると
感慨深いものがありますねぇ。

【2008/03/27 22:04】 URL | #- [ 編集]


はじめまして!!
いつも更新されるのを楽しみにまってます。

あー・・・私ジブリ大好きなのでとても読みたくなりました。
明日さっそく買って呼んでみようと思います!

【2008/03/27 23:39】 URL | hiromi #- [ 編集]


たかすぃさんが漫画以外のものを薦めるなんて(パンツは除く
これはただ事じゃないですね!見つけたら買ってみようと思います!

そういえば、古味さんの新連載レビューしてないっすね?
まっさきにするものと思ってました。自分はですが

【2008/03/27 23:51】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


ラノベ読まれるのが初だったのですね。

読まれる、読まれないは別にして、オススメしてみようと思います。
オススメするだけならタダなので。

大分古い作品ですが、
電撃文庫
高畑京一郎 作
「タイムリープ」
時間のパズルが、かちり、とはまるあの感覚。体験していただけたらなあと思います。
私にとっては、2周する必要がありましたが。。。

電撃文庫
上遠野浩平 作
「ブギーポップ」シリーズ
伏線もさることながら、「ペパーミントの魔術師」、「パンドラ」の2作品は秀逸。
前者の帯"そのアイスクリームは痛い!!"
強烈なキャッチフレーズでした。
本編もあとがきもGJです。

「パンドラ」の方は、本編よりもむしろ、最初の10ページほどだけでも読んでいただければ。

ホワイトハート文庫
小野不由美 作
「十二国記」シリーズ
小説最強はこれです!!アニメ化もしていますので、結構有名かと思います。
最初の「月の影 影の海」上巻が、読んでいてしんどくなってしまいますが、そこさえ乗り越えればもう、ハマるしかない作品です。
何度でも読み返したくなります。私自身も何度読んだか分かりません。

最後に、アニメになってしまいますが、たかすぃさんにきっと気に入ってもらえると思われる作品。
「狼と香辛料」

原作は、電撃文庫ですが、これはもう、アニメをオススメします。
なんというニヤニヤ動画。
今期放送されていたアニメです。すでにご存知でしょうか???

長くなってしまいました。乱文失礼いたします。

【2008/03/28 01:07】 URL | yuki #- [ 編集]


では俺も一つオススメを。
”文学少女”シリーズをオススメします。
登場人物達はそれぞれ過去を背負っている。
それをどう乗り越えるか。
読んでいて胸が痛くなる。でも読んでしまう。
そんなビター&スイート学園ミステリーです。
もうすぐ最終巻ですし気が向いたらどうぞ。

【2008/03/28 04:07】 URL | #Wv2A/Pko [ 編集]


ちょwwダブルアーツは?ww

【2008/03/28 10:39】 URL | ぬぬぬぬ #hoVQt/.c [ 編集]


ライトノベルは恐らく漫画以上に好みが分かれ易いので、
人に薦めるとなるとある程度丸い作品か相手の好みを把握していないとちょっと。
投票系の結果もいくつかありますが、上位作品でも概要を確認してからの方が良いかも。
逆に言うと、ラノベと言う大枠では票が入りにくい作品のジャンルもありますが。

【2008/03/28 13:01】 URL | #KnHW2vQ. [ 編集]


確かにこれも面白いのですが
正直、同じライトノベルという土俵なら、もっともっと面白い作品沢山ありますよ?
勿論個人差を考え出したらキリないですけど
んー、なんか納得いかないなぁ

【2008/03/28 14:14】 URL | らん #- [ 編集]


そうそう
ラノベ(笑)って馬鹿にする人もいるけど、ラノベにもいい作品あるよな
もちろん明らかに『狙っている』ものもあるけど、それって漫画でも言えるしね

というわけで俺は無難にキノの旅を推しておく

【2008/03/28 15:49】 URL | VIPPERな名無しさん #PMlbGs2s [ 編集]


たかすぃーさんのレビューはいつもマンガが大半だというのに
今回のようなラノベながらもここまで評価している作品ということはよっぽどなのでしょうね。
是非読まさせていただこうと思います。

【2008/03/28 17:28】 URL | 煌 #YYlYq/S6 [ 編集]


