マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート7巻を読み解く!(コミックスにまで誤植が・・・!?)
2005年07月02日 (土) | 編集 |
※第二部に繋がるネタバレありますのでコミックス派の方はご注意下さい。
death_note_7.jpg

L追悼・・・!

多くのファンの悲鳴がこだました衝撃の展開。
今回もコミックス派の人の悲鳴が各地で続々と上がるのではないでしょうか。
デスノート史上最大の衝撃がこの7巻に、ある。
一度読んだだけでは理解できない、
難解すぎるトリックと心理戦、様々な考察が行き交った当時と振り返りながら、
今回の7巻も感想・考察してみたいと思います。

そういえば、前回の6巻のレビューの時に、

>花畑に囲まれるLの表紙とかだったらどうしよう・・・

と書いたらホントにそうなってしまったよ・・・!
体育座り、指を噛む・・・
まさに「L」がここにいます。嗚呼、合掌。

では今回の追加ルールの検証から行っていきましょう。

<参考>
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
デスノート5巻を読み解く!(実は一部差し替えされていた?)


【7巻で追加された11個のルール】
5巻で12個、6巻で10個と追加されたルールですが、
今回は11個の追加ルールがありました。
・・・なんですが。色々と問題がありまして。
まあそれは検証していきながら話していきます。

--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXVII>
◆所有権をなくしたノートの所有権を再び得れば、
 そのノートに関する記憶が戻る。
 万が一、他にも関わったノートがあれば、
 関わった全てのノートに関する記憶が戻る。

◆また、所有権を得なくても、ノートに触れていれば、
 触れてる間のみ記憶は戻る。



05-07-02_16-25.jpg

page.53でライトの記憶が戻った時の状態。
この時点ではまだ「触れてる間のみ記憶が戻る」状態ですね。

さてこのルールが今後使われる時が来るのか・・・?
第2部の状況を見てる限りだと、それぞれのデスノートを失ったら負け、
みたいな状態になってきていますし、
生命の危険がかなりある以上、ライトももう記憶を失くすという行動はしないと思われます。

今回敵であるメロ側に「死神の目」がある以上、
ミサの記憶&死神の目を失うわけにもいきません。
なのでこのルールが今後日の目を見る事はないと思われます。
第1部では肝だったんですけどね・・・


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXVIII>
◆デスノートの所有権をなくした事で、そのノートの記憶がなくなり、
再び所有権を得る事か触れる事で記憶が戻るのは、一冊のノートで6回まで。

◆よって、触れたり所有権を得る事で6回記憶を戻し、
 さらに同じノートを手にした場合、それを使うならば、
 記憶は戻らない状態で新たに使用する事になる。



05-07-02_16-25~00.jpg

こんな風になるのも6回まで、という制限があるという事ですね。
あまり頻繁に記憶を消去したり復活させたりするのは身体に影響があるからかも。

このルールも作中で出てくる事はなさそうな気がします。
6回も誰がそんなのやるんだ・・・
ノートの記憶は所有権を「放棄」しなければならないので、
そういった行動をするのはライトぐらいしか・・・

最終回とかで、
全てを無に帰した状態でもう一度デスノートを真っ白な気持ちで使いたい、
と思う時に適用されるルールでしょうけれど、
まあまず活躍の場はないルールですね。


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XXXIX>
◆死神と眼球の取引をし、その目で見える人間の寿命は、
 デスノートに左右されない、その人間の人間界での本来の寿命である。
 ノートで死んだ場合、残っていた寿命が死神に与えられるのである。


ん・・・?
このルールどっかで見た事あるような・・・
そうなんです。5巻で追加されたルール「HOW TO USE IT:XXX」なんですよコレ。
最後の一文、
「ノートで死んだ場合、残っていた寿命が死神に与えられるのである。」
ここだけが違うんですが、別にそれ今更何を言ってるんですか。
1巻でリュークが説明してたじゃないですか。

これ・・・ミスなんでしょうか?
いやね、まさかね・・・一応加わった文章もありますし。
ミスじゃないって。そう思ってたんだ。そう、この時までは・・・

さてこのルールだけを見ると、




05-07-02_16-26.jpg
「ミサ・・・また寿命が減っている・・・」

何故レムはミサの寿命が減ってるのが分かったのか?
という話になるんですが、考えられるのは2つ。

◇死神の目とデスノートは別の考え方である。
 (死神の目の取引をした寿命は見る事が出来る)

◇あくまで「死神と取引をした仮の目」なのでそこまで万能ではない。
 なのでリュークやレムといった「本物の死神の目」は減った寿命を見る事が出来る。


といった感じでしょうか。
ここら辺が追加ルールされると思ったんですが無かったですねぇ。
その代わりにしょーもないのが追加されてますし・・・
一体どうしちゃったの!?


