マンガがあればいーのだ。
ただいま開店休業中。けどたまに更新するので見捨てないで・・・
嗚呼、夢の「平成ファック」
2007年04月30日 (月) | 編集 |
いつの間にやら平成も19年目に突入です。

そして新入生が入学してくる4月も終わり、5月病が蔓延してくる節。
そんな中、僕らはある事に気付く。
重大な事実を忘れていたのだ。

そう、平成19年の春という事は・・・
ま、まさか。






heiseifakku200704_01-1.jpg
「その方、何月(何年)生まれだ?」









heiseifakku200704_02-1.jpg

「平成元年だよ」

・・・





あああああああああ








heiseifakku200704_03-1.jpg

「平成生まれキタ―――!!!!!」

そう、平成ベイビーが遂に世に放たれたのだっ!!!
高校生という色んな意味で分厚い壁に阻まれてた平成生まれ・・・
TVやら雑誌やらで13歳とか14歳とかが取り上げれ、
いつも羨望(?)の眼差しで見てたあの輝き。

嗚呼・・・ッ!!

ついに・・・
遂に合法下において平成生まれと結ばれる日が来たというのかッ!!!!






heiseifakku200704_04-1.jpg
「こ…これが平成のおっぱい…昭和のよりも…柔らかい……」

何てことだ。
僕らが常に憧れるおっぱい。
昭和のおっぱいよりも平成のおっぱいの方が更に絶品という事なのか!!

そう、平成のおっぱいの方がまだ未開拓な確率が高い。

まだ誰にも揉まれてないおっぱいを揉むというのは、
真っ白で誰にも踏まれてない雪を踏みしめる感覚に似てるのですよッ!!!
(※多くの子がすでに存分に踏み荒らされてるだろう事実は、俺は視界に入れない)

しかし平成元年・・・平成生まれ。
手の届かない存在だと思っていた。


否!!


今、確実に僕らの手に届く場所に彼女たちはいる。
白日の下で彼女達と触れ合う事が出来る。

平成っ子。
それはまさに未知なる存在との邂逅。
そんな時代を超えたその結合を、俺は敬意と感謝の念を込めてをこう呼びたい。








daikanyamaosharefuck_heisei-1.jpg

平成ファックと。


ちなみに平成×平成は不可。
そんなの別に普通じゃんか。

昭和×平成!!
色んな感慨が沸き起こるこの組み合わせこそが「平成ファック」。
更に言うと昭和55年以前くらいからの昭和野郎達にその称号を与えたいものである。

嗚呼、夢の平成ファック。

昭和の伝統と、平成の新しさ。
そんな時空を超えた未知なるコラボレーションから生まれたモノには、
きっと何かが宿るに違いない!!!

合法下で成し遂げた方は是非ご報告下さい。
※青少年保護条例に引っかかってるケースは羨まし悔しなので除外です。
※平成×平成は論外






heiseifakku200704_06-1.jpg
平成×平成の例(ちなみに今週のこのわざとらしいシーンには軽く殺意が・・・)

よく考えると今の少年誌に出てきてるキャラ達って、
設定上では平成っ子たちばかりなんですよね。
今見てるのは平成生まれのラブストーリー。
そんな風に思うとまた感慨深いものがあるってやつですよ。

平成ファック・・・

2007年4月30日時点ではまだググってもヒットしません
来年の今頃、平成ファックした人達が続々とヒットする事を期待しつつ、
またしょうもない記事を書いてしまった自分に乾杯。
3連休はこれを妄想してたらいつの間にか終わってました。


----------------------------------------------------------------------
当サイトは「リーマン教師徳川ひかる」に最大級の共感をすると共に、
一刻も早い単行本化を待ち望んでおります。

あと「平成ファック」はDMC辞典に収録されるのが夢です。

デトロイト・メタル・シティ 3 (3)
若杉 公徳
白泉社 (2007/04/27)
売り上げランキング: 5
おすすめ度の平均: 5.0
4 マンネリ打破!新展開!!
5 若杉先生、あんたは天才だ
5 木村「サタニックエンペラー」カエラ


<追記・改>
皆さん色々とご意見あるかと思いますが、
そんな皆さんのご意見を真摯に受け止めさせて頂きつつ、
これからも全く変わらずやっていきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

ここは曲げません。
スポンサーサイト

変態神・井上和郎先生はここから崩壊した!「葵DESTRUCTION!」/今月の新刊チェック
2007年04月26日 (木) | 編集 |
葵DESTRUCTION! 井上和郎短編集
井上 和郎
小学館 (2007/04/18)
売り上げランキング: 485

僕らに右手の大切さとフェチ道の奥深さを教えてくれた井上和郎先生。

そんな井上先生ですが、最初から変態だったわけではありません。
今回発売されたこの短編集には全部で4作品収録されてるのですが、
その中でも一番古い「古書店夜光奮戦記」という作品。
これはアシスタントをしていた藤田和日郎先生の影響を強く受けており、
かなり真面目な人外退治モノでした。

が、その後彼にある転機がやってきたのです。

>この話を思いついたきっかけは、あるTV番組でした。
>その内容は「オカマさんとオナベさんの間の子供できた」というモノ。
>……その子供から見たら、この両親をどう思うんだろう?
>(中略)
>このまんがをやるまでは熱血バトルまんがのような少年まんが的なものを描くのが
>当たり前だと思ってた所もあって、そんなカンジのまんがを作ってましたが、
>「葵」を描いた事で僕の中で何かが崩壊しました。

>自分が面白いと思ったモノなら何やってもアリなんじゃないか?






inouehoukai02-1.jpg

アリですよ!!

というわけで井上先生の変態デビューとも言える作品が、この短編集のタイトルにもなってる・・・
幻の傑作「葵DESTRUCTION!」ですよ!!

どう見ても10代の女の子にしか見えない父親・鮫島葵に悩まされる息子・哲夫の苦悩を、
これでもかと変態的に描く作品です。
今回の単行本の帯には“業界初!チチ萌え?”と煽られてました。
読んだ事ない人のほとんどがおっぱいの事だと勘違いして購入し、






inouehoukai05-1.jpg
こんな可愛いお父さん(※38歳)に悶えるという変態道の扉を開くわけですね。

実の母親に恋する作品なら数多くありました。
代表的なのは「八神くんの家庭の事情」があったりしますが、
母親ならねぇ・・・まだ何ていうか許される気もしますが(※許されません)
そこで父親萌えに目をつける辺り、井上先生は本当に変態ですね!変態万歳!

愛の形は一つじゃないんです。

真っ直ぐな愛もあれば、歪んだ愛もある。
けれどどちらも“愛”に間違いありません。

そう、




inouehoukai03-1.jpg
例え自分の父親に抱きつかれた時に・・・






inouehoukai04-1.jpg
「思ってない!思ってない!!一瞬『あ…イイニオイ』とか思ってない!!

これもまた愛ですね!!

必死に葛藤し、抵抗し続ける哲夫ですが、
やっぱり己の心の中にある“愛”には逆らえないわけで。
何だかんだいって葵に振り回されつつも満足そうな哲夫の顔を見てると、
変態って楽しそうだなぁってしみじみ思ってしまうのですよ。

まあすでにもれなく俺は変態なんですが・・・(ぇ)

・・・この「葵DESTRUCTION!」の他にも、更にもう1作品変態な作品が潜んでいました。
それが「音禰のないしょ」という作品。
これは「まほろまてぃっく」や「同級生」などで有名な原作&小説家である、
中山文十郎先生と井上先生がタッグを組んで生み出された至高の一作なのです!!




inouehoukai06-1.jpg
エロ刀に振り回される女剣士・音禰を描いた変態作

女の裸によって大きくなる刀・・・どう見ても(ry

しかしこの設定は非常にいいですね。
むっちゃ強い女剣士・音禰が持つ刀が、こんなエロ変態刀。
純情な音禰が刀に汚されていく・・・わけではないんですが、
そんなエロ刀によって辱めを受ける様子がもう堪らなくイイわけで。

純情とエロの組み合わせは黄金の組み合わせなのですよ!!!





inouehoukai09-1.jpg
「女だ!一度でいいから女を抱いてみたいのだ!!な?いいだろ、音禰!!先っちょだけでも…

いつからか“先っちょ”という言葉がエロにしか聞こえなくなってしまいました。
日常に潜むエロ言葉の中でもダントツで好きです、“先っちょ”。
先っちょだけでいいから・・・
よく考えるとすごい落とし文句です。
「じゃ、じゃあ先っちょだけだよ!?」って許してくれる子がいるんでしょうか。
もしいたら教えてください。先っちょだけお願いします。先っちょだけ、先っちょだけですから・・・!

・・・話が逸れましたが、とにかく辱めを受ける音禰が最高です。

そして「音禰」は井上先生の作品の中でも最高クラスのおっぱい&乳首出現率を誇ります。




inouehoukai10-1.jpg
ざっと数えただけで乳首シーンが14コマぐらいありました

大人二人がタッグを組んでとにかくやりたい放題やりましたね・・・
というのがしみじみと感じられる作品。
井上先生にとってもこの「音禰」は非常に気に入ってるとの事で、

>主人公、音禰に関しては、今も酒の席の肴として話に上がるくらい
>おっさん二人に愛されてるキャラクターです。
>音禰にこんなことさせたい、あんなことさせたい等々、
>話しあってるとキリがないぐらい次々とアイディアが浮かんできます。


あいこら」の次はこの「音禰」なのかもしれませんね。
そろそろ「あいこら」もハチベエと天幕がくっつき、
粗方のパーツも出揃ったので終幕に向かうのかもしれませんね。
あ、けど最後のパーツがまだ出てませんよ。




inouehoukai07-1.jpg
最高の乳首パーツ

あいこらの最終回では是非これをやって頂きたい。
この最高の「乳首」パーツの持ち主が天幕とかだったりすると、
それはそれで非常に悶える展開なので井上先生是非一つよろしくお願いしますね!

というわけで井上先生の変態道へを足を踏み入れた第一歩を始め、
少しずつ壊れていく様子を見る事が出来るこの短編集「葵DESTRUCTION!」、
井上先生を愛する全ての変態にオススメします。

<参考>
平成の変態神・井上和郎先生の原点「葵DESTRUCTION!」がミラクル


-----------------------------------------------------------------------
【今月の新刊チェック作品リスト】

というわけでここからは今月下旬以降発売された作品、または発売される予定の作品の中から
購入済み及び購入予定の作品をざーっと紹介していきたいと思います。


デトロイト・メタル・シティ 3 (3)
若杉 公徳
白泉社 (2007/04/27)
売り上げランキング: 9
おすすめ度の平均: 5.0
5 魔王VSウンコ

出たー!僕らのクラウザーさん君臨の第3巻。
常に期待の後ろ斜め上を突き進んでくれるDMCにはどう足掻いても濡れちゃいます。
伝説のエア・レイプはこの巻に収録。
ユリア100式」の4巻で多分収録されるエア・セックスと合わせて楽しむと効果倍増です。

最早説明不要にまで駆け上がったDMC。
2006年の代表作でもあったこの作品は2007年も漫画シーンを制覇する事が出来るのか。
3巻の勢いはけっこう注目所です。

<参考>
悪魔も濡れる・・・「デトロイト・メタル・シティ」へようこそ!
今この“2”巻が面白い!!今年ブレイクした8作品たち
デトロイト・メタル・シティ TRACK30「GROUPIE」


-----------------------------------------------------------------------
すんドめ 2 (2)
すんドめ 2 (2)
posted with amazlet on 07.04.22
岡田 和人
秋田書店 (2007/04/20)
売り上げランキング: 1557

相変わらずノーブラがデフォルトな岡田先生の変態作「すんドめ」の最新刊が早くも登場。
“スジ”まで浮き出るその描写は直接的すぎる所もありますが、やっぱりエロティック。
見てるだけで何かこう悶々してしまう妖艶さがあります。




inouehoukai11-1.jpg
「これからは、あたしの許可のない日はオナニーしたらダメだよ」

こ れ な ん て 殺 生

2巻になって変態度は更に加速。むしろ1巻は全然序の口でした。
更には様々な秘密が明かされていくこの2巻は必見。
相羽くんと胡桃の壮絶なプレイは、まだ始まったばかりなのです。

<参考>
「すんドめ」・・・それは苦痛と快楽の間にある愛のカタチ


-----------------------------------------------------------------------
カラクリオデット 3 (3)
鈴木 ジュリエッタ
白泉社 (2007/04/19)
売り上げランキング: 992
おすすめ度の平均: 5.0
5 どんどん面白くなってく

昨年秋に初めて紹介したアンドロイドっ娘漫画も、いつの間にやら3巻へ。
初めの頃と比べると随分と人間っぽくなったオデットは、ますます可愛く見えます。
表情が柔らかくなってきたというか。
これは単純に作者の技量も上がってるのかもしれませんね。

女の子として目覚めていくオデット。
しかしそこには必ず立ち塞がる壁があった。そしてオデットの心の中に何やら変化が。
彼女の中に生まれた、いやもうすでに生まれてる“恋”は今後どうなっていくのか?
出来る限りシリアスにならず、何とか幸せ満点な幕を下ろしてほしいなぁと思う俺は、
もう十二分にオデットの虜になってるのかもしれません。

少女漫画苦手な人でも楽しめる、良質な作品です。正直期待以上に面白くなってきてるかも。

<参考>
人間に憧れる、可愛いアンドロイドはいかが?「カラクリオデット」 作:鈴木ジュリエッタ


-----------------------------------------------------------------------
チーズスイートホーム 4 (4)
こなみ かなた
講談社 (2007/04/23)
売り上げランキング: 12
おすすめ度の平均: 5.0
5 チー安住の地へ
5 やっぱりかわいい

ああああ今回もまた限定版手に入らなかった・・・ショック。
予約も出来ず、店頭販売にかけたものの、発売日から1日遅れてしまいゲットできずでした。
ががががががん。チーのバックが・・・

相変わらず読むと猫が欲しくなります。可愛すぎる。
猫を飼ってなくても何だか飼ったような錯覚で癒される、猫漫画の代表格のこの作品。
今巻もバッチリ癒されて下さい。


-----------------------------------------------------------------------
臨死!!江古田ちゃん 2 (2)
瀧波 ユカリ
講談社 (2007/04/23)
売り上げランキング: 52

・・・シュールさと毒が同居しつつも、こんなに愛せるキャラは江古田ちゃんぐらいです。
これを読んでからOLさんはみんな家では裸なんじゃないかと疑心暗鬼です。
女性の心の深さをトコトン感じられるこの作品は、ぜひとも男性に読んでほしい。
そして世の中の江古田ちゃんを敵に回さないように、一緒に頑張りましょう。

・・・そんな江古田ちゃんの第2巻発売です。


-----------------------------------------------------------------------
岳 4 (4)
岳 4 (4)
posted with amazlet on 07.04.26
石塚 真一
小学館 (2007/04/27)
売り上げランキング: 68

イカロスの山」と並ぶ、今一番アツい登山漫画。
毎回きっちり1話で完結させるのにも関わらず、その中身の濃さは脱帽。
山の怖さ、楽しさ、魅力がこれでもかと伝わってくるのは素晴らしいの一言。
これを読んでもなお、山登りをなめる人はいないのではないだろうか??

「イカロスの山」とはタイプが180度違うものの、
その本質は一緒。是非二つ合わせて読んでみてほしい作品だ。いずれ特集も組んでみたいです。


-----------------------------------------------------------------------
ちょこっとヒメ 2 (2)
ちょこっとヒメ 2 (2)
posted with amazlet on 07.04.25
カザマ アヤミ
スクウェア・エニックス (2007/04/27)
売り上げランキング: 250

数多くある動物擬人化漫画の中でも一番可愛いと思ってるのがコレです。
もうね、ホント床を転がれる。床にごみ一つ残らないぐらい転がれる。
ヒメちゃんね、もうね、飼いたい。
こんな子が家に待ってたらなぁ・・・多分毎日がキュン死状態ですね。

とにかく可愛い。けどしっかりとほのぼのオチもつけてくれるから読みやすい逸品です。

<参考>
読めばきっと飼いたくなる!?動物擬人化マンガ特集「動物のおしゃべり」&「ちょこっとヒメ」


-----------------------------------------------------------------------
はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 1 (1)
posted with amazlet on 07.04.25
勇人
スクウェア・エニックス (2007/04/25)
売り上げランキング: 512

YGはチェックしてないので知りませんでしたが、
ゴルゴさんが猛烈にプッシュしてるのと、あと表紙で陥落しました。
ちょっとここ数日ゴタゴタしてて買えてませんが、
明日辺りゲットする予定です。幼稚園漫画って何気に好きなんです。

無邪気さの中に潜むユーモアは、時々僕らの心に突き刺さります。そして遠い目になる。


-----------------------------------------------------------------------
魔法少年マジョーリアン 1 (1)
石田 敦子
双葉社 (2007/04/12)
売り上げランキング: 2926

一風変わった“変身少女”モノ。まあ中身は少年なんですが。
男の子二人が魔女っ子に変身という従来の常識を覆し、
更に少年二人の禁断の・・・!?いやいや。とにかくこの作品は何かが狂ってる。




inouehoukai12-1.jpg
少年から魔女っ子になるその変身シーンが妙にエロい

いや、変身の時に裸になるのは勿論基本なんですが、
その過程で男から女へと性転換(?)するから妙なエロさがあります。
何つーか、その過程って禁断の領域じゃないですか。
それを惜しげもなく見せてくれるこの作品に、気がつけば妙にハマってる自分がいました。

そして何の説明もないまま、ひたすらに正体不明の怪獣たちをやっつけていく。
何とも意味不明さがありながらも惹き付けられるこの魅力は、
何かイケナイものをつい見てしまう、そんな好奇心から来るものなのかもしれません?

