マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の心にズカン(09/10/31)
2009年10月31日 (土) | 編集 |
iinoda_image0309-1.jpg

「なんか、おまえ甘酸っぱい匂いがするぞ」「乙女だからかね?」

今週の、心にズカンと来た台詞。
相変わらず石黒先生のネームは素晴らしいなぁと感動。
このコマだけでなく、一連の流れの中でこの台詞が出てくるセンスに脱帽。

何かもう、青春の甘酸っぱさの秘密が全てここにある気がする。え?気のせい?

それにしても「それ町」は相変わらず面白く、安心して読めますね。
何気ない日常が、こんなにも面白くなる不思議。
平凡こそが、一番人生を楽しめるのかもしれない。
「それ町」は、平凡エンターテイメントなんだなぁ。

<参考>
 ⇒普通のメイド喫茶に飽きた貴方へ。「それでも町は廻っている」
 ⇒「ネムルバカ」から感じる、キャンパス・ライフ・モラトリアム。

-------------------------------------------------------------------------------



更新する時間が、ありません。しばらくこんな感じで。
スポンサーサイト

僕は男の子に恋をする。「プラナス・ガール」に本気で惚れた。
2009年10月20日 (火) | 編集 |
iinoda_image0298-1.jpg

「こんなに可愛い子が女の子なわけないじゃないか」という言葉が
一般的に(?)使われるようになってから、だいぶ経ちました。

最早、世の中には「女装」マンガが溢れかえってる、と言っても過言ではない状況。

細かいのを数えあげるとキリがないですが、
メジャーなところ(長期で連載されている作品)で挙げてみるとすれば
放浪息子」「ニコイチ」「ゆびさきミルクティー」「まりあ†ほりっく」辺りが該当します。
どれも当サイトで取り上げた事のある作品。
それぐらい、自然な感じで浸透しているのが「女装」というジャンルなのです。

まあ古くから見れば「ストップ!!ひばりくん!」辺りで目覚めた人も多いでしょう。





iinoda_image0297-2.jpg iinoda_image0296-1.jpg

「コンプリート・エディション」と銘を打ち、新装版がつい最近発売。

しかも新装版2巻では、何と書き直し16ページが含まれるという・・・これは欲しい!
※「書き下ろし」ではなく「書き直し」なのは、単行本未収録エピソードが今回初収録されるため。

まさに女装マンガの伝説的作品。その「走り」的存在でもあるこの作品が、
少年ジャンプで、しかも1981年に連載されてたというから驚きである。
このコンプリート・エディションの帯に「元祖」と書かれてるのにも納得。
今思えば時代を先取りしすぎていたのかもしれない。
今読んでも、ひばりくんの可愛さには普通にキュンとするから困る。

※全然関係ないんですが、10年以上前に江口寿史先生がデニーズのメニュー表紙の
 イラストを担当してたんですよ。当時それを見ながらニヤニヤしてたのを思い出した。

今なおも、ひばりくんが僕らの心を掴む理由って何なんでしょうか。




iinoda_image0299-1.jpg

やはり、この「ドキッ」とさせられるところではないでしょうか。

女装マンガって、加減が難しいんですよね。
オトコの匂いがしてはいけない。
けれど、完全に女の子であってもいけない。
その辺のバランス感覚が、どうにもこうにも難しい。
何というか、「背徳感」を刺激されるような、そんな脆い危うさが欲しい。

それは数多の女装マンガがぶつかってきた壁でもあります。

まあそれでもその作品自体のストーリーが面白ければ問題はないんですよ。
前述した長期連載作品たちは、女装がメインというよりも
それ以外にも多大なる魅力があるからこその人気。

しかし、今一度原点に立ち返ってみたい。

女装マンガの魅力に。
あのどうしようもない背徳感を。
感じさせてくれる作品はないものか。

ある。この夏に出てきたこの作品に・・・確かに感じたんだ。






iinoda_image0270-1.jpg

プラナス・ガール」という作品に。

いやぁ、これは久々にドキドキさせられました。
やはり女装は「必要に迫られたからやる」のではなく、
「したいが故にする」方がいいのです。見てる方も気持ちがいいからね。
スッキリするじゃないですか。その心意気に惚れる、というか。

