マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西野つかさ誕生日SS「遅れてきたプレゼント~後編~」
2005年09月20日 (火) | 編集 |
tukasa_birthday_yasuhitosan.jpg
イラストby康仁さん

ショートケーキを持って上目遣い・・・康仁さんSGJ!(スーパーグッジョブ)

前編読んで頂いた方、ありがとうございました。
お待たせしました後編スタートです!ちなみにオチはないのであしからず。

ちなみに前編読んでない方はこちらからドーゾ!
西野つかさ誕生日SS「遅れてきたプレゼント~前編~」

――――――――――――――――――――――――――――――――

ー4-

「なんで・・・淳平くんから?」

受け取った荷物は冷たかった。
急いで部屋に帰り、中を開けてみると・・・
リボンに包まれた箱が入っていた。
その上にちょこんと1枚のカードが乗っかっている。
そして・・・もう一つリボンに包まれた小さい箱があった。

カードには、

「HappyBirthday!つかさ from淳平」

と書かれていた。
そしてリボンの箱を開けてみると・・・

ハーフサイズの美味しそうなショートケーキが。

「・・・なんでハーフサイズ?」

普通ケーキはホールなんだけどな・・・
わざわざ切った後がある。どうしてだろう?
ケーキの上にはロウソクが1本、立っていた。

「一人で食べろってこと・・・?」

何とも言えない悲しい気持ちが胸の底から湧き上がってきて、
思わず目が潤んできそうになる。
・・・そういえばもう一つ箱があった。これは何だろう。
リボンに包まれた小さい箱。
リボンを取り、中を開けて入っていたのは・・・

ビデオテープだった。

テープの背には・・・「23歳のつかさへ」と書いてある。
淳平くん・・・
ケーキを冷蔵庫にしまい、
急いでテレビの前へと向かう。
テレビは先ほどと同じく沖縄台風直撃のニュースを映し出していた。

はやる気持ちを抑え、テープをデッキの中へと吸い込ませる。

「リモコンはと・・・・・・あった!」

リモコンの再生ボタンをプチっと押して・・・テープが回り出す。
真っ暗な画像がしばらく流れる。
そして・・・

「・・・わぁ」

真っ暗な画像が、いきなり満点の星空を映し出していた。
都会ではまず見る事の出来ない、沢山の星たち。
そのキレイさに思わず見惚れてしまう。
田舎の方でもここまでキレイには見えないかも・・・しれない。
そして画面が少しずつ移動していき・・・

「あ・・・」

南・・・十字星だ。
南の島じゃないと見る事が出来ないといわれてる・・・星。
まだ実際には見た事が無かった。理科の授業とかで見た事があるだけ。
すごく・・・すごくキレイ。

「つかさ」

突然、呼びかけられる。
え・・・?
後ろを振り向いたけれど誰もいない。
テレビに視線を戻すと。
少しずつ画面のズームがひいていく。
そして画面に現れたのは・・・

「・・・淳平、くん」

大好きな人が、そこに映っている。
今の声は・・・テレビから聴こえたのか。
テレビに映った淳平くんを見て、胸がどきどきしてる。
あはは・・・もう重症だなぁ。

「つかさ」

もう一度、テレビの中の淳平くんがあたしに呼びかける。
いつもと同じ・・・優しい声。

「・・・なあに?淳平くん」

そんな淳平の呼びかけに、応えてしまう。
本当の淳平くんには届かなくても。
ううん、ここにいる淳平くんも、淳平くんだ。

「誕生日・・・一緒に過ごせなくてゴメン」
「ううん・・・しょうがないよ」
「沖縄の空を・・・つかさに見せたくて。すごくキレイだろ!?
 俺さ、実は沖縄初めてで・・・感動しちゃったよ!」
「うん・・・」
「このおーきな星空全部を・・・つかさにあげられたらな、って思って。
 頑張って・・・撮ってみた」
「ありがとう、淳平くん」

その画面の中で一生懸命身振り手振りを加えながら、あちらこちら右往左往しながら、
動いてる淳平くん。
淳平くん・・・


「一緒に見たかったね」
「一緒に見たかったな」

あ・・・

淳平くんと声がかぶった。


「つかさと一緒に、見たかった。だから今度は一緒に見にこよう!」

うん・・・!
そう言おうと思ったけどうまく声が出なかった。
声じゃなくて・・・涙が出てきた。
淳平くんの言葉の一つ一つが、あたしの胸に優しく刺さる。

「んで・・・これ・・一緒に食べよう」

突然画面に現れたのは・・・ハーフサイズのショートケーキ。
これは・・・
さっき送られてきたショートケーキの・・・もう片方?
リモコンに手を伸ばし、一時停止ボタンをピッ。
潤んでた目を手で軽く拭う。
急いでさっきケーキを閉まった冷蔵庫へ向かい・・・
中からケーキを取り出す。
そしてそのままもう一度テレビの前に戻って・・・

