マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 12<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>02
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パンツ ナツ100
2006年09月07日 (木) | 編集 |
06-09-05_13-26.jpg

ふぐおっ!?女子高生!!パッ、パンツ!!

パンツ!パンツ!パパパパンちゅしゅばぁっ!!


・・・というわけで大変お待たせしました(?)「パンツ ナツ100」の公開です!!

えーだんげさんのトコで行われたナツ100に参加できず、
1ヶ月遅れでの提出。夏休みももう終わっちゃったよ、
っていうか夏が終わってしまった・・・けどナツ100。
まだまだアツいナツは・・・終わってないだろう?

夏の終わりにお届けする「パンツ ナツ100」。
夏のアツさに負けない熱さ(あつくるしさ)でお届けします。
我がパンツワールドへようこそ!
ちなみに最初に言っておきますけど、




ホントごめんなさい。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<パンツ ナツ100選考基準>
●連載中・完結は特に問わない
パンツがあるのが基本
●ただしパンツを連想させるシーンであればパンツの直接描写はなくてもOK
●一部例外アリ。ただこれが語りたかった・・・!って作品も混じってます。
●選考した作品はけっこう適当。目についたものを片っぱしから入れた感じ
●順位付けはありません
●ちなみに100作品ないです。50作品。100は無理。
 一応70作品ぐらいまでピックアップしたんだけど、キリ良く50に絞ってみました。
 今回取り上げなかったやつはもしかしたら次回の(?)で取り上げるかもしれません
●多分「これ入ってねー!どーなってるんだよ!」っていう意見も多いと思いますが、
 それはそれで教えてもらえれば幸いです。忘れてたり、知らないだけかもしれません。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


本家ナツ100のルールをすっごい無視してますが
ええ、そこは笑って許してください。むしろ蔑んでもいいよ?

というわけでマンガがあればいーのだ。が選んだ、「パンツ ナツ100」を
ごゆっくりご堪能くださいまし!かなりボリュームありますのでご注意。


-------------------------------------------------------------------
いちご100%

いちご100% 19 (19)

やはり最初はまずここから・・・
うちがパンツを語る事になったきっかけの作品。
ええ、もうしつこいぐらい語ってきました「いちご100%」

この作品のおかげで、いちごパンツが市民権を得ました。
そう、皆「いちごパンツ~?ぷぷっ」とか思ってても、実は好きだったり、持ってたりする。
永遠に廃れることのないパンツ、それがいちごパンツなのだ!!



06-09-05_09-58.jpg
西野のいちごパンツシーンは実はけっこう少ない

もう一度この作品をレビューする力があるかって言うと・・・
今は多分無い。
若さ故の過ちだろうな。素敵な過ちでした。

いちごパンツトップは譲らないぜ

<参考>
「幸せ」をありがとう。いちご100%、完結。
いちごパンツは実在するのか!?電撃レポート!!


-------------------------------------------------------------------
電影少女

電影少女 1 (1)

桂正和の作品の中でやはりこれが屈指の名作だと思う。
今見てもかなりのエロさを誇るこの「電影少女」は、
当時小学生だった俺にとってのバイブルだった。

週刊連載の頃はエロにしか目が向かなかったのだが、
大学生くらいに改めて単行本を全巻購入し読み直した時に涙が出た。
エロばかり取り上げられがちだが、本当に素敵なピュアラブ物語です。



06-08-27_14-55.jpg
もえみちゃんが襲われる事件

色々衝撃だったシーンは多いんですが、今も一番心に住み着いて離れないのがコレ。
直接脱がす描写ではなく、取られていく衣服、下着が少しだけ見える描写がもうたまらなかったです。
青少年の妄想がこの瞬間臨界点に達したのではないでしょうか。

次点は恋編での白川あゆみが「このままでもできるでしょ」と突如パンツを脱ぐシーン。
絶妙なところで次週への引きになったので当時中学生の僕らの間で話題騒然。
今でも目を閉じればそのシーンが浮かんできます。

しかし・・・もうGOKURAKUを見る事は出来ないんだろうなぁ。
ええ、昔からですけれども!

ちなみにゲーム化されてるとは知りませんでした。ちょっとやってみたいかも。
ちなみに18禁じゃないですよ。ガッカリだよー!


-------------------------------------------------------------------
【To LOVEる】

toloverupantsu100.jpg

昔の小中学生が「電影少女」に悶えたのなら、
今の小中学生は「To LOVEる」に悶えてるハズです。

惜しげもなく次々にエロシーンを投入してくるこの作品は、
まさにジャンプにとって救世主的存在。
1つの雑誌に必ず1つはこーゆーのが必要なんですよ。

肝心のストーリーの重みは無いところが残念だが、
進むにつれもう少し比重が置かれてくるのだろうか?エロネタもそのうち尽きるだろうしなぁ。
けど今週末のあの展開(春菜の布団にもぐりこむ)は定番ながらも来週が楽しみでたまならい。



06-09-05_12-56.jpg
パンツの皺までしっかり描く作家になった矢吹先生

黒猫の時よりも生き生きしてるのが巻末コメントなどからも見てとれます。
矢吹先生はパンツ教。
けど裏で操ってるのは長谷見先生です。

とりあえず単行本はいつ出るんだ!(10月も予定ないとか・・・?マジで?)

<参考>
正直「To Loveる」がギリギリです
「To LOVEる」は僕らのおっぱい願望を満たしてくれる


-------------------------------------------------------------------
アウターゾーン

アウターゾーン (1)

ジャンプ黄金期の層の厚さの中で、何と3年間も連載し続けた作品。
ホラー・オカルト・SFをテーマとした、1話完結のオムニバス形式で展開するのだが
難しい題材ながらも人気を博したのはやはりそのストーリーの緻密さ、
発想の上手さだったからだろうなぁと思います。

一見救いが無いように見えるが善人は助かるし、悪人は裁かれる。
因果応報を見事に表現してくれた作品だなぁとも。
所々入るエロに目が行きがちだが、このSF的発想が出来るのはかなり貴重だと思う。
こういう作者さんこそがもっと光を当てられるべきなのではないだろうか。


06-06-17_21-51.jpg
数ある話の中でお気に入りなのが時間を止める時計の話。

時間を止めるとやりたい放題と思われがちだが、
例えばおっぱいを触ってもその弾力も時が止まっているのであの柔らかさは味わえないのだ。
その事実を知ってちょっとショックだった。

他にもマンガが禁止されてる世界などはかなり身震いする話だったり。
そんな世の中絶対嫌だー!


-------------------------------------------------------------------
きまぐれオレンジ★ロード

きまぐれオレンジ★ロード (1)

ジャンプの恋愛マンガの中でベスト3に入るぐらい好きなのがこの「気まぐれオレンジ★ロード」です。
超能力が使えるという設定をフルに活かしつつも(パンツ盗んだり)、
鮎川まどかと檜山ひかるに振り回される三角関係ラブコメを見事に描ききった。

最終18巻の展開は分かってても実に胸が切なくなる。
ひかるちゃんが見せた涙・・・言葉。グサグサ胸に突き刺さるのですよ。
最終話の「like or love」は最高に有名。
人生で使ってみたいワードの一つだったが未だに使う機会に恵まれない。なんでー!

最終回はジャンプ本誌、単行本、愛蔵版と全て微妙に違うらしいので(描写とかが)
好きな方はチェックしてみると面白いかも。




06-08-27_14-52~00.jpg
まどかさんの色っぽさは最強。

猫ちゃんを誘惑するシーンとかもうやばかった。
高校生でこの色気は普通じゃねえ。いちごの黒川先生とかこんなんだったんかなー
こんな可愛い鮎川まどかが連載初期はヤンキーだったのが信じられません。
ちなみにこの「鮎川まどか」って名前がむちゃむちゃ大好き。
この名字と名前の組み合わせはまさに黄金比と言える美しさ。

中学生の頃の鮎川(髪が短くてヤンチャな頃)も大好きです。むしろこっちの方が・・・

あと春日まなみちゃんもかなり好き。
しっかり者だの彼女に、一度だけスポットが当たった回があったけど
あれは今でもお気に入りの回。メガネを取ると可愛いのもやはりツボです。


-------------------------------------------------------------------
爆骨少女ギリギリぷりん

爆骨少女ギリギリぷりん 1 (1)

月刊少年ジャンプに連載されてた問題(?)作。
とにかくおっぱいとパンツが出まくりの作品。
その出方が半端じゃなかった。ページ見渡す限りおっぱいとか、普通。

プロレスを極限までエロくしたのが「ギリギリぷりん」。
タイトル通り本当にギリギリ。とても少年誌連載作品とは思えませんでした。



06-08-27_14-43.jpg
異性交遊撲滅ギブス

なんだこれwww
とにかくおバカなネタがてんこ盛りなので脳みそ空っぽで読むのには最適。
おっぱい好きな人はもう堪らないと思います。こんな感想しか書けんこれw

ちなみに今は入手困難です。古本屋を巡れば全部入手できる・・・かも?全7巻。


-------------------------------------------------------------------
ボンボン坂高校演劇部

ボンボン坂高校演劇部 (第12巻)

オカマの部長に好かれてしまった正太郎くんの悲劇の物語。
とか言いつつも最後はちゃーんといい思いしてるところが・・・くそう!?
正太郎くんの女装に反応する人は猛者だと思います。

ジャンプ黄金期を支えた作品の一つで、
とにかく多彩なキャラたちが所狭しと暴れまわってた印象。
観月リサちゃん徳大寺クルミちゃんがお気に入りでした・・・
あとくんくんもお気に入りです。(単行本に収録されたVジャンプ連載の4コマ)



06-08-27_14-48.jpg
真琴さんのパンツが顔に・・・このシーンは心に深く刻まれた。

このシーンは正直羨ましすぎた。
そこには桃源郷が見えたという。俺も見たい。
何がどうしてこういう状況になるのか。現実は世知辛いです。

ちなみに卒業式編が読みきりとして掲載されたらしいですが、
単行本には未収録なのでどんなのか分かりません。完全版とか・・・出ないだろうなぁ。


-------------------------------------------------------------------
BASTARD!!―暗黒の破壊神

 BASTARD!!―暗黒の破壊神 完全版 (Vol.1)

