マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!?
2006年10月29日 (日) | 編集 |
toloveru01_11.jpg

さて待ちに待った「To LOVEる」の単行本がいよいよ来月発売です。
記事の最後に「投票」を付け加えました!貴方の清き一票お願いします~

今年のジャンプ新連載陣の中でピカイチの話題性を誇るこの作品。
散々矢吹先生を非難してきた人達も、ジャンプ読者がずっと飢えてきた色気を
これでもかと投入してくれる「To LOVEる」にメロメロになってしまいました。



06-10-29_22-07.jpg
これでもかと投入

・・・正直最近の「To LOVEる」はいただけません。
夏ぐらいが一番勢いがあった気がしますが、
ここんトコイマイチ燃えない展開。
こんな痴女↑に僕らは悶えない。



06-10-29_22-08.jpg
これはこれでアリですが、ちょっと狙いすぎです。

何だろうなぁ、こういう作られた萌えというのは好きじゃないんですよ。
日常に潜むあの子の照れた表情。
ふとした仕草やシチュエーションに、僕らは悶えるのです。

例えば「こわしや我聞」で國生さんがメイド服を着た時
あれはストーリーとしての必然性がありましたし、
何よりその姿がカッコ良く、そして可愛すぎました。
そう僕らを撃沈させる「悶え」がそこに存在していたのです。

もう一つ例をあげると「げんしけん」の荻チン。
彼女がコスプレするのにもまたストーリー上での必然性があります。
むしろそれがメインの一つぐらいな作品なので、
それをするのは当たり前なわけです。

そこには「エロ」はなくても「萌え」があった。

照れて恥ずかしそうにする顔を真っ赤にする荻チン。
彼女のプライドと、
奥に眠るオタク心
そして女心が微妙に混じり合ってる絶妙な状態。



06-10-29_22-26.jpg
それを見るのが楽しいんですよ。

決して荻チンは猫コスプレしても「にゃあ」とは言わなかったでしょう。
もし言うとしてもタダでは言いません。
そのプライドを崩して言わせる、その過程に悶えるんじゃないですか!!
その辺を是非「To LOVEる」に取り入れてほしいと思います。
まあ何だかんだ言っても結局単行本は買うわけですが
(「To LOVEる」には「To LOVEる」のいい所がありますしね。エロいとことか。)

さてちょっと順位が落ちてきてる「To LOVEる」ですが、
その反面順位が少しずつ上がってきてるのが「エム×ゼロ」。
しばらくずっと後方に位置してたのに、最近は中盤にいます。
多分、これが要因。(実際は8週前のアンケ結果らしいですが)




06-10-29_22-08~00.jpg
「九澄くんになら…私…何されても大丈夫だよ?」

ち、違う・・・

今週の「To LOVEる」にも同じようなシーンがありましたが、
破壊力が天と地ほど違います。
同じシーンでも、キャラ、シチュエーションが違うだけでここまで悶え度が違うのか!!

セルフ胸タッチにも質の違いがあるという事です。勉強になりましたね!

さて上記シーン以外にも、第一試験はエロ満載。
何と描かれないだろうと思われてた伊勢の試験状況を完全描写!!



06-10-29_22-09.jpg
ポヨン

夢のような世界・・・この夢っぷりに多くの読者が反応。
男なら誰もが一度は夢見る、ハーレムってやつです。
一度どころか何度夢見た事か。

そんなエロ満載の回に対して叶先生は以下のようにコメント。

>少々領空侵犯気味ですが、今更影響もないかと。一度やらんとイカン気がして。

超GJです叶先生。
むしろその領空を叶先生に期待してたんですよ・・・?

そんな「エム×ゼロ」の単行本も来月発売。
そう、「To LOVEる」と同時発売なわけです。
ジャンプの色気を背負う二作品・・・
一体どっちが売れるか気になるところですが、
まあ無難に「To LOVEる」に軍配が上がる気がします。

が、しかし。

叶先生と言えば単行本でのサービス精神が半端じゃありません。
前作「プリティフェイス」の時もこんなサービスを僕らに魅せてくれました。



yuna_mune_jump.jpg
ジャンプ掲載時





yuna_mune_comic.jpg
コミックス収録時

ち、乳首追加・・・

まあ中身の問題は置いておいて、乳首がコミックスで追加される、
そのサービス精神が大事だと思いませんか?
そう、という事は「エム×ゼロ」でもきっと何か追加されるハズだと思うんです。