普段はコメントなんてしないんですが、ガマンできずに。

いや驚きました。先日この「とある~」を読み終えたばかりのところに、大好きなこのサイトでたかすぃーさんのレビューが書かれてたものですから。
私もこの作品はネットの好評を見てから読んだクチで、「どれどれ」という心境で読んだのですが・・・・良かった。ある意味良すぎるくらいでした。

他の読まれた方々が仰るように、空戦の緊迫した描写などいいところはたくさんあるのですが、正直私が一番いいと思ったのはヒロインのファナです。・・・惚れました(笑)。  表紙絵とタイトルから硬そうな話の印象受けてたんですが、表紙めくって口絵イラスト見て「ちょw え?wそういうの期待していいんだ?」と思うほどファナがかわいい。というか絵がうまい。イラストは森沢晴行さんて方が担当されてますが、一発でファンになりました。  とまぁビジュアル的なことは置いといて、それでもシャルルと共に過ごす5日間のファナの素敵さといったら・・・もうね(笑)。

ただ、この作品(というかファナ)を好きになればなるほど、ラストの別れが自分には辛かった。残りページが少なくなるにつれ、あぁもうすぐお別れなんだと作中の二人と同じ気持ちになってしまうんですよね。もう一度最初から最後まで読めと言われたら自分にはちょっとキツイです(別に悲惨な結末を迎えるわけでは全くありませんが)。

あと思ったのは、やはり映像作品で見てみたいということですね。これがハイクオリティなアニメになった日には・・・多分泣きます(笑)。

ヘタクソな文章書き連ねましたが、結局言いたいのは自分はこの「とある飛空士への追憶」が大好きだってことです。他のノベルにもすばらしい作品はもちろんあると思いますが、私はこの作品に出会えて本当にしあわせだなと感じました。

うわ・・・なんつー長文。

【2008/03/29 01:58】 URL | 旋回機銃 #9EqAmqiI [ 編集]


たかすぃさんといえばパンツ、パンツといえばたかすぃさんということで、やはり

   ”一ノ瀬弓子クリスティーナはパンツをはいていない。”

という衝撃的な書き出し(!)ではじまる、
『よくわかる現代魔法―ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ』をすすめないわけにはいかないでしょう。

難点は、これがシリーズものの3巻だということ(そしてシリーズの1巻は必ずしも高い評価ではない)と、そもそも「はいていない」こと(たかすぃさんの興味半減!?)でしょうか。
しかしむしろ、「はいていない」がゆえにパンツは物語の重要な主題となります。
一人の少女が脱ぎ捨てたパンツとひきかえに大事なものを学んで歩き出す――この物語はそんな話です。

同著者の『All You Need is Kill』は1冊完結の話なのでよりとっつきやすいかもしれません。
こちらは戦場のボーイミーツガールの傑作です。

【2008/03/29 06:05】 URL | megamegane #c06/Uivc [ 編集]

そそりますねー!
マンガしか興味のない私ですが、非常にそそられますね。
紹介の仕方ウマ過ぎですっ!
ちょっと本屋のぞいてみます☆

【2008/03/29 19:39】 URL | ぬ子 #TY.N/4k. [ 編集]


記憶に留めておきます

個人的にはイリヤの空、UFOの夏大好きな自分

【2008/03/29 22:03】 URL | tomato #YqzQT8Bs [ 編集]


このレビューに触発されて昨日購入したんですが、ほんと、王道的なお話ですね。中々に楽しめました。昨今のライトノベルは何巻も連載する過程で内容が薄く/短調になるものが殆どなので、こういう一巻完結の物語は有り難い。それに、読んだ後のこのアモラルな感慨も心地よかったです。ここ何年かライトノベルは読んでいなかったのでそのせいもあるかも知れませんが、確かに、オススメするに足る作品だった様に思います。

【2008/03/29 22:53】 URL | applebomb #0iYhsilk [ 編集]


読んでみました。正直言って私はそれ程でもなかったなか。

勿論好みは人それぞれですが、客観的にいって文章力はラノベの中で比較しても決して高いほうとは思えません。

後おそらく著者は航空機に関してそれほど詳しい方ではないでしょう。航空ショーの技をちょっと調べて書いてみたって程度じゃないかな。
勿論この世とは全く違う物理法則という可能性もありますが……

こういう意見もあるということで。

【2008/03/29 23:21】 URL | Shick #- [ 編集]


最近ラノベを読み始めたのですが、それ面白そうですね。今度買ってみます。
あと個人的には、涼宮ハルヒのシリーズがおすすめ。もうヲタ系で定着したように見えますが、内容は1人称の語り風なので、かなり読みやすいですよ。

【2008/03/29 23:23】 URL | マリオン #qlks6wmM [ 編集]


はい、今日早速買って読みました
ライトノベルなんか全く読んだ事がなく、普段マンガしか読まない僕ですが

こ れ は 素 晴 ら し い 

昔、初めてラピュタを見たときの余韻
もう二度と訪れないと、いや忘れていた
その余韻をまた味わう事が出来ました

どうもたかすぃさん

ありがとう!


