マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート感想・考察 page.61「二番」
2005年04月27日 (水) | 編集 |
05-04-27_13-11.jpg

今週のライトのダメっぷりを見た時の俺の顔です。

やはりLというライバルを失った4年は大きかったのでしょうか。
彼の悪魔的思考はにぶる所か腐ってしまったようです。
シャットダウンしてますね・・・
再起動してくるまで時間がかかりそうです。

願わくば粧裕奪還時には天才的知略を見せてほしいものですが、
展開的にちょっと厳しくなってきてるのも事実。
あんだけ優位な立場にいたライトが一瞬にしてピンチへ。
攻守が一瞬で入れ替わるのがデスノートの魅力の一つです。
ここは今はメロターンという事で見ていきましょう。

今週はライトの不甲斐なさにより、感想・考察も気合が入りません・・・
だって期待できないんですよライトが!はぁ・・・
(と時間がなくてあまり考察できない言い訳をしてみました、すみません某マンガの影響です)

それにしてもライト・・・がっかり。
今回の考察はちょっと冴えてないかもです・・・ゴメンナサイ。


【ライトの致命的ミス・・・粧裕の誘拐】

05-04-27_13-12.jpg
「ただし中止というのは長官とであって、ノートの交換は
 夜神粧裕と行う」


というわけでライトのうっかり(?)により誘拐されてしまった粧裕・・・
粧裕・・・(泣)
ライトは一体何を考えていたのか?
明らかに眠ってた頭脳が今、叩き起こされた・・・!


◆ライトはどこまで考えた上で多貴村を殺したのか?

05-04-27_13-12~00.jpg
「長官に死なれれば、誘拐した者が殺した事になるが、
 死んだしまった事で取引を諦める・・・その程度の相手だったのか?」


随分とライトは相手をなめてるようにも取れますが、
これは何も要求してこない誘拐犯に対して「意外」に思ってるシーン。
多貴村が死んだ事によって、彼らがどういう行動を取ってくるのか。
それを考えていたのだろうか?

・・・まさか様子を伺う為にだけに殺したというのか?

そもそも多貴村を殺したのは
夜神パパが間違ってもノートを交換材料として使わせないようにする為だろう。
・・・なんだけど。
誘拐犯は重大な犯罪を犯してまでもデスノートを手に入れようとしてきている。
そう、それほどの覚悟をしてきていると考えるのが普通だ。
ならば、その大事な人質がいなくなってしまったら彼らが次の一手として考えられるのが、
多貴村の口から割られた、デスノートに関わってた関係者の身内・・・
その誘拐・・・と考えないだろうか。


05-04-27_13-13.jpg
「いや、危険があるのはここに居る者だけじゃない。その家族や・・・」

と最終的に思考はそこに行き着いているが、なんせ遅い。
殺した後に気付くというのは、ライトにとっては最高の遅さではないだろうか。
とは言っても起こってしまった事は仕方がない。
ライトには猛省してもらう事にして、今後どういう手を打っていくかを考えてみよう。


◆ライトの次なる一手
ライトにとって絶対に譲れない点は2つ。

○デスノートを誘拐犯に渡さない
○粧裕を無事救出する


という事である。この2点を遂行する事が絶対条件なのだ。
では、デスノートを渡さない為に一体どうすればいいか。
これは前回の考察でも散々考えてきたが
やはり「偽ノート」「偽ルールの追加」しかないのではないかと思う。
粧裕を無事に救出する、という点がある以上、
下手な事は出来ないのが現状だ。何より夜神パパが暴走するかもしれない。
(ノートを持って勝手に突っ走る?)

またノートに発信機をつけるなども一つの手。
まあメロ側もそこら辺は厳重にチェックするだろうが・・・


◆ライトは粧裕を殺せるか?

05-04-27_13-13~00.jpg
「粧裕・・・・・・」

結論から言うと殺せない、というか殺しても意味がないという事になる。
粧裕を殺せば、次は幸子(夜神ママ)がさらわれるかもしれない。
先んじて幸子にガードをつけたとしても、
夜神パパによって縁のある人物は他にも沢山いるだろう。
それら全てにガードをつける事は不可能である。
そう考えると・・・粧裕を殺す事に意味はなくなる。
あくまで誘拐犯を特定し、消さなければならないのだ。

それにしてもさすがのライトもやはり妹は可愛いのか?
ホントにアキレス腱なのか?このコマの表情だけだと何とも読み取れない・・・


◆ニアはどこまで粧裕誘拐事件に関わってくるか?