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XL>
◆死神の目を取引した人間は、
 写真等で既に死んでいる人間の顔を見ても、名前も寿命も見えない。



05-07-02_16-32.jpg
「両方見えない奴はもう死んでいる人間だ」

メロに奪われたノートの所有者をミサに探させてる途中に出てきましたね。
リュークの説明がちゃんとありました。
このルールは今後も出てきそうです。

この先の展開で、騙し合いの心理戦の中、
「生きているか」「死んでいるか」が一つの鍵になってきそうなので、
その時の判断を下すのがこのルールになってくるのではないかと思います。

ちなみに今後Lの写真とかが万が一出てきても、
今後一切本名を知る事が出来ないというわけですね。(ファンの方残念!?)
更に面白いのは、Lの写真を見た時に名前が見えるというパターンですが・・・
そう、という事は・・・!?

ま、それは可能性0%ですが、
メロを殺したつもりだったのに、メロの写真を見た時にまだ名前が見える、
とかそんな展開が熱い。
まあ本名知られた瞬間オシマイですけどねこのマンガは。



--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XLI>
◆人間界にいた死神が死に、人間界に残されたデスノートは、
 人間が拾えばその人間のものとなる。

◆しかしこの場合、その死神の姿や声を認知できていた人間でなければ、
 ノートを見る事も触る事もできない。

◆可能性として極めて低いが、死神が拾えばその死神の物となる。



05-07-02_16-40.jpg

page.58でライトがレムのノートをゲットをした瞬間がこのルールの適用ですね。
まあ今後このルールが適用されるケースが出てくるのはこれまた難しそうですが・・・

面白いのは「その死神の姿や声を認知できていた人間」じゃないければいけないという事。
現状ライトはシドウの姿や声を認識してないので、
可能性としてはホントに低いですが、

シドウがノート奪還

寿命を得る為に書いた名前が、シドウが実は好意を抱いている相手だった。

死んでしまうシドウ。残ったノート。
けれどもそのノートを認識できるのはメロだけ・・・!?


という展開も面白いかもしれないですね。
まあどうやったらそんな展開になるのか・・・
そもそもシドウが誰に好意を抱くんだ・・・メロか!?
メロとの間に何かが生まれるのか!?

奇妙な友情とかが生まれたら面白いですね。


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XLII>
◆死神の目で見る事のできる人間の名前は
 「その人間を殺すのに必要な名前」であり、
 たとえ戸籍等に名前がなくとも殺すのに必要な名前は見える。


・・・
・・・おい。
5巻で載ってた「HOW TO USE IT:XXX」の2番目を、

そのまま載せただけじゃねえか!!!

一字一句一緒なんですけど。
・・・何これ、誤植?
またもや誤植?意図的なの?
まさか初版は全部コレで、第二版から直されるとかのオチは勘弁よ?
もう一冊買うハメになるよオレ?

スナイダーの件といい、ちょっと最近ズサンな気がするんですが・・・
追加ルールが見たいが故にコミックスを発売日に買っているのに、
この仕打ちは一体何なんだーーーーーーー


--------------------------------------------------------------
<HOW TO USE IT:XLIII>
◆デスノートに書いた名前・文字等を、
 消しゴム・インク消し・修正液等で消しても何の意味もなさない。


おおーこれは読みきり版「デスノート」に出てきた、
「デスイレイザー」を否定するルールですね。
まあ今更そんなん出てきても大変な事になっちゃいますからな。
これはOKなルールだと思います。
けどこんなの最初の方に載せておくべきだと思うんだけどなぁ・・・


【7巻の見所】
っつか第2部まで想いっきり収録されてるしーーーー!
コレには正直ビックリしました。
確かに1~2話分ぐらい足りないのは分かっていたんですが・・・
間違いなく読みきり版「デスノート」が掲載されると思ってウキウキしてたのに!

