マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【花沢健吾特集・前編】ルサンチマンをもう一度読み解く!
2005年10月19日 (水) | 編集 |
rusantiman4.jpg

この物語の本当の結末は、最終巻に秘められていた。

スピリッツで2004~05年にかけて連載されていた「ルサンチマン
アンリアルと言われる世界で繰り広げられたドラマは多くの人に衝撃を与え、
当ブログでも最終回の時に大きく取り上げて特集を行った。

<参考>
その世界は現実よりも現実なのだ「ルサンチマン」 花沢 健吾

スピリッツ本誌で最終回を読み終えて、
その一月後に発売された最終巻。
その表紙を見た時、俺は感動が止まらなかった。奮えが止まらなかった。

月子が弁当屋の店員として働いてる姿―――

それはまさにこの「ルサンチマン」という物語の中で、
たくろーと月子という「二人の主人公の結末」がそこに描かれていたからだ。




05-10-19_15-01.jpg

スピリッツ本誌では二人が最後弁当屋で出会う所で物語は終了している。
その後どうなったかは全く描かれていなかった。
だからこそ、幸せそうに働く月子の姿が描かれたこの最終巻の表紙に、
大きく心を揺さぶられたのである。
※ちなみに上の画像はコミックス書き下ろしです。

「ウラBUBKA」2005年4月号にて花沢健吾先生へのインタビュー記事が掲載。
その中で花沢氏は、「ルサンチマン」のラストについて以下のように言及していた。

――――――――――――――――――――――――――――――――
>まず、キレイ事にはなって欲しくないというのがあったんですね。
>たくろーはああいう状態だけれども、
>物語としてはギリギリの所でハッピーエンドだと思ってます。
>一応、僕の中の設定としては、あの後、
>気になった月子が弁当屋にアルバイトとして入ってくるんですよ。
>長尾は一応、たくろーの入院の手続きをして、それから月子を宿す手術をやって、
>お腹が目立ち始めた頃に、たくろーも回復してきたんで、去ったのかなと。
>長尾とたくろーはそれっきりです。

――――――――――――――――――――――――――――――――

アンリアルという虚実の世界で出会った女の子と、
現実の世界でもう一度出会う。
15年という歳月が経ってしまったけれども、
それは月子を「リアル」にする為に必要な「時間」だったのだ。

初めてアンリアルで会った時、月子は15歳だった。
そして現実世界で二人が出会った時・・・月子は15歳になった。

ここで初めてたくろーは月子というリアルな存在に出会えた事になる。
本当の意味で。
自分が初めて、本気で、好きになった存在。




05-10-19_15-24.jpg

「俺の人生30年分なより、月子ちゃんとの2か月が、ずっとずっと重いんだ!!

ルサンチマン屈指の名シーン。
たくろーの、月子に対する想いが最高潮に描かれている。
灰色の人生に、色をつけてくれた・・・そんな存在。
自分の全てを投げうってでも、大事にしたい。

その想いは、仮想なんかじゃなく、現実。

・・・想いに仮想も現実も無いから。

それが分かってるからこそ、たくろーの想いが胸に響き、
そしてこの結末に涙にするのだと思う。


【最終巻での加筆について】
さて最終巻である4巻では上で紹介した最終話以外にも、
もう一つ加筆されてるシーンがある。


◆長尾さんの行動の理由
長尾さんとたくろーが始めてちゅーをする前・・・
そのきっかけとなった長尾さんの上に降りかかる荷物をたくろーがかばった時。



05-10-19_16-20.jpg

長尾さんに脳裏に浮かんだのが月子の顔だった。
初めてアンリアルの世界に行き、
学校の屋上で見た・・・たくろーの想い人・月子の姿。

現実の女として、仮想現実の女に負けてる事が悔しかった。

そんな想いがきっとあったのかもしれない。
この描写が描かれた事によって、
何故長尾さんがたくろーにキスをしたのか?その時の微妙な心理が読み取れる。


◆コミックスカバーを外した時に分かるドラマ
そして圧巻はやはりコミックスカバーを外した時のイラストだろう。
ここでは紹介はしないが、
俺は偶然カバーイラストを取ってそこにあったイラストに愕然とした。
そこには最終話で描かれなかった事実が、そこにあったから。
そして裏表紙・・・ここに、名サブキャラの最後の姿が、あった。