05-04-27_13-13~01.jpg
「いや、そうするように仕向け、チャンスがあればノートを横取りします」

FBIは誘拐事件に協力体制を取るというが・・・?
あくまでそれは建前上の話。
実質の目的はノートの横取りである。

さてニアが長官ではなく、娘である粧裕が誘拐されたという事に気付くか・・・
普通に考えたら気付かないんだけれど、
非常に憔悴した夜神パパを見て、それにマッケンローが気付いてニアに報告できれば、
それもまた面白いかもしれない。

「夜神次長が・・・そこまで焦るというのは・・・誘拐のターゲットが切り替わった?」

とか推測したりして・・・
これでニアが前線に出てきたりしたらまた面白いんですけれどね。
アメリカに渡ったライトがニアと接触・・・!
けどニアは「顔と名前が分からないと殺せない」という情報を得ているハズなので、
そうやたらめったら知らない人物の前には姿を表さなそうですが、
Lと同じような性格なら近くで観察する為にその姿を早くもライトに見せてしまう・・・?


この誘拐事件で粧裕はデスノートの存在を知る!?

05-04-27_13-14.jpg
やはり粧裕にもデスノートに関わってほしいという願望です・・・
マフィアの下っ端か何かが粧裕に尋ねるかもしれません。

「死のノートって知ってるか?お前の親父が隠し持ってるノートだよ・・・」

って感じで。そんなノートが存在する事にショックを受ける粧裕!
しかもそれをお父さんが持ってるなんて・・・!

その後、監禁されている所に、一冊のノートが粧裕の元へと落ちてくる。
です・・・のーと。
え・・・?これって・・・?まさか?
そう、前回page60「誘拐」で死神界で意味有り気な行動を起こした・・・



05-04-27_13-14~00.jpg
「あーそろそろ人間殺さなきゃなー、あれ?

死神・シドウ。彼がこの時放った言葉・・・「あれ?」とは、
ノートを人間界に落としたという事か??
そう、それは皮肉にも夜神粧裕の元へと落ちたのだ。
刑事の娘である事を4年間でしっかりと意識した粧裕は、
自分の手で脱出する為、シドウと死神の目の契約を結び・・・
アジトから脱出する!?

・・・という妄想でした。5冊目の登場はまだちょっと早いですよね。


◆もし本物のデスノートをメロの元へ持っていったら・・・

05-04-27_13-15.jpg
おそらくメロ達の元へノートを持っていく役割は夜神パパになる。
この際、偽ノートではなく、本物のデスノート(偽ルール追加アリ)を
メロ達に一時的に渡す作戦に出る。

そして渡す際・・・メロはそのノートが本物かどうかの確認を図る
そう、メロが指定する人物の名前をノートに記す事を命じるのだ。
・・・夜神パパに。
そう、夜神パパに、デスノートに名前を記入させる。
勿論「13日の嘘ルール」は信じ込んでいるままなので、
もし一度書いてしまえば、死なない為には一生書き続けなければならない。
しかし、刑事である夜神パパにはそれが出来ない。
そう、デスノートに名前を記すという事は自分が死ぬという事を意味するのだ。
それが来週の「決断」・・・!(いきなり来週の予告文字予想ですw)

そしてその嘘ルールがバレるのを防ぐ為に、
ライトは13日以内にノートを回収する知略を組み立てるのであった・・・

・・・うーんちょっとありえないですかね。


【ニアに勝てないメロ・・・その歪んだ憎悪】
今回は4年前からスタートした。
そう、Lが死んだと二人に告げられた・・・あの場面から。


◆「自分のやり方で出て行く」・・・施設を出たメロ
 
05-04-27_13-16.jpg
Lが殺された事に対し、誰よりも強い感情を見せたメロ。
それは彼がLに対してどんな想いを持っていたのかを表していたとも言える。

ロジャーの「二人で力を合わせる」という提案を拒絶したメロ。
何故なら・・・メロは常にニアの影に隠れた2番であったから
どんなに努力しても・・・どんなに頑張っても。
いつも・・・いつも。