「やっぱり・・・一緒だ」

今あたしの手元にあるハーフサイズのショートケーキ。
それは今画面に映ってる、淳平くんの手元にあるケーキと一緒だった。
そして、淳平くんのケーキにも、ロウソクが1本立っていた。
淳平くんのローソクは青色で。
あたしのローソクはピンクだった。
再び台所に戻り、マッチを探す。
すぐに見つかって、再度テレビの前に座る・・・その前に。

部屋の電気を消す。真っ暗になる。

テレビから放つ光だけが、部屋をほのかに灯し出していた。
そーっとテレビの前に戻り・・・再生ボタンをピッ。

「火、つけてもらっていいか?」

画面上のケーキに、淳平くんが火をつけていた。
あたしも、マッチを一本取り出し、サっと火をつける・・・
ロウソクの優しい光が、あたしを包む。

「せーので、一緒に火を消そう」

「うん・・・こっちは準備万端だよ、淳平くん」

画面には、淳平くんの顔がアップで映ってた。
少し顔がこわばってる。
どうしたのかな?と思ってたら・・・


淳平くんが突然歌い出した。

「ハッピバースデートゥーユー・・・」

あ・・・

「ハッピバースデーディーアつーかさー」

淳平くん・・・
うん。あたしの知ってる、大好きな淳平くんの歌声だ。
相変わらずいい声だな。

「ハッピバースデートゥーユー!!」

パチパチパチと淳平くんが思いっきり手を叩く。痛そう・・・


「じゃあいくよ、つかさ!せーの」

あ、ちょっと待って・・・
すぅっと息を吸い込む。


フゥー

あたしの口から出た息で、ろうそくの明かりが消える。
部屋の中が、またテレビの灯りが照らすだけになった。

「23歳の誕生日、おめでとうつかさ!!」

大きな拍手と一緒に、淳平くんからのお祝いのメッセージ。
淳平くんの笑顔。
大好き。

「ありがとう・・・淳平くん」

大好き。

「つかさのことが大好きだから・・・」

うん。

「ずっとずっと大好きだから・・・」

うん。

「24歳も、25歳も。30歳になっても、40歳になっても。
 ずっとつかさの誕生日・・・一緒に祝っていきたいから」

・・・うん!

「だから西野・・・あ、あ、じゃないつかさ!ご、ごめん!」

・・・減点10。

「ずっと一緒にいような、つかさ」

「うん・・・ずっと一緒に・・・いようね」

へへ・・・プラス100点!
更に倍で200点かな。
ご褒美にぎゅーってしてあげるから・・・
ぎゅーってしてほしいから・・・





イラストby紅葉さん

「側に・・・きてよ、淳平くん」

手を頬に当てると、冷たくなっていた。
涙が・・・ずっと流れていたから。
止まらない。
止まらないよ、淳平くん。
貴方に会いたい気持ちが・・・止まらない。

会いたいよ・・・

流れてくる涙を止める方法が分からなかった。
視界がぼやけて、淳平くんが映ってる画面がよく見えない。
だめだ・・・
これ以上淳平くんを見たら・・・会いたくて会いたくて仕方なくなるよ。

停止ボタンをピっと押す。

側にあったクッションに顔をうずめる。
仕方ないって分かってたじゃない。
今回は会えないって、ちゃんと理解したじゃない。
帰ってきてから、いっぱい祝ってもらうって・・・そう言ってたじゃない。

うん・・・分かってる。

忙しい中、こんなビデオレターまで送ってきてくれた。
ケーキも送ってきてくれた。
すごく・・・嬉しい。
淳平くんの気持ちが・・・ここに沢山詰まってる。
淳平くんの笑顔が、声が・・・
あたしを満たしてくれる。
けど・・・

触れたいの。

淳平くんに触れたいの。
温もりを感じたいの。
ぎゅーってしてほしいの。
画面に映ってる淳平くんじゃ・・・ダメなの。
あたしに・・・触れてほしいの。

会いたいの・・・

涙が・・・止まらないよ。

流す涙の分だけ・・・淳平くんへの想いが流れちゃうんだから!

嫌でしょ・・・?

