マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!
2005年04月12日 (火) | 編集 |
05-04-12_14-52.jpg

いよいよ再びそのドラマの幕が開く。

そのノートに名前を書かれた者は死ぬ。
・・・そんな一冊のノートに人々の運命は翻弄される。
そのノートの名は・・・

「デスノート」

壮絶なラストから一ヶ月以上が過ぎ・・・
再び、運命は動き出す。
焼きつく程のスリルと。
極上のエンターテイメントを。
この「デスノート」は与えてくれる。

史上最強のサスペンス・第2部開始直前特集!
「デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!」
すでに公開された第二部情報を含め、
それらを考察・まとめていきます!第二部読む前に整理していきましょう!
page59「零」の考察と合わせてご覧頂ければ幸いです。


【第二部はLの死から四年後の世界!】
2004年11月5日。
・・・Lがレムの手によって死亡した日である。
ここから四年の月日が経つ。
そう、舞台は2008年の、その世界へと移る。

4年という月日がデスノートの登場人物をどう変化させたのか?
主要人物について、第1部終了時と第2部開始前のラフ画で比べてみよう。


◆夜神 月

<第1部>
05-04-12_06-10.jpg


<第2部>
05-04-12_06-11.jpg


ライト変わってねー!

「その考えや姿勢にゆるぎない人物」という事で変化ないらしい・・・
4年後は大学を卒業、警察入り!
Lの捜査本部も引き継いでおり、「自分で起こした事件は自分で捜査」。
ライトが理想とする世界の完成まであと一歩の状態まで来ている。

彼がこの4年間で一体どういう行動をしてきたのか。
逆を言えば、どれだけの「仕込み」をしてきているのか。
第2部のキーポイントはそこにあるかと思われます。
当然デスノートを使いたい放題なのですから、
様々なパターンを試している・・・に違いありません。
特に、

○万が一ノートの存在がバレた時の対処
○「13日の嘘ルール」のようなトリックの仕込み
○腕時計の中にデスノートを仕込んだような、ノート自体を身につけておく仕込み


彼に限っては、Lがいないから怠慢になる・・・という事はなさそう。
ニア・メロと対峙した時のライトの表情が楽しみ。
案外嬉しい顔をするかもしれませんね。ようやく手ごたえのある相手が現れたと。
第2部でもその天才っぷり・キレっぷりを見せてほしいものだ。
読者はその天才的な頭脳に翻弄されたいのだから。


◆弥 海砂

<第1部>
05-04-12_06-19.jpg


<第2部>
05-04-12_06-19~00.jpg


お、大人のおねーさまになってるーーー!

20歳→24歳へ。まさに女性として一番大人になる時期ではないだろうか。
首からぶら下がっている十字架のネックレスがまたいい。
かすかにその面影を残した顔立ちは、可愛さと綺麗さが見事に同居している。
そして、4年間第二のキラとして活動してきたその経験は、
大人への成長も伴って「魔性の魅力」ともいえる雰囲気を漂わせている。

モデルという立場から、トップアイドルという立場へ。
ゴスロリも卒業し、しっとりとした女優になってる・・・のは表向きで、
ライトの前だと4年前と何ら変わらない姿を見せてくれるだろう。
この大人っぽい姿であんな愛くるしい表情を見せられたら・・・
より一層まいってしまいますよ。

その存在は第1部でもストーリーを大きく変えてきたほどだが、
第2部でもそれは健在ではないだろうか。
特に第2部の冒頭で起こる事件・・・っとこれはまた後ほど。


◆夜神 粧裕

<第1部>
05-04-12_06-51.jpg


<第2部>
05-04-12_06-52.jpg


ぼ、僕らの粧裕は一体どこへ・・・!?

第1部から最も変わったキャラになった粧裕。
14歳→18歳と子供から大人の女性への第一歩を踏み出した、ちょうどその時・・・!
といった感じか。その雰囲気にあどけなさはもう、無い。

「そ、そんなのがんばらないもん」と言ってたのに明らかに頑張ってるじゃないですか・・・
密かに粧裕ファンだった身としてはショック。
その相手は・・・これもまた後ほど。

ある意味ライトの一番のアキレス腱のような気もする。
唯一の血の繋がった妹であり、ライトにとってはミサよりも大事なハズ。
だからこそキラに関しての事には全く触れさせてない。
第1部では粧裕に対するライトの想いは描かれなかったが、
第2部で妹への愛情が描かれたらまた面白い。
この「How to~」での扱いも大きい事から、
第2部ではだいぶ物語に関わってくるではないだろうか?

