マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート感想・考察 page.62「決断」
2005年05月12日 (木) | 編集 |
05-05-11_23-53.jpg
ライトちょっと復活?
けどまだリハビリ中。
お前の顔はもっと悪どいハズだ!!

ライトの人を言いくるめる?才能はホントお見事だと思いますし、
今週は読んでてにやけてきてしまいましたが、(危)
所詮彼が言いくるめたのはお気楽捜査本部のメンバーに過ぎません。
彼が完全復活したと言えるのは・・・
メロやニアサイドの人間たちを絶妙なまでに殺した時でしょう。
誘拐犯・アメリカ警察の二つを相手にするライト。
来週以降のライトの動きが、
第2部のデスノートの面白さを決めるのではないでしょうか。

今週はあまりストーリーも進みませんでしたので軽めの考察です。
ってか時間ないのが最大の理由・・・!
重要そうなトコだけ考察!であ、いきましょう。


【追い詰められていくライト。起死回生は・・・?】
メロ・ニアサイド共にキラの真相に近づいてきている。
それぞれが現在得ている情報を整理してみよう。


◆メロサイド

05-05-11_23-54.jpg

<仕掛け>
○貴村長官誘拐→死亡
 
 キラに殺害されたと想定
 この事から、キラは誘拐の事実を知りうる者と推定される。
    
○粧裕誘拐→キラは粧裕を迂闊に殺す事の出来ない人物と想定?


05-05-11_23-55.jpg
「まあ・・・警察の人間じゃなく、秘密は漏れないから殺さないって
 微妙な理由は成り立つけどね」


このセリフから考えると・・・
メロサイドはキラが粧裕に関係した人物と想定?している可能性が高い。
警察内部の情報を得る事が出来、粧裕に関係している・・・
夜神パパか、ライト、もしくは捜査本部の人間という所まで推測できる。
(※ご指摘があったので補足。
  ここでいう「ライト」はあくまで夜神パパの親族という意味です。
  夜神パパの親族としてライトという存在は知られていると思います。
  粧裕も夜神パパの娘、という事で誘拐したのですから。
  粧裕の親族ならば、粧裕を殺す事が出来ないという点から、
  メロが可能性の一つとして挙げている可能性もあるということ。)


更に捜査本部には模木さん・松田がいたという所まで特定。
(相沢・伊出の存在までは特定できていない→今後動きやすいのはこの二人か?)

○SPKにスパイを送り込んでいる。
 (ただし、スパイの存在はすでにニアにバレている)


◆ニアサイド

05-05-11_23-56.jpg

<仕掛け>
○日本警察に接触、ノートの引渡しを要求する。

○長官誘拐事件を知り、事件に協力する事を提案する。
 ・・・が長官が殺された事を知る。

 犯人が長官を殺すメリットは普通に考えたら少ない。
 (ノートの交換が出来なくなるし、また誘拐する手間・リスクがかかる)
 キラが殺すメリットの方が遙かに高い事になる。
 警察内部の情報を得る事が出来る人物、までがニアの絞り込みか?
 
○施設に残されていたメロの写真を得ている
 ・・・この写真が後々の大きな伏線となりえるか?
 (死神の目は写真でも有効である)


◆ライト・メロ・ニア。それぞれがそれぞれを認識した時、物語は動き出す
今現在はまだそれぞれが各々に対して持つ情報は少ない。
デスノートの本当の面白さは、こうした水面下の戦いも醍醐味なのだが、
やはり面と面をあわせ、一触即死な雰囲気が常にあるヒリヒリ感が堪らないのだ。

それぞれの時間差はあるだろうが、
近いうちにこの三者それぞれ顔を合わせる事になるだろう。

逆を言えばそれぞれを認識してからが第2部の開始
と言っても過言ではないかもしれない。
 

【ノートが奪われたらどうなる?】
今回読者サービス?で復習的な意味で
人間界にある3冊のノートの行方が解説された。
※これに関してはpage59「零」の時に詳しく考察していますのでご参考までに。


◆長期間第三者に手放すと所有権は移るのか?

