マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三大少年マンガの新旧交代
2006年05月19日 (金) | 編集 |
いよいよW杯が始まろうとしています。
各メディアでW杯特需にあやかとうという動きがある中、マンガ業界でもそれは例外ではありません。
二大少年誌にてサッカー漫画の連載がスタートします。




06-05-19_16-40.jpg
少年サンデーで連載がスタートした「GOLDEN☆AGE」

今回の主人公は最初からスーパースター級の実力の持ち主です。
そういう設定の場合は、環境が悪いってのが相場なわけなんですが、
当然のごとくその黄金の流れに沿った展開になっていきます。
それにしても・・・この絵柄・・・どこかで見た事がある気が。
作者の寒川一之先生は新人という事ですが、これは・・・河合先生の絵柄か?

サンデーアシスタント系統図ではそういった記述はないんですが・・・
連載始まったばかりだからですかね。それともたまたま?
妙にほのぼのした雰囲気が何かこう、河合節を感じざるを得ません。

さてこれに対してマガジンのサッカー新連載は・・・




06-05-19_16-41.jpg
主人公がいきなりマネージャーでスタートの「エリアの騎士」

エリアの騎士・・・何っつーか、こう・・・ちょっとこっ恥ずかしくないですか?
今週から始まった野球マンガの「ダイヤのA」もそうなんですが、
うん、何か恥ずかしいです。むずがゆいです。ちょっと現代風ではない感じが・・・
さてそんな「エリアの騎士」、原作は伊賀大晃。
これは数多くあるあの樹林伸の新しい名義になってます。
古くは「シュート!」を手がけた彼でもあるのですが・・・
今回のこの連載について、開始前のインタビューでこう述べてました。

>僕は『シュート!』でやり尽くしましたから。
>あそこで培ったサッカーマンガとしての面白さの演出プラス何か、
>新しいキーイメージが見つかったらもう一回やろうと思ってた。
>まだ秘密ですけど、それが見つかったんです。
5話目ぐらいでたぶん、“え~っ!”って驚きますよ


5話目ぐらいに仕掛けられた大きな仕掛け・・・
それは一体何なのか?
「シュート!」といえば久保さんです。
伝説の11人抜きの後、帰らぬ人になってしまうのはもはや忘れられないエピソードなんですが、
ま、まさか・・・第1話目からすでに死相が漂ってましたが・・・
傑・・・し、死んじゃう?ま、まさかね、そんな安易じゃないですよね。
そう信じたい。もっと驚く事が僕らを待ってるハズ。




06-05-19_16-42.jpg
生乳揉みが決行されたー!とか。

これには驚きです。それこそ“えーっ!”ですよ。
素晴らしい。乳揉みこそロマンです。
はっきり言って俺は揉みたい。ええ心からそう言える。
頭から地面に埋められるくらいだったらいくらでも埋めてもらっていい。
それで揉めるなら。揉む事が出来るんだったら・・・!!
そう、そこにはロマンが潜んでいる。果て無き夢が、そこに、ある。

この「エリアの騎士」の作画を担当されてる方も新人さんという事ですが、
何と無く・・・「ラブオールプレー」の咲先生に似てるんだよなぁ。
けどあの人はバトミントン漫画を捨ててサッカー漫画を描くわけないし・・・
ま、まさか!!第5話で驚愕のサッカー漫画からバトミントン漫画に転向!?

それはびっくりだわ。

さて、マガジンはこの作品以外にも新しい作品がスタート。
その名も「スミレ16歳」。
そう、昨年からマガジンに何度も登場し、マガスペでの連載も好評、
晴れていよいよ週刊連載を勝ち取ったのです!!
当ブログでも以前より注目してきましたが遂に・・・!