ちなみに個人的に好きなキャラは真央。たまりません。ゾクゾク。

<参考>
「魔法少年マジョーリアン」に見る、少年少女たちの性の感覚。


---------------------------------------------------------------------
まだまだ購入した&予定の作品はありすぎるぐらいなんですが、
挙げるとキリがないのでこの辺で。
残りはまた追々紹介していきますのでお楽しみに。

涼風・スクランブル!
2007年04月23日 (月) | 編集 |
suzukayatta01-1.jpg
ちょうど2年前、ある女の子の想いが遂げられました

その女の子の名は西野つかさ。
三大少年誌の中でも一番規制が厳しいと言われる少年ジャンプにおいて、
見事結ばれたという非常に稀有な例でした。

そもそも少年誌において主人公とヒロインが結ばれるというのは滅多に無く、
せいぜい最終回で結婚式が描かれるか、その過程を吹っ飛ばして子供が生まれてるか・・・
その“事実”はウヤムヤになってしまうパターンが多いのです。
それは乳首が事実上解禁されてるマガジンやサンデーでも同様で、
そのシーンが描かれる事は非常に珍しいのです。

が、少女マンガの場合はむしろそれが必要不可欠。
そもそも恋愛においてそれは避けて通れない行為であり、
またそれはとても自然な事だからです。
だからこそ、大抵の少女マンガで恋愛を主軸としてる作品は、
物語の中盤辺りで結ばれるパターンが多いような気がします。

この辺りはSEXに対する男女の価値感の違いから表れるモノだと思いますが、
これを語りだすと非常に長くなるので今回は割愛。

さてそんな中、今の三大少年誌のラブコメ漫画において一番長寿連載なのが「涼風」。



suzukayatta20-1.jpg
俺が知る限り、史上最凶に意味不明な女の子をヒロインに据えた作品です。

いやね、大抵のラブコメ漫画ってヒロインに惚れちゃうんですよ。
だって可愛いから。
が、涼風においてはすでに連載も3年続いていますが、
心がグラついた記憶がほとんどありません。

理由は明確。





suzukayatta02-1.jpg
追いかけると逃げるけど、追いかけないと殴るヒロイン

ここで大和が「・・・・・は?」ってなってますけど、
読者もいつも大和と同じ想いです。
そもそも涼風の行動はいつも理解不能なのです。
俺はこの子が何で留学してったのか未だに良く分かっておりません。

ワガママ、気まぐれ、ヒステリック。

一般的には「ツンデレ」と思われるこの要素。
良さそうに見えますが涼風にはイマイチ「デレ」がありません。。
いや一応描かれてはいますけど、「ツン」の部分があまりにも鋭利に尖っていて
痛いです。正直痛いんです。
だってこの子いつ爆発するか分からないんですもの。
まるで腫れ物を扱うかのように見なくちゃいけないのが正直苦痛だったりします。

念願の、好きで付き合った彼氏ですよ?
部屋で二人っきりになっていいムードになって、
当然その流れになるじゃないですか。なりますよ。なるなる。



suzukayatta05-1.jpg
甘い甘いキスをする二人。

ようやく・・・ここまで来たんだね。
一時はどうなる事かと思いましたが、ようやく落ち着いたってやつです。
想いが通じ合うと、人は変わるんですね。
あの涼風でもこんな風になれる、恋愛って素敵ですよね。

そして大和が頑張って行動を起こすじゃないですか。チキン野郎なのに。ヘタレなのに。
悩んで葛藤した末に、彼はついに辿り着く。





suzukayatta03-1.jpg
勇気あるおっぱい揉みを敢行した大和





↓結果





suzukayatta04-1.jpg
そんな大和を全力で殴る!!


( Д ) ゜ ゜


ちょ、
え、
なんで!?

何が、一体、全体、どうしたってんだい!?







suzukayatta06-1.jpg

「近寄らないで・・・・!!」

( ゚д゚)・・・

彼氏に対して「近寄らないで」は無いだろ、常識的に考えて・・・

いやね、さすがに付き合ってもないのにおっぱいとか触ったら怒るのも分かりますよ。
更に百歩譲ってまだその段階じゃなかったから怒ったとしよう。
けど本気で殴って理由も特に言わずに追い出して「近寄らないで」ってのは
正直どうかと思うんだ、俺。

ちなみに最初に挙げた西野つかさの場合はどうだったかと言うと、




mitemoiiyo200704-1.jpg
「見てもいいよ」

これですよ、コレ!!
僕らをドキドキさせてくれるのはコレなんです。
こんな事言われたらもう心臓バクバクですよ。手、震えますよ。
恥ずかしいのに、本当は恥ずかしいのに嬉しくて勢い余ってこんな事を言ってしまう、
そんな悶える行動をしてくれる女の子に俺は惚れるのです。

いや「涼風」という作品にもそんな子はいました。
そうです。あの子です。
大和の事を一途に想い続けた・・・あの子が僕らに魅せてくれたあの出来事。





suzukayatta12-1.jpg
生セルフ胸タッチをした結衣ちゃんです!

すごいよ。触られて殴るどころの話じゃありません。
涼風の気まぐれによってフラれてしまった大和を元気づける為に
結衣ちゃんは自らのおっぱいを差し出したのです!!

何ていじらしい事か!!

そしてそれだけでは留まりませんでした。
ここから結衣ちゃんの本気の想いが走り出します。
そう、彼女は纏っていた浴衣を・・・!ハラリと落として・・・!





2006_bestkiji_9.jpg
ツンと上を向いた、“神と対峙する乳首”を僕らに見せてくれた・・・ッ!!

結衣ちゃんはその一糸纏わぬ姿で、
大好きな・・・大和の心を癒そうとするのです。

これです。

この心です。
僕らはこの心に惚れるのです。
いやこのおっぱいも大変素晴らしいものです。拝み倒したいぐらいの奇跡のおっぱいです。

けどこのおっぱいを見せる、その心意気です。

大好きな気持ちが暴走する、いいじゃないですか。
これぞ若さの特権。若いっていいね。
恋の暴走ほど見ていて微笑ましいものはありません。

そんな結衣ちゃんはこう言います。





suzukayatta07-1.jpg
「好きなの…」

止められなかった、溢れ出た想い。
もうその想いを口にせずにはいられなかった結衣ちゃん。
最高にいじらしすぎます。

そして・・・!




suzukayatta08-1.jpg
「・・・・大和くんなら私、後悔しない・・・・」

( ´Д⊂

けれどそんな結衣ちゃんのおっぱい想いに応えられなかった大和。
決死の想いでそのおっぱいを見せた結衣ちゃんに、せっかく脱いだ浴衣を着せてしまいます。

何てことしやがるんだ。

当時俺はこいつは本当に最低野郎だと罵りました
ヘタレ!キングオブヘタレ!
真中の後を継ぐのはこいつしかいねえと言わんばかりです。
だって結衣ちゃんを泣かせたんですから。
俺の大好きな結衣ちゃんを・・・!

そうしてまで涼風の想いを貫き通した大和。
それはある意味偉いとも思いますし素晴らしい事だと思いますが、
何も結衣ちゃんを捨てて涼風にしなくても・・・
一体涼風のどこが好きなのか、連載始まってから3年経った今でも全く分かりません。

さて「近寄らないで」宣言された大和。
勿論その言葉の通りにしたら涼風が怒るのは目に見えてますので
必死に謝ります。
もっと仲良くなりたいだけだった。
いや、そんな言葉じゃ伝わらない。

そして大和は涼風に対して土下座をするのです・・・!





suzukayatta09-1.jpg
「オレはただ、やりたいだけだった!!

ちょwww素直すぎwww

直球勝負。ストレートにぶつかっていく大和。
その心の内をぶっちゃけてしまいました。
いや、けど恋愛ってストレートが一番効くと思うんですよね。
変化球が得意ならそれもいいかもしれませんが、
ガツンと心に響くのはやっぱりストレート。

想いは真っ直ぐに伝えるべきなのです。

初めは戸惑っていた涼風ですが、
そんな大和の真っ直ぐな気持ちがようやく届いたのか・・・




suzukayatta13-1.jpg
「別に怒ってないから・・・・」

あ ん た 本 気 で 殴 っ て た じ ゃ な い で す か

「近寄らないで」って言ってたのは貴方自身じゃないですか。
そうか、あれはまだまだ涼風にとって怒りの内に入らないんですね。
怖い。この子が本気で怒った時が俺は怖いよ。

そんな涼風も、その行為が「怖かった」。
そっか・・・そうだよね、初めてだもんね。女の子だもんね。
涼風自身が怖くて、オレその事忘れてた。
正直これは盲点でした。
ほとんどの読者の方が、多分(涼風自身の)「恐怖」でカモフラージュされてたと思うんです。
その辺り技巧派な瀬尾先生。全ては先生の掌という事なのかもしれません。

そして「大切なんだ」という大和の言葉が、涼風の心を溶かしていきます。
「今のままでいい」、そう言う大和に対して・・・





suzukayatta14-1.jpg
「今なら私・・・・嫌じゃない・・・・」

そっかー今なら嫌じゃないんだーへえええええええええええええええええええええええ


ええええええ



えええ












ええええええΣ(||゚Д゚)

ちょ、
ま、
ままままままま待ってください。

落ち着こう。一旦深呼吸しよう。
すーはー、すーはー。
うん、大丈夫。俺はちゃんと前を見て歩いてる。

冷静に考えてみよう。
さっきまでのアレは何だったんだ。
殴ってたよね?「近寄らないで」宣言してたよね?
アレか、殴らないと落ち着かないタイプなのか。何だそのタイプ。

いやいやいや。

こういうのは気持ちが大事です。
頭で分かっていても、身体で分かっていても、
心が納得しなきゃダメなんですよ。
分かってる。分かってるけど・・・!






suzukayatta15-1.jpg
「どうするの・・・・?」











どどどどっどどどうしよう!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)?

いや落ち着こう。俺が慌ててどうするんだ。
そんな事を涼風が言い出すなんて万が一にも思わなかったもので、
動揺してる。俺むっちゃ動揺してる。

先週の時点では「どーせ邪魔が入ってヤれないでしょ」って正直タカくくってた。
ヘタレ大和じゃ無理でしょーって。
けどこの流れは・・・まさかまさか。いやまさかね。おっぱい触っただけで本気で殴るような展開なのに、
このままSEXなんて事は天地が引っくり返っても無いだ







suzukayatta10-1.jpg



    |                \
    |  ('A`)           ギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        アンアン/





suzukayatta11-1.jpg

にゃ”ぁああああああ

ギシギシ鳴ってる・・・
「あ・・・・」って言ってる・・・

まさか土下座からこんな展開になるなんて。
いやむしろ、おっぱい揉み⇒殴る⇒拒絶⇒土下座からSEXに繋がるなんて・・・
全く思いもしませんでしたよ。
何てこったい。

遂にやっちまったんだね・・・

やっぱりエッチの時も涼風は涼風だったよね・・・
とにかく下手下手に出る大和は正直偉いよ。尊敬する。
ヘタレって言って悪かった。
Mなんだよね。大和はM。勿論涼風はS。
SとM。最高の相性じゃないですか。

そんな二人に幸あれ・・・!!

ただね、一つだけ言わせてください。
涼風に物申させてください。





suzukayatta16-1.jpg
朝起きたら裸なのが恥ずかしくて布団で隠すってのが鉄板でしょう!?

何で大和の方がびっくりして赤面なんですか。
逆だろう!どう考えても!!
そんな落ち着いてる姿なんて見たくない!
慌てて、赤面して、おろおろしてて!
けど昨夜を思い出して更に赤面しちゃう、そんなのを俺は期待してたのに!!

笑顔よりも赤面顔ですよ!!

ふう。まだまだ言いたい事は沢山あります。
何で結衣ちゃんは奇跡の乳首を見せたのに涼風は全くないんだよとか。
ここで乳首券を使わずにいつ使うんだよとか。

けどね、けど最後にもう一つだけ言わせてください。
あと一つだけ言わせてください。





suzukayatta17-1.jpg
ここはブラじゃなくてパンツだろ・・・ッ!!

基本だろ・・・ッ!そこは・・・ッ!!

記念すべき涼風の初夜は、
2007年20号、巻頭カラーで迎えた147話目でした。
ちなみに西野が結ばれた時のいちご100%は154話目。

この辺りが少年誌における“SEX”OKラインなのかもしれませんね。
まあ何はともあれ、今後は大和が二度目迫ってまた本気で殴られるに1票。


-----------------------------------------------------------------------
<参考>
いちご100%が少年ジャンプの限界を超えた日。
涼風がやってくれました
そうか、「斬」はギャグマンガだったのか!

【ネタバレ】涼風・・・('A`)
マガジン「涼風」の涼風ちゃんがとうとう処女喪失(´;ω;`)

いやーしばらく長文記事は書かないつもりだったのに、
涼風がやってくれちゃうんですもの。
そんな展開には応えてなきゃいけないと思ってしまうこの心がいけないのかもしれません。

涼風に関しては色々文句言ってますが、
別に作品自体は嫌いじゃないんですよ。
いや嫌いだったりどうでも良かったりしたらこんな記事書きませんよ。
スルーです。俺はどうでもいい作品はスルーしますので・・・

なので涼風という作品は好きです。
今の少年誌において数少ない現実的ラブコメでもありますしね。
ただ涼風という女の子があまりにもツッコミどころが満載すぎて
思わず申し上げたい気分になってしまうだけなのです。

まあ実際涼風みたいな子がゴロゴロしてるのもまた現実なんでしょうけれども・・

さて、無事涼風が貫通しましたが、
実は20号は貫通ラッシュとも言える貫通フィーバーでした。
と言うのも・・・



suzukayatta18-1.jpg
焦らし展開では業界No1とも言える「ハクバノ王子サマ」が遂に・・・!

いやーこれほどまで濃厚っつーか、
とにかくじっくりじわじわ焦らして描く作品って他には無いんじゃないかと。
ループ、ループ、更にまたループしていってましたが、
ここに来て遂に。遂に二人が身体を重ねます。
20号の時点ではまだ正式に貫通してるわけじゃないんですけどね。
今週の21号で遂に・・・?これでも分かりません。
1つのSEXだけで単行本1巻くらいいっちゃう朔ユキ蔵先生は素敵すぎます。

しかし小津先生のSEXはかなりねちっこい感じだなぁ。
これまで溜まりに溜まったのを爆発させてる感じですね。
いやー今、先がかなり気になる作品の一つ。
この焦らし感でやられてる人も多いのでは??

あと表情だけでエロスを表現してるのは、少年誌もどんどん見習ってほしいところ。
正直僕らは表情だけで十分色々妄想できるんですから。




さてあともう一つが新感覚ひきこもりラブコメディめ~てるの気持ち」。



suzukayatta19-1.jpg
ついにこの二人も結ばれる・・・!

ただずっと引きこもってただけなのに、
こうしてこんな可愛い子とSEXしてしまってる・・・
そんな事があってたまるかぁああああああ

とか思いつつもやっぱり奥先生のエッチシーンは何か好きです。
本能的ですよね何か。

はるかさんはこれまでの奥先生作品の中でも飛びぬけて可愛いです。
親子でやってしまうというシチュは何か好き。
それに関してはまた別エントリにてちょっと語ろうかと思ってます。

というわけで涼風、初貫通おめでとうのエントリでした。
全く祝ってないように見えますが、祝ってます。ええ。

あと今週のジャンプ感想も無いかもしれません~ごめんなさいです。

-----------------------------------------------------------------------
涼風 15 (15)
涼風 15 (15)
posted with amazlet on 07.04.23
瀬尾 公治
講談社 (2007/03/16)
売り上げランキング: 1250
おすすめ度の平均: 4.0
4 けっきょく・・・
5 大和の選択
2 リピート


いちご100% (19)
いちご100% (19)
posted with amazlet on 07.04.23
河下 水希
集英社 (2005/12/02)
売り上げランキング: 62347
おすすめ度の平均: 4.0
5 いちご最終巻
2 面白い?
5 なんだかんだいって・・・


ハクバノ王子サマ 6 (6)
朔 ユキ蔵
小学館 (2006/12/26)
売り上げランキング: 50358
おすすめ度の平均: 5.0
5 3歩進んで・・・
5 不審物ですよ!!


め~てるの気持ち 1 (1)
め~てるの気持ち 1 (1)
posted with amazlet on 07.04.23
奥 浩哉
集英社 (2007/01/19)
売り上げランキング: 8553
おすすめ度の平均: 4.5
5 ひさびさ♪奥流ラブコメ
5 笑える美(?)青年
5 良い


神に向かって愛を叫ぶ
2007年04月21日 (土) | 編集 |
koinokisetu2007spring_1-1.jpg
ここんトコ急速に俺の中で風香がツボってきました。

まさか錬児⇒風香ではなく、風香⇒錬児になるとは・・・
しかも歪んだ惚れっぷりがまた何とも言えずいい感じです。
連載開始してからしばらくは何とも突き抜けきれない印象が拭えませんでしたが、
ここに来て色んな恋愛模様が絡み合ってきて土台が出来上がってきましたね。

何よりもこの風香はまだまだ序の口です。

奥田、千代、リキ、錬児・・・
この4人の矢印具合が今後更なる風香を引き出していきそうな予感がします。
完全に恋する少女の一人になってしまった彼女が、
その恋に翻弄されていく姿。そう、それは初めての恋。





koinokisetu2007spring_2-1.jpg
これは・・・たまりませんね。

少しずつ、少しずつ壊れていって・・・
今週完全に開花。
電話をかけるのにドキドキ。
20回もかけてしまったり、意味不明な留守電を残してしまったりと、
恋する風香の暴走が何とも微笑ましいです。

ここに来てようやく愛されるキャラになったなぁと。

連載1回目からゆっくりゆっくりと人形から人間へと変わっていく過程を見てきたからこそ、
今回のこの恋する少女っぷりが何とも胸に染みたのかもしれません。




koinokisetu2007spring_3-1.jpg
「………なぐります…?」

ここでコクっと頷く仕草がもう。
殴んのかよ!っとツッコミたくなりますが、
感情のコントロールが出来なくなってる感じが伝わってきてまた悶えます。

そしてここから風香はとんでもない方法で錬児を攻撃する・・・!





koinokisetu2007spring_4-1.jpg
ボシ




koinokisetu2007spring_5-1.jpg
ベシ









koinokisetu2007spring_6-1.jpg

きゅっ…


なー!