05-05-11_23-56~00.jpg
「もう相当な時間総一郎が持ってることになるから移ったのか?」

これはまた新説ですね・・・
確かにかなり長期間(4年と考えて1460日)夜神パパは持ち続けている事になっている。
これまで出たルールで考えると、

HOW TO USE IT:XII
デスノートを紛失および盗まれた場合、
490日以内に再び手にしないと、所有権を失う。


HOW TO USE IT:XIII
所有権は自分のまま、人にデスノートを貸す事は可能である。
又貸しも構わない。


あくまでライトは夜神パパに「貸して」いるのであって、
「紛失」したわけではない状況だと思われるのだが・・・
ここは新ルールが適用されるのだろうか?

「1000日以上、人に貸した場合所有権はその貸した人へと移る」

みたいな感じで。
まあレムが死んだ以上、死神のついてないノートは目の取引が出来ない。
よって最大の危険性は無いと判断しているライトだが・・・
そうなると所有権はライトだろうが夜神パパだろうが関係ない。
・・・と思ったんですけど、夜神パパにもし所有権が移っていた場合、
もしこの夜神パパ所有ノートがメロorニアに渡った場合面白い事になる。


◆夜神パパの記憶がなくなる!?

05-05-11_23-57.jpg

HOW TO USE IT:XXII
デスノートの所有権を失った人間は自分がデスノートを使用した事等の記憶が一切なくなる。
しかし、ノートを持ってから失うまでの全ての記憶を喪失するのではなく、
自分のしてきた行動はデスノートの所有者であったことが絡まない形で残る。


このルールの効果はライトやミサで実証済みだ。
これが・・・夜神パパにも適用される?
アメリカに単身乗り込んでいったパパ。
そのノートを奪われた瞬間、そのノートの記憶を失う事になる・・・
死神レムのことも・・・?

こうなってくると相当ややこしい事になってきて面白い、
というか混乱してくるなぁ・・・
「貸す」という事と「譲渡」、「盗まれる」ここら辺の線引きが曖昧かもなぁ。
けどやはり「譲渡」は「放棄」になるので、
夜神パパに所有権が移ってたら記憶なくなる、それが有力です。

夜神パパが記憶なくした事がきっかけで、
以前ライトが記憶なくした事とかに結び付くとまた面白いんですけどね。


【ライトが依頼をする人物とは??】
次回予想で一番熱いのがこの考察ですね、ってかこれしか考えるのないしね・・・

というわけでパターンとしては4つ考えられる。
一つずつ考えていこう。


1、出目川

05-05-11_23-58.jpg

火口確保の時にも協力した彼だが・・・
メディアの力を使い何かを世間に訴える作戦に出るか?
ライトがキラを装い(!?)キラとしての声明文を出すとか。
まあ意味ないですけど・・・

TVというメディアを使って何かをする、という考え方ですね。


2、清楚高田復活!?もしくはユリとか・・・

05-05-12_00-00.jpg

大場先生のインタビューにあった、清楚高田復活なるか!?
まあ復活しませんよ、きっと・・・
一体何の意味があるっていうんですか。
4年前にミサの手によって全て清算されてしまっているか?
まあライトだったら上手く付き合ってそうだけど。

第1部で生き残ってるキャラってこれぐらいしかいないです・・・


3、ラリー=コナーズFBI捜査官

05-05-12_00-02.jpg

今回誘拐事件に協力すると言っているFBI・・・(中身はSPK)
アメリカ警察がノートを奪おうとしているのは百も承知だが、
今回は舞台がアメリカという事で向こうの土俵になる。
単身一人で乗り込もうとしている夜神パパだが、
勿論というか当然ライトも極秘でついていくと思われるので、
色々な手配関係をそのFBIに依頼するのではないだろうか?