この作品の主人公・藍川絆もそうだった。





iinoda_image0300-1.jpg

堂々と、「女装」している事を宣言する。

どこからどう見ても、可愛い女の子以外に見えない。
上から下まで、顔も身体も仕草も声も、全部女の子なのだ。
それでも彼女、いや彼は言う。

自分は男である、と。

この堂々たるカミングアウト。
前述した「ひばりくん!!」でも冒頭すぐにカミングアウトされてましたが、
そのスピードを超えたかもしれません。始まって3ページ目にての宣言でしたからね。
しかもそれを隠す事なく、堂々とし、日常に溶け込んでしまっている。

有無を言わさない展開に、読者も戸惑いつつも受け入れてしまう。
ああ、こんな可愛いのに男の子なのか、と。
しかし、そこまであっけらかんと宣言されてしまうと逆に疑ってしまうのが人間。
もしかしたら絆ちゃんは実は女の子なんじゃないか?
そう思ってしまった時点で作者の罠にハマってしまっているのだ。





iinoda_image0306-1.jpg

そう、それは“確かめたい”という衝動。

この白黒ハッキリしない、何とも言えないもどかしさ。
そのモヤモヤに捉われてしまったら最後。
気になって気になって仕方がなくなるのだ。絆ちゃんの、中身がどうなってるんだろうって。

いや、すでに回答は出ている。
絆ちゃんは男の子なのだ、と。そうハッキリと明言してる。
それでも信じる事が出来ない読者たち。
一抹の期待をしてしまう、悲しい性。

もしかしたら、何かの事情で女装って事にしてるんじゃないだろうか・・・?と。






iinoda_image0307-1.jpg

それくらい可愛いんじゃぁああああ

この可愛さってもう反則レベルよね!
これだけ可愛いんなら、もう男の子でもいいんじゃないかと思えてくる不思議。
そんな禁断の感情が、自分の中に芽生えつつあるのが何とも恐ろしい。
「男」と宣言されてるからこそ、このドキドキがあるのだろうか。
自分で自分の心が分からなくなってくるのだよ。

そもそも絆ちゃんは、何故女装をしているのか?
その理由は未だ明かされていない。
っつーか、明かすつもりはないのだろうか・・・?(それが大前提なので)
下手な理由をつけるよりも、謎は謎のままでいいのかもしれない。

その辺のラブコメ作品のヒロインよりも、よっぽどドキドキできてしまう。
そんな不思議な体験を、ぜひ貴方もしてみませんか。






iinoda_image0308-1.jpg

一見百合のように見えるけど、これも立派な男×女という正常プレイ。

この辺のアンバランス感が、脳髄に来る方へ。
プラナス・ガール」を強烈にオススメしておきますよ。
今年度のラブコメジャンルにおける秀作なんじゃないでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------
<参考>
平成の「ストップ!ひばりくん」とはこの漫画のことだ、『プラナス・ガール』1巻
日本男児よ、ためらうな。女装指南書「オンナノコになりたい!」が発売です
「まりあ†ほりっく」を読んでも、貴方は“可愛いは正義!”を貫けますか?

女装、というのは実はリアルでも流行ってる(?)ようでして。
知り合いにフツーにいるんですよね。しかもフツーに可愛いから困る。

あと最近ではこんな本も出てました。



オンナノコになりたい!   オンナノコになりたい! コスプレ編
オンナノコになりたい!」 「オンナノコになりたい! コスプレ編

女装をする為の指南本です。
基礎的な事から、実際に女装する為のコツやグッズまで事細かに解説。
当時発売された時の反響は大変大きく、
気がついたら俺も買ってました勢いって怖いよね・・・

しかしホント女装をテーマにした作品って増えてきましたね。
アンソロジーも色々出てますし、ある意味1つの大きなジャンルでもあります。
これもまた人類が進化した形の1つなのか。時代の流れなのか。不思議な面白さを感じます。

マンガ的に言うと「のーぶら」とかもあったなぁ。
まあこれに関してはまた別の機会に語る事があれば。他にも色々ありますし・・・

さーて「ゆびさきミルクティー」の最新刊を心待ちにしながら日々を過ごしたいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
松本 トモキ
スクウェア・エニックス
おすすめ度の平均: 5.0
5 これはおすすめできる
5 こ れ は ヤ バ イ
5 「オトコの娘」入門にも最適?
5 男かよっ
5 (;'Д`)ハアハア


