マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一度でもゲームで感動した事があるなら「大東京トイボックス」を読め!
2010年08月28日 (土) | 編集 |
iinoda_image0561-1.jpgiinoda_image0560-1.jpg

アツい。ただひたすらにアツいッ!

大東京トイボックス」という作品に込められた叫びが、読者の心を焦げ尽くすかのよう。
ゲームに熱中していたあの頃を思い出す。
あの頃に置いてきた気持ちが再燃する。嗚呼、ゲームは何て面白いんだろうか!!

ゲームは人を楽しませる。
なあなあと楽しむだけじゃ面白くない。
本気で楽しむからこそ面白いんだ。
だから本気で作るんだ。面白いゲームを。

この作品を読んでもらいたいのは、かつてファミコンやスーパーファミコンに熱中していた世代。

Windowsも発売していない、ネットなんて勿論無い。
攻略本や雑誌片手に、僕らはゲームに没頭した。
仮想空間は、ゲームの中にしかなかった。
人生という貴重な時間を、ゲームに費やす。
だからトコトン楽しんだ。イチから百まで楽しんだ。

この作品のキーパーソンである仙水が言う。





iinoda_image0562-1.jpg

「他人の人生をそれだけ拘束しておいて、何も残らないようなモノなど
 いったい何のために作るというんです?」


あの頃遊んだゲームは、
今もこの胸にアツくくすぶったまま残っている。
夜中まで徹夜して、ただひたすら“それだけ”に熱中したあの日々。
それだけハマり込むだけの“アツい何か”がそこにあった。

そんな僕らがオトナになった。

時代が激動していく中、進化を続けながらゲームは生き残っていた。
そしてゲームにハマっていたあの頃の子供達が今、ゲームの“作り手”側になっている。
あの時、確かに僕らが感じた“何か”。
それを今、この激動の時代に創り出す事が出来るのだろうか。

本気で楽しめるゲームを。

遊びたいと思うものを作る。
作りたいと思うものを作る。






iinoda_image0563-1.jpg

ゲーム作りの本質は、実はシンプルなものかもしれない。

けれど勿論それだけで全て上手くいくほど甘くはない世界。
立ち塞がるのは“オトナ”の事情だった。
様々な思惑、そして規制が彼らをがんじがらめにしていく。
少しずつ、少しずつ。彼らの世界を狭めていく。

1つの会社が、世に向けて商品を発売するという事実。

それがシンプルな本質を、複雑な外観へと変えていく。
苦悩し足掻く作り手。現実と理想の狭間にずっぽりハマる。







iinoda_image0564-1.jpg

「作りたいから作る。ただそれだけなのに」

同人ではない。これは仕事でありビジネスなのだ。
素人ではない。プロなのだ。
プロって何だ?依頼主の通りに納期内・予算内に作るのがプロか?

“売れる作品”を作るのがプロか?

…自分の信念の元に、沢山の人が面白いと感じるものを自信を持って作るのがプロか?

何の目的でゲームを作るのか。
それによってその答えは変わるのかもしれない。
ただ作り手もプレイヤーも、人生における貴重な時間を使ってそのゲームと向き合うのだ。
その根底には「面白い」があってほしい。いや、そうでなくてはならない。

プロが作品を作る、という事には沢山の規制が存在する。

けれどその「規制」があるからこそ、傑作が誕生する。
「規制」があるからこそ、ゲームは成立する。
「自由」とは「規制された枠組み」の中でしか生まれない。
「面白い」は「ルール」があるからこそ面白いのだ。

「面白い」を創り出す為に、作り手はそのパズルを組み替えていく。






iinoda_image0565-1.jpg

それは彼らのエゴなのか?

終わりのない修正。
けれど時間は限りがある。
その中で彼らはエゴを突き通す。ただ1つ「面白い」ものを作るために。

アツい。アツいぜ畜生。

人は「本気」のモノにこそハマる。
単純に売上を稼ぐだけのゲームなら山ほどある。
けれど「話題」になり「社会現象」にまでなるゲームは一握りだ。

それは僕らの「欲望」を刺激するか。

面白いを堪能したいという欲望。
この胸の中にうずまく“何か”を満足させてくれるものがあるか。
ゲームの目指すべきもの。大ヒットしたゲームの中にはきっと“それ”がある。

そして“それ”は人が創り出したものなんだ。





iinoda_image0566-1.jpg

「全部誰かが作ったもんなんや」

人をワクワクさせるのは、人にしか出来ない。そうだろう?
沢山のワクワク、沢山の面白いを
時間・予算・人手・社会通念…様々なルールと縛りのせめぎあいの中から
自分のエゴを多分に混ぜながら捻り出すように生み出す。

それがゲーム屋。

そんなゲーム屋たちの魂と魂のぶつかり合い。
表も裏も社会も会社も男と女も
全てが絡み合って“面白いゲーム”を創る事を求め続ける奴らの物語。
そんな物語を作者であるうめ先生が魂を削りながら生み出した作品。

それが「大東京トイボックス」。

文句なしに面白い。
ここ近年ずっと面白くあり続けたこの作品は、物語のマスターアップへ向けてさらに加速してきた。
本気のエゴがぶつかる模様は、魂が吸い寄せられるほどの魅力がある。

もう一度言おう。

文句なしに面白い。そして…アツい!