「L」の名を継ぐのはニアだ。
それだけ言い残してメロは施設を出る決意をする。
もうすぐ15歳になろうとする・・・その時に。



05-04-27_13-16~00.jpg
自分のやり方で生きていく事を・・・決めた。

そして2年半もの間、彼が何をしていたのかは不明だが、
マフィアのボスの首を引っさげて今のマフィアに入った。
そう、キラに対抗する力をつける。
それがメロの・・・やり方だった。
キラは裏世界で暗躍しているのだから、裏には裏である。
わずか16~17歳の少年が、たった一人で(?)マフィアのボスを殺したのだ。
その才覚はやはり並外れたものだと言えよう。

そして彼は一番にこだわる。



05-04-27_13-17.jpg
「そしてキラにかかわらず、邪魔な者は殺し一番になる」

そう、自分の前に立ちはだかる者は・・・すべて殺す。
それはキラであり・・・自分のライバルで一度も勝った事のないニアの事でもあった。
これでメロVSニアの図式が明確に成り立った。


◆Lの生き写し・・・?その風格はすでに「L」なニア。

05-04-27_13-18.jpg
「ゲームは勝たなければ、パズルは解かなければただの敗者」

やはりその頭脳は半端ではなかった。
今回何気なく描かれたこのパズルの描写。
通称「ホワイトパズル」と言われるこのパズルは、
相当知能が高くても、組み立てるのに40分前後はかかるという。
(通常は何時間という単位らしい・・・)




05-04-27_13-19.jpg
それがロジャーとメロが話しているものの5分もの間に組み立ててしまった。
はっきし言ってジャンプ読者の中でホワイトパズルを5分で組み立てられる者が
果たしているのだろうか?いたら是非教えて頂きたいものだ。

さて前回に引き続きあまり出番のなかったニア。
まだ「ニアターン」はやってきてないと思われる。
しかし・・・話し方といい、部下(?)への指示の出し方といい、
明らかにその風格は「L」そのものではないだろうか。



05-04-27_13-19~00.jpg
トランプタワーをしてる辺りもそう・・・
この後それを一瞬で壊すというH×Hのヒソカみたいに快感を得るつもりなのだろうか。
前回はパーマな髪をいじくってましたが・・・(ってか今回ちょっとパーマ取れてる?)
今回は色々と遊びに挑戦させる気なんでしょうか大場先生。

ニアはライトと対面してからが本当の勝負かなぁと。
指示をしているだけじゃライトには勝てない。
さてちなみにニアもメロと大体同じ年齢なのだろうか・・・?
個人的には1~2歳ニア方が上にも見えるのだが・・・


【Lの名を継ぐということ】

05-04-27_13-21.jpg
で、Lはニアと僕のどっちを・・・」



05-04-27_13-21~00.jpg
「まだどちらも・・・」

メロとロジャーのこのやり取りにより、
Lの後継争いをメロとニアがしていたという推測が出来る。
やはりこの孤児院は「L養成所」なのだろうか?
「L」とは代々受け継がれる名称なのか?


◆この孤児院はワタリとロジャーがまだ非常に若い時に作ったものか?
元々ワタリとロジャーは、二人とも第一線で活躍する探偵だった。
(ワタリは発明家でもあったのだが)
そして二人は自分たちの後継を育てる為、
世界中に孤児院を設立し、その中から更に優秀な子を集めた・・・


05-04-27_13-22.jpg
「THE WAMMY’S HOUSE」を設立。
小さい頃からの英才教育により、
自分らを越えるような才能を育てあげていったのだ。

そう、Lはそんな彼らが作り出した最初の・・・素晴らしき孤児だったのかもしれない。
いやもしくは・・・今回死んだLの前に、前任のLがいたのかもしれない。
そのLが事件に巻き込まれ死んでしまい・・・という展開もアリだ。

そう「L」という名は世界を代表する探偵の名前なのだ。
その名を受け継ぐ子を養成する孤児院・・・
次世代のLこそが、メロとニアだったのだろう。
Lは彼らが18歳になる時にそのLという「冠」を二人のどちらかに
受け継がせる予定だったのかも
しれない。

だからこそ、まだ15歳に満たない二人に一人で捜査させるのはまだ力不足・・・と思ったので
「二人で力を合わせて・・・」という事になったのではないだろうか?