何といってもライトの妹。
4年前はライトに宿題を教えてもらう立場だったが、
そんな頼れる兄が家を出てしまってから、その才能が開花。
かなり知的な女性に育ったのではないだろうか・・・素敵です。


◆松田と相沢

<第1部・松田>
05-04-12_14-53.jpg


<第2部・松田>
05-04-12_14-53~01.jpg


<第1部・相沢>
05-04-12_14-53~00.jpg


<第2部・相沢>
05-04-12_14-54.jpg


捜査局メンバーの4人のうち、そのイメージが変わったと言えるのがこの二人。

松田はだいぶ頼れる感じになってきたが、やはりまだ抜けてそうな印象。
彼のアレは多分天性なので一生変わらないだろうなぁ。
相沢はある意味一番変わったキャラ・・・ひ、ヒゲがー!
ある意味一番犯罪者っぽい面になった。
アフロがストレートになったらもっと面白かったのに。
彼よりも娘さんの再登場を願います。奥さんも。

っていうか、4年間もキラにすき放題やられて大丈夫なの・・・?
夜神パパもだいぶ老け込んだし・・・
もっちーは変わってないし・・・
しかしながら所々、物語に影響を与えるキャラたちなので軽視は出来ない。
特に松田は第2部でもきっとやらかしてくれる・・・だろう。
夜神パパは何か・・・余命が少なそうな気がしてならないよ。


【Lを継いでライトを追う存在。それがニアとメロ】
第1部でライトと互角以上に渡り合った探偵・・・それが


05-04-12_14-55.jpg
常にライトの先を行くその天才的発想に唸らされた人も多いはずだ。
しかしそんなLもライトの悪魔的策略により殺されてしまう。

そんなLが死んだ事を知り、二人の少年が動き出す・・・
キラを追う為に。
Lを殺したキラを・・・捕まえる為に。

第2部でのメインキャラとなるその二人について考察してみよう。


◆メロ

<第1部>
05-04-12_12-42.jpg


<第2部>
05-04-12_12-43.jpg


活発な性格という設定の少年。

第1部ではイタズラッ子っぽい描写も見られた。
4年前から現在に変化してもそのギョロっとした眼差しは変わらない。
すべてを見透かしてしまいそうな・・・そんな魔性の眼のように見える。

とにかく行動力・社交性の能力が優れているように感じる。
主にキラ側の人間に接触していくのはニアの役目、
というよりニアの捜査方法が相手に近づいていった上での
「観察系・心理系」なのではないだろうか・・・?

また女好きで軽そう・・・という印象も受ける。
もしその通りであればまた面白い展開になりそうだ。

そしてデスノートという存在に大きな興味を持ちそうなのもメロだ。
彼がデスノートを手にする日も・・・来るのではないだろうか?


◆ニア

<第1部>
05-04-12_12-42~00.jpg


<第2部>
05-04-12_12-43~00.jpg


内向的な性格の設定であるのがニア。

施設内でも常にパズルと向かい合うという変わった少年だ。
Lの面影を残すのはどちらかというとニアのような気もする。
恐ろしく切れる頭脳を持ってる・・・そんな印象が強い。

ニアのキーワードはやはり「パズル」
物事を論理的かつ直感的に組み立てるという能力を持ってるのではないだろうか。
おそらくズバ抜けて発想力が高いと見た。

L特有の奇妙な座り方など、そういったのを受け継ぐのもニアなのかな・・・
高度な推理系はニアの役割になり、
ライトを言葉で追い詰めていく存在になりそうだ。


◆ニアとメロはどこまで情報を得ているのか。

05-04-12_14-55~00.jpg
前回の考察で、ワタリからロジャーへ全ての情報が渡ってるではないか、
と予想しました。あの「表示」が出てから実に20日もの時間が経った事を考えると、
それだけ大容量のデータを送ったのではないかと。
そして「Transmisson」の文字・・・これは転送完了という意味と捉えます。

問題はどこまで情報が渡ったか、です。
おそらく転送されたデータはキラ事件だけではなく、
今までLが手がけてきた事件の詳細や、
犯罪者たちのファイルなども含まれてたのではないだろうか。

その中の一つとして、キラ事件の大まかな概要だけが情報として与えられた、
と考えるのが一番自然な流れか。
まあデスノートは自然な流れじゃ進まないんだけど。
なので詳しい情報→ライト=キラである事が濃厚、
といった情報はニア&メロのところには渡ってないのでしょう。


◆ワタリの力をどこまで使えるのか?