ただ1つ、この作品を読む上でのルールがある。
「ゲームに感動した事がない」人は読むべきではない。
それが唯一の絶対条件だ。
その根底がない限り、全く理解できないだろう。

けれども一度でもゲームにハマった事のある人なら
きっと同じように感じてくれる。






iinoda_image0567-1.jpg

「自分が感動しちまったゲームを、その1本があったからいまここにいるんだろ。
 だからゲーム屋やってんだろ?


人は、本気のものにしか感動しない。
本気で創ったものだから、感動するんだ。
そこに、魂があるから。

コントローラー1つで、僕らはいつだってその世界に飛び込んでいけるんだ。

ああ、こんな奴らが作ってるゲームに熱中したい。
ただひたすらに没頭したい。
面白い、を堪能したい。

いや違うな。

作りたいんだ。彼らと。創りたいんだ。ゲームを。
みんなで1つのモノを作り出す。
それは1人で作るよりも楽しく、そして苦しい。
けれど1人じゃ出来ない面白さを紡ぐ事が出来る。

だから。







iinoda_image0568-1.jpg

「一緒にゲーム作ろうぜ」


彼らの魂の叫びが聞こえてくるから。
この作品を読めばそんな気持ちになれる。

大東京トイボックス

ゲーム、やろうぜ。


-------------------------------------------------------------------------
<参考>

 ⇒“よくできたゲーム”と“面白いゲーム”の違いとは?――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(前編)
 ⇒遊んでいる姿が楽しそうなのが大事――マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(後編)
 
  自分の感じた“面白い”だけを信じてゲームを作り続けてきた宮本茂氏。
  マリオを生み出した稀代のクリエイターが、人をハマらせるヒット作を連発する理由。
  その片鱗が、このインタビューから見えてきます。
  この記事読んでから「大東京トイボックス」読むとまた視点が変わるかも。

 ⇒24時間で普通のサラリーマンがゲームデザイナーになる方法

  興味深く読んでしまった記事。
  この研修自体を受けてみたいなぁ。ガチで企画してみたい。


小学校の卒業文集で「将来なりたい夢」に書いた事。
それがゲームデザイナーでした。
あの頃それに憧れていた少年は多かったと思うんだ。

それぐらい、ファミコンやスーパーファミコンというものは
子供心に衝撃を受けたのです。
ゲームを遊ぶという本質が、あの頃のゲームには沢山あった気がします。
今のゲームは半々かな。それが良くもあり悪くもあり、です。

全然話は変わりますが「大東京トイボックス」のヒロインは月山ちゃんで不動。
それはもう揺ぎ無いんですが、6巻の花ちゃんにちょっと揺れた。





iinoda_image0569-1.jpg

一連の流れ、ぜんぶ好き。ぱんつはやっぱり白なのかな…

まあけど巻末の「つきやまちゃん」には勝てない。
あれは最高。極上のニヤニヤエピソード満載。
あれだけでもこのマンガを読む価値がある。ぜひ。


-------------------------------------------------------------------------
読んでみたい!と思った方へ、まずこの「東京トイボックス」が物語のスタートです。




その次に続くシリーズが、この「大東京トイボックス」。





大東京トイボックス 6 (バーズコミックス)
うめ
幻冬舎コミックス (2010-08-24)

ここまでで通算8巻。
あの頃子供だった僕ら。今はオトナだ。
だから8巻くらいまでなら、気になったら大人買いだ。それがオトナの醍醐味です。
あの頃憧れてた大人の行為を、今しちゃおう。
スポンサーサイト

君の笑顔で無数のヒマワリが咲く。「ただいまのうた」2巻が眩しいです
2010年08月23日 (月) | 編集 |
iinoda_image0553-1.jpg

この表紙だけで3杯いける。「ただいまのうた」2巻です。

うぎゃー、眩しすぎるだろこれ。
何なんですか。見ればみるほど癒される至高の表紙。
ヒロインである向日葵ちゃんの素敵な笑顔をヒマワリが囲む。えー何もう最高なんですけど。
この単行本が8月に出るというのも納得、てか今読むべき1冊。
やっぱり名作だ。と改めて言ってしまおう。

昨年末に一度レビューしてますので、詳細はそちらをご参照。
 ⇒心の芯まで温かくなれるホームコメディ「ただいまのうた」

ほんわか、にまにま、じんわり、ぽっかぽか。
これがホームコメディだ!と唸ってしまう2巻でした。
相変わらず向日葵ちゃんの笑顔は破壊力抜群です。







iinoda_image0554-1.jpg

思わず鷲掴みにされる笑顔とセリフが、優しく心に染み渡るのです…

大好きな人を大事にしよう。
読み終わった後、きっと感じるそんな気持ち。
心を突き動かされる作品は、名作の証。ですよ。

多少強引な展開やらお約束的なモノもありますが、
まあそれは漫画という事のご愛嬌。
それすらも包み込んで魅力とすら思える面白さ。
ストレートな作品だからこそ、素直に楽しんじゃえばいいかなと。

あとは密かに色々展開する色恋模様に注目。
ヒロイン・向日葵ちゃんとのやつも気になるんですが、
個人的には2巻から登場した幼馴染のテっちゃんのおねーさまに注目したい!






iinoda_image0558-1.jpg

向日葵ちゃんにむっちゃなつかれてる静香ちゃん。キュンときましたよキュンと!

