マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート感想・考察 page.55「創造」
2005年02月01日 (火) | 編集 |
20050201013708.jpg
解放されたライトとミサ。
ここからライトの逆襲が始まる・・・!?
「禁断の技」再び!
さあ今の状況を整理し、L側の動きと共に考察していきます。

【Lとライトのデッドラインのルール】
さて今回かなりの情報(ルール)がL側に流れました。
その中には巧妙な嘘が含まれているのがまた絶妙です。マイッタ。
これでまた考察・推理にかなり制限を課せられた事になります。

今現在L側が知ったノートの情報・ルールと、
ライト側がL側に知られたらマズイルールとのデットラインを整理してみましょう。

◆今回まででL側が得たデスノートの情報・ルール
ルールはちょっと分かりやすいように要約してます。

20050201013713.jpg
「表」表紙に書かれた、デスノートの基本的なルールが判明
 ○デスノートと死神の存在
 ○デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ
 ○名前を書く人の顔が頭に入ってなければならない(同姓同名はダメ)
 ○名前を書いた人間は最短で40秒で死ぬ(死因を何も書かない状態)
 ○死因を指定する事が出来る(指定しなければ心臓麻痺になる)
 ○死ぬ直前の行動を操る事が出来る

ヨツバ会議でのシュレッダーにかけられた「殺しの規則」から判明した事

20050201013718.jpg
 ○名前は通称名ではダメである(Lなどでは効果がない)
 ○死ぬ直前の行動は、特定の誰かに対しての言動・行動をさせる事は出来ない。
  他の人間の名前が書かれた場合、操作は無効、心臓麻痺になる。

一連の火口確保作戦で得た情報
 ○デスノートに触れるとそのノートに憑く死神を認識する事が出来る
 
今回レムから得た情報
 ○他のノートが存在してた場合、そのルールはすべて同じである
 ※ただし嘘ルールは含まないがL側はどれが嘘ルールか分からない
 ○死神と取引した場合、実際に名前を見ると分かる目を得る事が出来る

ライトが「創造」した嘘ルール(「裏」表紙) ※重要
 ○ノートに名前を書き込んだ人間は、最も新しく名前を書いた日から、
  13日以内に次の名前を書き込み、人を殺し続けなければ自分が死ぬ

 ○ノートを刻む・焼くなどして使えなくなると、
  それまでノートに触れたすべての人間が死ぬ


20050201013723.jpg
※リュークによって捏造されたルール。

・・・以上が今までL側が得たノートの情報です。
とにかくこの「嘘ルール」がよく出来てますねぇ。
インクの成分が人間界に存在しない、というのもまた・・・
それすらもライトは知ってたのか?こいつ鬼やで・・・
「嘘ルール」に対してのL側のアクションはまた後述します。

◆ライト側がLに知られてはいけないデスノートのルール
まだまだL側が知ったのはデスノートの一部分のルールに過ぎない。
ライトがLに知られると危険なルールを書き出していきましょう。

○デスノートから切り取った切れ端や1ページでもデスノートの特性は有効
 →L側にとってここを検証できるか出来ないかが大きな鍵になります。
  そして破られた「切れ端」をLは発見できるのか・・・?
  ここに関しては後述します。

○文字として残れば書くものはペンでなくても血でも化粧品でも構わない
 →ライトの時計&針トリックに気付いてしまうかもしれません。
  あの状況(ヘリの中)で字を書くものは・・・血しかないですからね。

○デスノートは所有権を放棄する事が出来る。
 またそれによってデスノートを使っていた記憶もなくなる

 →これは「自分の意思」なのか、「死神の意思」なのか・・・
  そこを判別できるかがL側のキーポイントです。

○デスノートの所有権は再び得る事が可能である。(記憶を戻す事が可能である)
 →Lが一番気にしているのはココですね。
  失った記憶を戻す事が出来るのか?それを証明するのは難しいですが・・・