今回夜神パパと接触しているので面識はある・・・
と思ったけどライトはないんだった。
ライトが依頼する・・・と次回予告に書いてあるのだが・・・
夜神パパの代理をライトがする?
それとも仮状態であるLの名前を利用するか?
(そもそもLが生前利用していたモノはライトが引き継いでいるのか?
 ワタリが死んでしまったので交渉人が不在だから使用不可?)

けどSPKはLが死んだ事は知ってるわけですしねぇ・・・
けどその事をライトは知らない。
偽りのLを演じる人物にニアが興味を持つ・・・?

偽りのLを暴く事からニアがライトに迫っていく・・・?

ニアとメロ、先にライトに接触するのはニアなのかもしれませんね。
二人が対峙した時、ライトはニアにLの雰囲気を感じるのでしょうか?
読者と同じような感覚を・・・


4、全くの新キャラ

05-05-12_00-03.jpg

ちなみに彼の名前はジミー・マリオン(赤丸ジャンプに名前載ってました)
まあこいつは新キャラでも何でもないですが・・・

4年間という月日で、ライトが自分の手足として使える人材を探し、
自分の周りに置いていてもおかしくはないんですよね。
・・・ただ慎重派のライトが自分の周りにそんな不安定要素を置くとも考えづらい。
なので優秀そうな人材を4年の間に当たりをつけていた、という説。
交友関係が異様に広そうなライトなので、
大学にいる間に得た人脈の中から今回の誘拐事件に役立ちそうな人物に
依頼をかける、と・・・何の依頼かって?

やはり偽造ノートの作成、ですね。

前々回からずっと考察し続けてますが、
ライトが素直にノートをメロたちに渡すとは思えない。
けれども粧裕を取り戻さなくてはならない。


05-05-12_00-04.jpg
「流石におまえも妹はかわいいんだ?」

とリュークにツッコミを入れられてますが否定してません
さすがに妹は可愛かったのかライト!良かったよ!
と同時にライトのアキレス腱として確定してしまった粧裕・・・
やはり第2部のキー人物?

粧裕を取り戻す為にはノートを渡す必要がある。
なのでやはり偽造ノートがここで登場する。
かなり精巧に作る必要がある為、特殊技術班か何かにライトが依頼する・・・?
まあ器用なライトなので自分で作ってしまいそうなんですが・・・


【今週のミサミサ他、気になるところをチェック】
気になるポイントを抑えておきます。


◆メロに気付いたニア・・・写真を残す事はタブー?

05-05-12_00-04~00.jpg
恐るべき勘?推理力?でメロの存在を気にしだすニア
そのきっかけはやはりスパイの存在。
こういった些細な事でメロの事を重要視する事から見ても、
ニアは4年間、メロという存在を意識していたものと思われる。
そしてまたメロも、ニアを常に意識していた・・・
お互い別の意味になるが。

さて「院に写真を残していくなんて・・・」という言葉にある通り、
そもそも「写真を残す」ことがタブーであるらしい。


05-05-12_00-05.jpg
「実際私はどこにも写真を残していません。
 自分の出入りした、例えば東応大学にもです」


Lも「自分の写真」の痕跡は一切残さなかった。
やはり極秘に動く事のある探偵としてそれは最低限必要な事なのだろう。
それをメロは怠った。大事な事をおろそかに・・・してしまった。
「感情的になる」という設定は、第2部の一番大事なところで
大きく響いてきそう
な気がする。
そしてそれはある意味ライトの想定外の事件を引き起こすのではないかと。


◆今週のミサミサ

05-05-12_00-05~00.jpg
今週もやられました・・・
先週に引き続きネグリジェ姿を見れるなて・・・ごちそうさまです(?)
「ちぇ~っダーリンこわい~っ」というセリフが妙にツボでした・・・


◆今週の粧裕

05-05-12_00-06.jpg
拘束されてる粧裕に反応した人は正直に名乗り出て下さい。

・・・ハイ。(ぇ)


【恒例・来週のタイトルから展開を予測するのコーナー】
一文字だーー!「的」
一文字で分かるかいっ!!
的かー・・・ぜ、全然浮かんできませんよ。
うーん誘拐されそうな可能性のある人物の的を増やすとか?


