マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>04
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


諸君、可愛い三つ子の女の子は好きか?よろしい、ならば「みつどもえ」だ!!
2007年01月11日 (木) | 編集 |
mitsudomoe01_07.jpg

可愛い女の子とパンツが大好きです。

・・・とはいつも俺が口をすっぱく言ってる事なのでもう今更なわけなんですが、
ここは俺のアイデンティティにも関わる所なのできっちり主張しておきます。
主張する必要あるのか。

さてそんな俺の夢と希望をふんだんい盛り込んでくれてる作品があります。
それが去年からヤマカムさん他各所で大絶賛されてる「みつどもえ」ですよ!!
少年チャンピオンで連載されてるこの作品、当ブログではあまり馴染みありませんが、
ずっと単行本が出る今日この日を待ち望んでおりました。
よーし、早速購入してレビューしちゃうぞー!

・・・本屋にNEEEEEE!!

いや、マジで無い。いつも行ってる本屋に置いてない。
巡回ルートである本屋にも無い。ええええ!!どういう事!?
結局4軒回って全滅という、発売日なのにびっくりな状況。
「ま、まさかすでにネットでの口コミで買い占められたか!?」とか不安を抱きましたが、
単に入荷数が壊滅的なぐらい少ないというだけの話という事。
その後大型書店に行き無事ゲット。

「みつどもえ」が少しでも気になってる方は、見かけたら脊髄反射で購入した方がいいです。

久々に1日に5件という本屋巡りをしてしまった。
しかもスーツ着た社会人がレジで
「あっ…あの…み、“みつどもえ”って作品、くだしぁ…」
って赤面して聞くぐらい焦ってました。だってないんだもん。
よく考えたら「みつどもえ」っていうタイトルだけだったら、
普通の人には何の作品か分かりませんね。赤面して損した!!

そんな俺の「“みつどもえ”購入奮闘記」なんてどうでもいいんですよ。

みつば!ふたば!ひとは!!
とっても可愛い三つ子三姉妹が織り成す悶え系ギャグ漫画!(色んな意味で)
今年最初の難民作品になるであろう、この作品の魅力について語ってみたいと思います。


---------------------------------------------------------------------
【日本一似てない三つ子、丸井三姉妹】

mitsudomoe01_07_01.jpg
左から、三女ひとは・次女ふたば・長女みつば

この3人を簡単に紹介してみましょう。


◆長女・みつば
一番おねーちゃんだからか、ちょっとおませなサディスト。
小さいものを見ると「グシャッ」ってしたくなったり
人のモノが欲しくなって、好きな対象に嫌がらせする悪女。



mitsudomoe01_07_09.jpg
誰かを攻撃してる時の恍惚としたみつばの表情は、かなりクるものがあります。

けど愛用するパンツはくまさんやねこさんの、幼児パンツ。
5、6歳児のパンツを愛用している事をクラスメイトにひたすらに隠すが、
それはもう時間の問題だったり。

ちなみにみつばのエピソードで一番キたのは、
三女・ひとはが読むエロ本を買いに行かなければならなくなったシーン。



mitsudomoe01_07_08.jpg
まるで初めてエロ本を買う男子中学生のような動きをみつばがしてるのが堪らない

さらにこの後レジに行き・・・




mitsudomoe01_07_10.jpg
「こっ…こ…これくだしぁ…」

!!!

小学6年生のおませな女の子にエロ本を買いに行かせるプレイ・・・
こ、これはたまりませんね。
この後「見た目は子供、実は22歳」とか言い訳するみつばがもう。転がるよ!(床を)
ちなみにその設定って前作「子供学級」の設定だったりする所が細かいw


◆次女・ふたば
一番の怪力、一番のおてんばであるふたばは、おっぱいが大好き。
あとはパンツが大好き。多分俺に一番近いというか読者に一番近いのがふたば。
一番自己投影しやすいが、時折見せる可愛さというか天然的エロに悩殺される。
小学6年生に・・・!いや最近の小学生はおませですからね。おませって。




mitsudomoe01_07_11.jpg
おっぱい見られて悶えるふたば。こういう反則技がこの作品には多いw

この後、長女みつばに「ふふ…まだガキね。見られる悦びを知らないなんて…」と言われ、
恥ずかしがるふたばでしたが、
色んな人に後押しされ、全校生徒の前でおっぱいを披露する事に。




mitsudomoe01_07_12.jpg
見られる悦びを初めて感じたふたば

普段バイオレンスで破壊が日常な彼女の内面が、
こんなMっ子な面を持っている辺りが深いですね。
見た目と中身の属性は違うというのがいい証拠。ふたばもみつばも見事に逆です。