今の状況でL側が判明したいのは「記憶」です。
ライトに「キラ」としての記憶が戻ったのかどうか。
今後そこを重点的に突いてくるのでは、と思います。

そして今回判明した「ルール」を試す事も先決です。
しかしそれはどうやって試すのか・・・!?
死刑が決まってる犯罪者?(リンド・L・テイラーのような)
そして「嘘ルール」を切り崩す方法とは?予想していきましょう。


【嘘ルールをLは見破れるのか?】
ジャンプ感想サイトの予想者達が一番苦悩したのが手錠だったんですが、
まさかこういう方法で身の潔白を証明し、手錠を外すたぁー思いませんでしたよ。
今回は気持ちのいいやり方でした。いつもこうだといいんですが。
ライトがリュークに書かせた嘘ルール・・・2つ。

「13日以内にノートに次の人間の名前を書かないと自分が死ぬ」

このルールはまさにお見事です。ライトの会心の一撃でしょう。
勿論、この13日という数字、

○ライトがキラ時代に行った殺しの周期は13日以内であること
○Lが自分を拘束するであろう最低日数が13日以上であること


この2つをしっかりと見据えた上での「13日」という数字です。
「13日の金曜日」と何か関係あるんですかね。うん、ないですよんね。
もう一つのルールは「ノートを消滅」させられない為の手段なので、
L側たちにかかる規制はほとんどゼロに等しいものです。
(もとよりLはこのノートを処分する気は無かったハズ)
問題はこの「13日の嘘ルール」です。

◆「13日の嘘ルール」をLはどう破るのか。
今回Lも大きく苦悩してましたが、やはり鍵は「記憶」にある、と見るでしょう。

20050201013731.jpg
「ノートを使ってた人間がその使ってた記憶を失うという事は?」
このLの問いに対して、レムは否定も肯定もしてません。
つまりLにとってはそれは「0%ではない」という事になります。
1%でも・・・Lはその1%に賭けると思います。そういう人間です彼は。

つまり、Lはこう予測します。

「記憶をなくしてる間は、このルールは適用されなくなる」

デスノートの記憶は任意でなくす事が可能であると推測。
そしてその記憶がなくなってる間はこのルールは無効になる・・・
新しくそのノートを使った人物にそのルールは受け継がれる。
そう考えれば、今の状況は決して矛盾してるものではなくなるのですよ。

◆火口が死んでから13日以内に殺人が行われるか。
さてルールが受け継がれると推測したL。(実際はそんな事は一切ありませんが)
そのルールを受け継いだと思われる火口が死んだ今、
その「火口を殺した者」がルールを受け継いでると推測します。
また再び13日以内に殺人が行われれば、
そのルールは適用されてるという事になりますし、
もし13日以内に殺人が起こらなかった場合・・・
そのルールに疑問点が生じる事になります。

ただし、ここまで書いてなんですがこれはどうにも証明できません。
だって本当にタダの殺人なのか、デスノートによる殺人なのか。
それはさすがのLも分かりませんし、証明できませんからね・・・

◆ライトに記憶が戻ったと仮定したとしても・・・!?
となると、「13日の嘘ルール」を解くキーポイントは別の所から攻めなくてはなりません。
「ライトに記憶が戻ったと仮定」するのです。
ライトに記憶が戻った=「13日の嘘ルール」が引き継がれた
とし、ライトの行動を13日間・・・
正確には火口が死んでからすでに2日経ってるので11日間・・・
ライトを監視する必要があります。
ライトがその間ノートに名前を書く作業を何もしない・・・がライトは死なない。
そうなればそのルールは「嘘ルール」、
死神が後で付け足したものだ、と予想するかも・・・しれません?

