マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • >>03
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート感想・考察 page.69「飛翔」
2005年06月29日 (水) | 編集 |
05-06-28_23-54.jpg

何が起こるか分からないから楽しいんだ。

ニア・メロといった存在が、かつての黒ライトを呼び戻しつつあった。
今週ライトが見せた知略はまさに全盛期を彷彿とさせるものだった。
・・・けれどそんなライトにイレギュラーな事態が発生する。
認識していなかった事実。
複雑に絡み合うデスノートを巡る戦いは、たった一つの穴が命取りになる。

シドウという死神の存在。

それはこの戦いが更に深く、長いものになっていく・・・
そんな予感さえさせられる展開へと、物語は突入する。
一体何が起こったのか。
今週の考察は深く突っ込んでいく事にします。


【死神の力を得たメロ】

05-06-28_23-55.jpg

衝撃的だった今回のラスト2ページ。
遂にライトは敵対する存在に「死神」「死神の目」を持たれてしまった。
これは今までのデスノートという物語の中で、
ライトが常に持っているアドバンテージだった。

○ノートのルール熟知
○顔を見れば名前が分かる「死神の目」


まさに条件的に五分五分の戦いと今後なっていく。
いや、色々な弱みがある分、ライトの方が不利な展開になっていくかもしれない。
・・・まさにここからは騙し合いの世界。
ダイナミックかつ高度な心理戦が展開されていくハズだ。
その為の情報をまず整理してみる。


◆メロ達の元に現れたシドウ

05-06-28_23-55~00.jpg

前回、ライトが現デスノートの所有者を発見した時・・・
シドウはライト達の動きをしっかり見ていた。
単純である彼は、所有者が見つかった途端、すぐにスナイダーの元へと向かったと見られる。

そしてスナイダーに憑く死神になった。

この瞬間、これまでノートに触れた事のある人物は、
全員シドウの事を認識する事になる。
以下のルールをもう一度おさらいしておこう。

――――――――――――――――――――――――――――――――
HOW TO USE IT:III
デスノートに触った人間には、そのノートの所有者でなくとも、
元持ち主の死神の姿や声が認知できる。

HOW TO USE IT:XXXIII
デスノートの所有権を失うと、
そのデスノートに憑いていた死神の姿や声は認知できなくなるが、
所有者でないノートに触れた人間には、その持ち主の死神の姿や声が認知され続ける。
よって、ノートの所有権のない人間がノートに触れる事で認知した死神は、
そのノートの所有権を得て所有権を失わない限り、認知される事になる。

――――――――――――――――――――――――――――――――

突如目の前に現れた異形の存在。
普通であれば受け入れるものではない。しかし今は普通じゃない。
「デスノート」という存在がある。
それが「死神」という存在を、メロ達に簡単に受け入れさせる。

シドウは今までの展開を見ていると相当頭が弱いと予想される。
よって「ノートを返してもらわなければ死んでしまう」という弱みを、
いきなりメロ達にぶつけてしまったのだろう。



05-06-28_23-56.jpg
「なんで俺がこんな事を・・・見張りなんて・・・」

普通に見張り役をさせられており、それをしぶしぶ実行している事から、
メロはシドウと交換条件の取引をしたと考えられる。
さてその交換条件とは・・・?


◆メロはシドウからどこまで情報を得たのか?
シドウがいくら頭が弱いとは言え、仮にも死神。
ある程度デスノートの事は熟知していると思われる。
ではメロがシドウから引き出した情報を推測してみよう。

○死神の存在

05-06-29_00-47.jpg

・一つのデスノートには一人(一匹?)の死神が憑く。
・銃などで死神を殺す事は出来ない。
・そのノートに触れなければ死神の存在を認識する事は出来ない。


死神自身に関する情報はこんなトコでしょうか。
見張りをさせてる事からこの辺りの情報までは渡っていると考えられます。
殺す事は出来ない、というのは多分現れた瞬間に銃で打ってると思われるので。