未だ完結してない超大作。現在どーなってるのか不明。
何となく冨樫先生の行く末に見えて仕方なんですが・・・

ジャンプに連載されてる時代は確かに面白かった作品。
数々の魔法を駆使して戦っていくバトルは当時興奮したもんだ。
何より「魔法名」がカッコよくて、よく真似してました。

そして萩原先生が描くエロシズムははっきり言って異常な程興奮する。
下手なエロ漫画よりよっぽど濃厚かついやらしかった・・・
こういう作品を経て、今の俺がいると言っても過言じゃない。



06-08-27_14-59.jpg
序盤の、ヨーコさんの服がスライムに溶かされるシーン

すげーお気に入りですwとにかくエロかった・・・
今ではありえないよなぁ、こういうシーンって。
シュナイダーみたいなキャラが少年誌だと登場しにくいのかなー
けどライトの例もあるので今後とも登場してくると信じてます。

ちなみにシーラさんが大のお気に入りでした。(エロ可愛い)


-------------------------------------------------------------------
てんで性悪キューピッド

てんで性悪キューピッド (1)

冨樫先生がおくる最高のエロ漫画。
天才であるこの人は、やはり最初から天才だったんだろうなーと思う。
実はこの人はこういうお色気を描くのが性に合ってるんじゃないかと思うぐらい。

この人にちゃんとペン入れさせたエロ漫画を描いてほしいなぁと思う今日この頃。




06-09-05_10-06.jpg
とにかくこのスケベ医者監禁編が俺の性の初期衝動

ホントやばかったなー
これ見ておっきした記憶あるし。小学生の頃。
こういうマンガが多数あった昔のジャンプ黄金期はやはり最強だったと思うんだ。

医者になりたい・・・(マテ)

そして冨樫先生の復活はいつになるのか。

<参考>
冨樫の傑作!?問題作!?「てんで性悪キューピッド」を読む!


-------------------------------------------------------------------
プリティフェイス

プリティフェイス 1 (1)

昔から叶先生は可愛い女の子を描く作家さんとして注目してたのだが、
その叶先生が連載するっていうから小躍りして喜んだ記憶がある。
そしてやはり可愛かった。

女装・・・というか男が女に成りきって生活していくストーリーはありきたりだったが、
偽造胸とかを上手く使ってたのが好印象だった。
また今の「エム×ゼロ」に比べると次週への引きも上手かったように感じる。


06-08-27_14-58.jpg
昔はパンチラのサービスシーンも多かったのに・・・

むしろ単行本に乳首を加筆するぐらいだったのに。
一体彼に何があったのか一度聞いてみたいです。

<参考>
ジャンプに欠けてる色気・・・叶先生なら補える


-------------------------------------------------------------------
究極!!変態仮面

究極変態仮面 1 (1)

今も尚、当時のジャンプ読者の心から消えてくれない変態作品。
未だジャンプで「変態」を作品名につけたのはこの作品だけじゃないだろうか。
タイトルの通り本当に究極に変態で、
初めて見る人には間違いなくカルチャーショックを与えてくれる。

以後このコスプレをする人が後を絶たず、
パンツを頭にかぶれば「変態仮面」という愛称が定着する事になった。
これは多分永遠に消える事はないと思う。




hentaikamenpantsu100jet.jpg
絶対にくらいたくない変態技の数々

少年がバトル漫画の必殺技に憧れる事は多数ある。
かめはめ波とか絶対誰もが小学生時代にやったんじゃないだろうか。
けど変態仮面の必殺技をためした人はどれくらいいるのか。
もしこれを女子とかにやった人がいたら俺にこっそり教えてほしい。


-------------------------------------------------------------------
ぱすてる

ぱすてる 13 (13)

マガジンが誇る長編ラブコメ漫画。最近両想いになりましたよ!
マガスペへの島流しをくらった作品ですが、未だに原因不明。
送るなら涼風だろ!と問い詰めたい。

とにかく出てくる女の子の可愛さは奇跡的。
ゆうはもちろん、ひな子が大好き。村上菊の色っぽさもいい。
作品全体に流れる透明感というか、
なんつーか綺麗な作品なんだよなぁ。優しさが溢れてる。
そう、穏やかな空気、優しい空気。
それに包まれてるこの作品は、とても素敵なんです。




06-08-27_15-06.jpg
勿論お色気もたっぷり

ゆうのプロポーションが殺人的すぎるので、刺激的シーンもしばしば。
こんな子と一つ屋根の下で暮らしてるのに何も無いってのはありえねー
その辺はもう一歩踏み込んでもいいんじゃないかなぁと思う。

連載はついに二人が初チューを・・・するかも、ってな感じ。
超スローペースで連載してきたこの作品、まだまだスローに続きそうです。


-------------------------------------------------------------------
女子大生家庭教師濱中アイ

女子大生家庭教師濱中アイ 6 (6)

個人的に新連載の「アイドルのあかほん」がイマイチなせいか、
よりこの「濱中アイ」が引き立ってる感じがします。
やはり偉大なキャラであるミサキちゃんの存在は大きかった。

やってる事は「濱中アイ」も「アイほん」も一緒なのに
それをやるキャラクターが違うだけでこれほどまでに面白さ、というか
悶え度が違うものなのかと思い知らされました。




06-03-27_21-51.jpg
そんなミサキちゃんのパンチラシーン

作中には何度かパンチラシーンはあるのですが、
それは全部マサヒコに向けられたもので読者は見る事が出来なかったのですが、
最終回の最後の最後で魅せてくれた奇跡のパンチラ。

ミサキちゃんを主人公にした高校生編・大学生編が切に見たい今日この頃なのです。

<参考>
濱中アイからの卒業


-------------------------------------------------------------------
エア・ギア

エア・ギア (11)

正直いまこの作品がどんな状況になってるのか理解してません。
色々複雑に絡み合ってるのかもしれないけど、
その辺もう少し分かりやすくしてほしいなぁ。この作品に限った話ではなく、
最近の少年漫画ってやけに設定とか世界観に凝ってるのが多いですが、
はっきり言って少年漫画にその辺は求めてないんですよねぇ。

この作品は大暮先生が描く女の子が見たいが為に読んでるのかも。
いややはり可愛い。半端じゃなく可愛い。
パンツの完成度も恐ろしいほど高い。
いい仕事が出来るからこそ、話を作り込んじゃうのかなぁ。出来る人の弊害なのかも。




06-08-27_14-47.jpg
お気に入りのくるるのパンチラ

ええ。最高でした。白ー!白ー!くるるは一体何がいいんでしょう。可愛いんです。
そしてくるるという名前が堪らない。俺はくるるが大好きです。


-------------------------------------------------------------------
スミレ・17歳!!

スミレ・17歳!! 1 (1)

17歳時代はむちゃむちゃ好きな作品だったんですが、
マガジン移籍で16歳になってから一気にトーンダウン。
何だろう。これまたキャラクターの失敗な気がする。

17歳の時はスミレに惚れてるやつが沢山いたり(約2名)、
スミレのライバル(咲)がいたりととにかく話に躍動感があったんだけど、
どうも今のは・・・テンポが悪いというか。
本来の良さじゃない気がする。もっとスミレは面白いハズなんだ!




06-09-05_10-17.jpg
そんなスミレが魅せたパンチラ

人形のパンチラに卒倒する椛くん。
彼の、スミレに対する愛情はまさに変態的だった。
それが本当に良かった。
顔だけ持って逃走したシーンでは涙出ましたよ。笑いすぎて。

もう一度是非テコ入れを図ってほしい作品。
絶対面白いだけに勿体無いんだよなぁ・・・


-------------------------------------------------------------------
魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま! (1)

もはやうちが語る事なんぞほとんどない「ネギま!」
ええ、下手な事いうと突っ込まれまくりそうなので控えておきます。
うちで取り扱う事はほとんど無いですが大好きですよ。
前述の「エア・ギア」と違ってこちらは設定ややこしくなっても何となく把握できてる。
んー好き度の違いなんだろうか?

この物語の終焉をどこに持ってくるつもりなのか分かりませんが、
学園祭編だけでこの長さはすごいなぁ。
それによりも早くアーニャを出してほしい。彼女が出てきたら特集したいぐらいです。




Image021.jpg
ネギま!はパンチラシーンが多すぎるので最初の1巻からセレクトしました。

こういうありえないパンチラシーンが大好きです。
なんで顔のまん前にあるのー!みたいな。まさにネギくんが叫んでる通り、「何で!?」ですよ!
あとはのどかのパンチラシーンもお気に入り。
けど一番気に入ってるのはネギがキス・ターミネーターと化して
アスナを悶絶させたシーンです。少年誌であのちゅーは奇跡でした。

今度は是非アーニャに。
(ターニャと勘違いしてました。すみません。ネギまファンの方に怒られる・・・ッ!←怒られた)


-------------------------------------------------------------------
クロスゲーム

クロスゲーム (2)

あだち充先生が描く、4作品目の長編野球マンガ。
いやー緻密に、じっくり描かれてますねぇ。
「タッチ」もカっちゃんが死んでからが本当のスタートだったように、
この「クロスゲーム」はまだスタートラインにも立ってないのかもしれません。

ただここまでスローペースだとちょっと物足りないなぁとも感じたり。
なんせまだ公式部員にすらなってないし・・・



06-08-27_15-05.jpg
何気に所々にパンチラシーンが散りばめられてるのがあだち先生流。

そして白は基本ですよね!(ストライプとか水玉もありますが)
青葉は実はイマイチこうのめり込めません。
古賀春華があまりにも偉大だったせいかなぁ・・・


-------------------------------------------------------------------
絶対可憐チルドレン

絶対可憐チルドレン 1 (1)

エスパーという題材は数多くの作品があるけれど、
この絶チルはその中でも群を抜いて分かりやすく面白い。
少年少女を軸にしてるのがまた秀逸で、その巨大な力と
まだ発展途上の心との葛藤が上手く表現されてるなぁとも思ったり。

ただ横島みたいな超個性的なキャラを輩出できてないのが残念。
薫は横島の劣化エロコピーみたいになってるからなぁ・・・
女の子がオヤジ化しても何かこう、萌えないものがありますね。




Image024.jpg
そんな中、秀逸だったのが葵がスカートを押さえたシーン

これですよ、恥じらいです。日本の文化!(?)
ハっと気付きスカートを押さえたものの、
パンツが見えた事に頬を赤らめる葵・・・

これぞワビ・サビの世界だー!段々よくわからなくなってきた。
変なテンションでごめんなさい。
ちなみに大人バージョン葵のパンチラシーン。


-------------------------------------------------------------------
あいこら

あいこら 1 (1)