これで過去のLとか登場したら面白いんですけどそれはないですよね。
いたらとっくに出てきてるって話です。

そしてメロの最終目的の一つは「Lの名を継ぐこと」でしょう。
そう、その手段として・・・ニアを殺す。
自分のライバルであるニアを・・・デスノートを使って殺す、という事なのでしょうね。


【これはないだろ!っていう展開がデスノートです】
えー今までもデスノートの存在がLにバレたり、Lが死んだりと、
「それはないだろう!」という事があっさりと実現してきたデスノート。
なので少々無茶な予想もしていきたいと思います。


◆メロの手元にデスノートが渡る

05-04-27_13-22~00.jpg
物語的にもライト的にもこれを一番防がなければならない。

これが敵に渡ればライトにとって致命傷なのだが・・・
しかし、あえてすんなり渡ってしまう。
ライトも1冊ノートを持ってるので問題ない、という事で。
死神の目の取引も出来ない(夜神パパが持ってるのは監視権レムのノートだったので死神が憑かない)
ので気をつけていれば大きな危険性はないと言える。

こうなるとデスノートを持った同士の戦いになるんですが、
そうなるとニアは・・・一体・・・?ま、まさかニアも・・・!?


◆メロと粧裕は恋に落ちる
4年間ですっかり度胸がついた粧裕はメロに説教する・・・!?
そう、4年間で黒く染まったメロを、粧裕が浄化するのだ・・・!
女神。天使。エンジェル。エンジェルノートとかそんなのでどうですか。(無いから)
そのノートに名前を書かれた人は善人になる、生き返るとか・・・!
(死後1週間以内、遺体に絶望的な損傷がなければ)

きっと対面するだろうメロと粧裕ですが・・・
粧裕が一体どんな反応するのかがひじょーに楽しみ・・・


◆粧裕が実は誘拐されてなかった

05-04-27_13-23.jpg
この携帯も実は粧裕のじゃなかったーーー!!
(全然違う人の携帯だったとか・・・)

まあ・・・描写的にこの展開はありえないでしょう、多分・・・


◆レスター指揮官もメロのスパイだ

05-04-27_13-23~00.jpg

「私はあなたを信用してます」

そうニアに言いせしめたレスター指揮官ですが・・・
実は彼こそがメロサイドの一番のスパイだったのだーーー!!
とかになったらニアが不憫で堪らない・・・


◆ロジャーは4年後もニアのフォローで登場する

05-04-27_13-23~01.jpg
ワタリとL、そしてニア・メロを知る人物であり、
何気に第二部の重要キャラクターではないだろうか??

孤児院に残ったニアのサポートをしていったのもロジャーだと思われるし、
アメリカのFBIとも繋がりを持ってそうなのも・・・彼なのだ。
ワタリやL亡き今、色々な人脈・財産を動かせるのは・・・
ロジャーだけなのかもしれない。

Lにワタリが居たように、ニアにはロジャーがいる・・・!?


【今週のミサミサ】

05-04-27_13-25.jpg
「ライトー、今日はいい子に一人で先に寝るねー」

・・・ライトはいつもミサミサと一緒に寝てるのかーーー!!
ライトとミサの夜の生活を一度描いてくれませんか小畑先生ーーー!!
小畑先生が描く絡みシーンが見たいよ・・・

それにしても色っぽいというか、肉つきが良くなった?
体重38キロか何かが設定だったと思うんですが、
さすがにそれはないだろうという体型にも見えるんですが・・・太ももあたり。


◆交渉人・ミサミサ!

05-04-27_13-25~00.jpg
そういえばミサにはリュークが常に憑いている。
ならば・・・粧裕誘拐の際、ノートの受け渡しをミサにやらせるとか!
そしてその時偽ノートをミサに持たせ、
メロから「そのノートに指定する名前を書いて本物という証拠を見せろ」と言われたら
ミサが偽のノートにその名前を書き、
実はリュークがその名前を書く・・・
という過去に火口を嵌めたコンボ技が炸裂するかーーー!?

と思ったけどミサが交渉人になる理由が今のところ見当たりません。
そうなるように仕向けるのがライトの役目だよ!


【来週予告の予想!】
というわけでかなりなあなあになってしまった今回ですが・・・
合併号になってしまうので2週間空きます~ううむ。
次回タイトルは「決断」
んー重そうですねぇ。
普通に考えたら粧裕誘拐に対しての何かの「決断」なんだろけれど・・・
本命は本文中でも書いたように、夜神パパが「ノートに名前を書く」決断。
対抗で「ライトが粧裕を殺すか殺さないか」、もしくは「ノートを渡すか渡さないか」の決断。
大穴で「粧裕がデスノートを使う」決断!