05-04-12_14-56.jpg
前回莫大な財産にモノを言わせた捜査や、
世界中の裏の世界のプロ達を使った捜査など、
とにかくその手駒が多かったLサイド。
今回その捜査本部自体がライトに牛耳られてしまっているのだが、
アイバーやウエディなどはどちら側についているのだろうか?

Lがこれまで培ってきた人脈、
これをニア&メロが使えるか使えないかは大きなポイントになりそう。
「1部のキャラは総動員される」と言われている事から、
アイバーやウエディは第2部でも登場するのが濃厚だ。

圧倒的有利な立場にいるライトを崩す為には・・・
ニア&メロにとって彼らの力が必要になるハズだ。


◆空白の4年間に何をしていたのか?
今回ライトと接触するだろう4年後の世界。
そう、Lが死んでからライトに接触するまで4年という月日をかけているわけです。

○ただ単にキラ=ライトという推理にたどり着くまでにそれだけの時間がかかったのか?
○彼らに捜査する力がまだなかったのか?
○何か壮大な計画を4年掛かりで仕掛けたのか?

この4年間、彼らは一体何をしていたのか。
そこが第2部での大きなキーポイントになってきそうです。
その彼らの計画の一環が・・・第2部冒頭で起こる事件に繋がるのだろうか?


【戦慄の第2部は、ある重要人物の誘拐事件で幕を開ける・・・!】
長い充電期間を経て始まる第2部。
そのスピード感は第1部と変わらない、いや増している・・・!?
そんな風に思わせてくれる、「誘拐事件」
これは第2部のキーワードになるというより、
ライトの計画が破綻していく一つのきっかけになるという事だろう。

ではある重要人物とは一体誰なのか・・・?
まず既存キャラなのか、それとも全くの新キャラなのか。


◆既存キャラで考えてみる。
既存キャラなのであれば、本命は・・・



05-04-12_14-57.jpg
ミサですね。
トップアイドルという立場、そのスター性・・・
誘拐されてもおかしくないのはやはり彼女でしょう。

ミサは常にデスノートの切れ端を持ち歩いているハズなので、
どんな相手だろうと文字を書ければOKのハズ。
誘拐した相手が心臓麻痺で死ぬ。
そんなありえない状況を、ニア&メロが見逃すハズがなかった・・・!
そこからライト&ミサと、ニア&メロの接触が始まっていく・・・?

もしくはミサが誘拐犯によって絶体絶命のピンチ!
手が縛られて名前を書く事が出来ない・・・
誘拐された時、犯人から身代金要求の電話がライトの元へ。
その時「ミサの声が聞きたい」とライトは提案する。
そう、その一瞬の会話でミサは誘拐犯の名前を告げる。
その名前を聞き取ったライトは、自分のノートに誘拐犯の名前を刻む・・・!

結局結果は一緒で、ニア&メロに感づかれる事になるのではないかな、と。
ただライトが裁く事になると、口頭だけでは複雑な漢字だった場合アウトなので、
(4回間違えたらきかなくなるし、そもそも誘拐犯の顔を見てないとアウト)
やはりミサ自身がライトの許可を得ず、やむなく殺すパターンが濃厚かな。


◆ミサ以外の可能性
ミサ以外となると、次に可能性があるのは・・・



05-04-12_14-58.jpg
粧裕。
ニア&メロがある程度ライトがキラであるという推理を固め
その推理を更に進める為に粧裕を誘拐・・・!?

うーん、そうなるとその誘拐犯は殺されるリスクを背負う
Lは無駄にキラに殺されるような人を増やす行動はしなかった
ただニア&メロはLに比べて手段を選らばずにやってくると考えれば
その可能性も捨てきれない。(探偵でもない彼らにそういった正義感はない?)

あとは夜神パパ。デスノートを保管してるのを誰かに知られて・・・?とか。
うーん可能性低いですね。

大穴でライト。ライトかよ!
焦ったミサが救出に向かう。デスノートの切れ端を手にして。
今までデスノートを使うときはライトからの支持の上で必ず実行していたが、
今回そのライトがいない。けれどライトを助ける為にはデスノートを使う必要がある・・・
何の考えもなしに使ってしまったデスノート、
それがニア&メロに入り込む隙を与えてしまう・・・?