まあ何がいいって、俺の好きな黒髪ストレート。
優しそうな笑顔。ふんわり柔らかそうな立ち振る舞い。
年上のおねーさまに恋をするならこんな子で!という典型。(俺の中で)
うおおお静香ちゃん好きだぁあああ

料理上手な向日葵ちゃんが、習いに行くほど上手いって事ですからね。
家事も抜群ということか。すごいじゃないですか。
「ふふふ、いーよー」って。俺もふふふしたい。ふふふって何。

そして静香ちゃんの胸に飛び込んだ向日葵ちゃんが…!







iinoda_image0559-1.jpg

「静香ちゃん、いつもいい匂いだな~~~~」

くう、しかもムネも大きくていい匂いがするとな!するとな!
こう、女の子のふんわりとしたいい匂いってホント堪らないですよね。
俺も静香ちゃんのムネに飛び込みたいぃいいい!
と思わずキリキリしてしまいますね。
何つーか、こう五感を刺激される描き方されるとこう…堪らんばい!(色々定まらなくなってきた)

こんな感じで、完全無欠っぽく今のところ見える静香ちゃんは、
町内のマドンナ(!?)でもあります。
そんな静香ちゃんが、花寺家について探したのは…長男である桜でした。

明確には描かれてませんが、おそらく同級生である桜のことが好きなのでしょう。
って言ってももう21歳。そうか静香ちゃん21歳なのか…
同じ中学や高校だったことを考えると、未だ片思いなのか??いやむしろ両思い?
密かに想ってるだけなのか、うーんこの二人の恋模様が気になりすぎるのです。






iinoda_image0557-1.jpg

頭をガシッと撫でられて、嬉しそうにする静香ちゃん。

うきゃー!もう!(落ち着け、いや落ち着いてられますか!え?す、すみません…)
大好きな人に撫でられた頭を反芻するかのように、頭を押さえるその仕草。
密かな恋の気持ちがそこに詰まってて、何かもうそわそわしてくるんです。
ああもういいなぁこういうの。

花寺家を支える立場だからこそ、色恋にウツツを抜かせないのか桜。
その辺をとっても理解してるからこそ、踏み込めないのか静香ちゃん。
この二人の恋の行方、ぜひ今後も描いてほしいですね。

それにしても笹岡姉弟は、二人して花寺家に片思いしてるのか…
そんな風に見てみると、また微笑ましくなってきます。

魅力的キャラ溢れるホームコメディ「ただいまのうた」。
まだ読んでない方は1&2巻まとめて読まれる事をオススメします。名作。


--------------------------------------------------------------
<参考>
 ⇒心の芯まで温かくなれるホームコメディ「ただいまのうた」
 ⇒*新作レビュー* ふじもとゆうき「ただいまのうた」


--------------------------------------------------------------
ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ふじもと ゆうき
白泉社
おすすめ度の平均: 5.0
5 温かい家族モノ
5 泣きました。


ただいまのうた 2 (花とゆめCOMICS)
ふじもと ゆうき
白泉社 (2010-08-19)


【告知】「おたくのヨメちゃん」メロンブックス店頭委託を開始しました!
2010年08月21日 (土) | 編集 |
iinoda_image0552.jpg

ちょwメロンさんって専売だとこんなの作ってくれるんですね。素敵!

というわけで前回記事でもご案内いたしましたが、
本日8月21日(土)より店頭委託分が販売開始となります。
ぜひメロンブックスにお立ち寄りの上、手に取って頂けたら幸いでございます。

通販の方もありますので、お近くにメロンさんがない方はぜひこちらにて~

 ・特設サイト
 ・通常購入ページ

本の詳細や、感想等についてはこちらをご参照

 ・夏コミ「おたくのヨメちゃん」御礼
 ・ノンフィクションWEB漫画「おたくのヨメちゃん」が同人誌で出るよ!

ぜひメロンでご購入頂いた皆様からも感想お待ちしております!

来週からまた普通に更新しまーす。
今回まで同人誌宣伝記事をお許しください。

夏コミ「おたくのヨメちゃん」御礼&メロンブックス様通販スタートしました!
2010年08月16日 (月) | 編集 |
comike78_repo01.jpg

夏コミお疲れ様でしたー!

今回も沢山の方にスペース来て頂き本当に嬉しかったです。
いや~毎回心に染み渡ります。
何故か毎年うちのサイトは8月になると更新量が増えるんですが、
その理由として

 ・コミケ入稿後になると達成感からハイテンションになる。
  んでもってコミケまで待ちきれない高揚感で思わず更新しちゃう
 ・コミケ後は、会場に来て頂き「更新がんばってください」という温かい言葉、
  いやこれは暗にもっと更新しろよと言われてるのか…!?(考えすぎ)とか考えて
  「よし!更新するぞー!」というやる気に満ち溢れる為。

すでに今月もこの記事入れて7回目!すごい!(うちにしては)

…まあ毎年9月になると元に戻るんですけどね。
気がついたら夏休みという制度によって時間がいつもよりあるんでした。
くそう!もう明後日から仕事だよ!(学生をうらめしそうに見ながら)





comike78_repo02.jpg

いや~それにしても今回の夏コミは新刊が「おたくのヨメちゃん」だったせいか、
いつもとはちょっとお客さん層が違った気がします。ええ。

 「すっごい分かります…」

 「うちはこの逆パターンなんですよ~(夫が一般人で、妻がオタク)」

 「うちは娘を洗脳しました。
  1日目に娘のサークルで一緒に参加したんですよ(腐女子)
  まあ父親が売り子で、娘は買い物に廻ってましたけどね!」



ちょ…!最後の人どんだけ…!