・・・どれも当たる気配なさそうだなぁ(汗)

というわけでまたGW明けに。
あ、ちなみに前回から出てきたジョン=マッケンロー捜査官ですが・・・
本名がラリー=コナーズ。
・・・大場先生はテニス大好きなんでしょうかw
ライトとLにも白熱すぎる試合をやらせてましたし・・・

またライトがテニスするシーンとか見たいですねぇ・・・
その前にライトは早く復活するように!

--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
デスノート感想・考察 page.60「誘拐」
デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
page.59「零」
page.58「胸中」
page.57「二択」
page.56「抱擁」
page.55「創造」
page.54「中」
page.53「悲鳴」
page.52「寸止」
デスノート感想・考察page52~59を一気に表示する
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆DEATH NOTE
< 作者 >◆大場 つぐみ(作) 小畑 健(画)
< 巻数 >◆1~6巻(2005/04時点)
< 連載 >◆少年ジャンプ
< 出版社 >◆集英社
< 出版日 >◆2004年02月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>・・・ライトはいつもミサミサと一緒に寝てるのかーーー!!

リュークが「じゃ、俺はまだ寝ないでこっちに」って言ってるので3人で寝てるのかなーとか思ったら吹きだしてしまったんですが(笑
川の時で寝てたら面白いですね。

【2005/04/27 19:34】 URL | DR #u7mWjnu2 [ 編集]

こんちゃ

・・・月、確かに先週から何もしてませんねぇ。
ま、しばらくは新登場キャラの人物描写してから、本格バトルに入っていくんすよ!多分・・・

さて、僕はラリーの本名が割れたのは何かの伏線のような気がします。操って殺せますからねぇ。

たかすぃさんの「決断」の予想(夜神パパの決断)、なるほど~と思いました。

そして僕もたかすぃさんと同じく、ライトとミサとリュークの夜の生活が見たいです・・・

【2005/04/27 20:10】 URL | kenta #QAqn7IwU [ 編集]


がっかりですよね……ライト。
ライトって、意外とポカミスするからなあ……。
早くエンジンを入れないと、キラとして捕まるどころか命狙われてますよって。

ミサミサ、いくらなんでもあんな格好で姿を見せるなんて無防備にも過ぎません?
ライトしかいないわけじゃないのにね。

【2005/04/27 22:31】 URL | かぜ #N0fGSRtA [ 編集]


はじめまして、こんばんは。
たかすぃさんのデスノート考察は常に様々な角度からの考察がなされているので、いつも楽しみにしております。
今週はやはりライトの不甲斐無さが目立ちますが、その中でリュークの「ライト、また面白くなってきたな」っていうセリフがとてもいい味出してると思います。ライトが不利になろうが所詮は他人事、自分が楽しければいい、っていう態度が死神らしくて私はすごく好きです。このセリフ、錆びついた頭をフル回転中のライトの耳には入ってないでしょうけどw
リュークについては、第1部では「ライトの味方でもLの味方でもない」とか言っておきながら結局嘘ルールの追加でライトに協力しちゃってるんで、第2部こそは傍観者に徹してほしいですね。

【2005/04/28 00:28】 URL | Iria Hookish #- [ 編集]

思った事
ノートは死神(レム)が死神界に持って帰った事に
すればいいのにと思ったのですが
それだと粧裕が殺されるから無理かな

【2005/04/28 00:50】 URL | 名無しのゴン子 #./3IxL/Q [ 編集]

あれ?
殺さなきゃ・・・あれ?
っていうのは、寿命が切れて崩れていく死神の描写と思っておりますが・・・

【2005/04/28 12:15】 URL | noname #- [ 編集]