○死神の目の取引

05-06-29_00-49.jpg

すでにスナイダーに死神の目が発動している事から、
すんなりと取引が行われたのだろう。
そもそもメインで交渉をしているのはメロだと思われるので、
別に自分じゃなければ何の躊躇もいらない・・・からね。

シドウが目の取引をするのには一つメリットがあって、



05-06-29_00-49~00.jpg
「その人間の残り寿命の半分だ」

取引をする事により、スナイダーの残り寿命の半分を、
シドウが得る事が出来る。
すなわち寿命が延びたという事だ。
これにより、当面の間シドウは死なない事が決定した。
まああくまでスナイダーの残り寿命次第なんですが。
(マフィアなので実はかなり短いのかもしれない)

さてここで「写真」でも名前を見る事が出来る、という事もメロは認識している。
となると・・・ワイミーズハウスに残してきた写真。
これが後に大きなキーアイテムになりそうです。(ニアのアドバンテージ)


○ノートのルール
英語で書かれているルールの事以外に何を伝えているのか?
まず気になるのは「所有権」
死神の目を得られるのは今現在のデスノートの所有者のみ。
となると所有権の話も多少してそうな感じ・・・

もう一つ気になるのが「嘘ルール」
死神界のインクで書かれてる事から、死神が書いたモノと判明するハズだが、
これがキラの手によって書かれたものなのか?
何故、一体何の為に?
今現在深くは考えないかもしれないですが、
物語の後半以降、展開の一つの鍵になると予想される。


○ライト達の情報
ある意味ここが一番の肝。
これで二代目L=ライトなどの情報がメロに渡ったりすると、
一瞬でライトは窮地に陥る事に。
別にシドウは全く関係ないからライトの情報を流してもOKなわけですし・・・

そもそもキラの所に死神がいる、というのは判明しているわけで、
その死神(=リューク)の事について知ってる事を話してしまうか・・・?
シドウはリュークに騙されたという事実があるので、
逆恨みでリュークの楽しみをぶち壊す・・・?
それはそれでリュークは「面白っ」って感じになるでしょうけれど。

ここでもライトは不利なんですよね。
シドウはメロに全面的に協力している。
けれどリュークは基本的にライトの助けになるような事はしない。
そう、ライトとリューク。この関係が今後の鍵になるかもしれない。


【ライトの誤算】

05-06-29_00-50.jpg
「ヘルメットが飛ばされ・・・顔が、わかった者が・・・
 ・・・・・・こ・・・これは・・・まさか・・・」


この描写だけでライトは全てを理解しています。
そう、メロが「死神の目」を手に入れたという事。
・・・すなわち新しい死神が人間界に舞い降りたという事です。

ライトはメロにデスノートが渡ってもある意味まだ焦っていませんでした。
そのノートに憑く死神がいない以上、「目」の取引は出来ない。
「目」を持っている自分が圧倒的に有利、という事を分かっていたのです。
しかし事態は一変。
ライトも予測していなかったのです、まさか新死神が登場するとは。

ただしこれは「ありえない事」ではありません。




05-06-29_00-50~00.jpg

かつてミサの元にレムが舞い降りた、という過去もあります。
そこから大きく物語は動き出しました。
まさに今回同じ事が起ころうとしています。

ヘルメットが飛ばされた、という事。
それは死神が手伝っているとしか考えられません。
メロは「死神の協力」「目」という巨大な力を手に入れたのです。
最悪を想定して動く。ライトの基本行動でもあります。
どこまで予測して動くか・・・?ライトの冴え渡りに期待したいところ。


◆リュークはライトに真実を伝えるか

ryu-ku_ienai.jpg
「・・・こいつの事、ライトには言えないな」

シドウの存在を黙っていたリューク。
まさにこれが今回のライトの計画失敗へと繋がりました。
まあそもそもリュークのスタンスは始めからこうです。
ライトはそれを責める事は出来ませんが・・・

