マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャンプにおける「直接的乳首描写」と「間接的乳首描写」
2007年10月11日 (木) | 編集 |
toloveru06_ivtikubi-1.jpg
To LOVEる」6巻が発売されました。

さて6巻と言えばすでに皆さん周知の通り45話「闇の診療所」が収録されてます。
そうです、急遽矢吹先生がイチから話を作る事になり、
案の定イヴ・・・ヤミちゃんが脱がされた記念すべきあの1話です。

掲載当時「イヴの裸キタ―――!!」とか言ってましたが、
ついにその乳首が披露される日がやってきたのです。

思えばこの日まで長かった。

実に半年間・・・イヴファンは待ち続けたのではないでしょうか。
そう、矢吹先生が全身全霊をかけて愛し続けたイヴ。
きっと先生の中では何度と無く裸になってたに違いないイヴ。
そして今、このジャンプコミックスという舞台で・・・

その夢が叶う!!

掲載時のやつと併せてどうぞ。




yabukibankai10-1-6.jpg
本誌掲載版







toloveru06_ivtikubi2-1.jpg
コミックス修正版

・・・

控え目だけど、しっかりとあるその存在感。
ほのかな膨らみの先端にあるそれは、僕らの心を揺るがす。
矢吹先生・・・nice tikubi.

しかし改めて思うけど、本誌掲載版のビックリマークの位置がホント不自然すぎるww
目の前に突然現れたイヴの乳首・・・このリトは矢吹先生自身であり、
そして読者自身でもあるのかもしれませんね。

さてその他にも6巻ではイヴの乳首が満載。何と全部で4コマ登場してます。
嗚呼、もはやイヴの立派なとらぶる乳首要員に。
そうです、思い出されるのは5巻で言ってた矢吹先生の誓い・・・
キャラクターファイルの解説ページに突如矢吹先生が出現し、

>「To LOVEる」に出る以上、特別扱いは出来ません!

この言葉、これが見事達成された形に。
いや矢吹先生あんたイヴの乳首を描く大義名分が欲しかっただけなんじゃ・・・
なーんてこたぁ言いません。読者としてはイヴの乳首が見れた、
それだけで満足ですよ。ええ。

さらにはこの時公開された通称「ふんどしぱんつ」も実は若干修正が入ってました。





toloveru06_ivtikub4-1.jpg ⇒ toloveru06_ivtikubi3-1.jpg
雑誌掲載版                         コミックス修正版

さすがに矢吹先生も「これはふんどしすぎたかもしれんね・・・」って思ってくれたんでしょうか。

まあこのイヴのふんどしぱんつ騒動は、矢吹先生なりのイヴへの愛が込められてるわけで、
その辺りの経緯の話は「ぱんつ解体新書」でのコラムで語ったので
参考までにどうぞ。ええ。どう見ても只の宣伝ですw

それにしてもイヴ・・・ヤミちゃんへの愛を再確認した6巻でした。
ちなみにジャンプコミックスにおいてすべての巻に乳首が登場する
というのはきっと今までも、そしてこれからも前代未聞なんだろうなぁとかふと思いました。
(きっと連載終了までこの乳首連鎖は続く事は間違いないですし。)

さてそんな乳首修正が代名詞となってしまった「To LOVEる」。
もう普通に乳首修正されてるので感動が薄れてきてしまっていますが、
これだけ大量の乳首修正はこれまでからするとやはり異常事態なのです。
そう、かつて「いちご100%」の最終巻における河下先生のコメントではこう語られてました。

>いただいたファンレターの中で、
>「もっとさつきにエッチな事をさせてください!」
>という要望が2番目くらいに多かったです。
>書き下ろしのおまけマンガ「いちご18~19%」、
>あれが現在のジャンプギリギリのラインではないかと思います。それで勘弁を・・・