すごいですね。父親と娘でコミケ参加ですよ。
いや娘がまだよく分かってない状況なら構わないと思うんですが、
父親に店番(?)を任せて自分は買い物(カップリング漁り)という確信犯。すげえ。
何だかうちの未来を見た気がしました。え?違う?

他にも今回皆さん「ヨメちゃんくださいー」という人が多かったんですね。


 「ヨメちゃんください」

 「はい、500円ですー



うちのヨメちゃんが500円で売買されてる…!(違、いや間違ってない?


と、何はともあれ皆様本当にありがとうございました!
twitterでもすでに沢山ご感想頂いております。
@iinodaへのリプライ以外でも「ハッシュタグ #otayome」や「おたくのヨメちゃん」を
含めて呟いて頂いた方には出来る限りコメント・反応させて頂いております。

もちろんこの記事へのコメントやWEB拍手、メールでの感想も大歓迎です!

引き続き、読まれた皆様からのご感想お待ちしております。


---------------------------------------------------------------
■んでもって、メロンブックス様専売にて委託スタートしました!

comike78_repo03.jpg

コミケ来れなかった方、ぜひこちらにて。
 ・特設サイト
 ・通常購入ページ

店頭販売は今週末の8/21(土)スタートの予定です。
週末のお出かけの際はメロンブックス様へぜひ!お立ち寄り下さいませ。

通販で買われた方もご感想お待ちしておりますー!

 ◆
  「おたくヨメちゃん」
 ――全58ページ(表紙込み) 通販価格:700円(税抜き)

  iinoda_image0513-1.jpg iinoda_image0526_1.jpg

 <サンプル>

   20100711_065229.jpg  20100711_065829.jpg
   20100711_070351.jpg    20100711_070925.jpg
  20100806_012927.jpg    20100806_013057.jpg

  下記サイトで同人誌にも掲載されてるマンガが丸々読めます!

   ◆【第1話】はじめての共同生活編」※konseki-mode掲載分
   ◆【第2話】ヨメちゃんへの執筆依頼&むすめちゃんと買い物編」 ※ajaマンガ掲載分
   ◆【第3話】ヨメちゃん漫画を読む&はじめてのコミケ編」 ※ajaマンガ掲載分
   ◆【第4話】ヨメちゃんえっちな本を見つける編」 ※ajaマンガ掲載分

   ※これからのエピソードに加え、新作エピソード数本も書き下ろし掲載!
    更に「おたヨメコラム」「おたヨメガイド」の2本立てで送る、
    マンガだけでは伝えられなかった裏話も掲載。

   「おたヨメ」誕生の秘密とは?コミケでもらったもの実物を掲載しちゃう!?
   その他様々な企画を盛り込みました。

 <参照>
  ⇒ノンフィクションWEB漫画「おたくのヨメちゃん」が同人誌で出るよ! (07/13)
  ⇒夏コミ「おたくのヨメちゃん」の最終ご案内★ (08/07)


---------------------------------------------------------------
■「おたくのヨメちゃん」今後…

たぶん、続きます。詳細はまた改めて。


---------------------------------------------------------------

改めて皆様ありがとうございました!



ジャンプは一刻も早く「クロノマンション」を連載化するべき
2010年08月12日 (木) | 編集 |
■夏コミ新刊「おたくのヨメちゃん」詳細情報はこちら
 ※3日目(8/15) 東2ホール "Q" ブロック 17a です。

夏休み特別企画!3日間連続で更新しちゃうぜ第3弾ラストです!第1弾はこちら。第2弾はこちら
 やったー。有言実行できました。やればできるじゃないか。だったらいつもやれよ。


-----------------------------------------------------------------

iinoda_image0540-2.jpg

河下先生が描くナミぃぃいいいいいい!

ナミは唯一ルフィに鼻血を吹かせた女の子ですからね。
映画でもそうでしたけど、ナミとルフィの関係ってのは何つーか色々こう…
想像を掻き立てられます。
まあそれにしてもカッコよさと可愛さが両立してるヒロインだよね、ナミは。

しかしジャンプヒロイン21名大集合というのがすごい。
(個人的には河下先生が描く弥子を見たかったんですが…残念。)

21名もズラーっと並ぶと壮観ですね。しかも水着。
夏だっつーのに本誌内で水着出てきてるのは「逢魔ヶ刻動物園」と「保健室の死神」だけでした。
故にこういう心遣いはとっても嬉しい。
もう早くラブコメ復活させてください。
江尻先生あたりに描いてもらえるといいと思うんだけどどうでしょうか。

で、最近ラブ成分が少ないジャンプ誌面ですが、
だからこそ時々発生するラブ成分にピクリと反応してしまうというもの。






iinoda_image0541-1.jpg

ん?これは山本岬か萩原なつきか…!?

と思わず見間違えてしまいましたが、「べるぜバブ」のヒロイン・邦枝さんです。
え?ヒロインってヒルダじゃなかったんですか?
いやまあそりゃ断然邦枝さんですけどね。
俺はファンシーな定規で戦いの構えをした瞬間、邦枝さんのファンになりましたので。








iinoda_image0453-1.jpg

ファンシー定規で戦おうとする邦枝さん。しかもこれで強いから更に惚れる。

この時以来、定規で戦う邦枝さんを見る事はなくなってしまい大変残念。
正直邦枝さんは定規道みたいなものを極めてほしかった。定規道って何だ。
それにしても未だにサラシ巻いてるんでしょうか。
河下先生のイラストでは相変わらず巻いてたので…

しかーし!今週の邦枝さんに伏線と思われるシーンがありました!