オンナノコになりたい!
三葉
一迅社
売り上げランキング: 2014


ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション1
江口 寿史
小学館クリエイティブ
売り上げランキング: 540


ストップ!!ひばりくん!コンプリート・エディション 2
江口 寿史
小学館クリエイティブ
売り上げランキング: 177




「小学6年3組」通販再開しました!/乙型・・・!/いもうとデイズ 他
2009年10月15日 (木) | 編集 |
iinoda_image0301.jpg

小学6年3組」のメロンブックス通販が再開になりましたー!(専売です)

前回欲しかったけど売り切れで買えなかった皆様、大変お待たせ致しました。
何と再版記念、という事で「特設ページ」も作って頂いております。
良かったらこちらも併せてご覧下さいませ。

勿論今回も付録でタロット付いてますよー

店頭販売も、おそらく今週末から再開されると思います。
地方のお店はもうちょい遅れるかな・・・?
何にせよ、店頭で見かけたらぜひ!
ちなみに読んで頂いた方、ぜひアンケートにご協力いただけたら幸いです。
こちらの記事から投票&コメントよろしくなのです。

<アンケートURL>
 ⇒みつどもえ同人誌「小学6年3組」メロンブックスさんにて委託開始です!

<その他参考>
 ⇒全みつどもえファンに捧ぐ!豪華付録つきの同人誌「小学6年3組」なのよっ!
 ⇒C76夏コミ御礼&「小学6年3組」ショップ委託について


------------------------------------------------------------------------


記事書く時間が無いので、一言だけ叫ばしてください。




iinoda_image0302-1.jpg

乙型最高やー!

モーターの高鳴りとかもう。痺れるぅ。(色んな意味で)
藤木先生はまたとんでもないものを生み出してきましたね・・・
はじめてのあく」、まだまだ進化を遂げることは間違いありません。
きたよ・・・こいつはドストライクだよ・・・最近また色々楽しくなってきた!

乙型特集とか!したい!

ただ時間がない。それだけなのです。


------------------------------------------------------------------------


iinoda_image0303-1.jpg

いもうとデイズ」・・・完全にタイトルだけで買ってしもおた。

”突然妹が出来た”という、ありがち設定なんですが、
それが「フィリピン少女」というところが新しい。
日本文化に不慣れで四苦八苦している様子が、
何というか兄心をくすぐりますね!(それは兄心なのか?)

突然娘が出来たり、妹が出来たりと漫画界はいつも大忙しだなぁ・・・
とか感慨深くなってみたり。
感想としては、けっこう面白く読ませてもらいました。
というか妹のディアナがね・・・可愛いので万事OK。やっぱりそこかい。そりゃそうですよ!
フィリピン少女と侮るがなかれ。ここに妹という属性を加える事で
不思議な方程式が成り立つのです。すなわち心にキュンときます。




iinoda_image0305-1.jpg

結局この手の作品って、ストーリーの面白さも勿論重要なんですけど、
それより何より大事なのは、この”妹”をどれだけ可愛いと思って、好きになれるかなんですよね。

そういった意味で、「フィリピン少女」という属性が加わった新しい妹キャラに
エールを送りたくなってしまうのです。ええ、可愛すぎて。
嗚呼、これもすっげえアリなんだな、って・・・!そう気付かされるのですよ。

一風変わった(?)妹モノ作品、心に引っかかった方はぜひ読んでみてください。


------------------------------------------------------------------------


乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森 薫
エンターブレイン

しまったー、もう発売してたのか。
エマ」完結から1年半・・・新しい森薫ワールドは一体どんな魅力を僕らに魅せてくれるのか。

1話のみしかチェックしてなかったので楽しみ。明日買いに行くぞー


------------------------------------------------------------------------


いくつか書きかけの記事があるので、
それを時間見つけて完成させたいなぁ。

それ以外はこんな調子で更新続けていくことになると思います。
まともな文章書けてない・・・元からですけど、こいつはより一層ひどいぜ!
すみません。

1話につき3カット以上の下着シーンよりも、大事な事がある・・・かもしれない。
2009年10月07日 (水) | 編集 |
この間、「やはりショートか!俺の心を掴むのはショートなのか!」って叫んでたら





iinoda_image0288-1.jpg

桜井さんが髪を切ったという事実に、心が揺らいだ自分がいました。

河下先生・・・そう来ましたかっ!
ああ節操ないなあ俺、とか思いつつも、桜井さんの可愛さにキュンと来てるわけです。
桜井さんの3年後が早くみたいですね!