説明不要の変態フェチ漫画。
ここから様々なフェチに目覚めた少年もきっと少なくないハズ。
将来のフェチ界を背負って立つ人物を育成する、フェチの登竜門みたいな感じ。よくわからんw

鳳にエロい言葉を言わせる話などはやはり最高だった。
あれを見て以来、日常生活が楽しくなったという人が多い(ホントかよ)



06-08-26_10-09.jpg
ちなみにこれは男のパンツです。

危ない世界へのフェチすらも生み出そうとしてる「あいこら」・・・
是非青少年の架け橋となってあげてくださいね(変態への道への)

<参考>
よいこの皆!今週の「あいこら」が必見です。
平成の変態神・井上和郎先生の原点「葵DESTRUCTION!」がミラクル


-------------------------------------------------------------------
神聖モテモテ王国

神聖モテモテ王国 1 (1)

超好きな作品。とにかく笑える。セリフ回しがここまで秀逸な作品は滅多にないですよ。
そりゃ高橋留美子先生も大絶賛しますってば。

「ナオン」という言葉はこの作品から生まれた。
よく「ジークナオン!」と叫ぶのはここから来てます。
ナオンにモテる事こそが男として生まれてた使命。
それを極限まで追及するモテモテ王国が、僕らの約束の地。



06-09-05_10-24.jpg
よく半殺しにされるヤクザにおそわれるファーザー(パンツ脱がされてる)

実は多分この作品が一番パンチラ率が高いんですよ。
え?だってファーザーは常にパンツ姿ですから。いかなる時も。
そう、モテモテ王国はパンチラ率No1作品だったんですよー!なんだってー!
ズボンを穿かせようとすると必死に抵抗したり、吐いたりします。

パンツが見えてないと不安な気持ち・・・分かります。
パンツを常に見ていたい。

ちなみに「神聖モテモテ王国」は未完作品。
単行本はけっこうレアです。6巻がどこに入っても手に入りません。
あとヤンサンで限定復活した話が読みたい・・・


-------------------------------------------------------------------
今日の5の2

今日の5の2

小学生漫画の金字塔。やっぱりこれは面白い。
小学生に思わず戻りたくなる。
無知だからこそエロい。
知らない事は罪じゃない。
パンチラこそ正義。

よく「みなみけ」と比べられるが、
やはりこれもキャラの違いで面白さに違いが出ちゃってるんだろうなぁ・・・
やってる事はやっぱりそんなに変わらないんですよ。



06-09-05_10-28.jpg
伝説のオーバーヘッドスカートめくり(ダブル)

すごい才能だよ・・・
今小学校時代に戻ったら一番やりたいのはスカートめくりです。
今ってないんですかね?


-------------------------------------------------------------------
ツルモク独身寮

ツルモク独身寮 (Volume7)

心の名作を挙げろ、と言われれば絶対に入るのがこの作品。
小学生の時に出会ったこの作品は、今も俺の胸の中で輝き続けてる。
現在連載中の「チェリー」を読んでても、その前の「ショコラ」を読んでても・・・
やっぱり「ツルモク」と比べてしまう。

本当に楽しかった。

学生から社会人という新しいステージは、
その当時は全く想像すら出来なかった。
それなのにそれを身近に思わせてしまう手腕。

ラブコメに定番の三角関係を見事に描ききってくれた。
何より魅力的なキャラたち。
白鳥沢レイ子はマンガ史に残る名キャラ。それと結婚して子供作った杉本はです。

みゆきとともみ・・・
どちらを選ぶか、それだけで朝まで盛り上がれます。
それぐらい、どちらも魅力的すぎたんですよ。




06-08-27_15-13.jpg
貴重なみゆきさんのパンチラシーン

時に可愛くスネるみゆきさん。
これを見て「俺は将来年上と付き合うぞ!」という夢を抱くが、
未だそれは達成されておりません。あれー?

とにかくこの作品を語りだすと止まらなくなるのでこの辺で。
万人にオススメできる超名作です。


-------------------------------------------------------------------
赤灯えれじい

赤灯えれじい 1 (1)

ヤンマガが誇る、素敵なジャージっ娘・チーコと、ヘタレ野郎サトシのリアルな恋愛劇
チーコの可愛さっつーかいじらしさは大型台風クラス
つれない態度も恥ずかしさの裏返しなのだ!
けど彼女のパンチはホントに痛そうです。

サトシがふとしたきっかけでインポになってしまう辺りのエピソードは
ちょっと共感を覚えた。いやー実際男のアレはかなり繊細なんだよなぁ。
どーでもいい時は元気なのに。難しい奴。




06-06-30_01-35~00.jpg
妙にエロい二人の絡みシーン

パンツの中に手が入ってる描写って実はかなり好きで、
なんだろう、パンツが好きな身としてはその中に手を入れたいわけですよ。
けどパンツが好きなので、パンツをはいたまま上記のように触るわけです。
なんていうか、パンツが俺の手を包んでくれるというか。
ええ、段々やばいテンションになってきました。ごめんなさい。

さて最新号では遂にチーコの元カレが登場。
ここからが本題になりそうですなぁ。二人にとっての。


-------------------------------------------------------------------
サユリ1号

sayuri01_2006.jpg

好きな作家を挙げてください、と言われれば迷いなく村上かつら先生を挙げます。
それぐらい、とてつもなく好きな方です。
そんな村上かつら先生一番のヒット作であるこの作品は、
真骨頂と言えるべき「もがき型の青春」を描く。

自分の妄想の中の存在だったハズの「サユリ」と現実で出会う。
自分の中の永遠の処女であったハズの「サユリ」は実はスキモノで!?
そのギャップに苦しむ主人公のもがき苦しむ姿は、
何となく自分と重ねてしまうのではないだろうか。

それにしてもこのヒロインとも言える大橋ユキの言葉の一つ一つが重い。
決して彼女の言葉は間違っていない。
間違っていないけど・・・悲しい。
真実は悲しいものなのかもしれない。だから見たくないのだろうか。




06-09-05_10-54.jpg
性ほど人間の「地」が出るものはなく。

それを最大限知っている大橋ユキは怖い。
もしこんな子に出会ってたらボロボロにされてたかもしれない。
が、大橋ユキと正面から向き合ってボロボロなった奴は、きっといい男になるのかも。

とにかく紡ぐ言葉が胸に突き刺さる。
村上かつら先生が生み出す言葉・・・大好きです。
全作品に対して特集組みたいところですが・・・それはいずれ、また。


-------------------------------------------------------------------
猿ロック

猿ロック 1 (1)

どんな鍵でも開けてしまう鍵屋の息子が主人公の、渋谷系作品。
いかにもヤンマガらしい作品なのだが、
「鍵」という設定が最近あまり活かされてない気がする・・・そこがウリなのに。
絵のレベルはかなり高く、女の子の可愛さはかなりの人が満足するのではないだろうか。

ちょっとゴチャゴチャしちゃってる感はありますが・・・



06-08-27_15-12.jpg
パンツに向かってこんにちわ。

この気持ちすげー分かる。ようやく会えましたね!って感じで。
「猿ロック」当初入れる予定なかったんですけど、
このセリフがあまりにも納得できちゃったので・・・

童貞マップは学生時代にあったら心底恐ろしいマップです。


-------------------------------------------------------------------
華麗なる食卓

華麗なる食卓 (19)

数多くある料理マンガの中で、「カレー」という一品にのみ焦点を当てるという珍しさ。
けどそれでも数多くのカレーが登場し、飽きさせない展開は
作者の力量とカレーの奥深さを同時に感じる事が出来る。

そして料理マンガで大事なのは審査員のリアクションだったりするのだが、
料理食べてイっちゃうシーンがあるなど侮れない作品だ。

そして何より見やすく好感が持てる絵柄はやばい。
ヒロイン・結衣の可愛さは超ド級。微妙にエロいのもポイント。
ちゅーを練習する姿とかいじらしい、っつーか可愛らしすぎる。




06-08-27_14-36.jpg
この時が一番の貞操の危機だった

青年誌らしいエロいシーン連発で不運な結衣w
それでも一途にマキトを想い続けるその姿に胸打たれる人も多いのでは。

あとエディブルファイト沖縄代表のへきるちゃんには一時異様な人気が。
このお尻が死ぬほどプリチーだった。
さらにはカレー漫画でメイドコスプレをするとは・・・へきる恐るべし!


-------------------------------------------------------------------
出るトコ出ましょ!

出るトコ出ましょ! 7 (7)

こーゆー法律系のマンガは一定の需要とネタがあるので根強い人気。
古くは「ナニワ金誘道」が開拓したこの道が様々なジャンルに分かれ人気を博している。
やはり「法律」「ルール」を普段理解してる人って少ないんだろうなぁと思う。
勿論自分も全然理解してない。マンガで初めて知る事ばかり。
法律をしっかり理解しておく事はまさに自分の身を守る為なんだなぁとしみじみ思う。

さてこの作品は女子高生が弁護士お手伝いをする、というお話。
主人公・亀井静香がいい感じで暴走してくれるおかげでどんどん話が転がっていく。
けっこう身近なネタが多いので親しみやすいのかもしれない。

あと弁護士・野中が女子高生好きなのも見逃せない。




06-09-05_12-49.jpg
セーラー服のスカートから見える、パンツ

やはりセーラー服とパンツは越えることの出来ない最強の組み合わせだと思う。
普通のパンツが何倍にも・・・輝くっ!!

ちなみにこの子は寝てる間にパンツ脱いじゃう癖があるという。
いちごの唯の時にも思ったんだけど、そういう子って実在するんだろうか・・・
するなら是非一度一緒に寝たいものである。ええ、何もしませんから!