俺の心臓をきゅっと鷲掴みですよ!!
その三段活用はいい。散々攻撃しておいてそう来るか!
落として落として上げる!!
人を魅了する為の基本的手段とも言えますが、
俺はこれに弱いんですよ。
そこに生まれるギャップに参ってしまいます。
風香はこれを天然でやってるから恐ろしい。堪らんなぁ。

というわけで今後の「RANGEMAN」には大いに期待していきたいとところです。
一つだけ言うならば、「いでじゅう!」の時のようなキャラ多彩さが無いのが残念。
現時点で光ってるのって錬児と風香だけだしなぁ。
いや二人の恋物語と言われればそれまでなんだけど、
やっぱりそれを盛り上げる脇役達もまた、その作品の質を底上げしてくれますからね。

まあ千代ちゃん辺りの更なる暴走を期待しておきます。

いやーやっぱり恋する女の子の顔っていうのはいい。
何かこっちが沢山元気もらえますもの。
あのパワーは確かに世界を変える事が出来ますよ。

そんな風に感じれるのが「スマッシュ!」の優飛。





koinokisetu2007spring_7-3.jpg
極上の笑顔





koinokisetu2007spring_7-2.jpg
抱きつき

言葉で伝えられない分、表情や仕草でその気持ちをいっぱいに伝える。
あああああ。いいなぁ。
言葉はいくらでも取り繕う事が出来るかもしれないけれど、
表情とか仕草は、“素”が出る。
人が感じる空気って、そこから発せられるモノだよなぁ。

ああああ、優飛見てるとにやけまくりです。





koinokisetu2007spring_8-1.jpg
だ い す き

あああああ

この優飛は極上ッ!!
こ、この赤く染まったほっぺ・・・食べちゃいたい!!
女の子を食べちゃいたい!と思う時は大抵こんな時です。そんな衝動。

そんな「スマッシュ!」が何やら実写化されるというニュースを聞いてビックリ。
俺は大好きな作品ですが、決してマガジンで人気作とは言えない位置にいる作品です。
何よりまだ今週で36話・・・少年誌の作品の実写化としてはあまりにも早いタイミングのような。
(青年誌の作品とかだったりすると珍しい話でもないんですが)

まあこの辺は北京五輪との絡みがあるんでしょうけれどね。詳しくはまた別の機会に。

それにしても優飛の極上すぎる恋顔は、何と無く春を連想させてくれます。
そう、春は出会いと別れの季節であり、多くの恋が始まる季節でもあるのです。
漫画の中でも沢山の恋が咲き乱れてるわけですが、
ジャンプでも恋を題材にした読みきりが掲載されました。





koinokisetu2007spring_10-1.jpg
古味直志先生の「恋の神様」

古味直志先生といえば・・・
今年の1月発売の赤丸に掲載された読みきり「island」が大傑作だった作者さんです。
<参考>
赤マルに眠る怪物・・・「island」古味直志と言う原石

新人の読みきりというレベルではなく、
近年見た読みきりの中でもトップクラスに入るぐらい素晴らしい出来の作品でした。
設定やストーリーの紡ぎ方が秀逸、更には絵でもしっかり魅せてくれる。
そんな中でも伏線の張り方が絶妙で、読者に衝撃を与えてくれる作者さんだと思うんです。




koinokisetu2007spring_11-1.jpg
“壁の外”の事実が、二人の関係を変えて・・・?(「island」より)

そんな伏線の巧みさは今回の読みきりでも健在。
前作とは180度変わって恋愛モノ。その引き出しの広さが窺えます。
タイトルは「恋の神様」。
前作の「island」もそうなんですが、古味先生は絶妙なタイトルをつけますね。
その作品の真意を揶揄してるというか。

まさか本当に「恋の神様」と戦うなんて途中まで誰も予想してなかったかと。




koinokisetu2007spring_12-1.jpg
「聖戦だ!!」

うざったいぐらい直球な主人公。
けどこれくらいの勢いって必要だと思うんですよね。
この直球さが、作品のテンポを生み出します。
事実、最後まで流れるように読めた作品でした。

が、傑作「island」と比べるとちょっと物足りなさがあったのも事実。
ああいう古代ファンタジーモノと、ファンタジーラブコメモノ、
どっちが古味先生の持ち味を活かせるかっていうと前者のような気がするんですよね。

何よりラブコメには“女の子の可愛さ”が必要不可欠。
それがまだまだ足りない気がします。
が、正直なところ素質は十二分です。
何と無くですが、あと数年後には古味先生のキャラに俺は悶えさせられてる気がします。
あと一歩足りない何かを埋めた時、
この人はとんでもないキャラを生み出しそうな・・・予感。




koinokisetu2007spring_13-1.jpg
何よりセンスがあります。

この構図というか、構成の仕方というか・・・
そういう人が描くキャラは絶対的な魅力に溢れてる。
だからこの先が非常に楽しみなんです。

今回は〆切に追われてる感があり、
最後の方とかも作画がちょっとボロボロになってました。
これは多分一人で描いたのかもしれませんが、
今後アシスタントさんを雇ってしっかりした体制で生み出される、
古味直志先生の作品を“イチ”ファンとして心待ちにしております。





koinokisetu2007spring_14-1.jpg
「だから神様!!この子をオレに下さ~~い!!」

そうして空から落ちてきたのは婚姻届でした。
そう、二人は認められたのです。
神様は二人の願いを・・・聞き入れてくれました。

よし!
じゃあオレも空に向かって叫ぼう。
神様に向かって叫ぼう!!

この俺の胸の中にある熱い想いを!!

その熱い叫びを聞き入れてくれた神様。
そんな俺にくれたモノは・・・!







koinokisetu2007spring_9-1.jpg

何を叫んだのかは聞かない約束。


----------------------------------------------------------------------
<参考>
⇒⇒赤マルに眠る怪物・・・「island」古味直志と言う原石
想像以上のラブコメ、スタート!「RANGEMAN」
オグシオ映画女優デビュー

恋とか何だかんだ言ってもオチはいつも通り。
それがパンツクオリティってやつです。ダメクオリティ。

ちなみに「涼風」についてはまた別エントリにて。
最近貫通ブームですね。何そのブーム名。
その辺絡めたお話を。

更新あんま出来ずすみません。そろそろ単行本とかも紹介したいところ。

----------------------------------------------------------------------
RANGEMAN (レンジマン)
RANGEMAN (レンジマン)
posted with amazlet on 07.04.21
モリ タイシ
小学館 (2006/10/18)
売り上げランキング: 25974
おすすめ度の平均: 4.0
5 やっぱり面白い。
3 これはなんだろう
4 今後の展開に期待


スマッシュ! 3 (3)
スマッシュ! 3 (3)
posted with amazlet on 07.04.21
咲 香里
講談社 (2007/03/16)
売り上げランキング: 6894
おすすめ度の平均: 3.0
3 マガジン打ち切り候補筆頭漫画が映画となった・・・?!(;'Д`)ハァハァ


貴方の二次元初恋は誰ですか?
2007年04月17日 (火) | 編集 |
mitemoiiyo200704-1.jpg

とある事情により、久々に近日中の更新にていちごについて軽く触れる予定。
内容に関してはお楽しみに!?

んで久々にいちごをまた読み返して見てるんですが、
やっぱりいつまで経っても西野つかさは俺の心の中でNo1です。
未だこの子を超える女の子に出会えてないのは一体どうした事なんでしょうか。

多分、西野は俺の中で初恋の女の子なんだろうなぁと。
それは勿論現実ではなく、二次元の中での話。
漫画のキャラで初めて惚れた子なんだよなぁ。
やっぱり「初恋」って特別なモノで。
いつまでも心に残り続ける、宝物のようなものだと思います。




sunadokei_yokoku0415-1.jpg
そんな一つの初恋を切なく描き続ける「砂時計

最近激ハマりしてる少女漫画。現在昼ドラで映像化もされてます。
これもまた近日中にレビュー予定。単独記事ではないのですが・・・
けどそれとは別に単独でも特集組みたいなぁ。
久々の自分内ヒット。

全10巻と手が出しやすい長さで、今一番のオススメです。

そんな切な過ぎる初恋を描く「砂時計」。
その中でも印象深かったセリフの一つがこれです。





hatukoi20070415-2.jpg
二度目三度目があるから『初恋』っつーんだよ!!一度で終わらすな!!」

これは胸にぎゅーんって来ました。
正にその通りで、たった一度で終わるのであればそれは初恋ではなく「恋」
そう考えてみて、西野の後に恋したのは誰かと考えると・・・






kokushousann200704-1.jpg
やっぱり國生さん。

西野には遠く及ばずとも、俺の心の中に未だ住み続ける女の子です。
可愛さ、性格、仕草・・・案外どツボにハマるのって中々いないんです。
ストライクゾーンは広いんだけど、ど真ん中は意外と狭いというか。
國生さんはまさにど真ん中だったなぁ・・・
が、それでも西野には及ばず。あの恋パワーは正直自分でも異常なくらいでしたもの。

未だこの二人が俺の中でトップ2
次点で「いでじゅう!」の森さんがいたりするけど、やっぱりレベルが違う感じです。
とらぶる春菜とかは恋の対象ではないんですよね。なんつーか。
今のジャンプではそう見れる子っていないです。残念ながら・・・

というわけで皆様の二次元初恋って誰ですか?
もし宜しければ教えて下さいね。

当サイトは「生」と「おしっこ」について真剣に語るサイトです
2007年04月15日 (日) | 編集 |
<お詫び>
今回の「生」記事について不快感を感じた方へのお詫び



4月1日にやったエイプリール企画での夢のパンツ発表

あまりにもアレなネタだったにも関わらず、
普段の行いが幸いして多くの方が騙されて頂いたようです。
ホント皆さん純粋ですね。純粋までに俺の事を変態だって信じてるんですね。
嬉しい!ありがとうございます。(血涙)

嘘をホントに変える為に今後も頑張っていく所存なわけなんですが、
その記事において皆さんからもオリジナルパンツを募集しました。

数々の素晴らしいパンツに己のパンツ愛が満たされていったのですが、
イラストを描いてくれてまで投稿してくれたのは唯一人。
きなこ餅コミック」のゆすらさんでした。

そんなゆすらさんの渾身のパンツがこちら。






pants_anzenbi_nakadashi_s.jpg

今日は生でOKパンツ


こ れ は や ら れ た

ご丁寧にストーリーまで付けて頂いて・・・
タカシ先輩に俺はなりたい(ぇ)

いやしかし安全日かー。
皆さんそーゆーのキッチリ測ってやってるものなんでしょうか。
100%信用できるものではないかと思いますが・・・

とは言えどやっぱり生はいい。



namagaiinikimatteru-1.jpg

生がいいに決まってる!

勿論“生”には妊娠という可能性を大きくはらんでいるのですが、
そのリスクを負ってでも、生でしたくなる。
それくらいの魅力が“生”にはあるのだ。

中退アフロ田中」で、吉田先生が言ったんだ。





namagaiinikimatteru2-1.jpg
「本当のSEXというのは、コンドームはおろか、自分の皮膚すら邪魔に思うものなんだ!」

すげえ名言だ!!

いや、確かにコンドーム付きと生とでは相手との一体感が違いますよね。
あの薄い皮一枚隔ててるだけで、何かこう相手の距離があるというか。
そもそもゴムつける瞬間に、何か間が空くのが嫌いです。
しかもゴムが上手くつけられなかったりする、ああもどかしい!

や っ ぱ り 生 が 好 き

いやつけますよ?ええ。そんな事言ってもちゃんと付ける。
けど一度あの感触を味わっちゃうと、ダメだよなぁ。
戻れない。戻りたくない。

センチメントの季節」でもこう表現されてました。





namagaiinikimatteru3-1.jpg
薄い膜でへだてられてあたしたち、本当はつながってなかったね」

切ねぇ。
繋がってるように見えて、繋がってなかった僕ら。
コンドームというとても薄い膜が、完全に一つになるのを邪魔している。

好きな人と一つになりたい。

それは人としての本能であり、
心から沸き起こる衝動。
先ほどのアフロ田中の吉田先生はこうおっしゃってました。

「この薄皮一枚なければ!もっと一体になれるのに!もっとひとつになれるのに!!
 本当のSEXというのは、それほどまでに相手とひとつになりたくなるものなのだよ」


本当のSEX・・・深い、深いぜ。
頭の中がグチャグチャになって、何も考えられなくなって、
真っ白になる、そんなSEXをしてみたいものです。

そして大好きな作品の一つでもある「恋愛ディストーション」でもこう語られてました。





namagaiinikimatteru4-1.jpg
キスするみたいに、何にもジャマされずに、ひとつになれたこと。
 それが何だかとても、私の胸を打って
 初めて感じる、不思議な気持ちがした」


手を繋ぐ、キスをする、身体と身体が触れ合う。
これらの行為の、その間には何の邪魔も隔たりもなくて。
だから気持ちいいい。
だからこそ、相手と一つになれるその行為に邪魔はいらない。
その愛が形成されるのに、邪魔はいらない。

けれどやっぱり避妊は大事。

それを念頭に置きつつ、自己責任で是非どうぞ。
大事な人であれば、それは一つの愛の形です。





namagaiinikimatteru7-1.jpg
「一度くらい経験してもいいと思うわよ。
 本当に好きで信頼できる相手ならだけどね」
「そうですね、先パイ。私も賛成です」


大好きな「恋愛ディストーション」の中でもひときわお気に入りな回。
大前田・なつめカップルは見ていて本当にほのぼのしてしまうカップルなのですが、
そんな二人の愛情が本当に感じられる良いお話でした。
こんな素敵なお話を描く、犬上すくね先生の特集とかもやりたいと思ってる今日この頃です。

リスクのあるものに、人は惹かれます。
そこに快感が伴うのであれば尚更。
けれどそのリスクも、大好きな人とであれば共有できる。

重く考え、深く感じる事が出来るのが「生」なのですよ。

「生」とは「生きる」という事なのです。
そう、「生きる」事、「生」を生み出す行為、それこそが「生」なのです。
それを絶対に忘れないでほしいのです。
それらを踏まえた上で、俺は思う。

ああ、「生」っていいなぁ・・・

そんな憧れが積もる日々。
あ、ちなみに文中で語ってるのは全て妄想です。
むしろ「生」を語る前にSEXしないと。それすらおぼつかない俺には、
まだまだ険しい道。まだ登り始めたばかりなのです。この果てしない生道をよ・・・!

生道って何だ。


-----------------------------------------------------------------------
ゆすらさんのイラスト紹介するだけのつもりだったのに、
いつの間に「生」話へと発展してしまった・・・

というわけで皆様へのお知らせなのですが、
今後「マンガがあればいーのだ。」の更新体制がやや変わっていく予定です。
パンツが好きとかそういう基本的な部分は変わらないんですけれども、
一つの記事の文章量をもう少し減らしていくつもりです。

理由はですね、もう単純に今までよりも更新作業に当てられる時間が、
およそ半分以下になってしまったからです。
さらにこれは一時的なモノではなく、継続的なモノになるだろうと判断しました。
そんな中で今までと同じくらいの文章量で更新を続けようと思った場合、
必然的に更新記事数が減ってしまうという現象になってしまうんですね。
最近更新頻度が落ちてきてるのはそういう理由があったりしてます。

なかなか更新されない状況が続くと、皆さんに申し訳ない気持ちもありますし、
自分の中のモチベーションも下がってきてしまいます。
そこで比較的時間がかからない種類の記事を書いていく事にしました。

要は「文章」を縮小して「情報」を拡大するって感じです。

“手抜き”と言われるとそれまでなのですが、
時間がないなりに考えた苦肉の策のようなものなのでご了承頂ければ幸いです。
ただ勿論時間がある時は今まで通り長文系の記事も書いていきますので、
そちらを楽しみにして頂いてる方はご安心くださいね。
全部がそうなっていくわけではないです。

んで、今後の更新スタイルとしては全部で4~5パターンぐらい。




■今週の「pick up!」
 ⇒たかすぃが毎週チェックしてるマンガ雑誌の中で気になる展開があった作品や、
  おお!と思った作品をピックアップして紹介。
  基本的に1作品ですが勿論2~3作品になったり。
  主に青年誌系をメインにしていくつもりですが、少年誌もやります。
 
  今後のメインコンテンツがこれになる予定です。


■大人のジャンプ感想ミニ。
 ⇒毎週賛否両論を巻き起こすジャンプを斜め変態的な角度から考察する感想記事。
  まあ要はパンチラとかおっぱいとか卑猥的要素をピックアップしていき、
  更に管理人の妄想をミックスさせていくという、簡単に言うと変態記事。

  2~3号に1回ぐらい更新予定。
  ジャンプ感想と言いながらマガジン・サンデーも混じります。
  上の「今週のpick up!」とかぶらないようにしていくつもりですが、
  あまり境目はないかもしれません。


■気になる新刊・話題作チェック
 ⇒過去3ヶ月以内に発売された新刊等の気になる作品チェック、
  または映像化・アニメ化された作品等々のチェックも。

  更に近日発売予定の新刊や、琴線に触れたタイトルなどもチェック紹介していく予定です。


■マンガ系ニュース紹介
 ⇒絶望先生のアニメ化など、マンガ業界にまつわるニュースをご紹介。
  過去にもやってましたが、記事の新鮮さを求めたら死にそうになった経験があるので、
  基本はニュースサイト様たちが紹介した記事をそのまま流用・・・
  じゃなかった参考にさせて頂く感じで紹介していきます。

  なので新鮮度はありません。週1ぐらいで更新していければいいな。


■特集系記事(長文)
 ⇒特定の作家さんの特集記事や、テーマ別の特集など。
  また個人的な“お祭り”系の記事も含まれる、
  これまであった長文系の記事になります。
  更新頻度は不定期ですが、一押ししたい作品・作者さんを取り上げる時や
  気分が乗ってる時などにガッツリ書きたいと思います。

  目指すは月2~3ぐらい。・・・現実は月1?



以上のような分類で、今後やっていきたいと思います。
これまでの更新スタイルが気に入って頂いてた方には申し訳ありませんが、
今後も皆さんに記事をお届けしていく為の転換なのでご理解頂ければ幸いです。

以前「縮小予定」と予告しましたが、文章量自体は縮小しますが、
更新頻度としてはこれまで以上に増やしていきたいと思っています。
とは言えど今までと同等(2~3日に1回更新)をまずは目指して、
今後ともやっていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

勿論色々試行錯誤しつつ、また形は変えていく予定です。
皆さんからのご意見も参考にさせて頂くつもりです。
よりよいサイトを目指して頑張っていきますので見捨てないで見守り続けてくださいませ。

ある程度固まってきましたら、GW明けぐらいにはサイトリニューアルも予定。
ご期待ください。(あくまで予定ですが)


-----------------------------------------------------------------------
そうそう、この前予告した通り今週の大人のジャンプ感想はございません。
やろうと思ったネタは各サイト様でやられてるので、
そちらをご参照頂ければと思います。

◇テニプリ関係
ボールは割れた。だが、なぜボールは割れなかったのか。
衝撃の“ボール真っ二つ事件”を検証する!
テニプリ決勝オーダー予想

◇内水先生の読みきり
ジャンプの読みきり「アスクレピオス」 ロザリィの可愛さはガチ

◇ネウロ
「魔人探偵脳噛ネウロ」今週の風刺ネタがやばすぎる件について

◇とらぶる
とらぶる ララ父「ワシの身長は108cmまであるぞ」
2007年ジャンプ19号感想

ホントに俺出る幕ない(汗)
皆さんの瞬発力にはホント感心します。

更には「ヤマカム」さんと「おふらいんVer2」さんが帰ってきた!!