一番ピュアな子なわけですが、ピュア故にエロ展開の時が強烈です。死ぬ。(俺が)


◆三女・ひとは
「いんらんナース」「人妻肉欲日誌」などのエロ本を常に読み続けるのがひとは。
3姉妹の中で一番ディープであり、それ故がネット上では一番人気が高い模様。
先生の机の下に潜り込むのがデフォルトになってたりするのがツボです。

その性格上か、3姉妹の中では一番登場機会が少ないのだが、
1回の登場のインパクトが強いのが特徴。




mitsudomoe01_07_13.jpg
先生が言った失言(?)をキッチリテープに録音するひとは

敵に回したら一番怖い、味方でいてもある意味怖いのがひとはです。
他にもふたばがみつばの筆箱を壊してしまった時。
それは3人がお父さんに買ってもらったおそろいの筆箱であり、宝物のようなもの。
それを壊してしまったふたばは、自分が普段着ている柔道着を切り取って
再びおそろいの筆箱を自作し、償いをしようとします。

そしてみつばもその光景を見て、
「なあに?この粗末なものは?こんなもので私が悦ぶと思ってるの?」
とふたばの頭を足蹴に。その後、ふたばの頭を足でぐりぐりしながら、
頬を赤面させて一言。
「ま…まぁ、どーしてもって言うなら使ってあげてもいいけど?」

見事なるツンデレ的展開にて事件は一件落着・・・





mitsudomoe01_07_14.jpg

「私は、いらない」

・・・これが、ひとは、です。


---------------------------------------------------------------------
【チクビエピソード】
萌エロ系小学生を扱う漫画が最近多いですが、
その中でも「みつどもえ」は色んな意味で異質。
なんつーか、明らかに狙ってるのがバレバレなのに見事に騙されてしまう感覚。
あまりにもあざといエロを、ストレート且つ天然でやってのける
という設定がある意味新鮮、ある意味お約束でそのさじ加減がお見事。

中でも1巻収録話で一番光ってるのがやはり「チクビ」の回だと思います。




mitsudomoe01_07_02.jpg
クラスで飼うハムスターの名前が「チクビ」に

このハムスターをえらく気に入ったのが三女ひとは。
その為、チクビの世話係はひとはがする事に。
熱心にチクビの世話をするひとは。
動物に対するその温かい心が、彼女の暗いオーラを薄くしていく・・・

しかし。ある日、担任の矢部っちにふたばが相談する。




mitsudomoe01_07_03.jpg
「あの…その…なんか…チクビがヘンなん…スけど…」

見え見えです。狙いすぎです。だがそれがいい!
ふたばがやるからいいんだ!
分かっていても悶えるこの破壊力はまさにデストロイです(萌えの)

というわけでチクビ(ハムスター)の元気が無いという事。
先生曰く、環境が急に変わったり、触られすぎて疲れちゃったのではと予想。
それにショックを受けたひとはは、とにかくチクビにむらがるクラスメイトを撃退していく事に。
それでも元気にならないチクビを見て、ひとはが選んだ行動は・・・

丸井家で飼うという事だった。

それにはクラスメイトの面々も猛反発。
「もっとチクビ触りてぇよ」「チクビ見てたい!!」とチクビに対する愛の合唱が。
それに対してひとはが反論。
チクビが元気ないのは、みんながよってたかって撫でたり強くつねったりするから・・・!





mitsudomoe01_07_04.jpg
「敏感になって…私のチクビをみんなが…弄ぶからっ…」

もう何が何だか。

もうね、いちいち言い回しが絶妙すぎなんですよ。
動作を言葉にして一つ一つ説明する事がこんなにエロいのかと。
人間の想像力をフルに活用した、まさにしてやられたりの悶え。
ひとはが言うから、いいんだ。