そんなのあたしも嫌だよ・・・

だから・・・あたしの涙を拭いに来てよ。


顔をうずめたクッションをぎゅーと抱きしめる。
涙は拭わない。
淳平くんの・・・仕事だもん。
停止したビデオからはもう何も流れてこなかった。
真っ暗な部屋。
微かに漂ってくる甘い匂い。
いつの間にか、雨が降り出したのか・・・雨の音だけが、部屋の中に響く。
・・・
淳平くんの・・・バカ。




ピンポーン

その静寂を、一つのベルが切り裂いた。


――――――――――――――――――――――――――――――――

tukasa_birthday_touhusan.jpg
イラストby豆富さん

ハロウィン西野ーーーーー!!
箒を持ってる仕草がもうたまりません。表情と共に最高すぎです。

ここからどんな展開が待っているのか。
続きをドーゾ。

――――――――――――――――――――――――――――――――

-5ー

時計を見ると・・・22時にさしかかろうとしているところだった。

「こんな時間に・・・誰?」

胸が高鳴る。
自分で言っておきながら、答えは一つしかないな、と思った。
今度こそ・・・
今度こそ、淳平くんだ!!
もう・・・待たせすぎだよ!
ちょっとすねてみようかな。
いっぱいっぱい困らしちゃうんだから。
それで・・・沢山ぎゅーって。してもらうんだ・・・

ドキドキいっぱいでドアホンに向かう・・・

ちょっと待っててね、淳平くん・・・
ドアホンに映った画面には・・・!

「毎度ー。宅配便です」





え?

たく・・・はい・・・びん?

ドアホンにはシロネコヤマトの制服に身を包んだ配達員さんが、
おじきをしてる姿が映っていた。
そんな・・・
淳平くんじゃ・・・ないの。

無視するわけにもいかず、落胆した声で応え、
部屋を出る。
あ・・・今、顔くしゃくしゃになってる。
涙も・・・拭わなきゃ。
淳平くんが遅いから・・・自分で拭わなきゃいけなくなっちゃった。

バカ。

また涙が出そうになるのをグッとこらえた。
荷物を受け取りに、入り口近くまで歩いていく。

「どうもー」

今の自分の気持ちに反した、配達員さんのカン高くて明るい声が聞こえて来る。
・・・別に配達員さんは悪くない。うん。
ちょっとフラフラしながら荷物を受け取る。

さっきの箱よりも小さな荷物。
送り元を見ると・・・



「え?」


また・・・淳平くんからだった。

え?

なに?

これ・・・どうして?



「すみませーん、ハンコお願いしていいっすか?」

ハっと我に帰る。
あ・・・ハンコ・・・
ま、また忘れちゃった。

「あ、ちょっと・・・待っててもらえますか?取ってきます」

二度も・・・なんて恥ずかしい。
荷物を片手に、急いで部屋に戻ろうとしてくるりと体をひるがえす。
この荷物・・・一体何なの?
もう何が何だかわけが分からなくなってきた。
頭の中がグルグルしている。
ま、まずはハンコを・・・持ってかなきゃ。
部屋の入り口の扉を開けようと・・・




「つかさ」



突然後ろから誰かに抱きしめられる。



え?


え?



ええ?




後ろから回された腕を見ると・・・シロネコヤマトの制服だ!


え、なに?


え?え?え?


けど、けど・・・


い、今の声って・・・





「じゅ、淳平くん!?」



首を後ろに回して・・・顔を見上げると・・・
そこには・・・


今、一番会いたい人の顔が・・・あった。



「・・・ただいま、つかさ」


えええーーーー!?

じゅじゅじゅじゅ淳平くん!?

え?え?え?

なんで?どうして?


「なんで・・・淳平くん!?ほ・・・本物?」


あまりに動転しすぎて自分で何を言ってるのか分からない。
何がどうなってるのか・・・自分でも分からない。

後ろから抱きしめたまま、にっこりと淳平くんが微笑む。

「・・・本物だよ、つかさ」

そして・・・
突然目の前にキレイな花束が現れた。

え・・・


「ハッピーバースデー!つかさ!」

えええ!?

もうホントに何が何だか分からなかった。
ただただ、瞳から涙が流れてくるだけだった。

「・・・とりあえず中に入れてくれる?つかさ」

呆然として固まってるあたしに淳平くんが問いかける。
あ・・・ここ、廊下だった・・・

「う、うん・・・な、中に入って?淳平くん」

訳のわからないまま、もう一度部屋の中に戻っていった・・・



――――――――――――――――――――――――――――――――


tukasa_birthday_mausan.jpg
イラストbymauさん

ペロっと舌を出してる西野が最高にイイ!です。
こういうプチ小悪魔?なトコも魅力なんですよね~素敵イラスト最高っす!!

さて誕生日SSも次が最終章・・・
どんな結末が待ってるのか。貴方の目で確認してみてくださいね。

――――――――――――――――――――――――――――――――


-6-

「送ったビデオ見てくれた?」

まだ呆然としてるあたしに淳平くんが聞いてきた。

「う、うん・・・全部は見てないんだけど・・・」

それよりも何よりもすごく気になるところが・・・ある。
間髪入れずに淳平くんに尋ねる。

「ね、ねぇ?その制服・・・なんで着てるの?
 いつから淳平くん、シロネコヤマトの配達員さんになったの?」


「んー?ああ、コレ・・・?」

それに応えて、淳平がシロネコヤマトの制服を指でつまむ。
イタズラッ子な笑顔を、あたしに向ける。

「映画の機材っていうかさ・・・衣装であってさ。
 借りてきたんだ」

借り・・・物?