-------------------------------------------------------------------
ルサンチマン

ルサンチマン 1 (1)

花沢健吾先生が生んだ超名作
現連載中の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」も非常に面白いのだが、
インパクトという意味ではやはりまだこちらに軍配が上がる。
(引きに強さは「ボーイズ」の方が遙かに強いんですけどね)

アンリアルという世界をここまで具体的に作り上げた(僕ら仕様にして)その才能。
今でもこのアンリアルの世界で別のストーリーを描いてほしいと切に願っております。
もしくは実写映画化とかしたらフツーにヒットすると思うんですが・・・

負け続けてきた男たちが辿り着いた最後の楽園。
「俺たちにはアンリアルしかない」
その言葉が深く、胸に突き刺さる。
と同時に、アンリアルという世界に救われるたくろーや越後を羨ましいとさえ思う。

さて秀逸なのがアンリアルに入った最初のシーン。



06-09-05_10-59.jpg
初対面がおしっこシーン

こういう導入の仕方がセンスあるんだよなぁ・・・
忘れられん出会いというか。
ワンシーンワンシーンの印象の付け方が非常に上手いです。

それにしても・・・
ここに描かれた世界は、もしかしたら遠い将来の最後の姿なのかもしれないですね。

<参考>
その世界は現実よりも現実なのだ「ルサンチマン」 花沢 健吾
【花沢健吾特集・前編】ルサンチマンをもう一度読み解く!


-------------------------------------------------------------------
B型H系

bgatahkei06natu.jpg

2歩進んで5歩下がるマンガ。そのもどかしさがまたいいのかもしれない。
順調に事が進んでそうな二人・・・なんだけど
山田の性格がそれを阻む。
まさにツンデレの王道(?)をいく山田にYJ読者はみなメロメロです。

個人的には中学時代の山田が好きだったり。(増刊に掲載されたやつ)
特に初めて一人エッチを覚えた山田にはキュンってきました。何故キュン。



06-09-05_11-01.jpg
今では猿と化してる山田

いつも思うんですけど女の子の一人エッチってすっきりするんでしょうか。
男の場合終わりがあるけど、女の子の場合の終わりって難しそうな感じ。
そもそもした事ある!って公言してる人には人生で3人くらいしか会った事ありません。十分?

<参考>
山田12歳、初めての「B型H系」


-------------------------------------------------------------------
ティーンズブルース

ティーンズブルース 6 (6)

真面目な女学生が少しずつ堕ちていく姿・・・
人間のやらしい部分、心理描写を描くのが得意なコージィ先生、
この作品ではそれがもう光りに光ってました。

崩壊していく人・家庭・・・
ホストにハマって堕ちていく姿。その手口。
決して浮上しない、救いの見えない展開にどんどんハマっていきました。




06-08-27_14-41.jpg
このアサミの危機のシーンは正直おっきした。

人間の欲望の深さを思い知らされます。
と同時にそれが自分の中にあるという事も。

非常に中途半端なところで第1部完になってるこの作品ですが、
コージィ先生のインタビューによると2部もやりたいとの事。
まあ「おれはキャプテン」が連載中は無理なんでしょうけれども・・・
是非堕ちて行った先を見てみたいものです。


-------------------------------------------------------------------
最終兵器彼女

最終兵器彼女 (7)

多くの人を魅了したこの作品。
「いいひと」を描いた人が描いたとは思えないその衝撃的な内容にショックを覚えた人も多いだろう。
決して救われないその内容だが、その中で人の温かさに触れる。
それが救いだったのかもしれないけど、やはり悲しい。

高橋先生が描く女の子はホント柔らかそう。
っつーか柔らかい。もうその柔らかさが伝わってくる感じです。
数々のエロシーンは楽しみで仕方ありませんでした。
柔らかいエロはもう官能を刺激されるのですよ。




06-08-27_15-10.jpg
パンツ脱がしたら糸ひいてる・・・

これかなり好きなんですよ。
エロい。糸エロいー!
何かもう嬉しくなっちゃいますね。頭沸騰して。

「ねぇ、殺していい?」は名言です。

実写映画はかなり評判悪かったですが、エロシーンとかどうしたんだろう・・・


-------------------------------------------------------------------
センチメントの季節

センチメントの季節 (2)

個人的に一時期ハマってた作品です。
儚げなエロが何とも性分に合ってしまって・・・
思春期の女の子をこれでもかと不安定に描くので、見ててもどかしい気分になる。

この作品に出てくる女の子たちは何ていうか、前を向きながら後ろに向かって歩いてる感じ。
自分を見えないナイフで傷つけていく感じ。
それもまた思春期特有の危うさなのだろうか。

1話に必ず1シーンは入るエロシーンは個人的に好きで、
フツーに実用的に使ってしまった。
描かれる女の子はフツーに可愛い。特にお気に入りなのが1巻の話。




06-09-05_11-03.jpg
痴漢されて、それを受け入れて、最後には電車の中でやっちゃう

早く動いて・・・!とかもうたまらないですね。
電車痴漢モノが好きな人には是非読んでもらいたい話。
あの最後繋いだ手にどんな意味が込められてたのか。何とも不思議な話。

この作品以降も色々発表し続けてるが、イマイチピントは来ない。
あと野火 ノビタ名義の本を間違って買ってしまった。ええ、やおい本でした。ぐはーっ!


-------------------------------------------------------------------
妖精事件

妖精事件 (No.1)

妖精王子とひょんな事からエッチして突然結婚する事になった女子高生じゅりあの物語。
そんなかなりトートツな流れで序盤が展開。
すみません実はこの作品ラストまで読んでないんですよー
なので最後どーなったのかは分かりません・・・

で、何故選出されたかっていうと下記のシーンです。



Image019.jpg
泣きながらスカートをめくる女の子

弱い。俺こーゆーの弱いんです。
命令されて嫌なのにスカートを捲らなくちゃならない・・・
そのシチュエーションに悶えるぅううう!

ホントすみません(四方八方に土下座)


-------------------------------------------------------------------
それでも町は廻っている

それでも町は廻っている 1 (1)

本格メイド喫茶マンガ!!
・・・のハズです。いやけど正直その辺の萌え系メイドマンガよりも
よっぽどメイドメイドしてる作品です。
歩鳥の可愛さは異常、そしてたっつんの可愛さは突き抜けてます。
そんな彼女らが綴る日常が、魅力的じゃないハズがない!

というわけでパンチラセレクトは第1話の笑いの神が降りてきた瞬間をば。



06-09-05_11-06.jpg
何気にガーターベルト

脱がせにくい、らしいですね。脱がした事ありません。
っつーかホントにやり方分からん。
焦って嘲笑されるのがオチなのでガーターはつけないでくださいね!

そして第2巻が10月発売予定。くー楽しみすぎです。

・・・段々文章が疲れてきてる。もう一踏ん張りします・・・

<参考>
普通のメイド喫茶に飽きた貴方へ。「それでも町は廻っている」


-------------------------------------------------------------------
恋風

恋風 (5)

禁断の近親恋愛モノに真正面から挑んだ作品。
ここまで、ストレートに、見事にぶつかったのって中々ないのではないだろうか。
正直どこかで折り合いがつく(実は血が繋がってないとか)かと思いきや、
最後までキッチリ暴走してくれました。

そりゃ10年以上離れて暮らしてたら(しかも思春期に)他人だよなぁ・・・
好きになってしまったのは仕方ないと言えども、理性が働くのが人間であり、
理性がきかなくなるのが恋なのかもしれないけれど。

最後の一線を越えてくれたこの作品には正直賞賛の拍手を惜しまない。





06-09-05_11-07.jpg
妹の下着をクンクン

いやーやってくれましたね。
俺は男兄弟しかいなかったので分かりませんが、
姉やら妹がいたらこういうのは誰もが通る道なんでしょうか?
やった事ある人は正直に白状してください。

それにしてもこの二人の最後・・・未来は一体どうなったのか、ものすごく気になります。


-------------------------------------------------------------------
ブラザーズ

ブラザーズ (1)

一般的には「多重人格探偵サイコ」が知られて田島先生の青春劇。
妹の餡子に惚れた二人の兄貴の暴走を描く。

これ初めて読んだの高校生ぐらいの時だったかなー?
とにかく餡子の可愛さにメロメロだったのを覚えてます。
田島先生に最初に触れた作品は「MADARA」なんですが、
そこから一変、日常生活を描いた作品が発表されてたのでビックリして即購入した記憶が・・・



Image025.jpg
貴重な餡子の下着姿

おっぱい姿はけっこうあったりするんですが(ぇ)
ちょっと細すぎる感じがするので(?)もう少しお肉がほしいところ。一体俺は何を言ってるんだ。

「サイコ」でトラウマになった人も多いと思いますが、
そんな人はこの作品でほのぼのしてみるのもいいかもしれません。
いやーしかし同じ作者とは思えんなぁ。


-------------------------------------------------------------------
あるいて一歩!!

あるいて一歩!! 1 (1)

現代版・めぞん一刻!と以前紹介した作品です。
一つ屋根の下系の定番ながらも気持ちいいテンポで読ませてくれる良作。
パンチラもふんだんに盛り込まれてるし、
ツンデレ→デレデレになってしまってる委員長キャラも登場。
押さえといて損はないかなーとも。



06-09-06_01-47.jpg
こんな大胆な格好は大歓迎です。

何気に大家さんのパンツが毎回毎回変わってるのがポイント。
この大家さんに萌えられるならもう間違いなし。
あとはどれだけ話を転がせるかだけれど・・・学校の中にあるアパート、
っていう設定を上手く活かしてほしいところです。

<参考>
現代版・めぞん一刻か?「あるいて一歩!!」


-------------------------------------------------------------------
ゆびさきミルクティー

ゆびさきミルクティー 6 (6)

登場人物全員が異常という奇跡のバランスで成り立ってる作品。
一度読み出したら間違いなく止まりません。
主人公の由紀はマンガ史上屈指の自覚の無い鬼畜さん。
コロコロと変わるその心変わりはある意味いちごの真中すら超越してる感がある。

しかしそれも全てユキの女心が成すものだとしたらまた納得してしまったり・・・

ユキが普通に可愛く見えてしまう貴方。
立派な変態の仲間入りです。うん俺も変態。

そんな由紀に惚れてしまってる水面。
大好きなキャラです。この「ゆびさきミルクティー」では彼女がダントツですね。
とにかくいじらしい。何度傷つけられても尽くすその姿に
何度も何度も胸が締め付けられます。

けど結局この子も変態でした。




06-09-05_11-16.jpg
パンツをはかせてと御願いする水面。

驚くべきは、この後再び自分でパンツを脱いで街を歩くという行動。
「いつだって、ドキドキしてたいんだもん!」
ドキドキの意味が違うじゃないですか!!

一途なまでに従順な水面にやられてしまった人も多いハズ。
お兄ちゃんの伏線って今後メインストーリーに絡んでくるんでしょうか??