そしてクラスメイトからは更に猛反論。
「“私の”って何だよ、みんなのチクビだろ――!!」「チクビが大きくなるまで見ていたい!!」
チクビに対する愛が半端無い。
ホントみんなチクビ大好きなんだな、って伝わってくる。





mitsudomoe01_07_05.jpg
「でもチクビ…優しく触ってやると、いつも気持ちよさそーにしてるっスよ?」「うう…」

何度も言いますけどチクビはハムスターです。

みんなのチクビに対する愛に、さすがのひとはも折れました。
チクビの世話は、当番制になる事に。
みんな、チクビが大好きなんです。




mitsudomoe01_07_06.jpg
「みんなもひとはちゃんと同じくらい、チクビが大好きなんだよ。ボクもねっ

もうね、矢部っち(先生)が自分にダブって仕方がない・・・

そう皆チクビが大好き。
この漫画を見て改めて思い直しました。
チクビの偉大さを。ここまで人の心を一つにするのかと。

そしてこの「チクビ」エピソードには誰もが感動する結末が!!
元気のなかったチクビが、みんなの愛を受けて・・・!!

その感動的結末は是非「みつどもえ」1巻でお確かめくださいww
誰もがチクビに、涙する。(笑いすぎて)


---------------------------------------------------------------------
【パンツが大好きな桜井のりお先生をリスペクト】
というわけでご紹介しました「みつどもえ」、いかがでしたでしょうか??
先ほども述べたように、最近小学生にスポットを当てた作品は多く、
例をあげると「今日の5の2」「みなみけ(一部)」「こどものじかん」「ぺし」「ないしょのつぼみ
といった作品たちがあります。他にも沢山。

やはり僕らがそこに求めるのは「萌え」だったり「エロ」だったりするわけなんですが、
僕らが求めるその欲望・・・じゃなかった欲求を、
どこまで満たしてくれるかがポイントなんだと思うんですね。

ここで注目したいのが、上で紹介した作品、
そして今回の「みつどもえ」。
全て作者が女性なんですね。
これはちょっと・・・意外だったかもしれません。
(※すみません、桜場コハル先生は男性だった模様。完全に思い込みでした。
 しかし!俺はあくまでそれは仮の姿で真実はやはり小学生の女の子が描い(ry )

女性でありながら「萌え」や「エロ」を、ここまで僕らのツボを突いてくるとは。
(むしろ女性だからこそ、なのか?)
しかも小学生という何とも難しいジャンル。
いや、小学生という、すでに僕らの記憶から遥か遠ざかってる存在
かつ日常で触れ合う機会が限りなくゼロに近い稀有な存在だからこそ、
小学生が織り成す、こういった「萌え」に僕らはやられてしまうのかもしれません。

そんな中、「みつどもえ」の桜井のりお先生は本当に素晴らしい。
前作「子供学級」で培った小学生ハイテンション・ギャグを更に進化させ、
更にそれに「可愛さ」と「エロ」をミックスさせた、その奇跡の錬金術
には完敗です。

台詞回しやらテンポやギャグセンスらがとにかく秀逸で、
とにかく勢いがある。怒涛のように読ませてくれるのは、
やはりそこに悶えポイントが沢山あるからなのかもなぁ、とも。

だって、




mitsudomoe01_07_16.jpg
スパッツの上からパンツ装着

これには参りましたよ。
何ですかそのニューウェーブ的パンツは。
作者自ら「今年もパンツ大好き!」とサイト上で宣言されてるぐらい、
パンツが大好きな桜井のりお先生ですが、
みつどもえファンは周知の通り、作品中ではパンチラがほとんどありません。
履いてないパンチラはいくらでも出てきます。すっごい出てきます。




mitsudomoe01_07_15.jpg
どれが誰のパンツか当てっこしようぜ!!」

ちなみにみつばは幼児パンツ
ふたばは水玉系パンツ(ただしリンク先はふたばのではない)、
ひとはは縞パン系パンツと分けてみると、大体どれが誰だか分かります。

プールの授業の時、ぱんつを忘れた3人に、親父がパンツを届けてくれた時も・・・





mitsudomoe01_07_17.jpg
その手には幼児パンツ・水玉パンツ・縞パンが握られてました。

さすがお父さんは娘のパンツを熟知してますね。
俺もそんな父親になりたいものです。

さてそんな当てっこを提案した千葉くんが言いました。

「パンツってえもんは、それそのものよりも、はいてることに価値があるんだぜ…!?

千葉くんと親友になりたい。

まさしくその通りです。
パンツは、ただそこにパンツがあるだけじゃその威力は半減どころか1/10ぐらい。
まあそれでもパンツ好きにとっては堪らないぐらいの魅力があるのですが、
やはり履いてるパンツには叶いません。
大事なところを隠すというその本来の役割を果たしてるパンツこそが、
僕らが小さい頃から大人になって死ぬその時まで夢追い求めるモノなのです!!