みんな欲望に正直なファンレター送ってるなぁ・・・
そしてそんな“これが現在のジャンプのギリギリのライン”のイラストがこれです。







kawasita_eros0701-1.jpg
「To LOVEる」以前のジャンプにおけるギリギリのライン

「To LOVEる」に慣れてしまった今の状況から見ると何ともないエロカットですが、
当時見た時は「河下先生の本気を見たぜ!」とか一人で興奮してたのを覚えてます。
上の画像だと分からないと思いますが、通称“乳首トーン”もちゃんと使われており、
これがジャンプの限界なのかー、ってしみじみした記憶があります。
そんな限界が始めから無かったかのように飛び越えた「To LOVEる」は、
やっぱり今思うと衝撃的だったわけですね。それが今回のイヴ乳首初披露騒動へと繋がるわけでw

ただ河下先生のエロスは、また「To LOVEる」とは別次元にありました。
直接的な乳首描写が出来ないのであれば、間接的な乳首描写を見せてやる!!
と言わんばかりの芸術カットが・・・これです。





kawasita_eros0702-1.jpg
乳首すりっ・・・事件

ちなみにこの時の東城はどういうわけかノーブラだったのです。
この後東城は「きゃあああああ」という叫び声と共に走り去っていきました。





kawasita_eros0703-1.jpg
その叫び声にはきっと色んな想いが込められてたんだと思います。

しかし・・・このコマだけ見ると異様にエロくて・・・
正直・・・ね・・・うん・・・

制服にノーブラという奇跡の状況を見事に作り出してしまう河下先生。
何とも素敵だなぁと。またそれが何か自然な流れに見えるんですよw
いやきっかけは超不自然だったんですがwwその辺りは16巻をご参照。
河下先生がどれだけこの「乳首すりっ・・・」に情熱を賭けてたかが分かると思います。
直接乳首に擦れる描写が描かれたわけでもないのに、乳首を連想してしまう・・・
これぞ河下先生の妙技「間接的乳首描写」なのですよ!!
頭の中で妄想してしまう分、よりエロいんです間接的は。

嗚呼、制服ノーブラとかそんな単語を見たら学生時代に戻りたくなります。
いや俺はいつでも学生時代に戻りたい。
セーラー服とかを堂々と見れた、そんな青春時代。

まあそれはさておき、今週の「初恋限定。」ですよ。
細かい話はまた別記事で考察しますんで、今はとにかくここに注目して頂きたい。





kawasita_eros0704-1.jpg
隣のお姉さん、山本岬。

出ました河下作品の超正統派。超ど本命です。
東城にもう少し「大人っぽさ」の属性を加えた感じで、ある意味無敵とも言える山本さん。
河下先生は描く「中学生」と「高校生」はこの辺の大人っぽさや色気が、
ちゃんとしっかり描き分けられてるんですよねぇ。
その辺りはいちごの初期・中期・後期を比べてみると分かると思います。

さてこの山本さん。
Tシャツ姿という非常に無防備(?)な姿で登場してるわけなんですが、
この1ページ前を見返して見てください。
ここを語るに重要なコマがあるのです。






kawasita_eros0705-1.jpg
学校から帰ってきた山本さんがTシャツに着替えようとしてるシーン

ぱ、ぱ、ぱんつ!
いやそれも重要ですが大事なポイントは別にある。
え?好きな人と隣同士!?しかも着替える時にカーテン閉めてないから、
カーテン開けたら隣のお姉さんの着替えが見放題!?

・・・いやその点も非常に重要すぎるわけなんですが、
キーポイントは「ブラを外してる」という事ですよ!!

以前「水面下のヴラ事情」という記事で、ノーブラに関するアンケートを実施。
“厚着になる冬はノーブラな時があるか?”という主旨で聞いたわけなんですが、
そこに寄せられた沢山の素敵すぎるコメント。
その中で多かった意見がこれでした。

「家の中では基本ノーブラです」

やはりあの締め付けは決して楽なものではなく、
家の中だったら誰に見られるわけでもないからつい外しちゃう・・・
そんな子が実はけっこう多いようです。まあ当然と言えば当然?(もちろんしてる人も多いと思いますが)

という事はですよ。

この山本さんのTシャツの下は・・・ノーブラなんじゃないのか!?
小さい頃から隣同士の幼馴染みです。
今更ちょっと部屋に行くぐらいで・・・一度外したブラをまたつける、
なんて事はないんじゃないのかな?かな?