こんにちは。すみません、私なかなか改行しないクセがあったもんで(どんなクセだっっ)
なるほど、可能性0じゃないのを切り捨てるのが大場さんか。絶妙な人だ。。。
いつもながらすごい考察ですね。。やっぱ私にはできません。何よりこの考察読むのがとても面白いです。毎週楽しみにしています。
えーと、今回はニアが竜崎化しててよっしゃあ! て感じです(そっちっっっ!?)小畑さんはパーマをよくとりますね(笑)故意かどうか分かりませんが。。ちょっと竜崎っぽさを出したかったんでしょうかね?
私が一番気になるのはロジャー、ワタリ、竜崎、メロandニアの関係です。メロとニアの関係は今回でとりあえず分かりましたが、竜崎・ワタリとメロ・ニアの関係は一行に分からず。。とりあえず回想で良いから竜崎出してくれ!ってのもあるんですが(コラコラ)、後々ちゃんと描かれますよね??きっと。 
で、ワイミーハウス設立に関しての考察になるほどー・・と思いました。Lの名はどんどん受け継がれていくもの・・・という考えはあったけれどワタリ達が昔探偵だったって考えは微塵も。なんか、それはありえるかも・・・・・って思いました。
やっぱ竜崎・メロ・ニアも孤児なんですかねえ。。。みんな両親を殺された子供達とか・・・・だから探偵に・・・・・そして自分の両親殺した奴らを殺・・・・・ちがうっっっ!!!それじゃキラだ(笑)「自分たちの両親殺った奴を自分で捕まえたい」?それだったら・・・・。。。とか訳の分からない考察(またの名を妄想)してしまった。。。。
メロとニアはこの先和解はまずなさそう。でも最後まで和解がないとすれば、とりあえず二人の最期はあまり後味良いものにはならなさそうな気がします。いやあ、個人的に後味の悪いのってちょっとニガテで。(んなこと言ったらデスノ読めないよ(笑))つーか始まったばっかで「最後」の話するなよ。あ、今回サユやライトの話が全然出てない。。ライトのミスは奈南川の「火口も最期か」以来かな?私はどうやらワイミーハウスサイド(何それ)のほうに感情移入しながら読んでるらしい。

【2005/04/28 14:04】 URL | mana #aCT1qW26 [ 編集]


まだ改行ビミョーーーでしょうか?読みづらかったら今度から頑張ります。慣れてなくてすみませんーー。

【2005/04/28 14:06】 URL | mana #aCT1qW26 [ 編集]


昨日ミルクパズル無印で買ってやってみました。
5分で飽きました。てゆーか無理っす!
本来自分で絵を書いてやるものらしいです。

新死神はシドウの可能性が高そうですね。
あれ?っていうのはシドウが人間界にリューク以外の死神を見たって事を信じて疑わないんですがw
他の死神が出るならゼルオギーとグックコンビで出て欲しいッス。
この二人仲良さそうだし。

交渉人には是非ともマッツーを起用して欲しいです。
夜神宅での会話もあるんで可能性ない事もないし。
またファインプレー期待してます。

【2005/04/28 21:46】 URL | daru #XgqxMNIo [ 編集]

GW突入寸前ですね
遅れましたがこんばんは~。
GWは特に普段と変わらない生活のシータです。頼むから2日にジャンプを発売してくれと切に願っております。

今回はやはりメロの掘り下げと月(キラ)のレベルダウンの描写が魅力的な回でしたね(笑)。
キラが第1章でカンペキだった分、今回のミスは致命的でした。でも展開が急速に加速し、緊迫感が増したのでエンタ的にはよかったです。
メロに関しても”2番”と言う立場から、TOPをこだわる執着心や追い抜こうとする競争心がいい原動力となり、いい感じでキラと渡り合っていけそうですね。
あともう一人、ニアですが、先週の段階ではキラやメロよりスタートが遅れたと思っていたのですが、今回のトランプタワーで遊ぶ余裕ぶり(?)から、もしかしたら最も先読みをしている人物のように思えました。ホントにデスノートを横取る(この言葉、変換で出ません…)と踏んでいます。
もちろん私の予想ですが…。

でも、たかすぃさんの「粧裕の元にデスノートが渡る」説は好きです。たかすぃさんの粧裕に対しての愛が感じられます。あと、「実は誘拐されていなかった」も好きです。実は私も考えたのですが、あんまりなので却下した案です。そこを堂々と書かれているということに惚れました。

ま、いろいろと長く書きましたが、結局今回はミサのランジェリー姿が全てでした(笑)。

とりあえずGW明けの次回が楽しみです。また次回の考察も楽しみにしております。GWはお互いに有意義な休日になりますように…。

【2005/04/28 21:55】 URL | シータ #WJMUG67w [ 編集]