だからスパッツの上にパンツは邪道!邪道!

それは本来の役割ではない。
いや、それはそれで悶えるんですが、ええ、転げ回りましたけれども、
やはりそのパンツをめくった時、桃源郷が待ってるという設定がなくして、
パンツとは言えません!

まあ桃源郷は置いておいて、その門番的役割であるパンツに、
パンツに僕らは悶えるわけです!
最後の1枚という、物事の達成の1歩手前というのがある意味この世で一番楽しい時かもしれません。
一つの事が達成されてしまったら、後は落ちていくのみ。
そう、だから駆け上がっていく、その瞬間こそが最高の幸せなのだ!




mitsudomoe01_07_18.jpg
だからこの佐藤くんの行動は正しい。

パンツは肌に触れてなければいけない
だから、佐藤くんはスパッツからパンツをずり落とし、パンツをスパッツの下の肌に触れさせる。
これによってパンツと素肌の融合が始まり、
僕らが望むパンツへと変貌を遂げるのです!段々何言ってるのか自分でも分かりません。

というわけで単なるパンチラじゃない、
深いパンツ道を思索してしまうこの「みつどもえ」こそが、
2007年の悶え系小学生漫画の決定版だと、強くここに宣言します。


---------------------------------------------------------------------
<参考>
作者・桜井のりお先生のHP「のりぺぃじ」
作者・桜井のりお先生のブログ「これはひとりごとの範疇なの?」

ヤマカムさんの「みつどもえ」特集。多すぎw
「みつどもえ」3度目の連載
「みつどもえ」4度目の連載開始
「みつどもえ」本格連載
「みつどもえ」パンチラなき聖戦
「みつどもえ」見せても見えません
「みつどもえ」丸井家の長女のダイエット
「みつどもえ」サンタは何時まで信じる?
「みつどもえ」水玉パンツ
「みつどもえ」1巻発売

DAIさん帝国さんの「みつどもえ」感想
フラン☆Skinさんの「みつどもえ」感想
小学6年生のお嬢さんが大あばれ!! 縞パン、幼児パンツ、乳が公式設定のみつどもえ1巻発売
縞パン・幼児パンツ・乳「みつどもえ1巻」 アキバもそんなに在庫はなさそう

とにかく各サイト管理人からの大プッシュっぷりが半端ねぇww
こういう作品がみんな大好きです。
良くも悪くもチャンピオン色の作品なんですよね、「みつどもえ」。

さてそんなチャンピオン色がもっと強い作品が、この「みつどもえ」の前にありました。





kodomogakkyuiu01.jpg
それがこの「子供学級」です。

もともと桜井のりお先生はジャンプとチャンピオンの両方で賞を受賞されており、
ジャンプでも2003年28号に読みきりで「そーじの時間」を掲載。
正直記憶にありません・・・
が、「浦安鉄筋家族」の作者である浜岡賢次先生にその才能を強く見出された事もあり、
その後チャンピオンにて漫画人生を歩む事になります。
ちなみにこの時桜井先生は現役女子高生。




mitsudomoe01_07_19.jpg
「子供学級」では折り返し部分に自画像も載ってました

まあ当時の話なので、今は85年生まれだから21歳・・・
しかし21歳の女の子がこの「みつどもえ」を書いてるわけですから、
そしていい成人男性を狂わしてるわけですから(?)本当に末恐ろしい。

さてそんな前作の「子供学級」は、「みつどもえ」に比べると
萌え分が圧倒的に少なく、さらにギャグも「浦安」に非常に印象が似てる感じでした。
まあ非常に影響を受けたんだろうなぁというのがモロでした。
話自体は、見た目はもう小学校低学年にしか見えない小島梅子は、
実は22歳・小学校教師であり、暴言・暴力何でもアリのバイオレンス教師だったのだ!