「わ、わざわざ着替えて・・・きたの?
 っていうかさっき声が・・・入り口の時は声が違ってたよ。それに・・・」

「これ?」

いつもとは違う、カン高い声で応える。
淳平がポケットの中からメガネとヒゲを・・・取り出す。

「これも映画で使ってた・・・やつ。
 声はね・・・こういうのがあってさ。これ使うと自分の声変えられんの。」

伊達メガネ・・・つけ・・・ヒゲ?
変声機・・・?
だからさっき妙に声がカン高くて・・・
え・・・
ぜ、全部・・・

「だ、騙されたー」

かーっと顔が赤くなるのが自分でも分かった。
ごまかすように、口をぷーっと膨らまして淳平くんをポカポカ叩く。

「いてて。ごめん、ごめんってば。
 つかさを・・・驚かしたくてさ。まさかこんな上手くいくとは・・・」
「だって、だって・・・淳平くんだと思ってたら違ってて、
 すごいがっかりして・・・バカー!」


何か悔しい・・・
ふんだ・・・

「ホントはさっき、入り口でバア!って正体明かすつもりだったんだけどさ、
 あまりにつかさがボーっとしてるから・・・後ろをこっそり後つけてもわかんないんだもん、
 危ないぜ」

「だって・・・また淳平くんから荷物が届いてたから・・・」

そうだ。
さっきの小さい荷物、一体何なんだろう。

「これ・・・何が入ってるのかな?」
「・・・あけてみて」

小さな箱を開けると・・・
更にリボンに包まれた小さくて可愛い箱が入っていた。
リボンをほどいて・・・中を開けてみる。



「あ・・・」


すごくキレイな・・・指輪が入っていた。
これって・・・?
バっと淳平くんの方を見る。



「結婚しよう、つかさ」


・・・え?


「ずーっと待たせてごめん。今つかさがつけてる指輪・・・
 ずっと前にクリスマスにあげてからずっとつけてくれてたよな」

「・・・」

「もう俺はつかさを離したくない。
 だから、その気持ちの証に・・・これを送るよ」

じっと・・・淳平くんを見つめる。
その眼差しが、この言葉が、この想いが真剣だって事を・・・教えてくれた。
うん・・・淳平くん。

「つかさ・・・?」

「ねぇ、ぎゅーってして」

少しキョトンとした顔をしたが、すぐに優しい顔になって・・・
淳平くんが近づいてくる。
そして・・・その腕の中にあたしが吸い込まれる。
淳平くんの腕が・・・あたしを強く・・・抱きしめる。
大好きな淳平くんの匂いに包まれている。
触れてほしくて仕方がなかった。

会いたくて仕方がなかった。

あたしの身体全体が・・・嬉しいって。そう叫んでる。
あたしの全部で・・・淳平くんを感じてる。

嬉しい。
嬉しいよ・・・

淳平くんがここにいて、抱きしめてくれる。

そんな単純な事かもしれない事を、こうして喜べる。
幸せを感じている。
それが・・・あたしの答えだよね。

抱きしめられたまま・・・淳平くんに告げる。

「ねぇ・・・さっきまだハンコ、押してなかったよね?」

「え・・・あ、うん」

「忘れちゃったから・・・これで代わりになる?」


目を閉じて・・・淳平くんに優しく・・・キスをする。

沢山の大好きっていう気持ちを込めて。
その触れたかった唇に。
私の答えを・・・印す。

「う、うん・・・確かに受け取りました」

「へへ・・・ふつつか者ですが、今後とも宜しくね!」

すごく照れてる淳平くんが、ここに、いる。
かわいいな。

「お、俺の方こそ・・・宜しく!」

またぎゅーって抱きしめてくれる。
こうして淳平くんに抱きしめられるのが・・・本当に幸せだよ。

「あ・・・」
「つかさ!」

今度は淳平くんからキスをしてきてくれる。
もっと・・・もっと・・・激しいキス。
頭の中が・・・ぼーっとしてくる。
考えられるのは・・・淳平くんの事だけ。

「つかさと・・・愛し合いたい」
「あたしも・・・淳平くんと・・・きゃっ」

いきなりそのまま抱っこされてベットへと運ばれる。
軽々とあたしを運んでくれるその腕は、すごく頼もしい。
出会った頃よりも、ずっとずっと・・・
ずっとずっと・・・好きになってる。