だから・・・!







kawasita_eros0704-2.jpg

この山本さんはノーブラ

そんな風に思うと、このシーンが先ほどよりも何かこう、きませんか?w
そう思い込みながら読み進めていくと、今週の「初恋限定。」は何かこう、ハァハァします。
あんなシーンやこんなシーンがノーブラかよ!ノーブラかよ!
みたいな感じで悶えます。山本さんのおっぱいがいっぱい・・・!






kawasita_eros0706-1.jpg
ノーブラだったと思うと、この楠田くんの反応も納得。

いやーしかし山本さんはいいですね。
ちーちゃんとはまた完全に対角線に位置しており、別次元の魅力。
こういう大人びた子の初恋もまた見てみたいもの。そう思うと楽しみになってきたなー
やっぱ作品の鍵を握るのは、どれだけそのキャラ達に思い入れが出来るかって事だろうなぁと。

そんな「初恋限定。」は今週のお色気はプロレス技かけられてウハウハ・・・!
とこれまたお約束展開。
プロレス技好き、という辺りは財津兄と幼馴染みなのが影響してるのかな?
その辺りの設定が山本さん初恋話に絡んでくるのかもしれませんね。

まあほどよいお色気で進んでもらえれば何より。
過剰なお色気は「To LOVEる」だけで十二分だと思います。
けどそんな「To LOVEる」も今週は尻尾をふきふきして悶えるだけでしたね。
珍しい。最近乳首カットが出ないのが珍しくなってるという異常事態の中、これは珍しい。

そんな中、今週のジャンプで一番露出度が高かった作品が・・・







kawasita_eros0707-1.jpg
1年半以上振りに復活した「HUNTER×HUNTER」でした。

これは盲点だった。
しかし敢えてカラーページでこのヒナの入浴シーンを持ってくる辺り・・・

>多くの方々に御迷惑、御心配をかけました。
>それでも待っていて下さった皆様のお陰での再開。頑張ります。


・・・

これは冨樫先生なりのお詫びのサービスシーンだったのかもしれませんね。

けどね、実はかつて冨樫先生もやってたんです。
あの作品でやってたんです。







togasihukkatu0710112-1.jpg

直接的乳首描写をね!
 (※ジャンプ掲載時は不明。誰か持ってる人いますか?)

冨樫先生の本気のお色気シーンはすさまじい。
詳しくは「てんで性悪キューピット」という作品を見れば分かる
正直「To LOVEる」とか目じゃないと思うんだ。
それぐらいのものを冨樫先生が描いてたという時代がある。それがまた面白いですよね。

今冨樫先生がHUNTERで乳首描いたらそれこそ大騒動だろうなぁと思いつつ、
何と無く期待せずにはいられないのでした。

※ちなみにこれまでのHUNTERで今回みたいに、
 こんなにもはっきり女性キャラの裸体が出てきたのって初めてでは?
 (もしすでに出てきてたら教えて下さい。)


----------------------------------------------------------------------------
<参考>
水面下のヴラ事情
矢吹先生が卍解しました
冨樫の傑作!?問題作!?「てんで性悪キューピッド」を読む!