最後に松田。まずないと思いますし、誰も助けなそう・・・(ヒドイ)

これ以外のキャラになると・・・ちょっと分かりませんね。
まあ意外なトコを突いてほしいのでこれ以外のキャラでもアリです。

ただいずれにせよ、ミサ以外の場合は
ニア&メロがある程度捜査対象をライト周辺に絞っているというのが前提です。
(ただしミサの場合もその捜査の延長上での誘拐劇の可能性もアリ)
誘拐犯がアイバーだったりしたらまた面白い。
粧裕とかの場合、単にナンパされてついていったら監禁されてしまったとか・・・
もしくは足止めされていたとか・・・
なんせアイバーの対話術はプロフェッショナルなんですからね。


◆新キャラで考えてみる

05-04-12_15-00.jpg
まあ新キャラというより、警視総監とか、有力な政治家とかそういった感じの人たち。
ライトは警察に入っている。という事はそういった人たちが誘拐されたら、
仕事として動かなくてはならない
その際にデスノートを用いて誘拐犯を殺した・・・とか。

まあこの展開はあまり魅力が感じられないので、
やはり既存キャラが誘拐される展開が好ましく思える。


【その他気になる点を一気に網羅!】
以下にあげる項目も第2部開始に向けてチェックしておきたい。


◆明らかになった死神たちの名前。第2部での登場は・・・?
「HOW TO READ VOL4」で明らかになった死神界にいる死神たちの案前。
実は死神にはランクがあり、見た目が重要視されるようだが・・・


05-04-12_15-00~00.jpg
アラモニア・ジャスティン・ビヨンドルメーソン

なげえ!!超ゴージャス死神という事で、死神大王風な感じが違うようだ。
この死神を筆頭にダリル、レム、ゼルオキー、リュークと続いていくのだが・・・
果たして彼らの第2部登場はあるのか?
人間界へ舞い降りるのか?
名前が明かされたのはその伏線なのか・・・!

個人的に登場してほしい死神は・・・


05-04-12_15-00~01.jpg
カッコよさではNo1!?ゼルオギー


05-04-12_15-00~02.jpg
小畑先生お気に入りのミードラ。じょ、女性らしい!?

彼らが人間界に降り立てば、新たな第三勢力となり、
非常に物語が混沌としてきて面白くなってくる。
ここら辺の考察は→デスノ6巻考察でドーゾ。


◆ヨツバは復興しているのか?

05-04-12_15-01.jpg
第1部ラスト付近で「ヨツバの為、社会の為に貢献する」と言った奈南川たち。
5~6巻を彩った彼らだけに第2部での登場が望まれるが・・・

おそらく第1部ラストで一度ヨツバは傾いた
が、奈南川たちの力により第2部開始時点ではだいぶ立て直しているのではないだろうか。

捜査局以外で唯一といってもいい、デスノートを知ってる存在である彼ら。
ニア&メロの捜査の取っ掛かりは実はここからかもしれない。
鷹橋のようなバカがまだ残ってる。
脅されれば簡単に喋ってしまいそうだが・・・

ライトがこのヨツバの社員たちをどう対処しているのか。
もし4年後も彼らが生きているのであれば、
大きなキーポイントに成り得る。
ライトVS奈南川の戦いが再び?
これでヨツバがメロ&ニアサイドについたら面白いんだけどね・・・


◆粧裕のお相手は・・・?
今回明らかに大人っぽくなった粧裕。
これは間違いなく恋愛経験を積んだ雰囲気だよ・・・
というわけでそのお相手の予想。



05-04-12_15-30.jpg
ズバリメロだ!(ぇ)

そう、ライトに当たりをつけたメロは、
周りから攻める捜査方法を選ぶ。
その対象が・・・粧裕
粧裕と同じ大学に入り、粧裕の心の中に入っていくメロ。
いつしかお互いの家に行く仲になり・・・
ライトとメロが対面する!ひょう熱い展開だ!


【遂に始まる第2部にもう待ちきれない!】
さてここまで第2部予想・考察を行ってきましたが・・・

願わくば予想はすべて外れてほしい。

そう、自分の予想などすべて吹き飛ばしてしまう
そんな展開こそがデスノートの魅力。
常に読者の予想を裏切ってきたデスノート。
第1部から第2部へと舞台が移ったとしても、
それだけは貫き通してほしい。

約1ヶ月半の沈黙を終え、
史上最高のサスペンスは再びその幕を開ける。
この作品と同じ時代に生まれた事を感謝しながら、
新しいデスノートの1ページを開ける瞬間を楽しみにしつつ、
この記事を終了したい。

また沢山の人たちとデスノ談議出来る事を心待ちにしております。


参考:有無さんのDEATH NOTE/HOW TO READ vol.3考察

--------------------------------------------------------------
<デスノート関連バックナンバー>
デスノート6巻を読み解く!(今回も微修正あり?)
page.59「零」
page.58「胸中」
page.57「二択」
page.56「抱擁」
page.55「創造」
page.54「中」
page.53「悲鳴」
page.52「寸止」
デスノート感想・考察page52~59を一気に表示する
デスノート感想page36~51を一気に表示する(JUGEM版)