第1部でライトすげーーーって思ってた人が、
第2部のライトを見てがっかりするという、
1冊で二つのライトを見れるという稀有な巻です。ありえん。


◆ノート交換のカラクリ

05-07-02_17-02.jpg
「おいおい一周しただけで何も変わってないだろ」

やはりこの巻の一番の見所はココ。
黒ライト復活への軌跡です。
ヨツバ編から散々頭を悩ませていたライト復活のトリック。
メチャクチャ複雑で理解するまでに相当の時間を要しました。

当時のpage.54「中」の考察で出来る限り分かりやすく解説してるつもりです。
是非そちらをご参照下さい。
色々と矛盾点はあるんですけどね・・・


◆L殺害までの心理的トリック

05-07-02_17-07.jpg
「・・・そういう事か・・・なんて奴だ・・・」

ライトの恐るべき心理トリック。
L、レム、ミサ・・・それぞれの行動心理を読みきったトリックは、
デスノート史上、最凶最悪のモノ。
13日ルールという凶悪なルールが出てきた時はホント身震いしましたからね。

そのルールが今後ライトの首を絞める事になるのか・・・はてさて。

ライトの恐るべき計画についての考察は、
page.57「二択」の考察をご覧下さい。


◆デスノ読者全員が度肝を抜かれたLの死

05-07-02_17-12.jpg
「竜崎!!おい竜崎」

誰もがLの反撃があるだろうと思っていた。
このまま終わるLじゃないと。
それを楽しみにしていたのに・・・

ある意味読者の期待をバッサリ切り捨てた展開。

そのバッサリ感に、見事にやられてしまった読者。
とにかく素晴らしい展開でした。
未だに「L生存説」は残りますが、インタビューでそれすらバッサリ。
容赦ないぜ大場先生・・・!


◆7巻のミサミサ
勿論7巻もミサミサ大活躍です!!



05-07-02_17-16.jpg

泣き悶えるミサミサや、



05-07-02_17-17.jpg

健気なミサミサ、



05-07-02_17-18.jpg

悪女の顔をしているミサミサ、




05-07-02_17-18~00.jpg

色っぽすぎるミサミサなど多数!
こりゃたまらんーーーー

早くライトとミサの子供が見たいです。
んでライトは子供と戦うんですよ。それがデスノート第3部かな。


【今回もあります!7巻の微修正】
えーあのお方がまたしてもやってもらえるだろうと勝手に思っているので、
詳しいのは避けます。だって、無理・・・!

今回見つけた微修正はコレ。



05-07-02_17-25~00.jpg
ジャンプ掲載時






05-07-02_17-25.jpg
コミックス版※page.57「二択」91ページより。


そう、ノートの切れ端部分が違ってるんですね・・・!
これは個人的にかなり大幅な修正なんですよ。

page.57の考察で「ノートの切れ端はライトの細工である」という説を唱えました。

以下、その説を抜粋。

>すなわち、ライトはLが「切れ端の跡」に気付くだろう事は読めた。
>なら、「ノートの切れ端」でも殺人を行える事に辿りつくだろう。
>そこまで辿りついたのであれば、ライトの今までの行動の中で、
>「いつでもどこでも」殺す事が出来たのでないかと推測するであろう、
>という事をライトは読んでいた

>つまり、Lが最終的に引っかかる場所は「13日の嘘ルール」、
>この「13日の嘘ルール」を立証する為の行動にLは出る!
とまで考えていたのだ。
>立証する為に行動するという事は、
>第3のシナリオの場合レムを追い詰める格好の時間的制約に繋がる。

>そう、「ノートの切れ端跡」はレムへの罠の布石だったのだ。


この説全部オジャンですよ!
結局切れ端が修正後みたいな形だと、
レムが切り取った時のやつそのままじゃないですか。
こんな切れ端にまでもライトの思惑が入り込んでると思ったのに・・・

別にわざわざ修正しなくてもいいじゃないですか大場先生・・・

ライトすげーって思わせておいてくださいよ。
ただでさえライト株が大暴落してる中、更に下がりました。
個人的に非常に残念な修正でしたね・・・


というわけで8巻は9月発売予定。
話的には来週号のジャンプくらいまでが収録って感じでしょうか。

7巻に収録されてる話の、ジャンプ掲載時の感想・考察へのリンクになります。
この辺りから本格的に考察を始めたので、
読み応えだけはあると思います。
当たってるトコ、外れてるトコあるかと思いますが、
お時間ある方は是非ドーゾ。