ぽすんっとベットに寝かされる。
大好きな淳平くんの顔を・・・見上げる。

「ずっと・・・待ってたんだから。
 沢山・・・愛してね」

「・・・もちろん」

淳平くんの唇が・・・あたしの唇に重なる。
淳平くんの手が・・・あたしの身体に沢山触れてくる。
淳平くんと・・・あたしの身体が一つになる。

沢山の愛があたしを包み込んでくれる。

ありがとう・・・淳平くん。

今・・・流れ出た涙は、淳平くんへの気持ちが溢れ出ちゃったんだと思うよ。


「愛してる・・・つかさ」
「あたしも愛してる・・・淳平くん」

淳平くんの指が、あたしの涙をスッと拭ってくれる。

「へへ・・・」
「どうした?」
「あたしの涙を拭う役目は・・・淳平くんだからね!」

そう言って淳平くんの胸にまた飛び込む。

世界で一番幸せな夜は、まだまだ続いていく・・・


――――――――――――――――――――――――――――――――


-エピローグ-

「ふぅ・・・」

大きく息をはく。
隣では西野が寝息をたててスーっと寝ていた。
頭をそっと撫でる。

「ん・・・」

微かに西野が反応する。
生まれて初めてのプロポーズ。
西野は笑顔で・・・受けてくれた。
それが本当に嬉しい。

それにしても色々ギリギリだったなぁ。
一昨日、角倉さんにプロポーズする、という事情を話したら・・・

「それは誕生日に言わないとダメだろう?」

という鶴の?一声で、撮影日程が大幅に前倒し。
沢山の人に迷惑をかけてしまった。
結果的には台風が直撃だったから、その事が結果オーライになったのだが。
それでもギリギリまでどうなるか分からなかったから、
西野に自分の気持ちを込めたビデオレターを送った。
沖縄で見た星空が本当にきれいで・・・
それを西野に見せたいって。

けどホント間に合うかどうか分からなかった。
台風が近づいていて、飛行機が飛ぶか飛ばないかギリギリだったし・・・
空港についてタクシーぶっ飛ばして。
タクシーの中で着替えて。
途中花屋に寄って。

・・・けど上手くいってよかったな。

西野はちょっと怒ってた?けど・・・

西野の誕生日、一緒にいれてよかった。

色々心配かけて・・・悲しい思いさせて・・・ごめんな。

西野の唇に、自分の唇を重ねる。


「・・・ん」

あ。

「・・・んー?淳平くん?」
「・・・ゴメン。起こしちゃったな」

閉じていた西野の目がうっすらと開く。

「んーいいよー。なぁに?」
「いや・・・何でもないよ。ごめんな、おやすみ」

ポンッと西野の頭に手をのせる。

「へへ・・・おやすみ。
 ね・・・ちゅーして?」


少し寝ぼけ気味な西野がものすごく可愛い・・・
そんな可愛い西野の唇にキスをする。

「んー。淳平くん・・・大好きだよ」
「俺も・・・大好きだよ、つかさ」

その瞳がまた閉じていく。

ちらっと横を見ると、西野が作ってくれた沢山の料理を食べつくした後が見えた。
二人とも異様にお腹が空いててあっという間にたいらげてしまった・・・
ケーキは、もう一度ろうそくをつけてお祝いした。

ビデオ・・・

ビデオの中の最後に隠れ?メッセージがあって。
一番最後まで見て、一度ザーっていう画面になった後に、
もう一度画面が切り替わるようになってたんだ。
そこに、実はプロポーズの言葉を入れておいたんだよね・・・
ま、それは黙っておくか。
やっぱりちゃんと会って言う方が絶対良かったし。


「むにゃ・・・淳平くん・・・ビデオ」

「え?」

また眠りについたと思った西野が喋りかけてきた。
ちょうど今ビデオの事を考えていたので・・・ドキっとした。
寝言かな?

「ビデオに映ってた・・・星空、きれいだったよ」
「そっか・・・良かった」
「南十字星・・・すごくキレイだった」
「うん・・・」
「ねぇ、淳平くん?」
「ん?」
「・・・新婚旅行は沖縄に行きたいな」
「え?」
「南十字星を・・・一緒に見よう?」

「・・・うん、一緒に見ような、つかさ」

「うん・・・」

それだけ言ってまた西野は眠りにつく。
いつの間にか雨は止んでいて。
月明かりが部屋に差し込み・・・
その光が、西野の左手の薬指にある・・・小さな十字の形をした指輪を照らしていた。


おしまい。


――――――――――――――――――――――――――――――――

というわけでいかがだったでしょうかーー!?
こればっかは皆様からの反応を聞いてみないと何とも・・・
初夜小説の出来が個人的にも良かったなーと思えるだけに、
今回のはかなり不安っす。

誕生日SSを書こう!と思ったのが誕生日当日の16日だった為、
あまりネタを熟成させる事も出来ず・・・
まああまり気にせず、書きたいままに書いていきました。
大体の大枠の話の筋は決めていたものの、
相変わらず書いてる最中に話を組み立ててってましたよ・・・

