マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>03
「ネムルバカ」から感じる、キャンパス・ライフ・モラトリアム。
2008年03月25日 (火) | 編集 |
daigakulifemanga_0801-1.jpg

どの時代に戻りたいとか聞かれたら、やっぱり俺は「大学時代」と言うかもしれない。

あんなにも自由に生きれた時間はあの時だけだった。
“大学生”という免罪符と共に、有り余る時間を好きなように使えた。
もちろんそれは人それぞれの大学に対してのスタンスによって大きく変わるのだろうけれども、
多かれ少なかれ、この“自由”さこそが大学生の特権だった。

社会に出る前の「モラトリアム」のようなもの。

まさに多くの人が、その先に待ち構える社会人生活を前に、
縛られる人生へ向けての執行猶予期間。
それが身に染みて分かってたからこそ、僕らは“自由”を謳歌する事になる。
そこには本当にどんな道でも用意されていた。
新たな道を探す事も、新たな道を作る事さえ出来た。

無限の可能性と、将来への不安が入り混じる奇妙なパラドックス。

自分の限界がどこにあるかを初めて知り、
それでもなおもがき続ける奴がいる。
本当に色んな人がいて、色んな思想があって。
正にそこは玉石混交の世界だったんだ。

この「ネムルバカ」はそんな大学生の空気をこれでもかと鮮やかに描ききっていた。



daigakulifemanga_0804-1.jpg
この気軽さ、このユルさ・・・この空気はまさに「大学生」ならではだと思うんだ。

日常の平凡なイチ風景が、びっくりするぐらい魅力的に感じてしまうという現象。
それは石黒先生の代表作でもある、「それでも町を廻っている」を初めて見た時に感じた衝撃だった。
この人は本当に些細な幸せを描くのが上手すぎると思う。

「それ町」が中学生や小学生の視点がメインなのに対し、
この作品の視点は大学生からの視点がメイン。
同じ日常の魅力的な切り取りでも、その雰囲気が全く違う。
これはもう石黒先生お見事ですとしか言いようがない。

年を重ねる毎に、見える世界は違ってくる。

自分の中での様々な経験や感情のフィルタを通して見る世界は、確かに昔とは違うのだ。
そのフィルタを、この作品ではしっかりと大学生用に交換して描かれてる。
けれど根底にあるのは、石黒先生の独創的なテンポで描かれる人間的な面白さ。
大学生って、一番自分と向き合える時間が多いから、
その辺りの人間味が一番出る時期でもあって。それを石黒先生が描くんだから。




daigakulifemanga_0806-1.jpg

面白くないわけがない。

沢山の人と関わりながら過ごす、大学時代という時間。
人生において、後から振り返った時にきっと「宝物」のように感じるかもしれないその時間を、
この「ネムルバカ」は鮮やかに描き出したと思うのだ。


┼───────────────────────────────┼
【きっと誰もがハマる「駄サイクル」】
┼───────────────────────────────┼

「ぬるま湯」は気持ちいい。

気持ち良すぎて、ずっと入っていたくなる。
居心地の良いところに甘えたくなる。
そこに溶け込んで動けなくなる。

きっと誰でも経験があるその状態を、この作品が明確な言葉で指摘する。




daigakulifemanga_0807-1.jpg
ぐるぐる廻り続けるだけで、一歩も前進しない駄目なサイクルのこと」

それを彼女は、「駄サイクル」と呼ぶ。

輪の中で需要と供給が成立してしまい、
そこで全て完結してしまう。
その輪の外から決して出ようとはせず、その居心地の良い空間で満足してしまうのだ。

そして輪の中にいる事すらも、気付く事が出来ない時もある。

それは色んな形で存在するから。
今の自分がいる環境や、やってる事も・・・もしかしたら「駄サイクル」の中にいるのかもしれない。
ただそれに気付いたり、抜け出そうと努力してる人が・・・先へ進んでいく。

人はそれを「もがく」「足掻く」と呼ぶ。

苦しいかもしれない、
辛いかもしれない。
けれど“それ”をやった人が、何かを掴む。
掴んだ先に何があるのかも見えないけれど、何かを掴む。

そんな見えない未来に、若者は振り回される。

思い返せば、大学時代は最後の足掻きなのかもしれない。
幼い頃から夢見ていた将来への、最後の足掻き。
足掻き続けるのを止めた時、描いていた夢への道は潰える。
けれどそれもまた自分の決断であり、別の道へと続く方向転換。

そんな「足掻く者」「足掻くのを止めた者」「どうしたらいいかわからない者」・・・
色んな人達が混在する大学生活だからこそ、
一番人間的に映る時代に感じてしまうのだろうか。

大人でもあり、子供でもある彼らだからこそ。

まぶしくもあり、微笑ましくもあり、目を背けたくなるのかもしれない。

自分が過ごしてきたあの時代の、あの時を思い出してしまうから。

「ネムルバカ」が描くのは、そんな群像劇。
駄サイクルの中でもがくその姿が、何でこんなにも魅力的に見えるのか。
もしかしたら駄サイクルの中に自分がいるからこそ、そう思えてしまうのかもしれないなぁ。