--------------------------------------------------------------
<6巻収録話のジャンプ掲載時感想・考察>

05-07-02_17-48.jpg
page.53「悲鳴」


05-07-02_17-50.jpg
page.54「中」


05-07-02_17-51.jpg
page.55「創造」


05-07-02_17-52.jpg
page.56「抱擁」


05-07-02_17-52~00.jpg
page.57「二択」


05-07-02_17-53.jpg
page.58「胸中」


05-07-02_17-53~00.jpg
page.59「零」


05-07-02_17-54.jpg
デスノート感想・考察 page.60「誘拐」


05-07-02_17-55.jpg
デスノート感想・考察 page.61「二番」


--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
デスノート感想・考察 page.69「飛翔」
デスノート感想・考察 page.68「発見」
デスノート感想・考察 page.67「釦」
デスノート感想・考察 page.66「死亡」
デスノート感想・考察 page.65「責任」
デスノート感想・考察 page.64「直角」
デスノート感想・考察 page.63「的」
デスノート感想・考察 page.62「決断」
デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
デスノート5巻を読み解く!(実は一部差し替えされていた?)
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------------------
DEATH NOTE 7 (7)
DEATH NOTE 7 (7)
posted with amazlet at 05.07.02
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 (2005/07/04)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 4.67


5 勢いが戻ったけど

5 おすすめします!

5 は、はんかちを…
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
こんにちは。
私はまだデスノ7巻は手にしていないのですが、たかすぃさんの考察・感想はかなり参考になりますた♪
何故同じルールを載せたんでしょうね?スペースが余っているので、取りあえず埋めちゃえという訳でも・・・ないですね。やっぱりノートの切れ端は間違いだったんですね(汗)
なんだか最近、話の展開も多少無理が感じられるような・・・?まぁそれでも、私なりに毎週十分楽しんでいるのですが。

【2005/07/02 20:14】 URL | モモ #boP4ld1U [ 編集]

た・・・・たかすぃさん!
うわー・・・・・・・
公式発売日前で、私はまだ手に入れてないんですが(早売りの場所知らない)・・・・・・・
うっかり来てしまってうっかり詳細まで見ちゃいました・・・・・・うわーん・・・・・・(第一部はコミックス派でした)
表紙のダメージ大・・・・・・・・・・うわーん

【2005/07/02 21:23】 URL | なつき #wLMIWoss [ 編集]

はじめまして
たかすぃさんはじめまして。
いつもデスノ考察楽しみに拝読しております。
よく考察の手がかりにさせていただいてます。
最近ちょっとジャンプ感想が遅めで寂しいです(笑)

さて。初めましての直後で不躾ですが。
今回の7巻でのノートの切り取り跡がライトの意図したもので無かったという事について。
残念ながら、ライトがノートを切り取るという行動はむしろライト的にはやっちゃいけないことのようです。
掲載当時、たかすぃさんの考察を拝読して
私も「おぉおライトすげー!!」と唸ったのですが、
その事を他人と話した時に「その説は違う」と指摘されてしまったんですよ。
「ノートを切り取ったのがライトの意図したものだったとしたらライトの行動としては矛盾している」と。

説明しますと、(以下ちょっと長いですすいません 汗)
「13日ルールをLにわざと疑わせるために切り取ったとするなら、
ライトが用意してあった他のパターン
(ミサがLの名前を覚えていた・ミサにLの顔か映像を見せる)
が失敗する可能性が高まってしまうのでライトはそんな行動はしない。

結果的には切れ端の件を疑い出すのはミサ解放後でしたが、
もしかしたらミサ解放前にLが13日ルールを疑い出す可能性もあったわけです。
そうなったらミサの解放はなくなってしまうかも知れず危険です。
また「レムに殺させる」という策1本に絞るというのならまだしも、
他のパターンを複数考えてあった以上、Lの思考をわざわざ進めてしまうような行動をライトが取るのはおかしいということになります。

というわけで、これについてはライトの株下げないであげてください(笑)
まあ確かに2部のライト、まだキレが今一歩足りませんが・・。
今後に期待ということで。
結局作画ミスだったようで残念です。
ネットでも当時あちこちで結構議論になったと記憶してます。
そういえばレムがミサに忠告するために切ったんですよねこれ。
レムは皮肉にもこれが自分の首を絞めることになっちゃったとも取れて。
切のうございます。レム・・・。