「あねどきっ」は、完全にヒロインをターン交代制で進めていく形のようで。
前回、前々回と桜井さんターンが続き、
今回からちあちゃんターンが始まりました。(なつきターンも一部含まれてましたが)
この方式は、どうしても主人公がフラフラしてしまうので読者的にやきもきするものの、
各キャラのファンを満足させるやり方でもあるんですよ。

初恋限定。」の時は、お気に入りのキャラのターンが何時くるか分からなかったですよね。
あれはあれで、オムニバス形式の恋愛ストーリーはアリなんですが、
ジャンプ的にはこちらの方がしっくり来るのかもしれません。





iinoda_image0290-2.jpg

そして相変わらずちあちゃんは可愛いですね!良い!とても良い!

それにしても、今回の「あねどきっ」では最終的に誰かを選ぶ事になるのでしょうか。
現在のところ、なつき、ちあ、奏の3人。
ここから登場するキャラが、その対象になるとは考えづらいので
最後に選ぶのはここからになるでしょう。

となると、タイトルが「あねどきっ」だけに、
やはり洸太が選ぶのは、なつきorちあのどちらかになるか?
姉妹という関係が、今後物語にどう影響を及ぼすか。
ちあが、なつきに対して何かコンプレックスのようなものを抱いてたりすると、
今後の展開にドキドキが待ってそうな気もします。

それともなつきになるのか。
今のところ、ほとんどフラグらしいフラグは立ってないように見えますが・・・
ここが成就すると、4つ差の歳の差カップル。ジャンプではかなり稀なケース。
少年誌ラブコメの定番は、やはり同級生同士ですから。あっても1~2歳差まで。

で、今回気になったのがここ。




iinoda_image0289-1.jpg

「担当が、編集3年目の本田氏からド新人門司氏に」

今まで、こういうの別に気にならなかったんですが・・・
どうも最近の「バクマン。」を読んでからものの、気になりまくりです。
「ド新人」ときましたからね。すなわち今年入社って事ですよね。
これは・・・一体どうなるのか、楽しみ3割、不安7割といったところでしょうか。

今まさに佳境の港浦さんの編集っぷりを見てると、
こういう衝突によって作品が良い方向になる場合もあれば
とてつもなく悪い方向になってしまう場合も多いんだろうな・・・と、しみじみ。
どちらかどう転ぶかなんて誰にも分からない、まさにバクチなんだなぁ。

で、先週ではこんな発言も飛び出してました。





iinoda_image0291-1.jpg

「『ジャンプ』には常にある少しエッチなマンガ、これは必要不可欠で需要のあるジャンルです」

言い切ったー!
いや間違いないですからね、これは。まあ今更な話ですが、
「毎週3カット以上、女の子の下着」という具体的例が何ともリアルな感じです。

ちなみに、この山久という編集、港浦さんよりも1年後輩。
港浦さんが最初登場した時「去年入社」と言ってましたので、この山久ってまさにド新人・・・?
河下先生の新担当も・・・?

なーんて、そんな関連性を考えながら読むとまた楽しかったりします。
どんな形になるにせよ、「あねどきっ」が面白くなるなら歓迎です。
けどエロばかりの路線には走ってほしくないなぁというのが願い。
河下先生は、エロがなくても多くの読者を魅せられるハズですから!

それにしても1話につき、下着3カット以上か・・・





iinoda_image0292-1.jpg






iinoda_image0293-1.jpg







iinoda_image0294-1.jpg




なるほど、確かに「あねどきっ」には毎週必ず3カット以上のサービスシーンがありますね!
毎週不自然なほどにパンチラシーンがあるのは、
編集部の暗黙ルールがあったからというわけです。

まあ「To LOVEる」は、矢吹先生の完全なる趣味でしたけどね・・・
(やりすぎて編集の方で修正が入る始末)

こういう明らかな「ぱんつ」の描写もいいですが、
吹けば飛ぶぐらいの、僅かな描写もまた味のあるもの。
そんな作者の小さなサービスを、ひっそり堪能するのもまた楽しみ方の1つ。

何が言いたいかって言うと、今週の「サイレン」です。





iinoda_image0295-1.jpg

夜科が、雨宮さんを抱きかかえるシーンです。
一見、何の変哲もないシーンに見えるのですが、
真ん中のコマをよーく見てみると・・・







iinoda_image0295-2.jpg

こ、これは・・・雨宮さんのぱんつか!?