実は当初プロポーズさせるつもりなんてサラサラなかったんですが、
何故かプロポーズしてました。不思議ですねー
まあ4年間も待ってたんですから・・・ね?
(プロポーズの時に宅配便業者の制服を着て・・・もどうかと思いますがw)

あと途中色々矛盾点があるかと思いますが、
そこは目をつぶってくださいね。(荷物の事とか、ビデオの事とか・・・
あとケーキを半分にして食べる辺りの話は、某恋愛マンガからパクってますw)

というわけで久々の西野SSは楽しかったですー
やはり筆が進みます。
いや美鈴SSが遅れてる言い訳じゃあないです、ハイ。
そちらもしっかり完結させますので。

であ今回の誕生日SS「遅れてきたプレゼント」の感想をお聞かせ下さい~
以下のアンケートから項目を選んで、
できればコメントで残して頂けるとひじょーに嬉しいです。
(今後の小説のむちゃむちゃ参考にさせて頂きますです)




質問 西野つかさ誕生日SS「遅れてきたプレゼント」の感想をお聞かせ下さい。


すごく良かった!

まあまあ

ここを改良してほしい!

次回作に期待

その他ご意見あれば・・・






コメント







- アクセス解析 -






結果


過去の投票


管理





このSSの挿絵も募集中~
素晴らしき絵師の方々、いつでもお待ちしております。

それでは長い長い物語を読んで頂きありがとうございました!!
これからもずっと西野つかさを応援し続けていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------
<小説バックナンバー>

ー西野つかさ誕生日SS「遅れてきたプレゼント」-
遅れてきたプレゼント~前編~
遅れてきたプレゼント~後編~


ー美鈴小説「京都に咲く恋の華」-
プロローグ
第1話「再会の夜」
第2話「もう一つの再会」

ー西野初夜小説ー
西野つかさ初夜小説・前編
西野つかさ初夜小説・中編
西野つかさ初夜小説・後編
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

『西野つかさ誕生日SS』お疲れ様です!
自分もたかすぃさんの言うとおり初夜小説があまりにも素晴らしいので、確かに少し劣った感じがしますが、ただ初夜小説が良すぎただけと思います
けどあえて言うならば、プロポーズはもっとロマンチックにしても良かったのではと思います。
それでもホントに素晴らしい作品だと思います!
P.S この小説に引き続き美鈴小説も頑張ってください

【2005/09/20 00:33】 URL | A FATALIST #- [ 編集]


たかすぃさん今回もお疲れ様です。宅配便の人が真中っていうのは読める展開でしたが、半分のケーキというのはとても良い設定だったと思います。小説ってマンガにはない味がありますよね。読者の想像力をよりかき立てる、っていう。
なんだかんだ言わせていただきましたがこの小説私はすばらしい出来だったのではないかと思います。美鈴小説の続きも楽しみにしていますよ☆

【2005/09/20 01:01】 URL | クレーン #2f4N8xSo [ 編集]


楽しく読ませて頂きました
まさかプロポオズまでしてしまうとは!
真中も成長しましたねぇ

余談ですが前編を読んだ時
プレゼントの中身はいちごパ○ツだと思ってました(笑

【2005/09/20 01:29】 URL | 名無しのゴン子 #./3IxL/Q [ 編集]

つかさの気持ちで読んでました!
おもしろかったですよ~!!楽しかったです。最後はあたしもだまされました(笑)順平かよぉー!とつっこみをいれました。相変わらずつかさはかわいくて順平は前より成長したなぁ・・と。この二人はこんな感じで本当に結婚しちゃいそうなのでかなりリアルにかけてるんじゃないかなと大満足です。つかさはかわいくてモテモテなのに順平しかしらないで結婚していいのぉぉと思ったりもしますが・・いちずなところがつかさのいいところなんで胸にしまっておきます。本当にこの小説みたいに、二人には幸せになって欲しいです。たかすぃさんありがとうございました。感動しました。お疲れ様でした!

【2005/09/20 11:06】 URL | まりな #- [ 編集]


プロポーズですと・・・!!
たかすぃさんは西野を真中に任せることに決定したんですね(笑)!!
この小説は心理描写が上手くて楽しく読めました。
美鈴小説も期待して待っていま~す。

【2005/09/20 19:17】 URL | エッジ #JalddpaA [ 編集]

良かったです★
すっごく面白くて一気に読んじゃいました!離れてすごす誕生日でもビデオごしにいっしょにお祝いしてるとことか、すごく
サプライズってかんじでよかった~★
宅配やさんになって登場したときは
びっくりしちゃったし、プロポーズまでしちゃうなんておもわなかったからすごい嬉しかった。。(て、自分がいわれたわけじゃないけど笑)
 「つかさ」って呼ぶのが自然になってる関係っていうのがまたいいなあ。。なんて思いました。ほんとによかったです

【2005/09/20 19:51】 URL | ひろこ #- [ 編集]