【2005/07/03 02:29】 URL | サミィ #oFT34h9Y [ 編集]


◆死神と眼球の取引をし、その目で見える人間の寿命は、
 デスノートに左右されない、その人間の人間界での本来の寿命である。
 ノートで死んだ場合、残っていた寿命が死神に与えられるのである。

のルールで何かへんなところありますかねぇ~?
死神の目(死神の物でも取引した物でも)で見える寿命は
ノートに於いての記載で数日以内に死ぬとしても
ノートへの記載はなかったものとして観測できる
目で見える寿命からノートで決定された寿命を引いた
『奪った』寿命が死神の物になる
こういうことじゃないですか?

【2005/07/05 20:47】 URL | 魔法使いの弟子 #ihn3MyrQ [ 編集]


あ~、やっぱ何回読んでも むかつくわ。
好きなだけにむかつくわ。
考察するなら、もっとよく勉強してほしい。
いろいろ。
日本語も。
論理学も。
その他。

【2005/07/08 19:46】 URL | 通りすがりのいちファンですが #- [ 編集]

HOW TO USE IT:XXXIXについて
コミックス4巻、page28の1ページ目、レムによって死神が持つ目と人間が取引により入手できる目との違いについて説明していました。
死神>死神の寿命は見えない、人間(目のあるなし関係なく)の寿命は見える
人間>死神、目を持つ人間の寿命は見えない

【2005/07/09 17:11】 URL | misaki #- [ 編集]

カウントダウンの期間設定
はじめまして.いつも楽しく読ませてもらってます.

誰かが指摘しててもおかしくない気がするのですが,気になるので願望込みで書かせてください.

L is dead のカウントダウンタイマーって 20d18h31m32s から始まってますよね?
レム消滅の時点での値はわかりませんが,一日以上は違わないと仮定します.
すると,これと懐かしの「23日ルール」(HOW TO USE IT の XXVII)との絡みはあるんでしょうか?

レムにしてみれば,
*L とワタリは両方つぶさないとミサは助からず,どちらかを殺せばレム自身消滅→自分の死は確定
*ライトはミサ(ノート所有者)を直接ノートでは殺せないが,死神を死に追いやるほどだからやはり危険
と考えられることから,最後に何らかの「ミサに有利になる仕掛け」か「ライトを抑止する仕掛け」をするのはそんなにおかしくないと思います.
死の状況を書いてから最後に名前を書くことにすれば,少しは凝ったことも可能でしょうし.
あんまり時間はなさそうでしたが.

というわけで,レムは実は
「L(の本名),*年*月*日*時*分心停止を伴う仮死状態に陥り医師により死亡と判定されるも,
*年*月*+22日意識を回復し○○を実行,その後**により死亡」
として,可能な限りライトの興味をLからそらしてからLに何かをさせた,というのはいかがでしょうか.
で,この状況説明は死神語で書いてあってライトには読めなかったと.
意識回復後の L は,レムに指定された○○実行後は,
死ぬまでに可能な自由度によりますが,
ロジャーに生存を知らせようとするもののタイマーが作動後だと気付き,
むしろ自分がもう死ぬことを悟って,
ならばと味方をも欺く仕掛けを施して死んでいたとしたら燃えます.

もっとも,デスノートで操れる範囲では,確か他の人間の寿命に影響する行動はさせられない(からミサの寿命延長に結びつくようなマネはさせられない?),などなど突っ込みどころは満載です.

時間経過して第2部に突入した今となっては今更ですが.
Lもレムも,ただでは終わらなかったことにして欲しいのです.
うう,竜崎よぅ‥

【2005/07/14 00:38】 URL | 文六 #EXgx69xw [ 編集]

本編に関係のない内容で申し訳ないのですが
たかすぃさんこんにちは!

さて、誤植とはちょっと違うんですが、
page.57 二択 の19ページ目(扉絵含む)、レムのモノローグのコマ(背景にミサ・死神の目・ビデオテープが散っているコマ)のノートに書かれた文字が
[DEAHT NOTE]
になってますよね?

自分の所(ブログ)でも書いたんですが、反応が無いので不安になってきました…

【2005/07/15 14:28】 URL | 比良坂凛 #cwHBdaMk [ 編集]

質問!!
最近DEATH NOTEを読み始めていっきにはまった19歳の女です。質問なんですが、ライトが火口を殺すときに使った腕時計なのですが、回想シーンでは左手につけてた時計が、殺すときには右手につけているんですよね…習慣は変わらないとライト本人もいっているのにつけている腕が違うって…これって誤植…?