これはとても嬉しい出来事。
やはりネタの瞬発力と切れ味に関しては素晴らしすぎる2サイト。
正直この2つが復活したとなるとうちの出る幕が・・・ないんじゃないかと。

が、うちは瞬発力のないサイトではありますが、
それでも俺の変態行為を楽しみにして頂いてる読者様がいらっしゃると思うので、
縮小ながらも続けていきたいと思っています。
うちにネタを提供し続けてくれる「To LOVEる」の為にも・・・!

で、今週の読みきり「アクレピオス」の件です。




namagaiinikimatteru5-1.jpg
おしっこは毎日出ますか?」「ううん…今は、ほとんど出ないの…」

えっと・・・
真珠の趣味部屋さんがうちの反応を期待されてたんですが。

いやいやいや。
おしっこなんて。おしっこなんてねぇ?
そんな属性ないですよ。ええ。





namagaiinikimatteru8-1.jpg
おしっこ我慢してる女の子の表情が好きとか






namagaiinikimatteru9-1.jpg
そんな女の子にペットボトルを差し出したりするのが好きとか

おしっこ我慢してる女の子のお腹をぐいぐい押したくなるなんて事はありません。ええ。

一緒に歩いてたら潤んだ瞳に真っ赤な顔で「・・・おしっこ」って袖を引っ張られたり、
「・・・我慢できない!もうおしっこ我慢できないー!」とか言われたりとか、
出来ればイヴか春菜辺りに今度やってほしいですね。今度どうですか矢吹先生&長谷見先生?

あれ、違う違う。俺が言いたいのはそういう事じゃなくて、
おしっこのチョロチョロする音が好きとかねぇ?
あの音聞くと、何かこう興奮するとかそんな属性なんて・・・ねぇ?




namagaiinikimatteru10-1.jpg
ちょろちょろ








namagaiinikimatteru11-1.jpg

…あ……


・・・
そ、そんな事はさておきですね、
来週は以前赤マルに登場して大絶賛した古味直志先生が読みきりで登場!
<参考>
赤マルに眠る怪物・・・「island」古味直志と言う原石





namagaiinikimatteru6-1.jpg
タイトルは「恋の神様」

中世を描いた前作から、いきなり現代、しかもラブコメっぽい感じに!?
「少女漫画を読んで恋愛力がアップする」って・・・それ何て乙男?

前作とは全く違うジャンルだけに、
その真価が問われる今作、非常に楽しみです。期待しております。


-----------------------------------------------------------------------
・・・えっと。






: : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ
結局長文になってしまった・・・

「ゆすらさんのイラストが神!生でしたい!今後ちょっと更新スタイルが変わります!
 んで今週のジャンプ感想はなし!期待の古味先生登場!おしっこ大好き!


っていう2行を伝えるのにこれだけかかってしまう俺を誰かどうにかしてください。
というか今回の記事は「生」と「おしっこ」について熱く語るという、
今までにない変態チックな記事で、そろそろ有害サイト指定受ける日も遠くないと思う。

※すでにK県辺りで受けてる可能性もあるかもしれない。
※うちのサイトを小学生が見てるという事実は、いつも俺を驚かせます。大丈夫ですか?
※全然関係ないですけど、当サイトは皆様からのスルーパスをいつも心待ちにしてます。
※結局グダグダだ・・・
※ホント見捨てないでくださいね。


<ここから追記>
※すみません、DAIさんからご指摘受けました。おしっこと言えばぢたま某先生!
※「kiss×sis」のりこ姉ですよね!
 
※酔っ払ってしまったりこ姉は、一人でトイレに行けなくなってしまった。
※けどもう漏れそう。いやむしろ漏らすと宣言。
※そんなりこ姉を見かねて、圭太がトイレに連れて行く。
※そこからりこ姉のエロ攻撃がエスカレート。
※圭太に対し「パンツ下ろしてくれないと漏らしちゃう」と脅す(?)
※渋々パンツを下ろした圭太だったが、りこ姉のそれに反応してしまう。
※そして「早くしろよ!」とトイレから出ていこうとしない。
※そんな圭太に対し、りこ姉は・・・!









rikoneeosikko_01-1.jpg

「・・うん・・・・するね・・・」



※え







rikoneeosikko_02-1.jpg

「出・・る・・・・」

※これで正常な青年がまた一人おしっこ好き同盟へと足を踏み入れるのであった。
※本当にごめんなさい。けどきっと楽しいから大丈夫です。
※「Kiss×sis」の単行本は多分今年中で出ると思います。まぢでヤバイですよコレ。


---------------------------------------------------------------------
さよなら絶望先生 第8集 (8)
久米田 康冶
講談社 (2007/04/17)
売り上げランキング: 11


恋愛ディストーション 1 (1)
犬上 すくね
少年画報社 (2000/05)
売り上げランキング: 48045


センチメントの季節 (秋の章)
榎本 ナリコ
小学館 (2005/03)
売り上げランキング: 74711
おすすめ度の平均: 4.0
5 二度目の秋がいい
3 絵は上手、内容はエロエロ


---------------------------------------------------------------------
今回の「生」記事について不快感を感じた方へのお詫び

※沢山のご意見ありがとうございました。
 まずは多くの方に不快な想いをさせてしまった事をお詫び致します。
 申し訳ありませんでした。
 女性の立場を考えない軽率な発言、悪ふざけとも取れる発言は、
 そう思われて仕方ない文章を載せてしまったかと思います。

 ただ決して悪戯に「生を推奨してる」記事では無いという事だけご理解下さい。
 避妊の重要性は勿論理解してますし、
 生でしてしまった場合の女性の心理的及び身体的不安に関しても理解してるつもりです。
 と言ってもこういう記事を書いた以上、そうは取ってもらえないでしょう。
 それは自分の発言が招いた事なので致し方ないですし、
 失望・軽蔑されるのも当然の事かと思います。
 許して頂けるとも思っておりません。

 ここで語りたかったのは、上手く言えませんが「生」の本質のようなものです。
 ただ“生は気持ちいいから、みんな生でやろうよ!”的な趣旨ではありません。
 本当に大好きな、愛した人と、双方合意の元でするその行為。
 それは誰かが生まれる、二人の結晶が生まれる為の行為という認識。
 それらを全て理解した上で、二人で紡ぐその行為はとても幸せで気持ちいいものなんだ、
 そんな事を伝えたかったんです。
 (ここで言う“本質”が合ってるか間違ってるかというのはまた別として)

 その結晶、子供を望まないのであれば勿論絶対に避妊はすべきだと思います。
 望まずに出来てしまった場合の、女性側の心と身体の負担の大きさ。
 だからそれをしっかりと書かないで「生」について語ってしまったというのは、
 批判を浴びても致し方のない事だと反省しております。

 ただこれら全てをしっかりと理解していても、イチ男性として、個人として
 やはり「生でしたいなぁ」という欲望というか願望があります。
 これはたかすぃ自身の純粋な欲望ってやつです。
 それは自分の中に確かにあるものですから、否定は出来ません。
 今回はその気持ちを表に出してしまった。

 勿論それを実行に移せば相手である女性に多くの負担を与えてしまうのは分かっています。
 だから基本的には「生」でする事はありません。
 するのであれば、その相手と一生歩いていきたいと思い、
 かつその相手の合意があった場合です。

 ただもっと若い頃は、そんな事も考えず「ただ生でしたい」と考えてた時期もありました。
 その時の自分はやはり最低野郎だと思います。
 けれどその気持ちはやっぱり消える事はないのです。
 一度感じた快感は中々忘れる事は出来ません。
 けれどその快感を追求してしまったら、相手を傷つけたり不安にさせてしまう事になる。
 そう理解してからは、その覚悟が自分と相手にない限りしてません。

 当サイトは基本的にエンターテイメント性を追究しております。
 皆さんを楽しませようという心が、間違った方向へ行ってしまっていました。
 それ故に、軽はずみな発言をして多くの方に不快感を与えた事をお詫び致します。
 文章に関してはそのまま修正せず掲載を続けさせて頂きます。
 これに関して賛否両論あるのは重々承知の上です。
 不快感を与える文章をそのまま掲載し続けるのは心苦しくもあります。

 しかしこれは自分が書いた文章として、やはり残し続けていかなければならないですし、
 それを見た人に失望・軽蔑されるのは今の自分にとって必要な事だと思うからです。
 そうした事で皆さんが感じた不快感を自分自身がしっかり受け止めていかなければ、
 やはりまた同じ事を繰り返してしまうからです。

 文章だけで自分の想いを全て伝えるのは非常に難しいです。
 ちゃんと伝わってるかどうかはいつも不安に駆られます。
 だからこそ、皆さんも不快に思われたのであれば言ってほしいですし、
 それに対しての意見をまた述べさせて頂くというのは時間の都合上難しい所もありますが、
 貴重な一つの意見として真摯に受け止めさせて頂きます。
 
 改めてこうしてお詫びするという事はこれまであまりしてきませんでしたが、
 今回は自分の配慮の足らなさ過ぎが招いたモノとして、
 深くお詫びさせて頂きたいと思った次第です。

 長くなってしまいましたが、最後にもう一度お詫び致します。
 不快感を感じさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
 またこれに関してもご意見等頂ければ幸いです。
 
 ここまで読んで頂きありがとうございました。


きっと、心温まるマンガ特集
2007年04月10日 (火) | 編集 |
春です。

桜も満開、太陽の日差しがぽかぽかと暖かく感じるようになりました。
そんな太陽の光を浴びながら読むマンガはまた格別です。
ええ。春はアウトドアでゆっくりまったり読んでみませんか?
暖かい春に、温かい漫画をオススメします。

身体も、心も温かくなりましょう。

というわけで今回は「きっと、心が温まる」マンガ特集。
貴方の心にポッと宿る“何か”。
それはジーンと貴方の身体に染み渡ります。

正統派から異色モノ(?)まで、心温まる5作品を簡単にご紹介。
ご興味持った作品は是非お手に取って頂ければ幸いです。


------------------------------------------------------------------------
【愛情たっぷりの小学生4コマ「らいか・デイズ」】

raikadays05_atatamaru-1.jpg

最初に紹介するのは超王道とも言えるこの作品。もうね、大好きすぎなんです。

むんこ作品は全部心温まる作品なのでどれもオススメなのですが、
やはり中でも代表作であるこの「らいか・デイズ」は一つ飛び抜けてる感じがあります。
何つーか、この作品ほど優しい作品って中々ないですよ。
読み終わった後に必ず優しい気持ちになれるんです。
それがもう堪らなく心地よくて、どっぷり浸かれる。そんな「らいか」ワールド。




atatamari2007_04-1.jpg
これはもう作者の愛の塊だよなぁ・・・

いや、むんこ作品はどのキャラもたっぷりの愛が注がれてるんですが、
それでも“らいか”だけは特別なんじゃないかなぁと思ってしまうぐらい。
決して可愛く描かれてるわけじゃないのに、むちゃむちゃ可愛く思えてしまうのは、
その内面があまりにも可愛らしいからかも。

小学6年生という、子供と呼ばれる最後の時代。
そんな来華は頭脳明晰、品行方正の模範的優等生。
けれどドジな所があったり、料理が苦手だったり、恋愛面では奥手だったり。
そんな両極端な所が魅力的な、とても心優しい女の子。

って書いてて気が付きました。




atatamari2007_05-1.jpg
らいかは、きっと僕らの理想の女の子なんだなぁって。

“萌え”とかそんなんじゃない、何て言うか僕らが心から求めてる女の子。
勿論人それぞれ好みはあるだろうけれど、こんな子に一度は恋した事があると思うんだ。
僕らはこの優しさに、とことんやられてしまう。
そんならいかが織り成す日々に、もうメロメロなんですよ。

そしてそんな日々を見事に“絵”で魅せてくれるむんこ先生。
喜び、悲しみ、楽しさ、驚き。
そんな感情一つ一つを、表情や仕草や行動でしっかり描いてくれる。
よく全くセリフ無しで描かれる事が多々ある、むんこ作品。
セリフ無しでも伝わる。いや、セリフ無しの方がより一層伝わる時がある。
それはキャラクターたちの感情が、
しっかりと読者に120%伝わるように描かれているからに他ならない。

で、更に秀逸だなぁと思うのが、実は「タイトル」なんですよ。
タイトル見て読む、というのが一般的な読み方だと思うんですが、
俺の場合はオチまで読んで⇒タイトル読む、っていうやり方だったりします。
4コマのタイトルって使い方によってはすごく効果的に使えるんですよね。
個人的には“5コマめ”的な存在として捉えたりしてます。
何ていうか、オチを補完する役割っていうか。

例を挙げると・・・




atatamari2007_03-1.jpg
このタイトルは「君と僕らの子供の為に」

毎回毎回こんな絶妙なタイトルをつけてくる、むんこ先生。
何気に相当考えてるんじゃないかなぁ。
全然話は違ってきますが、「×ーペケー」の新井理恵先生が、
4コマ本編の話よりもタイトルの横に書く文章の方が考えるのに時間がかかる、
とか昔言ってたなぁってふと思い出したり。

何にせよむんこ先生はタイトルまでも愛情に満ち溢れてます。
タイトルを見て初めて心温まる事もしばしば。
感動の増幅剤のような感じですね。上手く言えませんが・・・

本当に一つ一つと丁寧に描かれる“らいか”ワールド。





atatamari2007_01-1.jpg
「らいか・デイズ」を包んでいるのはまさしく“愛”。

それは親から子供への“愛”でもあるし、
子供から親や祖父母への“愛”でもある。
そして友達同士も、深い“愛情”や“友情”で繋がってる。

そして何より好きなのが甘酸っぱい恋。





atatamari2007_02-1.jpg
何か懐かしい気分にさえなるその甘酸っぱさは、絶対に癖になる。(5巻のこれは正直やばかったw)

そんな“愛”で織り成された優しい物語。
たまらなく好きです。
貴方の心を、きっと温かくする作品です。
今回この特集をしたのは、この作品をしっかり紹介したかったからなんですよ。

この春一番の温かさは、「らいか・デイズ」から。


------------------------------------------------------------------------
【ほのぼのシルバーライフ4コマ「二人ぼっち」】

hutaribotti_atatamaru-1.jpg

嗚呼、老後って楽しそうだなぁ・・・

そんな想いにしみじみ更けてしまう、極上のほのぼのライフ漫画。
先ほどの「らいか・デイズ」とは全く年齢層が違う、定年後のシルバー夫婦4コマ物語。
団塊世代の退職によってこういう人達がこれからかなり増えてくるんだろうなぁ・・・

主人公は「お父さん」「お母さん」。名前は無い。
ほのぼの優しくて、ちょっと心配性だったり変な所で凝り性だったりするお父さん。
しっかり者のようでどこか抜けてたり、ちゃっかり者だけどお父さんへの愛情たっぷりなお母さん。
そんな二人が織り成す夫婦物語は、まさに理想の夫婦像。




atatamari2007_08-1.jpg
熟年の愛が染み出ている作品なのです。

たまにですけど、年配の方でも手を繋いでる夫婦を見かけたりします。
それがすごいなぁっていつも思ってしまうんです。
だって何十年も寄り添って生きてきて、
ちゃんとそうやって手を繋ぎ続けてるのって素敵な事じゃないですか。

大好きな人と、いつまでも仲良くいたい。

それは簡単なようで、実は本当に難しい。
夫婦って“一番近い他人”なんですよね。
生きてきた環境や価値感が違う二人が一緒になるんだから、
そりゃ問題も沢山起こるし、見えなかった一面が日々見えてくる事でしょう。

そんな二人が長く連れ添った上で織り成す日々は、とっても優しい。




atatamari2007_07-1.jpg
この愛情は、積み重なった年月があってこそ。

味がありすぎる、ほのぼのライフ。
孫にとっても甘い二人。
そんな孫に好かれようと頑張る二人。
嗚呼いいなぁ。何かいい。

そして「二人ぼっち」というタイトル。

これがまた見事に僕らの心をくすぐるって言うか。
定年して、子供も巣立っていった夫婦って見事なる“二人ぼっち”なんですよね。
残りの人生のほとんどの時間を、たった二人っきりで過ごす。
それは本当に大好きな人じゃないと出来ない事。
二人が織り成す世界は、二人だけの世界。




atatamari2007_06-1.jpg
そんな幸せな世界を、ちょっとだけ垣間見れる作品。

読んだ後は、きっとほのぼの暮らしたくなる。
っつかもう定年したい。定年してゆっくり過ごしてぇええええ
そんな仕事に疲れた27歳には、あまりにも染み渡る「二人ぼっち」の優しさです。


------------------------------------------------------------------------
【ちょっと不思議な、中学生神様マンガ「かみちゅ!」】

kamityu02_atatamaru-1.jpg

私、神様になっちゃった。

とある普通の女子中学生の、そんな衝撃の発言からスタートする、とっても不思議な物語。
もともとは2005年に放送されたアニメ作品であり、
文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を獲得した程の良作だったりします。

そんな元々のアニメ版は全く見てないのですが、
今回コミカライズされたこの作品はそんなアニメ版と遜色ない素晴らしい出来、との事。
漫画版しか読んでない自分が言うのも何ですか、確かに面白いと感じさせてくれるこの作品。




atatamari2007_09-1.jpg
何より“神様”になっちゃった主人公が普通の可愛い女子中学生という設定が最高です。

ゆりえちゃんの可愛さはもう半端ないですよ。
「かみちゅ」は“神様で中学生”の略なんですが、
ゆりえちゃんが「かみちゅ」と言う度に俺の胸はトキメキます。
そんな、“ちゅ”だなんて・・・

そういったアホな妄想に耽るものまた良しな作品なのです(ぇ)

何より素敵なのが、ゆりえちゃんが神様になっても全くそれに驚く事なく
そのまますんなり受け入れちゃう世界観。
「ゆりえちゃん、神様になったんだって?」
そんな“神様”さえも日常に組み込まれてしまう不思議な世界は、
言葉で言い表せない優しさと暖かさに包まれてるのです。

それを見事に表現した作者である鳴子ハナハル先生の画力は正直驚愕だったり。





atatamari2007_10-1.jpg
ゆりえちゃんが神様の力で創り出した世界。何ともカオス・・・

とても巨大な力を手に入れたゆりえちゃんが、
それを使ってどうこうする話ではありません。
むしろ“神様”になっても恋に悩み、右往左往する普通の女子中学生。
そのギャップというか、ズレ方が何とも心地良い作品なんですよね。

純粋で、ドジで、真っ直ぐで、可愛いゆりえちゃんを心から応援したくなります。神様なのに。

そんな普通の女子中学生のゆりえちゃんが神様になった理由、
その経過は作中で全く語られる事はありません。
そこを不思議に思う人もいるでしょう。
しかしそんなのはどうでもいい、そっか神様になっちゃったんだね、
そんな大きな心と温かい心で見守りつつ読み進めるのが、
「かみちゅ!」の正しい読み方なのかもしれません。





atatamari2007_11-1.jpg
こけて濡れちゃったスカートをストーブでかわかす“神様”

そんな設定(?)に悶える事が出来る人は、迷わずオススメします。
神様で中学生の「かみちゅ!」。

フランさんのトコによると電撃大王に掲載されてた時によりも大幅に加筆されてる模様。
 この加筆っぷりはすさまじいですね・・・
 しかしこの絵柄でエロかぁ。うん、すげー読みたいです。誰か見せてください(切実)


------------------------------------------------------------------------
【ドジっ娘薬剤師の、成長物語「薬屋りかちゃん」】

kurusiryarika_atatamaru-1.jpg

薬剤師の人にスポットを当てた作品ってのはこれが初?