※たしかにジブリが映像化したら面白いかもしれませんね


【2008/03/30 00:09】 URL | T #fuGdMtk2 [ 編集]


よかった。絶賛する人が多いので自分がおかしいのかな?と思っていたのですがどうやらそうでない人もいるようで。

私はの感想は、王道でクセも強くないので万人受けする作品ではあるな、まぁ面白い。くらいでしたね。
ヒロインの突然の超能力覚醒とか主人公の偽善性とかをキチっとすれば”本物”といっていい作品になったかもしれませんが。

【2008/03/30 09:56】 URL | ht #- [ 編集]


自分はこのラノベは読み終わった後、表紙見てまたガツンときましたね

今思うと挿絵のファナは幼げに描かれているのに表紙のファナは違うなぁと無意識に思ってたようで、二重に感動しました
ラストシーン周辺の挿絵が無いのもここへの伏線のような気がしてきます
しかし最初が最後とは結構勇気のいることをやりますね(笑

【2008/03/30 19:28】 URL | uzu #XjNQc0GY [ 編集]


たかすぃさんの威力はすごいです、さすが。
買っちゃいましたよ。
休みにゆっくり読みます、たのしみぃー
こういう設定大好きです。探していましたよ。紹介有難ーございます!!

【2008/03/30 19:55】 URL | いちょ #- [ 編集]


読んだけど、うん、最高でしたね
簡単に人殺して感動得ようとする物語が多いなかでこういうのはとても貴重で輝いてると思います。大好きです爽やかな感動
文章力も確かでぐいぐい引き込まれて主人公たちの心理描写もとても伝わってきたし
中盤あたりは主人公とヒロインしか出ないのも良かったです。二人の関係が微妙に変わっていく辺り面白かったです。二人しか出ないのに全く飽きませんでした
なんかサムライがどたらこーたら出てきてびっくりしましたがw日本だったの?みたいな。
いやとにかく素晴らしかった!!ラノベはそこそこ読みましたがその中でも一番良かった。アリソンとは結構違いましたがあれはあれですごく面白いのでオススメ

【2008/03/30 21:16】 URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]


素晴らしい物語でした。登場人物の心理描写やハラハラさせる戦闘シーン。加えて、
ラストもとても美しくまとめていると思います。
ただ、できれば二人の恋を成就させて欲しかったです。常識的に考えれば有り得ないでしょうし、そうすることでこの作品の完成度は落ちると思います。それでも二人のハッピーエンドが見たかった。世の中にはご都合主義満載のラノベも多々あるというのに・・・などと愚痴ってみたり。
長々と書きましたが、この物語に出会わせて頂き本当にありがとうございました。

【2008/03/30 22:58】 URL | shun #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2008/03/31 03:55】 | # [ 編集]


たかすぃさんがそこまでいうなら読んでみようと思います
これからもオススメがあったらどんどん教えて下さい

【2008/03/31 14:57】 URL | #- [ 編集]

これは...
通りすがりですが...こんな作品があるなんて知らなかったです...かなり良い感じします!レビューありがとう><

【2008/04/01 03:05】 URL | Jenny Bosworth #npJIOvnQ [ 編集]


ボクもここで紹介されていたので衝動買いしてしまいました。
感動したくて買いました。
最後のしめ方がうまくて感動しました。

【2008/04/01 08:15】 URL | #- [ 編集]


「イリヤの空」に限らず秋山瑞人は良くも悪くも強烈ですよね
個人的には「猫の地球儀」が一番好きなライトノベルです

【2008/04/01 17:41】 URL | 猿 #- [ 編集]