粧裕奪還に全力を注ぐレスその1
死ぬほどレスが遅れてごめんなさいです・・・
旅行だった事を含めたとしても過去最高の遅さっす。


>DRさん
そうですよね!普段3人で寝てるのかもしれないですねぇ・・・
その光景を想像するとまた面白いですね。
3人川の字ですか!
やる時とかどうしてるんでしょう・・・常に見られてるわけですが。
さすがにその時はリュークも席を外す?
そこら辺の描写も是非お願いしたいところですねw


>kentaさん
ライトにしては珍しく後手後手ですよねぇ・・・
第1部のラストが壮絶だっただけに、かなり拍子抜けした感じです。
もっと彼には悪魔的な先読みと知略を繰り広げてほしいものなんですが・・・
是非来週以降のライトの巻き返しを期待したいですね。
4年間のブランクは相当なものかもしれませんが・・・

ラリーの本名・・・どうなんでしょうねぇ。
さくっと殺すのはやはりニアの素性が割れてからでしょうね。
まあいずれにせよ長生きできそうな顔してないですw

パパはかなり苦悩するかと思いますが、
自分の娘だからといって私情を挟む彼ではないはずです。
けれども父の愛は炸裂する。そこら辺の矛盾をどう描くかが楽しみですね。

空白の夜の生活・・・ホント描いてほしいですよ!w


>かぜさん
いやーホントがっかりですライト。
第1部のアレは何だったのかと問い詰めたいです。
4年間、彼は磨きをかけるどころじゃなく、怠けてたんでしょうかね・・・
「ぬるい」という第1部ラストのセリフがここに繋がってるのかもしれません。

ニアやメロにノートが渡るとホントピンチですねライト。
まあこのマンガ的に渡るんでしょうね彼らに・・・
その時ライトがどういった防護策を練るのかが今から楽しみですよ!

ミサミサ、確かに無防備ですね・・・
けどあれはまさに大女優だからこその余裕?
あんな姿を一度見てみたいものです・・・(現実で)


>Iriaさん
はじめましてー!コメントどうもありがとうございます!
色々な角度から考えておきながら、
結局本編には何も関係ない事が多いんですが・・・まあ妄想補完って事で?

リュークのセリフはしびれましたねー
4年間に何も刺激的な要素がなかったこと、
そしていよいよ戦いが勃発するのかーという煽り感というか、
期待感をかもし出してくれましたねぇ。こういう何気ない一言がまた好きなんですよね。
リュークのあくまで傍観者っぷりはやはり死神だなぁという感じでいいですね。

あ、けど確かに嘘ルールでは協力してるんですよね・・・
ま、まあ結局面白ければリュークはいいんでしょうね。
だからこの第2部でも面白ければ協力したりは全然するんでしょう。
いかにライトがリュークを操るかが一つの鍵ですよね。


>名無しのゴン子さん
うーん死神の存在は明かせないのでしょうね。
ノートの存在はバレても死神の存在はバレてないですからね。
ある意味そこがキーラインとも言えるかと。
まあこのマンガはそのラインを平気で超えるから怖いんですけど・・・

まあ紛失系の言い訳もいいかな、とは思いますが、
それはやはり粧裕が殺されてしまいますよね。
ってかノートをちゃんと渡しても素直に粧裕を返さなそうですよね。
粧裕に書かせたりするのかなぁ・・・


>nonameさん
あーその説もありましたね。寿命説。
そっちでもしっくり来るかなと思いますが、真相は大場先生は明かしてくれるんでしょうかw

けど個人的にはノートを落とす展開が一番熱いんですが・・・
(けどそれが偶然重要人物の手に渡るのもどうかなぁとも思いますが)

【2005/05/05 02:04】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

粧裕奪還に全力を注ぐレスその2
同じく遅すぎるレスごめんなさい・・・!