とにかく珍しいですよね。医者や看護婦にスポットを当てた作品は数知れずですが、
薬を調合し、渡すという薬剤師に“のみ”特化したというのは知る限り過去には無かったかと。
なのでまず新しい世界を垣間見れるという点では間違いないと思います。

薬剤師は、その名のごとく薬を作り出す人の事なのですが―――




atatamari2007_12-1.jpg
「――ガラスのむこう。色とりどりの、甘いシロップ苦い粉。
 飲むうちに消えていく、痛みやかゆみ。
 それはまるで―――“魔法”みたいだな―――」


人の身体をたちまち治してしまう“薬”
人生においてそのお世話になってない人っていうのはほとんどいないかと思います。
色々問題が取り出される現代ではありますが、
やはり薬と人は切っても切れない関係。
とても身近だったのに、今までその内情が語られてなかった世界でもあります。




atatamari2007_13-1.jpg
実際薬局で待たされた経験がある人って多いのでは?

確かに40度の熱を出してフラフラな時に、
20分とか待たされた時はちょっとどうしようかと思いましたが、
不思議だったんですよね。
「錠剤」を渡すだけならすぐに出来るんじゃないかって。
そんなドラッグストアで風邪薬を買う感覚になってしまうんですよね。




atatamari2007_14-1.jpg
こんな風に“薬”を作ってるなんて知りませんでした。

粉薬や飲み薬。
それは薬剤師さん達の手によって一つ一つ作られてるという事。
そしてそこに発生する様々なドラマ。
決して派手ではないけれど、そこには色んな“事情”がある。
病院に、健康な人が来る事は無い。
だから薬局も、どこか病気の人が来る。




atatamari2007_15-1.jpg
そこに人が介入する限り、感情が交錯する。

“薬剤師”だった作者による、とことんリアルに描かれているというこの物語。
さすがに実体験に基づいてるだけあって、ふとした日常でも重みを感じてしまいます。
少女生理学」などの切ない恋の物語を描いてきた新井葉月先生の新境地。
そんな物語の主人公は、ドジっ娘薬剤師。
患者さんとの触れ合いで成長していく、この物語は確かに温かい。

身近な薬の話だからこそ、「薬屋りかちゃん」は読んでおきたい秀作です。


------------------------------------------------------------------------
【あまりにもゆるすぎる家族を描いた迷作!?「モナミちゃんねる」】

monamityanneru_atatamaru-1.jpg

繊細な世界を絶妙に描く、さそうあきら先生の家族を問う(!?)作品。

さそうあきら先生と言うと真っ先に思い浮かべるのが「神童」なんですが、
音楽漫画の中では確実にトップクラスとも言える傑作でした。
“音”を見事に絵で表現し得た、非常に稀有な作品の一つです。

そんな繊細さを描く先生が描く家族物語もまた繊細・・・では勿論ありませんでした!




atatamari2007_16-1.jpg
3人のゆるゆる家族が織り成す、ゆるゆるな日常。

一応父・ホラー作家、母・お琴の先生といった設定はあるものの、
それが活かされる話はほとんど無い。

電車の中であっち向いてほいを真剣にやりだす母娘。
お風呂から上がったら皆で全裸で体操を始める家族。
生活費がピンチなので、子供のお年玉貯金に手を出そうとする夫婦。

ダメダメなんだけど、何か微笑ましいモナミ家。
彼らは人生を楽しむ為に全力を尽くす人達。
そんな彼らの地味にハチャメチャな生活を、貴方は楽しめるか。




atatamari2007_17-1.jpg
嗚呼・・・何度見てもお馬鹿。

けど、けど家の中だったら何してもいいんです。
家族の前だったら何してもいいんです。
外では着飾ってる人も、家の中では別人でしょう?

正直途中破綻してる話もあったりと万人にオススメできる作品ではないんですが、
ゆるゆるオバカな日常を見るのが好きな人には是非オススメしたい迷作・「モナミちゃんねる!
あとさそうあきら先生が好きなら迷わずGOです。


------------------------------------------------------------------------
<参考>
南ひろこのお気楽日記
電撃大王で読んでてガッカリした人にこそこの単行本を読んで欲しい「かみちゅ!(2)」

いかがでしたでしょうか?
普段あまり触れない作品たちを紹介してみました。
どれもこの時期に読むには最適な作品なので、
気になった作品があればチェックしてみてくださいね。

あとこの記事とは関係ありませんが、今週のジャンプ感想は無いかもしれません・・・
マガジンとサンデー次第な感じで。
それに伴い、今後の運営方針もちょっと変えていきたいと思ってます。
それについてはまた後日。

さて花見、花見。花見は何気にパンチラスポットです(ぇ)


------------------------------------------------------------------------
らいか・デイズ 1 (1)
らいか・デイズ 1 (1)
posted with amazlet on 07.04.08
むんこ
芳文社 (2005/03/03)
売り上げランキング: 6633
おすすめ度の平均: 5.0
5 四コマか、とあなどるなかれ 
5 これはヤバい可愛さ
5 新しくも懐かしい「むんこワールド」入門書


二人ぼっち
二人ぼっち
posted with amazlet on 07.04.08
南 ひろこ
日本文芸社 (2007/03/19)
売り上げランキング: 57136


かみちゅ!(1)
かみちゅ!(1)
posted with amazlet on 07.04.08
鳴子 ハナハル ベサメムーチョ
メディアワークス (2006/01/27)
売り上げランキング: 274
おすすめ度の平均: 4.5
5 神さまだって苦労してる
4 まんが版も発売ちゅっちゅー?みたいな?
5 アニメに負けない秀作です


薬屋りかちゃん 1 (1)
薬屋りかちゃん 1 (1)
posted with amazlet on 07.04.08
新井 葉月
双葉社 (2007/03/12)
売り上げランキング: 6006
おすすめ度の平均: 5.0
5 薬剤師の悲喜交々
5 読み手は選ぶかも


モナミちゃんねる!
モナミちゃんねる!
posted with amazlet on 07.04.08
さそう あきら
双葉社 (2007/03/28)
売り上げランキング: 7316


そう、時代はピュアエロを求めているんだよ!
2007年04月05日 (木) | 編集 |
聖結晶アルバトロス」の若木先生がサンデー超で復活です。



pyuaeromotomu01-1.jpg
美少女だらけのサッカー大会を描いた「ミスターシスターゴリラー」

スク水にサッカーボール・・・
若木先生、何か吹っ切れたんでしょうか。
やはり前作のアルバトロスで全て出し切れなかったのを悔やんでいるのかもしれません。

※参考
「聖結晶アルバトロス」総括(上)
「聖結晶アルバトロス」総括(下)

ここに載ってるユウキに迫るピジョンちゃんとかを見てると、
何か若木先生は女の子描いてる時が一番イキイキしてるように見えるんですよね。
だからこの読みきりはきっと楽しいものに仕上がってるハズ。
期待しております。そして再び本誌への復活を!!

さてそんな若木先生は「P2!」の江尻先生と何やら仲が良いみたいで、
15号で掲載されたP2!の原稿のお手伝いをしたそうです。
そこで描かれたのが若木先生が描いたモブキャラ。
そう、とにかく「P2!」のモブキャラはかなりツボなキャラが多く、
あの相馬ガールズが登場してから一気にその華が開きました。

で、今週も素晴らしくツボな子が登場。それがこの子です。




pyuaeromotomu02-1.jpg
乙女ちゃんと一緒にお昼ご飯を食べてるこの子。

久々の大量出場の乙女ちゃんはさておき、
やばいですよこの子。

この外見の可愛さをもさる事ながら、




pyuaeromotomu03-1.jpg
お昼に重箱

乙女ちゃんが普通のお弁当、その横にいる子はカップラーメンだと言うのに、
一人重箱弁当。何この子お嬢?

更に「うざい」とヒロムを一蹴した乙女ちゃんに対し、

「ちょ…ちょっと乙女っち、いいの?」

乙女っち・・・
この“~っち”とつける女の子はけっこう好きなんですよ個人的に。
何ですかね、憧れ?
生涯一度も呼ばれた事が無いからこその、無いものねだりなのかもしれません。
けど好きなんです!“~っち”!!
※ただしこのお嬢っ娘じゃなくてカップラーメンっ娘が言ってる可能性もありますが。

まあ何にせよ、




pyuaeromotomu04-1.jpg
可愛い。全てはそこに集約されるのです。

この子がヒロムがお金のピンチになったりした時に、
颯爽と再登場するとかそういうのを希望です。
可愛いなぁ。とらぶるの胸揉まれ子のように定期的に登場してほしいぐらい。
あ、やべえ見れば見るほどけっこう好きかもしれない・・・
どんどん好きになっていきます。

さてそんな「P2!」も王華戦が終わり新たな展開へ。
あの熱かった王華戦。それが人気獲得に繋がったのか、
今週は久々に最下位脱出!!更に来週はもうワンランクアップと、
奇跡への道を一歩一歩踏み出していっています。
重版も決まった「P2!」、これはファンにとって非常に嬉しい出来事ですね。

そんな代わりに最下位へと落ちてしまったのが「太臓」。
前回とかいい位置につけてたのにいきなり急降下しましたからね。
矢射子の告白⇒成功と怒涛の展開で読者を惹き付けただけにこれはかなり意外な展開。
ちなみにこの掲載順位は6~8号くらい前のアンケート結果が元になる、
という噂がありますが、ちなみにその時の話って一体何かっていうと・・・




pyuaeromotomu05-1.jpg
「大乳輪アターック!!!!」

真白木留年確定の回でした。

あれれ人気投票10位の真白木活躍だったのになぁ。
ちなみに「P2!」は相馬ガールズが台頭してきた辺りでした。
やはりそこで差が出たか!?

というわけで今週。
留年した真白木は当然のごとく登場しつつ、
先週見事結ばれた矢射子が登場しないのが何と無く寂しいですね。
何かポッカリと穴が空いた様。

そんな穴を埋めるのは新入生。
先週登場したキツネの陽子、アイドルのもえるんといった女性キャラが加入。
やっぱり女性キャラですよね、うんうん。
しかしもえるんは今週からいきなりメガネっ娘へ。先週はかけてなかったのに・・・

何と無く大亜門先生の気合を感じます。




pyuaeromotomu06-1.jpg
そんな新キャラにいきなりとらぶるネタをかます辺りとか・・・

ホント大亜門先生はネタを取り入れるのが早すぎです。
この人ジャンプ読んでからネーム作ってるんでしょうか。
それともわざわざネーム作り変えてるのか・・・すごいパロ根性です。

さてそんなパロにされやすい「To LOVEる」ですが、
今週も勿論やってくれました。最近加速しすぎてる気がします。勿論性的な意味で。





pyuaeromotomu07-1.jpg
今回の御題は「ツイスターゲーム」

・・・何でいつもいつもこの作品は俺の心をくすぐるんでしょうか。
出ましたツイスターゲーム。
俺の心の中でベスト3に入るぐらいドキドキなゲームです。

過去に一度だけ女の子とプレイした事があるんですが、
これは本当にヤバイですよ。いやスカートじゃなかったですけど、
普段絶対見れないような格好をじっくり見る事が出来る至高のゲーム。
オススメは旅行とかに持ってやるのがいいです。
思ったより女の子は普通にやってくれます。しめしめ。びっくりですね。

勿論こんなハプニングもあるわけですよ。






pyuaeromotomu08-1.jpg
「当たってる…」

大体これが目的で参加してるのに、気付かないわけがないじゃないですか。
腕がつるとか、そんな事気にしてません。
大体エロの前では全ての痛みは去るのです。
人間の集中力ってすごいですよ。
下手な痛み止めより、目の前のおっぱいの感触とパンチラです。これはガチで。

いやーしかしこれ見てたら久々にやりたくなってきましたツイスターゲーム。
今度“男女混合組んずほぐれつツイスターゲームオフ”とかやりませんか?
勿論女の子はスカート参加必須です。
多分実行したら集まったのは全員男とかそういう悲しいオチが待ってると思う。
それでも実行する僕ら。涙はしょっぱいんだよ!!

※そもそもスカートの女の子が参加してくれたとしても待ってる結果は有無のムーさんが書いてる通り。

そんなノスタルジック(?)な想いにさせてくれる「To LOVEる」ですが、
今週もしっかり暴走してます。




pyuaeromotomu09-1.jpg
エロ春菜




pyuaeromotomu10-1.jpg
エロララ

この2コマだけ抜き出すともう少年誌じゃないね・・・いや今更ですが。
やっぱりとらぶるは一歩先を行ってます。性的な意味で。
尻尾が弱点、というのは古くはドラゴンボールとかであった設定ですが、
そこに性感帯を当てはめるという発想がとらぶるクオリティ。
ホント使い古された設定を上手くエロアレンジするのが天才的な作品ですとらぶるは。
その点だけは本気で尊敬できますね。

やはりそんな「To LOVEる」がジャンプに与えた影響は非常に大きく、
「To LOVEる」以前と以後では全く誌面の華やかさが違っているのはこれまで多く語ってきました。
しかし今年に入ってからは本当にすさまじいです。
まさにエロフィーバー。エロが登場してない作品が珍しいぐらいなのです。

ワンピではエロ紳士の登場、ナミのおっぱい披露も記憶に新しいです。
ネウロでは今話題の這って動く・・・白!俺の中の流行語大賞最有力候補だったりします。
エム×ゼロもパンチラ解禁、P2や太臓でもお尻解禁などとにかくエロ要素満載なのが今のジャンプ。

更に今週の「リボーン」では・・・




pyuaeromotomu11-1.jpg
「ガキ共が」

男は永遠に少年ですよ!
いつでも裸が見たい。死ぬまできっと抱き続ける夢・希望・冒険です。冒険?
ガキ呼ばわりして見れるならいくらでもガキと呼んで!
しかしここまで直接的なのはかつての下着対決以来な気がします。懐かしいなぁそれ。

さてエロ要素は期待のニューフェイス・・・新連載陣にも及びます。
今年初の突き抜け作品「M&Y」がエロを出し惜しみして急落した失敗を踏まえたかのように、




pyuaeromotomu12-1.jpg
郷田豪の第3話で早くもヒロインのおっぱいが登場

この漫画は完全にエロとかけ離れてるのに・・・
むしろこのシーンだけ不自然なほど浮いてます。
けどネコは好きなので個人的にはアリです。
郷田豪はネコの為にだけ見てると言っても過言ではないぐらいです。

さてもう一つの新連載組である「サムライうさぎ」
ジャンプらしからぬ、ほのぼの&情緒のある味わいの作風が
ネット世代からの大きな共感を呼んでいます。
そんなサムライうさぎが目指すのは“ピュア夫婦漫画”

手すら握るのにも躊躇するという、とらぶるで慣れさせられてしまった僕たちにとって、
このピュアさは正直衝撃的でした。
しかし同時にそのピュアさに共感する人達が続出。
そもそもとらぶるみたいなエロ展開が人生でやってくる事はそうそうないのです。
だって僕らはピュアだから。
エロが大好きな心なピュア野郎。

そんな僕らの心を癒すピュア漫画こそが「サムライうさぎ」なのです。
そしてそんなうさぎが僕らに示したのが・・・これだ!






pyuaeromotomu13-1.jpg

おっぱい





: : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ
まさかサムライうさぎまでおっぱい出すなんて・・・


これは明らかに不自然だろ・・・
しかし!そこはさすがの「サムライうさぎ」です。
単なるエロ露出、サービスで終わらないのがピュア夫婦物語たる所以。

ピュアと言えば恥じらいです。
恥じらいこそが僕らの心をくすぐります。
大体おっぱいやら裸を見られて平然としてる子とか、「ガキ共が」で済ませちゃったりとか、
やっぱりそれじゃ僕らの心はときめかないんですよ。見るけど。

僕らがときめくのは・・・




pyuaeromotomu14-1.jpg
見られたら隠す!その恥じらいの心なんですよ!

いい!
いくらいきなり初登場でゲロを主人公にぶっかける女の子であっても、
おっぱいを見られたら隠す!その心意気や良し!

それに対する主人公。
昔から女の子の裸を見たら鼻血を出すというのが黄金パターンです。
そう、裸を見て鼻血を出すという行為こそがピュアの証。
普段から見慣れてるような奴は鼻血なんぞ出しませんよ。






yabukibankai10-1.jpg
イヴのおっぱいを超接近距離で見ても鼻血を出さないリト

汚れきってる・・・
数多のおっぱいやら裸やらを見てきたリトはもう汚れてます。
彼が鼻血を噴き出すなんて事はこの先きっとないでしょう。
ピュアとはかけ離れてるのがとらぶる。

そして先ほども登場したリボーンのラル・ミルチの裸を見たツナと獄寺の反応はと言うと・・・・




pyuaeromotomu17-1.jpg
「おっ……………」

うーん、まだ“ややピュア”って感じですね。
この程度の鼻血、まだまだ序の口です。
“ピュア”と名乗るにはまだ血の量が足りません。

そう、どれだけの量の鼻血を出すか。
それによってどれだけそいつが“ピュア”なのかが測れるのですよ!!
ピュアと鼻血の量は比例する!今思い付いた!!