・・・という話。
とにかくノリが“チャンピオン”だなぁと思う展開。
(チャンピオン作品をそんな数多く読んでない俺が思うぐらいなので・・・)
ただ巻が進むにつれ徐々に桜井色に作品自体が染まっていきます。




mitsudomoe01_07_20.jpg
スカートめくり達人・転入生 王劉邦

とか




mitsudomoe01_07_21.jpg
タマ潰しのゆか

とかこの辺りのノリは段々「みつどもえ」に近づいていきます。
けどやっぱり基本はバイオレンスギャグ
今の時代だと苦情が来たんではないだろうか、と思うぐらいバイオレンスです。

そして「みつどもえ」で貫くパンチラしない主義は、
まだこの作品では出現しておらず、パンチラも多数登場。




mitsudomoe01_07_22.jpg
唯一の萌えキャラ(?)松井さんのパンチラが素敵でした。

とにかく勢いで読めてしまう「子供学級」。
「みつどもえ」で桜井のりお先生のファンになった方、
萌えを期待して読むと多分ショックを受けるかもしれませんが、
あの独特のハイテンション・ギャグを味わいたい方にオススメです。

しかし「子供学級」の1巻の頃と、今の「みつどもえ」・・・
短期間でここまで成長するとは、女性はちょっと見ないうちに変わりますね。
まさに桜井先生の進化っぷりを垣間見れる、貴重な作品です。


---------------------------------------------------------------------
みつどもえ 1 (1)
みつどもえ 1 (1)
posted with amazlet on 07.01.10
桜井 のりお
秋田書店
売り上げランキング: 128


子供学級 4 (4)
子供学級 4 (4)
posted with amazlet on 07.01.10
桜井 のりお
秋田書店
売り上げランキング: 26985
おすすめ度の平均: 5.0
5 愛と才能のギャグ漫画!
5 桜井のりおたん・・・

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ジャンプに載った「そーじの時間」って
浦安のネタを、まったく同じまま使ってたはず・・・・

浦安がこっちのネタ使ったのかな?

【2007/01/11 03:46】 URL |    #HHm4JWVk [ 編集]


今までたかすぃさんがみつどもえを話題にしないのが不思議でした。
これからちょくちょく取り上げてもらいたいです。

【2007/01/11 05:29】 URL | ナデガタ #- [ 編集]


浦安のまねですかねー
http://tinyurl.com/jhvwj

【2007/01/11 08:16】 URL | 33歳の中年親父 #- [ 編集]


桜場コハルは男性だと聞いたのですが・・・

【2007/01/11 09:44】 URL | もよ #- [ 編集]


何故桜場コハルがでてくる

【2007/01/11 14:37】 URL | // #- [ 編集]


明日のよいち!の作者、みなもと悠先生も23歳の女性だとか。
桜井のりお先生と言い、チャンピオンの女性作家は末恐ろしい人材揃いですねw

【2007/01/11 14:57】 URL | #- [ 編集]


「子供学級」→「みつどもえ」の絵柄の変わりようすごいですね

前者が含んでいたギャグ要素を萌え要素に変換しましたみたいな

【2007/01/11 16:35】 URL | まさみ #- [ 編集]

ゲットー!
某O宮駅内の本屋に4冊ほどありました。

【2007/01/12 16:49】 URL | もょもと #CjlWd7YA [ 編集]


そーじの時間はサイレントだったので私は結構記憶に残っていますが、逆の人もいるのですね。

【2007/01/12 21:01】 URL | #- [ 編集]


この記事を拝見して「面白そう」という軽い気持ちで買いに出かけたら、見事に難民にw
ネット含めて10数件回って1件もなく。楽天ブックスでやっと発見し注文できました。
発送通知も来たので、もうすぐ読めますよ!

【2007/01/16 18:30】 URL | たむ #7bSkMgrc [ 編集]


ひとはあああああああああ

【2008/01/14 15:18】 URL | やんしょ #JalddpaA [ 編集]


そーじの時間の作者だったのか
どこかで見たことあると思ったら…

【2008/05/18 23:46】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/401-1554187a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

縞パン・幼児パンツ・乳の「みつどもえ1巻」 アキバもそんなに在庫はなさそう

桜井のりお氏が週刊少年チャンピオンに連載されているみつどもえはあまり刷られていないようで、マンガがあればいーのださん『・・・本屋にNEEEEEE!!いつも行って... アキバBlog(秋葉原ブログ)【2007/01/11 10:57】

[マンガ]みつどもえ

久しぶりに漫画のレビューでも 簡単に説明しましょう。このマンガは、 良い子の変態小学生ギャグ漫画です。 ここで大事なのは、「変態」ということです。 まじめに言うと、全然似ていない三つ子三姉妹を中心に繰り広げるギャグ漫画で、 下ネタ・バイオレンスなんでもありの 音漫【2010/04/02 20:54】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。