しかしながら、手錠が外れた今、これも不可能です。(ライトをずっと監視できない)
結局Lは「記憶をなくした間はそのルールは適用されない」という推理の元、
これから話を進めていかなくてはならなくなります。
ライトはLの中で「白」になる事はありえませんから・・・

というわけで考察すれば考察するほど、
「13日の嘘ルール」は良くできてるという結果になりました。むう。
Lの奇想天外な発想を期待しますよ・・・

※そういえば奈南川に1ヶ月殺人を止める、という案を出させてましたが、
 それってもし実現してたらライトにとって大きな不利だったのでは・・・!?
 ミサがすぐに火口を特定したから良かったですが、
 普通にやってたら13日過ぎちゃってたような気もします。
 ちょっと危なっかしいですね。


【ライト側にある3つのほころび】
今のライトにとっての不安要素、というか危険要素は3つ。
ズバリ、「レム」・「ミサ」・「切れ端」です。
一つ一つ考えていきましょう。

◆レムはライトの完全な味方ではない
 →レムの行動理念は「ミサ」。
  ミサの為を思ってこその、今のライトへの協力なのです。
  ミサにとって不利益になると判断した時のレムの行動が
  ライトにとって大きな不確定要素でしょう。

  もう一つ、このライトノートの監視権はレムにある、
  すなわちレムはライトに憑いていなければなりません
  このルールは絶対なのか?
  もし絶対なのであれば、ライトが捜査本部から出た時に
  レムも一緒に出なくてはなりません・・・

  まあそれだと矛盾が生じるので、このルールは絶対ではないのでしょう。
  なので問題なし、とします。

◆ミサがレムを認識している事はライトの想定外である。
 →さすがのライトもここまでは絶対に予想していない。
  ここは言い切れる所です。まさにレムの気まぐれですからね。
  
  さてライトが把握してないミサの状態は以下の通りです。
  
  ○レムを認識できている
  ○ライトがキラである事を知っている
  ○更に記憶をなくし、再び取り戻すように計画した事を知っている
  ○デスノートの特性を理解している
  ○自分が第2のキラであった事を知っている


  すべてのキーを握ってるのはミサと先週言いましたが、
  ぶっちゃけな話、ライトにとっての爆弾もミサなのです。
  Lにとって口の堅い死神レムから情報を得るよりも、
  少し突っつくとボロが出るミサから口を割らせる方が簡単・・・!
  
  Lがミサを怪しいと思うキッカケで予想されるのは・・・・

  ○Lや松田・摸木たちがレムと話してるのを見て、
   思わずレムと話してしまう。(フツーに存在してるものとして扱ってしまう)

   →ノートを触れてないミサがどうして認識できてるのか!?
    ここがLにとっての突破口!?

  間違いなく尾行・監視がつくと思うんですけどねぇ・・・ミサには。

◆切れ端の存在・・・レムがライトノートから切り取ったモノ
 →ここに関しては先週の感想で詳しく述べたので割愛。(そちらを参照して下さい)
  「切れ端」でもレムを認識する事できる
  という事実をL側が知った場合、また状況は変わる・・・

  色んな方に賛同もらったこの要素、
  果たして本編で触れられるのか・・・?

この3つがライトの計画にどんな支障を及ぼすのか。
キーはこの3つの中にあると思います。


【忘れてはならない。彼らは一体どこへ?】
忘れてはならない人たち。

20050201013738.jpg
アイバーと、

20050201013754.jpg
ウエディ。

ヨツバ編では大活躍した彼らですが・・・用済みで帰った、
という記述はまだありません(禁断の技ですでになってるかもしれませんが)

彼らの役目は・・・まだ終わってないんですよ。
まずウエディ。彼女は引き続き監視をし続けます。
誰を・・・?


20050201013800.jpg
ミサです。

Lにとって唯一名前を知られてる可能性があるのがミサ
それはLも重々承知しており、危険度も高いはずです。
「失った記憶は再び戻る」とLが予測するならば、
ミサをほったらかしにするのが一番危険なのです。
だからこそ、監視します。夜神パパたちにバレぬよう。
・・・ライトとミサにバレぬよう。
ミサノートを掘りにいくミサを、ウエディが追跡します。
Lにはまだ優秀な手駒がいるんです・・・っ!