>manaさん
考察毎週楽しみにして頂きありがとうございます~
最近は色々なサイトさんで考察されてるので、そういったサイト様たちに負けないように頑張っていきたいと思います。
まあ補完しあうのが一番とも思うのですが。

改行に関してはあともうちょっと?って感じですかね。
けどだいぶ見やすくなりましたーありがとうございます!
そんなに気にされなくても大丈夫ですよー

ロジャー・L・ニア・メロの関係はまだ謎ですねぇ・・・
ニア・メロのどちらかがLの名を継ぐという事は決定していたという事ですし、
Lとの接点はかなり深かったのかな、とも想像してます。
Lは第2部でも回想で出てきてくれそうですね!
死んだけどそういう登場もアリだから良かったですー

Lとかが両親殺されたという設定はまた面白いですねー
それらの仇をとる為に探偵に・・・?何気にアリかもしれません。

メロとニアは油と水なんでしょうねー相容れることは確かになさそうです。
けどもし相容れる事があったらライトにとっては最大の脅威ですよねー
知能派と武闘派に組まれたらだいぶキツイと思います・・・

デスノはライトサイドか、ワイミーサイドで読むかでかなり印象が違ってくるんですよねー
どちらを応援してもアリっていうスタンスだと思います。
色々な楽しみ方が出来るデスノート。だから好きなんですよねー

ひとまずLの再登場を願ってw


>daruさん
おおーミルクパズル買われましたか!
何の絵柄も描いてなきゃそっこーで飽きちゃいますよねぇ・・・
実際にやってみるとニアの凄さがよくわかるんでしょうね。

新死神はシドウに是非出てほしいですねー
ゼルオギーでもいいんですけど。
リューク以外に死神を見た、ってのは他に興味を持った死神がすでに人間界に降りてるって事ですよね?
いっその事オールスター(?)総出演とかやってほしいかもです。
ホントに大場先生はやりそうだから怖い。まあやらないかさすがに・・・

交渉人にマッツーですか!
いやーポカしそうな感じですが、粧裕との絡みはその伏線かもしれませんね。
フツーに二人が付き合ったら面白いです。
ちょうど映画で「交渉人真下~」がやるので何となくリンクしそうでお面白そうですね!

関連オススメコラ→http://www.geocities.jp/death_note98/nego.html


>シータさん
いやはや更にレス遅れて申し訳ないっす・・・
逆に自分はGWが合併でよかったなぁと。
すでに感想遅れてますからね!合併なのに!ピンチです。ってかもうどうしようもない・・・!?

ライトのレベルダウンにはホントあきれてしまいましたよ・・・
まあ4年間の怠けっぷりを描写したんでしょうね。
リュークのセリフからもあるように、こんな緊迫感は「久々」なんでしょう。
あの悪魔的高回転な知能がまた早く炸裂してほしいですねー

メロはその歪んだ?背景がいいですねー
早くもニアよりもメロに人気が集まってるっぽいですし?(女性はニアが多いんですかね?)
これまたニア派とメロ派に分かれるんだろうなぁw
ニアの描写が描かれるのはメロの誘拐事件が一段落ついてからでしょうかね?
それともこの誘拐事件をきっかけに、再びニアとメロは接触するんでしょうか。
ニアはどこまで考えてるかが分からないだけに、
一番危険な存在とも言えますね・・・

粧裕は愛してますよーミサの次にw
チビ粧裕が大好きでしたが・・・大学生粧裕も大好きです!
まあつまり何でもよいってことで・・・(ぇ)
粧裕にノートが渡るというか、メロに渡すノートを粧裕が使う、というのが今の自分の中で強い説ですね。
メロに渡すノートは監視権レムだったノートなのでリュークの姿が見える事はなく問題ないのですが・・・

ってか粧裕誘拐されてましたね(汗)
赤マルジャンプでしっかり書かれてました・・・
ちなみにメロの所属するマフィア組織もアメリカ在住みたいです・・・
シータさんの「メロは日本にいる」説はかなり好きだったんですけどねぇ・・・

ミサのランジェリーは最高です。セクシーなミサミサを第2部は沢山見たいですね!
そして大女優になったミサのシーンも・・・!

さてさてシータさんとはデスノに関して今後ちょっと企画を立てて一緒に何かやれたらなぁと考えてます。
詳しくは今後メール致しますので。よろしくですー

【2005/05/05 02:25】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/113-0d2a5b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デスノート実写映画化!藤原竜也主演&限定アイテム予約

「週刊少年ジャンプ」連載の人気コミック「デスノート」が、このほど藤原竜也主演で実写映画化が決定したそうです。2部構成でパート1と2を連続製作し、それぞれ6、10月に公開。両作とも平成「ガメラ」シリーズなどの金子修介監督(50)がメガホンを取るそうです。 5 ブログで音楽を流す方法【2006/01/26 06:07】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。