それにしても宮野先生が描くパンツは本当に柔らかそう。
マシュマロみたい、とはこの事ですよ!
触れてみたいパンツのうちの一つです。(沢山あります)

ちょっと狂った恋愛漫画を読みたい人に是非オススメです。
俺は完全にハマりました。一度これも特集したいなー


-------------------------------------------------------------------
どうにかなる日々

どうにかなる日々

志村貴子さんの作品ってけっこう色々あるんですが、
その中でもちょっと過激めなのがコレかなぁと。
彼女のオムニバス系の短編は間違いなくアタリばかりだと思います。
長編も非常に面白いんですが、むしろ味は短編の方が発揮されやすいかも。
1つ1つのコマの間と、心理描写の絶妙さの組み合わせが何とも中毒性が高い。

志村貴子先生に出会ったのは「敷居の住人」で、
表紙見て一発で惚れて購入しました。ちょうど惚れたのが7巻の表紙だったので、
ぴったり完結の時だったんですねー
超独特のテンポで進む志村先生の物語は、気がつけばどっぷりハマって抜け出せなくなります。



06-09-05_11-39.jpg
家庭教師の先生を脅して裸にする

んで裸にしてみたらツルツルな先生・・・
それを見て自分もツルツルにしてしまおうとする少女の行動が、
なんつーか、乱暴に心をわし掴みにされた気分。気持ちいい。

ホモネタ・レズネタも色々ちりばめられてますが、
志村先生が描くと不思議と読めてしまう。何でだろうなぁ。
生々しくないから?そんな事もないのだけれど。

ちなみに「敷居の住人」ではミドリちゃんが近藤ゆかを蹴り飛ばしたシーンが印象的。
なんつーか、若い時って無意識というか無我夢中で大変な事をしてしまうものだよね。


-------------------------------------------------------------------
年上ノ彼女

年上ノ彼女 2 (2)

エロ漫画出身の作者だけあって、エロシーンがとにかく濃厚。
キスシーンが濃厚に描ける人は、まず間違いなく濃い。

年上の女の人との恋を描く本作だが、年上といっても見た目は高校生・・・以下?
そのギャップがいい!という人も多いのかもしれないが、
何ともこの骨感が好きになれんのだよねぇ。
女の子は柔らかく描いてほしいなぁというのが願いです。




06-09-05_11-24.jpg
とにかく濃い。液体たくさん。

あと液体たくさんあるのも苦手。
最近の(昔から?)エロ漫画って液体多いんだよなぁ。
リアルなのかもしれないけど、そこはファンタジーに描いてほしいかもしれない。
まあどっちでもファンタジーには変わり無いか。

まあ何にせよエロいです。エロくて濃い描写が見たければ是非。

こういう作品見てるとドーセー生活したくなりますね!
けど実際やりまくりかって言うと、学生のうちはそうなんだろうなぁ。
社会人になると・・・多分違います。


-------------------------------------------------------------------
謎の彼女X

謎の彼女X 1 (1)

最近レビューしたばかりなんです、が!
やはりパンツにハサミを挟むという行為を見逃すわけにはいきません。
立派すぎるパンツ漫画。
そのうち二刀流とかにならないか心配



06-09-05_11-26.jpg
しかしハサミ出す時のパンチラがカッコイイ・・・

パンチラがカッコイイって中々ない。
この疾走感というか、躍動感というか。
エロをエロと感じさせないの手法なのかもしれないけど、
それでもやっぱり見てしまうパンチラ。
パンチラの引力は史上最強なのかもしれないと思う今日この頃。

<参考>
可愛い女の子のヨダレなら飲みたいですよね?「謎の彼女X」


-------------------------------------------------------------------
となグラ!

となグラ! (1)

最初はねー、ありがちな幼なじみ系ツンデレ漫画かなーって思ったんですよ。
まああながち間違ってなかったんですが、あれれ何やら面白い。
ありがちだけど、なんつーかツボを押さえてる。押さえ方が絶妙。
ひ、引っかからないもんねっ!って心構えてても引っかかる。
表情やらセリフやらが何ともツボなのだ。これは上手い。

そしてパンチラ満載のこの漫画・・・



06-09-05_11-27.jpg
おしりをツンツン

いいですねーお尻の柔らかさが表現されてていい感じです。
お尻に指をうずくめて、少しずつ埋まっていくのが何とも言えず気持ちいいのです。
あの柔らかさは地球上のものなのかと!問いたい。

いつかお尻枕(現実の柔らかさと温もりを100%再現したやつ)が出ないかなー


-------------------------------------------------------------------
ももいろさんご

ももいろさんご 5 (5)

とにかく描く女の子の、可愛い「可愛さ」を描かせたらピカイチなのが花見沢Q太郎先生です。
短編集の頃からの大ファン。

出てくる女の子がとにかく柔らかそう。
勿論パンツも柔らかそう。宮野先生と張るなー。
今度二人でパンツ対決してくんないかなぁ。審査員やりたい。

REC」とどっち取り上げるか迷いましたが、
えっち系という意味で「ももいろさんご」。主人公さんごの哀れップリもポイント。
何気にエッチしてる回数は数多くの漫画の中でもトップクラスな気がする。

んで湊さんが最強だったりするこの漫画だが、
好きなのは百合子さん似の桜子さん。何かストライク。

そして更にストライクがこの子でした。




06-09-05_10-15.jpg
見せてあげなさい。奥の奥まで・・・全部。

ももいろさんご史上最高にエロいと思ったシーンです。(ダントツ)
がくがく言ってるこの子(静影)に間違いなく惚れた。
その後入江さんに命令されて「入れて…くだ…さい」と御願いする静影。

もうこのシチュエーション完璧ですよ。心からさんごになりたいと思うシーンです。


-------------------------------------------------------------------
デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)

説明不要の本年度ブレイクNo1デスメタルギャグ漫画。
このビックウェーブは未だ止まる事を知らない・・・
業界全体をファックしてるクラウザーさん。
2巻では更にそのファック度が上昇するというからもう楽しみでビチョ濡れです。




06-06-01_07-51~00.jpg
DMC唯一の(?)パンチラシーン

下半身があればいい!
ええ、それはある意味真実なのかもしれません・・・

<参考>
悪魔も濡れる・・・「デトロイト・メタル・シティ」へようこそ!


-------------------------------------------------------------------
ユリア100式

ユリア100式 1 (1)

こちらも説明不要(?)のダッチワイフマンガ
パンツというか裸シーンの方が圧倒的に多いです。
パンツの方がレアなぐらい。

けどユリア100式は高性能ダッチワイフなので、
パンツの横から挿入モードとかがついてると思います。ホント最低でごめんなさい。




06-09-05_11-29.jpg
口では嫌がってても身体は正直

ええ。こーゆーの好きです。
こーゆープレイしません?いやがりごっこみたいなの。
演技と分かってても燃える状況。真性のSッ子です。

<参考>
究極の寸止めダッチワイフマンガ「ユリア100式」が発進です!


-------------------------------------------------------------------
モザイク

モザイク 1 (1)

山口かつみ先生の超問題作。これも当時すげー衝撃を受けたのを覚えてる。
今読み返して見てもやはりこの内容はショッキングだ。
とにかく最後まで誰も救われないストーリーが、なんつーかモヤモヤしてしまう。

が、読ませる。
グイグイ読ませる。まさに描かれているのは狂気。
教師が生徒をレイプしてるシーンなどはこれまた衝撃的だ。



06-08-27_15-26.jpg
絶望する少女たち

追い詰められた彼女たちが取った行動とは。
この物語のキーであるイカ太郎。本当に恐ろしい奴です・・・
読み終わった後、鬱になるかもしれませんが、
この問題作はマンガ読みなら是非読んでおいてほしい作品。


-------------------------------------------------------------------
ナイーヴ

ナイーヴ 1 (1)

俺がこのマンガ読んで思ったのは、本当に女の子って何考えてるかわかんないって事。
これはもう永久に分からないんだろうなぁと思う。
それは極限まで近づくけれども、決して交わらない平行線。
いや、交わる時が来ても、心が交わる事はないのだと思う。

麻衣子の怖さは純粋なほど無邪気なところ。
無邪気だから全てを受け入れてしまう。
全てを受け入れてしまう事は、やがて自分以外への不安へと繋がる・・・

SEXで始まり、SEXで繋がってきた二人が、
離れていた距離を少しずつ近づけていくという順序が何とも面白い。



Image026.jpg
エレベーターの中でやっちゃう二人

エッチシーンが多く、かなりエロいです。
中でもこのエレベーターでのシーンはたまらんシチュエーション。
そうだよなぁ、ある意味一番手ごろな密室なのかもしれない。
そしてドキドキするにはもってこいなのかも。すごく気まずいけどね!

声が出ちゃうから塞いで・・・と御願いされるのとか堪らないです。
男と女はやっぱりエッチあってこそ、だと思います。若いうちはね。


-------------------------------------------------------------------
マイナス

マイナス 2 (2)

回収騒ぎを引き起こした問題作。
人から嫌われる事をトラウマに持った教師・恩田が繰り広げる奇行。
SでもありMでもある彼女の思考回路は明らかに狂っており
その回路は止まって休む事はなく、常にフル回転の超高速で破滅へと向かっていく。

冗談半分で「やらせろ」と言えば・・・



Image028.jpg
どうぞ、と下着姿になる恩田

ここでも人間の欲望というか、いやらしい所が存分に描かれちゃってる。
この作品ほど狂気に満ちてるのは中々ない。
そしてその狂気のスピード感が・・・半端ない。
決して読者を休ませず進んでいく恩田の行動に、誰しもが驚くハズだ。

序盤の後藤くんの一家を破滅へと陥れた辺りからもうノンストップ。
その全てが純粋さから生まれてくる悪意のない行動だけに、
真剣に震えが来る異作です。気になる方は是非読んで見る事をオススメします。


-------------------------------------------------------------------
少女、ギターを弾く

shoujogita-.jpg

つゆダク」「ハクバノ王子サマ」を描く朔ユキ蔵先生が描いた問題作。
これを見てるとホント今の「ハクバノ~」はヌルいと感じる。

全2巻なのだが、表題作の他にも多数の読みきりが収録されており、
その辺りを見てもこの人は変態的な作品がすごくハマってる感じがする。
朔ユキ蔵先生が描くSEXには何か、こうスポーツみたいな爽やかさと、
人間の奥深くから滲み出てくるエロさみたいなのが同居してる
感じがする。

そしてこの「少女~」は露出狂の主人公がとにかく暴れまくる。
不快に感じる人もいるかもしれないが、このパワーだけは圧倒的に感じるハズだ。




06-09-05_10-51.jpg
子宮が、泣いちゃうよ~、は名言。

その他も心に響くフレーズが満載。
この人、間違いなく天才・・・というか異才。
あとちょっとここでは直接掲載できないけどこんなシーンも。

女の子版・変態仮面!?