┼───────────────────────────────┼
【僕らが憧れる「絆」】
┼───────────────────────────────┼

この作品の主人公は二人。
大学の女子寮で同室である「先輩」と「後輩」だ。
一人は夢へ向かってバンド活動を続ける、足掻く者。
一人は日々バイトをしながら漫然と過ごす、足掻かない者。

そんな二人は、まるで身を寄せ合うかのように日々を過ごす。

二人が向かう未来の先は全く違うのだけれど、
今ここで、二人は一緒に暮らしている。
お互いが、お互いを支えて生きている。




daigakulifemanga_0808-1.jpg

けど、それはいつか終わる時間。

一緒の布団で、寒くてくっついて寝たあの時間。
「お風呂入ってない先輩とはくっつけません!」とか言ってみたら、
昔の恥ずかしい思い出を掘り返されて、やっぱりくっついて寝たあの夜。

そんな何気ない絆が、ホロリと染みます。

石黒先生が描く家族の絆もまた魅力的だったんですが、
他人同士が繋がるこの絆もまたすんごい素敵なわけで。
仲の良い女の子二人に、妙な憧れを持ってしまうんですよねぇ。
憧れ・・・?うん、憧れです。

この作品の終盤で、先輩の世界が歪む出来事が起こるんですが、
その歪んだ世界が再び形を取り戻すきっかけになったのはこの絆なのでした。
二人が過ごした時間は確かにそこにあって。
それがきっと何かに迷った時の拠り所になるその事実に、どこか救われたりするのです。





daigakulifemanga_0809-1.jpg

甘っちょろい夢と、突きつけられる現実の狭間にある絆。

この「ネムルバカ」の表紙カバーをめくった時、
何かあったかいモノが心に流れ込んだ・・・・そんな気がしました。

石黒先生が新たに魅せてくれた新境地。
「それ町」とは全く違う魅力を僕らに突きつけてくれました。
大学時代を駆け抜けた人にこそ、こいつを是非読んでほしい傑作なのです。オススメ。


-----------------------------------------------------------------------------
<参考>
やりたいことはあるか?同室の女子大生2人の青春漫画 - ネムルバカ
自分の安地を作っていないか?「ネムルバカ」にみる駄サイクルの恐怖。
ネムルバカ 全ての8割に属する人へ

しっかし、“大学生活を描いた作品”とか言いつつも
大学風景は一回も出なかったなこの作品。
いや、けど大学生の主戦場ってそこじゃないですからね。(勿論全員に言ってるわけじゃないですよ)
そういう意味ではこの作品の描き方は正しかったのかもしれないなぁとか思ったり。

あと入巣は途中名前が判明するまで完全に歩鳥の大学生版だと思ってました。(そういう描写がある)
ルカ先輩は紺先輩。
二人は大学でも仲が良いんだなーって思ってたり。
まあ実際違うわけなんですが、パラレルワールド的なものなのかなって。

さて最近発売された作品の中で、また別角度から大学生活を描いたのがこれかなー



daigakulifemanga_0802-1.jpg
やまむらはじめ先生の「夢のアトサキ

やまむら先生といえば「神様ドォルズ」が最近の代表作でもあるわけなんですが、
個人的にはこっちの作品の方が好きだったりします。
え?何故かって?





daigakulifemanga_0810-1.jpg

都緒里先輩がいるからですよ!

いや別にロリキャラだから好きってわけじゃなく
そんなロリキャラっぽいのに先輩だとか、
妙にしっかりしてたりするわりには、やっぱり甘えん坊っぽいところがあったりとか、
あと好きなのが服のセンス。
何つーかツボなんです。作中に出てきた都緒里先輩の服はほとんど好きでした。

こーゆー服を、都緒里先輩はどんな風に選んでるんだろうなぁ・・・

とか妄想し始めたからもう色々末期です。けどいいんだ好きだから・・・
何気に小悪魔的な要素があるのも見逃せません。
こういう人が恋に落ちるのがまた見たい気もします。

で、この「夢のアトサキ」は大学生活の「恋愛」部分に大きくフォーカスした作品。
まあ大体そこにフォーカスが当たるのが普通でもあるんですが、
やまむら先生が描くキャラ達は何かこう気になるんですよねぇ、もう。
ほっとけないというか。
それこそがやまむら先生の掌なのかもしれませんが・・・



daigakulifemanga_0811-1.jpg
こういうのが好き!こういうのが俺は好きなんだぁあああああ!