これだけでは何とも言えない。
もしかしたら単なる太ももの描写かもしれない。
けど、これがぱんつではないと言い切れないのではないか。
これが「雨宮さんのぱんつ」と信じる事が出来れば、これは雨宮さんのぱんつなのだ。

それでいいじゃないか。それが幸せの形。

滅多に見る事の出来ない、雨宮さんのぱんつ。
それがここで見る事が出来た。その事実に幸せを噛み締める。
そんな楽しみ方が出来るのもまた、ジャンプの魅力の1つなのかもしれない。

え?違う?


-------------------------------------------------------------------------------
<参考>
断言しよう!「あねどきっ」真のヒロインは“萩原ちあき”だと・・・!! (09/14)
【あねどきっ考察】ヒロイン・萩原なつきの謎に迫ってみる。あとぱんつも。
・・・正直言っていいですか?河下先生の「あねどきっ」が最高すぎです。
祝☆河下先生帰還!新連載「あねどきっ」が楽しみすぎて姉予想してみた

うーん、普通に「あねどきっ」の行く末について書いてたら
気がついたら雨宮さんのぱんつについて書いてました。一体何が起こったというのか!

いい加減ぱんつネタは飽きたという方ごめんなさい。
俺も飽きたんですけど身体が・・・この手が忘れてくれないの。
いや、まあ、ぶっちゃけ時間がなくて安易なネタに走ってしまいましたごめんなさい!

遊星さんが前に言ってました。
子供が出来ると、ネットできる時間は1日に10分しかないと。
ええ、これリアル。全然更新する時間なんぞない。
マンガを読むすら時間も・・・!けど子供可愛いです。めっちゃ可愛いー。それが第一。

更新量・質ともに今後低下していくと思いますが
それでも良いという方、たまに覗いてやってくださいませ。
よろしく御願い致します。

-------------------------------------------------------------------------------


To LOVEる-とらぶる-17巻アニメDVD付予約限定版
矢吹健太朗・長谷見沙貴
集英社





みつどもえ同人誌「小学6年3組」の再版が、10月中旬に決定しました!
2009年10月03日 (土) | 編集 |
mitsudomoe_6no3_01.jpg

「小学6年3組」の再版決定しました!

10月中旬より、メロンブックス様専売にて再版予定でございます。

タロットカード制作にだいぶ時間がかかってしまうので、
再版までだいぶ間が空いてしまいました・・・
前回の委託数よりも、多く委託させて頂きましたので
今回、欲しい方が手に入らないという事態は無いと思われます。ええ。

予定ではメロンブックスさんに10/14納品予定。
タロットとの合わせをやって頂くので、
通販受付が10/17辺り、店頭並ぶのが10/18~19辺りでしょうか。全く確約できませんが。

通販が再開になり次第、また改めてここで告知させて頂きますのでよろしくお願い致します。

すでに買って頂いた多くの方から
「良かった!とても良かった!生きてて良かった!」というお声を沢山頂き、
イチみつどもえファンとして大変嬉しく思っております。
まさに「みつどもえが好きでしょうがない隊」による情熱の結晶。
頭から尻尾まで、1ページ残らず、詰めに詰め込んだみつどもえ愛。

ご興味持って頂いた方は、ぜひお手にとってみてください!
内容に関しては、下記をご参照。

----------------------------------------------------------------------
<参考>
 ⇒全みつどもえファンに捧ぐ!豪華付録つきの同人誌「小学6年3組」なのよっ!
 ⇒C76夏コミ御礼&「小学6年3組」ショップ委託について
 ⇒みつどもえ同人誌「小学6年3組」メロンブックスさんにて委託開始です!
----------------------------------------------------------------------

それにしても今週のみつどもえ(みっちゃんメガネ姿表紙のやつ)は良かったですね!
今後みっちゃんのコスプレをしたい!という方は
ぜひオチで出てきたような格好をしてくだしあ。

単行本8巻も、12月8日に決定したようですし楽しみすぎる。







目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。