伊勢のエロ試験描写の回でこんなシーンがありました。



06-10-29_22-10.jpg
「穿いてなかったら何でアカンねん、パンツ穿いてな・・・」

うっかりしてると見逃してしまいそうな描写。
そう、「エム×ゼロ」では未だパンツが描かれた描写はありません。
(若干例外除く。すっごい小さいのなら二度ほど疑惑描写アリ)
それは叶先生なりの信念・・・と言える程のレベルです。

今週のパンチラ天国っぽい展開でもそれは貫かれました。



06-10-29_22-11.jpg
やっぱりパンツ穿いてない

一時は「エム×ゼロ」の世界ではパンツが存在してないんだよ!
という説すらあったぐらいなんですが真実は一体。
果たして単行本ではパンツが追加されてるのか!?
その一点に俺は集中したいと思います。どうしようもない集中。

というわけで待ちに待ったジャンプお色気二作品の単行本発売を来月は楽しみたいと思います!

見せまくる「To LOVEる」VS見せない「エム×ゼロ」・・・
貴方の心の軍配は一体どちらに上がるでしょうか?


※参考までに、貴方ならどちらに軍配を上げますか?
 必ずどちらかを選ぶ形で投票お願いします~(選びにくい場合はしいて挙げれば、の形で)
 コメントは任意ですが選んだポイントを是非お聞かせくださいまし。


質問 「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!?

「To LOVEる」に一票!
「エム×ゼロ」に一票!

コメント




- レンタルサーバー -

結果過去の投票FC2ID


結果発表をするかどうかは未定ですが、単行本発売時にやるかもしれません。

-------------------------------------------------------------------
<参考>
「To LOVEる」は僕らのおっぱい願望を満たしてくれる
正直「To Loveる」がギリギリです
ジャンプに欠けてる色気・・・叶先生なら補える

三大少年マンガの新旧交代
ジャンプのパンツ王・河下先生の妄想が止まらない
國生さんメイド化記念スペシャルゥゥッ!!
荻上ファンよ、刮目せよ!何と2話丸々描き下ろしの「げんしけん」8巻が発売です

ちなみに2巻はどちらとも2月発売。ずっと同じペースで刊行していくんですかね?
「To LOVEる」の本領は2巻以降だと思うので1巻は正直どうでも良かったりします。
まあおまけ要素を期待。しかし明らかに黒猫の時と購入層が違うだろうなぁ・・・

あと今回の記事はホントはメインは別のマンガのネタだったんですが、
思ったより「とらぶる」と「エム×ゼロ」の事で量が多くなってしまったので
単独記事にしちゃいました。物足りない感があるかもしれませんがご勘弁を。
正直いつもに増して軽いw

その別のマンガについてはまた後日描く・・・と思います、多分。

-------------------------------------------------------------------
To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる 1 (1)
posted with amazlet on 06.10.29
矢吹 健太朗 長谷見 紗貴
集英社


エム×ゼロ 1 (1)
エム×ゼロ 1 (1)
posted with amazlet on 06.10.29
叶 恭弘
集英社
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

To LOVEるに一票

【2006/10/30 01:30】 URL | #- [ 編集]


エムゼロの方に1票
この表紙好き

【2006/10/30 02:41】 URL | こころ #- [ 編集]


とらぶるのやりすぎに同意 露骨過ぎる
見えそうで見えないくらいが一番良い
やっぱりエロには恥じらいが無いと!
エムゼロに一票です

【2006/10/30 03:23】 URL | c #- [ 編集]


ま、所詮パクリ四天王の矢吹には
小学生を満足させるレベルのエロしか書けないってことね
少年ジャンプだからそれでいいんだけど

【2006/10/30 08:55】 URL | 名無しですが何か #- [ 編集]


エムゼロは一応ストーリーの流れのある漫画じゃないんですか?
自分としてはとらぶるとエムゼロを比べること自体が間違いだと思うのですが

【2006/10/30 13:16】 URL | #- [ 編集]


ジャンプもいいですけど、今週ヤンマガ見ました!?
喧嘩商売が大変なことになってるのですが!!!!!
超こち亀よばなくてよかったホント・・・・。
銃刀法違反ネタが!