そしてアイバー。彼には重大な役目があります。
Lからデスノートについて相談を受けたアイバー。
彼はLに一つの提案をします。

アイバーがデスノートを使用する

そう、「13日の嘘ルール」は本当に実際にそうなるのか?
Lはそこに大きな疑問を持ちます。
しかしそれを試す事が出来ない・・・
そんな時のアイバーです。何よりもスリルとドキドキ感を愛す彼です。

「名前を書かなかったら死ぬかもしれない・・・最高のスリル感ですよ」

スリルとかそんな問題じゃねーだろ!
そんな事を言いながら、Lが止めるのを振り払ってデスノートに名前を記す!
身をもって証明した事により、「13日の嘘ルール」は崩れる・・・か?

・・・ウエディはありえる話ですが、
アイバーはちょっとありえないですね・・・
さすがにそんな事しないかな・・・まあありえない展開がデスノートですから!


【ライトはまだノートの切れ端を隠し持っているのか?】
これはもう作者次第で何ともできちゃうんですが・・・
ここまで手の込んだ事をしてるライトです、
実はまだどこかに隠し持ってる可能性もあります。

ライトのスゴイ所は、あらゆる可能性を考えて手を打っている所。
もし今回仮にミサノートを入手する事が出来ず、Lに押収され、
ライトノートもLに押収されてる状態になったとしたら・・・
2冊のデスノートがライトの元からなくなってしまう事になります。
そんな事態も想定して・・・1ページぐらいどこかに残してあるのかもしれませんね。
・・・Lサイドの人間たちを殺す為に。

この設定は後付けでどうにでもなるから予想してもしょうがないんですが。
何となく、まだ持ってる感じがしてならないんですねぇ・・・


【来週は「抱擁」ですが・・・】
うーん誰かと誰かが抱擁するんですかねぇ。
最近タイトルだけの予想は外しまくってるので当てたい所ですが、
抱擁となると今週のラストのライトとミサの抱擁しか思い浮かばん・・・

ミサノートを掘り返すミサミサ!
蘇る記憶!リュークとの再会!
嬉しさのあまりリュークに抱きつくミサミサ!リュークとの抱擁!

・・・違う。違うよそれは!
けど他に思い浮かばないのでそれでいいや!(また当たらねー)

それにしても今週は禁断の技が再び使われました
(もうこれは今後も多用されると考えていいっすよね)
後のLとミサの抱擁シーン?にも使われてるっぽくて嫌だなぁ・・・
(松田を引っ張ってLの元に戻るまでの時間、ずっと二人は抱き合ってた事になるし)

最後に・・・火口がライトノートに書いてきた名前・・・

20050201013806.jpg
「生魚」って何!?「生魚 誤利男」・・・
いやすぎるーーーーーーーー!
すんげえマズそうな名前だこと・・・


【パンチラしないミサミサ】
SnowSwallow」さんのトコで熱く語られてるw

20050201015952.jpg
このギリギリ感!?焦らし感!?
たまらないですよねYukimiさん・・・!
けど俺はちょっと見えてた方が燃える・・・!
チラ見え好きでもあったんですーーー!(何を言ってるんだ)

あと・・・

20050201015956.jpg
このコマはパンチラでは!?
という意見があったみたいですが・・・
影です!そう影なんですよ・・・
えっと、パンツは白が好き派です。(ホント何言ってるの)

ただミサミサも最初の頃はかなり頻繁に出してたんですけどねぇ・・・

20050201020001.jpg
見せパンだったのか!?
(4巻/page.29「武器」より)

※Yukimiさんトコは今週もノートの移動や監視権について分かりやすく
 まとめてくれてます
ので先週からの引き続きこんがらがってる方は
 是非どうぞ~パンチラ話だけじゃないですからねw