変態すぎる・・
だが、それがいい。
性のリピドーを心で感じるのだ!


-------------------------------------------------------------------
しあわせももりんご

しあわせももりんご (1)

パンツの事なら自信があった俺が、一瞬にしてその自信を打ち砕かれた作品。
はっきり言ってこの人には一生勝てないとすら思った。
すげえ。この人はすげえよ。そして尊敬する。
俺と趣味がすげー合致する。この人についていきたいとすら思ってしまった。

次々と出てくる妄想に、何度も何度もど真ん中を射抜かれる。
エロを極限まで追究するその姿勢に、時に笑い・時に胸を奮わせる。
ぷるぷるしてる。




06-09-05_13-08.jpg
セーラー服の子に踏みにじられながら見上げるパンツ

正直こんなの序の口。
数々の妄想のオンパレード。
俺の夢がここに詰まってる。

エロい人生を楽しみたい人へ、捧げる。是非これは近日中にレビューしたい。


-------------------------------------------------------------------
<あとがき>
とにかく疲れました。
いくらパンツが好きとは言え、50作品のレビューを一気書きするのはしんどかった・・・!
が、やり遂げた感はあります。充実感が、ここに!
額から流れてくる汗を、パンツで拭う。

こ、このパンツは一体どこから・・・!?

・・・

しかし読み返してみると、とにかくヒドイですね。
あまりにも膨大なテキストの量すぎて、途中で何度も投げ出しそうになりました。
意識が朦朧としながら書いてるのもあります。
正直このまま公開するのはかなり恥ずかしいんですが、
まあこれもまた一つの形という事で。自分の恥ずかしい所は全部出しておきます。

50作品という事で取り上げなかった作品も数多くあります。
定番の「みかに」「ないつぼ」「こじか」といったものや、
「絶望先生」「ハヤテ」あたりも当初は取り上げる予定だったんですが、
都合上カットしちゃいました。
あと少女マンガも対象外でした。これは大きな心残りかなー
それにしても、

俺が選んだ50作品、本家ナツ100で選ばれた作品は
「最終兵器彼女」と「アウターゾーン」だけだ・・・

ま、まあ半分くらいが現行連載作品なので、この結果は当然か。
他にも皆さんの中で

なんでこの作品が入ってないんだ!?

と憤慨される方も多いと思います。
では、その作品を是非教えてください。
貴方の中の、パンツ漫画を是非教えてください。

「パンツ ナツ100」はまだ終わってない。

100と銘を打っておきながら、発表したのは50作品・・・
そう、まだあと50作品の余裕があるのです。
という事は・・・

もう一度、「パンツ ナツ100」の選考の機会があるという事です。

個人的にはもう十分なんですがw
やはりまだ全然紹介しきれてないので・・・
いつになるか、どんな形での発表になるか分かりませんが、
「パンツ ナツ100 完全版」を是非公開したいと思ってます。
それには皆様のお力が必要です。是非教えてくださいまし。

というわけでここまでの長ロング記事を最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました。
読むだけでも本当に疲れたんじゃないかと思います。
そして貴方の頭の中はパンツだらけ・・・!素敵ですね。今日から貴方も立派なパンツ教。

では最後にこの言葉で締めくくりたいと思います。




06-09-05_13-28~00.jpg

俺は、パンツがっ好きなんだ!

だからその中身には全く興味がない!



そんな情熱を持って(?)これからも登っていきます、パンツ道を!
(ただし俺は中身も大好きです。)

本当にありがとうございました!
3年目に突入した「マンガがあればいーのだ。」のスタートは
とても最低なところからのスタートです。

-------------------------------------------------------------------
<参考>
マンガがあればいーのだ。2周年です!

参加者のナツ100一覧
マンガナツ100 21~100位
マンガナツ100 1~20位


ちなみに冒頭と最後に登場してる俺の自画像かと見間違う変態鉄仮面さんは、
妄想戦士ヤマモト」でお馴染みの小野寺浩二先生の新連載、
「聖乙女学園血風録」での登場キャラでした。脳味噌が昇華するぐらいス的です。

-------------------------------------------------------------------
妄想戦士ヤマモト 1 (1)
小野寺 浩二
少年画報社 (2001/07)
売り上げランキング: 69,134
おすすめ度の平均: 5
5 お、面白すぎる!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

パンツ ナツ100見たさにこんな時間まで起きてました・・・感動しました。

【2006/09/07 03:28】 URL | ナデガタ #- [ 編集]


正直いーのだは重いので、ちょっと行くのを躊躇ってしまうことが多いのですが…
やはり、そんなリスクはこの所業を見ると屁でもないです!
いーのだはすごいなあ。
最低とは最高であるということですね。

【2006/09/07 03:32】 URL | うえぽん #- [ 編集]


どもこんにちは

とりあえずお疲れ様です
安藤=たかすぃさんとか思っててゴメンなさい
手遅れとか言ってゴメンなさい
あながちハズレでもない気もしますが…(笑
てゆーかイキナリあの画像でフキました

さていくつか感想を
>ボンボン坂高校演劇部
読みきりは読んだハズなのに内容は覚えていない
たしかものスゴく下品な内容だった様な…
探せばどこかにあると思うが探すのがメンドウだ

>爆骨少女ギリギリぷりん
ご存知かもしれませんが
同作者の”ライバル”もオススメですよ

>BASTARD!!―暗黒の破壊神
次号の「ウルトラジャンプ」から再開予定らしいです

>貴方の中の、パンツ漫画を是非教えてください
たかすぃさんほど熱く語れませんが
近日中に私のパンツマンガ(シーン)ベスト5くらいを記事にします!

長々と失礼しました
それではまた

【2006/09/07 04:00】 URL | 名無しのゴン子 #./3IxL/Q [ 編集]


すごいですね。たかすぃさんの情熱的な変態!?度にただただ驚くばかりです。
まさにパンツこそ男のロマンって感じですね。
個人的には桂センセのアイズを取り上げて欲しかった。
彼の描くパンツをはいた状態の尻はまさに神級ですよ。ホント。
てなわけでまた色々と特集してください。
お疲れ様でした。

【2006/09/07 04:22】 URL | みんみん #- [ 編集]


はじめまして

しょっちゅう観させてもらってます。なかなか面白い作品ばかりなので楽しませてもらってます。

が、

ネギまの紹介のところは、あれは一巻じゃなくて九巻ぐらいだと思いますが勘違いだったら申し訳ないです。

【2006/09/07 09:30】 URL | 風来坊 #- [ 編集]


今ヤングキングアワーズで連載中の惑星のさみだれを押します。
かかと落としパンチラです。
あと主人公の性格が良い。

【2006/09/07 09:44】 URL | 波 #- [ 編集]


小学校のころは周りはみなI"sでしたが私一人だけオヤマ菊之助を読んでいました
異端児として避けられてはいましたが結局男子全員が愛読していた事が判明。
セクトと化して放課後壮絶な論争を繰り広げたのはもう遠い過去となりました、

ベルセルクを建前としてヤングアニマルを購入した人も多いはずです。

【2006/09/07 10:52】 URL | AIM-120 #- [ 編集]


初めまして。
確かに「モザイク」は衝撃的でした。
「誰がコマドリ殺したの」の全文が自殺した少女の葬式のシーンで散りばめる様に書かれたシーン、とても印象に残っています。
そして同時にパタリロが「だーれがころしたクックロビン♪」って言ってる事にキレてましたね。一人でwww
ホント、リアルな少女の描写でしたよね。
心理も。体つきも。

【2006/09/07 11:47】 URL | 如 #- [ 編集]


はじめまして。
欲望の迸りをまざまざと拝見いたしました。
勿論それが楽しかったんですけど。

個人的には「パンチラ」という表現はチラリズムあってだなーと思うので
モロパンシーンをパンチラって呼ぶのに抵抗があります。
広義ではアリなのかもしれないですが、
少なくとも自分の解釈の狭さは知ることが出来た夏の終わりでした。

【2006/09/07 11:53】 URL | けー #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/07 12:09】 | # [ 編集]


けーさんに同意でパンチラってのはスカートからチラッと見える
その一瞬の奇跡、それがエクスタシーであり、パンモロはパンチラとは違うのです。
まあでもパンチラのみにこだわってたら選考が更に大変になりそうですし・・・w

ここまで書いて気づいたけど、パンツについて語り始めると止まらなくなりますね^^;
パンツには何か男を狂わせる要素が絶対にある。うん。
ちなみに自分が「パンツ漫画」と言われて真っ先に思い浮かんだのがI'sだったりします。
パンツを描かせたら桂正和先生の右に出るものなしかと。マジオススメ

【2006/09/07 12:12】 URL | oz #nVPVaJqE [ 編集]

お疲れ様です。
感動しました。お疲れ様です。夢に出てきそうです。購入する際、参考にさせて頂きます。

【2006/09/07 13:41】 URL | やおプー #UuzHXvTw [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/07 14:15】 | # [ 編集]

驚きました
スゴすぎます!
お疲れさまでした。
パンツな情熱に感動。

願わくば、完全版には星里もちるの「りびんぐゲーム」も着目してください。
15年前の萌え漫画です。

【2006/09/07 17:10】 URL | いつも読んでます #- [ 編集]


全部読ませてもらいましたがまだまだパンチラ萌え漫画は沢山ありますよ。
その中でも私がオススメしたいのはCLALMP先生の「ちょびっツ」。あとは
百瀬武昭先生の「マジカノ」ですかね。もちろん両方ともラブコメです。

【2006/09/07 17:26】 URL | 青リンゴ #- [ 編集]


たかすぃさん、おつかれですwさすがですね、やっぱパンツは最高です!!