とにかく他の作品とは一線を画すこの「スミレ」なんですが、やはり注目すべきはココ。




06-05-19_16-42~00.jpg
スミレを操る親父

はっきり言ってこの作品の見所はここです。ここ以外ありえません。
この親父のスミレに対する愛情はすさまじいです。普通じゃないです。変態です。
けど心打たれるんです。親父のそのひたむきな、その行動に胸打たれるんです。
どんな時でもスミレ。何をさせるにもスミレ。
いつしか親父の存在なんぞ忘れ、スミレというキャラがまるでそこにいるかのように・・・

見えたら病院に行った方がいいと思います。

そう、そんな錯覚さえ覚えてしまう情熱の女子高生マンガが「スミレ16歳」です。
しかし「スミレ17歳」はどうするんでしょうね。
1巻も発売してますし、未収録の話もありますし・・・
も、もしや「スミレ17歳」と「スミレ16歳」の同時発売とかやる気か!?
やりかねん。講談社ならやりかねん。
そして「16歳」の方がきっと売れ行きがいい、そんな世の中が好きです。

一方W杯ってなに?という姿勢で新連載をスタートさせたのがジャンプ陣。
すでにスポーツ漫画の存在がわずかになってきてますが、
そんなの気にせず新連載を投入してきました。




06-05-19_16-43.jpg
どう見ても当たってる

「TO LOVEる」です。見事なトラブルじゃないですか。
髪の毛で隠れた乳首。そう、見えそうで見えない乳首!
これこそがジャンプの黄金パターンです。
そんな髪の位置ありえるかぁ――!!という少年の心の叫びが聞こえてくるよう。
もちろんこれは湯気だったり煙だったりするという、永遠の越えられない壁。
「いちご100%」終了以来、ジャンプに足りなかったモノ・・・

それは「お色気」

そう、まるで乾いた身体を水で潤すごとく、
ジャンプ読者はお色気を吸収していった!
もっとトラブル!トラブルはないのかー!と。
そういう意味ではお色気を渇望しているこの状況で第3話は×でした。
トラブルがない。僕らに必要はのはトラブルなんだ!!

そんな読者の声を抑えきれなくなったジャンプ編集部は更なる兵器を投入。
そう、僕らの叶先生を復帰させました。




06-05-19_16-44.jpg
あまりにも可愛すぎるアイカちゃん

きたきたきたきたきましたよ。
理奈ちゃんに似てるとも言えるこの子こそ、全男子が求めてる理想像!
そう清純サラサラのロング!!これこそが僕らの帰る場所なんです。
時代はツンデレかもしれないけれど、それでも不変なもの・・・それが清純サラサラロング!!
いつの世も最後に勝つのはここです。
俺は負けました。アイカちゃんの可愛さに、負けたぜ・・・

やはり可愛い女の子を描かせたら天下一品の叶先生。
更には伝説のミッドナイト叶マジックも登場します。




06-05-19_16-44~00.jpg
ミッドナイト叶マジック

見えそうで見えない・・・まさにここにチラリズムの極意がある!!
くそうにくい、にくいぜ叶先生。このもどかしさをどこにぶつければいいんだ!!
むしろこれ履いてない・・・?くそうどこまで青少年の妄想を刺激する気ですか!
え?もう青少年じゃない?心はいつでも青少年です。
っつか俺はちょっと見えてるのが好きです。
ちょっと見えるのが幸せ。
だから叶先生、よろしくおねがいします。

こうして様々な作品が始まったわけですが、
雑誌「創」6月号で現ジャンプ編集部・茨木編集長は以下のように語っていました。

>問題は『ONE PIECE』や、かつての『ドラゴンボール』のような
トップを張れるような新しい作品が出てこないことなんですね。
>役者はそこそこ揃ってるんですが、主役級が出てこない。


これはまさにその通りなんですよね。
去年~今年にかけていわゆるその雑誌の看板作品と呼べる作品が出てきてないんですよ。
これはジャンプだけに限らず三大少年誌に言える事です。
今回の「TO LOVEる」や「エム×ゼロ」に関しても、やはり看板を張るほどに
成長するとは今の段階では思えません。
ある意味今少年マンガ界は暗黒期なのかなーとも思ったりします。
けどそういった化け物作品が出てくる時は一気に出てきます。
今は耐えの時期なのかもしれませんね。

さて始まった作品もあれば終わった作品もあります。

ジャンプではこの度あの長期連載作品が終了を迎えました。
そう、ジャンプでは唯一残ってたメジャースポーツ漫画・・・




06-05-19_16-44~01.jpg
伸びに伸びて終了した「ミスフル

18ページ中、12ページくらいをギャグで使った事もある作品。
そのテンポの悪さには誰もがイラつき、メインストーリーの意味あるのか?
という疑問を誰しもが持つ事に。
それもそのハズ、全くストーリーには関係ないだろう1回戦の試合を
約1年近くもやっておきながら、一番メインであるライバル校との試合は行われず
事もあろうに同じチームとして都道府県別対抗戦とやらに出場。
確実に後付けの設定であろう何やらカタカナで喋る兄貴と対戦、
これがまた読み辛くものすごい不評をくらったせいか、
最後には何故か流暢な日本語を喋ってました。すげえ行き当たりバッタリ。