こんばんわー!誕生日小説お疲れ様です。
相変わらず西野さんへの愛に溢れていますね~。
ただ後半部分のケーキ半分や宅配業者の正体は予想がついちゃったので。。。
逆に半分ギャグで「宅配便の中身はリボンをかけた淳平」とか「ココにハンコ押して~ってシロネコヤマトの淳平が婚姻届を出す」とか予想してたんですがハズレました(当たり前か)
それと他の方も仰っていますがプロポーズはもっとロマンティックに、例えば今回は見送って二人で旅行する南十字星の下で・・・ってあざとすぎるでしょうか?
でも淳平のつかさへの気持ちが伝わってきましたし、何よりつかさチャンが喜んでいれば全部いーのだ。って感じデスv
本当にたかすぃさんは女の子のキャラになりきった独白部分がお上手で引き込まれます。
美鈴ちゃんの方の小説も楽しみにしてイマスね♪
ではまた。

【2005/09/20 22:11】 URL | 風流 #195Lvy4Y [ 編集]


やっぱあんた天才とこれ呼んであらためて
思いましたよ~。でも本当にお疲れ様でした。美鈴SSも期待してます。
ファイト!!

【2005/09/20 22:33】 URL | バン #- [ 編集]


たかすぃさん、小説ありがとう!
僕はつかさタンの誕生日を祝い逃した薄情モノですw

しかし、こんな話を読めたのだから良しとしなくては。トモコが出たのがサイコーです。
真中も生意気にプロポーズしてましたね。いやこれでいいんです。

美鈴小説も楽しみに待っていますのでよろしく。

【2005/09/21 00:35】 URL | 元祖凍上氏 #- [ 編集]


たかすぃ様いつも楽しみに読んでいます。
今回も良かったです、ありがとうございます。
西野幸せそうでしたね、これでもう二人の
心配はいらなさそうですね。
ちょっと寂しい気もしますが、これで良し
次回も拙者をワクワクさせてくだされ。

【2005/09/21 04:07】 URL | やよいひめ #- [ 編集]

つかさがHAPPYならそれでいーのだ
「つかさと・・・愛し合いたい」
「あたしも・・・淳平くんと・・・」

大人になったなぁ~真中。
なんか親の心境です。


【2005/09/21 08:51】 URL | 注さん #- [ 編集]


とても良かったです。投票でコメントもしましたよ(昨日)
名前変えました(シルカ
次回作と美鈴の小説を楽しみにしています。

【2005/09/22 18:15】 URL | のうとん(なっく) #- [ 編集]

西野が見たくてたまらないレス・前編
小説読んで頂いた皆様へ。本当にありがとうございました。
こうして感想を頂けるのがホント嬉しいっすー
感謝、感謝の嵐ですな。

> A FATALISTさん
やはり初夜小説と比べちゃうと・・・ってのはありますね。
あの甘く密度の濃い時間を描いたのとだとまた全然違ってきちゃってますからね。
あとプロポーズは当初ホントさせる予定なかったんですよね。
けどプレゼントを何にしようって考えた時に、一番自然だったのがアレだったんですよー
いやはや怖いものです。勢いだw

美鈴小説もご期待下さい。


>クレーンさん
宅配人が真中は読めちゃいましたかーありゃりゃ。
まあよくよく考えるとそうなんですよね。
ケーキ半分・・・のネタは某恋愛マンガよりインスパイヤ!?されました。
いいですよね。いつか自分もやりたいですが中々難しい・・・

また美鈴小説での感想もお待ちしてますー


>名無しのゴン子さん
楽しく読んで頂き何よりですー
うーんプロポーズは自分でもびっくりw
もう自然に出来た流れに身を任せた感じです。

いちごパンツ・・・いちごブラとかも考えたんですけどね。
淳平なら許されそうですし。


>まりなさん
おおw騙されてもらえて何よりです。
淳平だったんですよー西野も気付けないような仕掛けをしてたんですね。
ロマンチックなプロポーズよりも、この二人は勢い、っつーか、
その時のタイミングが大事な二人だと思ったので、
このタイミングでさせちゃいました。

淳平しか知らない・・・かどうかは4年間次第ですね。
人は色んな人を好きになっていきますから。
4年間は、二人に何があったとしても誰も責められないですよね。
そこら辺もいつか描けたらいいなぁと思ってます。
ありがとうございました!