そして“ピュア”の代表格とも言えるサムライうさぎの主人公・ごっちんの鼻血の量は!?






pyuaeromotomu15-1.jpg

これが“ピュア”ですよ

画面を覆いつくさんばかりの鼻血の量。
まるでジェット噴射のように吹き出るその“鼻血”は、
ごっちんがどれだけピュアなのかを物語っています。

更に彼がすごいのは、リトが至近距離乳首、ツナや獄寺が中距離裸が対象なのに対して、
ごっちんは何と「背中」。
そう、ごっちんの角度からでは加代のおっぱいは全く見えないのだ。
見えるのは白く透き通った背中のみ。
それなのにこれだけの鼻血の量・・・すさまじい程のピュアっぷりです。おみそれしました。

が、ホントに“いい身体”というのは背中を見れば分かります。
背中っていうのは普段自分では中々チェックできない箇所ですからね。
背中がキレイな人は身体全身がキレイなんですよ。
だから背中が色っぽい子は全体的に色っぽい。

男は背中で語るといいますが、女の子も背中で艶を出すのです。

だから加代の背中は余程絶品だったのかもしれません。
そんな“背中”について深く考えさせられる作品、それがサムライうさぎなのです。
やっぱりこの作品は侮れません。エロひとつとっても味わい深いです。

というわけで最後は「サムライうさぎ」に負けじ劣らずなピュアな野郎たちを紹介して終わる事にします。
まずはすでに懐かしいゾーンに入りつつある「いちご100%」より。




pyuaeromotomu18-1.jpg
「ごめんなさい、消しゴムが」






pyuaeromotomu19-1.jpg
鬼畜野郎・真中とは違い小宮山はピュアな奴でした。この鼻血を見れば分かる。

ちなみに鬼畜野郎の鼻血シーンは見つかりませんでした。(全部探してませんけど)
やっぱりこいつはピュアじゃねえ。
(もし見つけた方は教えてくださいね)

さてお次はピュア度で言えば現ジャンプ連載陣キャラではトップクラスである彼女です。





pyuaeromotomu20-1.jpg
「ええ―――!?こ…香味ソーセージぃぃぃ!?






pyuaeromotomu21-1.jpg
鼻血を止める為に突っ込んだフライドポテトが赤く染まりあがるくらいの鼻血を出す、矢射子。

ポテトを突っ込むという発想がすでにピュアですが、
香味+ソーセージという発想で鼻血が出たり、告白する時にも勢い余って出たりと、
鼻血のスペシャリスト・矢射子。
彼女の一途さには誰もが応援したくなる程でした。「太臓」再浮上の鍵はやはり彼女か。

そして最後は無事アニメスタートした「ハヤテのごとく!」から。
そんなアニメ化を記念した、最近衝撃的だったのがこれです。




pyuaeromotomu22-1.jpg
マリアさんのスペシャルカラーで・・・







pyuaeromotomu23-1.jpg

ゴフッ

※これは鼻血じゃありません。
※けどきっと鼻血も混じってると思うんだ。

ちなみに師匠のアニメ化の話は一体どこに立ち消えたのでしょうか。
単なるフライング情報だったのか、それとも・・・?

というわけである意味(?)ピュアなハヤテきゅん。
綾崎ハーマイオニーたんが電波で登場するのかだけが楽しみです。
けどごめんなさい第1話見逃しました。日曜朝はどう考えても無理です社会人にはー!

というわけでこれからの時代はエロ+ピュアなのです。
一見相反するその二つの要素が組み合わさった時、
僕らの心は大きく掴まれる。まるで真っ白なシーツに赤い液体が染み込んでいくかのように。

時代はピュアエロを求めているのです!

「To LOVEる」に乳首を求める、そんな読者心も実はピュアエロです。
少年誌の作品に乳首・・・
周りを見渡せばいくらでも乳首漫画なんて沢山あるのに、
あえて少年誌にそれを見出す、その心こそ純粋なるエロの探求者。




toraburu030405_hyoushi-1.jpg

そして今回も乳首が追加された「To LOVEる」3巻が発売。
見事なまでに乳首描写は今回も健在です。




pyuaeromotomu26-1.jpg
春菜の乳首

しかしアレですね、2巻でもう見てしまったからなのか、
新鮮な感動というものが薄れてしまったのですよ。
悲しかな、人は慣れてしまう生き物です。

もう俺は春菜の乳首じゃ反応しない身体になってしまったんだね・・・

汚れちゃった・・・のかな。
もう俺はピュアじゃなくなってしまったんだろうか。
嗚呼ピュアよ。
黒ずんでしまった俺の心は、浄化されない限りもうピュアには戻れない。
誰か・・・誰か俺の心を浄化してくれぇえええ




pyuaeromotomu24-1.jpg
ジャンプ掲載版







pyuaeromotomu25-1.jpg
コミックス掲載版


( ゚д゚)・・・


(つд⊂)ゴシゴシ








pyuaeromotomu16-5.jpg
(;゚д゚)胸揉まれ子になってる!!




・・・







pyuaeromotomu16-6.jpg
矢吹先生・・・約束、守って頂けたんですね。ありがとうございました。

※上記リンク記事の本文部分、一番ラストを参照

しかしわざわざ単行本で入れ替えるぐらい、矢吹先生は本当に胸揉まれ子が好きなんですね。
しかもこの時点ではまだレンに揉まれてない、まだ未揉まれ子なのですよ!!
こいつは貴重だぜ・・・
これはきっと矢吹先生が、僕らにくれたプレゼント。
まだ誰にも揉まれてないこのおっぱいを最初に揉むのはお前らだぜ?
うん、そんなメッセージを俺は確かに受け取ったよ!!

矢吹先生の胸揉まれ子への愛・・・これぞピュアエロの鏡です。
※すぐ割れそう
※っつかピュアエロの意味を段々履き違えてるよね。


-----------------------------------------------------------------------
<参考>
とらぶる!はむはむの乱
矢吹先生が卍解しました
今年のジャンプは「うさぎ」の当たり年・・・か?

男は黙って「To LOVEる」で
拝啓、乳首様~今そこにある「To LOVEる」~

まるで二つの山 「To LOVEる-とらぶる」3巻と「ラルΩグラド」1巻

今週も頭悪すぎてごめんなさいでした。
読み返してみて、正直これはないな、って思いました。
けどそのままアップしちゃう。恥をアップして恥らう
それこそが次世代ピュアってやつです。ピュアでも何でもねえ。

しかし矢吹&長谷見先生コンビはとことん期待に応えてくれるわけなんですが、
ここまで来るともう後が無い気もしてきちゃいます。
まあ蜜柑メイン話もやるという事ですし、もう少し期待しちゃいましょうか。
どこまでエロシチュエーション・設定を極めるか、もう後はそこしかないですよね。

そういえば「ラルΩグラド」では乳首修正なかったですね・・・
小畑せんせぇ・・・

ってなわけで軽く他作品について。


■ネウロ。

ここまであざといと、睦月はやっぱり無いのかなぁ。
この作者の性格上、怪しさを醸し出しちゃうと容疑者から外れちゃうんだよね。
けど「実行犯」じゃなくても「黒幕」である可能性は最後まであるかと思います。
一時期サイが睦月に変身してたのかなーって思ったんですが、
(放火魔のエピソード辺りがそこで繋がる)
この事件の顛末にあるだろう恐ろしい動機にはやっぱり関わってない方が面白いかも。

何にせよ全ては次週?1週じゃ決着つかない気もしますが。


■エム×ゼロ

女の戦いっていいですよねぇ。ジャンル問わず好きです。
単なる肉弾戦にはならない、高度な読みや心理戦が展開される場合が多いですし、
更にはお色気も期待しちゃうという色々楽しめる戦い。

さて縛られる描写は何と無く観月がスライムにまとわりつかれた姿を彷彿とさせますが・・・
来週辺り、再び解禁か!?w


■テニス

えっと、各所で言われてる通りです。長い間ジャンプのギャグ漫画王として永続的に君臨。


今週はここまで。
結局また書いちゃった・・・全ておっぱいが悪い。間違ったおっぱいに罪はない。
むしろおっぱいにうずもれたいぐらいだ。そんな方針になったジャンプ編集部がにくい!ありがとう!


-----------------------------------------------------------------------
To LOVEる 3
To LOVEる 3
posted with amazlet on 07.03.27

集英社 (2007/04/04)
売り上げランキング: 134


BLUE DRAGONラルΩグラド 1 (1)
鷹野 常雄 小畑 健
集英社 (2007/04/04)
売り上げランキング: 30
おすすめ度の平均: 2.5
2 ラルが…
3 主人公に魅力がない。(今のところ)


聖結晶アルバトロス 5 (5)
若木 民喜
小学館 (2007/01/18)
売り上げランキング: 114372
おすすめ度の平均: 3.5
4 残念な作品ですね。
3 もったいない


P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1)
江尻 立真
集英社 (2007/03/02)
売り上げランキング: 5836
おすすめ度の平均: 5.0
5 好感触
5 期待しまくり
5 正当派卓球漫画遂に登場!!


太臓もて王サーガ 6 (6)
大 亜門
集英社 (2007/03/02)
売り上げランキング: 4357
おすすめ度の平均: 5.0
5 人気投票!
5 作者も読者も変わり者
5 人気投票完全版!



全ての教師マンガを過去にする。「鈴木先生」 作:武富 健治
2007年04月02日 (月) | 編集 |
suzukisense_reviewi01_hyoushi-1.jpg

人が苦悩する姿を見るのは何でこんなに面白いのだろうか。

立ち塞がる問題。
それに対して、人は悩み、苦しみ、その問題を乗り越えようと思考する。
それは見ていてとても面白い。
苦悩する思考。
その過程には、人の業の深さがあまりにも滲み出ているからなのかもしれない。

そして教師は苦悩する。

人に何かを教える、それが仕事であるのが教師だ。
自分よりも一回りも二回りも下の世代の子供たち。
1人や2人ではない。担任ともなれば20人、30人の子供たちに指導していかなくてはならない。
更に言うと中学生はまさに“子供”と“大人”の狭間の時期でもあり、
非常に難しい年頃でもあります。(多くの人がこの時期に反抗期を迎えているのでは?)

鈴木先生」はそんな中学校の教師を描いた傑作だ。

何故傑作なのか?
きっと初めて見た人は思うだろう。
「鈴木先生」なんて平凡すぎるタイトルじゃ、全く惹かれないよと。
確かにそうかもしれない。
あまりにもシンプルなこのタイトルは、人を惹き付ける魅力はない。
せめて「鈴木先生の苦悩」とかならまた違っただろう。

しかしこの作品は紛れも無く「鈴木先生」なのだ。

それ以上でも、それ以下でもない。
苦悩する中学教師、鈴木先生。
彼はヤクザの息子でもなければ、変な仮面をかぶってるわけでもない。
見た目が小学生に見えるわけでもないし、詐欺師でもない。元不良でもない。

弱そうでシブトイ、立ち回りが上手いけどやらなくていいミスもしてしまう。

そんなごく平凡な先生なのだ。
けどそんな平凡な先生こそが、この世の中の教師のほとんどではないのか。
一風変わった先生が織り成す指導というのは確かに面白い。
けどそれはほとんど「リアル」じゃない。

先生は「ヒーロー」じゃない。

彼らが行う指導は、彼らの苦悩の果てで搾り出した賜物なのだ。
これはそれを切実に感じさせてくれる作品。
そんな苦悩の日々、そして指導の日々を描いた「鈴木先生」を、
今日は紹介してみたいと思います。


----------------------------------------------------------------------
【鈴木先生がぶつかってきた問題】
現在2巻まで刊行されてる「鈴木先生」は、
その中で数多くの問題に取り組んできたわけなんですが、
そのいくつかについて取り上げてみましょう。


◆げりみそ


suzukisensei_review_01-1.jpg

あまりにもセンセーショナルな(?)タイトルに、かなりの方が引いてしまうかもしれません。
作品の始まりにこのタイトルを持ってくる、そんな武富先生のセンスはある意味逸脱してます。
いい意味でも悪い意味でもインパクトは大。
しかし、このフレーズはあくまで「問題提議」に過ぎないのです。

問題は、ここから始まります。

給食の時間に突然問題行動を起こし始めた出水。
何と給食でカレーが出てきた時に突如「げりみそ」と叫び出す。
勿論カレーの時にそんな言葉を聞いたら・・・誰だって不快になる。
しかもそんな問題行動が3日連続で続いていた。

その原因を出水に問う鈴木先生。
しかし彼から返ってきたのは・・・

「見ててわかんなかったら――言ってもわかりません!」

そんな突き放した答え。
それに対し、鈴木先生が提案したのは、

「よし、じゃあ明日から水木金と3日、オレに見る時間をくれ。
 その間、お前はきちんとまともに給食を摂る――これでどうだ。」


こうして鈴木先生は、この出水の異常行動の理由を模索し始めるのだが・・・
この提案の直後、出水はこう言い放った。




suzukisensei_review_02-1.jpg
「本当はわかってるくせに」




suzukisensei_review_03-1.jpg
実は、その答えは鈴木先生にも無意識の中で見えていた。
しかしそれが何かが、この時は分からなかった。

そして考えていくうちに、この問題行動は席替えをした直後から開始されたという事に気付く。
そう、給食時間に前に座ってた相手が変わった。
ならば、以前と今、出水の前に座っている女の子を比較すれば何か分かるのではないか?
そう考えた鈴木先生は更にその思考を深めていく―――

しかしその答えは見つからない。
何かを掴んでいるのに。自分の中で引っかかっている、その何かが見つからない。
リミットはあと1日まで迫る。

目前に迫ったリミット、鈴木先生は決意する。




suzukisensei_review_04-1.jpg
「この謎かけが真意を打ち明けるにふさわしい相手かをはかる、
 取り返しのつかない最後の賭けだとしたら―――
 オレはなんとしても今日!真実にたどり着かなければならないんだ


鈴木先生は全身全霊を込めて、この問題にぶつかっていく。
そして、彼は気付くのだ。
その“問題点”に。




suzukisensei_review_05-1.jpg
「まさか――」

鈴木先生が見つけた、その相違点とは。
そして、その問題の根っこにある更に深い問題。
それはたった一人の個人で・・・解決できる問題では無かった。

その果てに、鈴木先生が行った指導とは??


◆教育的指導

鈴木先生の数あるエピソードの中でも一番衝撃的だったのがこの指導。
勿論その結末には賛否両論あるかもしれませんが、
強烈に納得させられてしまう鈴木先生の理論には思わず舌を巻いてしまう。

事の発端は、鈴木先生のクラスA組の生徒・岬勇気が、C組の生徒・遠野の妹と・・・
ムリヤリやってしまったという事実が、その当事者である妹の遠野母親より連絡が入る。
やってしまったというのは勿論“最後”までである。

鈴木先生が受け持つ学年は中学2年生。
その中2の生徒の妹、という事は・・・





suzukisensei_review_06-1.jpg
「小4なんですよ…」

一 桁 か

9歳。
これはかなり衝撃的。いや確かにそういう話は聞いた事はあります。
これは果たしてレアなのか、それとも今はこういうのはよくある事なのか?
ただ正直な話、中学生同士というのはもう当たり前の時代なんだろうなぁ。
こう情報が溢れてて、刺激するようなメディアが混在していて、
そういう“きっかけ”は昔よりも増えたのかもしれない。

さて問題はこれを知った母親が、学校へ怒鳴り込んでくるという。
そんな母親への対処もさる事ながら、当事者でもある岬にも事実関係を確認しなくてはならない。
で、鈴木先生は岬に尋ねるのだが、あっさりその事実を認める。

そして。




suzukisensei_review_07-1.jpg
「もしさんざん調べまわされて…ぜんぜん納得いかない理由でゴマかして処罰とかされたら、
 オレ反省どころか絶対許せないと思う」


そんな岬の想いを感じ取った鈴木先生は、いい加減なマニュアル指導なんて出来ない事を悟る。
教育の中で最も難しい指導の一つとされてる「性教育」
そしてもう“事”は起こってしまった。
どんな指導をすればいいのか?鈴木先生は非常に頭を悩ませる。

考えもまとまらないまま、母親との対面。
鈴木先生はその事実を、ありのままに伝える。
そして興奮しているその母親に対して冷静さを求める。
確かにその娘の母親としての立場では被害者だ。
相手である岬は加害者として見えるのかもしれない。

けれど我々は同じ教育者としての立場での人間なのだ。

それを踏まえた上で・・・
彼らに向かわなければならない。

そんな決意をして、鈴木先生は母親と岬を対面させようと呼びにいった。
が、そこにいたのは―――




suzukisensei_review_08-1.jpg
「こ…こいつら――思想的な戦いに赴かんとする同志の面をしてやがる!!」

彼らは腹をくくっていた。
いや、世の中の不条理さに対しての不満をぶつけてやろうって。
自分達の心の中にある矛盾・・・それを問いただしてやるという気迫。
そんな彼らの覚悟に鈴木先生は圧倒されていた。

果たして鈴木先生の教育指導は成るのか?





suzukisensei_review_09-1.jpg
果たして――






suzukisensei_review_10-1.jpg
「15歳だったらOKで9歳だとダメな理由ってなんなんですか!?」







suzukisensei_review_11-1.jpg
「もし彼を無罪と認めるなら――
 お母さんも我々も岬のデリケートなプライバシーに不当に立ち入った罪で重罪ですよ……」








suzukisensei_review_12-1.jpg
「今ぼくに一つだけ言えるのは―――ごく個人的にはぼくは――
 セックスの許される基準は実年齢にはなく精神年齢にあると思っているということです」








suzukisensei_review_13-1.jpg
「それにしてもこんな話を聞いてしまって…オレは…どう裁きをつけるつもりなんだ?

様々な思惑、意見、主張が入り乱れる中、
鈴木先生が悩みに悩んだ末の・・・裁きが下される。






suzukisensei_review_14-1.jpg
一体鈴木先生が下した裁きとは!?

まるでかの“大岡裁き”を彷彿とさせるような鈴木先生の見事な理論には、
思わず納得してしまうかもしれない。いや勿論賛否両論はあると思います。
決してそれは全てに対する正しい答えではない。
いや、正しい答えなんてないのだ。
答えは一人一人によって違う。

そんな中、鈴木先生が岬の為に考えた裁き。
それは果たして岬にとって正しい裁きだったのか?それは是非貴方の目で確かめて、貴方の心で考えてほしい。

そしてまたどう思ったか教えて頂ければ幸いです。


----------------------------------------------------------------------
【鈴木先生の魅力】

それにしても「鈴木先生」を読まず嫌いしてる人はけっこう多いようで。
聞くと昭和調のレトロな絵柄、そして「げりみそ」「酢豚」といったタイトル、
そういったものが何か受け付けないとの事ですが・・・

勿体無い話です。

確かに一見地味に見えるのは事実。
が、中身は“地味”とはかけ離れてるぐらい濃い、です。
その濃さに、貴方も必ずやられるハズ。




suzukisensei_review_20-1.jpg
「先生!酢豚なくなるって本当ですか!?」

酢豚が給食から無くなる。
ある意味ほとんどの人にとってどうでもいいような事を、
ここまで掘り下げる事が出来るか、と感心を通り越して尊敬すらする。

鈴木先生のエピソードはどれもこれもきっちり掘り下げてきてくれる。
だから表面だけでなく、物事の裏の裏まで読むのが好きな人とか、
一つの事をじっくり読んでいくのが好きな人には是非オススメしたい。

そして何より常に緊張感、クライマックス感があるのが魅力だろう。
ジャンルは違うが「カイジ」で代表される福本先生の描き方とかがそんな感じだと思うが、
武富先生が描く“それ”はもっとじっくりとしたクライマックス感、緊迫感。
じわじわと、けれどもブれない軸で展開するストーリーは、
どんな地味な題材だろうと必ず引き込まれる事間違いなしなのだ。




suzukisensei_review_21-1.jpg
時折見せる鈴木先生の激しい感情が、物語を一気に動かす。

“感情”を絵で表現するというのは非常に難しいと思う。
が、過剰なまでに重ねられた輪郭、そして陰影がそれを可能にしている。
詳しくは後で述べるが、鈴木先生という物語はその感情こそが一番のキーポイントにもなっている。
物語と絵。その二つがまさに見事と言うぐらいな配合で構成されているのだ。
鈴木先生という作品は、この素晴らしい感情の表現が無ければ、
きっと面白さは半減していただろう。

それぐらい、この表現は正直震えがくる。

更にそんな感情の表現を最大限に生かす手法が、鈴木先生では使われている。
それこそが「視点」。詳しくは次の項目にて。


----------------------------------------------------------------------
【鈴木先生の視点】
この作品のタイトルが何故「鈴木先生」なのか。
あまりにもシンプルすぎるそのタイトル。
最初にも述べたが、これはもう「鈴木先生」以外何者でもないのだ。

何故か?