【2006/10/30 14:09】 URL | おおとり #uLB.Wwbo [ 編集]


>例えば「こわしや我聞」で國生さんがメイド服を着た時。
>あれはストーリーとしての必然性がありましたし、

必然性ねーよw
あれも明らかに狙いすぎだったじゃん

【2006/10/30 15:18】 URL | たろう #- [ 編集]


キミキスに一票

【2006/10/30 16:59】 URL | k #JZ2AL5Xs [ 編集]


いちごに・・・
って選択肢も欲しかったw

【2006/10/30 19:51】 URL | #- [ 編集]


ToLoveるは小学生向けの裸原理主義マンガであり
萌えマンガかと問われば、違うかもしれません。
(小学生時代のサルの心境を思い出すのに手間取りました)
ホントのお猿さんと1000本のエロゲやマンガを斬ってふと振返りたくなった人が
見たくなるかなりニッチな層向けのマンガではないでしょうか…
使い古しもあからさまなのも初心者向けと考えれば合点がいきます。

【2006/10/30 19:59】 URL | #cRy4jAvc [ 編集]


「僕らは悶えない」って…痴女好きだって居るだろ。どこかに。

【2006/10/30 23:09】 URL | - #- [ 編集]


いなくなってしまった村雨くんのこと…時々でいいから…思い出してください

【2006/10/30 23:26】 URL | #- [ 編集]


本誌掲載だったら甲乙つけがたい気がしますが 、
コミックスで加筆があるなら断然エム×ゼロでしょう。

【2006/10/31 02:56】 URL | ムウカス #juA8Tl5A [ 編集]


サイボーグGちゃんみたいな 表紙ですね
とらぶるの 表紙に期待

【2006/10/31 16:32】 URL | ウーバー #- [ 編集]


TO LOVEる エム×ゼロ読んだこと無いので

【2006/11/02 16:17】 URL | kio #- [ 編集]


やっぱ To Loveるがいいなぁ
エムゼロは何かがたりない、とらぶるは刺激すぎるところがいいね

【2006/11/09 17:58】 URL | nanasi #QAt7aVcw [ 編集]


>決して荻チンは猫コスプレしても「にゃあ」とは言わなかったでしょう。
>もし言うとしてもタダでは言いません。
>そのプライドを崩して言わせる、その過程に悶えるんじゃないですか!!
>その辺を是非「To LOVEる」に取り入れてほしいと思います。

ゼロの使い魔の原作ktkr

【2007/02/25 13:11】 URL | #- [ 編集]


エム×ゼロに一票

大きな違いはやはり
To LOVEるはほぼ運
エム×ゼロは知恵と度胸とたまに運
というのが漫画としての面白さに差をつけているのだと思います。

ぶっちゃけTo LOVEるはお色気しか見るとこないです。
それがいいという人もいるんでしょうが。

まぁTo LOVEるはお色気特化なのでそういう視点から勝負すると
エム×ゼロが勝てるはずもありませんけどw

【2008/02/24 14:10】 URL | #- [ 編集]


ジャンルが違うものを比べること自体間違ってる

【2008/04/09 01:33】 URL | T #3r/.Utlg [ 編集]


M×ゼロの柊愛花カワイイよねーー

【2008/08/06 15:30】 URL | ・・ #vLhlrBh2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/377-31712351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!?

http://mangaen.blog30.fc2.com/blog-entry-377.html ジャンプは床屋の待ち時間でしかよまないのですが、To LOVEるとエム×ゼロはなにかと話題になったりするので一応チェックはしてます。 作られた萌えは確かにいらないかな?w萌えるためにエロゲをやり続けた時期が イベンターのチラシの裏【2006/10/30 01:00】

他サイト様更新記事

マンガがあればいーのだ。さん「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!?トラブルの今週号は、やばかったwwwwん~僕は、エム×ゼロが良いですねwwwCreative Factory 03#2さん漢字から読み まき絵部屋(イオスラさんのページ別館)【2006/10/30 16:19】

[漫画・アニメ]「To LOVEる」VS「エム×ゼロ」、あなたはどっち!? - マンガがあればいーのだ。(from かーずSP)

 私としては、最初から「エム×ゼロ」で、途中で少し「To LOVEる」も面白くなってきたかなとも思ったんだけど……最近は無理を感じて痛い。その点、今週号も久美で話を盛り上げたりして、脇役の魅力まで高まりつつある「エム×ゼロ」……私としては、 「エム×ゼロ 明日は明日の風が吹く【2006/10/30 23:23】

メロン秋葉原店、「エム×ゼロ1巻」よりも「To LOVEる1巻」が圧倒的に多かった

少年ジャンプに連載中のTo LOVEる-とらぶる1巻【AA】が発売になった。連載中でもここだけ見るとエロ同人だよ!というくらいで、コミックス版は奇跡の乳首修正が... アキバBlog(秋葉原ブログ)【2006/11/03 14:17】

To LOVEる-とらぶる1巻、売り切れる

矢吹健太朗氏のTo LOVEる1巻【AA】は、マンガがあればいーのださんのレビュー男は黙って「To LOVEる」でなどがあり、『乳首を描く為にわざわざ手の位置を... アキバBlog(秋葉原ブログ)【2006/11/04 08:13】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。