デスノート5巻、もうすぐ発売です~(2/4発売)
「HOW TO USE」が楽しみですな。
それについての検証・考察も出来たらやろうと思います・・・
--------------------------------------------------------
過去のデスノート感想はこちら。
page52~
page36~51
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
こんにちは
はじめましてー。
シータと言うものです。
失礼ながらTBさせて頂きました。

いやぁ、こりゃ素晴らしい考察です。
本格的すぎて感服してしまいました…。

ミサの行動に全てが委ねられているのですが、
ミサ自体の存在も月にとっては不安定要素でしょう。
しかし、ミサには火口からキラであることを聞き出したと言う器用さもあるので、あっさりデスノートを掘り当てるかもしれません…。
レムに関しても、所有権が月にある以上は月とともに行動することが前提ですので、月もばれないようにLとともに行動すると思います、Lの監視を含めて一石二鳥ですし…。
Lの打開策はまだ見えませんが、確かに13日ルールがありますね…。うーん…。


いろいろとまた考えさせていただきました。
また来訪致します…。
では失礼させて頂きます…。

【2005/02/01 13:29】 URL | シータ #- [ 編集]

また来ました♪
今週も考察お疲れ様です♪
読み応えがあるのでたかすぃさんの考察は
やっぱり好きです!
今週も面白かったですねー。
禁断の技も再び登場だし…もう禁断の技には驚かん!
月は本当に頭いいですよね…。
13日ルールにはもうびっくり。相沢さんが「裏表紙のほう…」って言った時に裏表紙って?!ってページめくるのワクワクしましたよ。
どうでもいい事ですが、死神のインクの成分ってどんなんやろ…新物質の発見で鑑識課は騒然としていたかもです笑 
手錠がどうしても邪魔と思ってたので、これで月がある程度自由に動けるようになって益々目が離せない感じです。
でも月が白って判断されたことで、心底ホッとしてるであろうパパが…可哀相でなりません(笑)

たかすぃさんが、実現してたら月にとって危なかったかもっておっしゃてた、奈南川に1ヶ月殺人を止めるように言った時の殺人の対象はヨツバ関連の人物(犯罪者ではなく、企業にとって邪魔な存在)のことだったんではないでしょうか…?
だからきっと1ヶ月、あの会議で決める殺人は止まってても元々の「キラ活動」である犯罪者裁きは止まっていなかったんではないかと思います。それなら13日ルールにも引っかからないと思いますしね。
それに火口自身も13日ルール信じてたんじゃないでしょうか。レムがわざわざそれは嘘のルールだって教えるとは思えませんし。
そしたら例え、会議で決められた殺人を1ヶ月止めてたとしても、キラ活動を続けてたのでは。
キラ活動を止める権利(こんな言い方も妙ですが)はヨツバ会議にはありませんからね。
だからきっと13日ルールが破られることはなかったのではないでしょうか…。

来週も楽しみですね!
ミサが上手くノート掘り出せば、現在進行形でやっとリュークが本誌に登場…かな?
では失礼しますね。また来ます!

【2005/02/01 15:32】 URL | まる #VzqExlng [ 編集]


そういや詐欺師とかいきなり出てこなくなりましたねぇ。使い道がなくなったから?
13日ルールはよかったですね。私は単純に不吉な数字に合わせただけかと思ったら、そういえばなんか13日周期で殺してましたっけ。コミック持てるけど忘れてましたわ。
たかすぃさんはそこらへんすごいですよね。毎回毎回。

【2005/02/01 23:58】 URL | あるてぃ #- [ 編集]

うぉっ!!
さすがたかすぃさん、毎度のことながら練りこまれた考察に脱帽です。

それにしてもやっぱり13日ルールは傑作ですよねー。
私は最初読んだとき、普通に新しく判明したルールだと思って信じてしまいました。
この真実の中への嘘の紛れ込ませ具合は見事としか言いようがありません。

あとはLがどうやってこの嘘を見破るかですが、このへんはミサとレムの両方から同時多発的に切り崩されそうな気がして今からもうハラハラしてます。

【2005/02/02 00:10】 URL | ひらりん #- [ 編集]

皆様ありがとうですー!
デスノ考察は苦労してる分コメントあるとすっげー嬉しいっすー^^

>シータさん
シータさんはじめましてーーー!!
実はシータさんのブログには何度もお邪魔させて頂いてたんで、
(燕。さん繋がりですね。コメント等は残してないんですが)
そのシータさんがうちに来てコメント残してくれてる事に感激しておりますー
ありがとうございます!TBもどうもです!