05-05-12_00-06~00.jpg
このままだと今度は幸子(ライト母)が誘拐されそうな勢いだからね・・・

念のためにライトが粧裕失敗の時を考えて、
幸子誘拐を未然に防ぐ準備をする!
そう、幸子のそっくりさんを大量に作るのだ・・・!
依頼する人物とは、幸子のそっくりさん・・・!
誘拐犯も誰が幸子だか分からないぜっ!ひゃっほう!ライト頭きれるー
俺の頭をぶったぎってくださいゴメンナサイ!


というわけで今週のデスノ考察はここまでー
ダメダメ考察でした・・・


--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
デスノート感想・考察 page.61「二番」
デスノート感想・考察 page.60「誘拐」
デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
page.59「零」
page.58「胸中」
page.57「二択」
page.56「抱擁」
page.55「創造」
page.54「中」
page.53「悲鳴」
page.52「寸止」
デスノート感想・考察page52~59を一気に表示する
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆DEATH NOTE
< 作者 >◆大場 つぐみ(作) 小畑 健(画)
< 巻数 >◆1~6巻(2005/04時点)
< 連載 >◆少年ジャンプ
< 出版社 >◆集英社
< 出版日 >◆2004年02月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
自首
>拘束されている粧裕に反応した人は正直に名乗り出て下さい。
はい(笑)
私、一応オンナですけど反応しちゃいました。
ミサの半ケツよりインパクトです。
おお!!

【2005/05/12 01:14】 URL | うっちー #- [ 編集]

叫び
絵が以前にもまして美しい所為か、ライトのお綺麗なお顔をぺちぺち叩きたくなります。
叱咤激励の意味も込めて殴りたい・・・そのカオ歪ませたい(ぇ・・・

「しっかりしろよー!あのLを殺してまで神の座を手に入れようとしたんだろー!!あっさりメロニアに負けるなよー!!」(L好きとしての本音。エーン)

小畑天帝の絵がどんどん進化していくのがマジで感動。

【2005/05/12 10:49】 URL | さゆき #7b5ftCBA [ 編集]

貸出
>拘束されてる粧裕に反応した人は正直に名乗り出て下さい。

(・ω・)ノシ

>「ちぇ~っダーリンこわい~っ」というセリフが妙にツボだった人は正直に名乗り出てください。

(・ω・)ノシ
シータです、こんにちは~。


遅くなりましたが、お祭りはお疲れ様でした。私も楽しませて頂きました!!
さて、どちらかと言うと私にとってはこの作品の方が本職のような気がしますので、今週もよろしくお願いします。

>夜神(総)のデスノ所有権

これは新ルールの登場を待つのが一番ですが、私としては貸しているという状態では所有権が移らないと思いました。所有者本人の任意のもとで貸している場合、所有権が移る期限寸前に自分のところに戻すことができることが可能なわけです。
”他人にノートを預ける”と言う行為の理由は、「隠し場所」が主だと思います。でない限り所有者は他人にノートを貸さないと思いますし、貸すという行為すら意味がないと思います。任意で所有権意向をするなら最初っから譲渡してしまえばいいはずですし。なので、貸している期限のルールはないのではないかもと(ま、このルールを死神が説明せずに所有者を離れるということのありえますが…)。
仮にある場合は、やはり次長の記憶が飛んでしまうのでしょうね。こうなるとこちら側(読者)の整理が大変ですね…。一応覚悟しておきます。

あと、補足なのですが、私のところのコメント欄に「ミサに総一郎を見せれば、所有者かどうかがわかるのでは? 所有者なら寿命が見えません」と言う素晴らしいカキコをいただきました。
そうですよ、ミサミサが事実を知っているのですよ。

なんだかんだでミサが的確な意見とムフフな描写を提供してくれるので彼女の今後の動向に期待ですね。

>ライトが依頼をする人物とは??