俺は正直この作者はもう普通のストーリーモノは描かない方がいいと思うんですよ。
ぶっちゃけギャグ一本で行った方がいい。
けどギャグ一本で行ったら行ったらで多分スベるのは目に見えているので、
暴露系のギャグに進んでほしい。そう、第2の木田先生は君だ!!

まあそんなミスフルの最終回も全てはこの作品の終盤の展開に吹き飛ばされます。




06-05-19_16-46.jpg
24号で最終回を迎えた「デスノート

色んな意味で大きな社会現象を起こしたデスノート。
6月には映画化もされますが、その終盤の展開及び最終回は大きな波紋を呼びました。
それについてはまた別途記事にて。
そもそもデスノ記事書いてたらしんどくなってきたので、息抜きがてらにこの記事書いたんですが
とても息抜きどころか、一度最後まで書いた文章が全て消えてしまい
また最初から書いてるという有様です。久々に枕に向かって「畜生!」って叫んだ。

とりあえずデスノに関しては別途記事(早くアップしたい)にて。

お次の長期連載終了作品はマガジン。
あのバトル漫画が遂に終止符が打たれたそうです。その作品とは・・・





06-05-19_16-46~00.jpg
約7年間連載されたKYO

果たして作者もこの登場人物全部把握してんのか・・・?と思ってしまうぐらい、
毎週のように新キャラが登場してた時期もありました。
とにかく次々と出てくるキャラに普通の読者の頭はパンク状態。
とりあえずデッサンが適当なキャラはすぐに死ぬ
というのを念頭に置きながら話を進める事にするが、もう誰が誰だか。
バトル漫画ではお約束の「限界」をどんどん突破するキャラたち。
お前らの底は一体どこなんだよ!と叫びたくなる。
底すらも突破するKYOたちにはもう拍手を送るしかない。乾いた拍手ね。

そしてけっこう死んだかなーと思って最後蓋を開けてみれば、
主要キャラほとんど死んでねーじゃん!というのはもうお約束。
勿論主人公も最後に帰ってきました。
しかしホントバトル漫画なのにとにかく多いセリフ、複雑な設定、伏線。
正直な話途中で読むの止めました。スミマセン。
けどキャラは魅力的だったんですよね。キャラは・・・

ストーリーが長すぎました。しばらく刀はお腹いっぱいです。

そして実はもう一つ、今週長期連載が終了したのです。
こちらも何と6年間の連載に終止符が打たれました。その作品とは・・・





06-05-19_16-46~01.jpg
いきなり打ち切られた魁!クロマティ高校

作者の意向によりいつも通りの展開で終わりたいという事だったんですが・・・
いつも通りすぎだよ!ぶっちゃけ終わったの気付かなかったし!
普通にスルーしそうだったよ!
たぶん30号くらいになって「あれ?最近クロマティ高校なくね?」っていう話になるんですよ。
いやもしかしたら今年いっぱい気付かなかったかもしれない。
「え、クロマティ高校終わってますよ、知らなかったんですか?」とか嘲笑されたに違いない!
「え、い、いやー『うえきの法則』みたいに休眠してると思って」とか
何とか上手く誤魔化したに違いないんですよ!全然上手くない。

しかしあれですね、あまりにも普通に終わりすぎてどうしようかって感じです。
メカ沢は?バンチョーは?竹之内は?
色々な謎を残して終了したクロマティ高校・・・
思えばアニメ化した時もありました。
そうそう実写映画化なんてのもしたんでしたっけ。
・・・ヒットしたっていう話は全く聞きませんでしたが。誰か見ましたか?