さすがに今回は一体何が起こったのかを聞くのではないでしょうか。

ただし「死神はそんなにポンポン舞い降りてくるものなのか?」とか、
「ノートを回収に来る死神が存在するのか?」
とかそういった類の質問だとは思うんですが。
「この死神は一体何者だ!?」
と直接的な質問は・・・今の焦ってるライトならしちゃうかもしれないですね。

それに対しリュークがどう答えるのか。



05-06-29_02-22.jpg
「俺はライトの味方でもLの味方でもない」

そのスタンスを崩す事になるのか?
まあ別にそんなにこだわりは無いと思いますが・・・
リュークにとって一番「面白っ」な展開を選ぶのでしょう。
となるとシドウの存在を教える、というのが一番面白くなりそうですが・・・

シドウの存在・行動意義を知った場合、ライトにとっての一つの指針が出来ます。
メロからデスノートを奪う方法。
それはシドウにノートを回収してもらい、死神界へ帰ってもらう事です。

ではシドウがノートを回収する為には・・・



sidouikinokori.jpg
「その人間の最後を見届け、他の人間が手にする前に取り上げる」

という方法です。
すなわち、現在デスノートを持ってる人物を殺し、
そのノートを誰かが触れる前にメロの手に渡るように画策
する。
それが対メロへのライトの今後の駆け引きになっていきそうな感じですね。


◆タイムリミットはスナイダーが死ぬ日まで

05-06-29_02-23.jpg
「スナイダーは、まだ二週間以上生きてる」

コレは逆に言えば約二週間とちょっとがライトにとってのタイムリミットになる。
そう、現在デスノートの所有権があるスナイダーが死ぬという事。
それは同時に「死神の目」が消える事を意味する。
先ほど言ったようにスナイダーが死んだ瞬間、
シドウがノートを回収できるように動かなければならない。

二週間とちょっと、という期限の中で。
それはスナイダーの「死神の目」から二週間逃れなくてはならない、
という事でもある。
一度デスノートに書いた者の死を取り消す事は出来ず、
また書き込んでから6分40秒以上経ってしまった場合、
死亡する日付・時刻を変更する事も出来ない。


――――――――――――――――――――――――――――――――
HOW TO USE IT:XI
デスノートに名前、死の時刻、死の状況を書いた後でも、
6分40秒以内であれば、死の時刻、死の状況は何度でも変更できる。
しかし、もちろん6分40秒以内であっても、変更が可能なのは死んでしまう前である。
時間や死の状況は上記のように変更可能であるが、
名前を書かれた人間の死は、どんな手段をもっても取り消せない。

――――――――――――――――――――――――――――――――

超危険な能力を持ったスナイダーを、期限まで殺す事が出来ないのだ。
そう、期限まではスナイダーは無敵なのだ。(デスノートに対しては)
ライトが陥った、デスノートルールの穴の一つである。

さてスナイダーを殺す事が出来ない、という事はどういう事になるか。
今回ライトが現デスノートの所有者を、
「寿命が見えない」という事で探し出したのと同じように
メロも日本警察のメンバーを一人一人、スナイダーに見させて
デスノートの所有者=キラを探し出すかもしれない。
もしくはライトもしくはミサがスナイダーと出会ってしまった場合、
非常に危険な事態となる。



05-06-29_02-23~00.jpg

むしろ一番危険なのはミサ。

そう、テレビに出演している。しかもハリウッド映画・・・!
ミサが有名になればなるほど、「目」の存在が敵にある場合非常に危険になるのだ。
ここをどうライトが回避していくのかを期待したい。

ライトにとって不利とも有利とも取れるこのスナイダーの死という決定事項。
ここをどう策略するかが今後の展開の大きな鍵となるだろう。


【メロが仕掛けた罠】
デスノートを手に入れ、死神さえも味方に引き入れたメロ。
次なる目的は「キラ」を見つけ出し殺す事。
そしてキラの持っているもう1冊のデスノートを手に入れる事だ。