私は出目川は速攻で捨てました(笑)。
でも、TVメディアを使用するのはあり得ますね。
いまいち効果的ではないかもですが。

やはり王道でFBIですね。FBIを利用して誘拐犯もろとも始末をつけようという魂胆です。そうなるとニアがある程度近づくので、これまた面白っ!になりますね。

>的

「植木」みたいなニュアンスかもと。
メロがダーツで遊んでる…、みたいなっ!
もしも幸子さんが増えると違う漫画になりますね。
それはそれで面白っ!ですが(笑)。

ではでは、来週もよろしくお願い致します。

【2005/05/12 18:34】 URL | シータ #WJMUG67w [ 編集]

拘束は萌えへの第一歩?なレス
今週は冴えなかったなぁ・・・(汗)

>うっちーさん
あはは、反応しちゃいましたかーw
ミサの半ケツもかなりのインパクトでしたが・・・
拘束されてる姿ってのはこう、何ていうか、
そそるもの?がありますよねぇ・・・(危)

けど元気な粧裕がまた見たいよ・・・
あの可愛らしい粧裕がまた見たい!4年前にタイムスリップしてーーー!


>さゆきさん
ぺちぺち叩いた方がいいですよ!
彼は叩かれないと目覚めなさそうですから・・・
未だその眠りは深く、ガツンと痛い目を見ないと完全には目覚めなそうです。
その痛い目が粧裕じゃない事を願うばかりですが・・・

Lを殺した時のライトはホント悪魔のような策略だったんですけどねぇ・・・
あの時のライトをもう一度。
小畑先生の絵はもう神すら越えてますね・・・
あれを毎週描けるんだから一体全体どうなっているんでしょう・・・


>シータさん
正直でいいですね!w
「ダーリンこわい~」のセリフはホント好きです。
ミサらしいというか。何か微笑ましいですよね。
この誘拐劇という緊迫した空気を見事和らげてくれています。

お祭りありがとうございました!シータさんの本職っぷり、叉堪能させてもらいますー
もう自分はいちごにすっかりつかってしまい、
以前のようなデスノ脳はなくなってしまいましたよ・・・

所有権の移り変わりの有無に関してはシータさんのおっしゃるとおりでしょうねぇ。
まあ可能性の一つとして、ルールが追加される事によって
そういったパターンも出てくるかなぁという考察だったので。
貸すという行為が「隠し場所」になるんですね。
そういえばそういう説がありましたな。ここら辺の定義はホント曖昧なんですが、
どこまでデスノートは把握してるんでしょうねぇ?
デスノート自身がまるで生きているかのようですね、ここまで微妙な判断が出来たりすると。
すべてはルール追加で色々覆ってしまう分、
怖かったりします・・・パパの記憶が消えるとホントややこしいので、
なるべく無いよう願いますが。

確かにミサがパパを見れば分かるんですよねー
ライトはそれに気付いてないんでしょうか?
ここばっかりはルール追加でもどうにもならなそうなので、
やはりミサの目がある限り、所有権は移ってないように見えますね。
この先どうなるか分かりませんが・・・

出目川や清楚高田はかなりアレな予想ですw
まあこの作者は何をしでかすか分からないので・・・
読者がこれはないだろ、というのを選んでくるかな、と思い、
彼らも一応選択肢の中に入れておきました。
まあFBIか新キャラが可能性高いでしょうね。
ニアが絡んでいるのでやはりFBIでしょうか。
次回辺りいきなりニアとライトが接触したりするとまた面白っ!なんですが・・・

メロがダーツで遊んでる、
うんそんな感じかもしれないですねー
基本的にタイトルは2回に1回は意味ないのが多いですもんね・・・
たまーに重要なのを含んでる時があるから厄介なんですが。