さてうちの考察をお褒め頂いて嬉しいです。
ってかシータさんのトコもかなり突っ込んでて
見事な考察だと思います。
んでもってうちともかぶってるトコもけっこうあったりして、
視点が近いのかなぁ~とか思ったり。
けどそんな本格とかではないですよー
そう頑張って見せようとしてる(?)だけです・・・

ミサはホントかなりキーポイントですねぇ・・・キーパーソンか。キーガール?
確かに火口を手玉にとったりと、けっこう頭の回るミサですが、
今回はその回る方向が間違った方へ行ってしまいそうで・・・
ライトからほころびが出ないのであれば、ミサから出るしかないですからねぇ。
ライトもしばらくはLと一緒に行動するんでしょうか。
ミサがノートを掘り出してくるまではそうなんでしょうね。
けど解放されたのに家には帰らない・・・!?
あ、家出みたいな状態になってるんでしたっけライトは。

13日の嘘ルールをどう打開するかがこれからの予想のしどころですね!
こういう予想・考察の幅を持たせてくれるとこちらとしては面白いんですよね。

というわけでこちらからもシータさんのブログに遊びいかせてもらいます~(すでに行ってますが・・・)
これからもまたよろしくお願いします!

>まるさん
まるさん、今週の考察にもコメントありがとうございます~
こうしてコメント残してくれるのがブログやってて一番嬉しいです^^
更に読み応えがあるとか言われた日にゃー
もう頑張りますよ!更に読み応えがあるように!(単純に文を長くするとかはしないようにはします!)

13日ルールにはやられましたねー
まさか嘘ルールで手錠を破るとは・・・ライト恐るべし、ですよ。
死神のインク成分、気になりますねw
死神界にいる死神の血とか・・・?それを混ぜて加工してるとか。
そもそも普通のインク自体、元は何から作ってるかよく知りませんからねw

パパの心境はようやく落ち着いたというトコでしょうか・・・
嘘とは言え、明らかにライトがキラじゃない、という証拠が出てきたんですし、
これでパパの重荷もちょっとは降りるのでは?
そんなパパンをライトは殺すんでしょうかねぇ・・・
最終的にどうするかがまた楽しみです。

殺人を一ヶ月止めるように指示した件ですが、
まさにこれまるさんのおっしゃる通りですねー!
「キラである犯罪さばき」と「ヨツバの利益に繋がる殺人」は別モノですもんねー
更にあの嘘ルールを火口は見てるわけですもんねぇ・・・
火口へのコントロールという意味でもホント良く出来てるルールだなぁと改めてしみじみしちゃいました。
この嘘ルールが火口へも影響してるという所まで読み込んでる方は少ないと思うので
まるさん鋭いです!
しかしライトはホント恐ろしい程頭がキレますね。
あれで設定上では自分より年下になってるからオソロシイ。

来週はどんなシーンからスタートするんでしょうかね。
いきなりミサが山でノートを掘り出してるシーンだったrして・・・
うーんミサの記憶は戻るのか?
戻らないと見てるんですけどねぇ・・・
来週以降の展開、ホント読めませんね。
Lの逆襲がどこまで逆襲できるのか?
クライマックスなのか?ホント楽しみですね。
リューク再登場を願いましょうw

であであまた宜しくお願い致します~ありがとうございました!