キラを捕まえる為にはどうすればいいのか。
今現状のままではキラを捕まえるのは難しい。
ならばキラに歩みよってきてもらう事が先決だ。

だからメロはエサをまいた。

「スナイダー」という存在を。大統領を通じてLに伝えたのである。
そこから自分達へと繋がるように・・・
そしてそれは同時にニアへの挑発でもあった。
大統領はLに聞くよりも先に、まずSPKに「ノート」について尋ねている。
その時に交渉役である「スナイダー」の存在がSPKにも渡っている可能性がある。



05-06-29_02-24.jpg
「ニアは何故こんなものを・・・」

ニアは今現状、メロがいる組織の情報をFBIから引き出すまでにしか至ってない。
この4つの写真が何か今後の展開に大きく関わってくるのなら面白いのだが・・・

※ココの考察は先週の「スナイダー」のところのが誤植だった場合、
 すべてが無に帰ります。



【メロは突入を予測していたのか?】
入り口に見張りとしてシドウを配置し、
いつでも移動する準備が出来ていたメロ。
これは今回のライトが計画した突入を予測していたのか?
だとしたらどうやって・・・?

一つが大統領からメロに情報がリークされていた、という説。
以前の脅しの電話だけで終わった、という事はなさそうなので、
その後も色々とメロと大統領の中で交渉が成されてたのでは?
けどそうなると大統領は自分のシークレット部隊を見殺しにする事に・・・
そもそもこのイサク=ガザンは大統領にとって危険な人物な故、
殺しておきたい人物
だったのかもしれない。
だから彼らを派遣しておけば、Lへの顔も立ち、始末も出来て一石二鳥・・・!?

一つがシドウから聞いたルールから予測していた、という説。
「操って殺す事が出来る」という事は、
自分達のアジトの住所を書いて送る、という事も可能であるという事を予測していたのかも。
けど今回スナイダーは手錠されてるんですよね・・・
この場合手紙送れないと思うんですが、
手紙を送った時はまだシドウが登場してなかったんでしょうかね?

最後はこれが通常通りということ。
マフィアはいつ命を狙われてもおかしくない。
なので見張りをつけ、自分達へ攻撃を仕掛けてくるモノを殺していく。
アジトがバレた場合は、すぐに移動する
というのがメロ達のマフィアグループのルールであるという事なのかも。


【今週のミサミサ】

05-06-29_02-24~00.jpg
「ライト、またミサ、ライトの役に立てたね?」

健気ッ子・・・!
ライトにとってミサの存在は今やなくてはならないモノになっている。
敵が目を手に入れたなら尚更だ。
だからもっと大事にしてあげてね、ミサを・・・

いやぁ面白くなってきましたが、
やはり考察をまともにやると頭がショートするので、
次週以降また縮小かも・・・
この緊迫感がなくっちゃね、やっぱり!デスノート面白っ!

来週はセンターカラーです!

<参考>
蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウさん
有無さん

--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
デスノート感想・考察 page.68「発見」
デスノート感想・考察 page.67「釦」
デスノート感想・考察 page.66「死亡」
デスノート感想・考察 page.65「責任」
デスノート感想・考察 page.64「直角」
デスノート感想・考察 page.63「的」
デスノート感想・考察 page.62「決断」
デスノート感想・考察 page.61「二番」
デスノート感想・考察 page.60「誘拐」
デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
page.59「零」
page.58「胸中」
page.57「二択」
page.56「抱擁」
page.55「創造」
page.54「中」
page.53「悲鳴」
page.52「寸止」
デスノート感想・考察page52~59を一気に表示する
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆DEATH NOTE
< 作者 >◆大場 つぐみ(作) 小畑 健(画)
< 巻数 >◆1~6巻(2005/04時点)
< 連載 >◆少年ジャンプ
< 出版社 >◆集英社
< 出版日 >◆2004年02月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/06/29 11:08】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/06/29 20:43】 | # [ 編集]

スナイダー時間トリックがキモ
こんにちは~。

って、凄い…。
早い上に正確ですね!
こりゃこっちも来週は頑張らないと…。
うちは気付くと最近、予想より細かな事項の補完ばかりやってますね…。
多分『絶望先生』の影響です。
絶望した!