1巻から全てコミックスカバーを外すと分かるが、



05-10-19_16-30.jpg

1巻で初めて月子という存在が「仮想現実」の中で生まれた。
けれどそれは「仮想」であり、「記号」の集合体に過ぎなかったのである。
それは2巻でも、3巻でも変わらない。
4巻のコミックスカバーを開けて初めて、
月子が「記号」から「人間」へと生まれ変わったのだ・・・
と実感する事が出来る。
非常に細かい作者の想いに、感動を越してまさに驚愕と言うしか無い。

コミックスを持ってる人は是非1巻から順番に、そのカバーを開けてみてほしい。


【花沢先生へのインタビューを読み解く!】
さて引き続き花沢先生へのインタビュー記事を読み解いていこう。


◆ルサンチマンが出来たきっかけ!?
自分自身の「ルサンチマン」(支配層や強者への憎悪やねたみなどを指す哲学用語)
をテーマに描いたと言うこの作品。その根源になるのは・・・?

――――――――――――――――――――――――――――――――
>・・・・・・とにかく昔からモテなかったんですよ。
>だから、近未来のギャグゲーを徹底的に考えて、
>こういう条件ならば男はみんな現実の女を捨ててこっちにいくだろうという、
>そこを描いてみたいというのがありまして、
>「女なんか、ざまーみろ!」という・・・
>そういう暗いジメジメしたものがあったんですね(笑)

――――――――――――――――――――――――――――――――

まさに「ルサンチマン」!
作者である花沢先生自身の気持ちが大きく表れた作品という事なんでしょうね。




05-10-19_15-49.jpg

屋上でセーラー服にバックプレイも思うがまま!
・・・そりゃ惹かれますね(ぇ)

沢山の女の子を囲んだり、その子たちが最初から好意を持ってたり・・・
まさにギャルゲーの世界ですが、
それが現実の感覚となって味わえる・・・
これこそ理想の仮想現実と言えるのでしょう。


◆ホントは5巻まで続く予定だった!?
実は編集部から「もう少し続けてもいいよ」と言われたらしいが、
花沢先生はあえて断って4巻で終わらせたという。その真相とは・・・?

――――――――――――――――――――――――――――――――
>その時点では逆に5巻分まで行くと話にスキマが空きすぎちゃうかな、
>と思ったんですよ。だから4巻分で終わらせてもらいました。
>ただ、その時にはそう思ったんですけど、
>実際に4巻分を描き始めたらやっぱり要素が詰まっちゃって・・・・・・
>困ったなぁって(苦笑)

――――――――――――――――――――――――――――――――

花沢先生の構想的には4巻でちょうど収まるぐらいだったんですねー
けどもっともっと見たかったですね。
5巻まで続けばもっと月子とたくろーの繋がりみたいな部分を描く予定だったらしいです。
確かにエッチがメインになってましたもんね、最後w

また月子の横にいるモブさん。
彼はもっともっと活躍する予定だったという。
ページの都合で描けなかったが、
最後の戦いやその他でモブさんの戦いが見れるハズだった・・・!?



05-10-19_16-00.jpg

この華麗な戦いっぷり!?

それはまたきっと花沢先生の作品の中で見れるでしょう!?(多分?)


◆花沢先生が描くマンガについて
たくろーと同じ印刷工場で働いていたという花沢先生。
「ルサンチマン」を含め、現在連載中の「ボーイズ~」でも貫かれている?
主人公に対する想いを語ってくれた。

――――――――――――――――――――――――――――――――
>とにかく、僕がカッコイイ人の漫画を描いたらそれはウソになるし、
>なによりもウソには読者がついてきませんから。
>僕が劇的に変わらない限りはやっぱり、
>格好悪いもの、負け犬がもがくような話になるんじゃないでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――