>エッジさん
うーん任せたくなかったんですけどねw
流れで任せる事になってしまいました。ガッテム!
心理描写気に言って頂いて何よりです。
今回西野視点がメインだったので難しかったですねぇ。
女の子の気持ちってこれで表現できてたんでしょうか・・・

美鈴小説もご期待くださいませ。


>ひろこさん
一気に読んで頂きありがとうございます~照れますw
ビデオで一緒に祝う、というのはこのSSを描く際に一番最初に思いついた事で、
まさかプロポーズにまで発展するとは作者も思いもよらずw
ひろこさん自身が嬉しくなっちゃったのがこちらも嬉しいです。あはは。

「つかさ」って呼ぶのは一応自然になってますが、
たまに「西野」と出ちゃう時もある、って設定です。
まだちょっと慣れてないんですね。なので心の中ではまだ「西野」だったりするんですよ。
そこら辺も見て頂けると嬉しいです。

【2005/09/23 02:38】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

西野が見たくてたまらないレス・後編
美鈴小説、レボ発売までに何話書けるだろうか・・・それが心配。


>風流さん
西野への愛は溢れまくりです。それこそいくらでもーー!
ケーキ半分や宅配人の正体は分かっちゃいましたかー
中々皆さん全員を騙すのは難しいですw
ハンコのところは実は悩んだところだったんですが、
キスが一番可愛いかな、と思って。
婚姻届に押させるのも良かったんですけど、ちょっと早いかなぁとw

プロポーズのところは確かにロマンチックではないんですよね。
ただ二人の間にはロマンチックはいらないのかな、って。
勢いが大事なんだーって思ったのでさせちゃいました。
気持ちが昂ぶってる時がいいんですよ!(ぇ)

西野の気持ちは上手く表現できてましたかね?
そこが一番不安だっただけに、共感して頂けるとすごく嬉しいですねー


>バンさん
いえいえ天才だなんてとても。足元にも及びません。
けど嬉しいですーありがとうございます。
美鈴SSは完結するかどうか微妙ですが(レボまでに)
何とか頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくですー


>元祖凍上氏さん
どうもです~最近は誰ハマりですか!?w
ああ祝い逃されたんですねー薄情モノだぁ!
なんて。SS読んで頂きありがとうございますー
かなり自分の願望が前面に出ちゃいましたが。
トモコは西野が出てくるなら絶対絡ませたかったんですよ。
大胆なセリフはトモコから!ですねw

美鈴小説も頑張ります~どうぞよろしくです。


>やよいひめさん
読んで頂きありがとうございます~
二人は幸せのスタートラインに立ち、そして走り出しました。
二人の心配は・・・まだまだしちゃいますね。
きっとこれからも色々ケンカしていくんでしょうけど、
その度に絆が深くなっていくって信じてます。

次回は美鈴小説を是非お楽しみくださいね。


>注さん
二人も22~23歳ですからね!
大人になりますよ。
4年間という時間が、彼らを肉体的にも精神的にも成長させたんだと思います。

出来れば河下センセにそこを描いてほしかったですねぇ、もっと。
親の心境なのがウケますw


>のうとんさん
投票見ましたよーありがとうございます。
美鈴小説の方がやっぱ気になるんでしょうか?
こちらも話自体は完成しているので、後は書くのみ。
それが問題なんですが・・・

HN変更了解ですよん。

【2005/09/23 02:48】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/10/28 04:00】 | # [ 編集]


淳平がつかさたんとキスしまくってんのがうらやましい

【2005/12/27 22:52】 URL | 那須 #- [ 編集]


セックスだろwwwww

【2005/12/27 23:00】 URL | もすかう #- [ 編集]


とってもおもしろかったです~。他の人が書いたいちごSSもいくつか読みましたがどれもこれもクオリティーが低くて・・・なんかつかさがつかさじゃないのばっかりでつまらないんですよ!だけどやっとこの小説に出会えて満足できました。もう、おれはあなたのいちごSSしか読めない!てなぐらいで・・・
というわけで、次回作も期待してます!(真中とつかさの結婚式とか、あるいは空白の4年間時代のつかさの話とかどうっすか?)

【2006/02/15 15:51】 URL | カッツォ #- [ 編集]


もっと作ってくれ~~~~!!!今度は、西野と真中の新婚旅行SS、お願いします。それから、外村美鈴のSSもお願いします。

【2006/04/14 17:26】 URL | K・M #- [ 編集]


本当に感動しました。
なんでもっと早くこの小説に出会えなかったのか悔やまれます。
淳平と西野の性格や普段の様子など非常によく表せてると思います。
この小説を河下先生に送ってみては?
漫画化されても全くおかしくないですよ。
まぁ、自分が見たいだけなんですが。
今更ですが、是非もっと西野と淳平の小説書いてください。
結婚式でも新婚旅行でもいいんで。
本当新しい小説楽しみにしてます。
感動をありがとうございました。

【2008/03/31 00:48】 URL | taiyou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/228-4035ff2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【いちご100%】うわーん。こんなもん大人買いしちゃったよーん!!

とまぁ、コンビニを徘徊していたら、こんなシーンに遭遇したわけである(画像は再現したもの)。ふーん・・・、と一度は素通りしたのだが、あれ?なんか見覚えるなぁ!?と舞い戻 キンパルオヤジのだらだらな日々【2005/09/25 10:40】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。