「ハンター×ハンター」連載再開
悔しいけど、「ハンター×ハンター」は面白いんだな…

とらぶる6巻発売 イヴもついに乳首解禁 (10/04)


いやーしかしヤマカムさんもおっしゃってますけど、
悔しいけどハンターは面白いんですよね。
連載再開直前に発売された24巻。
一度読んだ話なのにこんなにも緊迫感があって、そして素直にのめり込める。
一つ一つの行動に全て意味があって、単なる力押しのインフレバトルじゃない、
考えられたバトル。まさに“戦ってる”というのを深く感じさせてくれる描写。





togasihukkatu071011-1.jpg
やっぱこの人は天才だなぁと。

伏線の張り方が異常すぎるくらい絶妙。
一つ一つのシーンが、後々に繋がってくる。
週刊連載でも面白いけど、単行本で一気読みするとその流れが一目瞭然になって尚面白い。
(特に軍儀打ち⇒腕ぶっこ抜く⇒治療による円解除⇒作戦への影響・・・
 こういった流れがあまりにも美しすぎる)

今のジャンプの連載陣で、ここまで描ける人はいないと思うんです。
(尾田先生はまたこことは別次元の凄さなので比較対象にはなりません)
だからこそ、1年半をもジャンプ読者をほったらかしても、
なおこうして超歓迎される所以なんだなぁと。

面白いモノには人はついてくる。

至極シンプルな理ですが、このハンター再開はそれを証明したなぁとも。
逆にこの再開後の展開がグダグダになるようであれば、また非難の声が大きくなるかもしれませんが。
今週の話を見る限りでは・・・その心配はないかもしれませんね。

何にせよ「初恋限定。」「ハンター」・・・
たった2作品、楽しみにする作品が増えただけで、
いきなりジャンプがすっごく面白くなりました。
面白い雑誌には、面白い作品が必要。
これまた当たり前の事ですが、それを改めて実感させてくれた、この2週間でした。

あ、「初恋限定。」の真面目な(?)考察に関してはまた別記事にて。
土曜~日曜ぐらいにアップの予定です。3話掲載の前には何とか。


----------------------------------------------------------------------------
HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 (2007/10/04)
おすすめ度の平均: 5.0
5 いや〜やっぱいいねぇ
5 洗練された憂鬱
5 おもしろい。


てんで性悪キューピッド (1) (集英社文庫―コミック版)
冨樫 義博
集英社 (2002/11)
売り上げランキング: 64719


To LOVEる-とらぶる 6 (6) (ジャンプコミックス)
矢吹 健太朗 長谷見 紗貴
集英社 (2007/10/04)
おすすめ度の平均: 4.0
3 エロい!
5 これぞラブコメの真骨頂!
5 金色の闇の魅力


いちご100% (1) (ジャンプ・コミックス)
河下 水希
集英社 (2002/08/02)
おすすめ度の平均: 3.5
3 ジャンプ以外での連載であればもっと凄い評価をしてたでしょう。
2 御都合主義上等の王道(定番・・)ラブコメコミック
5 私は好きです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

初恋&ハンターが始まって、俄然ジャンプが楽しみになった一人です!
この2人の作品が帰ってくることをどんなに待ち望んだか・・・。

ハンター復活記念に1巻から読み直しましたが、やはり面白い!
こんなに期間をあけても迎えられるというのは納得してはいけないのかもしれないけれど、納得させられてしまう面白さです。

>尾田先生はまたこことは別次元の凄さなので比較対象にはなりません
これも納得。

とりあえず表紙の10週連続掲載にウケました

【2007/10/11 16:39】 URL | #- [ 編集]


先週の土曜日に朝一でコンビニ行って立ち読みしてきました!
自分がジャンプを買い始めたきっかけはH×Hが読みたいが為だったので、本当に嬉しいです!

【2007/10/11 17:54】 URL | #- [ 編集]


てんで~、は熱かった!!!
また読み直そうかな。

ハンター・・・悔しいけど本当におもろいんですよね。本当に悔しい。レビューで書かれているとおりですよね。

【2007/10/11 19:49】 URL | #- [ 編集]


冨樫義博はツンデレ量産機。

「冨樫?あんなサボり漫画家のどこがいいんだよ」

「ま、まぁ単行本は買うけどさ・・・」

【2007/10/11 21:23】 URL | #oK5WsEWY [ 編集]


ハンタ面白いけどさ冨樫天才は言いすぎじゃね?