【2006/09/07 17:56】 URL | レットバトラーの幽霊 #- [ 編集]


ロングエントリーに圧倒&感動しちゃいました。
おつかれさまです。

喜国雅彦の月光の囁きもおすすめです。

【2006/09/07 18:57】 URL | 通りすがり #- [ 編集]


はじめまして。
いつも楽しく見せてもらってます。いや~、今回の
パンツ祭…最高ですね(笑)
てかお疲れ様です。

次はおっぱい祭かなと
微妙に期待しちゃったりして…

【2006/09/07 20:11】 URL | レスト #ypkCTeUQ [ 編集]

あなたはパンツ神だ
パンツがあればいーのだ、と呼ばれるだけはありますね。
たかすぃさんのパンツに対する熱い想いを感じました。


個人的にデスノートのみさのパンチラもカウントしてほしかったです。

【2006/09/07 20:53】 URL | アルバオ #- [ 編集]






楽しみにしてたのに見れない・・

【2006/09/07 21:05】 URL | こま #- [ 編集]

お疲れ様です
はじめまして
2周年おめでとうございます。 そして、お疲れ様です。
もはや日本一のパンツサイトですね(笑)。 これからもどんどん独走してってください。

今回は比較的新しいマンガが多かったので、古いパンツマンガを少し・・・

いずみちゃんグラフティ  金井たつお
テニスボーイ  小谷憲一
さすがの猿飛  細野不二彦
やるっきゃ騎士 みやすのんき
MAYA  本島幸久

うーん、まだまだいっぱいありそうですね。
残り50、期待してますね。

【2006/09/07 22:02】 URL | T #- [ 編集]


長い記事お疲れ様でした。
たかすぃさんの情熱確かに感じました。早速本屋に向かいたくなりました。

私が本格的に漫画を読み始めたのは「らんま1/2」とか「ラブひな」からでした。実家においてあるんで確認できませんが、パンチラシーンあったかなぁ。「ラブひな」は間違いなくあると思いますけど。今度実家に帰ったら引っ張り出してみます。

ともかくお疲れ様でした。三年目頑張ってください。

【2006/09/07 22:29】 URL | 病弱天使 #- [ 編集]


絶望した!
いつも行ってるサイトがエ○サイトになっていたことに絶望した!

【2006/09/07 22:49】 URL | #- [ 編集]

(≧д≦)ノ~▽パンティ
エアギアもいいけど、エロさなら天上天下の方がエロいんじゃないかなーと思いますよ。

おれもくるるが好きだ!

【2006/09/07 23:03】 URL | 党利縋り #/.OuxNPQ [ 編集]

パンツだらけの記事に感動した!
あまりのパンツ全開ぶりに感動してしまいました!
個人的には「あろひろし」先生の「とっても少年探検隊」が印象に残ってたり…。
パンツを通りこえてる感もありますが。^ ^;

【2006/09/07 23:47】 URL | PoohKid #- [ 編集]


はじめまして。パンツに反応してやってきました。
パンツの奥深さに、思わず脱帽してしまいました。
パンツマンガってこんなにあったんだなぁとw

自分が小学生の頃はI’sとぬ~べ~がジャンプの楽しみでした。
I’sのカラーで乳首に星がついてるのを見た衝撃は今でも忘れられません。

残り、50作品も期待しています。
 

【2006/09/07 23:53】 URL | kaze #3XbPn6p2 [ 編集]


はじめまして。そして、50作品もお疲れさまでした。
いやー、パンツって本当に良いですね(笑)

さて、ボンボン坂の読みきりのことですが・・・
スーパージャンプの増刊(?)かなにかに
載ったボンボン坂ならば手元にありますよ。
ただ、内容は卒業式はほとんど関係なく、部長さんが正太郎くんに無理難題をふっかける話でしたが・・・・
ちなみに、それを読み返してみたら、真琴さんのパンチラシーンがありました(笑)

【2006/09/08 01:24】 URL | プチオ #- [ 編集]


火星人刑事を入れて欲しかった……ッッ!!!

【2006/09/08 02:10】 URL |   #- [ 編集]


ガンガンで連載中のながされて藍蘭島とかどうでしょ??
ガンガンにしてはパンツ多め・・・・・・というか描けるシーンにはとにかくパンツが出てきます。むしろ少し隠して欲しいくらいに。
オススメですよ~。

【2006/09/08 04:10】 URL | DON #N44bwahw [ 編集]


って訳で私のパンツマンガを挙げてみました
面白いモノではありませんが
よかったら見てやってください

【2006/09/08 05:55】 URL | 名無しのゴン子 #./3IxL/Q [ 編集]


はじめまして。(^^;)
 すごいですなぁ…実にまったく以って。しっかり読んでしまいました(否、いつも読んでますが)。
 赤松健 先生や 大暮維人 先生については他にも色々ありそうな…あれ、どっちもマガジンだ(笑)。 高橋しん 先生や 植芝理一 先生にまで言及しているのは流石!とつくづく感じました。

 シチュエーションと必然性においてアリとナシとで意見が別れそうですね、パンツって(笑)。逆に言えば、斯くも中身以上に意識的に描かれたモチーフも無さそうな…。してみれば、そうした要素(例えばシチュエーション)から分類すればもっと細分化してリストアップできそうですねぇ。

 現実的(かつ個人的)には“パンチラ”ってあまり興味無かったりするのですが、でも昔のアニメって何かしらパンチラシーンがあったような…。そうして思い出すのは『さすがの猿飛』なのですが(^^;)。神風の術、出来るんじゃないかと思ったなぁ、毛針とかかめはめ波よりは…そんな子供時代でしたよ。(爆)

【2006/09/08 07:02】 URL | Earmy-S #TvnsW32A [ 編集]


いろいろ楽しめました、読んだことないのは読んでみたいですね。

ちなみにナイーヴの所でエレベーターの中でってありますが
あれはオフィスの廊下でやってて、エレベーターで人があがってくるシーンです。

【2006/09/08 09:00】 URL | R #mQop/nM. [ 編集]


 お疲れ様でした。たかすぃさんのパンツにかける情熱(執着心)をビンビン
感じました(^^)。これからも、パンツ道総帥として、頑張ってください。

【2006/09/08 11:07】 URL | フウニン #YrMu.9dc [ 編集]


サイコ・マダラとブラザーズの作風が違うのはサイコやマダラの原作が大塚英志氏でブラザーズは田島氏単独だからだと思いますが

【2006/09/08 11:33】 URL | 222 #- [ 編集]


初めましてこんにちは50作品もお疲れ様です
「少女、ギターを弾く」2巻以降見つからないと思ったら
全2巻だったのですね・・・
マイナーだと思っていたので知っている方が居たのでびっくりです
ライブで殴りあう所排尿するところ少年と女の人が後でそこでヤル所が好きです
「つゆダク」や「ハクバノ王子サマ」は売ってるのにこれはなかなか売ってないので
「チマタのオマタ」「夢のような」も見かけないので仕方ないかとも思ってるんですが
「どうにかなる日々」の無毛信仰ですね
自分だと上手く剃れないから先輩に剃ってもらうとか
剃った所からまた毛が生えてきて泣く琴子とか
それを見てヤリたくなる先輩とかw
先生のことを話しているうちに先生のことが薄気味の悪い何かに思えてくる所とか
上手いなぁと思います
AV嬢のいとこの話や幽霊の女の子の話も好きです
志村貴子さんは日常のフワフワした所を書くのが上手いです

【2006/09/08 11:51】 URL | 佐藤 #O5mp8qzk [ 編集]


ももいろさんごが入っていて一人喜んでいたり(^^;
花Q氏の絵は本当に惹かれます。RECは青ちゃんのために買っているようなものですしw
個人的に好きなのが「ハトよめ」のワニ子のシーンなのですが、
全く場違いな上エロくないので言うだけにしておきますw

【2006/09/08 16:45】 URL | * #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2006/09/08 17:21】 | # [ 編集]


岬ちゃん・・・
柏先輩・・・
雛苺・・・

【2006/09/08 20:05】 URL | モスコビッチルルリータサンバルトマス #- [ 編集]

モテモテ王国て(笑)
> ガーターベルト
> 脱がせにくい、らしい

あれはパンツのみ脱がせてそのままGO!というものでは?
ほら、ストラップ部がパンツの内側を通っているでしょ?正しい着用法です。
生足派にはそれがわからんのですよ。
(本来は用を足す時用の機能だと思いますが)

【2006/09/08 21:33】 URL | HG #- [ 編集]


はじめまして
チャンピオンで連載されていた
「カオシックルーン」を挙げておきます。
単行本2巻でクランという少女が
パンツをずり落とされるシーンがあり、
かなり変態度が高いです
読んだことがないのであれば、ぜひご一読をお願いします
それでは、駄文失礼しました

【2006/09/08 22:37】 URL | #- [ 編集]


初めまして。よく拝見させていただいております。
さて、今回パンツ特集のようですので自分が知っている
パンツ漫画を紹介させて頂きます。

上で紹介されている「やるっきゃ騎士」の「みやすのんき先生」ですが
月刊ジャンプにて「パンタクBOY」なる漫画を連載しておりました。
(正式名称までは覚えていません。連載時にちゃんと読んでいなかったもので。)

魚拓ではなく女性のパンツの拓を取る
(但し、墨で取るのではなく特殊なボールを使用して型を取る)
という設定の段階で馬鹿さ120%の漫画ですw

そこそこの期間連載していた記憶があるので単行本が出ていると思います。
恐らくギリギリぷりん以上に探すのが困難かと思いますが
興味があるなら探してみては如何でしょうか。

【2006/09/08 22:38】 URL | 刃 #fB9WXDJU [ 編集]


お疲れ様でした、「マイナス」とか結構きついマンガ多かったですね~
実用的な所で、
「ウイングマン」「すもも」「BADだねヨシオくん!」「おとぎのまちのれな」
辺りでしょうか、個人的には。

「ディスコミ」も学園編以降は、かなり変態な、ぱんつフェチまんがでした。

【2006/09/08 22:51】 URL | nike #- [ 編集]


「BOYS BE」「ガチャガチャ」についても書いて欲しかったです。<パンツ漫画
マガジンでパンツ漫画といったら、玉越博幸でしょ

【2006/09/08 23:45】 URL | Sax #cxq3sgh. [ 編集]


しましまが好きです・・・

【2006/09/09 12:20】 URL | インディゴ #- [ 編集]


ジャンプもマガジンもサンデーも入ってるのに
チャンピオンが一作も入ってないのが
薄っぺらいなと思いました

【2006/09/09 16:37】 URL | 王者 #JalddpaA [ 編集]


はじめまして
たかすぃさんの記事をいつも楽しく拝見させていただいています。
とらぶる1巻は11月2日だと思います。
同時にアイシールド21の画集が出るとか。





【2006/09/09 21:11】 URL | 東堂りん #riOiPREg [ 編集]


はじめまして、度々来ていましたが、初めてカキコします
ぜひとも、楠桂先生がサンデーGXで連載してる
ガールズザウルスDXも入れてやってください!!