いやー面白かったクロマティ高校。うんなくても全然困らないけど。
そういえば友達に「マガジンで一番好きなマンガって何?」って聞いたら
「断然クロマティ高校でしょ!すっげー面白い」って言われました。
その友達とは縁が切れました。
え、いや面白いですよクロマティ高校。
シュールなギャグとはまさにこの事でした。素晴らしい。クロマティ高校万歳!




katyoubakaitidai1.jpg
まあ俺は「課長バカ一代」の方が大好きですけど。

色々言ってきましたが、まとめると言いたいのはこれです。
「タカヤ」が一周年を迎えたのに完全スルー(ジャンプ編集部も)って事ですよ。
って思ってたらそろそろ最終回を迎えるみたいじゃないですか。
どうする気ですか。この風呂敷どう畳むんですか。多分たたまない。

むしろ最後にもう一度「あててんのよ」で終わってほしいです。
それでこそタカヤです。
あと2回・・・僕らはもう一度タカヤに奇跡を見るか。

-------------------------------------------------------------------
<参考>
今回の知欠先生はやってくれそうです
「スミレ16歳」連載開始


息抜きのつもりで書いた記事はこんな長さに・・・
つくづく俺は短くまとめられない人です。スミマセン。
あと各作品に関して、ここで取り上げてるのは好きだから取り上げてるんですよ。
どうでもいい作品ははっきり言って完全スルーなので・・・

-------------------------------------------------------------------
スミレ・17歳!! 1 (1)
スミレ・17歳!! 1 (1)
posted with amazlet on 06.05.19
永吉 たける
講談社 (2006/02/17)


DEATH NOTE 11 (11)
DEATH NOTE 11 (11)
posted with amazlet on 06.05.19
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 (2006/05/02)


SAMURAI DEEPER KYO 37 (37)
SAMURAI DEEPER KYO 37 (37)
posted with amazlet on 06.05.19
上条 明峰
講談社 (2006/04/17)


魁!!クロマティ高校 (16)
野中 英次
講談社 (2006/03/17)


課長バカ一代 1 (1)
課長バカ一代 1 (1)
posted with amazlet on 06.05.19
野中 英次
講談社 (2002/11/15)
売り上げランキング: 18,736
おすすめ度の平均: 4.67
5 バカ過ぎ!!
5 おもしろいです!
4 ちょっとした時間に読んでみたり?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

先週の「ToLoveる」よんで、あのコマで知欠先生は神だとおもいました。

【2006/05/19 22:18】 URL | サザえもん #7AUieQJU [ 編集]


クロ高終了だって!?
・・・あ、ホントだ。ココ読まなかったらしばらく気づかなかったな

【2006/05/20 02:01】 URL | もんじぃ #- [ 編集]


課長バカ一代オモシロスwwwww
クロ高はいつの間にか読むの止めてますた

【2006/05/20 02:58】 URL | 翼 #wLfo5wO2 [ 編集]


「GOLDEN☆AGE」はどっちかっていうと河合先生より
サンデー超に連載してた「キャットルーキー」の方に近いと思いました。

というか正直丹羽先生が連載始めたのかと思いましたよw

【2006/05/20 04:15】 URL | へたれ #I4z6eAiM [ 編集]


クロ高の実写結構面白かったですよ、それなりに再現度高くて
前編だけでしたけど...

【2006/05/20 13:50】 URL | ココ #- [ 編集]


結局バンチョーちゃんの中身が分からずに終わった

【2006/05/20 15:34】 URL | #- [ 編集]


http://blog.livedoor.jp/shinisoh/archives/50715836.html#comments

やっぱり河合先生のアシみたいです

【2006/05/20 20:31】 URL | ピケ #OARS9n6I [ 編集]


いや、あの、手もとにクロ高MOVIEのDVDが・・・。
生協にあったんで、つい・・・。

【2006/05/20 21:12】 URL | そる #- [ 編集]


確かに「ONE PIECE」や「ドラゴンボール」のような看板になる連載が無いかもっ!とハッとさせられました。
少女漫画はどうだろう?「NANA」以外あんまり思いつかない・・・。
「セーラームーン」以来、どぉーんというのは出てない気がするなぁ。

W杯って何?のジャンプ。笑える(^^)

【2006/05/22 14:45】 URL | まみぃ #zDoF78J6 [ 編集]


クロマティは、アニメはけっこう良い線行ってましたよー?
でも打ち切られたのかー!!ここ見てなかったら当分の間気づかなかっただろーなぁv-12

【2006/05/23 16:26】 URL | ヤミー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/326-b41db752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。