【2007/10/11 21:56】 URL |   #- [ 編集]


イヴの乳首には涙しましたね。

【2007/10/11 21:57】 URL | フェネック #- [ 編集]


悔しい…でも…面白い……ビクッ!

【2007/10/11 21:57】 URL | #- [ 編集]


すごいノーブラ繋ぎww

【2007/10/11 22:00】 URL | #- [ 編集]


エロさでは100くらい差をつけてさつきの勝ち

【2007/10/11 22:03】 URL | #- [ 編集]


初恋限定。のレビューが早く更新されるのを楽しみにしてます

【2007/10/11 22:11】 URL | さち #JalddpaA [ 編集]


モロに乳首描かれるより!!!!で不自然に隠されていた本誌の方が個人的に好きだ

【2007/10/11 22:48】 URL |   #- [ 編集]


「十週連続掲載」の後が心配です・・・。

【2007/10/11 23:16】 URL | ★ #- [ 編集]


最近のリボーンのエロ発言も取り上げてください。
あれもジャンプギリギリの発言だと思います。

【2007/10/12 00:06】 URL | #- [ 編集]


リボーンww
確かにドSメガネの発言はエロ過ぎるww

【2007/10/12 00:25】 URL | #- [ 編集]


金粉少女がいるじゃないww

【2007/10/12 03:12】 URL | #- [ 編集]


この山本さんはノーブラ
なんかこう きませんか?  って

こねーよwwwwwwwwww

多分w

【2007/10/12 03:21】 URL | シュン☆ #- [ 編集]


イヴの乳首もいいですが、最初のページに描かれてた
元カラーの春菜のちょっとリアル乳首にも触れてあげてください…。

【2007/10/12 03:22】 URL | KK #- [ 編集]


富樫はサボりまくりのくせに面白くて悔しい……
H×H24巻の一コマにどう考えても少年誌にふさわしくないものが映りこんでいて大変気になります。大人の玩○……H×H読んでる良い子は使い道わかんなかったと祈りたい……

リボーンの眼鏡は本当にぎりぎりです。
というか触手プレイといい髑髏はエロ担なんですか、ここまでくると狙いすぎな感が否めない……

いやまあ全然いいんですが

【2007/10/12 03:37】 URL | #- [ 編集]


え~嘘でしょ。
今回のハンタは、子供が書いたものと思えるぐらい酷い内容じゃないですか。
絵柄どころか、構図・コマ割り・話の展開ですら10週打ち切りレベルですよ。
だから、編集部で判断して短期連載にしたというのに……
おめでたいファンが多くて、富樫さんはシアワセものですね。

【2007/10/12 07:56】 URL | #- [ 編集]


ところで今日の一冊って毎日変わってる気がするけど、そのまんまの意味で「今日の一冊」なんスかw?
どのくらいの期間するのかわかんないけど、出来れば「10週連続更新」で70作品くらい紹介してくだしあ

【2007/10/12 12:26】 URL | #- [ 編集]


>>10/12 07:56
私も冨樫作品を面白いとは思わない派ですが、そういう乱暴な物言いはどうかと。

しかし、
「ハンタ・ジョジョ=面白い」「テニプリ=笑える」「ブリーチ=イタい」←「そう思わないやつは“わかってない”」
みたいなネット上での多数派意見に、“空気だけで”同調している人が最近多い気はします。
とりあえずそう言っておけば安心、みたいな。(もちろん、自分が本当に思って言う分には良いんですけど)

【2007/10/12 18:32】 URL | XD #h14CLvBQ [ 編集]


ぶっちゃけジョジョは面白いと思うけど
ハンターハンターは嫌い。色んな漫画からパクってる気がする、台詞もセル戦の前の悟空とカリンの会話と酷似

【2007/10/12 20:25】 URL | #- [ 編集]


ハンターは嫌い。
それ以上に富樫さんが嫌い
出来はどうであれ、「もの」を創ってる人は素直に尊敬できるが、あの人はマンガ家として、というかひとりの人間として、腹がたつ。