そう、ヒルダから「あの男の事…どう思う…?」と聞かれ、
ドギマギする邦枝さん。くぅ!女の子だねぇ!(何
すっかり色々勘違いした彼女からとんでもない一言が!









iinoda_image0542-1.jpg

「気には…なってる…かも」

せ、赤面しながら言ってのけましたよ!くぅ!女の子だねぇ!(2回目
これは全て伏線なのだ。
そう、邦枝さんがサラシからブラへチェンジするというエピソードのな!
今度彼女が服を脱いだ時にそれが分かる。すっげー可愛いブラだったらどうしよう。俺が。

しかしこの漫画、バトルなのかスポーツなのか魔界討伐なのかよく分からなくなってきました。
行き当たりバッタリなのかと思いきや、面白く読ませてくれる辺り作者の力量とセンスでしょうか。
突如異世界へ飛ばされてあえなく打ち切りとなった「タカヤ」とは違いますね!
ってかもう今の読者は「タカヤ」とか言っても分からない人も出てきてるんだろうな…時代の流れは早い!

それにしても河下先生のポスターで気付かされました。
ジャンプって何気にこんなに女の子がいたのかと。正直忘れておりました。
しかしやはり大事なのは俺の心を鷲掴みにするヒロインがいるかという事だ。
今のジャンプで鷲掴みされるヒロインなんて・・・









iinoda_image0538-1.jpg

いたー!!


ようやく本題です。前置き長かったね。
第6回ジャンプ金未来杯・エントリーNo3「クロノマンション」が面白かった。
最近読み切り読んでもその作品を連載ですっげー読みたいと思わせる漫画って少なかったんですが、
これは絶対読みたい。っつか今回優勝しかありえないと思うんだ。あと2作品残ってますけど。

金未来杯では珍しい(?)原作と作画が分かれたコンビでの作品。
何となく「バクマン。」が登場した後だと、
そこに色々ドラマがあったんじゃないかと思ってしまいますね。
分かれてるが故に、世界観・設定・画力もろもろが他の新人よりも一線を画していると思います。
いやだって、今現在連載しているいくつかの作品よりも正直…うん。具体名は伏せとく。

設定自体はどれも目新しいものはありません。が。
それぞれがよくある劣化コピーでは決してなく、
この作品の魅力となり得るぐらいしっかりと練られてるのではないでしょうか。
特に“通い人”と“異世界”の設定等はいくらでも広がりが出せそうですし、
これぞまさに連載向きなお話。

と、まあ物語自体も面白いのですがそれ以上に…







iinoda_image0539-1.jpg

ヒロイン・シダノにずきゅーんときました。鷲掴みだよ!

ドSヒロイン!きましたね。ついにジャンプも時代に追いつきましたね(?)
ジャンプのSっ娘といえば雨宮さんがいましたが、あれはどっちかといえばサイコ系なので…
正統派(?)のSヒロインが登場です。ゾクゾクしますね。

何となくネウロと弥子の関係を彷彿とさせます。が、まだまだあのレベルまではいってません。
ヒロインだからこそバランスが難しいかもしれませんが、
今後はもっとエグるようなSっぷりを発揮して頂きたいと思います。
エグりにエグるからこそ、ご褒美が見に染み渡るのだよ!
そういう漫画を読んでどんな青年が育つかが楽しみです。

…ストーリーの方に話を戻しましょう。
設定としては、神々のアイテムを巡り、それを守るモノと奪うモノとの戦い。というもの。







iinoda_image0543-1.jpg

そこに異世界を渡るという設定と、ドSヒロインと下僕の組み合わせ。
更に独特の絵柄が加わり、圧倒的な魅力ある作品へと昇華してると思います。
いやーまたジャンプにバトル漫画ばかり増えるのは好ましくないんですが、
これならアリだ。他の長いバトル漫画そろそろ終わらせてこれで。ええ。具体名は伏せます。

バトル漫画は連載を重ねる毎に成長していくジャンルだと思います。
それが顕著なのがバトルシーン。
連載当初と連載終盤では、全く別モノとしか見えないのも珍しくありません。
が、それでもヒット作となり得る作品は、
最初の段階でその「センスの片鱗」みたいなものを感じさせられます。

そう、この「クロノマンション」のバトルシーンに“それ”を感じさせられました。







iinoda_image0544-1.jpg

バトルシーンで一番大事なのって、「カッコイイ」と感じるかどうかだと思うんです。

ただ剣やら拳やらオーラやらと共に技を出して繰り広げるバトルだけじゃない。
大事なのはその魅せ方。必殺技なんて何もなくたって、カッコイイバトルはいくらでもある。
そんなセンスの片鱗を、この作品から感じました。
今後成長していってどう化けるかが楽しみで仕方ありません。

と、もう手放しで絶賛してますこの「クロノマンション」。
1点だけ苦言を呈したい!

それはですね…








iinoda_image0545-1.jpg

そこはせめてニーソであるべきなんじゃないのか!と。

これがシダノのデフォルト戦闘服だったりすると困ります。
激しいバトルシーンでの楽しみが半減するじゃないですか!
いやパンチラしろと言ってるんじゃない。
夢を、希望を、妄想する楽しみを残しておいてほしいのだ。

だってこれじゃ100%見えないじゃないですか。

あれですか、バトル中に破けたりするパターンですか。
それはそれでアリなんですけど…いや、やっぱりニーソだ。ニーソにしてほしい。
今も昔も絶対領域は絶対なんだ。だから…お願いしますッ!(懇願になってきた)

いやしかし希望はある。そう、5年前のシーンだ。








iinoda_image0546-1.jpg

生脚で戦っているじゃないですか!そうだよ!これだよ!