--------------------------------------------------
【作品データ】
<タイトル>◆DEATH NOTE
< 作者 >◆大場 つぐみ(作) 小畑 健(画)
< 巻数 >◆1~6巻(2005/04時点)
< 連載 >◆少年ジャンプ
< 出版社 >◆集英社
< 出版日 >◆2004年02月
--------------------------------------------------
Amazonで見てみる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
う~ん、いぃ~ですね~!
ヨツバの面々が出てくればいい展開になりそうだなぁ~って読んでて思いました。あと、サユとメロニアが絡むとかも・・・!しかし、何とかLが復帰してくれたら・・・とは思うのですが・・・やっぱりなさそう・・・しくしく・・・どどんでん返しを期待したいところですが・・・大場先生はそういう手は使わないタイプのように見えるし・・・ミサとライトの行く末もすごく気になりますね!うー!第2部!ワクワクします!流石のコミックス派の私も土曜はジャンプを買ちゃおうかな☆
たかすぃさん!サユや死神達をのっけて下さって嬉しい!投げキッス(あ☆、これは余計だっ!?失礼致しました―ぁ!)私はコミックス派ですが、待ちきれないところもありますので、こちらのネタばれを参考に妄想しながら発売日を待ってます。たかすぃさんの考察はいつもとても面白いので、これからも楽しみにしてますね!(もちろん、他のネタばれも!)

【2005/04/12 16:39】 URL | チャ子 #- [ 編集]


デスノートって面白いですよね  (^_^.) 
   ブログいつも楽しみに見てます 
  
 頑張ってくだしゃいね(>_<)   またアリサのブログにも遊びに来てね  (>o<")  まだまだ若いけど、セクシーなブログ目指してます

 写真もあるからね(^_^.)   また来ます☆

【2005/04/12 17:43】 URL | アリサ #- [ 編集]


今回のたかすぃさんのデスノート考察は、今まで見てきたジャンプ感想サイトの中で一番分かりやすくって一番面白かったです!
誘拐されるのは一体誰なんでしょうね。私も第一候補はミサだと思いました。
これからまた毎週デスノートが読めるようになるなんて、本当に楽しみー♪

【2005/04/12 19:53】 URL | モモ #boP4ld1U [ 編集]

待ってました♪
第2部予想、お疲れ様です!
楽しく読ませていただきました~。
休載期間長かったですよね・・・。
先週辺りから再開が待ちきれなくて、コミックスやら先行情報やらを隅々まで読むことで耐えてました笑

私は月があまり変わってなくて嬉しかったです!
警察庁に入庁したんでしょうね。
当然のようにキャリアですね、おそらく笑
そして「夜神月がLの座を奪った上でのキラにな」って4年・・・。私もたかすぃさんと同様に月はデスノートを更に発展させてると思います。
HOW TO USE はもちろん、何かマズイことが起こっても何かしら対応ができるように。
そんな用意周到さが月だと思うので・・・。
そして1話の時の月のように「退屈」を感じているのではないでしょうか・・・。
リュークももしかしたら退屈さを感じてるかもしれませんよね・・・。

ニロ&メアについては大場先生が「2人は同じ孤児院にいても別々の人間だから」みたいな事をおっしゃっていたので(うろ覚えなので多少違っているかもしれませんが;)ニロ&メア対月、ではなく
ニロ対メア対月みたいに三つ巴になるのかもと思ってます。
ニロとメアは対照的であるから協力したら相乗効果があるかもしれませんが、相容れない部分もきっとあると思うんです。
より一層混沌とした物語展開になるかもですね!

そして要人の誘拐事件から幕開けなんて!
誰が誘拐されるのか全く見当もつきませんが、事件の描き方もきっと緊迫してるんでしょうねえ。
今からすごく楽しみです!

粧裕には私もびっくりです!笑
ちょっと清楚高田に似てる雰囲気ですよね笑
中2から高3であんなに変わるもんかなあ・・・。
自分を含め自分の後輩たちなどの中2女子から高3女子の成長を踏まえて考えてみても・・・。
まあ・・でも多少は変わるか・・・な?
でもあれは大人っぽくなりすぎですね!笑

本当に、デスノートが連載中のジャンプに出会えて良かったと心から思います。
そしてたかすぃさんをはじめ色々な方々の意見や感想に出会えたことにも♪
来週から、本当に無理をなさらないように考察・感想していってくださいね!
考察・感想が負担になってたかすぃさん自身がデスノートが楽しめなくなってしまうともったいないです!