【2007/10/12 23:05】 URL | #- [ 編集]


アンチが涌いててワロタ
まぁ待たせすぎだしな。これからは作品で謝罪して欲しい。
サボってる間にも新作の構想とか練ってたとかあるんかな
マンガ家としてまだやるつもりならばの話だけど

【2007/10/12 23:39】 URL | じじ #- [ 編集]


サボってた間に少女漫画書いてたそうな

【2007/10/12 23:44】 URL | #- [ 編集]


誰が何を好こうが嫌おうがどうでもいい。

【2007/10/12 23:50】 URL | #- [ 編集]


>10/12 07:56
>今回のハンタは、子供が書いたものと思えるぐらい酷い内容じゃないですか。
>絵柄どころか、構図・コマ割り・話の展開ですら10週打ち切りレベルですよ。
ww
10週打ち切りレベルを1年半も休載させて、なんでまた連載させるんですか?
マンキンだって容赦なく切られたのに・・・

>だから、編集部で判断して短期連載にしたというのに……
あの冨樫が普通に連載続けられる訳ないだろ・・・w
書き溜め→短期連載→休載後再開
なんて初期の段階から言われてた事なんだけどなw

【2007/10/13 00:48】 URL | #- [ 編集]


色々な意見が聞ける所がネットの良いところであり悪いことでもあるわけだ


姉系キャラに心を奪われてHxHの内容を忘れてしまったwww
冨樫は「うまい」かと問われれば間違いなく「うまい」
ただな・・・中学生にまで「新刊欲しいけど冨樫に印税が入るのがなぁ~」と言われるあたりもうだめかも分からんね

【2007/10/13 00:52】 URL | #ASN.8BNs [ 編集]


てんで性悪だいすきでした☆
女だけど小学校のとき単行本もってました。
ああいうのまた書いてくれないかなー
お医者さんゴッコのシーン最高

【2007/10/13 01:06】 URL | あや #- [ 編集]


いつも楽しく拝見させて頂いております。
てんでの扉ページ、連載時も同じです。
この作品は単行本収録で修正はないですね。
入用でしたらスキャンしますが。

【2007/10/13 22:23】 URL | イフリート #- [ 編集]


ハンタ嫌われてるなぁ
ジャンプで休載した週にパワプロの大会がどーの書いてたから仕方がないかもな
木田にいじられてる時点でなんとも

【2007/10/14 01:26】 URL |   #- [ 編集]


>>10/14 01:26
眼科行った方がいいんでない?

【2007/10/14 11:21】 URL | #- [ 編集]


『てんで性悪』は89年~90年です。

【2007/10/14 20:11】 URL | さ #- [ 編集]


ま、どっち派の感性が乏しいかは一目瞭然

【2007/10/17 13:04】 URL | #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2007/10/22 00:45】 | # [ 編集]


ハンタは22巻にザザン様の全裸がry

【2007/10/22 18:38】 URL | #- [ 編集]


ワンピースの作者がなぜ天才なのかが知りたいと思う

【2007/10/30 12:20】 URL | 1 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/486-747a8977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

To LOVEる-とらぶる-6巻発売 矢吹は新世界の神になった

どうもこにゃにゃちわ関東初!?乳首券ブログ(俺調べ(嘘))こと、Zero Moment Point管理人、T@kuです毎度同じみ、とらぶる新刊の乳首券チェックレビューこれをやり始めたのがこのブログの転換期だった気がしますが気にしたら負けだと思います参考■あなたのサイトの転換 Zero Moment Point【2007/10/11 18:03】

【News】10月11日

【漫画・アニメ】◇ジャンプにおける「直接的乳首描写」と「間接的乳首描写」昔は良かったのに、いつから乳首禁止になったんでしょうね。◇ネギま! 千雨よりもネギだった◇魔法先生ネギま! 191時間目 絶望 残虐な天使の涙【2007/10/11 21:48】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。