【2005/02/02 04:36】 URL | たかすぃ #SQSVmp92 [ 編集]

長くなったのでレスを2つ分け
>あるてぃさん
アイバーは絶対もう一度登場すると踏んでるんですが・・・
対して活躍してないですもんw
ミサを面接しただけじゃんかー!

デスノートは死ななかったキャラに対してはけっこう長く使っていくと思うので(相沢とか)
あれだけしっかりデザインしたキャラを使い捨てる事はないかなーと思ってます。

あと13日周期の殺人ですが・・・
ライトその周期で殺人してないかもです。
L側はライトがキラ時代の時の殺人をすべて検証するのは難しいですしね。
出来ても殺人か事故なのか判別するのは厳しいでしょうし。
犯罪者のみをターゲットにする、というライトの確固たる理念があればいいですが、
邪魔になったら殺す、という理念が先行してますからね・・・

いつもコメントありがとうございます^^

>ひらりんさん
ひらりんさんこんばんわ~(時間的におはようですかね?)
練りこまれた感想と言ってもらえると嬉しいっす。
最初の「うわっ」はあまりにも長すぎての驚きでしょうかw
短くしたいんですけどね・・・あれも・・・これも・・・
それを分かりやすく・・・って考えると長くなっちゃうんですよねぇ。
そもそも長いのが分かりやすいかどうかが怪しいんですが。

13日ルールはホント傑作です。久々にスカっとさせられました。
ノート交換や時計はしっくりきてませんでしたが、
こういう偽りで騙す、というのは見ててハラハラもしますし、
ワクワクもしますよね・・・ライトは鬼。

ミサとレム、両方からほころび出てきちゃいますかねぇ。
ミサはもう確定だと思ってますw
レムも・・・ライトに不利な事だったら言うか?
久々の必殺Lの誘導尋問に引っかかるかレム!?
リュークは一瞬で引っかかりそうです・・・w

いやぁ来週が(も?)ホント楽しみですねぇ。
そろそろ新キャラがまた出てくるか・・・!?
それとも終わりになるのか・・・!?

【2005/02/02 04:44】 URL | たかすぃ #SQSVmp92 [ 編集]

こないだの
こないだ「火口の死によってどうしてライトに所有権が移るか」という疑問をもっており、その旨カキコさせていただいた者です。
それに対して丁寧にコメントしていただきありがとうございます☆
よ~くわかりました。
5巻も手に入れ、早くも6巻が楽しみです。

【2005/02/04 19:35】 URL | さと #- [ 編集]

6巻は4月だから早いですね!
さとさん、コメントありがとうございます~
この前の説明で分かりましたかね?
良かったですーまた何か分からない事あったらガンガン聞いてください!
・・・分かる範囲でお答えしますw分からなかったらごめんなさいー
一応どんな質問にも妄想込みで答えますよ!(ぇ)

5巻を見てるとまだ火口が健在で涙が出そうです。
うそです出ません。早く死んじゃえーとか思ってます。いや、さすがにそこまでは・・・(どっちやねん)
今回6巻へのスパン短いですねー
まあ本誌はもう7巻の内容まで突入してますもんね。
5巻のHOWTO・・・についても来週辺り解説していきたいと思ってますー
また見てくださいねん。

【2005/02/04 20:37】 URL | たかすぃ #SQSVmp92 [ 編集]


海砂のパンチラもっと載せてー。(下さい)

【2007/04/22 14:59】 URL | ニアニア #- [ 編集]

パンチラコール
パーンチラ!パーンチラ!兎に角パンチラ。海砂最高ーーーーーーーーーー!ここの管理や記載作ってる人も最高ー!

【2007/04/22 15:03】 URL | ニアニア #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/33-a2e5f5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆death note◆今週号の考察

ジャンプ感想とは別項で先に、デスノートの検証・考察です。まだ読んでいない方は注意ください。●前回より予想まず最初に、27日現在の次回予想はこんな感じです。・火口死亡。・月の記憶を回復。・ノートだけは回収されてLが調査・分析。・回収さ 蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ【2005/02/01 13:14】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。