これからまたデスノ考察宜しくお願い致しますねー

【2005/05/12 23:48】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

初カキコです
>夜神パパか、ライト、もしくは捜査本部の人間という所まで推測できる。
これには異論があります
キラ捜査本部としてのライトの存在は長官にはばれてなかったのでは?
(もちろん警察官僚で夜神パパの息子としてはしってたけど)
ジャンプNo.20の48ページでメロも「この三人」としてますし

依頼の相手はミサ(およびその関係者)は無しでしょうか?
ハリウッド関係でアメリカ進出決まってたから、
アメリカに行くのはそこまで不自然でないし
長官経由でアメリカ側に捜査本部との関係がばれている可能性が少ない人物ですから

>偽りのLを演じる人物にニアが興味を持つ・・・?

直近の山場はこれでしょうね。
ただ、「偽L=キラ」について「可能性」なら見逃しているはずはないが「断定」は?ですよね。
今のところ上(大統領達)には「偽キラ=日本警察」と言っているようですし

【2005/05/12 23:58】 URL | Spark #mQop/nM. [ 編集]

たいしたことではないのですが
Lが「写真を残してない」のはキラ対策の為だけでは?と思うのですが。どうですかね?このときの会話の流れで思ったのですが。
あ、でもこの場合どっちだろうと関係ないですね。
写真が残っている時点でそれがキラに渡ったら終わりなわけですし。でもニアの手にあるのでキラの手に渡る可能性は低い気が。

「今週のミサミサ」が主題だったのがちょっと面白かったです。
ミサノーパン!?とか思ってました・・・
あの格好で捜査本部の前に出て行くのはいかがなものか。松田が鼻血を出すのも納得です。
拘束には反応しなかったです(w

【2005/05/13 01:07】 URL | 竹 #- [ 編集]

拘束は萌えへの第一歩?なレスその2
デスノートにこのタイトルはまずいですかね・・・(いちご熱が戻らない)

>Sparkさん
はじめまして~!コメントどうもありがとうございます。
さてさて今回ご意見頂いてたところですが
ごめんなさいこちらの説明不足でした。

ライトの存在、という言い方は間違ってますね。
正しくは夜神パパの親族、という表現になります。
捜査本部としてはのメンバーという立場では勿論バレてないですが、
粧裕を殺す事が出来ない、という事から
粧裕に関係した人物、つまり家族や親族の可能性もあるのではないか?
とメロサイドが推測をしている、という事になります。
まあ実際どこまで考えてるかは分からないんですが・・・

依頼の相手はミサ関係ですか。
あーそれもアリですね!ミサをアメリカに連れていかないとダメですもんね。
ミサのマネージャーとか(まだ模木さんがやってるのか?)
プロデューサーとかそういった人物に何か依頼するのかもしれないですね。
やはりミサの「死神の目」はライトにとっての大きな武器ですから。
ただ大きな武器な分、第2部ではその大きな武器がライトの手から離れてしまいそうで怖いなぁという気持ちもあります。

偽りのL=キラとは断定はしてないでしょうね。
L的に言えば5%の可能性でしょうか。
実際もっと高く考えてるかもしれないですが・・・
ここら辺ニアの考えがまだ浮かんできてないので来週以降で出てきてほしいですね。


>竹さん
コメントどうもです~
さてLが写真を残していない事についてですが、
キラ対策だけではない、と考えております。
Lは世界的に有名な探偵、という事で狙われる事も多いでしょう。
極秘捜査も必要になる事も多いかと思われます。
そういった時に自分の写真、素性がばれるものがある、というのはLのような探偵にとっては
致命的に繋がる場合があるという事です。
なのでLという名を継ぐ以上、そういった危険性も考えた上で、
自分に繋がる証拠は極力消しておかなければならないと思います。

まあ写真がライトのとこに渡ったらアウトなので・・・渡らないとは思いますが。
そう思ってると渡ったりするのがこのマンガの面白いトコだったり。

さてミサは・・・ノーパンだったんでしょうかね!?
さすがにそれでみんなの前に姿は現さないと・・・思いますがなんせミサですからなね。
今週のミサミサ、第2部始まってから何気に一番楽しく書いてるかもしれませんw
ミサは最高です・・・!