では失礼します!

【2005/04/12 22:07】 URL | まる #VzqExlng [ 編集]

第2部が待ちきれないレス
ホント待ちきれません・・・っ!

>チャ子さん
ヨツバの面々は是非再登場してほしいですよね。
かなり個性的なキャラが多かったですし、何より奈南川人気が・・・!
デスノートの存在を知ってる、という事はライトにとって危険な人たちのハズなんですが・・・

サユとメロニアが絡むのはかなり妄想です。
絡んだら面白いだろーなーと。あのサユの美貌を放っておくなんて!!
ただでさえデスノは女性キャラが少なめなので貴重なのですよー
小畑先生が描く女の子はホント大好きです。

Lは・・・うーんもう確実に死んでる説が濃厚ですね。
あそこまで大場先生に断定されちゃうと・・・
まあそれすらもすべて伏線でしたー!とか言われたら何も言えません・・・
この人はやりかねないから怖い人です。

第2部、ホントわくわくしますねーコミックス派から週間派の転向、いいタイミングだと思いますよー!
このタイミングを逃して他にないです。
是非リアルタイムで第2部を一緒に楽しみましょうー!
投げキッス、ありがたく受け取らせて頂きました(そりゃもう全部回収!)

いつも見て頂きありがとうございます。
考察面白いと言ってもらえるのがホント何よりです!
次回の考察書くエネルギーになります・・・ありがとうです!


>アリサさん
デスノートはホント最高の作品です・・・
マンガ読み始めて20年以上、奇跡のような出会いが出来た作品ですね。
これほどまでにハマった作品は他にないと思います。

ブログいつも楽しみに見て頂いてありがとうございます。
アリサさんのトコも見させて頂きますね。
またいらしてください~


>モモさん
ああー勿体無いお言葉!ありがとうございます~
うちが一番分かりやすくて面白いなんてーー!
世の中にはもっともっと簡潔でまとめられてるトコも沢山ありますので、
まだまだ精進していきますのでよろしくです。

誘拐されるのは・・・順当に考えたらミサなんですが、
ここは大場先生の良い意味での裏切りを期待しましょう!
何気に奈南川がヨツバの社長になってて、それで誘拐されてたりしたら面白いんですが。
んでデスノートの存在を誘拐犯にバラしてしまうとか。
奈南川はそんな事しないかな・・・?


>まるさん
楽しく読んで頂き何よりです~
ホント休載期間、長かったですね・・・6週も休まれると知った時はどうしようかと思いましたが、
個人的にも休養させてもらいましたw
けどもう待ちきれません!わくわく感が止まらないですよー
自分で記事書いてて、自分で触発されてしまいましたw

月は当然のようにキャリアでしょうね。
んで最年少出世をどんどん果たしていくんでしょう・・・!
そしてデスノートを発展させてる・・・んでしょうね。
ライトがどんな新しいルールを発見したのか、それが明かされるのが楽しみですねー
ライトの仕掛けはホント先の先、奥の奥まで考えられているので、
そんなトリックをまた是非堪能したいですね!

「退屈」を多分感じてるのでしょう。
やはり敵がいない、ライバルがいない状況とうのは面白くないものだと思います。
きっと4年間、ライトに挑む奴も中にはいたかもしれませんが、
Lには全く及ばずだったのでしょう・・・

ニアメロに関しては、まるさんのおっしゃる通り、
ニアVSメロVS月の三つ巴もすごく面白いですよね!
ニアとメロがどちらが先にキラ(=ライト)を捕まえられるかを競ったり。
そんな展開も熱いですー追記しておこうかな・・・
対照的な性格は確かに合わされば強いかもですが、
相反するところもあるんでしょうね・・・
二人の間にどれだけ信頼関係があるのかは分かりませんが、
Lとワタリのような強固な信頼関係がすでに出来てるのかもしれません。
個人的にはニアかメロ、どちらかが最終的に死ぬ展開が面白いかなーと思います。
(ライトが二人殺したつもりだったがどちらかが生きてた、みたいな展開)

そして誘拐事件。開始早々熱い展開が繰り広げられそうですね!
いきなり4年後で各キャラを懐かしむ時間も与えてくれなそう。
それでこそデスノート!ですけどね。

たしかにサユは清楚高田っぽいかも・・・
何気に清楚高田に憧れてあんな感じになったのかもしれませんw
何気に第2部では重要人物かも清楚高田!?w
やはり中学から高校、大学は女の子は一番変わる時じゃないですかね?
特に高校から大学は相当変わると思いますよ。
やはり校則等の縛りから抜け出すのは大きいかなぁと。
サユも4年という月日で色々人生経験をしたんでしょう・・・
恋とか、恋愛とか・・・!うわーん(泣)

いやーホント自分もデスノートに出会えて、
こうしてブログでデスノート感想を始め、
まるさんや皆さんに出会えた事に心から嬉しく思います。
来週からまた感想・考察が再開しますが、
ペースが今まで通りにいかないかもしれません。
そこら辺は是非大目に見てもらえればと思います~
ホントにきつくなってきたら言います。まあ当分は大丈夫でしょう!すぐに合併号ですしね!