嫉妬する。
そんな嫉妬してる姿を見て「しょうがないなぁ・・・」ってもつれ込んじゃう愛の形ね!
いい!いいよ!そういうの燃えるよね!
この「もー、しょうがないんだから」「仕方ないんだから」って言いながらも、
見せてくれる愛の深さに俺はやられるのです。ラヴ。

「神様ドォルズ」の2巻の帯にて、安彦良和氏が「夢のアトサキ」がもっと好きと言ってましたが、
やまむら先生の描くラブっぷりに悶えてしまうからなんだろうなぁと。
まあ大学生活ならではという要素は少ないものの、
普通に大学恋愛モノとして見るには大満足だったり。隠れた名作だと思いますよー

何はともあれ都緒里先輩がもっと見たいんですが・・・


-----------------------------------------------------------------------------
ネムルバカ (リュウコミックス)
石黒 正数
徳間書店 (2008/03/19)




夢のアトサキ (ヤングキングコミックス)
やまむら はじめ
少年画報社 (2007/11/28)


神様ドォルズ 2 (2) (サンデーGXコミックス)
やまむら はじめ
小学館 (2008/03/19)
おすすめ度の平均: 4.5
5 詩緒は清涼剤です。
4 月刊誌連載だから待たされる


おひっこし―竹易てあし漫画全集 (アフタヌーンKC)
沙村 広明
講談社 (2002/06/21)
おすすめ度の平均: 5.0
5 何度読み返しても、面白い。
5 コメディ?
5 表題作「おひっこし」について

最後に大学ラブコメ(?)という意味でこいつもオススメしておきます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ん~

【2008/03/25 19:18】 URL | #- [ 編集]

戻りたい
わたしも大学時代が一番よかった・・・
ただ大学にいき、部室で仲間と楽しくしゃべる。
そんな生活懐かしいなぁ~

最後にわたしが好きな大学生の漫画は
『げんしけん』と『恋愛カタログ』ですねv-238

【2008/03/25 20:51】 URL | ぼー #- [ 編集]


大学楽しめる人にはそんなに楽しめるのか…

【2008/03/25 22:45】 URL | #- [ 編集]


この記事も興味深い

だがこのサイトなら今週のジャンプの新連載について記事が出るものと信じていた

あれは語るに値しないと見られたのか

それとも準備中なのか

【2008/03/26 01:07】 URL | #- [ 編集]


大学生の日常なら『神戸在住』もお忘れなく

【2008/03/26 08:42】 URL | もり #GMs.CvUw [ 編集]


僕は今、ミュージシャンを夢見る中学2年生です。
ですが、最近そんな夢でいいのかと思っていて、くじけそうでした。
ですが、今回のたかすぃさんの記事を見て、足掻き続けたら少なからず夢に近付けることに気付きました。
これからも夢に向かって歩き続けようと思います。

ありがとうございました。

【2008/03/26 08:57】 URL | #- [ 編集]


読んでいるとき、浅野いにおの「ソラニン」を思い出したのは私だけでしょうか。
大学生が夢と現実の狭間で右往左往する、というテーマが共通している気がします。

【2008/03/26 09:16】 URL | せいる #/LTf4K4k [ 編集]


『ハチクロ』『のだめ』『げんしけん』・・・
有名な作品を少し挙げてみても、やっぱり大学が舞台の漫画にはもう作品そのものに楽しさがありますよね。
とりあえず自分は、大学に合格することが先決です(ぇ

【2008/03/26 09:32】 URL | #- [ 編集]


ダブルアーツをお願いします

【2008/03/26 12:16】 URL | あ #hoVQt/.c [ 編集]


やっぱり自分の知らない漫画を紹介してくれるととてもうれしいです。

何度もここのレビューで買ってみようと思う漫画がありました。

また新刊、または既刊のあまり知られていないような漫画の紹介よろしくお願いします。

【2008/03/26 15:51】 URL | qqq #qtVTTLnQ [ 編集]


今春から大学生~ 
こんな風に楽しめたらいいなぁ
石黒先生の作品は敬遠してたんだけど、どうしようか

【2008/03/26 16:55】 URL | #- [ 編集]


ネムルバカはそれ町4巻の隣に積んであったけど買わなかった・・・。
面白そうですね。明日買いに行こう。

【2008/03/26 21:22】 URL | #- [ 編集]


ネムルバカはコミックリュウの連載作品の中でも特に好きで、ネムルバカが掲載されている号がとても楽しみでした。もっと二人の大学生活を読み続けたかったな。 あした単行本買いに行きます。これからもコミックリュウをよろしく!

【2008/03/27 00:14】 URL | いいじ #- [ 編集]


おひっこしは傑作。

【2008/03/30 10:32】 URL |   #- [ 編集]


大学生活モノはどれもこれも楽しいですねえ・・・
読み終わるとなんか軽い喪失感があって。

【2008/04/03 17:51】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/532-703aa9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「8割」に捧げる物語。 - ネムルバカ -

ネムルバカ (リュウコミックス)(2008/03/19)石黒 正数商品詳細を見る今回レビューするのは「ネムルバカ」。全1巻。 大学の女子寮で同室の鯨井ル... マダオの戯言【2008/03/26 22:03】

2割には入ったけど、そこからがな・・・ <感想> ネムルバカ 石黒正数

やりたいことのある人とやりたいことがない人の間に何かしたいけど何が出来るのか分からない人ってカテゴリーがあって8割方そこに属してると思うんだがねネムルバカ (リュウコミックス)石黒 正数 徳間書店 2008... aya-note comic ~マンガレビューblog~【2008/03/27 19:03】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析