>シドウのこと
この死神はレムはもちろんリューク以上に頭の弱い死神っぽいですね。死神の威厳(?)が感じられません。スナイダーの取引も自分の寿命のためにしたのは考えられますね。
しかも、リュークは中立を保ってますが、シドウはかなり協力的です。これがどこまでメロに協力的かってことも重要かと思います。全面バックアップしてるようでは、かなりメロが優位ですね。
あと気になるのは、今回の件で死神の存在に気付くであろう月がリュークにつめよるのかどうか。
やはり持ち主不在のノートに今ごろ死神が現れるのもタイムリーな話なので(それこそ夜神パパが持っているときに登場した方がましだったような…)、絶対にリュークに詰め寄ると思いますね。
でもリュークは中立だから、何も言わない。
思えばリュークが協力的な死神だったら、速攻でLを殺していたわけで…。そこが月の不利なところでもあり、物語を縛るルールだと思います。

>ニアについて
2週連続出演なしのニアですが、彼の調査力も中々なものだと思いますね。この調査が通常のスタンスを踏んでいた場合、月以上の調査力を持っていることになりますね。月はミサがいたから行き着いたわけで…。

>健気なミサ

実はたかすぃさんのミサ萌えを楽しみにしている自分がいます。
そうか、今回は健気っ子か・・・。


ではでは。

【2005/06/30 21:54】 URL | シータ #WJMUG67w [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/07/01 21:46】 | # [ 編集]

こんばんわ~!
さぼです!
毎週、楽しく読ませてもらってます(^_^)v
考察が凄くてべっくらしっぱなしです。
これだけブログ完成させるのにかなりお時間を掛けてらっしゃるんでしょうね!ほんと尊敬です。
このデスノ考察のおかげで毎週ジャンプが二倍も三倍にも面白くなりますよ☆
これからも頑張ってくださいね!!

【2005/07/01 23:32】 URL | さぼ #PzYVIlwM [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2005/07/03 03:50】 | # [ 編集]

ミサの健気さに涙するレス
今週の考察は遅れる・・・っぽいか?

>kazさん
確かに画面以外でのストーリーがこのデスノの肝ですからねぇ。
ここ数週出てきてないニアの存在が大きく気になるところです。
案外マフィアの誰かをすでに仲間に引き入れて、
情報を収集してるのかもしれませんね。
別な死神と接触してたらそれこそ仰天ですw

そうですね、死神の殺し方って通常の死神は知らないんですもんね~
けど一度レムがそのパターンで死んでるだけに、
またそれかよ・・・的なものは否めません。
けどそれしか死神殺せないんですもんねぇ。
シドウはメロに執着するんでしょうか。
となると確かに面白い展開になるかもしれません・・・


>raBさん
はじめまして~今回は考察し甲斐があったので早めのアップでした。
次回は・・・厳しいかもw

さて31号の展開と合わせて考えていきましょうか。
期限は・・・今回ライトが14日、と言ってるから2週間になりますね。
突入は、メロたちマフィアにとってはアジトを変えるのは日常的なものだったんですねー
今回の展開を見る限り、手錠をされたのは手紙を送った後っぽいですね。
操られてる時の記憶って無いんでしょうか?まあ無いんでしょうね。
手錠の理由はraBさんのおっしゃる通りでしょう。
ある意味今メロを殺せるのは彼だけですからね。

シドウは頭が弱いので、そこまで考えられなかったんでしょうw
ノートを借りて操って、自分の思うような展開にする、
そんな事をシドウは考えられなかったかもしれません。
自分のデスノートを持ってないのが痛いですよね。
ノートに憑いてしまった以上、あまり遠くには行けなそうですし・・・
(そこら辺のルールは曖昧ですけどね)

またいらしてくださいねー


>シータさん
いやいや・・・毎週あれだけの考察を早くアップできるシータさんの方がすごいですって。
もはや自分は隠居した身なので・・・
こうしてたまに気合入れて書くぐらいです。
今週は多分縮小っぽいw

さてこれで死神同士を持つ者の戦いになっちゃいましたねー
遂にライトとほぼ同じ土俵に上がられてしまったわけです。ひゃあ。
ニアだけ蚊帳の外な感じですが・・・まあ驚くほどの大逆転があるんだと信じてます。
だってニアだから!