濱中アイが入っててうれしかったですww
こんど、気になってた赤灯えれじいを集めようとおもいます

【2006/09/09 21:54】 URL | スイーパー #iW0SwjyA [ 編集]


そういえば、最近読んでるマンガって
パンツマンガばっかりな様な気がする…。

・ながされて藍蘭島(藤代健・月刊少年ガンガン)
・ロザリオとバンパイア(池田晃久・月刊少年ジャンプ)
・たたかえ!たらんてら(葉生田采丸・月刊少年ジャンプ)

【2006/09/09 22:24】 URL | #- [ 編集]


初めまして!
50作品もお疲れさまです
クロスゲームが入ってて嬉しかったです

個人的には
ガンガン ソウルイーター
マガジン ジゴロ次五郎
がオススメです

【2006/09/09 22:49】 URL | 霧 #gMUx3pDU [ 編集]

あなたが神か
いやもうホント、「ありがとうございます」としか言いようがありません。
感激しました。

100と言わず全てのパンツ漫画をコンプしましょう!!
大々的に募集をかけ、パンツシーンをスキャニングして。
そしていつかまとめサイトを・・・

パンツ漫画ではありませんが、パンツの登場した漫画を数点ほど。

・ダイの大冒険 (マァムとレオナ、あとエイミさんとか)
・これが私のご主人様 (♀キャラほとんど)
・ちょびっツ (ちぃ、すもも、その他のモブなど)
・みかにハラスメント (説明はいらないかと)
・天上天下 (多数)

【2006/09/10 00:38】 URL | nova #Twf.hJ3o [ 編集]


はじめまして。
いつも楽しく見ています。とくにこういうネタ。

>寝てる間にパンツ脱いじゃう
あ、はい。脱ぎます。
癖かはわかりませんが寝つつも開放感を求めているみたいです。
気づくと全裸です。

>女の子の1人エッチってすっきりするんでしょうか
しますよ。最後に液体が出るか出ないかの違いですよ。
「言わないだけでみんなしている」「自分の体だもの、触ったりしてみたことがないわけないじゃない」と江角マキコが昔TVで言っていましたが真理だと思います。

やったことがない、というコは「触ったことはあるがやり方がいまいちわからない」のだと思います。

やっぱり女の子はほわほわした触ったらやわらかそうなかんじがいいですよねー。
友達に人気のNANAとか読みますが女の子がみんなすごーく細くてなんかイヤです。
最終兵器彼女のちせはやわらかそうですき。

こないだmixiでちらりと見に行きました。
今後もちらりと見に行きます。(名前は違います。)

【2006/09/10 07:21】 URL | デューク東郷 #- [ 編集]


以前から読ませていただいてますが、今回の記事に感激してコメントしました(笑)。
私としては、やはり濱中アイが入っていて嬉しかった。個人的に言うと、天上天下も入れて欲しかったなぁとも思ったんですが、エアギアがあったので満足しました(笑)。

【2006/09/10 23:19】 URL | 秘書 #- [ 編集]


二宮ひかるさんはこのリストだと厳しいかなぁ、と思ってたら入っていてビックリしました。
作風の割には登場シーンが少ないもんで…

【2006/09/11 03:00】 URL | Lettusonly #cQATaGL. [ 編集]


やはりハヤテのごとく、ヒナちゃんのオレンジフリルはいれて欲しかったです。マリアさんでもいいですが。
後、登竜門のドラえもんとか。

その他、夢で逢えたら、ショッキングBOY。
13年ほど前のジャンプ読みきりでスポットライトとか言うタイトルだったと思うけれど、バンドメンバーの少女のM字の中にこけて顔を突っ込むシーンが強い印象。
封神演義で趙こうめいが一話だけのっとったときの「パンチラ」はカウントされます?

ちなみに、パンチラで購入を決定した漫画がダイの大冒険、いちご100%。

【2006/09/11 03:15】 URL | #pDx.h.hk [ 編集]


体を覆う面積は水着と同じなのに・・・。どっかの国では女性は屋外で肌を見せないらしいですが、そういうところの男は女性の手足だけでもエロを感じるんでしょうか?

【2006/09/11 11:24】 URL | お茶妖精 #- [ 編集]


こうしてみるとこつえーの「ぱんつはいてない」のギリギリズムはじつにうまいとおもいますね
パンツが見えすぎてもうこれ以上のきれいな女の子のセクシーさは表現しにくくなった所を
下着の描写にに頼らず妄想に任せる事によって打ち破ることが出来たのです。

ぱんつをはいているのかいないのか観測するまで誰にも判らない、
つまり「シュレディンガーのぱんつ」です。

【2006/09/11 12:12】 URL |   #- [ 編集]


はじめまして~
いつも楽しく拝見してます
自分としては桂先生の電影少女がバイブルだった
この50作品以外にも
いけないルナ先生、やるっきゃ騎士(ナイト)、変幻戦忍アスカ、
ホールドアップ☆キッズ、甘い生活などなど
ぶっ飛んだパンツ漫画オススメです
今後もパンツ道を突き進んでください、応援しています

【2006/09/11 21:45】 URL | に~ちゃん #EBoX69MQ [ 編集]


パンツと言ったら「しあわせももりんご」!と考えていたので、50番目に載っていたのを見て狂喜乱舞しました。ありがとうございます!
まだまだマイナー?な作家さんですし、いーのださんでレビューして貰えるとファンが増えるんじゃないかなーとドキドキです。単独レビュー楽しみに待っていますね!

【2006/09/12 03:49】 URL | さとこ #/TenOoYI [ 編集]


「いづみちゃんグラフィティー」金井たつお
当時はドキドキでしたー。。。。

【2006/09/12 21:10】 URL | #- [ 編集]


個人的には稲中卓球部が入ってるかと思ったんですが、入ってなくて少し残念です。
パンツ脱がしてキュウリとナスを入れるところとか大好きなんですが

【2006/09/13 15:45】 URL | 44c #4LGIOTDw [ 編集]


何というか……凄いですねー(^^;)
「兄ふんじゃった!」の4巻(64話)で委員長がパンチラしています。パンモロじゃ
ありません。多分。ちなみにこの委員長、眼鏡を外すと可愛いんです!定番ですが
好きです……
「三つ目がとおる」の和登さんも結構パンチラしています。パンモロに近いですけど。アクションシーンが多いですからね~。
良ければ読んでみて下さい(^^)

【2006/09/14 18:20】 URL | #- [ 編集]


士郎正宗も取り上げて欲しかったです。

【2006/09/15 15:33】 URL |     #- [ 編集]


かなり古い作品ですが、鏡丈二・金井たつおの「ホールインワン」(ジャンプコミックス)も、女子ゴルフプレイヤーのパンチラシーンが多くて、イイ!と思います。

【2006/09/30 02:59】 URL | #- [ 編集]


ハヤテでのマリアさんの横パンを入れて欲しかったw

【2007/09/23 09:21】 URL | o33 #- [ 編集]


こんなのどうですか?

ケロロ軍そう
パパの言うこと聞きなさい!
スーパーロボットコミック(マジンガーZ諞)
柔道部物語
トレジャーガウスト
メジャー
家庭教師ヒットマンREBORN!
ロウきゅーぶ
etc
ってなところです
自分が知ってるのははい

お願いします

【2012/01/09 00:47】 URL | パソコン人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/356-a5fb7d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋愛/恋愛

恋愛について悩みを解決するには、まずは恋愛についての正しい知識が必要です。そこで、恋愛についての情報を集めました! 恋愛について調べて、恋愛に関する悩みを解消しましょう! スポンサードリンク 悪魔のような成約率!3人に1人が購入!あなただけ.. お悩み解消ネット【2006/09/07 03:04】

パンツナツ100

【マンガ】パンツ ナツ100(マンガがあればいーのだ。様)パンツパンツパンツ・・・。さすがはパンツの貴公子やらパンツの帝王の名をヤマカム様と競ってるだけのことはありこのパンツ密度は圧巻です。知ら ヤルキナシ【2006/09/07 22:07】

マンガ ナツ100Part.2 ~パンツ編~

パンツがあればいーのだ。様で「パンツ ナツ100」なる企画をやっている。簡単に説明すると、パンツの帝王・たかすぃさんがマンガのパンツを語っているのだ。その記事内で貴方の中の、パンツ漫画を是非教えてくだ い~かげん人間のダメダメだいあり~【2006/09/08 05:54】

えへっ僕はHな男の子の味方ですから

パンツ ナツ100 ぱんついっぱいですの。 何が良いって一番最後に 「しあわせも ましもしもしもですけど?【2006/09/08 14:33】

[漫画]パンツナツ100結果発表を受けて補足。雑誌別、属性別の傾向など。

 http://mangaen.blog30.fc2.com/blog-entry-356.html  まずはたかすぃさん、お疲れ様でした。    で、一寸補足と解析。  まずはあの一覧には無い情報を補足。作者名、連載された雑誌名、連載開始年、パンツを晒してるキャラの属性を入れた一覧表を作ってみました。 情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明【2006/09/09 23:55】

[ナイーヴ][復讐のように][未収録作]はかない作風……の中にも

マンガがあればいーのだ。と言うブログで”パンツ ナツ100”と言うエントリが注目を浴びているようです(もともとははてなの注目URLに入っていたので気がついた)。 マンガがあればいーのだ。 パンツ ナツ100 パンツをフィーチャーしたマンガナツ100……… こういうのに ある二宮ひかるファンの日記【2006/09/11 03:06】

まんがぱんつ史

「酔拳の王 だんげの方」さんの「マンガ ナツ100」 → 「マンガがあればいーのだ」さんの「パンツ ナツ100」にいたく感銘を受け、とりあえず無駄に長く生きてるんだから 「少年誌におけるぱんつ bootleg【2006/09/21 06:06】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。