これはほぼ全編に渡って“鈴木先生の視点”で描かれているのだ。




suzukisensei_review_15-1.jpg
正確に言うと、鈴木先生の視点+鈴木先生の周りにあるカメラ、である。

勿論一部例外はあるが現在刊行されてる2巻までを見返して見ても、
ほとんどが鈴木先生及び鈴木カメラによって描かれているものだった。
(ちなみに上記で述べた例外は1巻の@教育的指導・前編や、
2巻の@人気投票・後編などで生徒たちのみの描写があるが、これ以外はほぼ無い。)

これはつまりどういう事か。

読者と鈴木先生が“一心同体”になれるのだ。
常に鈴木先生の視点と共に読み進めていくこの物語。
多くの登場人物が出てくるが、その心の中が出てくるのは勿論鈴木先生のみ。
あたかも自分がこの「鈴木」ワールドに入り込んでいるかのような、
そんな錯覚さえ感じるのではないだろうか。

これは決して珍しい手法ではない。

が、これを教師モノでやった、というのが前例が無いのではないだろうか。
大抵の教師モノは生徒側の心情も同時に書き出すのが多い。
双方の事情や想いを見せる事によって、閲覧者に物語を深く理解させようとする。

しかしこれはあくまで鈴木先生の感情だけだ。

生徒の心情は一切描かれていない。
となるとどうなるか。


全く先が読めないのだ




suzukisensei_review_16-1.jpg
何かの事件が起きた。けれどもその現場にいなかった鈴木先生はその全貌が分からない。

真の理由を知ってるのは当事者たちだけである。
いや、更に言うならばその事件を“起こした”人間だけが知ってるとも言えよう。
そんな生徒たちの心の中を100%知る事は絶対できない。

それは、つまり。

それぞれの生徒や先生たちが、一体何を考えているのかが読めないという事だ。
表では仲良くしてても、裏では嫌ってるのかもしれない。
これがより一層物語に緊迫感を与えてくれている。

だからこそ、鈴木先生の絵柄はこの絵柄なのだ。

トコトン人間の表情を描く。
その表情から、僕らはそれぞれのキャラがきっとこう考えているだろう、
いや、もしかしたらその裏をかいてこう考えるのかもしれない。
またまた女性の考えは僕らの想像の斜め上をいってるのかも・・・
そんな推測をしながら、読み進めていくのだ。

この光景・・・見た事ありませんか?

・・・

そう、それは普段の僕らの光景、現実なのです。

分かっているのは自分の気持ちだけ。
どんなに深く通じていても、他人の気持ちまでを見透かす事は出来ない。
一体何を考えているのか、何が起こるのか・・・正確なところまでは分からないのだ。

だから面白い。

分からないからこそ、人生は面白い。
普段、自分が人生において感じてる日常を、鈴木先生は見事に描いている。
そして自分の気持ちすら、100%分かってるかどうか怪しい。そこまでこの作品は描いている。

そんな先の読めない物語は、何よりも面白いのだ。

そして、実はこの“裏では全く別の事を思ってた”という描写は見事に2巻で登場している。




suzukisensei_review_17-1.jpg
積もり積もって―――オレが追い込んで壊したっていうのかよ!!」

詳しくはネタバレになるので書かないが、
まさかあのキャラがここまで豹変するとは、1巻だけ見た人は想像もつかないだろう。

何を考えてるのか、それを理解するのは永遠に不可能なのだ。

99%まで近づく事は出来ても、100%分かり合う事は出来ない。
それでも教師は生徒に教えていかなければならない。
それこそ全く世代が違う、価値感の違う人間に指導しなければならない。
それがどんなに難しい事か。

学級崩壊やら何やらをクローズアップする学校・教師マンガは非常に多い。
勿論それはそれで現実で起こってる事でもあるし、
それに対して対処していかなければならないのだろう。

が、考えてほしい。

あくまでそれは日本全国数多くある中のほんの一部であるという事。
多くの学校は、この「鈴木先生」のような、ごく一般的なクラス、
問題児や優等生、元気な奴や大人びてる奴、色んな人間が集まって、
そして基本的には先生達の大いなる努力によって正常に運営されている学校が多いのだ。
(どこまでを正常と見るかは個人の価値感によると思いますが)

この先生たちの大いなる努力というのが問題だ。

この「鈴木先生」で取り上げられてる問題は些細に映るかもしれない。
けどこーゆー事で僕らは色々争ったり、議論したりしてきた。
それは大人になっていく過程において、自分の中の価値感を創造していった。
そう、どんな些細な問題もこの学生という時間においてぶつかった問題は、
大きく未来を左右していく。



suzukisensei_review_18-1.jpg
そして教師はそんな問題に対して四苦八苦しながら対応していく。

それは決して地味ではない。
人間対人間の想いのぶつかり合いが、地味なわけないじゃないですか。

面白いですよ。

何より人は考えてる事がそれぞれ違っていて、
それぞれの主張をぶつけ合うからこそ面白いのだ。

他人が何を考えてるのかは分かりません。
いや、だからこそ僕らはぶつかり合う。議論する。
少しでも、分かり合う為に。
そして己の主張を貫く為に。

ああ、面白い。
学生時代くらい、色んな人が集まってる時期ってないんですよ。
社会人になると、学生時代ほどの個性はなくなってくるんです。仕事ですからね。
学校という、多種多様な人材が集まってぶつかり合う場所。
そんな場所で教える先生。

悩み苦しみながら前に進んでいく鈴木先生を、絶対応援したくなります。

そんな鈴木先生の苦悩・・・
是非楽しんでみませんか?
人が悩む姿こそが、人が一番輝いてる時なのかもしれません。




suzukisensei_review_19-1.jpg
鈴木先生」・・・たまらな過ぎるぜー!

全ての教師モノに終止符を打つ。
そして新たな教師マンガの・・・始まりです。


----------------------------------------------------------------------
<参考>
紙屋研究所:武富健治『鈴木先生』レビュー
過剰な『鈴木先生』
鈴木先生2巻の見どころは、雨ガッパと長グツ・・・
鈴木先生は、難問に苦悩する中学教師
読売新聞夕刊紙面で絶望先生が絶望していた

この鈴木先生という作品の魅力を伝えるのはものすごく難しいです。
何というか、言葉で伝えるより中身を見てもらって、空気を感じてもらう作品なので。
だから百聞は一見にしかず、とはまさにこの事で、
気になった方は是非お手に取って見て頂ければと思います。
俺の貧困なボキャブラリーではやはり表現するのに限界を感じました。

さてそんな「鈴木先生」の作者である武富先生。
己の漫画に対して非常にこだわりを持ってる方であり、
短編集である「掃除当番」でのあとがきを見てもそれが窺えます。



kyuushokutouban_re-1.jpg
武富先生の初短編集「掃除当番

これまた惹かれないタイトルだなぁ・・・w
武富先生の短編集じゃなかったら絶対手伸びてません。
が、内容はやっぱり濃い。
この人はホントに人の心をえぐり描き出すのが得意な人だと再認識してしまいました。

で、巻末のあとがきでのコメントの一部を抜粋。

>これまでに、古くさい、異端的、という評価も多く耳にしてきましたが、
>自分としては、ジャンルに埋没するような流行のスタイルは外しながらも
>時代の空気は強く感じるように、またそれを篭めるように意識してきましたし、
>いわゆるメジャーの演出手段は抑制しながらも内容は普遍的であるように強く意識してきました。
>といっても、それは普段の心構えであり、
>いったん机に向かって手を動かし始めればほとんど無心です。


流行に流されない、自分自身のスタイルを貫き通す
けれどもその時代を感じる事の出来る“空気”だけは忘れないようにしたい、
という何とも強いこだわりを持ってる方です。
欲張りとも言えるその主義を、これまた現実に見事に貫いてるんだからすごいなぁとも。

さてそんな武富先生の短編集には全部で8つの作品が収録されてるのですが、
何とも味わい深いものばかり。
勿論初期の頃のもあり、中には微妙なものもあります。
そんな中で印象深かったのが「シャイ子と本の虫」「ポケットにナイフ」、そして「マンボウ」

詳しいあらすじはもう記事もだいぶ長くなってしまうので省きますが、
「シャイ子」は、とある事が発覚した時のこの顔がもう何とも言えず胸しめつけられたよ。




suzukisensei_review_22-1.jpg
このシーンの後の、男性4人の顔は男なら絶対に共感できるハズ。是非見てみてほしい。

自分の信じていた“それ”が汚された瞬間。
あの時の絶望感はもう堪らないものがあるんですが、
この辺りからすでに“表情で魅せる”という作風が出来上がっていったのかもしれません。

さて更に「ポケットにナイフ」
ここでは「鈴木先生」でも登場する小川が登場します。
実は2巻の@嵐の前夜のエピソードで登場した話の元になったのがこれなんです。





suzukisensei_review_23-1.jpg
「なんでみんなは信じるんですか!?」

バタフライナイフを巡る一つの事件。
“多数決”が物事を決定していく今の世の中に、
とても小さく、けれど力強く一石を投じた小川の言葉にはやはり共感してしまう。
この発想を持つか持たないかが、ある意味大きな分かれ目なんだろうなぁとも。

さてこの小川といえば鈴木先生が密かに恋する相手。
1巻、2巻と鈴木先生の妄想はエスカレートしていく。
この鈴木先生ではそんな小川との関係がどうなるのか、というのもまた楽しみの一つだ。

そしてこの鈴木先生に対して、武富先生は「オトナファミ」のインタビューでこう答えている。

>基本的にはほかの作品の主人公同様、僕の分身です。
>最初は真面目さを拡大した形で引き継いでいたのですが、
>2話目の「@酢豚」の時点でダメな部分も請け負うことが決定したので、
>それ以降はどんどん現実の僕に近づいています。体型も含め・・・(笑)


そう、鈴木先生は限りなく武富先生の分身だと言う。
あの苦悩する姿はまさに武富先生の姿なのだ。

そして、この小川への想いもまた武富先生の想いなのか?

この小川というキャラは一体武富先生にとってどういうキャラなのだろう。
理想の子なのか?
それとも先生自身の思い出の女の子なのか?
小川の正体。
今後それがきっと語られていくと思うので、それが非常に興味深いです。

ああ、鈴木先生の魅力はホントこういう所以外にも色々あって、
こんだけ長いエントリながらもまだまだ紹介できませんでした。
なのでまた3巻が発売した時に改めて別の部分も紹介していきたいと思います。

というわけでオススメです、「鈴木先生」!
先日の記事の後にこういう記事を挙げるのがパンツクオリティ。


----------------------------------------------------------------------
鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 1 (1)
posted with amazlet on 07.03.19
武富 健治
双葉社 (2006/08/11)
売り上げランキング: 790
おすすめ度の平均: 5.0
5 まさに真剣勝負
5 マンガなのか? いやマンガだ。
5 給食の酢豚って結構好きだった気がするけど、どうだったろう…


鈴木先生 2 (2)
鈴木先生 2 (2)
posted with amazlet on 07.03.18
武富 健治
双葉社 (2007/02/28)
売り上げランキング: 656
おすすめ度の平均: 5.0
5 一巻は序章に過ぎなかった
5 何このボディーブロー


掃除当番―武富健治作品集
武富 健治
太田出版 (2007/03)
売り上げランキング: 2128


「パンツがあればいーのだ。」×「トリンブ」による夢のコラボレーションパンツ発売決定!(嘘記事)
2007年04月01日 (日) | 編集 |
※この記事はエイプリールフール2007用特別記事として描かれたものです。


april2007_ga_01-1.jpg

普段からこのようにパンツを着用愛用している私めですが(どっちにしろダメだ)
パンツに対する愛をこのサイトにて常に布教し続けてきました。

ある時はいちごパンツについて語り
またある時はパンツについてるひだひだについて語ったり・・・
さらにはオレの愛するパンツ漫画を挙げた「パンツ ナツ100」とかやったのは、
若さ故の過ちとしか言いようがありません。まあもう若くないんですけど。

さてそんな活動が遂に実を結んだわけですよ!!
何と下着メーカー大手である「トリンブ」さんから1通のメールが届いたんです。
そのメールが、これだ!

>パンツがあればいーのだ。様

>いつもお世話になっております。
>トリンブ株式会社商品企画本部○×と申します。
>(中略)
>貴サイトのパンツに対する愛情に非常に感銘を受けました。
>そこで是非当社と一緒に新時代のパンツの企画して頂けませんでしょうか??
>デザイン・形・色等々といった所をご相談させて頂きつつ、
>実際に商品化した後まずはネット限定販売をしていきたいと考えております。
>是非その情熱をパンツ作りに活かしてみませんか?
>(後略)


・・・

即効で「やります」と返信しました。

いやね、正直涙出てきました。
サイト初めてから2年半、時にパンツについて語り、
またある時はパンツ野郎と弄ばれ・・・

更に一時期は「パンツにあればいーのだ。」に改名しろ!脅されたので、
本気で2日間限定でサイト名変更したら、
「すぐにリンク名変更しますね!」迅速な行動をされ
サイト名を戻した後もそのリンク名は戻らないという始末・・・
えっと、ちゃんと戻してくださいね?

また某サイトにて「パンツ検定」というものが公開された時、
「これはたかすぃさんの為にある検定ですよ!」というコメントやメールを、
通算して50件くらいもらいました。
皆様の親切心に涙が出てきそうでした。皆大好き!本当にありがとうございます。

そんな地道な活動が実を結び、
今回大手メーカー様である「トリンブ」様とこうして契約を結ぶ事が出来ました。
もうひとえにこれは皆様のお陰だと思っております。
本当にありがとうございました。

実際このお話は年初に頂いてたお話でして、
色々と秘密裏に話を進めてようやくデザインを公開できるところまで漕ぎ着けました。
そこで、いつも当サイトを見て頂いてる皆様にだけ、
特別に先行公開という形で、私たかすぃがデザインしたパンツをお披露目したいと思います。

もしこのパンツ、気に入って頂いた方は発売しましたらご購入頂けると非常に嬉しいです。
あ、勿論女性だけではなく男性も是非。女性へのプレゼントにも耐えうる
そんな絶品パンツに仕上がっております。

では、そんな数々のパンツをご覧ください。
どうぞ!


---------------------------------------------------------------------
【夢のコラボレーションパンツの数々】

ではまず一発目はこちらです!



pants_yes_april.jpg

pants_no_april.jpg

YES NO パンツ

「新婚さんいらっしゃい」でもお馴染みのYES NO枕
それのパンツ版です。
実は男性用では目撃情報があったのですが、女性用ではありませんでした。
(もしあった場合は是非ご連絡を)

この「YES NO パンツ」は、普段中々言えない言葉をパンツに描くという、
大変画期的商品になっております。
女性から誘うのは中々抵抗があるという方も多いでしょう。
しかしこれさえあれば問題ありません。
そっと彼氏や旦那にこのパンツでパンチラしましょう。
“YES”の文字を見た瞬間、何かが始まるハズです。何かが・・・
最高な見せ方としては、そっとスカートを捲り上げて見せるのがベスト!です。

“NO”パンツに関しては、今日はしたくないなぁという日に、
相手がやけにやる気だった場合に非常に有効です。
スカートやズボンを脱がして、このパンツだった日には戦意喪失です。
是非お試しくださいませ。

またこれは彼氏や旦那以外にも有効です。




april2007_ga_02-1.jpg
「這って動く・・・い、YES!?」

貴方が無性にエッチをしたくなった時、自分から誘うのは恥ずかしい・・・
そんな時にこのパンツです。
今、ちょうどこの“這って動く”が流行ってますからね。
この前も街中で這ってる人を4人くらい見かけました。そのうち一人が俺ですけど。

というわけで是非YESパンツを履いて、スカートで街中に繰り出してみてください。
きっと新たな出会いと快感が貴方を待ってます。


---------------------------------------------------------------------
【上手く拒否できない、そんな貴方へ・・・】

さて二つ目です。
実際気が弱かったり、押しに弱い子だったりすると、
男性の強引な誘いや展開に成されるがまま、という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日はしたくないのに・・・けど拒否できない!
「NO」パンツだけじゃインパクトが薄い、
そんな貴方におくるパンツです。




pants_kotowaru_april.jpg

だが断る!パンツ

これを見た男性は瞬く間にショボンとなる事間違いなしです。
拒否する時はハッキリと伝えましょう。
それがコミュニケーションというものです。
今日辺り来そうだな・・・とか、ちょっと今日は危険だな・・・と思った日にご着用ください。


---------------------------------------------------------------------
【焦らしたい貴方へオススメのパンツ】

三つ目です。ちょっと疲れが・・・いやいや。
えっと、このパンツは男性を焦らしたい!と考えてる貴方へオススメなのです。
エッチというのは焦らしを加える事によってその快感が何倍にも膨れ上がります。
触ってほしいけど、焦らしたい・・・そんなモヤモヤを、
男性に伝える素晴らしいパンツが、こちらです!





pants_ramee_april.jpg

らめぇええパンツ

↑これがいまいちピンと来ない男性には、↓




pants_ramee_b_april.jpg

これ以上はらめぇええパンツ

S心が最大限にくすぐられます。
嗚呼、いいね。これはいい。


---------------------------------------------------------------------
【自分の趣味を伝えたい貴方へ】

彼氏に中々言えない趣味とかありますか?
恥ずかしくて、上手く伝える事が出来ない趣味・・・
そういうのって色々あると思いますが、
けどやっぱり好きな人には分かってほしい。

そんな奥ゆかしい乙女な貴方にぴったりのパンツがこれです!




pants_cappring_april.jpg

カップリングパンツ

※上のカップリングは一例です。

これは完全オーダー制で一つ一つ丁寧に刺繍されます。
なので勿論カップリングの中身は貴方の自由!
攻め⇔受けも自由自在に変えられます。

貴方の大好きなカップリングを彼に伝えてみませんか?(その後の事は保証しませんが)


---------------------------------------------------------------------
【パンツが大好きな彼氏がいる貴方へ】

パンツにばかり異常な興味を示す彼氏がいる方へ。
その人は間違いなくパンツ狂です。
そうです、それは俺です。パンツ大好き。
中身よりもパンツが好きという、言わばパンツ狂末期症状。

そんな彼を我に帰らせるパンツが・・・これだ!




pants_ketudan_april.jpg

究極の選択パンツ

これで躊躇するような人とは別れた方が懸命です。
勿論大抵の人は貴方を選ぶと思います。それが正常な反応です。

俺は「馬鹿だなぁ。どっちも大事さ!」と即答。フラれました。


---------------------------------------------------------------------
【アメリカンな貴方へ】

パンツを見られるという事は女性にとって大きな問題です。
ムリヤリ見ればそれは痴漢やセクハラといった犯罪に繋がるのです。
しかしそれを注意する勇気が出ない女性も多いでしょう。

そんな貴方の後押しをするパンツが・・・こちらです!





pants_kokuso_april.jpg

告訴パンツ

年甲斐もなくスカートめくりとか、這って動く人に効果激大!!
貴方につきまとってた変態たちももうきっと近づかないでしょう。

それでも懲りない人は本当に告訴しましょう。告訴されました。それでも僕はやってない!