拘束はね、もっとこうフェチズムを刺激する拘束が良かったですね(マテ)

【2005/05/13 03:23】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

自首。
すみません、私、以前ここに書き込んだときは「なつき」と名乗りました。
今回うっかり別HN名乗ってました(汗)
ということで、自首。
・・・自首したからといってデスノートに名前を書いても死にません。どっちも偽名ですから(笑)

キラ月クン、さっさと目覚めなさい。
キラのくせに微妙に白月みたいな表情見せないでください、なんか可愛く見えて嫌だから(複雑な乙女心)

【2005/05/13 13:14】 URL | さゆき=なつき #7b5ftCBA [ 編集]

もっと悪を!
最近サドを読み耽っている私は、妹縛り程度では反応できない。

それにしても、ライトにはガッカリさせられた…
妹を気にしていては死神以下だと言われても仕方がない。
ましてや新世界の神になんてなれはしないだろう。

【2005/05/14 00:27】 URL | noworld #KnHW2vQ. [ 編集]


なんかお久しぶりです!

総一郎の記憶がなくなるかもしれない・・・ほんまや!
そこまで考えてなかったです。さすがたかすぃさんですね!

さて、来週の「的」は難しいですね。
新キャラの名前が「的 浩司」とかだったらヤですね~。しかもリーゼントな硬派キャラ(笑)。

【2005/05/14 01:14】 URL | kenta #QAqn7IwU [ 編集]

拘束は萌えへの第一歩?なレスその3
時期的にまずいのかなこのタイトルは・・・(けど気にしない)

>さゆきさん
あ、以前なつきさんでコメントくださった方だったんですねー
覚えておりますよ。自首?ありがとうございます。
PC越しに本名が分かる目とかあったら面白いですね。
相手がネットに繋いでいるのが条件で。
いやにサイバーな死神の目ですがw

キラライトはそろそろお目覚めかと。
やはり彼は日本ではぬるかった。
彼の舞台はグローバル、そうまず手始めにアメリカ!
ワイミーズハウスはアメリカだったんでしょうかね?
フツー焦った顔をしてるライトとかは見たくないですね。
もっと彼にはどっしり構えてほしい気がします・・・


>noworldさん
あはは、サドを読み耽ってるんですかw
妹縛り以上・・・うーん想像が尽きません。

さすがの死神を殺すライトも、妹は殺せない、と・・・
ここは仕方ないのかなーとも思います。
これでアッサリ殺せないのがライトに残る人間味なんでしょう。
これで殺せたら単なる殺戮マシーンにしか過ぎなくなっちゃいますから。
妹を救出しつつ、この戦いに勝利する。それでこその悪魔ライトかな、とも思います。


>kentaさん
デスノ感想自体が久々でしたからね。更新遅れてごめんなさいでした!

夜神パパの記憶がなくなる可能性は勿論低いんですけどね。
そもそも所有権が移ってる可能性が低いのと、
ミサが夜神パパを見ると所有権持ってるかどうかは分かっちゃうんですよね。
(所有権を持ってる人は名前だけしか見えないので。)
そこら辺ライトがどう考えているかなんですが・・・
実際一度も死神の目を手にした事がないライトなので、
想像の世界でしかないんですよね、ライトにとっては。

新キャラの名前が「的」ですかっ!w
的場さんみたいですなぁ・・・
すっごい渋くて硬派なキャラってのも面白いですね。浮きそうですけど・・・

【2005/05/15 20:26】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/125-3bfc57f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#016  「決断」

品質評価 13 / 萌え評価 17 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 18 / お色気評価 2 / 総合評価 14レビュー数 92 件 海砂がデスノートの所有権を放棄したことで、二冊のデスノートの所有者になった月は、海砂が持っていたノートの所有権を放棄し、再びレムに返却を ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/08/28 19:38】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。