それではまた~ありがとうございました!

【2005/04/13 00:10】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

気になることだが
とりあえず、「第一部終了」となる7巻目。
本編だけではページ数が130ページくらいしかないので、例の読みきり版も収録されるのかな・・・。

【2005/04/13 01:21】 URL | American #- [ 編集]

第2部が待ちきれないレスその2
>Americanさん
あれ、ページ数そんなもんしかないっすか・・・
話の数的にピッタリだと思ったんですけど、
特に増ページとか無かったからですかねー
あの読みきりが遂に収録・・・!?
けどイレイザー(消しゴム)とかの設定が出てきちゃうと混乱しちゃいそう。
ホントにそれが本編で採用されたらかなり荒れるんですけどねぇw

あとは今回の「How to~」が収録されるかですよね。
インタビューのトコだけ・・・

【2005/04/15 01:32】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]

あ・・ああー!
第2部!ヨツバの面々、アイバー達が・・・・ぁぁ!
やはり誘拐の対象はサユですねぇ―!!

【2005/04/15 13:19】 URL | チャ子 #- [ 編集]


こんばんわ。
楽しく読ませていただきました。
間もなくですね。第二部。
こわいですね。こわいですね(何故か淀川長治口調)。

僕のお粗末展開予想からもトラバさせていただきます~。それではまた来週。サヨナラ。サヨナラ。・・・サヨナラ。

【2005/04/17 00:16】 URL | kenta #QAqn7IwU [ 編集]

誰も予想できないような大ドンデン返し
に期待が膨らむ、丑三つ時。
重要人物の誘拐とは、また意味深な展開・・・。

月はキラであり、Lでもあるという二律背反の役を演じていく。
キラとして、自分の理想世界を築くため悪人を裁いていく傲慢さ。
Lとして、正義感を持ってキラの捜査をしているように見せかける狡猾さ。
普通に考えれば、月は地獄に落ちて、本物の死神になるだろう。堕天使ルシファーのように・・・。

誘拐されるのは、カラスの推理では、夜神パパ。
第3者が、警察の保管しているデスノートを手に入れるために誘拐。
おそらく、月が第3者に情報をリークするのではないだろうか。
しかも、誘拐事件の捜査を裏で指揮するのも月・・・。

日本の警察は、Lが生存してキラ捜査の指揮を執っているいるように見せかけている。
メロ&ニアは、どうやってこの警察機構の不正に立ち向かっていくのだろう?
この二人の起ち回り、松田がどんなボケをかましてくれるのかに期待する。

以上、カラスの浅知恵でした。

【2005/04/17 02:22】 URL | カラス #SFo5/nok [ 編集]

第2部が待ちきれないレスその3
>チャ子さん
ごめんなさい、他の方から「ネタバレ」との指摘があったので、
チャ子さんのコメントは読んでおりません。
また月曜以降デスノート読みましたら拝見させて頂きます。
記事にもしたんですが、雑誌発売前のネタバレは伏せて頂きますよう、
宜しくお願い致します。
ご不快は思いをさせてしまってたら申し訳ないです・・・


>kentaさん
いやーまもなくですねぇ!!
もう楽しみで仕方なくてウズウズしてますよ身体が・・・
どんな展開になるか全く予想が尽きません。
期待するならば、デスノートはデスノートであり続けてほしい。
読者の願望や希望などを取り入れる必要はなく、
わが道を行ってほしい。それがデスノートに求める事ですね・・・

トラバありがとうございました。また色々予想していきましょうね!


>カラスさん
いきなり誘拐ですからね。第2部からぶっ飛ばしてくれそうな感じです。

傲慢さと狡猾さを併せ持つ。それがライトですよね。
ただ完全な悪ではなく、ライトにとっては正義のつもりでやってるわけですから、
これまたタチが悪いわけで・・・
地獄に落ちて本物の死神になる。案外そうなのかもしれませんよ・・・?