---------------------------------------------------------------------
【頭脳明晰な貴方へ】

女性というのは男性が思ってる以上に非常に考えて行動しております。
男性が必死こいて考えを巡らせ、やっとの想いでベットイン・・・
あの時の達成感というか嬉しさは多分世の中で一番嬉しい事だと思いますが、
実は全て女の子の手の平で動かされてたんですよ!

・・・というのを男性にそれとなく伝えるパンツがこちらです。





pants_keikaku_april.jpg

新世界の神パンツ

このパンツを見た瞬間、男性は大きなショックを受けるハズです。
俺の罠にハマった女が・・・逆に俺を罠にハメてたというのか!!
くそう、俺の負けだぜ・・・がま・・・
と息絶える事でしょう。その時の貴方は非常に憎たらしい顔でニヤリとしてなければなりません。

そんな光景を想像しただけで寒気がしてきました。誰かパンツの温もりをください。


---------------------------------------------------------------------
【夢のパンツコラボレーション、大事なお知らせ】

いかがでしたでしょうか。夢のパンツコラボレーション。
数々のシチュエーションに対応できるパンツの数々は、
きっと貴方のパンツライフを充実させる事と確信しております。

すでにこれらのパンツは量産体勢に入っております。
皆様の元に届く日もきっと遠くはないでしょう。
是非!是非とも!お買い求めください。
俺の夢は、女の子とにゃんにゃんする時に、俺の作ったパンツを女の子が履いてるという事だ!

そんな夢はもうそこまで来てるのかもしれません。

その夢を形にして頂いた「トリンブ」の皆様には最大級の感謝をすると共に、
今後ともパンツを愛し続けていこうと思います。

それでは最後に「トリンブ」の皆さんにも未公開のまま秘密裏に制作していた、
とっておきのパンツの皆様にだけお披露目して終了させて頂きます。
これが2007年、パンツ界を激震させる究極のパンツだ!!






pants_uso_april.jpg

2007・エイプリールフール記念パンツ


今年もありがとうございました!


---------------------------------------------------------------------
<参考:過去のエイプリールフール企画>
⇒2006年版「いーのだ。嘘ヘッドライン(4/1)
⇒2005年版「史上最大のいちごパンツプロジェクト発動!

いやー今年のやつで引っかかった人は皆無だと思いますがいかがでしたでしょうか??
今回はリアリティよりも完全にネタに走ってしまいました。
んで同じようなネタって過去にやってないかってググったら・・・
ありました。ジェネレーターネタで。色々あったみたいなのでリンクはしません。
はてなセリフを使ったサービスですね。

しまったパクリ二番煎じになってしまってた・・・

けどここまで記事作ってから気付いたのでもう時遅しで公開しちゃいます。
まあ知らない方もいらっしゃると思うので、楽しんでもらえればOKという事で。

もし万が一「引っかかった!」「信じてしまった!」「ちょっと信じかけた」「このパンツ野郎~」
という人がいらっしゃいまいたら、是非コメント残していってくださいね。

しかしながら常日頃から自分だけのパンツを作りたい!
と考えてるのもまた事実であり、是非下着メーカーさんは俺にチャンスをくれるといいです。
もう超絶ヒット間違いなし!俺が100枚買いますからね。
そしてくばるんだ。街行く女の子にくばるんだ。

「これ履いてくださぁあいいいいいいい」

次回更新は裁判所前にて。


・・・というのはさておき。
他サイト様の今年のネタがまた楽しみですね。
年1回のネット界のお祭り、ネタ合戦。
4月1日はサイト巡回が最もワクワクする日。

あ、そうそうあと今回の「文字入りパンツ」企画ですが、
皆様からこのパンツに入れる文字、を大募集しちゃいます!!
自分の好きな台詞でもよし、名言やモノの名前とか何でもアリ!
パンツに入りきる文字数以内(1行辺り6~7文字までがベスト)で、
是非貴方の考える「文字入りパンツ」をご投稿ください!

思わず笑ってしまった優秀作はまたサイト上で発表させて頂くかもしれません。
こちらの記事のコメントに書いて頂くか、
以下のはてなセリフサービス(登録が必要ですが)をご利用くださいませ。

パンツがあればいーのだ。オリジナルパンツ作成

<見本例>
たかすぃ専用 たかすぃ - パンツがあればいーのだ。オリジナルパンツ作成 - はてなセリフ

1行辺り8~9文字以上入力するとはみ出ますのでご注意ください。
※作成者のところには名前も登録できますので是非どおぞw
※沢山の方のセリフ登録楽しみにしてますw

というわけで4月1日限定、エイプリールフール企画2007でした!
また明日から元に戻りまーす。
そして来年またきっとやると思うので今度は頑張りますー(誰かネタください)

-----------------------------------------------------------------------
いちごの片想いブラ&ショーツ
アゾンインターナショナル (2006/02/25)
売り上げランキング: 17523




目次



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



リンク

このブログをリンクに追加する



巡回ブログ



ブログ内検索



プロフィール

たかすぃ

Author:たかすぃ
パンツを誰よりも愛するパンツ星人。パンチラが出た所にオレは出現する。よろしくお願いします。
メールはこちらへ。
taka_ringo@yahoo.co.jp
twitterもやってます。



当ブログオススメ作品

超人学園(1) (少年マガジンKC)
超人学園(1)
これぞ現代の正統少年マンガ!小細工無しでアツい魂に震える。こんなマンガがあるならまだ大丈夫だ。

かわいい悪魔 (F×COMICS) (Fx COMICS)
かわいい悪魔
志村先生ひさびさの短編集。継母エピソードがかなり好み。先生の可愛さにクラクラ。

アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
アイアムアヒーロー (1)
とにかく凄すぎる。今1番先が読めない衝撃作。有無を言わず2巻まで一気読みしよう。

ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
ただいまのうた (1)レビュー
寒い冬だからこそ、心温まる家族ドラマをぜひどうぞ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
うそつきパラドクス (1)
相変わらずエグいところを突いて来る。ありそうでなかった恋愛ドラマ傑作。

シスタージェネレーター沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
シスタージェネレーター
最後までオチの読めない珠玉の短編集。女子高生ネタが好き。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
プラナス・ガール (1)
全部理解した上で言おう。このヒロイン(?)に恋をした、と。近々レビューしたいなぁ。

モテキ (1) (イブニングKC)
モテキ (1)レビュー
痛々しいほどにリアルな、ヘタレ恋愛劇。この突き刺さり方、ハンパじゃねえ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS)
あまんちゅ!(1)
天野先生が描く新しい世界。今度は、水の中だ。素敵すぎです。

となりの怪物くん 1 (デザートコミックス)
となりの怪物くん ( 1)
個人的にヒット。ヒロインの不器用な可愛さにキュン。近々特集したい!

異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
異国迷路のクロワーゼ (1)
美麗という賛辞は、この作品の為にあるのかもしれない。美しさと面白さを両立させる稀有な作品。

幼なじみ (マンサンコミックス)
幼なじみ
幼なじみとえっちしちゃう話。可愛い絵柄で堪能させてもらいました!

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS)
LOVE SO LIFE (1)
思わず表紙買い。当たりました。女子高生と双子2歳児のダブルで癒されます。

はじめてのあく 1 (少年サンデーコミックス)
はじめてのあく (1)
おかえりなさい藤木先生!ラブコメの帝王が放つ伝説がここから始まります。超絶オススメ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
背伸びして情熱
4コマ漫画という表現における新境地。切ない想いの魅せ方が秀逸すぎます。

青空エール 1 (1) (マーガレットコミックス)
青空エール (1)
最近の少女マンガでイチオシ。心からアツい青春ドラマは、現代においても文句なしに面白い事を証明してくれる。

つづきはまた明日 1 (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
つづきはまた明日 (1)レビュー
伝染するひとかけらの優しさ。明日から元気に頑張りたい人に贈る作品です。

腐女子っス! 1 (1) (シルフコミックス 7-1)
腐女子っス!(1)レビュー
腐女子にスポットを当てた作品の中でも1、2を争うぐらい面白いです。“腐”に対する価値感を変えてくれる一作。

午前3時の無法地帯 1 (1) (Feelコミックス) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1)
働く女子の頑張る姿が好きな人に。大人になってから読む本ですな。

もと子先生の恋人 (ジェッツコミックス)
もと子先生の恋人
これぞ田中ユタカ先生の真髄。ニヤラブの聖地がここにある。

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
こえでおしごと!(1)
2008年で一番ニヤニヤした作品かもしれない。これは買いですよ。(エロい意味で)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉
早くも第2巻が登場!今巻も色々転がせてくれるのか・・・!?

このマンガがすごい! 2009
このマンガがすごい! 2009
今年もこの季節がやってきました。まだ見ぬ作品との出会いに毎年感謝。

3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
3月のライオン (2)
スミマセン。表紙にやられました・・・これは素晴らしいセーラー服。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる (1)レビュー
2008年少女マンガNo1作品に推薦。このアツさは衝撃的に面白い。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
鈴木先生 (6)
鈴木裁判面白すぎる。悩み苦しむのが中学生ですよね。

未満れんあい 1 (1) (アクションコミックス)
未満れんあい (1)
ともえちゃんは太陽だ。

GIRL FRIENDS 2 (2) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (2)
親友を好きになってしまった葛藤。これぞピュアな恋。参りましたゴロゴロ

おたくの娘さん 第五集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-5)
おたくの娘さん 第五集
児風呂が・・・!児風呂がぁあああ!最高でした。

ママはテンパリスト 1 (1)
ママはテンパリスト (1)レビュー
久々にこんなに笑いました。これぞ次世代育児漫画!

イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
イロドリミドリレビュー
その優しさに心震える少女漫画。オススメ。

リーマン教師 (ヤングサンデーコミックス)
リーマン教師
女子高の教師になりたかった全ての人へ捧ぐ。泣けるよ。(色んな意味で)

ニコイチ 5 (ヤングガンガンコミックス)
ニコイチ (5)
相変わらずハチャメチャな面白さ。そして更なる迷走が・・・!

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
僕の小規模な生活(2)
福満先生、初の「2」巻おめでとうございます!!

まかないこむすめ 1 (1) (電撃コミックス EX)
まかないこむすめ (1)
穏やかな日常。こういう作品に触れるのって、とても大切なんだと感じた。

クローバー (IDコミックス)
クローバー
乙ひより先生の新作。今回も素晴らしい百合を堪能させて頂きました。

世界はひとつだけの花 1 (1) (MAX COMICS DX)
世界はひとつだけの花 (1) レビュー
とっても可愛い妹の、純粋でえっちな姿が見たい方へ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫 (1639))
俺の妹がこんなに可愛いわけがないレビュー
「妹」作品として素直に面白かったー。人生ラノベ2冊目です。

みそララ (2) (まんがタイムコミックス)
みそララ 2
今年一番面白い4コマは宮原るり先生の作品かもしれない。愛が溢れすぎている。

女王の花 1 (1) (フラワーコミックス)
女王の花 (1)
感じる大作の予感。ぜひ見守っていきたい作品。

ファンタジウム 1 (1) (モーニングKC)
ファンタジウム (1)
待望の3巻発売ってことで。近々レビューしたい。

美咲ヶ丘ite 1 (1) (IKKI COMICS)
美咲ヶ丘ite (1)
日常をこんなにも魅力的に描ける人ってすごい。

オニデレ 1 (1) (少年サンデーコミックス)
オニデレ (1)レビュー
これは新感覚の「デレ」だ。

変ゼミ 1 (1) (モーニングKC)
変ゼミ (1) レビュー
「変」はステータスだと思う。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
少女マテリアル
この可愛さで、このエロさ。男なら買うべきだ。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)
ラッキー―Are you LUCKY? レビュー
(08年上期で、一番の感動を貴方に。超オススメ)

ハニカム 1 (1) (電撃コミックス)
ハニカム (1)
(ニヤニヤできるファミレス漫画。素直に好きだ)⇒レビュー

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)
とある飛空士への追憶レビュー
(超オススメ。是非多くの人に読んでもらいたいです。)

ちゅーぶら!! 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
ちゅーぶら!! (2)レビュー

ヒメギミの作り方 1 (1) (花とゆめCOMICS)
ヒメギミの作り方 (1)レビュー

初恋限定。 1 (1) (ジャンプコミックス)
初恋限定。 (1)レビュー

ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
ブラッドハーレーの馬車レビュー

奥さまは生徒会長 (マンサンコミックス)
奥さまは生徒会長レビュー

恋をするのが仕事です。 1 (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT) (バンブー・コミックス VITAMAN SELECT)
恋をするのが仕事です。 (1)

Kiss×sis 2 (2) (KCデラックス)
Kiss×sis (2) レビュー

僕の小規模な生活 1 (1) (モーニングKC)
僕の小規模な生活 (1)

秘書課ドロップ 1 (1) (バンブー・コミックス DOKI SELECT)
秘書課ドロップ (1)

GIRL FRIENDS 1 (1) (アクションコミックス)
GIRL FRIENDS (1)

ユウタイノヴァ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
ユウタイノヴァ (1)レビュー

Kiss X sis 1 (1) (KCデラックス)
Kiss X sis (1)レビュー

オンナノコになりたい!
オンナノコになりたい!レビュー

ラバーズ7 7 (7) (サンデーGXコミックス)
ラバーズ (7)レビュー

とめはねっ! 1 (1)
とめはねっ! (1)

はなまる幼稚園 1 (1)
はなまる幼稚園 (1)レビュー

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 2 (2)
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (2)

ぼく、オタリーマン。
ぼく、オタリーマン。レビュー

大東京トイボックス 1 (1)
大東京トイボックス (1)

まりあ・ほりっく 1 (1)
まりあ・ほりっく (1)レビュー

キミキス-various heroines 1 (1)
キミキス-various heroines (1)

オトメン(乙男) 1 (1)
オトメン(乙男) (1)レビュー

ロリコンフェニックス 1 (1)
ロリコンフェニックス (1)レビュー

うさぎドロップ 1 (1)
うさぎドロップ (1)レビュー

鈴木先生 1 (1)
鈴木先生 (1)

みつどもえ 1 (1)
みつどもえ (1)レビュー

このマンガがすごい! 2007・オトコ版
このマンガがすごい! 2007・オトコ版レビュー

このマンガがすごい! 2007・オンナ版
このマンガがすごい! 2007・オンナ版レビュー

げんしけん 9 (9)
げんしけん (9)

げんしけん (9) 限定版
げんしけん (9) 限定版8巻のレビュー

青い花 2
青い花 (2)

○本の住人 1 (1)
○本の住人 (1)

勤しめ!仁岡先生 1 (1)
勤しめ!仁岡先生 (1)レビュー

となりの801ちゃん
となりの801ちゃん公式ブログ

To LOVEる-とらぶる 1 (1)
To LOVEる-とらぶる (1)レビュー

DEATH NOTE HOW TO READ 13 (13)
DEATH NOTE HOW TO READ (13)レビュー

超こち亀
超こち亀参加作家一覧

ちょこっとヒメ 1
ちょこっとヒメ (1)レビュー

君に届け 2 (2)
君に届け (1)レビュー

宙のまにまに 1 (1)
宙のまにまに 1 (1)レビュー

会長はメイド様! 1 (1)
会長はメイド様! (1)レビュー

謎の彼女X 1 (1)
謎の彼女X (1)レビュー

ユリア100式 1 (1)
ユリア100式 (1)レビュー

未来日記 (1)
未来日記 (1) レビュー

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)
トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (1)レビュー

それでも町は廻っている 1 (1)
それでも町は廻っている (1)
レビュー

ほのかLv.アップ! 1 (1)
ほのかLv.アップ! (1)レビュー

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
デトロイト・メタル・シティ (1)レビュー

ラブホってる?
ラブホってる?レビュー



殿堂入り作品

いちご100% 19 (19)
いちご100% (1)レビュー

Death note (12)
DEATH NOTE (1)レビュー

こわしや我聞 9 (9)
こわしや我聞 1 (1)レビュー

いでじゅう! 13 (13)
いでじゅう! 1 (1)レビュー

みかにハラスメント
みかにハラスメントレビュー

ないしょのつぼみ 1 (1)
ないしょのつぼみ (1)レビュー

夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国レビュー

ルサンチマン 4 (4)
ルサンチマン (1)レビュー

ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 (1)
ボーイズ・オン・ザ・ラン (1)レビュー

さよなら絶望先生 5 (5)
さよなら絶望先生 5 (5)レビュー

ハヤテのごとく! 8 (8)
ハヤテのごとく! 8 (8)レビュー



人気上昇中コミック

よつばとしろとくろのどうぶつ
よつばとしろとくろのどうぶつ

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

おたくの娘さん (第1集)
おたくの娘さん (第1集)

ワールドエンブリオ 1 (1)
ワールドエンブリオ 1 (1)

鬼ノ仁短編集愛情表現
鬼ノ仁短編集愛情表現

ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙
ろーぷれ―ぬめりの中の小宇宙



RSSフィード



アクセス解析