初めまして、いつもブログ楽しくみてます、パンツ私も好きですw(あw


今回の「とある飛空士への追憶」を見て感動しました。私は基本ハッピーエンドが好きなのですが、この作品はこのエンドでよかったと思います。コレが本当のTLUEENDだと思います。

読み終わってから最後の表紙をみたら目から汁がててきましたw
表紙の凛々しい顔がなんともいえないです。

この作品に出会えたことに感謝をしたいです。ありがとうございます。



話は変わりますが、忘れ雪という作品をお勧めしたいです。
私はなかなか面白かったのでお勧めです。



【2008/04/03 21:02】 URL | 菊次郎 #- [ 編集]


こちらの紹介文を読んで、本屋にダッシュしたのですが見つかりませんでしたorz

アキバにすらないってどういうことですか!?

【2008/04/12 23:28】 URL | theta #0S5Z4PXo [ 編集]


ここでこの本を知って仙台の書店を探すも見つからず、今日諦め半分に入った大型スーパーで発見、2時間で読了しました。確かに人生でも数回しか感じたことのない感動、読み終えた後に見るイラストでさらに深くなる感動。素晴らしい時間を持てたことを感謝します。

【2008/04/19 14:35】 URL | 蟹一番 #- [ 編集]


読み終わりました。
ラノベ自体苦手なんですけど、読めました。
読み終わったとき初めての気持ちが胸の中にありました。
あの終わり方。やっぱり大好きな本でした。分類って言うか。
もうせつねー。もうくるしー。もう―――
表紙は初めて見たときと違う気がしました。ファナの表情が…
もっかい読みます。続きを紡がなくては。

ありがとう。本当に有難う。
しつこいけどありがとう!

【2008/04/28 22:02】 URL | いちょ #- [ 編集]


あたしも読みました。
いつもたかすぃさんのレビューおもしろいなぁと思って読んでますが、
ココを見ててホント良かった・・・!って思ってます。
いい本に出会わせてくれてありがとうございます。

【2008/04/29 09:50】 URL | #- [ 編集]


いつも拝見しています。

今回のは(大分前ですが)取り寄せてまで買ってしまいましたw届くのが3週間ぐらいかかりまして(汗)紹介してくださってありがとうございます!

【2008/05/05 18:05】 URL | 灰音 #mQop/nM. [ 編集]


今さらですが・・・。ずっと気になっていて,やっと読むことが出来ました。

本当に 感 動 しました。

確かにこの気持ちを伝えるには本を読んでもらうしかないと思います。
自分も初ラノベでしたが,出会えて良かった作品です。
ありごとうございました。

【2008/05/14 20:42】 URL | #- [ 編集]


ここでレビュー見て地元の本屋を回りに回ってようやく見つけて買って、
今日ようやく読み終えた。

>「ジブリ」によってアニメ化されたら素晴~
全くの同意権です。

【2008/06/27 21:06】 URL | フィー #- [ 編集]


初めまして。ここのレビューを読んでから、ずっと気になっていた「とある飛空士への追憶」。終わり方が綺麗で、でもそれが切なくて・・・。とても良い物語です、紹介してくださってありがとうございます。

【2008/06/29 01:00】 URL | #JezSLo8M [ 編集]


初めまして、初めて書き込みます

先日僕も「とある飛空士への追憶」を読みました
そんなにいい評判ならハズレはないだろうな~という感じだったのですが・・・

ラスト20ページで心が震えるという感覚を久々に覚えました
自分以外にもそう感じておられる方がいて嬉しい限りです

読み終えるのがもったいなくて、ラストシーンだけを何回も読み返しては本を置き、
布団に入ったはいいけど、眠れずにまたラストシーンを読み返す・・・なんてことをやっていたら夜が明けてしまいました

同じように感動を覚えた方々のコメントを読んでいたら、キーボードを叩かずにはいられませんでした
今まで読んだライトノベルの中でも群を抜く読後感です
この本に出会えてよかったです。
では、長々と失礼しました。これからも良作のレビューを待ちわびています(笑

【2008/07/31 22:19】 URL | 通りすがり #- [ 編集]

教えてくれて、ありがとうございます
初めまして、何時もパンツ漫画の参考にさせて貰ってます

このレビュー見て当時、書店をハシゴしたけど、探し方が悪かったのか…結局見付からず終い。

月日も経って、この本の事も忘れ…てたんだけど今日、本屋の店頭に!
40冊位積んでてキャンペーンやってたので、即行で買い、家で読んで、今も感動中。
この歳になって、こんな感情をまた抱くとは、思わなかった…(30代だが…せつねー)
この作品が自分の永遠になるかどうかは知らない、でも記憶に残る1冊でした。