やっぱりこの設定だと…ドキドキするっていうか夢膨らむじゃないですか。
このSっ子はどんなぱんつ履いてるんだろうとか!
やっぱり何だかんだいって白かなぁとか、それとも縞パン!?水玉?いやフリル付きか?
ええ!?ま、まさか万乗ぱんつ!?

…これが俺の楽しみです。よろしくお願い致します。

さ、最後はいつものようにぱんつの話になってしまいましたが、
ガチで当サイトでは「クロノマンション」を応援します。これは1位になってほしい。
で、敵にもSっ子がいたりして。Sっ子 VS Sっ子!うわぁそれはとっても見たいナリ…










iinoda_image0547-1.jpg

「クロノマンション」を本気で応援しております!


--------------------------------------------------------------


バクマン。 9 (ジャンプコミックス)
小畑 健
集英社 (2010-08-04)



肉欲と陰謀にまみれた新感覚ミステリー「ももえのひっぷ」が面白い
2010年08月11日 (水) | 編集 |
■夏コミ新刊「おたくのヨメちゃん」詳細情報はこちら
 ※※3日目(8/15) 東2ホール "Q" ブロック 17a です。

夏休み特別企画!3日間連続で更新しちゃうぜ第2弾です。第1弾はこちら。
 何気に2日連続いけた!あと1日!ていうかそれくらい普通に更新しろよ。


-----------------------------------------------------------------

iinoda_image0523-1.jpg

こういう「漫画」が読めるってのは幸せ以外なにものでもないよね!

常々ここでも言ってきてますが、
やっぱり漫画はエンターテイメント。
色々な要素はあるものの、最後は「面白かった!」といかに思うかに尽きます。

で、この「ももえのひっぷ」がじつに面白かった!

花沢健吾先生が「久しぶりに“漫画”を読んだ。これこそが漫画なんだ!」
帯にコメントを残している、そのままの感想をここでも述べたい。
漫画としての面白さがたっぷり詰まってる。
次々と起こる事件、絡み合う思惑、予測不可能な展開、お色気…
いやはやこれぞエンターテイメントの塊!素直に面白いと感じるしかないのです。

作者のコージィ城倉先生は「砂漠の野球部」「ティーンズブルース」「おれはキャプテン」など
描く作品全てがぜんぶ面白いから、今回のやつも絶対外れないだろうと安心して購入。
そしてその期待を裏切らない出来に、より一層心酔しちゃいますよこの面白さに。






iinoda_image0532-1.jpg

舞台は、とある田舎町のダム建設を巡る攻防戦が繰り広げられる町長選挙。

ダム建設反対派である大小中(だいしょうあたる)と、その妻・桃肢(ももえ)。
夫の選挙活動を応援すべく、日々声を枯らしながら活動をしていく。
そんな桃肢は、誰もが目を惹かれる超絶美人、且つ魅力的なボディの持ち主でもあった。

…そして。

限りなく事故に近い傷害致死により、桃肢の夫である大小中が死んでしまう。
その加害者となったのが、ダム建設続行派を支持していた建設会社「かいの建設」の専務だった!
事故の瞬間を目撃したのは、桃肢と一部の人間のみ。
そしてこの小さな田舎町には桃肢の夫であり、今回死んでしまった大小中に、
外見も風貌もソックリな奴がいた…!

数々の偶然な複雑に重なり合い、とある計画が持ち出される。






iinoda_image0531-1.jpg

それは死んでしまった大小中を「当選させる」という計画だった。

一体どういう事か。

…この計画を考え提案したのは、
大小中が死んだ直接のきっかけとなった「かいの建設」専務の上司、社長であった。
大小中とそっくりである矢沢勘次を、身代わりとして立てるということ。
それはそのまま、矢沢勘次である事を捨て、大小中という別の人間として生きていくこと。

そんな陰謀が立ち上がり、そして実行される。

…それこそが、妻・桃肢の壮絶なる戦いの始まりだった。

すでに1巻から物語は大きく動く。
目まぐるしく動く展開、桃肢に降りかかってくる事件。
「未亡人」である彼女に襲い掛かってくるのは肉欲であり、自然の驚異であり、陰謀であった。






iinoda_image0533-1.jpg

死んだ夫・中(あたる)の母(桃肢の義母)の思惑に巻き込まれる…!

その魅力的すぎる身体に、町中の男達が虜になる。
今までいた旦那という抑止力が消えた今、様々な欲望が桃肢に襲い掛かる。
それを目の前にしたらもう、誰もが抑えられない…そんな状況に。






iinoda_image0535-1.jpg

コージィ城倉先生のすごいとこって、
こう別に格段女の子を描くのが上手いわけでもないのに魅力的に描くところなんですよ。
ヒロイン(?)に対する肉欲的描写の、見事なるねちっこさ。
作中のキャラクター達がズブズブと虜になってしまうその姿と、読者がシンクロしていくのです。

「ティーンズブルース」の時がとにかくそれが顕著でした。
完璧なボディ、というのを画力で表現するのではなく、
キャラクターたちの感情や説明で表現するというのが何とも心に訴えかかってきます。
何つーか、小説的というか。自分の中で妄想しちゃうんですよ桃肢のボディの素晴らしさを!

ああ、俺もその魅力的なボディに触れてみたい!