シドウが協力的なのがライトにとってホント痛いですね。
そこがライトにとっての想定外の部分じゃないでしょうか。
協力的と、中立。
ここの差はけっこう大きくなってくるかもしれません。
ライトはシドウの存在を認識する事が出来ないわけですからね・・・
リュークがこの先物語の鍵になってくるとは・・・うーん。侮れないですね。

とにかく今後はニアの出方でまた大きく変わってくるのでしょう。
ホント何やってるんでしょうね・・・?すっごい気になるんですが。


>なつきさん
そうですよねーリュークが肝になってくると思うんです。
まだ彼のデスノートは一度も活躍してないわけですしw
これでリュークの寿命がやばくなったらうけますw(書き忘れてて)

リュークは確かに協力する時は協力するんですよね・・・
まあそれは自分の為でもあるんですが。
尾けられてる感じが気にくわないとか、
部屋でゆっくり林檎が食べられないとか・・・
今回もそういう理由が出来て手伝う事になったら面白いですね。

ネット復帰良かったですねぇ。
色々な人がいるのがこのネットの世界で、
それは面白くもあり、怖くもあります。
上手く付き合っていくのが一番なんだと思います。
大変な事もあると思いますが、めげずに頑張っていきましょう!
ここは素晴らしい世界なんですから!


>さぼさん
こんばんわです~いつもありがとうございます。
今回の考察は久々に気合入れましたー
物語の面白さと共にうちの考察の気合度もリクしていきますw

デスノ考察記事は確かに一番時間かかりますねぇ~
書きながら色々考えていくもんですから。
これは矛盾するし、これだと何か違うし・・・
みたいな感じで四苦八苦しながらいつもやってます。

ジャンプを、デスノを楽しめる事を少しでも担えているのなら幸いです。
これからも頑張ります~ありがとうです!


>名無しさん
はじめましてーいつも見て頂きありがとうございます。

スナイダーの手錠の件はまさにおっしゃる通りなんですよね。
考察アップした後に書き忘れたーと思いましたw
まさに今スナイダーはメロ達にとってある意味一番危険な存在になってるんですよね。
メロにいたっては、今までどこにも漏れて無い自分の本名が、スナイダーにバレてしまってるわけですし。
ライトは次はこの辺りを利用して「メロの本名を手紙で伝える」ように操って、
殺したりしたらいいんじゃないかとさえ思えます。
まあもうスナイダーは無理なわけなんですが。

メロの用心深さはすごいですよね・・・
けどニアが言ってる通り、熱くなりすぎると肝心なトコでポカミスをするみたいですし、
そこら辺が今後の鍵にもなってきそうですね。

【2005/07/05 20:44】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

スナイダーの死の前の行動は可能か
こんにちは。はじめまして。まだすべてを読んではいませんが、非常に綿密な考察をされているので、楽しく読ませていただきました。m(_ _)m
さて、今回のpage69で一つ気になることがあります。
ライトはスナイダーを操り、ミサ宛に自分の居所を知らせる手紙を出させましたが、これは果たして操ることが可能なことでしょうか?
ミサはハリウッドではまだ売れていない→中年マフィアのスナイダーが日本のぽっとでの女優ミサを知っている可能性は非常に低く、さらにミサの滞在先など知るわけありません。
これはデスノートの規則の「考えもしないこと」にはあたらないのでしょうか?

思うに「日本のアマネ・ミサという女優に興味を持ち、滞在先を調べ、自分の居所を知らせる手紙を書く」ならばOKのような気もしますが…。
いかがでしょうか?ご意見お聞かせください。

【2005/07/09 22:02】 URL | Reaper #fYFfjCTQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/163-da047daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。