【2005/07/27 09:26】 URL | A #- [ 編集]

あったまくるんだ
L対ライトなら、絶対Lの勝ちさ。要は、レムがミサミサに特別の思い入れしたから、ライトは死神の援助を得た訳だ。そりゃあ、ミサを虜にしたライトの魅力勝ちともいえなくないけどさああ。L一人に対しライト、ミサ、死神だぜええええええええええ。勝てるわけないっつうか、フェアじゃないよね。プンプン!



【2006/06/28 22:30】 URL | jun #- [ 編集]


Lが生きてたらいいのにーー(´;ω;`)
かなりのショックでした・・・。

【2006/07/10 00:55】 URL | ゆりんご #KTrGYn.c [ 編集]


始めましてです。楽しく読んでます。
デスノ、何度読んでも、理不尽です。Lの方が頭がいいじゃん。相手は超常現象使ってるんだから、それに知恵が加われば勝てないわけないさ。でも、ノートの存在を
明らかにしたのはLだし、何もないところからデスノートを明らかにした推理ってスゴイんじゃ、、、。ライトはばれないようにするところに頭使っただけだしー。
そこに話が及ばないのがイライラするよ!全く。
まぁ、主人公をあそこまで追い詰めたら後は消すしかないもんね。

【2006/07/29 02:14】 URL | 雪だるま #uG65oPSI [ 編集]


L大好きなのに~!!

ライト・ミサ・レム許せねぇ!死ねよ!
つか死んでも許せん!うざすぎ!

【2006/08/19 15:33】 URL | YU #- [ 編集]


もう一度読み返してみようっと。

【2006/10/28 01:07】 URL | はに丸 #JalddpaA [ 編集]

竜崎~~~
泣けちゃいます。私、ものすごく竜崎大大大っ好きなんですよ、竜崎が死んでしまう 
シーンなんて、もうぼろぼろ涙でてますから・・・・・・・本当に、泣けました

【2006/11/10 18:21】 URL | 結城 #AM34sMcQ [ 編集]


もう私一人ではLを越せないとわかっていましたがメロと組めばLと並べる・・・Lを越せるとゆうことはわかっていました。Lがいなくても最初からニアとメロのこんびでいけばキラ(月)を倒せたというだけです

【2007/01/04 14:35】 URL | ニア #BaVqJGy6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/166-683d2f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デスノート7巻考察。

「マンガがあればいーのだ。」さんに、恒例のデスノコミック考察が載ってました。やっぱりLの死ってのは、神展開だよなぁ。絶対にもっと引っ張ると思ってたもん。>デスノート7巻を読み解く!(コミックスにまで誤植が・・・!?)  byよいこ 小ネタBlog~純情派【2005/07/04 15:46】

デスノート (大場つぐみ)

デスノート 1 デスノートは2003年12月から週間少年ジャンプで連載されている... よっしーの脳内世界【2005/07/17 22:18】

小畑健

[作者名] 小畑健 [紹介内容] 小畑健が書いている作品だと意識したのは 「人形(からくり)草紙あやつり左近」からです。 もっとも「CYBORGじいちゃんG」等の作品は 前から知っていたのですが。 この人の作品が広く普及したのは「ヒカルの碁」 あたりからではないかと思う。 作 魔王の館 -旧雑貨屋-【2005/07/18 21:59】

デスノート7巻感想

 何度も読んでやっと理解できました。本当に難しい。今までのデスノートの中でも一番難しい巻だと思います。特にわけがわからなかったのがミサノートをライト→リューク→レム→ライトと一周させたこと。ずっと前に、たかすぃさんのブログ「マンガがあればいーのだ。」を... 流浪者之歌【2005/08/05 23:11】

『DEATH NOTE』第7巻レビュー

『DEATH NOTE』第7巻の表紙を飾るのは、指を銜えたL。もう視線がたまらん。今迄で一番好きな表紙でございます。◆デスノート⑦感想(ネタバレあり)ヨツバキラ火口の逮捕に至った捜査本部。ここに新展開が待っていた。ノートに触れた瞬間、響き渡る叫び声。ついに死神の存在を KAIGAN【2005/09/17 01:50】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。