いつしかその肉欲に自分自身も巻き込まれていく…
そういういやらさしさが絶妙。
更に今回はそれが事件やら陰謀やらに絡んでいくから、もうより一層本能にガツンときます。

物語はそんな肉欲話だけではありません。
ダム建設の是否を巡り、様々な弊害が生まれていきます。






iinoda_image0534-1.jpg

桃肢が遭遇したのはとんでもない相手だった。

帯に書いてあった「予測不可能な衝撃展開ッ!」のコメントに偽り無し。
まさにその通りだ!と唸ってしまう展開のスピードはまさにエンターテイメント。
単なるダム建設を巡る話だけでは終わらない、
非常に奥行きのある展開に気がつけば目が離せなくなってしまうのです。

桃肢に助言をする謎の男。
そしてついに大小中以外にも死人が…!?
一体この物語はどこへ向かうのか?真実はどこにある?

いやはや面白い。
常に僕らに違う世界を見せ続けてくれたコージィ城倉先生が放つミステリー。
これは僕らへの挑戦状か。
この面白さについてこれるか、というメッセージだろうか。

そもそも「ももえのひっぷ」というタイトルがすごい。
ここに全ての謎が秘められてるのかも…しれません。そう考えざるを得ないのだ。





iinoda_image0537-1.jpg

肉欲と陰謀が入り交じって進むミステリー。そんなん面白いに決まってる!

また完結するまで追い続けたい漫画が1つ、増えました。
コージィ城倉先生、ついていきます!


--------------------------------------------------------------------
<参考>
 ⇒「コージィ城倉スペシャルインタビュー 読みやすさの原点に立ち返る。それが『おれはキャプテン』

これを見る限り、「ティーンズブルース」第2部の可能性はゼロじゃないのか!
ぜひ再開してくれ…あのシチュはホントエロかった…衝撃的だった…
気になる人は絶対読んでほしい。たぶん止まらなくなる。色々と。

この作品があったからこそ、「ももえのひっぷ」に期待してしまうのだ。


--------------------------------------------------------------------
ももえのひっぷ 1巻 (ニチブンコミックス)
コージィ城倉
日本文芸社 (2010-07-28)







どれも文句なしに面白い。「おれはキャプテン」は野球好きなら絶対ですよ。

妄想は爆発だ!「つるた部長はいつも寝不足」から感じる青春。
2010年08月10日 (火) | 編集 |
■夏コミ新刊「おたくのヨメちゃん」詳細情報はこちら
 ※※3日目(8/15) 東2ホール "Q" ブロック 17a です。

■夏休み!コミケ直前!というわけで
 今日から3日間連続で更新しちゃうぜ第1弾です。ホントに出来るかどうかはまだ未定だ!


-----------------------------------------------------------------
つるた部長はいつも寝不足 1 (MFコミックス) (MFコミックス フラッパーシリーズ)

つるた部長はいつも寝不足」がちょっとツボでした。

まあよくあるといえばよくある妄想暴走系のお話なんですが、
なんつーか微笑ましいというか、さじ加減が絶妙というか。
見守りたくなっちゃうんですよね。えてしてそういう作品は目が離せなくなる。

思春期の妄想って、誰もが通り抜けた道じゃないですか。

辞書でえっちな言葉を調べたりとか、
えっちな言葉の意味を知れば知るほど妄想は広がります。
そこに実体験が伴ってないから膨らむのです。
無知であるが故の楽しさ。知ってしまったらもう無知には戻れないのです。
だからこそ、妄想を楽しむ姿は見ていて楽しい。







iinoda_image0527-1.jpg

「エッチング」と聞いて、1mmたりとも妄想しないでいられますか!?

まあ俺はこの話を読むまで「エッチング」とは何ぞや、というのを知りませんでしたので。
当然ながら鶴田部長と同じ反応ですよ。えっち進行形ですよ。

大体世の中にはそういう言葉が溢れてると思いませんか。
その代表例が「パンツ」ですよ。
あ、ここでの「パンツ」はスラックスとかズボンとかの意味ですよ。
みんな「ぱんつ」の方だと思ったでしょう?

え?うちのサイトを見てたらそう思うしかないって?

…まあ日頃の行いってやつです。
いや俺はこれまでの人生において「パンツ」と聞いて「ぱんつ」を連想しなかった事なぞない!
自分で言うときも恥ずかしいもの。
「お、そのパンツいいじゃん」って。
おいおい、公共の場でそんな事言ったら捕まるよ?(俺の心が)

大体みんな「ぱんつ」の事は何ていうんだ。
「下着」か?いやいや「ぱんつ」だろう?
発音が違う?そういう問題じゃないんだ!
「パンツ」は「ぱんつ」であり「ぱんつ」なんだよ!

…自分で言ってて段々何だかよくわからなくなってきた。

まあ何が言いたいかっていうと、鶴田部長に俺は熱烈賛同するという事です!







iinoda_image0528-1.jpg

「感度」の話がキター!

あまり言ってきてなかったですけど、俺けっこうカメラ好きなんですよ。
だから人に感度の説明とかする時が何度かあって、
その度に「感度が高い方が光に敏感になるからうんぬん…」とか言うんですけど。

「感度が高いから敏感になる」って。



説明しながらいつも鶴田部長と同じ妄想をしてるんです。
大体おれそれ説明する時、顔がニヤけますからね。この変態が!