【2008/09/09 22:23】 URL | ファナの水着は、パンツじゃないからry #- [ 編集]


こんなクソラノベをお勧めされるとはさすがです。あーマトモなラノベを紹介してくれるサイトはないものか。

【2008/09/25 15:39】 URL | #- [ 編集]


そういや09年2月に続編が出るそうな

【2008/12/17 16:33】 URL | #- [ 編集]


お初にお目にかかります
とある掲示板でお勧め作品として名が挙がっていたので調べてみたらここにたどり着きました
ここの紹介を見て買う決心をし、読んでから書き込もうとさっそく近くの書店で購入してきましたが。。
おもしろかったですね~良作です!
終章はちょっとひっかかる所がありましたが、久しぶりに良い物語を読んで幸せです
感謝感謝です

【2008/12/20 19:04】 URL | ほむ #Dq74ESy. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2009/01/15 14:47】 | # [ 編集]


この記事を読んでからずっと気になっていたんですが最近になってやっと読みました。もう一年近くたってるんですね。

感想はたかすぃさんの言うとおり素晴らしい作品でした。
何でもっと早く読まなかったんだろう。

こんなにもキャラクターに好感が持てる作品も少ないと思います
心理描写が秀逸で自然と感情移入ができました。

スリルある空戦の展開も島での二人の描写もキャラに感情移入できていなかったら
全くつまらないものになっていたと思います。

当たり前といえば当たり前なんですが本当に難しい事だと思うんです。
王道というのは悪くいえばありがちな作品という事だと思います。

この作品もストーリーとしてはテンプレの様なものだと思います。
それなのにここまで物語に引き込まれるのはキャラの魅力が素晴らしいから
ではないでしょうか?

奇をてらった奇抜な設定で誤魔化しが利かない王道な物語を
ここまで素晴らしい作品に仕上げた作者の手腕は凄いものだと思います。

私が一番心に残ったのは

ーとびきりの臆病者のやり方

というセリフです。そのやり方は私の中ではある意味「強さ」だと思っていた時期もあり、ここまで断言して書かれていたのは心にグッとくるものがありました。

そうならざるを得なかったファナの心情も少しですが分かる気がします

そんなファナがシャルルと出会い昔の自分をとり戻していくシーンは見ていて感動しました。

・・・ていうか語りだすとキリがないですね。

この作品を読むことができて、とても嬉しいです。たかすぃさんが紹介してくれなければきっと読む事は無かったと思います。

有難うございました。感謝です。

これからも記事を楽しみにしています。では、長文失礼しました。

【2009/02/13 03:23】 URL | #- [ 編集]


2月に発売した『とある飛空士への恋歌』読みましたか?
今後も熱いレビューを楽しみにしています。

【2009/05/04 01:03】 URL | #- [ 編集]


5/7から「とある飛空士への追憶」の
ラジオドラマが始まるみたいですね。

【2009/05/05 23:04】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/533-bd56fbe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンガがあればいーのだ。」の中の人に勧めるべきラノベを考える

マンガがあればいーのだ。 僕らが待ち望んでいた物語が、ここにある。「とある飛空士への追憶」 暇なので大手漫画感想サイトに絡んでお勧めのラノベを考えようと思った。 現時点では候補とかまったく考えてないんだけど、まあ、 マンガがあればいーのだ。 「マンガがあれば ウィンドバード::Recreation【2008/03/28 04:29】

『とある飛空士への追憶』

 旦那が珍しく(というか初めて)ガガガ文庫を買っているので、どないしたのかと聞いたら、どうやら、デスノ評で惚れて常時巡回している【マンガがあればいーのだ】さんがレビューった結果らしい。  『人類は衰退しました』は知り合いから借りてるだけなのになあ。 K家の本棚【2008/06/22 00:19】

「とある飛空士への追憶」レビュー

「とある飛空士への追憶」レビュー。レーベル:ガガガ文庫 作者:犬村小六 <感想> 「貴様にひとつ、重大な任務を託したい」 「... ゲーム・アニメ・ラノベを楽しむ日記【2008/07/30 09:32】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。