自分自身がもがき苦しんでいたからこそ、
その気持ちをリアルに誌面に描く事が出来る。
そんな主人公たちに、我々読者は大きく共感していくのだろう。

人は誰もがもがき苦しみながら生きてっているのだから。

恋愛や、仕事や、人間関係・・・
色々苦しみながらも、選択していく。
それが間違ってるのか、正しいのか。
その答えが何年経っても分からない事だってある。




05-10-19_16-08.jpg
「ごめんなさい!!!」

けれどその時選んだ答えがあったからこそ、今があり、未来があって。
たくろーはこの時に月子を選んだ。
それが15年後に・・・もう一度月子と出会うという結末に繋がっていったのだと思う。

あがき、もがき、苦しむ姿。

それは次の作品の主人公にも、確かに受け継がれていた。
そんな花沢スピリットが炸裂している、




05-10-19_16-52.jpg

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」

その世界はまだ始まったばかり・花沢健吾ワールド
後編ではこの作品で更に深まるその世界に、触れて行きます。

-------------------------------------------------------------------
<参考>
その世界は現実よりも現実なのだ「ルサンチマン」 花沢 健吾
「ルサンチマン 4」 花沢健吾(小林Scrap Bookさん)
わしにも『ルサンチマン』を語らせろや(これ、今日読んだやつさん)

-------------------------------------------------------------------
ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン 4 (4)
posted with amazlet on 05.10.19
花沢 健吾
小学館 (2005/03/30)
売り上げランキング: 3,494
おすすめ度の平均: 4.69
5 感動です。
3 びみょー
5 一気に
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
やられましたね~
>そこには最終話で描かれなかった事実が、そこにあったから。
言われるとおり見てみたら予想はしていたのですが、納得と言うか、少なからずそうあって欲しいイラストでしたね。
ほんと、この1点のイラストに全てがと思うと恥ずかしながら涙が出てきました。

【2005/10/19 22:02】 URL | さかちん #jz9339gE [ 編集]

いやはや
もー一気に読みました!この記事と以前の記事!知らんかった事や、ミナサンのアツい考察楽しかったですww

連載中の漫画もこれから楽しみですねー。
また来まーす♪


【2005/10/20 04:11】 URL | muu #- [ 編集]

熱いですね~
『ルサンチマン』ホントに熱いです。
うちも感想まとめてアップしたいんですが、読み返せば読み返すほど色々気づいてしまう…
単行本は今は友達に貸してるんですが。

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』も来月1巻が出るみたいなんで、そちらも期待してます

【2005/10/20 06:53】 URL | 猫造@ #- [ 編集]

ルサンチマンは永遠の名作なレス
今度はたくろーと月子ではない、「ルサンチマン」の世界が読みたいです。

>さかちんさん
やはり4巻の表紙は何度見ても感慨深いですねぇ。
あれは反則だなーと思いましたよ。
コミックス派の人は最後まで読んで初めて表紙の意味に気付くわけで・・・

ルサンチマンはとにかく奥が深いマンガで、
それを読み解いていくのが良かったですね~
涙、出ます、ホント。


>muuさん
おおー前回の記事はかなりの長文だったので読むの大変だったと思います。
しかもコメント欄まで・・・お疲れさんです!
色んな方のご意見が聞けるのはやはりブログならではというか嬉しいですねぇ。

「ボーイズ~」はルサンチマンとは全く違う展開ですが、
花沢節が炸裂してます。今一番楽しみな作品ですねー


>猫造@さん
ホント熱かったですねぇ~
ルサンチマンは読めば読むほど奥が深くて楽しいです。
「生まれてきて、ありがとう」
それはすべての人が言われたい言葉ですよね。

単行本、友達のトコ行ったら戻ってこないかもですよw面白すぎて。

「ボーイズ~」の1巻は11月の末ですね。
絶対買いますね、これは・・・

【2005/11/02 02:35】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


おしっこシーンがあるマンガがしりたいなあ

【2006/09/14 22:32】 URL | aho #qNXjQhIg [ 編集]


相当遅れてるけど見たよ。越後の最後がかっこよすぎたと思う。本当の伝説の騎士のような最後だった。

【2010/12/03 21:22】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/246-a7b681e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮想世界を題材にした漫画「ルサンチマン」

セカンドライフという仮想世界をチラチラとやっていることもあり、同じく仮想世界を題材としているマンガ「ルサンチマン」を読みました。 すげー良かった。感動した。こんな名作もあったんだな。 登場人物がどれも味があって素敵で... 廃人趣向【2007/02/11 23:16】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。