まあ何にしても、こういう言葉の妄想って世の中溢れんばかりにあって、
それをみんな涼しい顔で使ってるっていうのが何かおかしい。
みんな照れながら妄想しながら使えばいいじゃない!それでみんな幸せ。
妄想万歳。






iinoda_image0529-1.jpg

「どう考えても高いよ800は…!!そんなの使ったら私…おかしくなっちゃうんじゃ…!!?」

感度倍、という響きに過剰反応する鶴田部長にキュンときました。
S心をくすぐられますね!おかしくしたいよ!
このコマすごい好きだなぁw


全体的に見ると、絵的にはそんなに上手いほうではありません。
むしろやや雑かもしれません。
けど、何つーか鶴田部長の表情とか反応とかで全部どうでも良くなってきます。
この少々雑な感じの鶴田部長だからこそこの味があるのだなぁと。

妄想と現実の境目が曖昧だったりするのは良くもあり悪くもありますが、
その辺の境目がないのが思春期だったりもしますので良いのかな。
何の前触れもなく妄想に投入していくからスムーズに鶴田部長の頭の中に入れるのです。

それにしてもタイトルでもある「寝不足」。
その原因は何なのか、と思わず妄想しちゃいますよね…







iinoda_image0530-1.jpg

夜は妄想を含まらせ、僕らの睡眠時間を削っていく。それが青春。だよね。


--------------------------------------------------------------------------------
<参考>
 ⇒妄想少女空回り系なこの眼鏡っ娘を見よ!『つるた部長はいつも寝不足』1巻 DAIさん帝国


--------------------------------------------------------------------------------



究極の妄想お馬鹿系はこの作品。何だかんだ言いながら毎週楽しく見てしまうのです。

夏コミ「おたくのヨメちゃん」の最終ご案内★
2010年08月07日 (土) | 編集 |
iinoda_image0513-1.jpg iinoda_image0526_1.jpg

あと1週間でコミケだよ!あっという間ですねホント。

おたくのヨメちゃん」も無事入稿も完了し、早速見本が手元に届きました。
うおー、今回すっごく満足です。
何つーか、作った本人が一番楽しんで読んでるかも。
少なくとも価格分までの楽しさは保証致します。ええ。自己保証ですケド。

というわけで頒布情報、最終確定版でございます。
1日目にも委託が決定しました!


---------------------------------------
<頒布日>
---------------------------------------

 ●1日目(8/13) 西地区 "ま" ブロック 22a サークル「ネトすみ」 ※委託

  ⇒「おたヨメ」作画をご担当して頂いたやしちさんのサークルです。
   3日目来れないor一刻も早く手に入れたい方は、1日目のこちらでぜひゲットを!
   ただし部数あまり無いのでご注意下さい。

 ●3日目(8/15) 東地区 "Q" ブロック 17a サークル「パンツがあればいーのだ。]

  ⇒メイン配布はこちらになります。

※現在はメロンブックス様専売にて委託中です。
 ・特設サイト
 ・通常購入ページ


---------------------------------------
<ページ数 及び 価格>
---------------------------------------

 ・表紙込み全58ページ (内2ページはフルカラー)

 ・頒布価格:500円予定

  ※中身の詳細についてはこちらの記事をご参照
   「ノンフィクションWEB漫画「おたくのヨメちゃん」が同人誌で出るよ!


---------------------------------------
<この同人誌でしか読めない!新作書き下ろし&特別企画>
---------------------------------------

 ・「おたヨメ」新作エピソード多数掲載!
   
  20100806_012927.jpg

  あの伝説の事件(俺の中で)の事とか



  20100806_013057.jpg

  むすめちゃんに起こった信じられないこととか…その他諸々、ぜ~んぶ漫画化だ!

 ・たかすぃ部屋を本邦初公開!したり、コミケでもらった●●も晒しちゃうぜ!
  ヨメちゃんとの馴れ初めだって明かしちゃう!
  え?出産時のエピソードまであるなんて…!

  等々、色々濃ゆく取り揃えておりますのでぜひご期待下さい。


---------------------------------------
<当日会場限定特典> ※3日目のみ
---------------------------------------

 ・先着50名様(予定)に、「おたヨメ」完全新作漫画を掲載した
  特典メッセージペーパープレゼント!

  ⇒同人誌が完成した後のヨメちゃんの反応やいかに…!?
   その他、ここでしか読めない裏話も掲載するかも??  
  

------------------------------------------------------------

以上、8月15日会場にて皆様のお越しをお待ちしております!
どうぞよろしくお願い致します。

…どんだけ需要があるのか全然読めません今回。


おいおい…何だいこの桃源郷は!
2010年08月02日 (月) | 編集 |
iinoda_image0524-1.jpg

なんじゃこりゃあああああ


こえでおしごと!」4巻がすごかったですね。
まさか同級生2人も参戦するとは…まいりました。
俺、あずれ先生に土下座するよ!

そしてこの冒頭の女子高生二人に両手を指フェラですか。
何だこの夢のようなプレイは。
知ってる?指先って全身の中でも1、2を争うぐらい敏感なんだぜ…?
両手か…両手かよ…

それにしてもGUM編集部担当の方、
このページに「愛読者カード」入れたの絶対わざとだろ…





iinoda_image0524-2.jpg

だって俺が担当なら絶対このページに挟むもの。確信犯とみた!


-------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------
■業務連絡■

おたくのヨメちゃん入稿完了。詳細報告はまた後日。

これに伴い通常更新再開。
ええ、1週間に1度更新するかどうかの通常更新ですね!



目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。