夜神パパが誘拐されますか。
ははー夜神パパの保管してるデスノート狙いなんですね。
それを操ってるのがライト・・・ふむー面白いですね。
すべては未だライトの掌の上、という事ですか。
どれだけの仕込みをしているのか・・・楽しみです。

そうですよね、あくまで表向きはLは生存してる事になってるんですよね。
メロ&ニアはそこら辺を突いてくるんでしょうか・・・
彼らが動き回る姿を早く見たいですね。楽しみです。

松田はまたボケ役ですか・・・w
というわけで鋭い考察ありがとうございました。
色々参考になりましたよん。

【2005/04/17 12:07】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


ここの先週みさせてもらってましたが、今日ジャンプ再開したデスノート見てビックリ!
かなり考察が的を得ていたのではないでしょうか?

見た感想、ニアのほうがLに近いかんじでしたね
・・・にしても最初からアイバー、ヨツバ連中が・・・
飛ばしてるなぁ


【2005/04/18 20:16】 URL | kan #- [ 編集]

ニアがカワイイかも・・・
お久しぶりです。
私も今週号のデスノート見て驚きました!
読むと何処かで見た展開が・・・たかすぃさんの考察当ってますよ!!すごいです。ドキドキして読んでしまいました。

【2005/04/18 22:12】 URL | shi-ki #- [ 編集]

第2部が待ちきれないレスその4
>kanさん
うちの考察当たってましたかねー?
まあ数打ちゃ当たるの精神で・・・w
当たったのもあれば、大ハズレのもあったり・・・
特にミサは誘拐されてないし!
粧裕は何か幸薄そうになってて怖いですよ・・・

ニアの方がLっぽいですよねぇ。
神経質っぽいトコが特にその雰囲気があります。
アイバー・ウエディ・・・そしてヨツバ・・・
大場先生はホント容赦ない人ですね(汗)


>shi-kiさん
おっひさしぶりですー!
何処かで見た展開・・・ってうちですか!?
半分当たり、半分オオハズレ!みたいな感じかなぁと思ってます。
ちょっと予想しすぎましたかね?w

ニアとメロが完全に別々の捜査で、お互いの事を知らない・・・
みたいな展開は読めませんでしたよ。
てっきり補完しあっていくと思ってましたからね。
さすが大場先生といったところ。まだまだかないませんねぇ・・・

【2005/04/20 01:14】 URL | たかすぃ #Z2iUbf5Y [ 編集]


私はメロが大好きです。皆さんはなにが好きですか

【2007/09/06 20:08】 URL | デスノート大好き #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://mangaen.blog30.fc2.com/tb.php/100-f8944c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日分面白ニュウス  ::04/13(水)付::

●&quot;優しい男&quot;が選ばれない理由とは?僕は優しいオトコの人大好きですよ。てか優しいオトコの人じゃないときっとあたしの我儘加減に呆れられてしまうよ(つд`)●デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!みさみさがなんか大人っぽくな STOICAL DIARY【2005/04/13 09:46】

デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!

いよいよ、次号から連載再開。2ちゃんなどでネタバレ情報を見る限り、かなりの急展開で話が進む模様ッス。楽しみ、楽しみ。(´∀` )>デスノート第2部へファイナルカウントダウン!その制作秘話を読み解く!  byよいこ 小ネタBlog~純情派【2005/04/14 07:43】

デスノート第2部へカウントダウン!【HP】 

デスノート第2部へカウントダウン!その制作秘話を読み解く! きゃぁあなんかすごいすごいの!!やばい興奮興奮!!【HP:デスノート第2部へカウントダウン!その制作秘話を読み解く! 】【情報:マンガがあればいーのだ。様】【18禁:女の子はみんなHなんです 笑死【2005/04/15 23:28】

「デスノート」第二部展開予想!

無謀にも展開予想!・・・長いですよ。一週間かけて書いた記事ですから。(大嘘)よっぽどデスノートが好きな方だけお付き合い下さい。 僕あま。【2005/04/17 00:20】

少年ジャンプ【20号】感想 -ついに来た!「DEATH NOTE」

とうとう「DEATH NOTE」復帰です。みんな首を長くして待っていたでしょう! 隠れオタクで生きる【2005/04/18 22:08】

デスノ4コマ初挑戦 -ネタバレ-

【キャラ認識】今週号のジャンプのデスノート page.61からのパロディです。ラフ画でスマソ・・・。そんな訳で、デスノート第二部が先週から始まった訳ですが、何人かキャラ画変更しています。 (今更) 【毎日】 笑いのネ申☆降臨中 【更新】【2005/04/25 22:38】

目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。